『忖度』は、日本人特有の自分の考えをハッキリと言わない生活習慣が基になっています。

考えをハッキリと言わない生活習慣のため、相手の考えや気持ちを知る手段として「推し量る」、「推測する」ことが必要になるのです。

しかし、『忖度』というコトバは、今まで日常生活で使われることは殆んどありませんでしたが政治の世界で使われ出したことがキッカケになり、注目されています。

忖度の本来の意味は、「推測」、「推量」ですが、「上の者の意向を推し量る」、「へつらう」という意味に『捻じ曲げられた』使い方で流行語となってしまいました。

職場などでは、人間関係をスムーズにするために、お互いに『気持ちを推し量り』ながら、相手の感情を刺激して乱さないような気遣いをすることが少なくありません。

お互いに忖度をしながら人間関係を保とうとしているのです。

しかし、この度、流行語になった忖度の意味は、「上の者の意向を推し量る」、「へつらう」という意味で広まりました。

忖度は日常生活の中で使われることは多くありません。

しかも、忖度の意味を知る人も多くありません。

今の世間を見渡すと、忖度は使う人にとって都合の良いように使い分けされています。

1つは、社会的地位の高い『強者』が持つチカラにあやかるために「へつらう」ことがあります。

もう1つは、『弱者』への思いやりの心遣いから、相手の気持ちを推し量るために使うことがあります。

忖度というコトバを使う人には、2通りの人が居ることが分かります。

自分の立場を有利に運ぶために使う人と、相手への気遣いから使う人です。

忖度の使い方を注視することで、『忖度』の言葉を発している人の本心、人柄、人間性が観えてきます。

『忖』には、「推し量る」という意味があります。

『度』には、「はかる」という意味があります。

『忖度』の2つの文字には、それぞれ「おしはかる」という意味がありますので、相手の気持ち強く『推し量る』意味につながると言えます。

今話題の「忖度」を解析!

今の世間を賑わせている『忖度』の使い方は、自分より立場が上の者へ『へつらう』ときに使いますので、本来の意味からは外れていることになります。

今流行りの『忖度』の使い方は、自分の立場を有利にするために使われていますので、本来の意味である『推し量る』とは異なる使い方になっています。

今までの日常生活では、忖度というコトバを耳にすることは殆どありませんでした。

しかし、政治の世界で使われてから、マスコミを通して世間に広まる結果になりました。

日常生活では使われることの少ないコトバを使う理由としては、自分自身の弱みを気付かれないようにし、物事の本質を隠そうとする意図があるときに使われることがあります。

『忖度』の本来の意味は、周りの人への尊敬や思いやりの表われとしての気遣いから、相手の気持ちを「推し量る」行為を指します。

忖度が起きているであろう4個の大人の世界


忖度が起きている大人の世界では、忖度の本来の意味である、相手への「思いやり」や「気遣い」とは正反対の使い方により知れ渡っています。

大人の世界で起きている忖度は、社会的地位の高い人がもつ『チカラ』や『権力』にアヤカルために『へつらう』行為として使われます。

相手への『思いやり』ではなく、相手を『利用』するための手段として忖度が起きています。

また、職場や学校での人間関係の中で周りに大きな影響力をもつ『ボス的存在』の人への『へつらい』として忖度が起きていることが少なくありません。

特に、陰湿なイジメが行われている職場や学校では、イジメを受けないようにするために『ボス的存在』の人への『へつらい』が目立たないかたちで行われています。

ボスの気持ちへの気遣いをする忖度により、『仲間外れ』に追い込まれないようにしているのです。

大人の世界で起きている忖度は、日本全体を包み込んでいる息苦しい閉塞感が忖度を蔓延らせていると言えます。

政治

忖度というコトバが世間に知れ渡るキッカケになったのは、国会での質疑応答の中で使われ、マスコミで取り上げられた経緯があります。

忖度のもつ本来の意味は、相手への心遣いから起きる『気持ちを推し量る』行為ですが、政治の世界の使われ方は、本来の意味とは、まるで正反対の『へつらい』の意味として使われて、世間に広まることとなりました。

