みなさんは結婚相手に求める条件はどんなことでしょうか。

外見が第一の人や、性格が第一の人、職種が第一の人、年収が第一の人などさまざまです。

また、人種にこだわりがある人や、自分に夢があり、その夢に一緒に歩んでくれるような人の場合もあります。

今回は、収入も安定していて、語学力が堪能な商社マンについて、商社マンがモテる理由と、彼らと出会うための4個の方法をお話しまし。

商社マンに憧れている女性必見!

常に結婚したいランキング上位にランクインするほど人気の高い商社マンですが、そもそも商社マンとは一体どんな人で、どんな仕事をしているのでしょうか。

また、なぜそんなに人気があるのか、どこで出会うのかについてお話します。

まずは、しっかりと商社マンについて自分自身も知識を得ておきましょう。

商社マンとは?


商社で働いていて、営業などに携わる人のことを、「商社マン」と呼んでいます。

商社マンは、世界を舞台に活躍する仕事ということです。

女性が憧れる点はここの部分でもあります。

もちろん海外だけでなく、日本国内のみで形にする商社マンもいます。

また、商社マンは責任が重い仕事でもあります。

取引内容によっては、一度に多額の規模のお金が動くことも珍しくはないため、常に責任感が問われる仕事でもあるのです。

商社に勤め世界を相手に活躍する

若いときから、世界を相手に仕事をしたいと思っていた人や、語学力が堪能で、世界で自分の実力を試したいと思う人、世界中を飛び回り、世界を知りたいと思う人などは、商社マンに向いている場合もあります。

国内にいては知らないことが世界にはたくさんあります。

また、自分自身、世界を相手にして自分の実力を試したいと思う人もいます。

世界を旅していて、日本に広げたいと思ったことは誰でも一度はあると思いますが、なかなか行動に移すことは簡単ではなく、時間と労力がかかります。

商社マンの仕事はまさにその行動でもあります。

世界中を調査する

世界は、食べ物も違えば、調理法も違いますし、農作物も気候によって大きく違います。

国によって、食生活以外にも生活習慣の違いがあったり、町並みの作りや、道路状況も違います。

そのため、車でも、「この国では需要がある車」「この国では需要がない車」などがあります。

商社マンは世界を調査して、世界単位で商品の一つ一つの材料を飛び回り、探すのです。

その結果、その国によって生産量が多い食品は値段も安いために、交渉によって大量に仕入れて、メーカーに提供することもできます。

材料を探す場所を、世界に範囲を広げているのです。

世界中の生産者などと交渉する

世界中飛び回り、メーカーに需要のあるを探し、生産者などと交渉して、メーカーに提供する一連の流れのなかで、もっと大変で難しい仕事は「交渉」です。

もちろん、世界中を飛び回っているため、語学力が必修でもありますが、日常会話ではなく、交渉術をさまざまな国の言葉で交わすというスキルが必要になるのです。

より安く、よりいい製品を求める商社マンと、より高く、より多くの製品を売りたい生産者との交渉のため、交渉術は高いスキルや、より多くの経験が必要になります。

「引き際」「攻め際」をうまく見極めたりするタイミングや、条件提示なども大切になります。

また、生産者との信頼関係も大切であり、しっかりて太い強いパイプを作っておくことも大切です。

次に繋がる良好関係を築いておければ、また一緒に仕事をする機会が訪れれば、スムーズに仕事が出来るようにもなり、次に繋がる場合が多くあるのです。

このように、商社マンは、交渉と同時に信頼関係も作っているのです。

日本国内のみで仕事をする商社マンもいる

どこでも転勤になる可能性がある商社マンですが、平均して3~5年を目安に担当が代わります。

担当の代わった商社マンは、突然海外転勤になる場合も多くあります。

また、単に勤務地は同じで、担当顧客が代わるだけの場合もあります。

商社マンの中には、国内に居ながら、世界各国の顧客やパートナーとメールや電話でさまざまな語学でコミュニケーションを取り仕事をしています。

そのため、海外転勤をしなくても、度々海外に出張する商社マンも多く、世界中を飛び回るっているのです。

もちろん国内に留まり、商社マンとして仕事をする商社マンも多くいます。

商社マンがモテる理由

実は、商社マンの彼氏が欲しいという女性が多いのを知っていますか?

