今までは多くの企業で副業は禁止とされていました。

今回多くの企業で副業を解禁されるとの事で副業について興味がある人も多いですよね。

そんな副業とはどんなものか、今回は副業に向けて準備しておいた方が良い事をご紹介しますね。

副業解禁間近?副業する準備をしておこう

副業が解禁されることになる前に準備をしておきましょう。

事前に準備をしておくことで副業をスムーズに始めることができますよ。

解禁に向けて今から準備しておいたほうが良い12個のこと

副業が解禁される前に今から準備しておくと良い12個のことを今回ご紹介していきますね。

出来ることから順番にはじめていきましょう。

商品や商売法を決める


副業をする為には何をしたら良いのか悩みますよね。

誰にでも簡単にはじめられる副業は自分にとって不必要なものを売るビジネスですね。

まずは初期投資を必要としない今あるもので自分にとっては必要ない商品を見極める事ですね。

自分にとっては不必要なものでも必要な人はどこかにはいます。

場合によっては大変貴重なものなのかもしれませんよ。

初期投資の必要のない商品を選別できてある程度の量を確保できたら次はその商品を売る方法、商売方法を決めることが必要です。

簡単な商売方法としてはインターネットを利用した商売法ですね。

ネットショップを立ち上げても良いのですがその場合には初期投資が必要となります。

ネットショッピング解説のためのアカウントや売るための商品の確保が必要となります。

私物販売では難しいですね。

という事はオークションやフリマなどを活用したアプリなどを利用する方法ですね。

まずは売る為の商品を初期費用掛けずに用意する事。

その商品を売る為の商売法を決める事。

順調に売れた場合にはその中から良く売れたものなどを参考にして副業で稼ぐ為の商品選びの参考にして下さい。

ここで得た元手を利用して本格的な副業がはじめられますね。

その為には自分に合った商売法見つける必要もありますね。

私物を販売する際にさまざまな商売法を試してみるのもおすすめですよ。

会社の動きを知る

今現在働いている会社の動きを知ることは副業をはじめるためには必ず必要な事となります。

会社によっては副業が禁止という会社もあります。

副業が多くの企業で解禁されたと言っても自分の会社も副業が解禁されているとは限らないのです。

副業の解禁は各会社の方針に委ねられているからなのです。

例えば知り合いやお友達などが会社で副業が解禁されたから一緒に副業を始めようと誘われたとしても自分の会社も副業が解禁されているとは限らないのです。

自分が働いている会社の動きがどうなっているのか知らないまま副業をはじめてしまうと…
副業が禁止されていて副業をしている事が会社に発覚した場合…最悪今働いている会社を辞めなければいけないことになってしまいます。

