働いていたり求人を見ていると歩合制という言葉を目にしたことはありますよね。

この歩合制とは一体どういうことか分かりますか?

給与の支払い体制(計算体制)のことなのです。

世の中には歩合制、固定給、固定給と歩合制の両方など色々な給与体制があります。

お仕事をするうえでどういったメリットやデメリットがあるのか今回は歩合制についてご紹介していきますね。

歩合制で働きたい人必見!

歩合制に興味があって働きたい人は今回は必見ですよ。

歩合制と固定給の違いや歩合制のメリットとデメリットを詳しくご紹介します。

さらに歩合制で働くのにおすすめなお仕事もご紹介しちゃいますね。

歩合制とは?

そもそも歩合制とは一体どういうことなのか分かりますか?
給与体制の一つなのです。

歩合制のほかには固定給があります。

固定給はわかりますよね、毎月の給料が固定されていて毎月一定の金額を受け取ることのできる給与体制です。

歩合制とは固定給とは違い毎月の給料は固定されていない給与体制のことです。

自分がおこなったお仕事の分だけ給料として頂ける給与体制のこととなります。

このため毎月の給料は一定ではないのです。

多くお仕事をすることで上限なく給料を頂くことができる魅力的な給与体制なのですが…

逆にお仕事をあまりしないと給料はほとんど頂けません。

場合によっては給料がゼロなんてこともあります。

自分の実力次第で給料が大きく変わる給与体制となります。

歩合制で働く仕事

歩合制の給与体制で働くことの多いお仕事には次のお仕事があります。

自分の実力次第で多くの給料を稼ぐことのできるお仕事です。

固定給で満足していない人は歩合給で働くお仕事をはじめてみるのも良いですね。

多く稼ぐのも稼げないのもあなた次第なのです。

営業

営業のお仕事は固定給で会社員として多くの人は働いていますよね。

いわゆるサラリーマンですね。

営業のお仕事は自分の営業成績によって給料が上下する歩合給を取り入れている給与体制の場合も多くあります。

営業での歩合給の場合には通常、会社に雇われて通常業務と営業業務の両方のお仕事をしています。

この為歩合給と固定給の両方のハーフコミッションという歩合制の給与体制が多いです。

基本的な給料は固定給で補償されていて別で営業成績によって歩合給として給料を頂ける給与体制としている会社が多いです。

基本的な給料が補償されているため安心して働くことができるお仕事です。

実力次第では基本給よりも多くの歩合給を稼ぐこともできる給与体制となります。

このお仕事の場合は給料がゼロにはならないため安心して働くことができます。

主な職種としては不動産などの営業や保険の営業などがハーフコミッションとして働いている場合が多いです。

フリーランス

フリーランスのお仕事は自分の実力次第で非常に多くの給料を稼ぐことのできるお仕事です。

自分の得意とする分野で自分を売り出すことで実力に見合った給料を頂けます。

しかしこのフリーランスのお仕事は基本的には何の補償もありません。

補償がない分実力次第で多くの給料を稼ぐことができるのです。

働くための環境も自分で見つけることができないと基本的には働くこともできません。

技術的な実力と共に自分を売り出す能力も必要となります。

実力は十分にある人で自分を売り出すことが苦手な人はフリーランスを斡旋している場所へ登録してお仕事を紹介してもらうこともできます。

全てにおいて自分の実力次第となります。

稼ぐための技術や方法、場所など全て自分次第のお仕事です。

給料もゼロの可能性もありますが数億以上の可能性もある夢のあるお仕事です。

完全に実力次第でのし上がることができます。

歩合制には2種類ある

歩合制と言っても大きく分けて2種類の歩合制が存在しています。

それぞれの特徴をご紹介しますね。

固定給+歩合の仕事

ハーフコミッションと呼ばれるお仕事の形態となります。

