皆さんは初めて会う人やこれからお世話になる人にこのような挨拶をしたことはありませんか?

何卒よろしくお願いします!」

こういった挨拶をする人はかなり多いと思いますが、この「何卒」という言葉についての意味などを知っているでしょうか?

何気ない会話に「何卒」という言葉が使われるために自分では意味などを知らないままに覚えてしまうことがありますが、この言葉もそのうちの一つとなってきます。

私たちは普段からよく聞く言葉というものを経験で使用することが多く、何卒という言葉はかなり頻繁に聞く機会というものがあるはず。

このような経験をすれば初対面の人への挨拶では何の疑いもなく「何卒」の言葉を使ってしまいますが、それが正しいかどうかはわかりませんよね?

みんなが使っているから真似をしているだけという方であればきちんとした意味を理解することも大切になってきます。

社会に出るようになると言葉の意味を調べることはとても大事なことになるのですが、それがどういった事に繋がるのかをご存知でしょうか?

例えばこの「何卒」についてですが、使い方や場面を間違えてしまうと色々な問題にも発展してしまうのです。

なんだか信じられないような話ですよね?

挨拶なのだから使って当たり前と思っていた事が想像もしないような事になる時もあるとすれば、興味も出てきますよね?

自分が当然のように使っていた言葉に「このような意味があったのか」という事がわかるだけでも今後の仕事などにも大きく影響してくることになるのです。

社会人という立場になってくると言葉の使い方というものはきちんと見直すことが大切になり、それは今まで使ってきたものに対しても同じことが言えます。

何卒という言葉にしても当たり前のように使用していますが正しい使い方なのかどうかを調べてみることも大事になってきます。

そこで今回のテーマですが、普段からよく使っている言葉として「何卒」があります。

この言葉の意味や正しい用法というものはどういったものなのかについてお話しをしていきたいと思います。

誰かに挨拶をする際には使われることの多い言葉になっていますが、正しく意味を理解している人は多くありません。

そこには自分が知らなかったものも含まれてくるはずですし色々なことがわかってくるはずとなります。

今まで間違った解釈で使用していた人は正すことも大切ですし、意味がわかれば色々な面で違ってきますよね?

こういったことは仕事をしていく上ではとても大切なことにもなりますし、自分の大きな知識ともなってきます。

同僚などに自分のライバル的存在がいた場合などはこのような小さなことが差をつけるきっかけにも成り得ますので言葉の意味を理解していくことは重要なのです。

何気なく使っている何卒


皆さんも何卒という言葉についてあまり深く考えた機会というのはないのではないでしょうか?

あまりにも身近な言葉として使われてきた為に、言葉の意味を深めていったりとしたことはしてこなかった人が多くなると言えます。

それだけに本来の意味を知るということは大切になってくる場合もあるのです。

誰かとあいさつをする際などに使われる機会が多くなることの「何卒」ですがいったいどういった意味を持っているのでしょう?

この言葉が表すものですが使いすぎてもいけませんしタイミングなどに関しても知っておくと自分の為にも良いと言えます。

それだけにきちんとした意味を理解する必要がでてきます。

まずはこの言葉の持つ意味というものからお話ししていきたいと思います。

きちんとした意味を知っている人は少ない

皆さんも何度かこの言葉を使ったことがあると思いますが、決まり文句のように思っていた方はいないでしょうか?

とりあえず挨拶をしたら最後に「何卒宜しくお願いします。」などの言葉を言っておけばよいという気持ちも少なからずあったと思います。

こうした言葉というものは本来であれば意味を知った上で使っていくことが望ましいのですが、あまりにも日常的になってしまうと調べてみる気持ちもなくなっていきますよね?

自分が今まで使っていた言葉が本当に正しい使い方だったのかということは、自分でもわからないという方も多いのです。

それだけに言葉の意味を知ると、このような時には使ってはいけなかったなどの気がつく点が見つかってくると思います。

仕事などではこういった小さなことも大事になってきますし、何卒という言葉を正しく理解することから始めてみましょう。

何卒の意味

普段から使うことの多いこの言葉の意味ですが「強く願うこと」このような意味が込められています。

就職の面接などでも一番最後の挨拶として「何卒宜しくお願い致します!」などと言いますが、自分の気持ちを相手に強く願っていることがわかるはずです。

それではこの何卒ですが、言葉の分解をしてみて詳しく見てみることにします。

まずは「何」に関してですが、何かしらのことを指す代名詞となってきます。

就職の面接であれば面接そのものを指すという事になってきます。

次に「卒」という字をひらがなに直すと「とぞ」という文字で現わすことができて「と」に関しては「何」の部分を引用するという事になります。

そして最後の「ぞ」については前の言葉を強調していくという働きを持っているのです。

昔の言葉に〇〇しようぞ!など使われることがありますが「ぞ」はその前の言葉を強調しているように感じられますよね?