副業を始めたことによって本業をやめることになってしまい副業が本業になんて事に…
これでは本末転倒にもなりかねません。

副業でそのまま成功したら良いのですがなかなか難しい…ですね。

その為には必ず自分の働いている会社の動きを知ることが必要となります。

繋がりをどう活かすか考える

副業をするのにただ何となく副業をはじめるだけでは成功する確率は低いですね。

副業の成功率を上げるためには本業である今働いている会社での繋がりを利用することです。

自分が今使える強みは何なのか確認することが必要ですね。

今まで働いてきた期間で養ってきた繋がりや経験をどう副業に活かすことが出来るのかを考える事で自分に合った副業を探すことができます。

働いてる時の繋がりだけではなくプライベートでの繋がりも副業では使うことができます。

本業のお仕事では働いている時の繋がりとプライベートの繋がりを一緒にしてしまうのはNGですが副業となれば使える繋がりを自分独自の方法で活かすことができます。

本業でプライベートの繋がりを使ってしまうとそれは公私混同となってしまい働くことやプライベートでのリスクに繋がってしまいます。

本業では使う事の出来なかったプライベートの繋がりと会社で養ってきた繋がりを活かすも殺すもあなたの腕次第なのです。

実際に試してみる

副業をはじめる前に実際にどうなるのかシミュレーションとして初期投資のかからない方法で実際に試してみることが副業成功のカギなのです。

副業を始めるためにはまず何の副業をするのかを決めなければいけません。

その為には自分ができることは何なんだろうと考える必要がありますよね。

漠然とみんなはじめているから私も初めてみようでは成功する副業も成功しませんよ。

成功させるためにはやはり成功させる為の事前準備が必要です。

自分が持っている人脈やスキルや商品など何でも良いです。

まずは自分が得意だなと思うことを考えてください。

それを活かせる副業を選ぶだけでも成功率はグンと上がります。

さらにそこから実際に副業を始めたらどうな風になるのかなと初期投資が必要無い方法で実際に同じ内容の副業を試してみてください。

先に少しお話させて頂きました商品を販売する副業であれば商売方法gはどの方法が自分に合っているのか自分が売りたい方法や自分のライフスタイルなども考慮して最善の商売方法を実際に試してみて見つけることが重要です。

またその商売方法を行うためには売る為の商品が必要ですよね。

その商品も副業の為に最初から購入する必要はありません。

自分が持っているものを売ることで初期投資は無しで副業のシミュレーションは出来ますね。

この実際に試した方法で自分に合った商売方法と売れやすい、商売として成り立つ商品の見極めも出来てしまいます。

何となくで一つの方法に固着して副業のために投資をしても自分に合った商売方法でなければ投資だけで回収なんて出来ませんね。

自分に合った方法を事前にリサーチして販売方法と商品を選別できるだけで成功率は大幅に上げることができます。

誰にでもできる方法ですので副業を始める前には必ず行って下さい。

商品販売以外の副業でも同様ですよ。

初期投資なしで出来る方法で実際に試してみる事で分かる成功の秘訣や見えなかったリスクが分かってきますよ。

リスクヘッジを考える

副業に限らず商売をはじめるという事は当然リスクがある事なのです。

確実に稼げる方法があれば誰しもが行いますがそんな方法は…ないですね。

どんな商売でもリスクは必ずあります。

例えばアルバイトなどは自分が働いた分時間給として確実に稼げるのでは?なんて思いますよね。

しかし当然リスクもあります。

働く内容によっては怪我をする恐れがあるリスクありませんか?その怪我の治療で働いた分より損をしてしまうなんてことも無きにしも非ずですよね。

他にも働くことでさまざまなリスクが生じています。

時間給が確実というのも…実はそうでは無かったりもします。

働いているところが急に閉店、倒産してしまえばその時に働いていた時間給は頂けませんね。

といった具合に自分で商売しない場合でもリスクはあるのです。

では自裁に自分が副業として商売をはじめるとなるとそのリスクは自分次第で大きくも小さくもなるのです。

事前準部を何もしないで副業を始めた人と同じ副業でも事前準備やシミュレーションさらには売る為の事前の人脈作りなど確実に売れる状況を作ってから副業を始める人とではリスクの差は歴然ですよね。