基本給として固定給が補償されているお仕事となりますので、お仕事があまりできない場合にも最低賃金が補償されているお仕事形態です。

このお仕事形態の場合は基本的には一つの会社に雇われてお仕事をしている場合がほとんどです。

会社に雇われて仕事をしている分が固定給として補償されていて固定給とは別でお仕事の成績によって歩合給を受け取ることのできる給与体制となります。

固定給+歩合給がいただけるのであれば固定給だけのお仕事よりもお得なのでは?と思われる人もいるかと思います。

しかしこの固定給+歩合給の場合には補償されている固定給分の給料は固定給のみの場合よりも低く設定されている場合がほとんどです。

歩合給分の給料をもらうことが出来なければ固定給のみに比べて低い給料となります。

歩合給で稼ぐことのできる実力がある人は固定給+歩合給のほうがトータルでは稼ぐことができますが、自分の実力が及ばず歩合給分の給料が多く稼げない人ですと固定給のみの人よりも給料は低くなってしまいます。

稼ぐことのできる上限は上がりますが、最低保証賃金も下がってしまいます。

歩合給分を稼ぐことのできる実力がある場合にはお得な給料体制なのですが実力が伴わない場合には固定給のみの給料体制の方が多く稼ぐことができます。

自分の実力の見極めをしてどちらが自分にとってお得なのか見極めることが重要となります。

完全歩合制

完全歩合制とはフルコミッションと呼ばれるお仕事の形態となります。

固定給と呼ばれる最低補償賃金のない給与体制です。

この為給料がゼロになってしまう可能性もあります。

しかし、自分の実力次第で給料の上限は無くどれだけでも稼ぐことのできる夢のある給与形態です。

仕事をすればするほどお金を稼ぐことのできる明確な給与体制となります。

お仕事をしなければお金はもらえない。

お仕事をしたらもらえると言ういわば当たり前の給与体制です。

固定給の場合は仕事が忙しい時でも忙しくない時でも変わらない給料なのですが、完全歩合制の場合は仕事が忙しい時は給料が多く、忙しくない時には給料が少なくなってしまいます。

職種などお仕事にも多少左右されますが自分の実力次第でより多くの給料を稼ぐことのできる完全実力主義の人に向いているお仕事の方法です。

ゼロになるのか数億になるのかは全て自分次第なのです。

歩合制のメリット

歩合制の給与体制のメリットについて詳しくご紹介させて頂きます。

メリットを知ることで効率的に稼ぐことが可能です。

自分に合っているのかを見極める判断材料にもなりますよ。

頑張った分給与に反映


自分が頑張った分だけしっかりと給料に反映されます。

このメリットは仕事の能力が高い人にとっては非常に大きい魅力です。

例えば同じ職場で自分だけが頑張って仕事をしていて他の人はおしゃべりばかりで全然仕事をしない場合固定給であれば自分ばかり仕事をしてバカみたい…なんて思いますよね。

しかし同じ状況でも歩合給となった場合には仕事をしていない人は給料が低く仕事をたくさんしている能力の高い人はその分多くの給料をもらうことができます。

実力に合った給料をもらうことができるのです。

さらに自分の能力が認められることで仕事にもやりがいを感じてより良い仕事効率など仕事に対する意欲も増します。

仕事意欲が増して仕事の効率が上がりクオリティーが上がることでさらに給料を多くもらうことができます。

会社にとっても自分にとっても両方にメリットのあるWinWinの関係を築くことができます。

会社にとっては仕事のできない人に対しての賃金ロスも防ぐことができ優秀な人材の育成もできるため最近では積極的に歩合制を取り入れる会社が増えてきています。

自分が頑張った分だけ給料という見える形で分かる歩合制は働く意欲が増す給与体制なのですが、それと同時に能力の低い仕事のできない人にとっては給料が下がってしまう面もあります。