デキる男のイメージが強いので、それに惹かれるというのもわかりますが、他にも様々な理由があるんです。

そんな商社マンの魅力について紹介していきます!

器量が大きい

商社マンは、人と常に関わる仕事のため、気さくであり、愛想もいい人が多いようです。

また、海外経験が豊富であり、さまざまな知識を身に付けている人も多いため、器量が大きい人が多いようです。

取引相手を喜ばせる接待にも慣れているため、人を喜ばせる能力も優れていて、相手の話にしっかりと耳を傾けたり、親身に話を聞いて、相談に乗ってくれます。

仕事上、常に心得ているためか、自然に相手に気をきかせて、相手の一歩先を読み取ることにも優れているために、何事にたいしても柔軟でもあり、器量が大きいと感じられます。

コミュニケーション能力が高い

日頃から、仕事で人と常に関わる商社マンは、コミュニケーション能力が高く、会話のテクニックもレベルが高い人が多いようです。

取引相手を接待したり、交渉する際に、巧みに言葉を選び、相手を喜ばせたり、気持ちよく会話できるように心得ているため、商社マンと話していると穏やかな気持ちになったり、会話していてとても楽しかったりします。

女性であっても、男性であっても、話題や情報をたくさん持っているため、退屈することもなく、楽しい時間を過ごせる場合が多くあります。

会話が楽しいと、親しみが持ちやすくもなりますし、信頼関係も作りやすくなります。

商社マンがモテる理由としても、「会話が楽しい」「物知り」「親身になって話を聞いてくれる」など、コミュニケーション能力が高く評価されているようです。

女性からすると、コミュニケーション能力が高い男性は、色々なことを知っていて頼もしく感じたり、親身になって話を聞いてくれると、安心して落ち着く場合が多くあります。

給料が高い

商社マンの給料は、他の業界に働く人と比べると高額と言えます。

会社の規模にもよりますが、大半は平均年収が1000万円を超えており、若くして高い収入を得ることも可能となっています。

20代で年収500万円~800万円程度の収入を得て、30代のうちに1000万円を超えるといった人が多いため、一般の会社員と比べると高給でもあります。

もちろんその年の成績により、変動はありますが、大手商社に勤めた場合、それなりに安定した生活が保証され、ある程度裕福な生活が望めます。

英語が堪能な人が多い


英語をすらすら、ペラペラ話せる人は、かっこよく、頼もしい存在でもあります。

会社的にも、語学力が堪能な人材は大切であり、頼もしい人材でもあります。

日常会話ではなく、交渉も英語で日頃から行う商社マンは、英語が堪能です。

英語だけでなく、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、ポルトガル語など、世界中の語学を学び、世界を飛び回るため、ある意味、英語が堪能なのは商社マンからすると、当たり前でもあるのです。

外人と軽快に英語で会話している姿は、頼もしく、とても素敵に見えます。

エリートサラリーマンのようにも見え、上級職の雰囲気を感じることがあります。

積極的な性格

世界を相手にして仕事をしている商社マンは、積極的な性格で、自ら進んでありとあらゆることにチャレンジする人が多くいます。

出来ないようなことでも、はじめから諦めることはせず、とにかくチャレンジして、努力も怠りません。

仕事をしながら、自分ありとあらゆる能力を伸ばし、自分が成長することが何よりも楽しみでもある人も多くいます。

かかんにチャレンジする性格は、時に無謀に見えてしまいますが、結果を出せるのも、世界を相手にして飛び回り、仕事をしている商社マンだからこそでもあります。

人との関わりに対しても、積極的な人が多く、自分から進んで声をかけたり、人前でも堂々と自分の意思や意見を話せる人も多いようです。

自分自身に自信もあり、さらに人との関わり合いも大切にして、自分自身も成長する商社マンはとても魅力的な存在でもあります。

物知り

さまざまな国に訪れ、さまざまな人達とかかわり合い、会話をしたり、生活習慣を知っているため、商社マンは物知りな人ばかりです。

もちろん、仕事上、多くの情報を取り入れなければ、交渉も出来ませんし、条件を出された場合に対処することもできないため、日々勉強したり、人から情報を取り入れて生活しています。

