時々思い出してしまう昔好きだった人!その思いがまだあるためか、なかなか未練を断ち切れないでいる人が結構多くいらっしゃいます。

忘れようと思っても無意識に思い出してしまう。

完全に忘れることって、実はかなり難しい事なのです。

このように未練を断ち切ることができずに次への1歩を踏み出せずもがいている人が多いと思います。

しかし、いつまでも過去を引きずっていては先へ進めませんよ。

ここは思い切って先へ進むためにも未練を断ち切りましょう!そんなこと言っても簡単でないことは重々承知です。

そこで今回こちらの記事では、好きだった人の未練を断ち切る方法など、これから先へ進むための情報をいろいろとまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、未練を断ち切るようにしましょう!

そんなの無理だと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

無理だと思う気持ちが無理だという方向へ働かせているのです。

実は、これと同じような感じで未練を断ち切れていない人がいっぱいいます。

要は潜在意識が働くことによって、それが起こってしまっているのです。

意識してなくても起きてしまうことも実はあなたが少なからず思ってしまっているから起きているのです。

いろいろな角度から説明していきますので、ぜひ、未練を断ち切って先へ進みましょう!

️好きだった人を忘れられない…

学生の頃に好きだった人を忘れられない気持ちはよくわかります。

特に初恋や本気になった人のことはいつまでたっても心に残っているケースが大きくて、なかなか忘れることができないのです。

一時期は思い出すことがなかったとしても、あることをきっかけに思い出して、悔しさなどの後悔の念に浸ってしまう方が結構多くいらっしゃいます。

これは仕方がありません。

一時期思い出さないようにしていたのも、思い出すきっかけがなかっただけであり、少しでも思い出すきっかけに遭遇すると、思い出してしまうのです。

あなたが意識していなくても無意識の中にその好きだった人の思いが残されているので、思い出してしまうのです。

もしくは、思い出させる現象を引き起こすのです。

このように忘れることは難しいのです。

しかし、無理ではありません。

思い出してしまうのは好きだったからです。

つまり、この好きだったという観点を変えれば思い出すきっかけがあっても未練たらたらになることがないのです。

好きだった思いが強すぎたために気づかないうちに自分の物のように見てしまっているのです。

相手は人間です。

あなたの物ではありません。

つまり、未練が断ち切れないのも、好きだったが原因ではなく、自分の物として見てしまっているからです。

故に相手をしっかり尊重できれば、実は解決できる問題なのです。

あなたが相手を好きになるのは自由!それと同じで相手が誰を好きになるかは相手の自由なのです。

この辺りを尊重できないといけませんね。

️好きだった人をすぐに断ち切る方法15選


それではお待ちかねの好きだった人の未練を断ち切る方法を説明していきたいと思います。

大きくピックアップして15個あります。

いきなりすべてをマスターしろとは言いません。

まずはあなたにとって一番の方法をお選びください。

読んでいてビビットきたものが一番の可能性が高いですよ。

何だか難しそうと思っている方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

どなたでも実行できるものなので、まずは簡単に考えましょう!難しく考えてしまうのは良くありませんよ。

未練を断ち切るのは難しいかもしれませんが、未練を断ち切る方法に難しいものはありませんよ。

まずはやってみることが大切です。

失敗しても何も損などを講じることはありません。

やらない後悔よりはやる後悔です。

まずは1歩踏み出しましょう。

この踏み出すことができずにいることでいつまでも引きずってしまっている方が多くいらっしゃいます。

好きだった人をすぐに断ち切る方法1:好きだった人との思い出を捨てる

好きだった人を思い出してしまう原因の1つに思い出から思い出してしまうことです。

つまり、好きだった人の思い出があるといつまでもたっても時々思い出してしまい後悔の念に浸ってしまうのです。

