恋を願うなら、縁結びの神社へ!!恋をしたい人、恋に悩んでいる人、恋人募集中の人・・・。

恋愛を成就したい人に、知ってて得する情報をお知らせします。

日本各地には恋愛成就の縁結び神社が数多くあります。

『縁結び』ってよく使いますけど、詳しい意味を知っていますか?

1.男女の縁を結ぶこと。

2.思う人の名を書いた”こより”を神社の格子や樹木に結び、縁の結ばれることを祈る願かけ。

3.遊戯のひとつで、男女の名を書いた”こより”をまぜあわせ、その中から合わせ引き抜いて偶然の縁を占う。

選りすぐりのパワースポットである縁結び神社へ出かけて、恋の成就をお参りをしてみてはいかがでしょうか。

縁結びは神頼み!

なかなか思うような恋愛ができないあなた。

好きな人がいるのに相手に気持ちを伝えることもできないし、でも諦めることなんてもっとできない。

恋は楽しいはずなのに、片思いってどうしてこんなに辛いの?

こんなどうにもならない、恋に悩める女性はわらにもすがりたい気持ちだと思います。

もうこうなったら神様の力を借りましょう!困った時の・・・神頼み!!です。

また、何故か縁に恵まれない人も多いかもしれません。

友達はどんどん素敵な彼氏をゲットして幸せになっているというのに、私には待っても待っても男性が現れない。

もうこのままおばあちゃんになっても独りきりになったらどうしよう・・・。

そんな出会いを求めるあなたも、最後はやっぱり神頼み!!縁結び神社を訪れてみましょう。

縁結びのパワースポットへ行くメリット

恋の成就や恋愛運アップのために、縁結びのパワースポットへ行ってみましょう!

最近はどの縁結び神社も観光客が訪れやすいよう、ホームページを解説して詳しく説明していたり、

願掛けしやすいグッズを用意してくれていたりと、パワースポットがとても身近に感じられると思います。

日本にはそもそも約10万社もの神社があるといわれています。

ご存知でしたか?さすがは八百万の神様が宿る国、ニッポン!

数多くのパワースポットがあり、有名な縁結びの神様もたくさんあります。

縁結び神社を調べる前に、パワースポットについて少し知っておきましょう。

『パワースポット』という言葉はここ数年で一般的になりましたが、特定の場所にパワーやエネルギーが宿っているという考え方は、大昔からありました。

1990年代後半に、『風水』が流行りました。

こぞって黄色のアイテムをインテリアに取り入れたものです。

風水ブームの中で、特別な”気”が流れる場所を『パワースポット』と呼んでいました。

次に訪れたのは、『聖地巡礼ブーム』。

神聖な建造物や土地を訪れ参拝をすることです。

伊勢参りや四国八十八か所巡りなどが、日本人が昔から行っている聖地巡礼のひとつですね。

聖地に訪れるとパワーを得ることができるという考え方が2000年代に広まり、雑誌やテレビでも大きく取り上げられるようになります。

そのころから『パワースポット』という言葉が一般的になり、神社仏閣にパワーを求める若者の姿が多くみられるようになりました。

神様にすがるような気持ちでパワースポットを訪れて、エネルギーを吸収するのです。

恋愛のパワースポットも同じです。

パワースポットを訪れ、その地に滞在するだけでエネルギーを吸収できるのです。

パワースポットを訪れるメリットをあげてみますね。

・不思議な力により、内に秘めたパワーを開花させる。

・普段は出せない勇気を出してくれる。

・運気を向上させる。

などなど、いいことばっかりですね。

これはぜひ縁結びのパワースポットに行かなきゃ!!

旅行の過程が楽しい

あなたの家のご近所にも、縁結びスポットがあるかもしれませんが、せっかくなら旅行を楽しむように、少し遠出してみませんか??

最近は縁結び神社がかなり人気となっていますので、テレビや雑誌でも数多く取り上げられています。

神社には相性というものがあるようです。

一緒に行った友達はすごく何かのオーラを感じているようななのに、自分にはお願いが叶うような気さえしない。

そんな場合もあるんです。

自分にパワースポット巡りが向いていないなどと思わず、あなたに合う神社やパワースポットをしっかりと選ぶことから始めましょう。

神社の写真や映像を見て、「ピピッ」ときた場所がいいかもしれません。

なんとなくいいような気がするってだけでいいんです。

ご自分の直観を信じてみてください!