お仕事を頑張れば頑張るほど給料という目に見える形でかえってくる給料体制は魅力的ですよね。

実績が自信になる

自分の働いた分だけきっちり給料として頂くことができる歩合制は目に見える形で自分の働いた実績が分かります。

この実績が自分の能力の表れとなり自信にもつながります。

この自信が付くことによりもう少しもっと上を目指そうという気持ちになるのです。

自分が働いた実績分が給料として返ってくることで具体的な数字として分かり自信が付きます。

実績が増える→給料が増える→自信が付く→仕事の意欲がわきさら実績が増える→もっと多くの給料がもらえる→さらに自信が付く

というとっても良いサイクルが出来上がるのです。

自分の仕事に誇りを持てるようにもなります。

沢山給料を稼ぎたい人や自分の仕事に自信を持っている人、誇りに思っている人には歩合制が向いています。

多くの給料を稼ぐことができますよ。

自分の時間を作りやすい


歩合制の仕事をすることによって自分自身のプライベートな時間を作ることが容易になります。

歩合制の場合与えられた仕事をいつするのか仕事をする時間を自分自身で決めることができるためプライベートな時間を自分の好きな時間に作ることができます。

完全歩合制の場合与えられたお仕事をこなす期間や賃金を自分で自由に設定することができることができます。

スケジュール管理が自由にできることは歩合制の大きなメリットとなります。

お仕事で空いた時間にプライベートを充実させることもできますし、逆にプライベートな時間の空いた時間にお仕事をすることもできます。

基本的には報酬に見合った(それ以上)のお仕事をこなすことができれば自分の好きなようにスケジュール管理ができるのです。

与えられた仕事さえきっちりこなすことができれば報酬を頂けるのです。

就業時間が決まっていないこともメリットの一つですね。

場合によっては固定よりも儲かる

歩合制の場合自分ができた仕事分が全て自分の給料として頂くことができます。

この為より多くの仕事をこなすことが出来たら固定給よりも多くの給料を頂くことができます。

仕事が出来なければ最悪ゼロの場合もありますが自分の実力次第で固定給だった場合よりも確実に多くの給料をもらうことができます。

自分ができた仕事分は確実に自分の給料に反映されるためやりがいのいあるお仕事形態です。

自分の実力次第で勝負できる数少ないお仕事形態となります。

歩合制デメリット

歩合制にも当然デメリットは存在します。

デメリットを理解してそのうえで確実に稼げる方法を身につけましょう。

生活が不安定

歩合制の場合は毎月の給料が一定ではない手間に生活が不安定になりがちです。

固定給の場合は今月の給料と来月の給料そのあとの給料とほぼ一定の給料をもらうことができます。

この為生活の見通しも立てやすく計画的にお金を使うこともできます。

しかし歩合制の場合には今月の給料と来月の給料が大幅に違うことも多々あります。

最悪収入はゼロなんて月もあります。

生活の安定としては少し不安要素もある給与体制です。

しかし自分の頑張り次第では1か月で固定給の1年分の給料を稼ぎ出すことも可能です。

固定給とは違い給料のゼロの場合もありますが上限もありません。

この為少ない期間でより多くの給料を稼ぎ出すことができるのもまた、事実なのです。

ゼロになってしまう場合や多くなる場合など先の見通しが分からず予測しづらいデメリットがあることは必ず理解して覚えておいて下さい。

働いてからこんなはずではなかったでは遅いです。

過重労働に陥りやすい

完全実力主義の歩合制では頑張りすぎてしまい過重労働となってしまう場合があります。

自分の実力を見極めて実力に合ったお仕事をするべきです。

自分の実力以上のことをやろうとしても逆に何も出来ないまま中途半端になってしまい給料がゼロという事態にもなりかねません。

最悪の場合は体調を崩してしまい先の稼ぎまで失ってしまいます。

自分の実力を見極めて実力に合った仕事を実力の範囲内で実力に合った量と内容でこなすことが重要です。

実力に見合った仕事を多くすることにより自分の実力も上がりいつの間にか自分の実力が上がっていること(より多くの仕事意をしていること)に気が付くことになります。

沢山稼ぐためにと無理をして過重労働になってはいけません。

実力に合わせて仕事をこなして実力自体を上げてより多くのお仕事ができるようになって下さい。

気持ちだけで仕事をしてしまうと大きなデメリットとなってしまいますよ。

人間関係が悪化する可能性も

歩合制の給与体制ですとどうしても同じ仕事をしている人の中で差が生じてしまいます。

固定給の場合は仕事ができる人もできない人も一律で同じ給料となりますのでもめることはあまりありませんね。

しかし歩合制ではできる人とできない人との差が倍以上違ってくる場合もあります。

もらっている給料が分からなければ関係性が悪化することはありませんが、もらっている給料がお互いにわかってしまった場合にはその関係性が悪化する原因となることがあります。