思い出と言われると抽象的なもののような感じがして、捨てるのが難しいと思われる方もいらっしゃる方と思います。

しかし、思い出と言うものは何かを見て、聞いてなどが原因に思い出すことがあるのです。

つまり、好きだった人との思い出が詰まった物が、思い出を引き起こす原因になっている可能性が高いのです。

物にも思いは詰まっていると言われています。

つまり、好きだった人の思いが詰まっている物は、その時の思い出を引き起こしてしまうのです。

そうならないためにも捨てることが一番です。

近年、断舎利がブームになってきているのもこの辺りが要因ではないかと言われています。

仮にどうしても捨てることができないと言う方は、とにかく綺麗に洗うことをおススメします。

思いも洗い流してしまうほど綺麗に洗いましょう。

好きだった人をすぐに断ち切る方法2:好きだった人の連絡手段を消す


好きだった人を思い出してしまうのは、いつでも連絡が取れる体制でいることです。

連絡する気はなくても連絡を取れるというだけで、時々思い出しては電話番号やメールアドレスまで行って連絡しようかどうか躊躇してしまうことです。

その躊躇することで好きだった人を思い出してしまい、先へ進めなくなってしまうのです。

そもそも残しておくことに何のメリットがあるのでしょうか?好きだったと言う過去の話であって今を見れば、連絡先に入れておくメリットはありません。

まだチャンスがある、もしかしたらと思っているために残してしまっている方が結構多くいらっしゃいます。

あなたが本気なら残しておいても構いませんが、相手から正式に断られたのに残しておくのはどうかと思います。

あなたが相手を好きになるのは勝手ですが、相手も誰を好きになるかは勝手です。

いつまでも連絡先を残しておいても意味はありませんよ。

好きだった人をすぐに断ち切る方法3:誰かに話を聞いてもらう

好きだった人を思い出してしまうのは自分の中にしまいこんでしまっているパターンが多く、そのため、自分で思い出しては後悔の念に浸っている可能性が高いのです。

つまりは、貯め込まないことが一番なのです。

貯め込むことで外に掃くことができず、自分の中でその情報がたまって残ってしまって嫌な感情になってしまうのです。

ある意味、余計な情報は貯め込みすぎるとゴミのような存在になってしまいます。

ゴミは貯めていても意味がありません。

このような時は、そんな恋話のようなものを友人など、あなたでない人に話を聞いてもらうことが大切です。

この時は見返りを求めるのではなく、ただ聞いてくれることを目的としましょう!好きだった人の話をしてもいいアドバイスなどありません。

それよりかは吐き出した方がすっきりするので、ただ、話を聞いてもらうようにしましょう。

好きだった人をすぐに断ち切る方法4:思いっきり泣いてスッキリする

好きだった人に未練を残していても仕方がありません。

なかなか立ちきれないと言うのであれば、一人になって泣いてスッキリするのも1つの手段ではあります。

悔しいから泣くのではありません。

泣くと言うのは感情を抑えきれなくなったから起きるのです。

泣くから弱いと思われていますが、それは間違いです。

感情を抑えきれなくなるから泣いてしまうのです。

好きだった人を思い出してモヤモヤしていると言うことは、感情のバランスが上手く取れていない状況であるかもしれません。

つまりは、感情のバランスが良くないのでモヤモヤして思い出してはイライラしたりなど、嫌な感情を生み出してしまうのです。

こうなった時は感情を整理するためにも泣くことをおススメします。

泣いてスッキリして感情のバランスを取ることで好きだった人への未練もなくなりますよ。

好きだった人をすぐに断ち切る方法5:勉強や仕事に没頭する

とにかく忘れるために他のことに集中することが大切です。

学生さんなら勉強!社会人の方なら仕事に没頭することです。

これでもかと言うぐらい没頭すると集中力や考えがそちらへ行くので好きだった人のことを思い出すことはありません。

よく自分を変えるためには環境に変化を加えることが大切だと言う話をされる方は多くいらっしゃいますが、これがそれとうまく繋がっていて、勉強や仕事に集中することで若干ながら環境に変化を加えることができるのです。