パワースポットには相性ってものもあります。

行ってみて「幸せ」を感じるようだったら、あなたにピッタリだったってことです。

パワースポット巡りは、最近では旅行のテーマとしても定番になっています。

旅行会社でもパックとして案内されている場所も多いですよね。

全国各地にパワースポットはありますから、観光のつもりで楽しむといいですね。

目的のパワースポットを中心にした旅のプランを考えてみてはいかがでしょう。

恋への真摯な想いを自己確認できる

神社でお参りしている時は、心が穏やかになり、自分のお願い事がクリアになると思います。

想い人がいる人には、その人があなたにとってどれほど大切な存在なのかあらためて気づくでしょう。

お参りしている最中は、人ごみの中であっても不思議と自分だけの世界に入れるものです。

願いが強ければ強いほど、祈願の最中は集中できているはず。

目を閉じてあなたの願いが神様に届けられるように、一心でお願いごとをしているのです。

恋に対する熱心な気持ちに自分自身で気付き、あなたの本気度を自覚できると思います。

目新しいものを見ることができる

縁結びのパワースポットは、『恋愛』『縁結び』がテーマであることもあって、他の神社と比べるとかわいらしい物が見られることが多いです。

童話に出てくるような動物の石像であったり、ファンシーなお守りや、手水舎のひしゃくに可愛い絵や文字が書いてあるものなどもあります!

やはり若い方が訪れることを狙っているためか、厳かな雰囲気というよりも可愛らしくて「○○神社へ行ってきたよ!」とSNSやインスタに投稿したくなるようなアイテムが多いようです。

お参りのお作法も神社によってイロイロ。

目的地が決まったら、出発前に下調べをしておくと安心ですね。

縁結びへの効果が期待できる

縁結び神社の由来などの情報を調べていると、面白いものです。

御祭神がどういう神様なのか調べると、神々の時代の日本が見えてきます。

縁結びの神様とか商売繁盛の神様、知恵の神様など、神社によっていろいろありますが、結局はどの神が御祭神なのかで決まってくるようです。

まるでまんが日本むかしばなしのような世界に、興味が引かれるかもしれません。

実際に訪れると、同じような悩みや願い事を持った人々が多いことに驚くでしょう。

中には「ここは本当に神社なんだろうか」と思ってしまうような、若い女性がワイワイと楽しく集まってくる神社もあります。

これだけ多くの若い女性が願掛けに訪れるのな地主神社ら、きっと私の願いも叶うに違いない!きっとそう感じるはず。

縁結びの絵馬を書いたりおみくじを引いたりして、縁結びの効果を期待しましょう!

縁結びスポット:地主神社

京都にあります『地主神社』。

清水寺の敷地に建っています。

なので地主神社だけに行くことはできませんので、まずは清水寺の入り口で拝観料を支払ってください。

大国主を御祭神として、縁結びの神様として有名なスポット。

石段を上った先には、大国主命像と因幡の白兎がお迎えしてくれます。

若いカップルや女性同士の観光客、そして修学旅行生がとても多く、賑やかな雰囲気です。

もちろん外国人観光客も多いです。

地主神社の創建年代は日本建国以前だとされるほど歴史のある神社で、嵯峨天皇をはじめ多くの天皇家や皇族に親しまれてきました。

特に桜の美しさは有名で、嵯峨天皇の行幸の際、あまりにも美しい地主桜に、三度車を引き返しては桜を眺めたことから、「御車返しの桜」とも呼ばれています。

桜の季節には、『えんむすび祈願さくら祭り』が開催されます。

4月の第2日曜日の午前10時より開催で、満開の地主桜に良縁を祈願するお祭りとされています。

「じぬし」ではなく「じしゅ」です

『地主』はじしゅと読みます。

京都には数多くの縁結びの神社がありますが、最も知名度が高いのが地主神社。

本命がいる人はもちろん、恋人がほしい人、結婚したい人、また別れた人と復縁をしたい人など、多くの人の願いを叶えてくれるという神社です。

恋占いの石まで歩けるか?