交渉術の秘訣は、コミュニケーション能力といかに色々なことを知っているかによります。

世界中どんな相手であれ、心をつかみ、相手に信用される人間になるにはさまざまな経験をして、さまざまな知識を習得する必要があるのです。

どんな話題をふっても、的確に答えてくれたり、自分が知らない情報をさらに持っている場合は新密度もさらに高くなり、相手からすると物知りで信用できると思われやすいです。

年齢、性別に関係なく、話題のレパートリーが豊富だと頼りがいがあり、尊敬できる存在でもあるのです。

周囲に鼻が高くなる

商社マンは、もちろん自分自身に自信があり、何事にも恐れず立ち向かう性格でもあるため、周囲に対して、上から目線な場合もあります。

中には、周囲に敵はいないと思っている商社マンもいます。

ライバルは同僚、または先輩上司と言ったように身内に限り、なかなか自分より優れている人はいないと思っている人もいます。

しかし、上から目線であっても、相手には感じさせず、腰を低くして常に接するため、相手からするとそんな商社マンは好印象でもあるようです。

さらに、商社マンと結婚した妻や、婚約者、彼女、両親、兄弟は、商社マンの事を誇りに思っている人が多く、自慢でもあります。

高収入であり、将来安泰の職業に就き、世界中を飛び回っている商社マンを、周囲に対してとても鼻高々な存在でもあるのです。

裕福な暮らしをして、職業もエリートな商社マンは、家族からみても素敵であり、かっこよく、頼れるヒーローなのです。

周囲からも尊敬されたり、羨ましがられている商社マンも多くいるようです。

商社マンと出会うための4個の方法

商社マンといえば、説明した通り、理想の結婚相手の職業上位に必ずランク・インするほど人気があります。

これだけ商社マンが人気な理由はどのような理由があるのでしょうか。

まず一つの理由は、収入が良いことです。

説明した通り、日本のサラリーマンの平均給料よりもずっと多い収入を得ている人多く、安定した生活が保証されています。

次の理由は、仕事内容とイメージです。

世界を飛び回り活躍する商社マンは、それだけでも格好よく見えて、さらに、海外出張や海外転勤となる機会も多いため、海外に憧れを持つ人にとっては、一緒に海外で暮らせるといった願いがあるようです。

さらに、商社マンと聞くだけで、華やかなイメージがつきやすく、周囲の人に対しても鼻が高く、自慢できる職業と思っている人も多くいます。

このように、とにかく人気の高い商社マンですが、実際に結婚しようと思うと簡単なことばかりではなく、単身赴任による離ればなれの生活や、なかなか家族でゆっくりすごく時間が作れなかったり、デートもしたいように出来ないようです。

しかし、今までとは違った新しい世界を見れることも多く、刺激のある商社マンと出会いたいと願う女子が多いようです。

まずは商社に勤める友達を一人でも作る

まずは、商社に勤める人に繋がる必要があります。

知り合いに、商社マンがいる人は自分の好みの人を話、紹介してもらえばいいのですが、商社マンの知り合いがいない場合は、友達や知り合いに紹介してもらうか、商社マンの集まる合コンなどに参加して、まずは商社マンの友達を一人でも作りましょう。

もちろん、その商社マンの友達を恋人候補にしてもいいですが、初めからガツガツ行くのではなく、友達として軽く飲みに行ったり、友達をお互いに誘って仲を深めていきましょう。