環境が変化すれば自分も変われるのです。

環境を変えると言うと今いる場所から離れるようなことを想像される方は多くいらっしゃいますが、それだけではないのです。

何かに没頭することで見えてくる世界に変化が生じるので、知らない間に好きだった人への未練を断ち切っているというような状況にもなりますよ。

好きだった人をすぐに断ち切る方法6:新しいことにチャレンジしてみる

いつまでもたっても未練が断ち切れないのであれば、今までしたことがなかったことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

要はこれまで同じようなことしかしてこなかったので、自分に変化をさせることができずにいたから、好きだった人を思い出してしまうこともあったのかもしれません。

自分に変化を入れるためにもまずは何か新しいことにチャレンジして見るのもいかがでしょうか。

新しい事にチャレンジと聞くと、何か大きなことをしないと行けないと考える方も多くいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。

簡単なことから結構ですよ。

毎朝5分間ウォーキングをするなどの感じで構いません。

新しいことをすることで、自分に変化が起きるのと、世界を広く見ることができるかもしれませんよ。

好きだった人を忘れることができなかったり、迷った時は新しいことにチャレンジすることをおススメします。

好きだった人をすぐに断ち切る方法7:好きなことをする

好きだった人のことを忘れるためにこの際、自分が好きなことにとことん打ち込むことが大切です。

好きなことにとことん打ち込むことで、意識がそちらへ傾くので、好きだった人のことを忘れることができますよ。

好きなことと言っても何をして良いかわからないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、難しく考える必要はありません。

何をしている時に一番の笑顔になれるかです。

あなたが笑顔になった時にしていたことが好きなことであるのは間違いありません。

好きなことにとことん集中して過去の未練を断ち切りましょう。

好きなことをあなたを伸ばす最高の手段です。

故に好きなことに打ち込むことであなたは大きくなれますよ。

いつまでも好きだった人を考えるよりも大きくなったあなたを好きになる人が現れる方が良くありませんか?ぜひ、好きなことに打ち込んでみましょう。

趣味や習い事でリフレッシュ!

それでもなかなか好きなことが見つからないと言う方は、趣味や習い事でリフレッシュして見るのはいかがでしょうか?

空いた時間にできることを打ち込んでいるうちに次々といろいろな考えが浮かんで頭がリフレッシュされたと言う話は良く聞きますよ。

まずは何事もやってみることが大切です。

やってみることであなたに変化が現れる可能性が高いです。

何もやらずに立ち止まったままでいると、好きだった人を思い出しては後悔しての繰り返しです。

後悔しても意味がありませんし、何も変化は現れません。

そんなことを繰り返すよりは習い事や趣味などでリフレッシュして新たな自分になって未来へ進む方がいいと思いませんか?そのためにも何か打ち込めるものを持つべきです。

大きなことでなくて結構です。

何でも構いませんので何かに打ち込んでリフレッシュしましょう。

好きだった人をすぐに断ち切る方法8:イメチェンをしてみる

好きだった人のことを忘れられないのは自分が変化できていないからだ!そう考えたら話しは早いですね。

自分をイメージチェンジさせればいいだけです。

所謂、イメチェンです。

イメチェンと言うと自分が自分でなくなってしまうと考えてしまう人はいますが、今の自分だから好きだった人を思い出してしまい後悔の念に浸ってしまっているのではないでしょうか。

つまり、今の自分でなければ好きだった人を思い出さないかもしれないのです。

イメージチェンジをすることでこれまでにあなたに寄ってきた人にも変化が出ますよ。

類は友を呼ぶと言う言葉がある通り、イメージチェンジをすることで新たな友を呼ぶことができるのです。

イメージチェンジをするのに戸惑ってしまう気持ちはわかります。

しかし、いつまでもそのままの自分で立ち止まっていては意味がありません。

ぜひ、イメチェンをして先へ進みましょう!

