就活では、面接官に与える印象で採用の合否が決まると言ってもいいでしょう。

そのため、出来るだけ面接官に好印象を与えたいですよね。

面接官がチェックするポイントは、質疑応答の内容と態度、そして身だしなみです。

とくに髪型は、爽やかで好印象に仕上げておくと、面接官からの印象も良くなりやすいです。

そこで、おすすめの就活の髪型についてご紹介します!

就活でおすすめの髪型はコレ!

あなたは就活をする上で、どんなことに気を遣いますか?

大半の人は、面接官からされる質問内容を気にして、いざ面接のときにスムーズに受け答えが出来るようにと、何度も繰り返し面接の練習をすることでしょう。

それ自体は間違っておらず、きちんと質疑応答の練習をしておくことで、いざ本番で面接官に好印象を与えることは出来ます。

しかし、面接官は質疑応答以外にも、さまざまな部分をチェックしています。

例えばふとした拍子の動きや仕草、口調や顔つきなど、細かい部分も見て、面接を受ける人の人間性も短い時間の中で見極めようとします。

大手の企業やしっかりとした会社ほど、面接時にはそれなりに厳しく応募者をチェックします。

そのため、質疑応答の練習はもちろんですが、面接時には面接官に好印象を与えるために、身だしなみにもきちんと気を配らなければなりません。

身だしなみでは清潔感が大切ですので、靴の汚れや服のシワはもちろん、髪型にも注意する必要があります。

清潔感を感じさせ、面接官に好印象を与える髪型とはいったいどのような髪型なのでしょうか?男性編と女性編に分けて詳しくご紹介していきます。

男性編


男性の場合、短髪であることが清潔感を感じさせるのに必須な条件の一つと言えます。

例えばファッションやアパレル関係のように、敢えてオシャレを演出させるために長髪にすることがある仕事の場合は、長髪で面接を受けても合格することはあるかもしれません。

