世界でも屈指の真面目大国である「日本」。

日本では、「残業する」ことが「美徳」というような時もありました。

今の世の中では、「残業することが美徳」とはならない時代ですが、どうしても「残業」は付いて回っているのが現状です。

「どうしてもしなくてはならない残業」というのが本来の残業であるとは思いますが、できるなら業務時間内に終わらせてしまいたいものですよね。

近年では、残業時間の見直しやどうやったら残業をしなくてよくなるのかというのが議論されていたりしますが、本来の日本では、「残業というのはするもの」という風習があるのではないかと思います。

過労死だったり、精神疾患になるくらいまで仕事や残業をしなくてはならないのであれば、そんな仕事はするべきではないとも思うのですが、日本人の真面目気質のようなものは、一向になくなることはありません。

もっと、大きな視野で残業ではなく、業務内容についてなどを考えるべきだとは思うのですが、どうも、目先の問題にしか目が行っていないような気がしてならないのは自分だけでしょうか。

どうしてもしなくてはならなくなるのが残業なのであれば、どうやったら残業をしなくてもよくなるのか、または、どうやったら残業が少なくて済むのかというようなことも考えなくてはなりません。

残業をするようにと言ってくる上司などの人達が、残業をしないというのがそもそもの悪循環になっているのかもしれませんが、日本人はもっと、こういうところこそ海外を見習うべきではないかと思います。

働き方改革などという対策を練るのはとても良いことだと思いますが、何かがズレているような気がしてなりません。

残業して、苦労するのは残業させられる側とうい現実をどうにかしない限り、解決策は見つけることができないのではないでしょうか。

なぜ、異常とも思えるような状況になるまで残業をしなくてはならないのか。

なぜ、最悪の場合「過労死」を選ぶ人が出てくる前に、会社の人達は何もできなかったのか。

精神を病むまでなぜ、改善することができなかったのか。

会社側もそうですが、残業する人もじっくり考える必要があると強く思います。

今回は、「残業時間」ということについて一緒に考えてみましょう。

残業時間ってどれくらい?