好きだった人をすぐに断ち切る方法9:自分磨きをする

自分に変化がないから好きだった人を忘れられない!そう考える人は多くいらっしゃいます。

そのために自分を変えようといろいろなことにチャレンジされる方は多いですが、自分を変えるのに外からいろいろと取り寄せてもなかなか変化できない時もあります。

そのために必要なのがまずは自分を磨くことです。

要は、錆だらけの物に外からいろいろな物を集めて取り入れても意味がないのと一緒で、自分が磨かれていないうちは、どんなに変化しようとしていろいろな事にチャレンジしても変化が出ない可能性が高いのです。

自分磨きと言っても何をしたらよいかわからない方は多いと思います。

簡単なことです。

今の自分を見つめなおして何が足りないのか、もしくは何が今の自分に必要なのかを見つけて、それを補っていくことです。

これができない人は自分探しと言って世界中を旅してしまうのです。

自分は今、目の前にいる自分だけです。

自分を見つめて磨いて行きましょう。

好きだった人をすぐに断ち切る方法10:好きだった人の欠点を紙に書き出してみる

好きだった人のことを思い出してしまう人は好きだった人の良い点を思い出してしまう傾向が強いです。

つまり、自分が好んだ点に集中が行ってしまうのでいつまでも経っても忘れることができずにいて、また、その部分をばかりを求めしまうのです。

つまり、この部分を断ち切ることができれば思い出しても後悔しないし、思い出すこともなくなるのです。

では、具体的にどうすればよいのかと言うと、好きだった人の欠点を紙に書いてみるのです。

書くと言うことはその人のことを思い出してしまうことになってしまいますが、思い出しながら欠点を見ていくので、そのうち、思い出したくないと言った感情になって行きます。

つまり、欠点の方へ集中が行くので思い出したくないと言った感じになるので思い出すことがなくなるのです。

欠点が見つからないと言う方もいらっしゃるかもしれませんが、それはもしかしたら付き合いが浅かったのかもしれませんよ。

もしくは好きだっただけで何も知らなかった可能性が高いです。

好きだった人をすぐに断ち切る方法11:友達との時間を増やす

おそらく好きだった人を思い出すのは一人になっている時間の時に思い出すケースが多いと思います。

そのため、思い出したくない人はなるべく友人と一緒にいる時間を増やすことをおススメします。

友人と一緒にいることで好きだった人への集中が行かなくなるので、自然と思い出さなくなりますよ。

友人と一緒にいるだけで友人との楽しい時間が増えるので、先を見て時間を過ごすことができますよ。

毎日会えとは言いません。

都合の着くときに合うようにして、友達との時間を長く持つようにすれば、好きだった人への未練も断ち切ることができますよ。

近くに友達がいないと言う方も今ではネットの時代です。

電話でも気軽に話すことができるし、面と向かって話したいのなら、テレビ電話だって簡単に出来てしまう時代なのです。

つまり、友達との会話は簡単にできてしまうので心配する必要はありません。

好きだった人をすぐに断ち切る方法12:部屋の中を模様替えする

環境を変えることが自分を変えることに繋がると言いますが、では、環境を変えるに最も良いのがと言うと…部屋の中を模様替えすることです。

模様替えすることで、部屋の空気の循環に変化が現れるので、若干ですが、環境が変化したことになります。

最近では断舎利がブームで家の中の物をすべて捨ててしまうと言う人もいるほどです。

部屋の模様が変化しないと空気の流れも一緒です。

つまり変化はしません。

空気が一緒だといつしか自分もその空気になれてしまうので、そこで好きだった人を思い出したりなんかしていると、それが習慣化されているので、いつまで経ってもその習慣から抜け出せなくなってしまうのです。

つまり、好きだった人を思い出してしまう習慣から抜け出すためにも部屋を模様替えして、空気の循環に変化を出して行くのが大切です。

好きだった人をすぐに断ち切る方法13:旅行をする

思いきって見ず知らずの土地へ行って新しい空気を吸ったり、雰囲気を肌で感じたりするのはいかがでしょうか?