地主神社の本殿に向かう途中に、道路の真ん中に置かれている『恋占いの石』が、この地主神社の顔でもある守護石です。

恋占いの石は入り口のそばと境内の奥の二つがあり、片側の石からもう片方のいしまで、目をつぶって辿り着くことができれば、恋が叶うという言い伝えがあります。

いわば、願掛け石ですね。

友達や仲間に助けられながら恋占いの石に辿り着けば、恋も他人の助言や助けが必要だということなのだとか。

また一度で辿り着けば恋もスムーズに叶うということを意味し、二度三度ともなると、多難を覚悟すべし、という意味になるようです。

実はこの恋占いの石は、最近の研究で縄文時代のものだということが分かったそうです。

実はこの地主神社の歴史はかなり古く、弥生時代からあるのではないかといわれているそうです。

縁結びというとなんとなく最近のブームのような気がしますが、実は清水寺よりずっと古いんですね。

ちょっとびっくりです。

縁結びスポット:市比賣神社御祭神

京都下京区にある市比賣神社(いちひめじんじゃ)は、女性を幸せにしてくれる、女性のためだけの神社だといわれています。

これはがすべて女性の神様をお祀りしているからなんですね。

良縁・子授け・安産などのご利益があるとされています。

また女性限定の「女人厄除け」も有名で、全国でも珍しい神社です。

女性神による女性のための神社

すべて女神様です。

・多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)
・多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)
・神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)
・下光比賣命(したてるひめのみこと)

市寸嶋比賣命は、弁天様としても有名です。

ご本殿に五柱の女神様がお祀りされています。

女性の神様ばかりだからこそ、女性の悩みやお願い事を分かってくれるのでしょうか。

皇室とも縁が深い

特に全国でも珍しい「女人厄除け」の神社。

歴代皇后の御崇敬が篤く、現在も「皇后陛下勅願所」となっています。

また本殿が北向きに建てられているという、珍しい建築となっています。

これは皇室守護の神社という役割から、当時平安京にあった皇居をむいているといわれています。

可愛いおみくじにも注目!!

おみくじも女性向けだということもあってか、可愛らしいんです!『姫みくじ』と呼ばれ、だるまさんのような姫人形の形をしています。

願い事を書いて奉納しても良し、持って帰ってもいいそうです。

神社には、『天之真名井あめのまない』といわれる、井戸があります。

その昔、 皇子・皇女御誕生の折に、この水が産湯に用いられる時代がありました。

今でも名水として茶会や書展などに使われています。

絵馬に願い事を書いて絵馬掛けに奉納し、「天之真名井」のご神水を 飲んで手を合わせると、心から願っている願い事が一つだけ叶うといわれています。

「一願成就の井戸」。

ぜひ恋の成就を願いたいですね。

清水寺からも近いです!

京都観光に来た際には、ぜひ立ち寄ってみたい市比賣神社。

清水寺から歩いても30分もかからないほどの距離です。

京都は名所や寺社を巡りながら、ぶらぶら歩く旅が楽しいもの。

縁結びの神社を二社はしごしてしまうのも、ご利益が二倍になってうれしいかも!?

縁結びスポット:連理の賢木

京都下鴨神社の恋愛ナンバーワンパワースポット、連理の賢木。

下鴨神社の原生林が生い茂る森の参道を進み、南口鳥居をくぐったところに朱色の門が見えます。

その門の手前に、連理の賢木が立つ、相生社があります。

相生神社には縁結び・結納の守護神である、『神皇産霊神かむむすびのかみ』が祀られています。

『相生』という、めでたいことを意味することばは、この相生神社が語源なのだそうです。

二つの木が恋人を結ぶ!

連理の賢木は、二本の御神木が、途中から一本に結ばれているという大変珍しい木で、縁結び神の力によって結ばれたと伝えられています。

実際に間近にしてみると、どこからどう成長したのか本当に不思議。

途中で繋がっちゃっているんですね。

『連理』とは、木と木の枝が他の木の枝と連なって、木目が通じ合っていることを意味します。

それが転じて、夫婦・男女の間の深い契りをたとえています。

さらに不思議な伝説があり、この木が枯れてしまうと、森のどこかに自然と跡継ぎである次の連理の賢木が生まれるのだそうです!

現在の御神木は4台目!京の7不思議の一つなのだそうです。

おみくじも有名です!

