人というのは必ずいずれか旅立つときがきますよね。

時間は無限ではなく有限なので、いずれは旅立つと思います。

ですがなぜ人というのはその様な状態でも生きているのでしょうか?

何か原因があるかもしれません。

今私たちも現に生きていますよね。

その理由は?と聞かれると難しいことだと思います。

生きているのであれば何かをしたい、何かやってみたいと思う人もいるかもしれません。

ですが生きることに対して無関心な人も中にはいるのではないでしょうか?

例えば自分は何のために産まれたのだろうと考えてしまったり、何で今でも生きているんだろうと考えたりする人も多いのではないでしょうか?

なぜ生きるのかというのは何時までたっても答えというものは出ないものかもしれません。

ですが目的があって産まれているので、ちゃんとした理由を考えるというのも悪くはないですよね。

例えば今の家族を幸せにするために産まれたというような事でも良いでしょうし、今が楽しいと感じるような生活をしたいから産まれたなんていうような事でも良いと思います。

人が生きている理由というのはあると思いますが、その答えというのは人それぞれです。

個人個人で違うものなので、一緒な理由の人もいれば違うというような人もいると思います。

よくマンガなどの世界ではこの様な問いを聞かれたりしますよね。

「何故生きているのか?」という様なセリフがあると思います。

ですがその時はよく悪者が使うような言葉で「あの時…」というようなシチュエーションで使うことが多いですが、こちらの意味ではありません。

なぜ生きているのかというのはこれは問われている訳ではないですよね。

滅多にこの様なことを聞く人は少ないものだと思います。

これは自分自身で考えてしまったりする事が多いですよね。

なぜ生きているのか、なぜ今この様なことをしているのか、疑問に思うことはたくさんあると思いますが、自分自身がその様なことを考えるという時はよほどのことがあったのではないかと思うのです。

不意に思ったというのであれば良いのですが、考えてしまうと不安になったりしたりしますよね。

基本的には自分にとって嫌なことがおきたり、不安に思ったりするとこの様な考え方をしてしまうのです。

ではなぜ生きるのかを考えたのか詳しく見てみたいと思います。

皆さんが仮にこの様に思う時というのはどの様な時でしょうか?想像をしてみてください。

そして答えを無理には出そうとしなくて大丈夫です。

必ず理由というものがあると思いますが明確にしないようにする事も大切です。

もし考え込んでしまった場合は、先ずはその事より楽しいことなどを思い出してみてはいかがでしょうか?あまり深く考え込まないようにする事も大切です。

ではなぜ生きるのか詳しく見てみたいと思います。

人が生きる意味とは

人が生きる意味とはどの様な意味があるのでしょうか?人が生きるという事はそれなりのことがあると思います。

ではどの様な意味なのでしょうか?まず何故人というのは生きているのかと考えると答えというのは様々あると思います。

それは人によりけりですが、人というのは個性が豊かであり、皆が皆違いますよね。

必ず同じだという人はいないはずです。

例えば家族のために生きるという人もいれば夢や目標のために生きるという人もいるでしょう。

そして人生を楽しむという人もいます。

特に人生を楽しむというのはとても良い意味だと思いますよね。

今生きている時が楽しいと感じるからです。

ですが人が生きる意味と考える事というのは少しマイナスな印象を与えてしまいませんか?

例えば人間関係で悩んでいる時なんていうのはまさにこの様な考え方をしてしまいがちです。

なぜ生きているのだろう、なぜあの様な人がいるのだろうというような考え方をしてしまいます。

人が生きる意味というのはその人自信でしか解らないことですが、様々な考えが出てしまうと人というのは悩んでしまい時には爆発してしまうのです。

ストレスを抱え込んでそれが一気に出てしまうという感覚ですね。

考えすぎてしまってネガティブに思考にもなるほど、人というのはとても繊細であるという事を覚えておくようにしましょう。

そして人が生きる意味というのは個人により違うという事も覚えておいてください。

この様なことを聞かれたとき、あなたはどの様に思いましたか?それぞれ皆が違う考えなのは当たり前です。

似たような考えを持つ人もいるかもしれませんが、あなたは1人しかいないのです。

深く考えすぎないという事も大事になり、その答えというのはどんどん変わったりもするでしょう。

必ずこの答えになるという解はないのです。

生きる意味を考える時


では生きる意味を考える時というのはどの様な時なのでしょうか?

