「私以外の女の子と仲良くしないでね?」「毎日連絡ちょうだいね?」「飲み会あるの?私、そのあいだ寂しいよ…」なんて好きな女性や大好きな彼女から言われると「可愛いヤツだなぁ」と思いますよね。

自分のことが大好きでついついヤキモチや束縛的なことをしたいのだなと思うと、愛おしくなるものです。

しかし、その束縛はどんどんひどくなってはいませんか?

「こないだの飲み会、女の子もいたね?私見てたよ」と予定を把握され、あとを付けられていたり、1日連絡を忘れただけで鬼電してくるなど行き過ぎた行動があるのなら、もしかしたらその彼女はとんでもない束縛彼女かもしれません…!

今回は、そんな束縛彼女についてをご紹介していきます。

これからもお付き合いを続けていきたいという人から、別れたいと思っている人まで、ぜひ参考にしてみてください。

️束縛彼女への8個の対処方法

付き合った彼女が実が束縛彼女だった…どんな人もいることでしょう。

これまで束縛彼女を付き合ったことがない人の場合はこれから発覚していく束縛っぷりをあまり予想することが出来ないかもしれません。

「好きだから、ある程度束縛には応えていくよ!」と思っているかもしれませんが、そんな軽い心構えでは危険です!

ここでは、うまく付き合っていくにしても、別れるにしても知っておきたい束縛彼女への対処方法をご紹介するのでぜひ参考にしてみてくださいね。

️うまく付き合っていきたい場合

束縛がスゴイ彼女だけど、ほかに好きなところはたくさんあるしお付き合いしていきたい…そんな人のために、ここでは束縛彼女とうまく付き合っていくための方法をご紹介していきます!

束縛彼女への対処方法1:愛情表現を分かりやすくたくさんする


束縛彼女は、常にアナタから愛されているかどうか不安に感じています。

そしてたくさん愛されて満たされたいとも思っています。

束縛してしまうのはアナタの愛情をより感じたいと思っているのと同時に、時にアナタの愛情を試している部分があります。

そんな彼女の不安を取り除いてあげるためにはめいいっぱいの分かりやすい愛情表現をする必要があります。

少し大げさなくらいのほうがよりグッドです。

恥ずかしいかもしれませんが、「キミのことが1番大切だよ!」「これまで出会った誰よりも愛してる!」など思わず彼女が赤面していまいそうなほどの愛情表現をしてあげてみてはどうでしょうか?

束縛彼女への対処方法2:安心させてあげられる言葉をかける

常にアナタの愛が自分にあるか不安な束縛彼女。

絶対に浮気や心変わりなんてしないと自分は思っていても、彼女はそれを心から信じることが出来ないのです。

そんな彼女を安心させてあげたいのなら、その気持ちを「言葉」にしてあげるようにしましょう。

「どうしても疑ってしまうかもしれないけど、本当にキミしか見えないんだ」など、素直な気持ちを彼女に聞かせてあげてくださいね。

また、彼女との将来を考えているのであれば「近々、キミのご両親に挨拶に行かせてね」など結婚につながるような言葉もいいでしょう。

ただし、本当に将来を真剣に考えているお相手限定です。

ここまで喜ばせておいて、やっぱりナシとなると束縛彼女はとても怖いですよ。

束縛彼女への対処方法3:2人の間でルールを作る

束縛彼女と上手にやっていく秘訣の1つとして、「2人の間でルールを作る」という方法があります。

これを明確にしていると約束事がとても分かりやすく束縛彼女もそれに従いざるえません。

もしこれを破ったら「彼に嫌われる…」「軽蔑されてしまう…」と思っているので結構効果はあります。

そして何より束縛彼女は2人の世界をとても好みます。

そのため、「2人の間のルール」というのは「2人だけの…」という特別感がして嬉しくなってしまう人も多いです。

「メールや電話などの連絡は、相手からの返信や折り返しがあるまで続けてしてはダメ。

気持ちよく連絡をし直せるようにお願いだよ」「こっちが言ったことはちゃんと信じる。

もし疑ったら、信用されていなかったんだなってキミにガッカリしてしまうかも」など、上手の束縛彼女の性質を利用して、2人だけのルールを作ってみてはどうでしょうか?