自分ができることは蔑ろにはしないで出来る事は全て行いましょう。

面倒だなと思われるかもしれませんがリスクマネージメントには必要な事なのです。

成功させるための事前準備と共にリスク回避は同じことなのです。

リスク回避をする事は成功する率を上げる事でもあり成功率を上げるためにする事はリスク回避をする事でもあるのです。

出来ることは面倒くさがらずに全ておこないましょう。

副業を成功させるためには必要な事ですよ。

今働いている会社も同じように成功させる為に接待や外回りなどさまざまな事をおこなっていると思います。

事業計画書の作成


副業といってもそれを業とする場合には事業計画書の作成は必要不可欠です。

事業計画書はその業を行う際に銀行などから初期投資費用を借り入れを考えている人は必須です。

事業計画書が無ければ銀行などの信用できる所から借り入れすることは出来ませんよ。

その他にも事業計画書の作成は重要な意味を持っています。

事業計画書を作成することにより自分の思い描いているビジョンが明確になります。

事業計画書を作成し終えて改めてみることで自分でもわからなかった問題点やリスクが分かることもあります。

また、他人(借入する際の銀行など)に見てもらうことで考えが甘い事や自分では気が付かなかった指摘点が見つかります。

相手は多くの企業の事業計画書を見てきています。

先の見通しの出来ない人には借り入れを受け入れる事はしません。

事業計画書を作成することでさまざまな気が付かなかったことが見えてきます。

借り入れが必要無いって言う人でも事業計画書は作成する意味があります。

必ず副業をはじめる際にはこの事業計画書を作成して下さい。

次に何をしたら良いのかも明確に分かりそのためには今どうしたら良いのか即座に行動に移すこともできます。

全然もうからないけどどうしたらいいのかな?なんて思っているだけで終わらないですよ。

事業計画書があれば問題点が分かり今やるべきことが分かり着実に稼ぐことができますね。

体力をつけておく

副業をするという事は本業である今働いていることはそのままで新しく働くという事になります。

という事は当然今迄は家でゴロゴロ休んでいた時間が減ってしまうという事です。

場合によっては本業以外の時間のほとんどが副業の時間にとられてしまうなんてこともあります。

はじめたての場合は特に勝手がわからず時間も通常より多くかかってしまい本業よりも働いている時間が多いなんて事にもなりかねません。

その為十分な体力が必要となります。

副業が軌道に乗ればそれぞれの時間を有効活用して本業、副業、プライベートと充実させることができますが、副業を始めたばかりの時期は必ず多くの時間を副業に費やすことになります。

副業をはじめる前には事前準備として自分自身の体力つくりも必要です。

自分自身が副業を始めたことによって体調を崩してしまっては本末転倒です。

副業で体調不良になり本業を休む…なんてことにならないように体力をつけましょう。

副業をはじめるのならば自分の身体が資本となります。

信頼できる人に話しておく

副業をはじめる場合自分一人で全ておこなうことも多いのですが何かあった時に相談できる相手を探しておくと良いですよ。

その為には自分が確実に信頼できる人でなければいけません。

副業で相談したら逆に自分の副業を乗っ取られてしまうなんて事…実際にあるんですよ。

儲かっていると聞けば余計に羨ましくなりどうにか蹴落として自分のものにしてやろうなんて考えている人は意外と多いです。

その為絶対的信頼の出来る人に話しておくことが重要なのです。

この火とは信頼できるという人を見つけることも副業を始める事には重要な事なのです。

副業用の口座などを準備する

副業をはじめる際には副業専用の口座を用意することが必要です。

普段使っているプライベートな口座とは必ず分けて下さい。

副業で稼いだ分だけ使った分だけ明確に分かる口座が必要です。

プライベートと同じ口座で副業を始めてしまいますと所謂どんぶり勘定となってしまい何となく儲かっているな、何となく損しているなと明確には分からなくなってしまい成功する物も成功できなくなってしまいます。

また、確定申告が必要となる場合では決算報告書などの作成も面倒になってしまいます。

必ず副業専用の口座を作りましょう。

仕事環境を整えておく

副業をはじめる際には現在している本業の仕事環境を整えておくことが重要です。

副業をしてから本業がおろそかになってしまったではいけませんね。

その為には本業の仕事環境を整えておく必要があります。

職場

職場の環境を整えておくことで仕事がスムーズに行えて本業をおろそかにすることなく副業をすることができます。

本業での残業や休日出勤が多くなればその分副業に掛ける時間は当然少なくなります。

残業などで手当ては当然出るのですが副業を始めたのであれば本業はスマートにこなして同時に副業でもスマートにこなせる環境を整えることが重要ですね。

備品

備品管理もしっかりと行って下さい。

不意に必要な備品が無くなりお仕事が順調に出来なくなってしまいますと副業田でなく本業やさまざまな所に影響を及ぼします。

本業の備品管理は必ずおこないましょう。

本業の備品管理ができるようになれば当然副業でも備品管理は出来ますよね。

最低限の生活費を確保しておく

副業をはじめる際に初期投資をいくらかかけて行う場合には溜めているお金や本業の給料をすべて使ってしまう方法ではダメです。

必ず最低限の生活ができるように事業計画を立てて計画的に副業をはじめて下さい。

本業の給料で最低限の生活が出来ることを確保して副業をはじめて下さい。

副業をする為に必要な借り入れは大いに結構なのですが借入金額が莫大になってしまいますと返せるものも返せない状況になってしまいます。

返済額など全て考慮して本業で最低限の生活ができるように自共計カウを作成して副業を行って下さい。

現金化できるカードを用意する

副業をする場合一時期話題になったカードの現金化なのですが…おすすめの副業ではありません。

簡単に言うとクレジットカードなどを使って商品やギフトカードやチケットなどを購入してその商品を転売して現金を得る方法です。

転売方法によっては購入額よりも高値で売ることが出来て副業にもなりますが、商品などを購入段階から転売目的と分かるとカード会社によっては使用制限されてしまう場合もあります。