政治的権力やチカラを持つ者から便宜を図ってもらうために『へつらう』ことで利益を得ようとする行為が忖度の意味であるかのように、ねじ曲げられてしまいました。

このため、忖度という言葉は、世間に良いイメージを与えないものになっているのです。

忖度政治という言葉もある

外国の人の目から見ると、日本の政治家は、政治経済に関して深い知識を持ち合わせた人が少ないと言われています。

政治経済について深い知識のない人でも政治家として携わることが出来るのは官僚の存在があるからです。

日本の政治経済を動かしているのは、政治や経済に関わる各省庁の官僚と言えます。

官僚の世界は、長い歴史の中で培われてきた既存路線を堅持する暗黙の了解のもとで各省庁の持ち分が明確に決められています。

暗黙の了解を日々維持していくためには、周りの空気を読むことが官僚にとって欠かせないルールになっています。

日本人特有の『空気を読む』ことが『忖度』であり、忖度政治をかたち作っているのです。

日常生活で使われることの少ない忖度というコトバが急浮上してきたキッカケが忖度政治なのです。

日本における政治の世界は、各派閥の権力者が大きな影響力を及ぼす状況が続いています。

各派閥の構成員である議員は、権力者の考えを推し量りながら、派閥から疎外されないようにして自分の立場を守っていると言えます。

日本特有の忖度政治は、議員が自らの地位を守るための『へつらい』が欠かせない世界なのです。

会社

日本の各業界を構成している様々な会社の中には、職場の人間関係が硬直化し快い関係が築けずに、お互いに疑心暗鬼になっているケースがあります。

お互いに周りの人の気持ちを聞く率直な会話が難しい雰囲気に包まれているとき、『推し量る』忖度が起きることになります。

忖度が起きる度合いを観ることで、職場の人間関係の実態を推し量ることができます。

忖度が起きる職場では、コミュニケーションがスムーズに交わされないために仕事がスムーズに進まない状況を招くことになります。

忖度に縁のない職場では、働いている者同士のコミュニケーションが快い関係になっていますので、会社経営が順調に進展していると言えます。

忖度を必要としない会社が増えることで経済が活性化していくのです。

談合や賄賂の場面で


談合や賄賂は、特定の一部企業や関係者が利権や利益を独占しようとする企みを指します。

談合は、有利な立場にある一部の企業同士が『示し合わせをして』大きな発注を獲得するために他の企業の参入を排除しようとする行為です。

賄賂は、『チカラ』を持つ立場にある人に金品を渡し、自社に利益をもたらすように便宜を図ってもらうことです。

談合も賄賂も忖度と同様に、利権や利益を得るために『チカラ』を持つ立場にある者に『へつらう』行為です。

強者が弱者を排除することを象徴するケースが談合や賄賂です。

談合や賄賂がまかり通る世界では、談合や賄賂により損害を被り敗者となった『弱者』の存在は無視されていくのです。

大人の世界では、『忖度=へつらう』ことが習慣化されているところがあります。

『へつらう』ことが日常的に行われている政治の世界や各業界では、『へつらう=賄賂』の行為が日常的に起きることがあります。

忖度は目に見えない『無形』な、へつらいです。

一方、賄賂は目に見える『有形』な、へつらいです。

どちらも形は異なりますが、同類と言えます。

いずれも、忖度のもつ本来の意味から大きく外れた使い方になっています。

友達関係

自然に心の通う友達関係の間では、相手の気持ちを推し量る忖度は必要ありません。

心が通い合わない見せかけの友達関係であれば疑心暗鬼になり、お互いに相手の気持ちを推し量るために忖度の行為が必要になります。

お互いに快い人間関係が築かれているなら、言葉を交わす会話の中でお互いの気持ちを理解し合うことが出来ます。

友達同士に信頼関係が築かれているなら本音の言葉を交わせる間柄になっていますので、相手の気持ちを推し量る忖度の行為は起きません。

友達関係にある当事者同士の間における忖度の必要・不必要の度合いを観ることで、お互いに心を許せる関係にあるのかを観ることができます。

忖度を必要とする友達関係ならば、お互いに忖度の交わし合いのため心が疲れてくることがあります。

無理をしない友達関係を維持しながら、忖度を必要としない快い関係に変えていく心掛けが必要と言えます。