束縛彼女への対処方法4:質問には誤魔化さず淡々と答える

束縛彼女はとても観察力に優れていて、特に好きな人に関してのレーダーはとても精度が高いです。

疑うべきポイントについてアナタに質問をすることはあるでしょうが、その質問は誤魔化したりせずに淡々と真実を回答することをおすすめします。

もし、先日「男性だけ」のだった予定の飲み会に、急きょ女性が参加したとします。

その飲み会後に束縛彼女が「女の子はいなかったんだよね?」と質問してきたとします。

束縛彼女は勘が鋭いのでこういうタイミングでよくこういう質問をします。

そんなとき、疑わしいことがなくても「彼女が心配するから…」「やましいことはないけど、ホントの事を言ったらますます束縛されてしまいそうだかた…」などの理由で誤魔化してしまおうかと思うこともあるかもしれません。

ですが、あとからバレてしまうともっととんでもないことになってしまうことが…。

そんなことを避けるためには「オトコだけのつもりで行ったんだけど、友達が急遽1人女友達を連れてきたよ」と事実を淡々と語るようにしましょう。

そこで彼女が嫉妬の炎を燃やしたとしても、やましい事実がないなら堂々として、あまりにしつこい時にはビシッと叱る必要があります。

束縛彼女への対処方法5:優しく指摘をする

アナタのことがとても大切で大好きだから、失いたくないあまりに束縛しまくってしまう束縛彼女。

そんな彼女の想いの深さや失う恐怖感をわかってあげたいですよね。

しかし、大好きな彼女とはいえ、ときに束縛は負担に感じますよね…束縛して不安が紛れるのはいいけど、もう少しだけ自分を信じてほしいなと思うことってありますよね。

そんなときは、束縛について優しく指摘してみてはどうでしょうか?

「息が詰まりそうだ!」「いつもいつも窮屈だ」なんて言い方はせずに、出来るだけ彼女の考えに寄り添って、ていねいに優しく伝えてみてください。

そうすることによって束縛彼女も少しは束縛の手を緩めてくれるかもしれませんよ。

「心配しなくて良いんだよ」スタンス

束縛彼女はとにかく不安で束縛をしています。

「彼に言い寄る子がいたらどうしよう…」「もし彼に他に好きな子が出来たらどうしよう…」など、アナタが好きな故に不安が尽きないのです。

そんな束縛彼女には「心配しなくて良いんだよ」ということを全面に出した言葉をかけてあげるようにしましょう。

「キミへの想い、そんな軽いもんじゃないからもう少し信じてほしい」「いつもキミのことし考えてないし、それ以外は見えてないから心配しないで」など、自分の想いをはっきりを主張して心配しなくて良いよということを伝えてあげてくださいね。