ここの縁結びのおみくじはよく当たるとして、評判だそうです。

相生社のおみくじは、『縁結び専用のお守り授与所』にあります。

えんむすびおみくじは、男性用と女性用があるという珍しいもの。

男性用は衣冠束帯、女性用は十二単のデザインになっています。

また『縁結び絵馬』もぜひお願い事を書いて奉納したいですね。

実は特別なお作法があります!!

①絵馬の裏面に願い事を書く。

②赤と白の糸を結ぶ。

③絵馬を持って相生社の前に。

願い事を心の中で唱えながら、男性は左(時計回り)から、女性は右(反時計回り)からお社と連理の賢木の周囲を3周回ります。

④3周目に絵馬を絵馬掛けに奉納する。

⑤最後に二礼・二拍手・一礼!

これでバッチリあなたの恋が成就しますよ!!

縁結びスポット:相合坂

大阪、浪花高津宮。

歴史に授業でも習った古墳仁徳天皇陵で馴染みのある、仁徳天皇が御祭神となっています。

落語や伝統芸能のイベントを行う、昔から賑やかな神社なのだそうです。

高津宮は周りの土地よりも一段高いところにあり、参拝するには表参道、北坂、西坂、相合阪の四つの坂のどれかから階段を上っていかねばなりません。

両端から上った男女が頂上で出会えば・・・

この坂は真横から見るとちょうど二等辺三角形になっており、南北両方に階段があります。

男女のカップルが両側から同時に上り始め、ちょうど頂点で二人が同時に到着すれば、相性がバッチリだといわれています。

この坂で相性占いをしようと、連日多くのカップルが訪れています。

それが相合坂の由来で、別名『縁結び坂』と呼ばれています。

実はこの相合坂、縁結びの坂だけがあるわけではないのです。

西坂は明治時代初期まで、形状が三曲り半だったそうなのです。

三曲り半=三行半」=三下り半、ということで『縁切り坂』といわれていました。

昔は悪縁を断ち切りたい女性が密かにこの坂を上って高津宮へ参拝したそうです。

高津宮の西坂で悪縁を絶ち、相合坂で良き円を結ぶ、そんなパワースポットとして有名なのです。

くれぐれも参拝の際には『坂』をお間違えないように!!

縁結びスポット:古井の水

名古屋市にある、高牟神社(たかむじんじゃ)。

御祭神が縁結びの神様である、高皇産霊神と神皇産霊神であることから、縁結びのスポットしても有名です。

古井(こい)と恋をかけてます!

古井の霊水は、日本名水百選に選ばれるほどの名水です。

「古い=こい」が「恋」になぞらえて、飲むと恋が生まれる水として、良縁や縁結びのご利益があるといわれています。

ここの霊水はちょっと不思議で、一年を通じて水温が変化しないんだそうです。

夏は冷たく冬A温かく感じ、現代では数少ない井戸の一つになっているのだとか。

水から恋が生まれる!?

昔から多くの人々の願いを叶えるといわれている古いの水。

感謝の気持ちを込めてその霊水を飲むと、素敵な恋が生まれると言い伝えられています。

最近では名古屋の『恋の三社めぐり』が若い人に大変人気があるようです。

高牟神社、城山八幡宮、名古屋清明神社の『恋の三社』に参拝すると、恋愛運が上がったり恋が成就すると、若い女性に人気があります。

各神社でもらえるスタンプ台紙に、三つの神社を参拝すると押していただけるスタンプを集めます。

その台紙を城山八幡宮へ持参すると、記念品の高級油とり紙と、恋愛運上昇の印が押された台紙がもらえます。

3つの神社は10キロ圏内にありますので、電車やバスで巡ることが可能です。

あなたの想いが叶いますよう、恋の神様をめぐる恋愛成就の旅。

良縁を呼び込むために、ぜひ三つとも訪れてみてはいかがでしょうか。

縁結びスポット:叶い鯉

神戸北野天満宮。

学問の神様で有名な藤原道真功を御祭神とし、神戸の景色を眼下に眺める有名な神社です。

神戸天満宮の手水所には、『叶い鯉』と呼ばれる像があります。

ちょうど手水の水から飛び上がるような姿の鯉をあしらっています。

北野天満宮といえば合格祈願が有名で、受験を控えた学生やその家族などで賑わうのは当然として、

恋のパワースポットとして若い女性が大賑わいだというのも、なんだか不思議な感じがします。

恋がしたけりゃ恋にかけろ!

