計画を立てたのに、プラン通りに実行できないで、お悩みの方はいらっしゃいませんか。

このページでは、仕事に限らず、じぶんが行動をすすめていくスケジュールを上手にたてるためのポイントをご紹介しましょう。

じぶんの仕事の計画だけでなく、趣味の研究とか、勉強のスケジュールを立てるとときにもご紹介するテクを活用されるようおすすめします。

上手な計画は良い結果につながりやすい!

なにごとも計画を上手にたてると、良い結果につながりやすくなります。

その理由を考えてみましょう。

まず、計画を上手に立てると、むだをはぶき、必要な時間を短縮できます。

それに、なんといっても仕事は集中して取り組み、短時間に完成するのがベストでしょう。

しかも計画をたてると、行動を進める手順にメリハリがつき、効率化につながります。

さらに、計画をたてると、仕事への目標意識までたかまります。

初めに計画をたてれば、何が目標か明らかになり、何をするべきかかも明確になります。

仕事の目標意識がたかまれば、それだけ仕事への意欲もたかまり、よい結果につながります。

そのうえ、計画を立てると、仕事を効率化できます。

仕事は効率よくこなすのがベストでしょう。

ただ、なんとなく頭で考えていても効率はあがりません。

できれば紙に計画を書いて、書いた手順ですすめれば、仕事の効率があがります。

仕事の効率化をはかるのは、重要でしょう

計画を立てる目的とは


そもそも計画を立てる目的はどこにあるのでしょうか。

それは計画を立てれば、時間配分の目途がたちますし、どこにどれだけの労力を振り向けるべきかの労力配分の目途もたち、さらには目標とか実現したい将来の夢に接近しやすくなるからでしょう。

時間配分の目途がつく

計画を立てれば、どこにどれだけの時間を費やすかの目途が立ちます。

すると無駄な時間をさけて、時間を効率的に使いわけできます。

その結果、仕事全体の効率をアップできるわけです。

うまく計画を立てて、時間配分の目途をつけ効率的にすすめるようおすすめします。

労力配分の目途がつく

計画を立てれば、それだけ「労力配分」の目途がたちます。

どの分野にどれだけの「労力」を振り向けるかの目途は明確になるからです。

ここに「労力」とは、仕事そのほかの何かをするために心身をはたらかせるエネルギーで、いわば「骨折り」にあたります。

計画を上手に立てて、労力配分の目途をつけ、効率化を目指しましょう。

目標や夢に近づきやすくなる

上手に計画を立てて取り組めば、じぶんの「目標」とか、将来の「夢」に近づきやすくなります。

ここに「目標」とはなんでしょうか。

じぶんが最終的に達成したい状態・状況を目標といいます。

この意味における目標はいわばイメージとしての目標です。

こういう人生を送りたい、こういう映画の製作を継続したい、などの計画がそれです。

目標に対しての道筋となるのが計画です。

筋道となる計画があってこそ、現状の仕事の進捗がわかります。

現実の社会では、「段取りの力」があるかどうかが問われます。

段取りの力をアップするためには次の姿勢が大切となります。

時間がかかるものほど計画を立てて進む


何をどうするかと計画を立てれば、どこにどれだけの時間を費やすかの目途が立つとわかりましたから、時間がかかる仕事ほど、計画をたて進必要があります。

めんどうくさいなどいわないで、時間のかかる出来事でしたら、時間を惜しまないで、じっくり計画を練りあげるようおすすめします。

計画を立てるには自分の実力を分かっている必要がある

なにかに取り組むときに、計画をたて、立てた計画に沿って実行するのはじぶんが主体になります。

その計画をプランどおりに達成できるかは、じぶんの能力と時間にかかわってきます。

ですから、まずじぶんの能力と振り向けられる時間をたしかめる必要があります。

じぶんは、どれだけのものをやれる能力があるかを確認しましょう。

自己観察でじぶんの能力がはっきりしないときは、専門家のカウンセリングをうけるようおすすめします。

次に重要なのは、じぶんには目標の達成に振り向ける、どれだけの時間があるかを確かめる必要があります。

これから取り組もうとする行動に必要な時間を把握するにはどうしたらよいでしょうか。

じぶんは、朝食に何分くらいの時間が必要か、昼食に何分かけているか、夕食には1時間はかかる。

駅まではバスで15分、最寄りの駅からの通勤所要時間2時間かかる。

睡眠時間は7時間にきめていいます。

これら日常生活に書かせいない時間を記録します。

そのうえで、じぶんの案件処理能力も確認しましょう。

すると、これだけの時間をかければ、これだけの案件を処理できると、判明します。

そうすれば、じぶんの能力と生活所要時間が浮き上がってきます。

その結果、何にどれだけの時間を使っているのかを自覚できるようになります。

確かめた結果をスケジュール帳に書き込んでおきましょう。

書き込んだ内容を計画の立案に役立てましょう。

計画を立てる時間を確保するには!