しかし、ほとんどの仕事の場合、面接時には髪を短く切って、爽やかな印象にしておかなければ、面接官からの印象が悪くなり、不採用になってしまう可能性が高いでしょう。

そのため、面接を受ける際には、ある程度髪を短く切っておくことが重要です。

また、髪色も黒色が基本です。

厳しい会社ほど、髪色が少しでも明るいと、その時点で不採用になってしまう可能性が高いでしょう。

そこまで採用基準が厳しくない会社であっても、せいぜい暗めの茶色や、黒に近いような色にしておく方が無難でしょう。

その上で、おすすめの髪型が以下になります。

ナチュラルショートレイヤー

ナチュラルショートレイヤーの「レイヤー」とは、トップから毛先に向かって長めに残し、髪に段差を付けるカットの方法です。

このレイヤーカットの方法をショートヘアに取り入れたものがショートレイヤーです。

最近ではこのレイヤーカットを用いておしゃれな髪型を作るのが流行っていますが、就活の際にはそこまでオシャレに髪を整える必要はありません。

あまり髪を弄り過ぎてしまうと、面接官に派手な印象を与えてしまう可能性があります。

そのため、ショートレイヤーをあくまでも自然な髪型に見せる必要があります。

その一見自然な髪型に見せるカット方法が、ナチュラルショートレイヤーなのです。

ナチュラルショートレイヤーなら、一見自然な髪型に見せながらも清潔感を大いに感じさせることが出来ますので、面接時にはおすすめの髪型です。

ツーブロックショート

「ツーブロック」は、トップに十分な長さを持たせながら、サイドやアンダーを短く仕上げた髪型です。

日本国内では80年代後半から90年代初頭にかけて、男性の間で大流行したヘアスタイルですが、現在でもアレンジを加えながら、まだまだ根強い人気があります。

トップの長さを残した状態で、サイドやアンダーを刈り上げてしまうのがベーシックな髪型ですが、このトップの部分を短くカットしたものが、「ツーブロックショート」です。

ツーブロックショートは、髪色が明るい場合にはオシャレなイメージが強いですが、黒髪できちんとまとめておけば面接時にも好印象になります。

サイドやアンダーが短い分、面接中に髪が気になることもありませんし、ワックスで整えておけば崩れる心配もありませんのでおすすめです。

アップバングベリーショート

アップバングベリーショートの「アップバング」とは、前髪を上げたヘアスタイルのことです。

「バング」が「前髪」を意味しますので、それを上げた髪型が、「アップバング」です。

男らしさを演出させることができ、また前髪が上がっていることで清潔感も十分に感じられますので、面接に攻めていきたいという気持ちの男性にはピッタリの髪型です。

アップバングはロングでもショートでも、どのような長さの髪でも出来ますが、面接の場合にはショートよりもベリーショートの方がより清潔感が出ておすすめです。

ロングの場合にはブローなどに時間がかかってしまいますが、ベリーショートであればそこまで時間がかかりませんので、時間の節約にもなって良いでしょう。

女性編


女性の場合、髪が短い人から長い人までさまざまですよね。

どんな髪の長さであっても、きちんと清潔感さえ出ていれば面接で不利になることはそうありません。

髪をまとめるなり、おでこを出すなり工夫すれば誰でも好印象を与えることが出来ますが、男性同様に髪色は黒色が無難でしょう。

男性の場合は、元々髪が短いこともあり、多少暗めの茶色であれば面接に悪影響を及ぼすことはあまりありませんが、女性の場合には黒色にしておいた方が良いでしょう。

とくに髪が長い人ほど、髪色が黒以外だと目立ってしまいますので、男性以上に髪色には気をつけた方が良いでしょう。

一方で、アパレルやファッション関係の仕事の場合には、多少髪型をオシャレにしたり、髪色を暗めの茶色にしたりしても、面接では何の問題もないこともあります。

とはいえ、自分がこれから面接に臨む会社がどのようなところか分からない場合には、やはり一般的に推奨されている髪型や髪色にしておいた方が無難でしょう。

背中や腰まで長いならまとめて清楚に

髪が背中や腰あたりまでの長さの人は、まとめることで清楚な印象になります。

アップにしておだんごヘアにすれば清潔感を与えますし、髪が引っかかったり邪魔になったりすることもないため、余計な気を遣わずに済みます。

また、プライベートならおさげやツインテールなど、さまざまなまとめ方で楽しむことが出来ますが、就活の際には一つにまとめるのがベストです。

まとめる際にも頭の後ろで縛っておけば、面接中に肩や胸の辺りまで髪が垂れてくることはありません。

あまりに長い場合には、例え一つにまとめても面接官によってはだらしなく感じたり、清潔感を感じさせなかったりすることがあるため、やはりおだんごにしてまとめてしまうのが無難でしょう。

時々髪の一部分を頭の後ろでまとめて、残りは下に流すヘアスタイルをしている人がいますが、面接時にはその髪型は止めておきましょう。

肩に髪がつくと、それだけで清潔感がなくなってしまう場合もあります。

ショートは快活な印象を与える!

女性でショートヘアの場合、面接官には快活な印象を与えます。

とはいえショートヘアでも、前髪が目にかかっていたり、ボサボサとまとまりがなかったりすると、不潔な印象になってしまいますので、ショートでもある程度清潔感などには気を配りましょう。

また、ショートでサラサラヘアの場合には、面接中に髪が顔にかかってきてしまうこともありますので、ピンでまとめるなりワックスで固めるなりして髪が動かないようにしましょう。

