「髪は女の命」という言葉があります。

何歳になっても綺麗な髪の毛でいたいですし、若々しくありたいものですよね。

しかし残念ながら、年を重ねると髪の毛をアレンジすることが難しくなるだけでなく、健康な髪の毛を維持することも一苦労です。

40代に突入した女性の髪の毛はどんな問題に直面するのでしょうか。

40代は髪型が気になるお年頃

体力の衰えを感じるように、40代になると髪の毛にも変化を感じます。

自然なボリュームも出にくくなるし、いつまでも若いころと同じ髪型をしていても似合わなくなります。

ハリやコシ、白髪などの問題がどんどん出てきて、どうやって髪型をセットしていいか分からなくなってきます。

自分にはどんな髪型が似合うのかも疑問になってきます。

しかし自分ではどうやって解決したらいいのかわかりませんよね。

毎朝鏡を見ながら、ため息をつきたくなる40代女性は非常に多いのです。

40代が髪型を気にする理由!

ではさらに具体的に「40代女性を悩ませる髪型・髪の毛問題」についてみていきましょう。

まだまだ40代は先のことと思っている人もいつか直面する問題なんですよ。

いつか来る「40代の髪型決まらない問題」を知っておいて損はありません。

そしてまさしく40代のあなたにも、共感していただきたいですし、その先には解決策もありますから読み進めてみてください。

若いころの髪型が似合わなくなる

各年代に似合うメイクやファッションがあるように、髪型にも似合う年齢が出てきます。

ぱっつんオンザ前髪が許されるのは若いから。

40代がいつまでもぱっつんでいるのは正直痛いです。

似合っていないだけでなく、若作りしてる・・・と憐れまれるかもしれません。

自分ではいつまでも若いつもりでも、やはりぱっつん前髪は若い人の特権でしょう。

奇抜な色味も敬遠されますね。

金髪でも可愛いと言われるのは若いからです。

顔やファッションは40代なのに、髪の毛が金髪だったらどうでしょう。

似合っていないだけでなく、TPOさえ分かっていない残念な大人と思われかねません。

髪質から見ても、カラーを繰り返してしまうと40代女性の髪はパサパサになってしまいます。

パサついた金髪は、おしゃれのかけらもありません。

このように、年相応のメイクや服装をしようと思っても、髪型が若いころのままではちぐはぐです。

でも私、もう10年はこの髪型だし似合ってるって言われてきたもの、という方もいるかもしれませんね。

それは残念ですが、間違っています。

長年同じ髪型でいたとしても、20代、30代の頃とでは何もかも違ってしまうのが40代です。

可愛い可愛いと言われていた髪型を、40代になってもなお意地で続けても、決して似合うことはないのです。

似合うと思い続けて、年齢相応の髪型をしていないと、いつまでたってもあか抜けた40代にはなれません。

これらのように、この髪型、しっくりこないな・・・。

そう思ったらイメージチェンジの時期が来たということです。

素直に、40代女性に似合う髪型に変えることをおすすめします。

大人っぽさが求められるようになる

40代ともなると、職場でもたくさんの部下を抱える女性も出てくるでしょう。

大勢の若い部下を抱える女上司は頼もしいですが、その頼もしい女上司の髪型が、キャピキャピした髪の毛だったらどうでしょう。

どれだけ仕事ができても、大人の女性の感じは出ませんよね。

年代にあった、大人っぽい髪型であることが求められます。

きちっとした、40代の女性相応の髪型の素敵な女上司のほうが部下だって嬉しいでしょうし、あなたは憧れの上司になれるかもしれません。

そのためにも、明るすぎるカラーは控えたいですし、クリクリに巻いた髪の毛なんてもってのほかですよ。

勿論お手入れが行き届いた髪の毛であることも大事です。

毛先が痛んでパサパサだったり、まとまりのない、だらしない髪型では仕事の信用にもかかわりかねません。