️束縛彼女から離れたい場合

「最初は好きだから束縛にも我慢して付き合っていたけど、もう限界!」という男性も多いことでしょう。

基本的に女性より男性は連絡無精であったり、付き合いで飲み会や食事会に出かけることが多いですよね。

そんな中で彼女から「連絡してよ」「誰といたの」「どこで飲むの」なんて言われたり聞かれたりするとウンザリしてしまうものです。

このままだとダメになるのでお付き合いをやめたいというアナタのために、ここでは束縛彼女との離れ方をご紹介していきます。

束縛彼女への対処方法6:別れを切り出す


まずはスッパリとお別れを切り出してみましょう。

別れ話の切り出しは、決して避けては通れない道です。

明確に「もうこれ以上はお付き合いすることはできない」「自分にはキミの束縛は重すぎた」など別れる理由を伝えましょう。

めんどくさくなりそうなら電話かメールでもOK

彼女の性格上、会って別れ話をするとめんどくさいことになりそうなときは電話やメールで別れ話をしてもOKです。

別れるのに会って話さないのは不誠実かのように思いますが、会って話すデメリットよりも会わないメリットをとるようにしましょう。

また、束縛彼女は本当に冷たくすることでしか突き放すことが出来ないので、あえて電話やメールを使って不誠実さを演じるもの1つの手段ではあります。

束縛彼女への対処方法7:しつこい場合はブロック&着拒

もちろん、束縛彼女とカンタンに別れることなんてできません。

めちゃくちゃ食い下がってくることはほぼ確実でしょう。

冷たいかもしれませんが、こっちから別れ話をしたらそれで終了と思っておいてOKです。

ですが、納得のできない束縛彼女は幾度となくアナタに連絡を入れてくるでしょう。

最初は「別れたくないよ」「もう束縛しない、アナタの自由にしてもいいから」というようにしおらしく泣きついてくることが多いです。

それでも絶対に相手にしてはいけません。

相手のためにもならないので、連絡は一切無視するようにしましょう。

それでもしつこく連絡がある場合は、ラインやメールはブロックし、電話は着信拒否するようにしましょう。

別れ話が終わっているのなら、後はとにかく無視して縁を切るようにしてください。

束縛彼女への対処方法8:ストーカー化したら警察へ相談

束縛彼女にはもともとストーカー気質なところがあります。

大好きな人の行動を徹底的に把握して、その様子を知っておきたいというところではストーカーと似ていますよね。

そんな束縛彼女と別れると、あっという間にストーカーと変貌してしまう可能性があります。

これまでは大好きな人と付き合えている、彼女として彼氏の行動を支配しているということで満たされていましたが、別れてしまったらその元カレはただの「ストーキング対象」です。

こうなってしまうと束縛彼女によって生活に支障が出ることがあります。

ストーカーの異常さに男も女もありません。

別れた束縛彼女がか弱いそうな女性だったとしてもそんなものは関係ありません。

相手は健全な精神状態ではないので何をしてくるかわかりませんよ。

別れた束縛彼女がストーカー化した場合は、速やかに警察に相談にいくようにしてくださいね。

️付き合ってから気付いた、束縛彼女

「付き合う前までは束縛しそうな感じもなく、とても自立出来ている女の子というイメージだったのに、付き合い始めてからなんかおかしいなと思うようになった…」そんな経験ありませんか?束縛彼女は、付き合う前までは「普通の女性」を擬態していることが多いです。

束縛する女性だと知ると離れていく男性もたくさんいるので、これまで何度か恋愛を経験している束縛彼女なら、その擬態はとてもレベルが高いものになっています。

付き合う前は「毎日連絡なくても大丈夫だよ」と言っていたのに、付き合い出した途端「昨日は連絡なかったけど、どこで誰と何してたの?」と言ってきたり、「飲み会とか友達の集まりとかどんどん行っていいよ!私も行きたい人だし」と言っていたのが「また飲み会?私はアナタがいるからと思ってほとんど誘いを断っているのに」と言ったり…束縛彼女に捕まってしまった男性は「こんな子だとは思わなかった…」と後悔することでしょう。

️束縛彼女の特徴

見た目はとても可愛らしく、周囲への気遣いが出来てとてもステキなのに彼氏と長続きしなかったり、よくフラれている子っていませんか?そういう子は、もしかしたら束縛彼女なのかもしれません。

付き合うまではとてもいい子で大切にしたいと思わせるような感じなのですが、付き合いだしたら途端に束縛しまくりの束縛彼女へ大変貌…なんてことはよくある事です。

ここでは束縛彼女の特徴についてお伝えするので、今いい感じの女の子がいるという男性はその子にこの特徴が当てはまらないか、よくチェックしてみてください!

束縛彼女の特徴1:連絡頻度が高い

束縛彼女の一番の特徴であるのが「連絡頻度の高さ」です。

近年ではスマートフォンや携帯電話を持っていないという人はいないくらい普及しました。

そのため、いつでもどこでも恋人と繋がっていられるようになりましたよね。

普通の人からしてもとても便利なのですが、束縛彼女にとってもとてもいい時代になりました。

いつでも好きな人の様子を知ることができるのですから…
朝起きたときからベッドで眠りにつく直前まで束縛彼女は連絡を寄こしてきます。

こっちの仕事の都合などもお構いなしに、一方的な連絡を繰り返してくることがあるでしょう。

こんな感じの連絡が多くなったら「この子、もしかして束縛彼女なのかな…?」と疑ってもいいでしょう。

束縛彼女の特徴2:質問が多い

とにかくアナタのことが知りたい束縛彼女。

好きになった人のことは自分が1番よく知っていたいという思いはもちろん、相手のスケジュールをすべて把握して自分が彼を精神的に支配したいという欲望もあるのです。

そのため、やたら質問が多くのなるのが束縛彼女の特徴です。

具体的にはどんな質問が多いのかをちょっとご紹介していきます。

どこにいるの?