男性の髪型に近いようなショートヘアの場合には、スカートよりもパンツスーツの方が見た目にも好印象です。

ボブの髪型の場合には、顔の横に髪がかからないようにきちんと止めておきましょう。

ミディアムは可愛らしさを感じさせる

面接は外見で決まるものではありません。

しかし、ある程度の清潔感や爽やかさがある人の方が、清潔感のない人や不愛想な人よりも採用される確率は高いです。

それも当然のことで、誰しも不潔な人や不愛想な人と一緒に仕事をしたいとは思わないでしょう。

一方で爽やかで愛想が良い人とは、一緒に仕事をしたいと思うでしょう。

面接時には、そうした身だしなみから相手の人間性を見極めることもあります。

女性でミディアムな髪型をしていると、女性らしい可愛らしい印象になります。

そこで笑顔で愛想よく面接官に対応出来れば、かなりの好印象となります。

しかし、いくら可愛らしい印象であっても、面接中に頻繁に髪を弄るような真似をしていると、面接官が不快に感じることもありますので、ミディアムヘアの人も髪が顔にかかったり、さらさらと動いたりしないようにきちんと髪をまとめておきましょう。

前髪は斜め分けかおでこ出し(オールバック)をおすすめ

男性の場合には、前髪を短く切ってしまえば邪魔になることはまずないでしょう。

一方で女性の場合には、短くても眉辺りまでは前髪がある人が多いため、面接中に前髪が気になってしまうことも多いです。

もし短めに前髪を揃えたとしても、話している最中に前髪が動いてしまうと、自分だけでなく面接官も気になってしまうかもしれません。

そのため、前髪はどんなに短くても斜め分けにするか、おでこを出した状態にするのがおすすめです。

前髪が長い人は、斜め分けにしてきちっとピンで止めておくと、途中で垂れてくることがないため安心です。

ピンで止める場合は、ピンも黒色か、髪色に合わせたシンプルなものにしましょう。

ピンが派手な色だと悪目立ちしてしまいます。

また、おでこを上げる場合にも、髪が下りてこないようにワックスで止めるようにしましょう。

斜め分けとは違い、オールバックの時にはピンを使わないようにした方が良いでしょう。

前髪を下す&長い前髪はNG

面接の際には、面接官に対して好印象を与える必要があります。

面接官から顔がハッキリと見えて、かつ目元部分もちゃんと見えていると、面接官はこちらの顔がよく確認出来るため、笑顔で話せばとても感じが良く、爽やかな印象に映ります。

一方で、前髪で目元が良く見えないと、表情がハッキリとせず、受け答え方によっては悪い印象になってしまうことがあります。

もしもあなたが面接官だとしたら、顔がハッキリと見えて笑顔の人と、髪で顔がよく見えずに、どんな表情を浮かべているのか分からない人とどちらかを採用しなければならなくなった場合に、どちらを選びますか?

選ぶまでもなく、前者を採用することでしょう。

それほど顔の表情が人に与える影響は大きなものです。

そのため、面接の際には顔がハッキリと面接官に見えるように、前髪を下ろすことはせずに、斜め分けにしたり、上げたりしましょう。

就活で好印象を与える髪型のポイントとは

就活では、面接官にどれだけ好印象を与えることが出来るかによって、採用の合否が大きく変わってきます。

例え能力や実力があっても、面接官に対する態度が良くなかったり、見た目の印象が良くなかったりすると、折角の力を会社で発揮することもなく、面接の時点で不採用にされてしまいます。

そのため、まずは会社側に採用してもらうためにも、面接官に好印象を与えやすい服装や髪型を整える必要があります。

男性や女性によっても、また職種によっても相応しい身だしなみや髪型は変わってきますが、どのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか?

面接官に好印象を与えやすいポイントを以下にご紹介します。

何よりも清潔感!