いじめや仲間はずれ

世間を見渡すと職場でも学校でもイジメや仲間外れが減る傾向は観られず、増える一方と言えます。

職場や学校での人間関係から『はじき出されない』ように、ボス的存在の人間に向かって、へつらう忖度行為をするケースがあります。

様々な人間が寄せ集まっている職場や学校の中で、いじめや仲間はずれにされないように『自己防衛』のために、忖度行為をせざるを得ない状況に追い込まれることがあります。

イジメや仲間はずれが日常的に起こる状況は、『被害者』の立場に追い込まれた一個人に原因があるのではなく、日本の閉塞社会が抱える問題と言えます。

イジメや仲間はずれの苦しさに追い込まれている人にとっては、自分を守るために、周りの人の気持ちを知る手段として忖度をすることがあります。

恋愛

男女が恋愛関係に進展していく間柄であれば、忖度を必要とせずに、デートの際にあなたから相手に本音の言葉を向けることを心掛けましょう。

忖度が必要な関係に陥ると快い恋愛関係には進展せずに、お互いに『気遣い関係』になります。

お互いに気遣いが必要な関係が長く続くことで、気疲れを感ずる関係に陥ることがあり、恋愛関係から遠ざかることになります。

しかし、お互いに本音を向けることのできる関係が築かれてくると、お互いの間に信頼関係が芽生えてきて、快い恋愛関係に進展する道筋が観えてきます。

また一方、恋愛関係にある者同士が相手の気持ちを知るために忖度の手段をとるなら、お互いの間には素直な会話ができない関係にあるのです。

お互いに相手の気持ちをストレートに聞き合える関係が築かれているなら、信頼関係に裏打ちされた恋愛関係にあると言えます。

お互いの間に信頼関係が出来上がっているなら、安心して相手の本音を聞くことができるため、相手の気持ちを推し量る忖度は必要ありません。

しかし一方、お互いに恋愛関係にありながら、相手の本音を聞き出せずに、会うたびに相手の気持ちを推し量る忖度を心の内で繰り返しているなら、デート疲れを感じることになります。

忖度が必要な恋愛関係なら、忖度を必要としない関係に進展させるために、あなたから相手に向かい本音の言葉を向けることも必要といえます。

あなたの本音を『浴びた』相手の反応を観ることで、忖度すること以上に相手の気持ちを読み取ることができます。

三角関係

自分に自信をもてない責任逃れをする男は忖度を多用して、『三角関係のすき間』を逃げ回る行動をとることがあります。

三角関係を保とうとする男は、2人の女性に向かって、へつらう忖度行為を使い分けながら自分の欲望を満たそうとします。

女性である貴女が三角関係の渦中にあるなら、早い時期に気弱な男に見切りをつけることが自分を守る早道です。

三角関係に浸る男は、自分の立場を守ることで頭の中がいっぱいのため貴女を守るだけの気持ちの余裕がありません。

自分の立場を守ることに奔走するあまり、貴女の気持ちを探るための忖度にエネルギーを注ぎ込んでいるのです。

三角関係では当事者同士がお互いに、本音の探り合いのために密かに忖度を繰り返しています。

貴女は男と距離を置き、忖度のドロ沼から抜け出すことが、あなたの身を守る唯一の方法です。

男が貴女を守ってくれるという妄想から目覚めて気持ちを切り替え、忖度とは縁のない男性とのめぐり逢いに期待を寄せましょう。

浮気や不倫

浮気や不倫は、男の代名詞といえます。

浮気や不倫には、社会的信用の失墜や職場での人間関係崩壊、夫婦関係崩壊、家庭崩壊という大きなリスクが付きまといます。

ですから、当事者はリスクが起こることを避けようとして、お互いに本音の探り合いのために、相手の気持ちを推し量る忖度を繰り返します。

忖度を繰り返すうちに、お互いに『腹の探り合い』関係に陥ることになります。

『腹の探り合い』のために忖度を繰り返すことで、浮気や不倫関係が疑心暗鬼の関係に姿を変えてしまいます。

浮気や不倫は、必ず被害を受ける『弱者』を生み出す結果に至ります。

浮気や不倫に夢中になっている当事者は、最も身近で大切な人を被害者という立場に追い込んでしまうことになります。

また、忖度を繰り返して、浮気関係や不倫関係を引き延ばすことは、最も身近で大切な人を苦しめる結果を招くだけです。

忖度を必要とせずに、心が安らぐ本来の生活に戻ることが出来るかどうかで人間性が問われるのです。