視野を広げることができますし、新しい自分を発見できるかもしれませんよ。

せまい世界で生きているからいつまで経っても好きだった人のことを忘れることができないのです。

視野を広げることが好きだった人を忘れることができる手段でもあるのです。

広げ過ぎて視界に入っていても目に入らないとことは良くあります。

また、旅行をすることで新たな知識などもゲットできるので、自分に変化を加えることができますよ。

変化をすることで好きだった人を思い出すこともなくなる可能性が高いです。

旅行は気分をリフレッシュさせるだけでなく、新たな自分を誕生させる手段でもあります。

新しい空気、新しい知識などいろいろな要素があるのが旅行です。

好きだった人をすぐに断ち切る方法14:贅沢をしてみる

たまにはパーっと贅沢をしてみるのはいかがでしょうか?

気分を晴らすためにも1回ぐらいは派手なことをすると気分がリフレッシュする可能性が高いです。

毎日毎日、贅沢をしていては意味がありませんし、贅沢のありがたみがわかりません。

贅沢と言うのはたまにするから価値があるのであって、毎日していては贅沢とは言えませんよ。

たまに贅沢なことをして世界を広げて自分もこのような世界に行きたいと思ったらそのようになるまでに頑張ればいいだけです。

1回の贅沢がきっかけで人生が変わると言うことも良くある話です。

そうなれば好きだった人を思い出している時間がもったいないですよね。

このように贅沢をすることで意識を変えることができるので、ぜひ、頻度を少なめにして贅沢をしてみてはいかがでしょうか。

好きだった人をすぐに断ち切る方法15:出会いの場に足を運ぶ

この際、次の出会いを期待してクラブや合コンなどの出会いが多いそうなイベントに足を運んでみるのはいかがでしょうか。

きっと楽しいですよ。

楽しいので、好きだった人を思い出すこともなくなります。

また、そこで良い出会いがあればなおさら好きだった人を思い出すなんてできませんよね。

このように自分から行動することで状況を打破することができるのです。

状況を打破して先へ進みましょう。

まずは、自らの足で出会いが期待できるイベントに行くことが大切です。

なかなかそう言う場所へ行くのは苦手と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、お一人様でもOKと宣伝しているイベントもあり、また、お酒などのアルコールが入れば勢いに任せていくこともできるので、何事も前向きに考えて行きましょう。

ネガティブに考えていては意味がありません。

ポジティブになって行動することで新たな自分に出会えるかもしれませんし、もしかしたら理想のパートナーに会えるかもしれませんよ。

【出会いの場でおすすめな場所は、こちらの記事もチェック!】

好きだった人が忘れられないのはなぜ?

好きだった人を忘れる方法はいかがでしたでしょうか?

あなたにとってベストなものはございましたか?

20個ありますのでビビットきたものは試しにやってみましょう!

しかし、そもそもなぜ人は好きだった人を忘れることができないのでしょうか。

1つに感情を持っていることが考えられますが、それ以外にもいっぱいいろいろなことが考えられます。

ここからはなぜ忘れられないのかについて説明していきます。

もしかしたらあなたが納得する説明があるかもしれませんよ。

理由は人それぞれなので完全に一致するとは限りませんよ。

それではどうぞ!