あくまでも、初めは友達作りから始めてください。

商社マンの友達が一人でもいると、友達を紹介してもらえる場合もありますし、自分自身も、商社マンによってよい刺激をもらえ成長出来る可能性も高くなります。

人生が変わる可能性もありますし、特に変わった人でなければ友達として長く付き合っていけると、何かのときに手助けしてくれたり、いいアドバイスをくれる場合もあります。

そのため、タイプでないからといってないがしろにしたり、しつこく他の誰かを紹介して欲しいということはやめましょう。

そこから人脈を広げよう

商社マンの友達が一人でもいると、そこから人脈を広げることができます。

場合によっては、仕事を紹介してもらえたりする可能性もありますし、仕事を手伝ってくれたり、いいアドバイスをしてくれる可能性もあります。

商社マンは、説明した通り、物知りで、語学力が堪能で、優れた能力をたくさん持っています。

恋愛関係だけでなく、さまざまな場合に、頼もしい存在になってくれます。

人脈を広げることができると、自分自身の世界観も大きく変わり、世界が広がります。

自分が知らなかった世の中の流れや、世界の出来事をしれて、勉強にもなります。

商社マンに限らず、人脈を広げることは人間として大きな武器にもなります。

一期一会と言われているように、出会い一つ一つを大切にして、人脈を広げてください。

商社オフィスの近くの飲食店に通う

どうしても、商社マンと知り合いたい、付き合いたい、結婚したいという人は、商社オフィス近くの飲食店に通ってみてください。

もちろん、商社マン誰にでも声をかけたり、口説いたりすると、噂が広まり、一気に出会いはなくなってしまいますし、変質者に思われてしまう場合もあります。

何事にもやりすぎは逆効果であり、限度があるので気を付けてください。

商社マンも、仕事の合間に、休憩したり、休んだり、ご飯を食べたりします。

そこで自然に顔見知りになって、仲良くなれる場合があります。

もちろん、すぐに出会える人もいれば、なかなか出会えない人もいます。

むしろ、すぐに仲良くなれなくて当たり前です。

商社マンでも、プライベートでは消極的な人もいますし、出会いを求めていない商社マンもいます。

既婚者はもちろんですが、仕事重視の人や、世界中を飛び回る仕事柄、家庭に不向きでそもそも結婚を考えていない商社マンもいます。

また、逆に、自分の場合で考えてみても、よく行く喫茶店で、いつも会う人に自分は出会いや結婚願望がなければ声もかけないと思いますし、「またいる」と思う程度だと思います。

商社マンとの出会いを切に願っている人であっても、あまりガツガツ攻めるのではなく、第一印象を大切にして、相手からアプローチされる機会を待つことが一番いい方法です。

そこで積極的に出会いを探そう

喫茶店や飲食店で積極的に出会いを探すことは、確率的に高く、自分の目で色々とリサーチできるため、安心な方法でもあります。

また、自分も常連客になると、マスターやお店の店員さんとも顔馴染みになり、仲良くなれると、お店側がうまく手助けしてくれたり、恋のキューピットになってくれたりします。

もちろん、出会いはタイミングでもあり、簡単にはいかないものですが、上手く周りの人を利用すると、スムーズに出会える可能性が高くなります。

マスターやお店の店員さんに、何気なく出会いを求めている事や、商社マンとは言わずに、商社マンの特徴をタイプとしていくつか話しておいたりすると、もしかしたら、突然嬉しい出会いが訪れるかもしれません。

もちろん、商社マンと出会うために通っているということは話さない方がいいです。

一歩間違えると、警戒されたり、恐れられたり、要注意人物になりかねません。

難しいですが、何よりも自然に振る舞い、積極的に出会いを求めましょう。

同窓会や大学のOB会のツテを使う

もしかしたら、同級生や、同じ学校を卒業した先輩、後輩に商社マンがいる可能性もあります。

積極的に同窓会や、大学のOB会に参加して、積極的にツテを使ってみることも一つの方法です。

知り合いにいなくても、同級生の友達に商社マンがいる可能性もありますし、何よりも、自分が商社マンと知り合いたい、友達になりたいと思っていることを周囲の人に伝えてみましょう。

そのためには、同窓会や大学のOB会に積極的に参加して、情報を得ることが大切になります。

知り合いの知り合いだと、安心することも出来ることがメリットでもあります。

SNSで探して徐々に仲良くなる

出会いの幅を一気に広げることが出来るのは、SNSで商社マンをダイレクトに探して徐々に仲良くなる方法です。

SNSを利用すると、世界各地の商社マンと知り合うことができます。

出会う可能性が一気に高くなります。

しかし、SNS上は、嘘が多くあったり、出会いを装った詐欺なども多発している事が事実です。

事件に発展しているケースも多く、近年の事件の多くに、インターネット上のSNSにて知り合ったなどという一文をよく耳にします。

危険と隣り合わせですが、商社マンと知り合うことが一番高く、一番早い方法がSNSでもあります。

また、商社マン側も、出会いを求めている商社マンがSNS上で相手を探しているために、出会う事が出来れば、すぐに交際に発展したり、スムーズに関係を進めやすくなります。