人に良い印象を与えたいと思ったら、何よりもまずは清潔感を意識することが大切です。

これは就活のみでなく、どんな場面や人に対しても同じことが言えます。

清潔感とは実際の清潔さとは違っており、人に与える見た目の爽やかさのことを指します。

例えばあなたの目の前に立っている人が、シワシワの服を着て、髪型はボサボサでだらしない身だしなみをしているとします。

もし実際にはその人がつい数十分前にしっかりと入浴を済ませていたとしても、その人の外見から、とても清潔感を感じることは出来ないでしょう。

また、「さっきお風呂に入った」と言われても、信じることが出来ない人もいるかもしれません。

このように、実際には清潔だったとしても、他人から見た時に「清潔ではなさそう」と思われてしまったら、清潔であっても意味はないのです。

反対に、例え本当は清潔でなかったとしても、周囲に「清潔感がある」と思わせることが出来れば、周囲からの印象は良くすることが出来ます。

もちろん自分自身で清潔さを保つことも大切ですが、それと同じくらいに清潔感を出すことも重要なのです。

髪色は黒が基本

髪色は黒が基本です。

これから自分が面接を受けに行く会社がどのような方針なのかがハッキリと分かっていない場合には、髪は黒色にしておくと無難です。

また、大手企業や昔気質の強い会社、歴史の長い会社などは審査の基準が厳しいこともあるため、必ず黒髪で面接に臨むようにしましょう。

一方で、最近の流行りを多く取り入れている会社やグローバル系の会社、ファッションやアパレル関係の会社の場合は、あまり堅苦し過ぎる格好で面接に臨むと、反対に場違いになってしまうこともあります。

とくに社長の年齢が若く、インターネットを用いて手広く会社を経営しているようなところでは、型にはまった就活スタイルよりも、少々個性を出して面接に臨んだ方が採用される可能性が上がることもあります。

とはいえ、やはり基本的には就活では髪色は黒が基本です。

どんな身だしなみや髪型で行けばいいのか分からないという人は、基本の髪色や髪型にしておくと良いでしょう。

地毛が茶色い人は黒にする必要はない

就活では髪色は黒が基本です。

しかし、地毛が茶色の場合には、無理して黒に染める必要はありません。

地毛が茶色の人は、元々の髪色が自然な茶色になっていますので、もし面接時に指摘された場合にも、堂々と「地毛です」と言うことが出来ますし、見た目にも違和感はありません。

反対に地毛が茶色なのに無理に黒染めをしてしまうと、まるで「普段は髪を染めているけれど就活の時だけ黒染めをしている人」のように思われてしまいます。

そうなるくらいなら、地毛のままで面接に臨んだ方が良いでしょう。

地毛だということをさりげなく伝えよう

地毛が茶色の人の場合、就活では黒染めをしようかどうかと悩むことも多いでしょう。

しかし、下手に黒染めをするとベタッとした見た目になってしまい、不潔な印象になってしまうことがあります。

そのため、地毛が茶色の場合にはわざわざ黒染めをせずに、そのまま自然な髪色で面接に臨んだ方が良いでしょう。

もし「髪を染めていると思われて悪印象になったら・・・」と心配になる場合には、面接の間でそれとなく地毛だと伝えられるようにしておくと良いでしょう。

例えば自己PRの際に「私は地毛が茶色なので、よく・・・」など、さりげなく地毛だとアピール出来ると、面接官からの誤解を避けることが出来ます。

髪の質感を意識しよう

清潔感は、服装や靴など、全体の雰囲気にも表れますが、とくに髪の毛によく表れます。

自分の髪でも、お風呂に入らないままでいるとなんとなくベタッとして不潔に思えてしまうことがありますが、それを他人に対して感じてしまうと、その人にはあまり近づきたくないと感じてしまうでしょう。