見た目だけでなくお手入れも40代女性の大事な仕事です。

職場だけでなく、お子さんの学校へ出向くことが増える40代も多いでしょう。

不特定多数の保護者が集まるところに、自分の年齢とあっていない不自然な髪型で参加してしまうと、悪い意味で注目を浴びてしまいます。

あのお母さん、お子さんがいるのにあんな髪の色・・・?年齢にあっていない若作りのヘアスタイルね・・・。

陰でこんな風に言われてしまうのは避けたいですよね。

可愛い髪型でいたい気持ちも充分に分かりますが、自分の年齢やTPOに合わせた髪型が求められる年齢であることを頭に入れてください。

カラフルなカラーやぱっつん前髪、くりくりパーマなどは卒業してくださいね。

こちらもお手入れは不可欠です。

忙しいからと傷んだままの髪の毛でいてははつらつとしたお母さんには見えません。

お子さんの自慢のお母さんでいるためにも、きれいな髪の毛で、自分に似合う髪型をしてあげてください。

白髪が増える

個人差はあるものの、悲しいかな、加齢とともに髪の毛にちらほら現れる白髪。

遺伝で若いころから白髪が多い人や、出産を経て急に白髪が増えた人なども含めて、40代で全く白髪がない人は珍しいのではないでしょうか。

ちらほら見え隠れしているだけだった白髪が、一気に増えて目立ってくるのも40代の悲しい性です。

ちなみに一般的に30代後半以前に生えてくる白髪を「若白髪」と呼ぶそうですが、この言葉は、裏を返せば40代は白髪があってもおかしくないということですよね。

それくらい、40代女性にとって白髪は目をそらせない重大な問題です。

さて、そんな白髪ですが、なぜ白髪になるのかという明確なメカニズムは分かっていないものの、やはり加齢に伴って増えるのは確かなようです。

黒い髪の毛は、髪の毛根部分にある「メラトニン」という色素細胞のおかげで黒いのですが、40代ともなればこのメラトニンは減少してしまい、結果、白髪が増えます。

メラトニンは増えることはないそうなので、白髪は一度生え始めると、ずっと白髪のままなのです。

こうして白くなった髪の毛は残念ながら染めるしか方法はありません。

白髪染め自体を「なんかおばちゃんがやるイメージだし・・・」と頑なにやらない人もいるでしょうが、

髪の中に白いものがあるだけで老けて見えてしまうのは事実なので、白髪が目立つなぁと感じ始めたら白髪が目立たないようにしなければならなくなります。

大人しく白髪染めで染めるのが結局は一番いいと思うことになるでしょう。

白髪。

これも40代女性の髪の毛の大きな悩みです。

徐々に髪が薄くなる

髪の毛が硬くて毛量も多い、全然まとまらなくていや!!なんでこんなに髪の毛が多いんだろう!!なんて嘆いていたのははるか昔。

気づけば髪の毛のボリュームが減り、硬さもなくなってきたような・・・。

そう思う40代女性も多いと思います。

白髪と同じように、加齢とともに髪の毛のコシがなくなり、さらに本数も減っていきます。

コシがなくなればボリュームもなくなったように感じますし、本数が減れば当たり前ですが髪の毛はスカスカになっていきます。

結果、髪が薄くなったな~と感じてしまうのです。

薄毛は決して男性だけの問題ではありません。

女性の薄毛も非常に由々しき問題です。

髪が痩せて細くなり、さらに抜け毛も増えて薄くなってきたな、と感じ始めるうちに対策を始めれば少しはマシになるかもしれませんが、

そのままにしておくと、地肌まで目立つほど髪の量が減り、帽子やウィッグが欠かせなくなるなんてことも・・・。

ウィッグでおしゃれができるとは言っても、自分の髪の毛だけで理想の髪型ができなくなるのはやはりストレスです。

しかし、やはり昔と比べて髪の量が減ってしまったなぁと感じる40代女性が多いのは事実。

減っていくだけの髪の毛を見て、ため息をつく日々がやってくるのです。