したがって全ての言葉を合わせてみると「何かの対象となるものに対して強調をしていること」といったこととなってきます。

このような言葉を分解していくことなどは普段の生活ではする人はほとんどいないですし、言葉のもつ本来の意味や役割を理解できていないのも当たり前となりますが、使い慣れている言葉だからこそ正しい意味を知る必要もありますし、何卒とは強調する・または強く願うことを意味しているのだと理解して下さい。

この言葉をさらにわかりやすくした事が次のものになります。

どうか

「どうかお願い致します。」こういった表現も多く使われてきますが何卒を簡単に言いかえると「どうか」という言葉が当てはまってくるはずです。

こちらも強く願う時に使われる言葉となりますので普段から多く聞く言葉でもありますよね

強く願いを表す言葉

このように何卒に関しての意味ですが「誰かに対して強く願いを表す言葉」なのだという事を理解して下さい。

挨拶のつけ足しのような言葉ではなく、きちんとした意味がありますので使っていくことにも注意することはあったということがわかります。

仕事を始めるようになるとこの「何卒」という言葉は自分でも言う機会が増えますが言われることも多くなってきます。

ここまでで本来の意味となる強く願うことがわかりましたので、次はこの言葉の使い方というものも見ていくことにしましょう。

何卒の使い方

自分の願いを強調する役割をもつ言葉として何卒を使うことがありますが、どういった場面で使うことが多いのかを知ることも大切ですよね?

きちんとした使い方というものをわかっていなければ自分の気持ちなども相手には伝わりませんし、間違った場面で使うと色々な問題に発展するかもしれないということを覚えておいて下さい。

そういった事にならない為には使う場面も理解しなければいけませんし、適切な使い方を覚えることも必要となります。

良い取り計らいをして欲しい時に使う

取り計らいとは相手の気遣いということになり、相手によく気遣ってほしいと思ったときには何卒という言葉を使っていくことになります。

仕事でもそういった場面は度々出てきますよね?

取引先などで新規の商品を売り込むような場合でも発注するかどうかは相手の気持ち次第となってきます。

そうした時に良く取り計らってほしいという気持ちから何卒を使う事になるのですね。

今まで使ってきた場面でも同じようなことが考えられるのではないでしょうか?

面接にしても合格させてほしいという気持ちがあるとつい口から出てしまう言葉でもありますし、この言葉を言うのが当り前のようにもなっていたはずです。

また、何卒を使う場合はこのような時にも多くなってくるはずです。

相手に良くしてもらいたい時に使う

相手に対して何かしら良くしてもらいたい気持ちのある時には自然と何卒という言葉を使っているのではないでしょうか?

このように自分の思っている願いなどを伝える場合、会話の中でもメールのような文章でも何卒を使うことが多くなります。

それでは実際に使っていく場合の例文などを見ながら色々と用法などについてもお話しをしていきますので、自分であればどういった場面で使うのかを考えながら読み進めていって下さい。

何卒の用法・例文

何卒を使う場合には何かしら相手に対してのお願い事などの気持ちが含まれています。

こうした気持ちをさりげなく伝えることで相手も気持ちを汲んでくれるのですが、一般的に使われる場面なども想定をしておくと、実際に使う時がきても不安なく使用できますよね?

言葉の意味などもきちんと理解できていれば最適のタイミングで何卒という言葉を使っていけますし嫌みのような意味にもとられません。

こういった強調する言葉は使う場面によっては相手にも不快な気持ちを生ませることが出てきます。

そうした場合には何卒という言葉がかなり問題にもなってきますし、相手との関係というものも壊れてしまうこともあるのです。

皆さんが社会人となり色々な言葉を使って人と会話をする場合には、相手の気持ちというものから考えていくことが大切になってきます。

自分の気持ちを押しつけるような言葉選びばかりしていると相手から嫌われてしまいますし関係も悪化してしまいます。

そういった事をなくす為には使う場面というものもしっかりと理解をする必要が出てくるのです。

ここからは実際に相手がいるような気持ちになって自分であればこういった場面で使うという事も考えながら理解をしていくようにして下さい。

何卒、よろしくお願いいたします


何卒を使っていく中で最も多くなると思われる言い方ですよね?