じぶんの「能力」を知るとともに、目標の達成に振り向けられる時間を見通す必要があります。

そんな計画を立てる時間がないとおっしゃる方はいませんか。

計画を立てる時間を確保するためのコツをご紹介しましょう。

なんといっても、まず、周りからの刺激がない、じぶんだけに集中できるスペースを選びましょう。

じぶんの書斎、寝室などにはいります。

そのスペースにはいるのは、じぶんだけに「集中できる時間帯」を選びましょう。

そのエリアで安静にして目をつぶり、いくつかの案件の優先順位を考えます。

最も重要な案件から実行する姿勢になります。

実行してみて、時間の不足から「優先度の低い案件」が残られたとしても、あとの負担は軽くなるでしょう。

これで計画を立てる時間を確保するための基本姿勢はできました。

そして、いつも長い目で見た長期の目標に向かってハートのなかの視線を据えます。

その目標に近づくために、今はなにをすべきかを考えましょう。

すると当面やるべきアクションがはっきりしてきます。

処理すべき案件の数とその所要時間を基礎にして、その日に確保できる時間内で処理できる限度で、無理のない割付をします。

決めたその日の案件を効率的に処理するためには、具体的な手順を決めておくのがよいでしょう。

そのほうが案件の達成率も高まるとみられます。

案件の処理には、トラブルが付き物と考えてください。

予想もしなかったトラブルに巻き込まれて、混乱しないためには、はじめから、トラブルを予測して、トラブルが発生したときには、どう対応するかも計画の中に含めておくようおすすめします。

計画を立てたほうが良いこと

計画を立てたほうが良いこと、といえば、若い世代では「勉強の進め方」が閃きますが、企業経営、政治・行政など国家にかかわるエリア、都市計画など公共のプラン、ダイエットの進め方、登山計画などプライベートのエリアまで多彩です。

ここでは、人生の目標などプライベートのエリアについてみてみましょう。

1.勉強の進め方

まず上手な勉強の進め方を見てみましょう。

じぶんが目指す目標の性格を理解します。

この試験にはどれだけの実力が必要かをたしかめ、その水準に到達するまで合理的なプランをたて、努力しましょう。

基本的にはおおざっぱな計画のほうがよいでしょう。

細かく考えすぎないようおすすめします。

学習した内容は、そのポイントだけを整理したサブノートを作成するか、じぶんの声で録音します。

サブノートは電車の中でも確認できますし、録音テープはバスの中でも聞けます。

目や耳でポイントは繰り返し反復します。

週に一度は、その週で学習した事項に関する模擬試験に挑戦します。

その結果を見れば、じぶんの弱点が判明しますから、そこを重点的に補強します。

具体的な工夫は教科によって異なりますが、基本的には週単位で学習プランを立て、それを実行し、テストに挑戦し、実力に自信を持ち、弱点を補強します。

今の基本姿勢でパターンの反復を継続するとようおすすめします。

2.ダイエットの進め方

次にダイエットの進め方はどうでしょうか。

①これからは太らない工夫を!
なんといっても、毎日の摂取カロリーを必要カロリーまで減らしましょう。

過剰なカロリーをカットするようおすすめします。

すると体脂肪の増加はストップされますが、栄養不足にならない工夫も大切です。

そして減食に伴いやすい「基礎代謝」の低下を防ぐために、適度の運動をするようおすすめします。

②標準体重にまで減らす努力をしていきましょう!

今の基本姿勢を継続し、標準体重にまで減らしていきます。

そのために、1日の食事のカロリーは、1日当たり必要カロリーより240kcal少なくした献立を作り、実行しましょう。

もちろん運動も継続します。

③理想的な体重を維持しましょう!

継続的な努力と食生活の改善によって、体重をダウンさせ、理想的な標準体重になったときには、その体重を維持する生活を継続します。

太り過ぎず、痩せすぎない体型を作るようおすすめします。

3.人生の目標や予定

計画を立てると良いことのひとつとして「人生計画」があります。

じぶんが生きてゆく長い人生の目標とか、なすべき行動の予定を若いうちに立てておくのは望ましい姿勢です。

代議士、衆参議員、地方議会議員、都道府県知事などの政治家か、それとも教授などの学者か、実業家か、芸能人か、作家など、シンプルな目標にしておきましょう。

シンプルな目標を見つけ、「自分が本当はどうなりたいか」の今の気持ちを確認してから、目標に向かって歩みましょう。

まず、目標の立て方を考える前に、目標に向かう基本姿勢がしっかりしているかを確認することが重要になります。

目標が明らかになれば、そこに向かい行動するわけですが、その行動は目指す目標とバランスがとれていなければなりません。

目標とバランスがとれた行動を継続し、積み重ねていくと、じぶんは目標を達成できると自信がわいてきます。

沸いてきた自信をエネルギーにして前進してゆけば、将来その目標に到達できます。

4.貯蓄の計画

いくらか生活にゆとりができて、バンクに貯蓄する計画もよいでしょう。

まず、毎月、貯蓄する金額を明確にしましよう。

じぶんの全収入から食費とか交通費などの生活費、ガス代とか水道料金などの固定費を差し引いた残額を貯蓄します。

スタートラインでは、これだけの額を口座に入れようと貯蓄額を決めましょう。

決める額は、あまり高くしないで、むりのない手頃の金額にします。

このプランを実行して、毎月、しっかり貯蓄できればベストといえます。

仮に、毎月貯めるのが難しいときには、ボーナスで貯蓄をしましょう。

毎月イメージどおりに貯金をできるライフスタイルは理想的ですが、それがむりのときには、ボーナスなど臨時収入を貯蓄にまわしましょう。

せっかく、貯蓄にまわしても、すぐ引き下ろしては意味がありません。

そこで、貯蓄をする口座はおろしにくいバンクのものを選択しましょう。

貯蓄をする口座は、じぶんの近くに支店や専用のATMがない銀行の口座を使うようおすすめします。

引き下ろしてしまうことを防げるからです。

容易に引き下ろしできれば、無駄な支出に結びつきがちになり、貯蓄できません。

いざというときのためにも、貯蓄はしっかりしておきましょう。