また転売目的で購入しても目的の金額では売ることができなくて自分には必要のない物だけが残ってしまうリスクもあります。

この場合には不必要なものが残るだけではなくカード会社への借金も同時に出来てしまうのです。

副業で稼ぐつもりが借金を抱える事になってしまうのです。

誰でも簡単にはじめられる方法で話題にはなりましたがおすすめではありませんね。

同じ転売ならばせどりなどの方がおすすめですね。

といっても副業として転売を商売とする方法はその労力と稼ぎに比べてリスクの方が大きい方法です。

副業は転売を業とするのではなく他の方法を考えた方が良いです。

転売商品よりも商品販売を卸業者などから仕入れて売る方法の方が自分の実力次第で継続した利益を望めますよ。

副業禁止の理由とは?

今までなぜ副業が禁止されていたのでしょうか?
副業が禁止されていた理由とはこれだったのです。

会社の売上に影響する

副業をする事によって副業に時間をかけるがあまり本業の会社での仕事を疎かにしてしまう事を防ぐために副業を禁止しているのです。

例えば自分が副業をした際に副業が順調に軌道に乗って稼げるようになったとします。

そうなってくると本業である会社と同等やそれ以上に稼ぎが望めるようになります。

副業の方が稼げるようになってしまえば本業である会社のことは二の次になってしまいませんか?
また、会社での人脈や繋がりなど様々なことを自分の副業に活かせないかなと副業メーンで考えてしまう事だってあります。

そうなってしまうと会社にとってはリスクでしかありませんね。

自分の会社のメリットの為に働いているのではなくて副業のメリットの為に会社を利用しているのですから。

他にも副業で稼げない場合でもどうにか稼ぐようになりたいと会社での仕事が疎かになってしまいます。

それでは会社の売り上げをあげて会社に貢献することなんて出来ませんよね。

副業を始めることで本業である会社の仕事が疎かになり階さ全体の売り上げが下がってしまうリスクがあるんですね。

会社としては上手に副業を利用して本業、副業、プライベートと全て充実してくれればよいのですがなかなかそうはいきませんね。

どちらかというと副業をする事によるリスクの方が多いのです。

副業解禁も間近

最近では経済全体を良くするために副業を解禁する動きが高まってきています。

更には自分の会社だけでは思いつかないことも他分野の副業をする事により自社の新しい発想の糧になるのではと副業を推進している企業も出てきています。

日本での副業が当たり前となる時代ももうすぐそこです。

副業をして自分自身のスキルアップにつなげてみませんか?
自分の好きな事や挑戦してみたい事がある人はこの機会に挑戦してみるのも良いですね。

今まで思いつかなかった新しい発見や発想がどんどん出てくることになります。

新しいことに挑戦することは自分自身を成長させることになります。

そう考えると副業解禁待ち遠しくなりませんか?

いきなりやってはいけない副業とは?