突然束縛彼女から連絡があって「今、どこにいるの?」なんてことを聞かれることはよくあります。

一瞬「アレ?今日キミを約束してたっけ?」なんて疑問がよぎる程脈絡なく居場所確認をされて焦るでしょうが、これはただアナタがどこにいるかを把握したいだけの連絡です。

「今は家だよ」というと「今、テレビどんなの見てる?」なんて遠回しに在宅確認をされることも…束縛彼女には悪気はないのですが、あんまりいい気がしない質問ですよね。

誰といるの?

会社の飲み会や、友達を食事に行くという言うと、束縛彼女は会の最中に連絡をしてくることがあります。

別に急ぎの用事があるわけではないのですが、アナタと楽しんでいるメンバーがどんな人たちなのか気になって仕方ないのです。

最初は「どう?楽しんでいる?」なんて気を遣った(最中に連絡してくる時点で全然気遣いできてませんが)ような質問をしてきたと思ったら「誰がいるんだっけ?」「誰といるの?」なんて本当に聞きたい質問う突っ込んできます。

そんなこと聞いてどうするんだ…と思う男性がほとんどでしょうが、束縛彼女はどうしも聞いておきたいものなのです。

何してるの?

友達同士でも電話やメールの最初に「今、何している?」と聞くことが多いですよね。

これは、この後「話がしたい」「ちょっと会いたい」という意味で相手の都合を尋ねるものですよね。

しかし束縛彼女は違います。

「今、何しているの?」は相手の行動の確認や疑わしい行動がないかの監視行動なのです。

「今?これから買い物に行こうと準備しているよ」なんて回答すると「何処で?」「誰と?」「なんで?」とまた質問が膨れ上がってしまいます…だからと言って「家にいるけど、何もしてないよ」と答えると「何もしてないならなんで連絡をくれないんだ」と押し付けてくる束縛彼女もいます。

一体どんな回答をするのが正解なのか…

なんで遅くなったの?

大人になるとあらゆる事情で時間通りに物事を運べないときだってありますよね。

もし束縛彼女と仕事帰りにデートの約束をしていたとします。

それが仕事のトラブルで1時間ほど待ち合わせ時間に遅れそうなので事前に連絡をした上で遅刻したとします。

それなのに「なんで遅くなったの?」なんて聞かれると困ってしまいますよね…「仕事でトラブって遅くなった、ごめん」で完結している話なのに、とことん事情を知りたがります。

ほかには、いつも夜中の決まった時間に束縛彼女と電話をしているとします。

しかし、明日の準備などでいつもより10分遅れて電話をしても「なんで遅くなったの?」と聞かれることもあります。

色々疑っているようですが、こうも「これ以上の理由を聞いてどうするの?」という質問が多いとウンザリしてしまうものです…

束縛彼女の特徴3:スマホをチェックする

スマホチェックは束縛彼女の大定番です。

スマホをチェックすればどんな人にいつ、どんな連絡をしたかということがすぐにわかるので相手のプライベートを把握するのにはもってこいなのです。

相手がお風呂や寝ている時にコッソリをスマホチェックする束縛彼女もいますが、「やましいことがないなら、すぐに見せられるよね?」と堂々といつもチェックをする束縛彼女も多いです。