これはある意味ではどういった場面でも使っていける便利な言い方でもありますので言葉選びにまよった時にはこの言い方をすると便利です。

通常での挨拶の感じも含まれていますし相手にとってもそれほど嫌味などには聞こえませんので、何卒を使っていく場合にはこのように確実に使える言葉を覚えておくことも忘れないようにして下さい。

また、仕事をする上ではミスなどをしてしまう場合も出てきます。

こういった時には何卒とこの言葉を使うようにするといいでしょう。

何卒、ご容赦ください

容赦とは大目に見てほしいなどの意味が含まれていますので、自分のミスなどがあった場合にはこういった表現をすることになります。

ただし、この時に気をつけたいことはそのミスがどういった事まで影響してくるかになります。

何卒、ご容赦くださいで済ませられるほどに簡単に解決できるものなのかどうかは、その時になってみなければわかりませんよね?

普段からこの言葉のクセをつけてしまうと相手を怒らせる言葉にもなりうる場合があるのです。

自分と相手との親しさなどにもよりますが、ご容赦くださいという言葉を用いる場合にはそれなりの信頼関係が築かれている事が必要ですし、相手もそのことを十分に理解していることが前提のなる言葉です。

ビジネス用語でも多用することが多い何卒ですが、使う場面が多い為に間違いというものも出てきてしまう言葉にもなり、自らが自分の首を絞めるような状態にも成り得ますのでご注意下さい。

次の言い方もよく使うものとなりますがこちらも注意が必要となります。

何卒、ご理解頂けますようよろしくお願いします

この言い方は何かしら聞く機会がありますが、ここでは少し注意する必要がでてきます。

ここでの何卒の使い方ですが自分にとって都合のよいということにも受け取れることになります。

その後の対応などもきちんとあるのであればこういった言い方でもよいのですが、通常であればその後に何か行動を起こすことはありませんよね?

これは伝える相手によってはかなりの怒りや不快感をもつ人も出てきますので注意が必要となります。

この言い方をどうしてもするのであれば、お願いした後に続く言葉というものも考えておいて下さい。

何かしらのフォローはきちんとしますといった意味の言い方などを付け加えることで印象も全く違ってきますので自分でも色々な言い方を考えていくようにしましょう。

次の言い方も仕事上ではかなり使う言葉になります。

何卒、ご了承ください

まずご了承くださいですが、ご理解くださいといった意味合いとなってきます。

先ほどの「何卒、ご理解頂けますようよろしくお願いします」の言い方がご了承という言葉へ変わったものとなってきますので、この場合もフォロー的な言葉を付けたすことが大切になってきます。

何卒を使う時ですが、意味あいとしてはかなりの強調を表していますので後に続ける言葉によっては相手に不快な思いをさせてしまいます。

この場合も強制的なようなことにも感じ取る人も出てきますので相手との信頼関係というものを見極めながら使っていくようにして下さい。

何卒お取りはからいの程

こちらの言い方なども取引先などで多くなってくる言葉ですよね?

色々なライバル会社がいる中でも自分の会社の製品を取り扱ってほしい場合などでも聞かれる言葉となります。

この場合には相手の気持ち一つで決まってしまうところもありますから、念押しという意味で使うことが多くなりますが、こういった場合もあまり言いすぎたりすると相手から嫌われる原因にもなりますので注意が必要となります。

何卒の主な使い方はこのような言い方となりますが、やはり気をつけていきたいことは本当にこの相手に言ってもよいかという事になります。

何卒という言葉自体がかなり強めにもなってきますので言い方などによって受け取られ方が変わってきてしまいます。

もしも、相手の機嫌が悪い時であったり自分だけに都合の良い内容の場合などには大きな問題にもなりやすいと言えますし自分と相手の関係というものも悪化していく可能性が高くなります。

そうなってしまえば自分の将来的なことにも影響がでてしまい出世などにも関わってきますよね?

何気なく使っている言葉だけに相手の気持ちがわからないまま使っている方もいますが、何卒にはそういったリスクというものも持っていると思って下さい。

これは何卒に限ったことではありませんがどんな言葉でも使い方やタイミングを間違えてしまうと自分だけではなく会社の問題にも発展することになります。

そういった事はなるべくなら避けなければいけない事であり、相手によっては絶対に使えない時も出てきます。

では、そんな時にはどのような言葉を使ったらいいのかという問題にもなりますが、何卒と同じ意味あいを持つ言葉を使っていくことが望ましいと言えます。

次からは何卒を使わなくてもよい同義語について見ていくことにしましょう。

言葉は使いわけというものが大切になってきますので次からの同義語を覚えておくことは自分の為にもなってきますので今後の参考にして下さい。

何卒の同義語

何卒という便利な言葉ですが色々な捉え方をしてしまう人がいる場合があり、相手によっては言い方自体を変えていくことも必要となります。

また、あまりにも自分の都合のよいことだけを伝えるような時にも何卒を使うことは良い結果にならない場合が多く、そういった時にも別の表現を使っていくことになりますので注意が必要となります。