出会いを探す時の注意

説明した通り、SNSでの出会いは危険がいっぱいあり、思わぬ事件に巻き込まれてしまう場合が多くあります。

また、SNS上の場合は、相手の顔を知らずに、プライベートな情報を話しやすく、無意識のうちに個人情報を流出してしまっていることもあります。

また、SNS上だけでなく、商社マンとの出会いを探す際に注意する点はまだまだたくさんあります。

あまりにガツガツ攻めてしまったり、商社マンにこだわり過ぎてしまうと、お金目当てと思われてしまうこともあります。

商社マンなら誰でもよく、お金さえあればいいなどと思われてしまう場合もあります。

確かに、収入も高く、海外に行ける機会が増えるという事は事実ですが、商社マンも一人の人間として、家庭では商社マンではなく、一人の男として見てほしいものです。

世の中には、全てお金という人もいますが、結婚は、人として愛して共に人生を歩む事が幸せであり、何よりも大切なことです。

商社マンの中にも、職業で愛されるより、一人の人間として愛されたいと思っている人が多いのです。

そのため、あまりにガツガツ積極的に商社マンばかりに視点を定めてしまったり、商社マンに過剰にアプローチしすぎないように、注意してください。

職業を愛されてしまっていると思われてしまう可能性が高くなります。

せっかく出会えたのに台無しにしないように気を付けてください。

いかにも、という探し方をしない

いかにも、という探し方をしないことは、説明した通りですが、実際は、商社マンの中には、自分の仕事を誇りに思っている人は多く、「商社マン好き」と言われて嫌な気持ちになる人は一握りのようです。

商社マンは若い世代から、収入が普通の人よりも高く、安定した収入が保証されているために、特に若い世代の商社マンは、商社マンであることが自慢であり、商社マンというだけでモテると思っている人が多い傾向にあります。

しかし、30代後半から40代になると、結婚に興味が薄れたり、一人で生きていくことに抵抗がなくなり、むしろ一人で生きていく方が気楽でいいと感じてしまっている人もいます。

お金も生活する上で困らないだけの収入もあるため、このような商社マンに、「いかにも」と言う探しかたや、アプローチをしずきると、毛嫌いされてしまったり、せっかく仲良くなれたのに、距離を置かれてしまったりする場合もあります。

商社マンに限らず、探しかたやアプローチの仕方は、相手をしっかりと理解した上で、その人にあった方法で進めてください。

相手もそういう女性には魅力を感じない

商社マンは、仕事上、自ら探し回ることに慣れているため、逆に探し回されることに抵抗がある人もいます。

女性から、強引なアプローチや、商社マンにこだわりが強い女性に対しても抵抗が強く、そのような女性に対して、いくら綺麗な女性であっても魅了を感じられない商社マンが多くいます。

商社マンなら誰でもいいと思いやすく、自分自身ではなく、職業や収入に興味があると思いやすいようです。

会社や肩書よりもその人の中身を見よう

お金がある人の中には、お金持ちであることをアピールして、女性にモテようとする人もいれば、お金持ちであっても、しっかりと貯金して、無駄遣いしない人もいます。

前者のような人の場合は、ガツガツお金が目当ての女性であっても、自分の好みであれば受け入れやすいですが、後者の場合は、会社や肩書よりもその人の中身を見て欲しいと思っている人がほとんどです。

ほとんどの人は、お金がなくても、自分自身の中身を見て判断したり、愛されたいと思っています。

商社マンにこだわるのは自由ですが、しっかりとその人の中身も見てください。

商社マンの彼氏をゲットしよう♪

いかがでしたか。

商社マンの仕事は、私たちの生活に不可欠であり、なくてはならない職業です。

女性からすると、頼りがいもあり、世界中を飛び回る姿に憧れを持つ人も多いようですが、仕事上、多くの人とかかわり合っているため、女性の心理も驚くほどよく理解しています。

商社マンと出会いたい一心の女性は、商社という職業以外にも、しっかりと一人の男として内面も見て、仕事をしっかりと支えてあげて、ハードな仕事を癒してあげるように心がけて、素敵な商社マンの彼氏をゲットしてください。