同じ仕事をしているのにこんなに差があって不公平だと不満が出て関係性が悪化してしまうのです。

多くの給料をもらっている人はその分仕事しているので当然それだけもらう権利はあるのですが同じ仕事をしているのにと少ない給料をもらった人から文句が出てしまうのです。

みんな同じ仕事をしている人は同じ給料で和気あいあいとしていたい、できれば自分は楽をして稼ぎたいと思っているため仕事を沢山こなして頑張っている人を陥れようとまで考えてしまう危険性もあります。

複数の人が同じ仕事をしている場合には自分の給料がいくらだったかを他人に伝えることは避けましょう。

同じ仕事をしている人が自分よりも多く稼いでいることを妬ましく思い足を引っ張って蹴落とそうと企んでくる可能性があります。

頑張っている人が多い場合にも注意は必要です。

同じ仕事をしている仲間の中から子ky宅の奪い合いが生じてしまう危険性があります。

営業で新規顧客をとればいいのですが手っ取り早く成績を上げるために仲間の顧客を奪ってしまうのです。

このような感情を抱かないように自分自身も気を付ける必要があります。

目先の利益や給料ばかりに目を奪われてしまうと周りが敵だらけになってしまうなんてことも。

作らなくても良い敵を作ってしまわないように上手に立ち回る必要があります。

歩合制の仕事が向いている人

歩合制のお仕事には向いている人とそうでない人が明確に分かれています。

自分が歩合制の給与体制のお仕事に向いているのかどうかチェックしてみて下さい。

歩合制が向いているなと思った人は今固定給のお仕事についている場合は歩合制のお仕事にかわることで給料が大幅にアップすることがあるかもしれませんよ。

歩合制のメリットとデメリットもよく考えて自分で判断して下さい。

歩合制に向いているのかどうかもこの判断によって左右されますよ。

年功序列終身雇用の日本的雇用慣行が嫌な人

日本ではまだ一般的には年功序列終身雇用が一番とされています。

一度就職したところで定年退職するまで働き続けることを美徳としています。

途中で転職をする人は前の会社では勤まらない半端者扱いされてしまうことも多々あります。

転職ばかりしている人を根性や忍耐力のない人や何か仕事が続けられない問題がある人、人付き合いができない人など基本的に負のイメージが強い傾向にあります。

こと海外では自分の実力を試すための転職や自分の実力から新しい職場に引き抜かれるヘッドハンティングなどもあり最初に勤めた会社で一生を終える人はほとんどいません。

自分の成長のため自分の実力を評価してくれる会社へ移動するやりたいことがみつかったためやりたいことができる場所へ行くなど負のイメージはほとんどありません。

むしろ一か所に最後までとどまっている人のほうが負のイメージを持っているほどです。

理由のない転職や今の職場が嫌なだけで逃げる転職は私的にもおすすめはしませんが、良い理由がある転職は誰に気兼ねすることなくすべきだと思います。

例えばメリットを比べる方法をするのです。

日本ではお話を聞いているとデメリットを比べて転職をしている人が多いです。

今の職場にいたらこんなデメリットがあるから転職するなど嫌なところがあるから転職をするのです。

この方法ですと次の転職先でも必ず嫌なことはあります。

そうしたらまたその嫌なことから逃げ出すために転職をするのです。

これが日本が転職してばかりの人は負のイメージが強い理由ですね。

この為に終身雇用が美徳とされるのです。

では良い転職とはいったいどんな転職だと思いますか?