先ほど言った人間関係で悩んでしまっている時に考えてしまうという人もいるかもしれません。

また何かに挫折をした時に考えるという人もいるでしょう。

生きる意味というのはそれほど重く受け止めてしまい考えるというような人が多いです。

そのきっかけというのは様々ですが、特に不安を抱いてしまうとこの様なことを考えてしまいます。

基本的に何かの影響でネガティブ思考になってしまうと、マイナスな印象しか持たなくなり、様々な事に対して全て否定的にもなってしまいます。

例えば生きる意味を考える時でも、「自分なんて…」というような考え方をするという人もいますよね。

自分のことを悲観的に見てしまいがちなのです。

ではどの様な考えの時にこの様なことを考えてしまうのか、見てみたいと思います。

何かに挫折した時

何かに挫折したときに人はネガティブ思考になってしまいます。

自分ではダメだ、自分では無理かもしれないと考えて、その更に深い傷を負ってしまったという状態になれば生きる意味を考えてしまうかもしれません。

必ずそのキッカケというものがありそのキッカケを解決することができなければ、何度も生きる意味を考えてしまうことでしょう。

解決をするにはその生きる意味の答えを見つけるのではなく、挫折をした際に何故できなかったのかを考えるところから入ると生きる意味を考える余裕というものが無くなるのではないかとも思います。

気になる事があると考えてしまうのが人です。

少しのことで更に深く考えこまないというのも大事なことなので覚えておくようにしましょう。

人間関係に悩んでいる時

人間関係に悩んでいる時というのは特にこの様な生きる意味を考えることが多いです。

例えば最近よくニュースになっている事では「いじめ」というような事もあると思います。

このいじめを受けてしまい人と話すことすら苦手になってしまったり、対人恐怖症などになってしまったりとする人もいるでしょう。

いじめられたきっかけで、人間関係が崩れてしまうというような事もあります。

基本的にこの様なことがあった場合には常に自分の事を悲観的に見てしまいます。

なので「どうせ自分が生きていても…」というような考え方になってしまって最終的にはというような事があるのです。

これは深刻な問題にもなってくるものであり、生きている意味まで考えてしまうと、特に子供の場合は直ぐに行動に起こしてしまう可能性が高いです。

それほど切羽詰っているという事なので、その際には周りが気付いてあげるというのが一番なのではないかと思います。

将来に不安を抱いたとき

将来に不安を抱くという人もいるでしょう。

基本的に人というのは何かの不安があるからこそネガティブに考えてしまいます。

なのでこの様な人は何故生きるのかというような考えになるという事は将来的に不安をも抱いているという事になるのです。

今は大丈夫だけれどこの先何十年後にはどの様になっているのだろうか、自分はちゃんとやっていけているのだろうか、という様なことを考えてしまいます。

例えば老後の事と言うのはどうなっているか解りませんよね。

もしかしたら制度などが変わっているのかもしれない、もし自分が老後になっていた時はちゃんとした生活を送れているのだろうか、病気になっていないのだろうか、というのは基本的に歳を取らないと解らないことですよね。

将来に不安を抱いたときはまさにその様なことを思うのではないかと思います。

人はなぜ生きるのか

こうした不安や様々な事でなぜ生きるのかと考えている時に、どうしてそれでも生きるのだろうと考えたりしませんか?

必ずその理由というものがありますが、それは人それぞれだという事をまずは覚えておきましょう。

そして人というのは喜びを得るために生きていたり、他者のため、家族のために生きていたりと目的は違うのです。

人により生きる目的というのは様々ですが、皆さんはこの様な問いを聞かれた時にどの様に考えますか?