今は、政府などが働き方改革などと銘打って、いろいろと変わってきているようですが、残業はなくなることはありません。

法律で定められるしか道はなくなってしまっているのかもしれませんが、なぜ、そのような状況になるまで何もできなかったのでしょうか。

それは、上司の方々の監督不行届ということにはならないのでしょうか。

残念な結果になるまでなぜ何も・・・。

当然、上司だけのせいではないとは思います。

いろんな要因が重なってしまっての結果だとは思いますが、最悪の結果になる前にできることがあったはずです。

「人は、気づくのが遅く、そして、行うのが遅い動物だ。」ということがよく分かる事例なのではないでしょうか。

「一昔前は、残業は当たり前で、美徳であった」と言う人もいらっしゃるかもしれません。

私は、その人に言いたいことは、「時代が違う」ということです。

難しい、細々したことを考えずに言わせていただくと、そういう「美徳」や「当たり前」などと言う人達の時代と今では、全然違う時代、世の中になっていると思います。

文明が進化したとでも言いましょうか。

技術などが進歩し、一昔前よりは、働きやすくなっている筈です。

電話やメールなどで瞬時に相手の意向などを知ることができます。

一昔前では、電話はあったかもしれませんが、メールなどインターネットの普及はなかった筈。

そうなれば、手紙などで文章のやり取りをして仕事をするので、当然時間がかかるというのはよくわかります。

今の時代はそういうことはありませんよね。

よほど、アナログでない限りは、瞬時に情報などを得ることができて、対策などを取ることができる筈です。

なのに、なぜ、残業などということが起きなくてはならないのでしょうか。

お断りして起きますが、難しいことなどは全部排除して、単純に考えたらということです。

そう考えると、単なる時間の浪費や便利になったシステムを使いこなせていなかったりするだけなのではないでしょうか。

なぜもっと真剣に改善しようとはしないのでしょうか。

こんなに便利になった世の中なのに・・・。

私は、不思議でなりません。

でも、現実は残業というものが付いて回るもの。

では、どれくらいの残業なら良くて、どれ以上になるとダメなのでしょうか。

正直、それを決める人達には、わからないことではないかと私は思っています。

机上の空論でしかなく、実際にやっている人達からすれば、無駄なことなのかもしれませんよね。

決める人達は、過去には残業をして大変な目にあった経験があるのかもしれませんが、現在ででの経験ではない筈です。

現在の人達に決めさせるのではなく、昔の経験者が決めることが良いことであるとは中々思えないのが現実の声なのではないでしょうか。

残業しなくてはならないのであれば、それは、会社や業務のシステムなどがいけないのではないかと思います。

本当に難しいテーマであると思います。

残業が悪であるという決めつけも良くないとは思いますが、残業をしなくても仕事ができる方法はいくらでもあるのではないでしょうか。

固定観念を捨てて、取り組む必要があると私は思います。

厚生労働省の発表では月間平均10時間

厚生労働省の発表では月間平均10時間となっているようです。

その厚生労働省ですら、「ブラック」という噂もあります。

そのような取り決めのようなところが残業に関してまともにできていないのであれば、それは愚の骨頂なのではないでしょうか。

本当に目先のことにしか目を向けてなく、なんの改善にもなっていないような気がしてなりません。

残業をするのは、会社などでも下の人達です。

下の人達というのは語弊があるとは思いますが、上の人達は残業しませんよね。

役職や立場などで、業務が変わるというのは良く理解しているつもりですが、でしたら、残業を命じる人達も一緒に手伝って残業したらいいのではないでしょうか。

助け合いという精神がないとしか思えないのが正直な感想です。

業種によっては、月平均10時間では到底無理な業種もある筈です。

では、どうやったら残業をしなくて良くなるのか、どうやったら残業が月平均10時間で足りるようになるのかという見直しや改善というものに目を向けていないからなのではないでしょうか。

真剣に取り組み、現状を把握しているのであれば、改善などはすぐにできる筈だと思います。

とりあえずの改善などは、一時的なもので、なんの解決にはならないというのは十分わかっている筈なのに・・・。

会社や業種によってはもっと多いことも!?


方や業種によっては、残業を覚悟でやっている方々もいらっしゃると思います。

当然、営業時間内では終わることがないので、残業は当たり前と覚悟している方々です。

仕事に対してのそのような姿勢は素晴らしいものだと思いますが、それがずっと続くのであれば、問題だと思います。

問題を提起しても煙たがられたりする風習などがあるのであれば、悲しいことですよね。

誰にも家庭があり、生活というものがあります。

「仕事をしなくては、お金が」ということも逃れられない事実です。

本当に、働き方改革を進めるのであれば、もっと深く、全体的なこともそうですが、細かいところにも目を向けて、現実を知って欲しいと思います。

理想的な残業時間は?

「理想的な残業時間はどれくらいか?」

当然、「0」だと思います。

残業は、業務時間内にできないから残って仕事をしなくてはならないということですから、できないというのは、よほどのイレギュラーか、システムなどが悪いのか、仕事をする人の力量などによるものなのか。

はたまた、それら全てなのか。

会社によって業種によって、いろいろあると思いますので、一番頑張っている人達の意見を聞き、その人たちにどうするかというのを決めさせるのが一番良いのではないかと思います。