良い転職とは簡単なことでメリットを比べる転職方法なのです。

今の職場にいるメリットをまずは書き出します。

次にやめることで得られるメリットを書き出します。

最後に転職先に就職した際のメリットを書き出します。

このメリットを比べてどのメリットが一番高いのかで判断するのです。

メリットが分かった転職ならばなぜ転職をしたのかの理由が明確になり今の職からの逃げの転職ではなく転職先の魅力にひかれての転職となります。

こういった考えができる人は歩合制の給与体制のある仕事先が向いています。

年功序列で年齢とともに給料をもらえるだけで良いと考えている人には歩合制は向いていません。

歳や勤続年数で判断されて給与計算されることに疑問を持っている人に歩合制は向いています。

歳や勤続年数で給料が上がるのが当たり前と考えている人には歩合制は向いていません。

歩合制の場合には年齢や勤続年数に関係なく実力だけで給与計算されます。

この為入ったばかりの人に数十年その会社で勤めている人が給料で負けてしまう場合もあるのです。

このことが我慢できない人には向いていません。

自分も沢山稼げるように努力して負けないようにするぞ!と考える人に歩合制は向いていますよ。

一匹狼

一匹狼として普段仕事をしている人は固定給よりも歩合給で仕事をすることでより多くの給料を稼ぐことができます。

群れを成して人と同じことをしていようと考える人は給料も人と同じであれば満足しています。

逆に人と給料が違うことは好まず違う人を排除しようと考えるのです。

しかhし、一匹狼として自分だけで頑張って仕事をしている人は当然自分に実力を兼ね備えています。

その為実力によって判断される歩合制は向いているのです。

人に左右されることなく自分の目的のために頑張ることのできる人には歩合制の給与体制はおすすめです。

一発逆転を狙っている人

現状に満足していなくて一発逆転を狙っている人には歩合制は向いています。

一発逆転となると宝くじやギャンブルで一発逆転を考える人もいますが現実的とは言えません。

宝くじやギャンブルで成功するためには非常に少ない確率の中から引き当てなくてはいけません。

通常の確率で言ったらかなり難しい確率となります。

しかし、歩合制のお仕事で一発逆転を狙うことは現実的に可能なのです。

自分の実力次第、頑張り次第で一発逆転を狙うことができます。

確率などのあいまいな運任せなどではなく自分の実力次第で一発逆転ができる歩合制は実力が伴っている人は現状を打破してのし上がることができます。

一発逆転を狙っている人はギャンブル性に高い運任せの方法よりも実力次第でのし上がって一発逆転のできる方法を選んでみませんか?

成功するも失敗するもすべて自分の実力次第です。

たとえ失敗したとしても実力をつけて何度でもチャレンジできます。

あきらめなければ何度でもチャレンジできます。

失敗なんてないのです。

成功するためには必要な経験なだけです。

あきらめないで実力を高めて歩合制で成功して一発逆転してみましょう。

歩合制の注意点

歩合制には様々なメリットやデメリットがあることが分かったかと思います。

そんな歩合制には歩合制独自の注意点があります。

この注意点にも気を付けて働いて下さい。

確定申告や保険が不利

確定申告や保険などが務めているときに比べると不利になる場合が多いです。

会社に勤めていると会社の福利厚生などがあり各種社会保証などがあります。

保険も歩合制のフリーランスとなると自分で国民保険に加入しなければいけません。

確定申告も同様で会社勤めの場合は会社が基本的に行ってくれます。

場合によっては自分で申告をすることで税金が返ってきます。

歩合制の場合は基本的には全て自分で確定申告をしなければいけません。

確定申告の知識があれば自分でも申告可能ですが、難しい場合には会計士などに自分で依頼をしなければいけません。

この為会社勤めの場合よりも負担や不利になる場合があります。

確定申告の時期に困らないように事前に準備をするようにして下さい。

歩合制になることで増える負担や不利なことがあるのです。

違法となるパターンも

歩合制でお仕事をする場合には違法となる可能性が指摘されています。

基本的には使用者(会社などの雇い主)は労働者に対して労働時間に対しての一定額の賃金補償をしなければいけないと労働基準法で決められています。

簡単に言うと雇われている人は最低賃金以上の給料が支払われなければいけないということです。

時給換算してその地域の最低賃金に満たない金額で労働者を使うことは禁止されているのです。

ということはフルコミッションの完全歩合制では給料がゼロの場合があるため労働基準法に照らし合わせると違法となってしまうのです。

ではなぜ完全歩合制の給与体制があるのでしょうか?