確かにやましいことや知られたら困ることがないといってもスマホの中まで隅々とチェックされるのはいい気分ではありませんよね…

束縛彼女の特徴4:嫉妬心&劣等感が強い

束縛彼女の束縛してしまう根源にが強い嫉妬心か根深い劣等感などがあります。

アナタのことを「自分だけの彼氏」だという独占欲や嫉妬心があり、アナタが自分以外の人と必要以上に絡みを持つのをとても嫌います。

自分のいない飲み会や集まりなどで、アナタが友達や同僚と楽しく過ごしているかということを考えると嫉妬に狂いそうになる束縛彼女もいます。

基本的には女友達や女性の同僚はオールアウトで、男友達や男性の同僚でも「しょちゅう彼のことを遊びに誘う人」も嫉妬の対象になります。

また、「自分なんか…」「可愛い子が彼のことを好きだと言ったら勝ち目がない」という強い劣等感を持っている人が多いです。

そのため、いつも「自分は彼から愛されている」という安心感が欲しくて束縛してしまうのです。

束縛彼女の特徴5:女友達と喋ると怒る

女友達と電話で喋っていると、束縛彼女がスゴイ目で見たきた…そんな経験はありませんか?電話の内容は関係なく「自分以外の女の子と話していた」という事実だけで怒っているのです。

「共通の友達の連絡先を知っていたら教えてほしい」という連絡がきたかと思えば「そういう理由をこじつけて、私の彼にアプローチしている」、「同窓会などの連絡を回しにたまたま順番的に連絡をしただけ」というだけでも「他の男友達に連絡するよう頼めばいいじゃない。

なんでわざわざアンタが…」など、女友達やアナタの意思とは関係なく、嫉妬の炎を燃やしているものです。

また、街中で偶然遭遇した女友達と挨拶程度のやりとりをしても怒ります。

会話中、ずっと女友達のことを睨みつけたり、怪訝な表情で見つめたりするので、その被害者の女友達から派生してアナタの友達が減ってしまうこともあるので気を付けましょうね。

束縛彼女の特徴6:女友達と遊ぶのは禁止

前の項目のように、女友達と喋るだけで怒るのなら、当然女友達と遊ぶことなんていう間でもなく禁止です。

アナタのことを「自分だけの男性でいてほしい」と願う束縛彼女からすれば、自分の彼氏がほかの女の子を遊ぶなんてあり得ないことなのです。

でもこういう束縛彼女に限って、自分は男友達と会うのはOKだと思っているところがあるのです(「アナタのことを相談してた」なんて言い訳をして)。

また、女友達がいることについて、束縛彼女を安心させようとして「コイツ(女友達)のことは、1度も女だと思ったことないから!」「昔から付き合うとかそういう目で見たことないし、男友達と同じノリ」などの弁解はご法度です。

女の子の中でも親しく出来るという「特別感」や、アナタにとっての全てでいたい束縛彼女からすると自分がそのポジションになれない「男友達と同じノリ」でいられることへの「嫉妬」で更に女友達に対する感情は複雑なものへとなっていってしまいます。

束縛彼女の特徴7:連絡を強要する

いつ、なんどきもアナタと繋がっていたい束縛彼女。

いつも好きな人の詳細を知っていたいので連絡を強要してくることも多いです。

朝の「おはよう」「今起きた」の連絡はもちろん、「これから仕事(学校)」、「今からお昼ご飯」、「休憩の一服中」なんてどうでもいいような連絡を欲しがるものです。

束縛彼女は連絡の頻度と自分への愛情の深さがリンクしていると考えているところが少なからずあるので、連絡があまりとれなった日はとても精神状態が悪いです。

あらかじめ「今日はバタつくから、あんまり連絡がとれないよ」と言っておいてもあまり意味がないタイプです。

そんなときは、連絡があまり取れない予告をした上で、ちょっと時間が出来た時に「めちゃくちゃ仕事忙しいけど、今隙をついてトイレから連絡中!これからまた頑張るね!」などメールして、忙しいけどどうしても連絡をしたくてしちゃった感を出してみるものいいですよ。

真偽はどうあれ、そこまでしてくれたという事実に束縛彼女は満たされます。

束縛彼女の特徴8:飲み会の写真を送らせる

束縛彼女に「今日飲み会なんだ」なんて話をすると、高い確率で飲み会中の写真を送信するように要求してきます。

皮をかぶっているタイプの束縛彼女なら「飲み会楽しそうだね~!〇〇君の友達ってどんな子か見てみたいから、飲み会で撮った写メ1枚送ってほしいな!」とそれっぽい理由をつけて写真を送らせようとします。