髪はちょっと不潔にしているだけで、すぐにそれが質感に出てしまいます。

髪の質感一つでも、実際の清潔さには関係なく、相手に好印象を与えたり、または悪印象を与えてしまったりしますので、面接の際には髪の質感にも意識しましょう。

パサパサしていると清潔感が感じられない

髪がべったりしていても不潔に思われてしまいやすいですが、反対にパサパサし過ぎていても、清潔感が感じられずに、相手に与える印象が悪くなってしまいます。

清潔感を大切にしている会社や、美容関係の会社の場合には、髪の質感だけで採用の合否が決まってしまうこともあります。

髪の手入れをきちんとしていたり、あまり染めたりしていなければ、普通はそこまで髪が傷んでパサついてしまうことはありません。

それがパサパサになっているということは、それだけ自分自身の手入れにずさんだったり、もしくは派手に遊んでいるような印象が持たれやすかったりします。

髪のパサつきで自己管理能力の有り無しを見極めるところもないとは言い切れませんので、髪の手入れもきちんと行っておくことも大切です。

ストレートパーマやドライヤー、ワックスで対処しよう

例えば天然パーマで悩んでいるという人は、ストレートパーマやワックスなどで対処出来ます。

また、髪のべたつきが気になる人は、きちんと洗髪した後で、ドライヤーでブローをするとある程度髪を浮かせてべたつきを改善させることが出来ます。

どんなに頑固なくせ毛でも、きちんと手入れをすれば清潔感を出すことは誰にでも出来ます。

普段は面倒臭くてきちんと手入れをしたことがないという人は、就活を良い機会にして髪の手入れを意識すると良いでしょう。

あまりワックスを使いすぎるのは逆にNG

髪の毛をまとめる際には、ワックスを用いることが多いです。

就活ではある程度髪をまとめるためにワックスを使う人がいますが、ワックスを使い過ぎてしまうのはNGです。

頑固なくせ毛ほど剥きになって大量のワックスを使ってしまいがちですが、あまり大量にワックスを使うと髪がベタベタになってしまい、不潔な印象になってしまうことがあります。

折角面接前にお風呂に入って清潔にしても、ワックスのせいで相手に清潔感がないと思われてしまうと台無しですので、ワックスの使い過ぎには注意しましょう。

毛先を跳ねさせない

元々癖毛の人は、あちこちに跳ねる髪の毛を真っすぐにしようと苦心するものですが、反対に癖の少ない髪質の人では、ワックスやブローの際に一緒に髪を跳ねさせることがあります。

堅苦し過ぎない印象にしようとしたり、またはちょっとオシャレな雰囲気を出そうとしたりして毛先を跳ねさせることがありますが、就活では極力毛先は跳ねさせない方が良いでしょう。

毛先が跳ねていると、それだけで「だらしない」「問題を起こしそう」「派手な性格」「自己主張が強い」と思われてしまうことがあります。

地毛が癖毛の場合には跳ねていても自然に見えますが、わざと毛先を跳ねさせると面接官によっては印象が悪くなってしまうことがありますので、わざと毛先を跳ねさせるのは止めましょう。

就活では中身が大切!でも外見もとても大切!

面接官は、「この人材は自社にとって役に立ちそうだな」「会社に利益をもたらしてくれそうだな」と思える人を積極的に採用しようとします。

しかし、面接で話をするだけでそこまで思えるような人材には、滅多に出会えることはありません。

大抵は当たり障りのない話をして、応募者の態度や受け答えの内容によって、採用の合否を判断します。

そのため、就活では中身はもちろん大切ですが、それと同じくらいに外見もきっちりと整えなければなりません。

人は初対面の相手に対して、まずは外見から判断していきます。

清潔感があるかないか、身だしなみが整っているかどうかで、大体の相手の性格を見極めようとします。

その上で相手と話をすることによって、具体的な相手の性格を知ろうとします。

第一印象によって、相手のことをそれ以上知りたいと思うか、それとも近づきたくないと思うかが決まってしまうため、自分を面接官に良く見せるためにも外見を整えることは重要なのです。

面接官は最初にあなたの何を判断する?

面接官は、応募者の何を最初に判断するのでしょうか?

もちろんそれは面接官によって違いますが、質疑応答の態度や外見といった大雑把な部分ではなく、細かい部分に分けた時に、どのようなポイントが挙げられるのでしょうか?