副業をすると言ってもいきなり始めてはいけないこともあります。

所謂ハイリスクハイリターンなことがそれにあたります。

成功したらとても多きいのですが、逆に失敗した場合には大きな損失を出してしまいます。

そうならないためにも次のことは事前準備なしに絶対に行わないで下さい。

ギャンブル

ギャンブルはハイリスクハイリターンの代名詞と言っても良いですよね。

このギャンブルは副業ではないですよね。

趣味や娯楽の部類になりますね。

確かにギャンブルによって多くのお金を得る事はできますがそれを業と言えるかというと言えませんね。

ギャンブルを副業というのは苦しい言い訳にしかなりません。

副業をはじめるのであれば他の副業にしましょう。

ギャンブルではリスクが大きすぎます。

投資

投資はそのノウハウがあれば意外と稼ぐことは出来ます。

しかし、その投資に対する知識や実績が無いとリスクの方がかなり大きい副業になってしまいます。

投資といってもFXや仮想通貨、先物取引、株式など非常に沢山の投資先があります。

ただ単に投資といっても幅が非常に広いです。

投資を副業とする場合には浅はかな知識だけや上手い話に乗せられてはじめる事は絶対にしないで下さい。

じぶんが副業として行う投資に対して専門的な知識から投資の仕組みや投資先の情報などさまざまな要因から判断して投資をして下さい。

投資で稼ぐ為には専門的な深い知識と共に幅広い知識にインファレンス能力などが必要となります。

情報収集能力にもたけていなければいけません。

さまざまな所から得られる情報から正しい情報を取捨選択できる能力や知識も必要です。

この為いきなり投資で儲けよう。

副業として投資をはじめようと言うのは無謀なのです。

逆にこの知識や能力があればリスクを抑えて稼ぐことができる副業でもあります。

投資で稼ぐようになるためにはかなりの知識や必要な能力が要求されますが得ることが出来たら立派な副業として成り立ちますね。

しかし自分で勝手に判断をして十分な知識と情報があると勘違いをして始められてしまう人も多々います。

その場合にはマグレで稼ぐことはあったとしてもリスクの方が大きいことには変わりありません。

投資を副業とするためにはいかにしてこの大きなリスクを回避できるのかが重要となります。

また、取引所や証券会社などによっても手数料など投資以外の出費があることも分かっていないと稼いでいるつもりが逆に借金を増やしてしまう可能性もあります。

特に初めての人が犯しやすいのは口座を作って自分が口座に入れてある金額分使えていると思っていることです。

実際多くの場合投資に使用できる金額は口座に入っている金額の倍額が運用資金となっています。

全部使ってしまったので0と思ってしまう人も多いのですが実際は口座にある金額と同額の借金となっているのです。

この様に知らない事によるリスクは投資以外でも多くあります。

副業を始める前にその副業に対する知識や情報などを事前に把握してから副業ははじめましょう。

情報商材系ビジネス

情報商材ビジネスは副業として始めるのはおすすめと言えばおすすめな副業なのです。

何故かというと初期投資が一切必要ないからなのです。

自分思っている情報を商材として売り物にする為初期投資に何かを準備する必要が無いんですね。

しかしこの情報商材はただ知っている情報を出しただけでは売れません。

例えばあなたが全然知らない人からこれ良いよ試してみて絶対成功するから買わない?なんていう情報を買いますか?
買いませんよねどこの誰かも知らない人…怪しすぎますよね。

本当に有益で素晴らしい情報だったとしても他の人からしたらコレ詐欺なんじゃないの?なんて思われてしまうほどです。

情報商材はその実績が無いといくら良い情報を出したとしても売れないのです。

この為いきなりはじめる副業としては向いていないのです。

本業の方で実績を積んでいて確固たる地位を持っているなんて人は副業で情報商材をはじめても良いかもしれませんが…
その様な人は副業で情報商材を売らなくても他で講義依頼などがきていると思います。