ハリ、ツヤがなくなる

髪が薄くなる、のところでも書きましたが、徐々に髪の毛の方さやコシがなくなっていくのと同時に、40代女性の髪の毛は、ハリやツヤも失われていきます。

シャンプーしただけで「天使のわっか」ができていた若いころの髪の毛には戻れないのです・・・。

ハリやツヤがなくなった髪の毛はパさパさして不健康に見えますし、老けて見えます。

つやつやの髪を失ってしまうだけで、どんなに髪型を工夫しても加齢を感じてしまっては意味がありません。

40代からの髪型、失敗すると・・・

40代女性の髪の毛問題はわかりましたが、いくつもの欠点を隠そうと間違った方向に進むと余計に悲惨なことになってしまいます。

自分に合わない髪型をすれば違和感バリバリですし、ごまかそうとしておかしなパーマをかけてしまう人もいるのではないでしょうか。

若作りして恥ずかしい!

髪が減ってきた。

ツヤもなくなってきた。

それでも自分の髪の変化を認めたくない!同じ髪型を頑張って続けていれば加齢にも抗える!・・・というのは間違い。

前髪で必死に若さを作ろうとしても、ただの若作りにしか見えませんし、明るい髪色で若さを出そうとしても、ツヤのない明るい髪はかえって老けて見えてしまいます。

何より、メイクもファッションも明らかに違うのに髪型だけ若くあろうとしても無理があるのは当たり前です。

40代に突入したら、思い切って年齢相応の髪型に変えることが大事です。

おばさん臭い!

ボリュームがない・・・。

だったらパーマでボリュームを出せばいいのよ!と安易にパーマをかける人もいそうですが、

テレビで役者さんがおばちゃん役をやるときのお決まり「おばさんパーマ」になってしまっては、若さどころかおばさんにしか見えなくなってしまいます。

確かにボリュームを出すのにパーマはいい方法ですが、くるくるおばさんパーマにならないように注意しなければいけません。

パーマでボリュームを出すにも、個人個人であらゆるパーマを試す必要があります。

髪質に合わせたパーマをかけないとボリュームアップにはつながりません。

無駄に抵抗せず、美容師さんにアドバイスをもらうのが一番かもしれませんね。

気持ち悪い!

どんな髪型だったらいいのよ!わからないからとりあえずロングでどうよ?と思うロングヘア派の人もいるでしょう。

私も腰より長いスーパーロングで20代を過ごした人間です。

しかし、若いころの艶々したロングヘアは、大勢の女性の憧れにもなりますし注目も集めますが、40代の、艶を失ったロングヘアは正直見ていられません。

パサパサした伸ばしっぱなしのロングヘアは、だらしない、汚い、気持ち悪いという印象を与えてしまうのです。

手入れの行き届いた健康な髪だからこそ似合うのがロングヘア。

40歳オーバーでもロングヘアの女性芸能人もいなくはないですが、ああいった人たちの髪は、それはもう丁寧にケアがされていて、何度も美容院に通えるからこそのロングです。

普通の40代が安易にするべき髪型ではないということを頭に入れていてください。

40代女性におすすめの髪型:ボブヘアー


ここまで読んで、じゃあ40代はどんな髪型ならいいのよ??と思われたでしょう。

でも安心してください。

ここからは40代女性にぴったりの髪型をご紹介していきます。

自分の髪質や、なりたいイメージを決めて、参考にしてみてくださいね。

まずは一番失敗しない、ボブヘアーを紹介します。

40代でもボブは大丈夫

ボブは若い子の中でも人気の髪型ですが、40代にもおすすめしたい髪型です。

髪質をあまり気にせずチャレンジできます。

髪の毛の長さを揃えることでツヤ感も出ますので、ツヤが失われていく40代の髪の毛にピッタリです。

また、髪を軽くすることで、若々しさも出ます。

ドライヤーの時間も短くなるなど、メリットはとても多いです。