以下に具体例をご紹介していきます。

ひょっとしたら応募する側の心理では思いつかないような部分を、面接官はチェックしているかもしれません。

「失礼いたします」の第一声

面接の際に、まず扉の外からノックと「失礼します」の一声を必ずかけます。

面接官はその時からこちらの対応を細かくチェックしていることが多いです。

ノックの仕方や声の大きさ、声色などによって、大体の相手のタイプを把握します。

例えばノックの音が小さく、「失礼いたします」の声も強張っていれば、相手がとても緊張している状態だということが分かります。

声が小さければそれだけ自信がなさそうだということも感じられます。

そうした声と音だけの情報である程度相手がどんな性格の人間なのかを面接官は判断しています。

全体的な雰囲気、オーラ

面接官は全体的な雰囲気やオーラでも、応募者を見極めようとします。

例えばきょろきょろと落ち着きがなく、面接官から視線を逸らしてばかりいると、それだけ自分に自信がなく、消極的な性格をしていると面接官は判断するでしょう。

また、面接の場でも堂々とした落ち着いた態度でいれば、それだけプレッシャーに強い性格をしていると面接官は判断します。

どれだけ質疑応答の内容がしっかりしていて、身だしなみが整っていても、全体的な雰囲気やオーラで面接官が不快に感じることがあれば、それで採用の可能性は難しくなってしまいます。

髪型や服装などのパーツ

全体的な雰囲気や声の大きさも大切ですが、髪型や服装などのパーツも面接官は良く見ています。

髪型には清潔感が感じられるかどうか、髪色はどうか、またスーツの内側から覗くカッターシャツにはしわがないかどうかなど、細かいパーツにまで目を光らせていることが多いです。

面接という大事な場面で、しっかりと身だしなみを整えていない人は、仮に会社に入っても取引先との打ち合わせや、重要な場面でも身だしなみが適当なイメージがあるため、面接官は積極的に採用しようとは思わないでしょう。

姿勢の良さ

面接の練習をする際に、姿勢についてもあれこれと指摘をされることがありますよね。

それもそのはずで、面接官は応募者の姿勢の良さもしっかりとチェックしています。

きちんと背筋を伸ばして胸を張ると、見た目の印象も良く、また張りのある声が出しやすくなります。

一方で背筋が丸まっていると見た目の印象が悪く、声もこもって小さくなりがちです。

姿勢が良い人と悪い人の、どちらかを採用することになった時、ほとんどの人は姿勢が良い人を選ぶでしょう。

姿勢の良さはそれだけ見た目の印象に大きな影響を与えます。

髪型はその人の内面を映し出す

髪型は、その人の内面を映し出します。

細かい部分にまできっちりと手入れが行き届いていると、それだけ細かくしっかりとした性格をしていると判断されやすいです。

就活では適当に髪を一つにまとめておけば清潔感が出るだろうと思っている人もいるかもしれませんが、その場限りの適当にまとめた髪型は、慣れた面接官から見れば直ぐに「適当にまとめたんだな」ということがバレてしまいます。

そのため、どんなにシンプルな髪型でも、きちんと細かいところまで気を配ることが大切です。

面接のために綺麗にしてきたのはバレる

アルバイトやパートの面接であれば、その場限りの小綺麗な格好でもそこまで細かくチェックされることはありません。

しかし、就活の場合には面接官はそれなりに厳しく応募者をチェックします。

面接官にとっても、自分が採用した人材が使えれば見る目が正しいことが証明されますし、反対に採用した人材がトラブルばかり起こす場合には、面接官にも採用した責任が問われる場合があります。

そのため、面接の際にはしっかりと応募者を判断します。

見る目が養われている面接官の場合、面接のためだけに綺麗にして行っても、直ぐにそれがバレてしまいます。

面接官にその時だけ綺麗にしていると思われると、普段はそれほどきちんとしていないのかと反対に思われてしまいますので、面接の少し前から身だしなみを整える癖を付けておくようにしましょう。

清潔感のある髪型を心がけよう

就活では、質疑応答や面接官への態度が重要です。

しかし、その印象をより良いものにするためにも、身だしなみを整える必要があります。

例えどんなに面接の受け答えが丁寧でしっかりしていても、前髪で目が見えなかったり、髪型がボサボサだったりしては、見た目の印象の悪さで不採用になってしまう可能性もあります。

反対に、質疑応答であやふやな部分があったとしても、爽やかで見た目の印象が良かった場合には、採用される可能性もあるでしょう。

見た目も中身も好印象になっているのが理想ですが、それが難しい場合には、まずは外見をしっかりと整えるように意識しましょう。