これは雇用形態の違いによって完全歩合制が違法でなくなるのです。

あくまでも雇用主と労働者間の基準法となります。

完全歩合制で働いている人は会社に雇われているのではなく業務委託された契約者となるのです。

給料を払う人ともらう人との関係が雇用主と労働者ではなく依頼主と依頼者となるのです。

この為依頼がない場合には給料を払わなくても違法ではないのです。

依頼に対しての依頼料を払っているだけと考えて下さい。

しかし、ハーフコミッションの固定給+歩合制の場合は完全歩合制とは少し違いがあります。

ハーフコミッション制で働いている人の多くは会社に雇われている労働者となります。

この為その地域の最低賃金は保証しなくてはいけません。

いわゆる固定給とされている賃金がその地域の最低賃金以上でないと違法となるのです。

ハーフコミッションで働く場合にはこのことに注意をして下さい。

使用者、労働者共に契約段階で注意して確認をするようにして下さい。

オススメの歩合制の仕事

歩合制で働くことで大きなメリットのあるお仕事のなかからいくつかおすすめなお仕事をご紹介しますね。

自分に合ったお仕事がありましたら各メリットや注意点も一緒に確認して下さいね。

WEBライター

WEBライターは歩合制で働くお仕事としておすすめなお仕事です。

パソコンなどライティングツールがあればどこでも仕事をすることのできるお仕事です。

自分の実力に合わせて依頼を受けることができます。

ライティングの時間も自分の都合の良い時間にお仕事をすることができます。

自分でスケジュールを決めて好きな時間にお仕事をすることができるのも魅力です。

どこでも出来て依頼内容や以来数によって多くの給料を稼ぐことも可能です。

営業職

営業職は自分が頑張った分だけダイレクトに給料として反映されます。

頑張れば頑張った分自分に返ってくるため非常にやりがいのあるお仕事です。

さらに営業職の場合のほとんどは会社に雇われての固定給+歩合制の給与体制となります。

最低賃金が補償されているため他の完全歩合制のお仕事よりも生活が安定しやすいです。

実力主義と安定性の両立を求めるのなら営業職はおすすめです。

保険

数ある営業職の中でも保険のお仕事は保険の契約数によって給料が増える歩合制の場合が多いです。

契約数における単価が高いのも特徴です。

人と話すことが得意で実力主義に向いている人におすすめの職業です。

不動産営業

不動産の営業も営業職の中では契約数に対する単価が高くおすすめです。

不動産の特性上そう簡単には動きはありませんが契約が取れた際の歩合給は非常に大きなものなのです。

実力が伴った時にはとてもたくさんの給料を稼ぐ事のできる職種です。

販売

販売員は売れたら売れた分だけ自分に直接返ってくるため非常にやりがいのあるお仕事になります。

自分が販売した数がダイレクトに給料に反映されるため目に見えて結果が分かります。

巧みな話術など自分の実力次第で大きな成果が得られるお仕事です。

歩合制で一発逆転を狙おう!(まとめ)

歩合制は自分次第でとても大きな成果を得られるお仕事の働き方です。

一発逆転も夢ではありません。

自分の実力次第で大きな成功をつかむことができます。

歩合制で働く前にン歩合制の特徴やメリットやデメリットなどの注意点もしっかりと把握して上手に効率的に稼ぎましょう。

自分次第で何とでもなるお仕事方法ですよ。

人生一度きりです実力が伴ってきたと思った際には勝負してみても良いかもしれませんね。