今の自分は何故この様なことをして毎日を過ごしているのだろう、それぞれ理由は違うと思います。

ですがその様に考えるからこそ、人というのは個性があるのです。

生きているという事は何かをするためにいるという事です。

仮に何もないというような状況であればそれを見つけることも大切になるでしょう。

時間というのは先ほども言ったように有限です。

ゆっくりと考えてみるのも良いでしょう。

では人はなぜ生きるのか、具体的な目的があるという人の例を見てみたいと思います。

喜びを得るため


喜びを得るために生きているという人も多くいるでしょう。

人生というのは喜怒哀楽が日常的に起こっている中、感情が豊かにもなります。

例えば仕事をした時の達成感、結婚をして子供が産まれた時の喜び、趣味をしてる時の楽しさ、嫌なことがあるという時の辛さというのは全て感情が豊かからこそです。

人というのは無関心はあれど感情というものは必ずあります。

どんな人でもそれは言えることです。

喜びを得るために生きているというのはどんな喜びでも良いのです。

小さな幸せというのはよくありますよね。

美味しい物を食べていたりデートをしている時など、幸せと感じるものは全て喜びへと繋がります。

人が生きる理由の中では最もらしい理由です。

楽しいことや嬉しいことをするため

楽しいことや嬉しいことをするために生きているというのは誰でもあるものではないかと思います。

例えば楽しいことと言うのはずっとその時間が続いて欲しいと思いますよね。

直ぐに時間が経ってしまうなんていう事もあるでしょう。

また嬉しいことがあると気分も嬉しくなりますよね。

ルンルンな気分というのはまさにこの事を言うのではないかと思います。

人は悲しいこともありますが、嬉しいことの方が多いようにも思えます。

辛い時があるからこそ、後々に嬉しいことがおこるというような思考を持つことで、今を楽しく生きていけるのではないでしょうか?

他者のため

他者のために生きるという人もいるでしょう。

これはよくある事ですが、親の人であったり、子供がいるという人、家族のために働くという人はまさにこの理由なのではないかと思います。

家庭というのはとても暖かいもので、直ぐに帰りたいと思う家庭が多いですよね。

他者のために働いて生きるというのはとても立派なことだと思います。

家庭を持つお父さんが「家族のために働いている!」という言葉をよく耳にしますが、その人達は基本的に自分がいる場所というものをもう見つけているので、その家族と一緒にいる事が何よりも幸せに感じているのです。

なので直ぐに会社が終わると帰ったり、笑顔を見ると元気が出てまた仕事に行こう!という気持ちになるのです。

その様な経験をしているという人は、是非家族のために生きてみてください!

子どもや親のため

子供や親のためというのが何よりもあります。

自分がいられるのはその子供や親、そして家族がいるからこそだと思うのです。

仮にその人達がいなければ、今の私たちというのは産まれていないのではないでしょうか?

親や子供達がいるというのは、家族がいるというのは、とても素晴らしいことであり、それは愛情にも繋がると思います。

絆もそうですが、まさに家族愛があるからこそ頑張れるのではないかとも思います。

人というのは時には落ち込んだり悲しんだりとすると思いますが、それを共有できる人がいるというのは良いことです。

家庭を持っているという人はその家族を是非大事にしてください。

そして生きる意味と考える際には家族のためを思って生きると考えてみてはいかがでしょうか?

人生を豊かにするため

人生を豊かにするために生きているという人もいるでしょう。

人生を豊かにするというのは日常を過ごす上ではとても難しいことです。

例えば好きなことをするにしてもその時間が無いという人が大半で、好きなことを仕事にできるという人はもっと少ないでしょう。

人生を豊かにする際には努力して勉強をしたり、辛いことを乗り越えてからこそ始めて手に入れるものです。

何かをするという達成感は特に、それまでの過程が大事になるのではないでしょうか?

今までの経験やスキルを仕事で活かしたり、考えたりして行動をする事で、その先にある達成感や満足感というものを得られるようになるのです。

人生というのは楽もあれば苦もあります。

それがバランスよくあるからこそ、人というのは人生を豊かにしたいと思う人が多いのです。

自分の人生を充実させるため

何よりも人生を充実させるために人というのは生きています。

人生がつまらないというのであれば楽しくするような事をすれば良いという事です。

先ほど言った人生は楽もあれば苦もあるという様に、苦だけではありません。

仮に辛いことが多いという人は、一時の時間楽しいことをしてみてはいかがでしょうか?