管理職の人達は、業務などの推移は把握しているのかもしれませんが、人の苦労などについては把握しきれていないのではないでしょうか。

現場のことは、現場の一番大変な人達に決めさせてあげれば、改善策などは管理職の人達よりも的確な改善策などを提示できるのではないかと思います。

管理職の人達は、その提示を受け入れて改善してあげるのが一番の解決策になるのではないのでしょうか。

残業時間の長さが問題視されている

心身ともに支障をきたす時間としての基準がある

心身ともに支障をきたすまで仕事をしなくてはならないのであれば、間違っていると強く言いたいです。

精神を病んでまでしなくてはいけない仕事などあるのでしょうか。

そして、死を選ぶ結果になってしまったら、誰が責任を取れるのでしょうか。

事実が発覚してから、社長や上司などが謝罪をしたりしていますが、不思議でなりません。

「なぜ、そのようなことが起きる前に何もできなかったのか」と。

まるで、例えが間違っているのかもしれませんが、「道で人が襲われていても助けることをしないで見ているだけ」と同じような気がします。

そういうことが起こってしまっては、管理職などの役職の意味があるのでしょうか。

管理職ではなくても同僚や先輩、後輩など周りの人がなぜ、問題にしなかったのでしょうか。

なぜ、手伝ったりして軽減させてあげることなどできなかったのでしょうか。

なんの病気でもそうですが、病気になってしまっては手遅れにかなり近いところになりますよね。

軽度の病気であるとしても。

上司や管理職の人達の時代とは違うというのをどれだけ理解している人がいるのかわかりません。

根性論などのようなものを振りかざしてくる人もいるかもしれません。

ですが、病気になるまでやらせるというのは、非人道的ではないでしょうか。

だから、問題になっているのですが、そうなる前に何かしらのサインを発しているはずですし、発していないとしても気遣ってやるのが上司や管理職という役職なのではないでしょうか。

病気になったりする人のように、全く同じ環境で上司や管理職がやらせてみて、その人の苦労がわかるまでや同じような病気になるまで、同じ経験をさせるしかないのでしょうか。

それくらい、今の時代というのは、人に無関心になってしまったのでしょうか。

公共交通機関などを利用していても、我のことしか考えていないような人が多かったり、ご近所付き合いがなくなってきていたり、人を注意したりすることもままならない時代。

言った者勝ちのようなクレームなど。

本当に、どうにかしてしまったのではないかと思うようなことが多いですよね。

それでも、海外からすると「日本人は優しい」とか「安全、安心」などと言われている。

海外は、今の日本よりももっと凄いということなのでしょうか。

当然、上司や管理職の人達からすれば、頭を悩ませている問題なのかもしれませんが、改善できないのは何故なのでしょうか。

我々、日本人は、退化してしまったのではないでしょうか。

「思いやり」や「助け合い」など人として必要不可欠なことが、知らず知らずのうちに欠けてきてしまっているのかも知れません。

残業時間が長くなると何が危険なの?

睡眠時間の低下


「残業をしたい」と心から思って言う人は、ほとんどいないと思います。

誰もが「早く家に帰りたい」と心の奥底で思っているのではないでしょうか。

残業をして帰宅すれば、当然ストレスが溜まっているので、自律神経なども乱れてしまいます。

「疲れた」という感覚があるので、そのまま寝ようとしても寝付けなかったり、睡眠の質が悪く、「疲れ」や「ストレス」などが取れないというのが現実なのだと思います。

当然、残業をすると、睡眠時間も削られることになりますから、体調を崩してくるのが最初のサインになり、それが続くと「病」に発展します。

「仕事を離れれば、体調管理は個人のこと」と言われればそれまでかも知れませんが、仕事で残業などの無理がたたれば、そう簡単にストレス発散や疲れをとることはできませんよね。

いろんな意味で改善する必要が個人個人にありますし、会社にもあります。

それば社会の、世の中の流れの一つでもありますから。

例えば、残業したから、次の日は残業分の時間遅く出勤してもいいというような話は、夢物語なのでしょうか。

私は、違うと思います。

可能な話の一つであると思います。

例え、その人が仕事の効率などが悪くて残業せざるを得なかったとしてもです。

私の言うことが現実には難しいというのは理解しているつもりです。

ですが、100%不可能ではないとも思います。

「できないことを前提に考える」のではなく、「どうやったらできる環境になるのかと考えるべきではないか」と思います。

苦しんで病を発症してしまうのであれば、そうならないようにするべきではないでしょうか。

本当に難しいところだとは思いますが、いろんなことが可能ではないかと思います。

とにかく、睡眠というのは、人には必要不可欠なものです。

人生の3分の1が睡眠と言われている以上、必ず必要なのですよね。

その睡眠がおろそかになってしまうと、体を壊すというのは、子供でも知っている事実です。

良質な睡眠をとることで、ストレスや疲れも取れるので、いくら仕事で睡眠時間が削られるとしても、良質な睡眠を取れるように努力する必要があります。

ストレスが溜まっている時などは、酒に走るのではなく、家に帰って湯船に30分でも浸かり寝た方が、酒を飲みに行くよりはよほどいいです。

ストレスが溜まっている時のお酒は、飲み過ぎの原因以外の何物でもありません。

そして、強烈な二日酔いが待っています。

それだけならまだ良いのかもしれません。

酒を大量に飲むことでの体への悪影響は、なんとなくでもわかっている筈ですので、お酒には気をつけるようにしましょう。