恋愛祈願の方法としては、この恋の像に水をかけて手を合わせれば良いとのこと。

もちろん心の中でしっかりお願い事をつぶやいてくださいね。

手水の真ん中から飛び出すような鯉の像。

昔々、この鯉に手を合わせるようになり、祈願する信仰が自然と生まれました。

そして鯉と恋をかけ、水をかけて祈願すると恋愛成就するといわれるようになったそうです。

先人は言葉をなぞらえるのが好きだなぁと思ってしまいます。

おみくじも引いていこう

こちらのおみくじは『水かけみくじ』で、水に浸すと神に文字が浮かび上がって、運勢を占うことができるんです!

水に浸すと文字が浮き出て、水からあげると文字が消えていくようです。

水に浮かべるとき、ドキドキしちゃいそうですね。

ふわっと字が浮き出る瞬間は、まさに神様のお告げのようでなんとも神秘的です。

ハートの絵馬も見逃せません!ハート形の真ん中には『恋』と可愛く書かれ、ピンクの鯉も描かれています。

女の子が喜びそう!!恋の願い事を書いて、奉納してきましょう。

縁結びスポット:出雲大社

日本で一番パワースポットといえば出雲大社でしょう。

恋愛運はもちろん、仕事運、金運、子宝運と、あらゆる幸せとご縁を結んでくれます。

出雲大社の御祭神は言わずと知れた『大国主大神』。

大黒様と親しまれている神様です。

神々の時代、大国主大神が天照大神に国譲りをしたときに『縁を結ぶことを司る』ようになったことから、縁結びに効果があるといわれています。

出雲大社は、国造りの神、福の神、平和の神、医薬の神、農耕の神、商業の神でもありますので、あらゆるご利益がるとされています。

旧暦の10月(神在月)には、全国から八百万の神様が集まって、縁結びの相談をするといわれています。

日本創世の神々が集まる地、出雲。

ここはぜひ神様たちのパワーを授かりたいですよね!!

やっぱり大物、すごいパワー!

他の神社のと違う巨大なパワーを感じる特徴として、まずは巨大な大しめ縄。

まさに圧巻のひとことです。

全長13メートル、重さ5トン。

しかも6~7年に一度新品にかけ替えられるそうなんです。

ご本殿は『大社造り』と呼ばれる、日本最古の神社建築様式で、なんと高さは24メートルもあります。

現在のご本殿は1744年に3年半かかって造営されています。

でも古くは48メートルあったそうですよ。

なお、出雲大社の地元である大社町には、24メートルよりも高いビルはないそうです。

神様に失礼!!ってことなんですね。

出雲大社の大きな鳥居近くにある『祓社』は、邪気を払ってくれるといわれています。

すごく行列ができていたら、遠くからでも社に向けて意識を向けて拝むだけでも邪気が取れるそうですので、ぜひお祓いしてください。

そして一番のパワースポットだといわれているのは、素鵞社(そがのやしろ)。

本殿の北側にあり、大国主大神の父神である、素戔嗚尊(スサノオノミコト)が祀られています。

スサノオノミコトは、あのヤマタノオロチを倒した神様ですね。

ヤマタノオロチを倒した後、クシナダヒメを娶り、出雲の地に宮殿を作りました。

素鵞社の周りを一周するとパワーがもらえるそうです。

後ろの岩からエネルギーが噴出しているのだという説もあるほどで。

岩肌に触れるだけでもパワーが吸収できるのだとか。

岩肌を削って持ち帰ってしまう人までいるそうです。

縁結びのお守りも忘れずに!

出雲大社にはかなり数多くのお守りがあります。

中でも縁結びのお守りは『縁結びの糸』と書かれたお守りで安井金比羅宮
す。

紅白の絹糸が束ねられていて、男女が強く結びつきますようにとの願いが込められています。

それから『えんむすび』守は、男女の縁だけではなく、あらゆる縁が結びついて幸せが舞い込みますようにという思いが込められています。

実はこの出雲大社のえんむすび守は、効果の早いいお守りとしても密かに知れ渡っているようです。

このお守りを身につけていたおかげで良い縁に恵まれた!という方が実際にたくさんいます。

縁結びスポット:安井金比羅宮

京都市東山区にある、安井金比羅宮(やすいこんぴらぐう)は、縁結びと縁切りのご利益があることで有名です。

安井金比羅宮は、藤原鎌足が創建し一族の繁栄を祈ったことからはじまっています。

その後、蓮華光院が太秦安井からこの地に移ったことに加え、「崇徳天皇」「讃岐の金刀比羅宮からお迎えした大物主神(おおものぬしかみ)」「源頼政公」を祀ったことから、安井の金毘羅さんと呼ばれるようになりました。