時には休息を取るという事も大事になります。

無理をせずに好きなことをする、適度に生活をするというのは難しいかもしれません。

ですがそれをこなしてからこそ、自分の人生を充実させることができるのではないかと思います。

例えばどんな事であっても楽観的に考えるというのも人生を充実させる方法です。

なぜ生きるのかと考える際に、ネガティブ思考になってしまいがちですが、この様な考え方をすると自然とその様な考えを無くすことができるのではないかと思います。

生きていくため

生きていくために生きているという理由もあるでしょう。

人というのは産まれてから命が与えられますよね。

その命は決して永遠に生きるものではなく、限られた時間の中でしか生きることができません。

その中でも長生きしたいから、という理由があるので生きていくために今を生きているのではないでしょうか?せっかく与えられた命です。

粗末にするというような事は絶対にしたくないですよね。

仮に命がいくつもあるとすれば、人というのは今の様な生活を送っていないのではないかと思います。

ですが1つしか与えられないですよね。

今後もしかすると、ずっと長生きができるようにもなるかもしれませんが、時間は無限ではないとも思います。

生きていくために今を生きるというのも理由の1つなのです。

生活をしていくため

生活をするというのは簡単なようで難しいですよね。

小さい頃は親に育てられ歳を取り一人暮らしなどをしたり、結婚をして結婚生活をするというような人が多いです。

ですがその際に自分達でどうにかしなくてはいけないというのはとても辛いですよね。

猫の手も借りたいと思う時もあるのではないかと思います。

生活をしていくために生きているというのは、最低限のことをしなくてはいけません。

例えば働くという事であったり、ご飯を食べる、衣食住をちゃんとしている、という様なことをしなければ生きていくというのは難しいと思います。

ですが1人で全てをするという事はあまりないですよね。

いずれは誰かと一緒に暮らしたり、様々な事を駆使して生活をしていくものだと思います。

生きるためには生活をするというのも大事なことですよね。

業績や偉業を成すため

業績や偉業を成すために生きているという人もいるでしょう。

例えば会社で良い成果を出したり、有名になって企業を大きくして貢献をしたりというような業績や偉業を成すために生きているという人もいると思います。

人というのは皆それぞれ個性を持つので得意なことや不得意なことが違いますよね。

仮に全員が同じような考えであったりするのであれば、業績や偉業というものは無いのではないかと思います。

何故なら全員が同じような考えをして行動をしても目立つことが無いからです。

残すというのは、何か凄いことをした、偉大なことをしたからこそ評価をされるものであり、全員が同じ考えではその様なことは無いですよね。

なのでその業績や偉業を残したいということは、名前を残したいという事でもあるのです。

夢や目標に向かう

これは夢や目標に向かうという事でもあると思います。

業績や偉業というのは何かその目標や夢があるからこそ達成できるものです。

例えば有名な企業の人の名前は今では世界中に知れ渡っていたりしますよね。

スポーツ選手なども同じでしょう。

何かをしている人というのは必ずその夢や目標があってその場にいるのです。

なぜ生きているのかという理由の中にはこの様なこともあるのです。

人生の試練を乗り越えるため

人生の試練を乗り越えるために生きているという人もいます。

例えば今まで生きていてどの様な試練がありましたか?身近なものだと試験というものがありますよね。

入学試験であったり、企業の試験であったりと人はその試験という試練を乗り越えて生きています。

自分達にとっては人生が変わるかもしれない瞬間ですよね。

その試練を乗り越えてからこそ、始めて夢などに近づけたり、充実な人生を送れたりするのではないかと思うのです。

ですが時には乗り越えないこともあると思います。

諦めないで乗り越えるために生きているという人もいるはずです。

乗り越えた先に希望や幸せがある

乗り越えた先というのは何があるのでしょうか?それは希望や幸せがあるのです。

自分にとっての希望や幸せというのは辛い試練を乗り越えた先によくあるものです。

例えばどうしても入りたい企業に1回目はダメでも2回目では合格することができたなんていう人もいるのではないでしょうか?