実際は、第一に「女友達は参加していないか」という事を確認してから、アナタにどんな友達がいるのかチェックします。

また、自分と2人だけのときによく連絡をしてくるような(憎い)友達の顔などをよく確認したりします。

ちなみに、周りの友達を確認するのが大きな目的でもありますが、束縛彼女はアナタの表情などもよくチェックしているものですよ。

自分のいない席で自分と2人でいるときより楽しそうにしていたり、自分に見せたことないようなテンションでエンジョイしている姿が束縛彼女にとっては許しがたいものです。

もし、束縛彼女の要求で写真を送信しないといけないときは、飲み会がはじまって盛り上がる前に自分が撮影役になってアッサリとした写真を送信することをおすすめします。

それでも「もっと見たい」みたいな返信が来たら「キミ(束縛彼女)の写真を友達に見せたら、めっちゃ可愛いって羨ましがられて大変だよ!」とうまく煽てて流してしまいましょう!

️束縛彼女と付き合うのは大変

このように、束縛彼女と付き合っていくには並大抵のことではありません。

常に行動をチェックされ、自分がどんな精神状態でも相手からの連絡や好意には全力で向き合わないといけません。

束縛彼女と付き合うのなら「自由に身軽に」なんて言葉はまずないと思っておきましょう。

自分が「束縛されたい人」であるのなら問題はないもしれませんが、それ以外の人はとても気疲れしまうのが束縛彼女とのお付き合いというものです。

好きならあなたが努力してあげて

束縛しまくりだけど、そんなところも含めて彼女を大切にしていきたい…というのであれば、覚悟を決めてアナタが彼女に合わせていく努力をしていく必要があります。

相手は新名が好きすぎるが上に束縛しまくっているので、その愛を受け止めて優しく包んであげるよういしましょう。

決して面倒くさそうな素振りは見せてはいけません。

また、束縛彼女が不安がるような要素も極力取り去っていかないといけません。

女友達の連絡先は消して、縁は切っていく方向でしか束縛彼女を安心させることはできません。

「いけません」ばかりでとてもハードルが高く見えますが、実際にこのハードルはとても高いです。

でも今付き合っている束縛彼女を安心させて大切にしていこうと思うのであれば、これぐらいの覚悟はしておかないとダメですよ。

嫌ならとにかく逃げるしかない

「もう付き合いきれない!」と思うのなら、とにかく全力で束縛彼女から逃げるしかありません。

にわか優しく穏便に別れようとするとどんどん泥沼化してしまうのが束縛彼女との悪い別れ方です。

こっちから別れの意思を伝えたのであれば、あとは全力で逃げるのみです。

連絡があっても一切無視、家まで来られて身の危険を感じたのであれば警察に相談するようにしましょう。

束縛彼女は次の好きな人が出来たらアッサリと引いて去っていくので、彼女に早く次のお相手が出来ることを祈るばかりです。

ちなみに、束縛彼女の粘着が終わっていないうちから次の彼女を作るのはあまりおすすめはしません。

恋愛は自由なのでこんなことを言うのはナンセンスなのですが、束縛彼女のアナタへの執着がおさまっていないうちに次の彼女が出来ると、束縛彼女の怒りの矛先が次の彼女へと向かう恐れが大いにあります。

もし、ほかに好きな人が出来た場合は慎重に行動することを強くおすすめします。

️本気で好きなら束縛彼女を安心させてあげよう

いかがだったでしょうか?
束縛彼女とはなかなか付き合いづらい女性です。

どれだけコチラも束縛彼女のことを愛していてもなかなか信じてもらえずに、疑ったり、彼女への愛を試されるかのように束縛されるものです。

たいていの男性は「窮屈」「やってられない」と感じる束縛彼女。

でも、本気で好きならそれらの束縛行動を全部受け止めてあげないといけません。

彼女がそれでしかアナタの愛情を確かめることができないのであれば、それに付き合って安心させてあげないといけません。

束縛彼女は「安心したいだけ」なのです。

ただ、その安心の仕方が束縛という形でしかできないのです。

もしかしたら途中で疲れてしまうかもしれませんが、その時は全力で逃げるようにしましょうね。