御祭神は崇徳天皇です。

悪縁を断ち、良縁を結ぶ

縁切り神社の由来は、御祭神である崇徳天皇が、讃岐の金毘羅宮で参籠して一切の欲を断ち切ったとされることからです。

そして古くから安井金毘羅宮は、縁を切りたいときに祈願する神社として信仰されています。

『縁切り神社』というとなんとなく残酷なイメージがあるかもしれません。

でも、縁切りは人間関係だけってわけではないんですね。

病気やケガ、酒、たばこ、賭け事、悪癖・・・などなど。

すべての悪縁を断ち切って、良縁を結んでいただけるのです。

何かを断ち切ろうと一大決心した人が、けじめのため、断ち切る意志を確固たるものにするために安い金毘羅宮へ訪れるといいと思います。

しっかりと縁切りをして、新しい人生を踏み出せるといいですね。

もしかしたら誰にも言えなかった悩みを、本殿に参拝し神様に聞いてもらうのも、悪縁を断ち切るいいきっかけになるかもしれません。

縁結び碑をくぐるには勇気がいる・・・?

そして縁結びに欠かせないのが、『縁切り縁結び碑』。

中央にぽっかりと穴が開いた大きな碑に、これでもかというほどお札が張られています。

ここまで悪縁に困っている人がいると思うと恐ろしいような気もしますが・・・。

それでは祈願のお作法をお教えしたいと思います。

①まずは本殿に参拝。

②碑の横にある形代(お札)に願い事を書く。

③書いた形代を手にして、表から碑の穴をくぐる。

くぐっている最中はお願い事をしっかりと念じていましょう。

④続いて裏から表へと碑の穴をくぐる。

⑤形代を縁切り縁結び碑のお好きな場所に貼ります。

注意点があります。

縁切り祈願した願い事を他言すると効果が薄れてしまうそうです。

どうやら一人でこっそりと行った方がいいのかもしれませんね。

縁切りというと、夫婦や恋人と訪れるにはどうしたものかと思ってしまいますが、大丈夫!お二人の縁が切られてしまうなんてことはありません。

安心して訪れてみてください。

お二人の縁がさらに強く深く結ばれるというご利益があります!

神頼みも悪くない!縁結びスポットへレッツゴー!

縁結び神社は、縁結びたるしっかりとした歴史があるということがお分かりになりましたでしょうか。

ただのブームだとか、誰かが金儲けのために作ったものではないんです。

エネルギーを秘めた神秘な場所なんです。

まっさらな気持ちで恋の成就を願ったら、きっとお願いが神様に届くはずです。

パワーを吸収できるスポットは日本各地にありますが、実際にパワースポットに訪れ、幸運を引き寄せるには、いくつかの注意点があります。

まずはお日柄と体調。

心身の調子が良くお天気の日に訪れた方が良さそうです。

実はパワースポットには自分に合う合わないがあるようなのです。

あなたにとって気分がいいなと思ったり、好きだなと感じた場所があなたに合うパワースポット。

なんとなく気持ちが悪いな、いい感じがしないなという場所は、合っていないと思ってください。

古代より多くの人が祈願にやってきた歴史のある所は、多くの人の思いがありますのでその分エネルギーも強いもの。

そういった場所を選ぶのもOKです。

お守りをいくつも持ち歩くのは良くありません。

あれもこれもというよりも、フィーリングがあったと感じた神社のお守りを一つ持っていればいいと思います。

そして願いが叶ったら、感謝の気持ちを忘れないようにしてください。

縁結び、恋結び。

絶対に叶えてやるぞという強い気持ちと感謝の心を持つこと。

それこそがご縁を手に入れる方法なのかもしれません。

ピンときた神社があったら、ぜひ訪れてみてはいかがでしょうか。

あなたの恋が成就しますように・・・。