わざわざ自分から売り出さなくてもまわりが自分の情報を売りだしてくれるのです。

情報商材をビジネスにと考えている人はその分野での権威の人や有名な人の力を借りることで副業として成り立つことは可能です。

但し、無断で他人を利用することは犯罪行為になりかねませんよ。

もし有名な人や地位のある権威など利用したいと思うのであればその旨を伝えて了承を得てから使用して下さい。

FX

FXは投資の中の一つですね。

簡単に言うと日本円で他の国の通貨を購入して購入した時よりも価値が上がった時に縁に戻す方法でその価値が上がった分の差額で儲ける投資方法です。

一見すると簡単そうに思えますが世界情勢や世界経済など幅広く深い知識が必要となります。

多くある情報の中から正しい情報を取捨選択できなければ設けることは出来ません。

情報と知識が儲けるためのカギとなります。

投資には非常に多くのリスクがあります。

このリスクをいかにして回避することが出来るのかが設けられる投資家か設けられない投資家の分かれ道といっても過言ではありません。

いきなりはじめてはリスクが大きすぎる副業ですね。

副業を本業とする時に知っておきたいこと

副業が成功してきて本業とする場合に必ず知っていなければならないことがあります。

こちらも一緒にご確認下さい。

社会的信用がなくなる

社会的信用が無くなるというと何だか社会不適合者みたいですよね。

そうではなくて会社勤めを本業していた場合から副業が本業に変わることで個人事業主となりますよね。

個人事業主は会社には守られなくなります。

という事は個人で全てを背負わなくてはいけなくなるのです。

社会的信用というと例えば銀行からの借り入れの場合大手企業に勤めている場合にはその企業の信用で借入することができます。

しかし個人事業主の場合にはその事業をはじめて何年たっているのか?業績はどうなのかと個人で実績で信用してもらうしかありません。

いくら返す当てがあったとしても個人事業で業績がそこまで良くない場合には借入することも出来ません。

どこか信頼できる保証人を付ける事ではじめて社会的信用を得ることが出来るのです。

個人事業主となって自分の事業だけで信用されるようになれば立派な事業となりますね。

副業から本業になりたての場合は特に厳しく本業をしていたからこそ信用されて仮委rできていた所でも本業をやめて副業のみになりましたと言った途端、借り入れしている残りを早急に全額返済して下さいなんてこともあります。

この事も副業を本業にする際には覚えておいてください。

借り入れしている場合は不意に全額返済になって予定が狂ってしまったなんて事にならないためにも知っておいてくださいね。

社会保険制度

今まであぶ式会社などで働いていた時には社会保険や厚生年金などの社会保険制度がありましたが本業である会社を辞めてしまうとこれらの社会保険制度は活用することが出来なくなります。

個人で各種保険などに入らなければいけません。

今までは給料から天引きされて知らない間に支払っていた保険料なども自分で良い鵜して加入して支払わなければいけなくなります。

副業を本業とする場合にはこれら社会保険制度が無くなるとどうなるのか、どうしたら良いのかも知らなければいけません。

健康保険

会社に勤めている場合ですと多くの場合は社会保険制度が活用されていますのであまり考えたことは無いと思いますが、副業を本業として会社を辞めてしまうと健康保険は国民健康保険というものになるのです。

更に年金も厚生年金から国民年金へと変わります。

今までの会社勤めの場合は給料を貰う時点ですべて引かれていて会社がまとめて払ってくれていましたが会社を辞めてしまうと全て自分で支払いをしなくてはいけません。

この事も覚えておいてください。

知らないと思いもよらない出費に驚くことになってしまいます。

確定申告が面倒

確定申告は副業を本業とする場合には自分で行わなければいけません。

というより確定申告だけではなくその前の決算報告書なども自分で作成しなければいけません。

自分で出来ない場合には会計士や税理士に依頼することになります。

会社勤めの場合は源泉徴収票を頂くだけで基本的には会社が所得税など全て手続きをしてくれていましたがこの作業をすべて自分で行う必要があります。

私は会社勤めの時に源泉徴収票貰って自分で確定申告をしていたから大丈夫って言う人もいるかもしれません。

しかしその確定申告とはかなり違いがあります。

会社勤めの場合は源泉徴収票から同じ金額を書いて還付請求をするだけなのですが個人事業主となると確定申告前の決算報告書や貸借対照表、減価償却になどと沢山の書類作成が必要となります。

それらすべてを作成してはじめて確定申告ができるのです。

確定申告も所得税の計算や細かい項目など当てはまる項目にはすべて記載が必要となります。

これらができないと多大な損失となってしまう可能性や脱税になってしまう可能性もあるのです。

正しい計算方法や知識がない場合には脱税にならないように会計士や税理士に依頼することが必要になります。

そうなると当然依頼料がかかってしまいますね。

これらの知識も副業を本業とする前に学ばなくてはいけません。

副業解禁前に知識を入れておこう!(まとめ)

副業解禁となる前に準備ができること非常に沢山あります。

まずは出来る事から順番にはじめて副業をする為の地盤固めをして下さい。

新しい事を始めるためには大きな労力が必要です。

しかしその分知らない事や新しい事へのワクワクや楽しみなども増えます。

新しい事は自分を成長させるためには非常に良い事なのです。

何でも良いのでまずは自分が興味のある事や好きな事から準備をはじめてみませんか?

自分が成長できるかもと思って準備してみたら楽しんで準備をすることができますよ。