ここでは何卒という言葉以外で同じ意味を持ち、尚且つ柔らかい言い方になるものを集めてみましたので自分が仕事をしていく中で「この人には何卒は使えない」と感じた場合や、何卒を使うことでリスクがあるような場合に言い換えをしていくようにして下さい。

言葉は知っているものを話せばいいだけではなく、その時の状況に応じて変えていくことが大切になります。

臨機応変という言葉がありますが、社会人となった場合には常にそういったことを意識していかなければいけません。

その理由になることですが、ビジネスでは取引先の言う事がかなり重要となってきますよね?

自分の発する言葉一つで最悪の場合には取引自体が無くなる場合も考えなくてはいけません。

そうなってしまえば自分の立場はどうなるでしょう?

直属の上司の立場というものもなくなってしまいますし、会社には大きな損害を与えることにもなってきます。

何卒という言葉だけでこれだけの事が発生するとは思いにくいですが、この言葉は相手との関係に溝をつくるきっかけにはなってきますので注意が必要なのです。

自分では気づかないうちに相手を怒らせてしまうことも出てくるとは思いますが、そういった時でも言葉選びをしっかりとしていれば最悪の事態を回避できることもあり得ますので何卒に変わる言葉を覚えておくことはとても重要なのです。

どうか

何かをお願いする時に「どうか〇〇ください。」などといった言い方をすることがありますが、何卒を使うよりもかなり柔らかい言い方となってきます。

強調していることには変わりはありませんが、取り計らってほしいなどの直接的な感じがしない言葉でもあり相手によってはこちらの言葉を使っていくことをおすすめします。

特に目上である相手や失態などの許されない方へ何かを伝える場合、どうかを使っていった方が有効な時が多くなりますので、何卒を使ったら相手の反応が微妙であると感じた場合などはこちらの言葉を選ぶようにしましょう。

このどうかですが、意味合いとしては相手に対して心から頼み込むという事になり伝えられた相手も嫌な気持ちにはなりません。

逆に言葉を丁寧にすることで気持ちを汲んでくれるきっかけともなりうる言葉ですので必要と感じた場合には「どうか」という言葉を選ぶようにして下さい。

また、次の言葉も色々なシーンにおいて活躍できる言葉となります。

是非

「是非、ご検討下さい!」仕事などによってはこのような言葉を使うことがありますが、この「是非」という言葉も強調を表すものとなります。

そして肝心の意味ですが「良し悪しは別として」などといった意味合いとなり、自信がある場合などにはこちらの言葉を使ったほうが印象が良いということも出てきます。

この場合ですが自分を売り込む時などには有効な言葉となりますが、相手に勧めたい内容には絶対の自信をもつことも必要となります。

こちらの場合もあまり多用すると相手に嫌われることにもなり、勧めた内容もあまり良いと言えない場合には関係がこじれてしまうこともあり得ますので注意をしながら使うようにしましょう。

願わくば

こちらの言葉は自分の願望などがある場合にかしこまった形での表現となってきますので覚えておきたい言葉にもなってきます。

この言葉の持つ良い点ですが相手との関係を継続していきたいという気持ちを表す言葉にもなり、伝えられた相手も悪い感じになることが少ないというものになってきます。

この場合に一緒に使いたい言葉は相手への感謝の気持ちとなります。

使い方としては先に相手への感謝の気持ちを伝えて最後に願わくばという言葉で関係の持続を言い表すことになります。

何卒の同義語としてはこのあたりの言葉を抑えておけば十分ですが、どの言葉にしても相手のことを考えた上で使うことには変わりませんのでくれぐれも多用することなどないようにして下さい。

それでは最後に何卒を使っていく場合における注意点ということについてお話ししていきます。

相手によっては良い意味にとってくれない場合もあり、何卒を使うかどうか迷ってしまうこともありますよね?

こういった不安定とも言える言葉を使う場合には色々な面で気をつけたいことも出てきますのでしっかりと覚えるようにして下さい。

何卒を使う際の注意点

何卒という言葉は誰かにお願いする時などに使うものとなりますが、その場合には色々な事に対しての注意点というものが出てきます。

これは伝える内容自体が頼み事になってしまうために、こちらとしても相手に対する気遣いというものを考えていかなければいけないからになります。

誰かに頼み事をする場合ですが、自分の要求だけを言っているような人は周りから嫌われてしまいますよね?