思い出を美化している

好きだった人との思い出を美化ししているとなかなか断ち切れません。

所謂、あの頃は良かった状態になっています。

好きだった人との絡みで良かったと思ってしまい、一瞬たそがれますが、その後に後悔をしてしまうパターンが多いです。

これは今を生きている中で自分で良いなと思うことがないのが原因です。

いいなと思うことがないので、美化している思い出を思い出したくなるので、好きだった人を忘れることができないのです。

先を見れていない人に最も多いパターンがこのパターンです。

本気の恋をしていたから

好きだった人に対して本気で恋をしていたので未練を残してしまうと言うのは良くある話です。

しかし、これは本気と言う名の行きすぎでもあります。

行きすぎて相手を私物化してしまっている危険性が高いのです。

何度もいいますようにあなたが相手を好きになるのは自由です。

また、同時に相手があなたを好きになるかどうかも自由なのです。

この辺りを尊重できていないとなかなか抜け出すことができないのです。

本気と言って美化しているだけでほとんどは私物化してしまっているパターンが多いです。

あの人以上の人はいないと決めつけている

あの人以上の人はいないと決めつけてしまっている人は多いですが、裏を返せば、恋愛経験が少ないのか、もしくは、世界が狭いという感じに見受けられます。

これまで生きてきた中で全人類を見てきた人なんてそういないので、あの人以上の人はいないということはまずないと思います。

このように自分を悲劇の人物みたいにしたいと言う人もいて、このような人はなかなか好きだった人の思いを断ち切れないのです。

あの人の以上の人がいないということはありません。

なぜなら、今日にだって世界中でたくさんの命が誕生しているからです。

勝手な思い込みは自分を苦しめるだけです。

世界を広く持って勝手な思い込みをするのを辞めましょう。

そうすることで、好きだった人の未練を断ち切れますよ。

好きだった自分が好きだったから

好きだった人を好きになっている自分が好きだったと言う人もいますが、かなりのナルシストですね。

これは相手が好きなのではなく、恋愛をしている自分が好きなだけであって、次の恋に踏み出せないのは、これ以上の恋を自分がする自信がないからです。

好きだった相手を思い出して、カッコいいと思える自分を見てたそがれる。

あまりいいとは思えませんね。

それならさっさと新しい恋を始めた方が身のためでもあります。

ただ、このような方は次の恋でも長続きしない傾向にあります。

ワンチャンあり?好きだった人と戻る方法

それでも好きだった人と寄りを戻したいと考える人は多いはずです。

まあ、チャンスがないわけではないのですが、確率が高いかどうかは不明です。

しかし、それでもと思ってここからは好きだった人と寄りを戻る方法を説明致します。

あくまで方法です。

うまくいくかどうかその人次第ですので、自己責任でお願い致します。

何度も言いますように、あなたが相手を好きになるのは自由ですが、相手があなたを好きになるかどうかも自由です。

相手への尊重はしっかり持ちましょう。

好きだった人と戻る方法1:時間をおいてから連絡する

時間を置いてから連絡するとお久しぶり!と言った感じに話がはずむ時もあります。

このような感じで徐々に離れて行った距離を近づけようとする方法はあります。

まず、久しぶりに連絡して返信があれば何かしらの脈がある証拠でもあります。

この場合、慌てすぎないのが大切です。

好きだった人と戻る方法2:急に食事などに誘ってみる

デートをしたいと直接行っても効果はありません。

そこで良いのが食事に誘うことです。

しかもポイントとしては、おごることではありません。

相手のニーズに合わせて食事を誘うことです。

例えば、相手がフレンチが好きなら、「こないだフレンチの新しいお店を発見したから一緒に行かない」的な感じで相手のニーズにマッチしたもので食事に誘ってみましょう。

好きだった人と戻る方法3:過去の話しは絶対にしない

昔はこうだったよね!と言った感じに昔の話ばかりしていると、まだ後悔しているんだなと言う感じに見られてしまうので、過去の話をするのは辞めましょう。

それより未来のある話をして、先を見ている姿勢を見せましょう!先を見ている人には着いて行きたいと思えるのです。

逆に過去の話ばかりでは、着いて行きたいと思いませんよ。

好きだった人と戻る方法4:ワンチャンに期待しないで!

誘ってもワンチャンに期待しないことが大事です。

ワンチャンに期待するのは見返りを求めている証拠です。

見返りを求めている姿勢はすぐにわかります。

また、誘われた方も大方、たぶんそうだろうなと思っているので、その姿勢を見せるのはやっぱりと言った感じになってしまいますよ。

期待はしない方が良いです。

️好きだった人は過去のこと。新しい恋に進もう!(まとめ)

好きだった人はあくまで好きだった人です。

それよりも先へ進んでその時よりも良い恋をしようと考えましょう。

まだまだあなたの知らない素敵な人はいっぱいいます。

ぜひ、最高の恋をゲットしましょう。