乗り越えた先に希望や幸せがあるというのは、その辛いことを乗り越えた達成感、そしてその先のワクワク感などがあるからこそその様に思えるのではないかと思います。

人生を楽しむため

何よりも生きるのであれば人生というものをどうしたいかを考えますよね。

楽しんでいるからこそ生きているという人も多いでしょう。

例えば好きなことを仕事にする、趣味の時間に没頭する人生というのも楽しいのではないかと思います。

趣味や興味のあること、友達と遊んだり飲んだりすること、家族と出かけること、何よりも楽しいと感じることだらけだと思います。

その様な人生というのはとても明るいですよね。

一度きりの人生

一度きりの人生だからこそ、楽しく生きているという人が多いはずです。

楽しくなければ生きていて辛いと思うだけでしょう。

ですがそう思っていても自分自身の中で楽しいと思うことはあるはずですよね。

何もかもが楽しくないなんていう事はないはずです。

例えば気の合う仲間と話すだけでも楽しいと感じるでしょうし、同級生たちと旅行に行くというのも楽しいですよね。

一度きりの人生というのは後悔をしたくありません。

後悔をするくらいであれば楽しく生きていきたいと誰もが思うことでしょう。

【人生一度きりだからこそチャレンジしたいことは、こちらの記事もチェック!】

最期によかったと思える人生にするため

生きているという事はいずれ旅立ってしまうものですよね。

その際によかったと思える人生にするために今を生きているという人もいます。

恥じないことはできたのか、自分自身にとっての人生というのはどの様なものだったのかというのを考える瞬間というものは必ずきます。

その際に「良い人生を送れた」と思うことができればとても良いですよね。

これは同時に「やりたい事を全てやった」という意味でも捉えることができます。

自分の人生に恥じないよう生きるため

自分の人生に恥じないように生きるために生きているという人もいるでしょう。

例えば自分に後悔をしないような人生を生きたいと思う人はどれほどいるでしょうか。

その様なことを考えて今を生きているという人は少ないはずです。

ですが自分の人生に恥じないようにと考えるという事は、人生をより豊かにしたい、満足のした人生を送りたいという気持ちがあるからだと思うのです。

仮に今はその様に思わないという人は、現に今の生活で満足をしている、もしくはその様に考えたことがないというような人のどちらかでしょう。

生きる理由は様々ですが、恥じないように生きたいからという人もいるのです。

生きている意味を見出すためにすること

なぜ生きるのかという理由は様々ありますが、生きてる意味を見出すためにする事はどの様なことがあるのでしょうか?

答えが出ないという人は、まずは楽しいことを思い出してみてはいかがでしょうか?

人生の中で楽しいことは一杯あると思いますが、その中でも記憶に残っていることというのは極僅かだと思います。

他にも自分のやりたい事をしたり、目的や目標を作るという事も良いでしょう。

生きている意味を見出すためにすることはどんな事でも構いません。

自分が答えを出せるような事をすることで、前向きに考えられるようになるのではないかと思います。

では詳しく見てみたいと思います。

楽しいことを思い出す

楽しいことを思い出すという方法があるでしょう。

楽しいことというのは人をポジティブにさせてくれて元気を出してくれます。

仮に生きている意味が見つからないという人は、まずは過去の出来事を思い返してみてはいかがでしょうか?

その際に楽しい思い出というのはどれほどありましたか?

仮にまた楽しいことをしたい、楽しく何かをしたいと感じるのであれば、それを生きる理由として考えてみても良いかもしれません。

自分のやりたいことをやる

自分のやりたいことをやるという方法もあると思います。

例えば今仕事ばかりをしていて自由な時間を取れないという人がほとんどです。

そこからストレスなどを貯めてしまいうつ病になってしまうという人も多いでしょう。

そこで自分のやりたいことをする事により生きる意味を見つけることもできます。

言うのであれば、自分が生きている理由は、やりたい事があるからという風に考えることができるという事です。

それはどんな事でも良いです。

例えば音楽を聞くためでも良いですし、読書をするためでも良いでしょう。

その趣味などを楽しむため、自分のやりたいことをしたいために生きていると考えることでポジティブに考えられるのではないかと思います。

明るい人と付き合う

明るい人と付き合うことでも見出すことができます。

明るい人の側にいると自分自身も明るくなりますよね。

その時に「なぜ生きるのだろう」と考える際に、明るい人と付き合うことでそのネガティブな思考をよせつけなくする事もできるのです。

言うのであれば「なぜ生きるのか」という考えは基本的にポジティブな思考ではなくネガティブな思考です。

明るい人と付き合うことでこの様な考えをしないで済むようになるというような方法もあるので覚えておくと良いでしょう。

目的や目標を作る

目的や目標を作ることでも見出すことができます。

これは人生は1度きりなので、その目的や目標を作って生活をしていくという風にすることで、なぜ生きるのかという答えを出すことができるのです。

例えば「幸せに生きたいから」であれば、自分が幸せと思えるような環境を作ることを目標とすれば良いのです。

家族を持つ、趣味を楽しめる環境を作る、どんな事でも良いです。

生きる意味というのは人それぞれなので、自分なりの答えを出してみてはいかがでしょうか?

前向きになる努力をする

前向きになる努力をすることで「生きたい」という風に考えることもできます。

生きる意味を見出す際にはネガティブな考えになることが多いです。

ですが前向きに考えることでその様な考えをしなくなり、今を楽しく生きようと思えるようになるのではないでしょうか?

気分転換をする

気分転換をするという方法もあるでしょう。

その事についてずっと考えていても答えを出すことは難しいですよね。

そんな時に気分転換をする事で一時そのことから離れて他のことを考えてみてはどうでしょうか?

そしていざまた考えた際に答えが出たり、「どうしてあんな事考えたのだろう?」と思うようにもなるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?なぜ生きるのかについてお話をしましたが、人というのは様々な理由があるからこそ今を生きているのです。

仮にその理由が無いというのであれば是非見つけてみてはいかがでしょうか?

ですがこの「なぜ生きるのか」というのはネガティブな思考になってしまいがちになります。

そこをいかにポジティブに考えるかというのも重要になるので覚えておくようにしましょう!

ぜひ人生を豊かに充実したものを送ってください!

楽しく送ることで後悔なども無くなるのではないかと思います!