ビジネスでは自分だけではなく会社としての評価が決まることにもなり、最終的に損をするのは自分だということを考えるようにして下さい。

こういったお願いなどの類に必要になるのは、相手への頼み事自体に絶対の自信があることが必要です。

自分でもよく内容が理解出来ていなかったりすれば決して使わないようにしましょう。

相手へ勧めることに対して自分が把握していないという事が一番問題の起るケースでもあり後々のクレームへと発展する可能性がとても高くなってきます。

相手へ勧めるのであれば完璧に内容を把握しなければいけませんし、その点は絶対の条件として話を進めていくようにして下さい。

それでは、この事を基本とした上での以下の3点は何卒を使っていく時には注意が必要となることですので注意しながら使うことをおすすめします。

まず始めの注意点となりますが、どのような言葉を使う場合でもこれは基本的に同じとなりますのでしっかりと頭に入れておくようにして下さい。

使いすぎない

どの言葉でも同じことが言えますが何卒には相手への要望などの意味が含まれてくるために使いすぎるということはトラブルの原因を作ることにもなってきます。

自分でもお願いされることが多くなってくれば良い気はしないですよね?

言葉を投げかけられる相手にしても何卒を多用する人には信頼をおくことは出来ないと言えます。

こうしたビジネス用語は本当に必要な場合に限定して使っていくことが大事となり、当たり前のように使う人は出世の道から外れることが非常に多いと言えます。

出世とする人というのは第一に相手の心情などを読み取ろうとする人で、自分の要求などは最低限の抑えることの出来る人となっています。

仕事で大切なことは相手との関係をいかに継続するかでありその場だけのお願いというものは嫌われることへとなりますのでご注意下さい。

これは何卒に限ったことではなくどういったビジネス用語でも同じとなりますので使いすぎる事のないようにして下さい。

どうか等と併用しない

何卒を使う場合ですが元々がお願いの意味がありますので「どうか」などとの併用はしないようにしましょう。

言葉的にもどうかと何卒が一緒になると変ですし意味的にも二重のお願いということから相手からは嫌われることが多くなります。

そして最後のことですが、これは一番大切なことになりますので理解するようにしましょう。

商談や電話では使わない

まずは商談についてですが、ここでは相手の選ぶ自由ということを尊重しなければならず、お願いをする場面ではないということを理解して下さい。

何卒を使うのであれば商談が終わり取引などの継続などをお願いする場合などで使用することが普通となります。

そもそも商談においては自分の会社の商品や企画を相手に理解してもらうことがメインとなってきますのでお願いする時期ではないのです。

また、こういった事は相手に直接に伝えることで意味を持ってくるということも覚えておいて下さい。

電話などでこのような言葉を使っていては自分の気持ちの半分も伝わらない場合は多く、あまりに電話などに頼ってしまっては相手からの信頼は完全に失うことになります。

お願いなどをする場合に必要なことは自分の口から伝えることであり、その時の行動など色々な要素を加味した上での相手の判断になるのです。

これを面倒だと感じて電話やメールを使っては相手の怒りをかうことにもなり会社としての信頼も失っていきますので絶対に避けるようにしましょう。

お願い等のシーンで使える万能の言葉

今回は相手に対してお願いがある場合の「何卒」という言葉についてのお話しとなりましたが、自分の知らなかったことなども出てきたのではないでしょうか?

確かに何卒という言葉は便利ですし自分たちの生活の中でもよく聞く言葉となっていますが、間違った使い方をするとかなり厄介な言葉ということにもなってきます。

そうした便利とも思える言葉は大きなリスクというものも持っているのだという事を理解して下さい。

今までは何気に使うことの多かった「何卒」ですが今回のことで色々な言い換えが出来ることもわかってきましたよね?自分のこれから会う相手によっては何卒は使わない方がよいという事も考えられますし、もっと丁寧な言葉選びをして完璧な話し合いにしようという事にもなってきます。

こういった積み重ねというものは将来的に自分の成長へも繋がってきますし確かな経験としても積み重なっていきます。

ビジネスの世界では色々な言葉を使いながら相手との関係を築いていくことになりますが、お願いの仕方一つでも色々と問題がでてくることがあってビックリでもありますよね?

ですが、こういった事を学んでいくことは自分の損には絶対になりませんのでこれからの勉強のきっかけにしていただければと思います。

何卒という言葉は自分を助けてくれる言葉にもなりますが、一瞬で今の立場から蹴落とされる言葉としても理解するようにして下さい。

これらの言葉を自由に使いこなせるようになれば、自分の将来も幸せの道へ進んでいきますし不安なく生活することが出来るのです。