恋を願うなら、縁結びの神社へ!!恋をしたい人、恋に悩んでいる人、恋人募集中の人・・・。

恋愛を成就したい人に、知ってて得する情報をお知らせします。

日本各地には恋愛成就の縁結び神社が数多くあります。

『縁結び』ってよく使いますけど、詳しい意味を知っていますか?

1.男女の縁を結ぶこと。

2.思う人の名を書いた”こより”を神社の格子や樹木に結び、縁の結ばれることを祈る願かけ。

3.遊戯のひとつで、男女の名を書いた”こより”をまぜあわせ、その中から合わせ引き抜いて偶然の縁を占う。

選りすぐりのパワースポットである縁結び神社へ出かけて、恋の成就をお参りをしてみてはいかがでしょうか。

縁結びは神頼み!

なかなか思うような恋愛ができないあなた。

好きな人がいるのに相手に気持ちを伝えることもできないし、でも諦めることなんてもっとできない。

恋は楽しいはずなのに、片思いってどうしてこんなに辛いの?

こんなどうにもならない、恋に悩める女性はわらにもすがりたい気持ちだと思います。

もうこうなったら神様の力を借りましょう!困った時の・・・神頼み!!です。

また、何故か縁に恵まれない人も多いかもしれません。

友達はどんどん素敵な彼氏をゲットして幸せになっているというのに、私には待っても待っても男性が現れない。

もうこのままおばあちゃんになっても独りきりになったらどうしよう・・・。

そんな出会いを求めるあなたも、最後はやっぱり神頼み!!縁結び神社を訪れてみましょう。

縁結びのパワースポットへ行くメリット

恋の成就や恋愛運アップのために、縁結びのパワースポットへ行ってみましょう!

最近はどの縁結び神社も観光客が訪れやすいよう、ホームページを解説して詳しく説明していたり、

願掛けしやすいグッズを用意してくれていたりと、パワースポットがとても身近に感じられると思います。

日本にはそもそも約10万社もの神社があるといわれています。

ご存知でしたか?さすがは八百万の神様が宿る国、ニッポン!

数多くのパワースポットがあり、有名な縁結びの神様もたくさんあります。

縁結び神社を調べる前に、パワースポットについて少し知っておきましょう。

『パワースポット』という言葉はここ数年で一般的になりましたが、特定の場所にパワーやエネルギーが宿っているという考え方は、大昔からありました。

1990年代後半に、『風水』が流行りました。

こぞって黄色のアイテムをインテリアに取り入れたものです。

風水ブームの中で、特別な”気”が流れる場所を『パワースポット』と呼んでいました。

次に訪れたのは、『聖地巡礼ブーム』。

神聖な建造物や土地を訪れ参拝をすることです。

伊勢参りや四国八十八か所巡りなどが、日本人が昔から行っている聖地巡礼のひとつですね。

聖地に訪れるとパワーを得ることができるという考え方が2000年代に広まり、雑誌やテレビでも大きく取り上げられるようになります。

そのころから『パワースポット』という言葉が一般的になり、神社仏閣にパワーを求める若者の姿が多くみられるようになりました。

神様にすがるような気持ちでパワースポットを訪れて、エネルギーを吸収するのです。

恋愛のパワースポットも同じです。

パワースポットを訪れ、その地に滞在するだけでエネルギーを吸収できるのです。

パワースポットを訪れるメリットをあげてみますね。

・不思議な力により、内に秘めたパワーを開花させる。

・普段は出せない勇気を出してくれる。

・運気を向上させる。

などなど、いいことばっかりですね。

これはぜひ縁結びのパワースポットに行かなきゃ!!

旅行の過程が楽しい

あなたの家のご近所にも、縁結びスポットがあるかもしれませんが、せっかくなら旅行を楽しむように、少し遠出してみませんか??

最近は縁結び神社がかなり人気となっていますので、テレビや雑誌でも数多く取り上げられています。

神社には相性というものがあるようです。

一緒に行った友達はすごく何かのオーラを感じているようななのに、自分にはお願いが叶うような気さえしない。

そんな場合もあるんです。

自分にパワースポット巡りが向いていないなどと思わず、あなたに合う神社やパワースポットをしっかりと選ぶことから始めましょう。

神社の写真や映像を見て、「ピピッ」ときた場所がいいかもしれません。

なんとなくいいような気がするってだけでいいんです。

ご自分の直観を信じてみてください!

パワースポットには相性ってものもあります。

行ってみて「幸せ」を感じるようだったら、あなたにピッタリだったってことです。

パワースポット巡りは、最近では旅行のテーマとしても定番になっています。

旅行会社でもパックとして案内されている場所も多いですよね。

全国各地にパワースポットはありますから、観光のつもりで楽しむといいですね。

目的のパワースポットを中心にした旅のプランを考えてみてはいかがでしょう。

恋への真摯な想いを自己確認できる

神社でお参りしている時は、心が穏やかになり、自分のお願い事がクリアになると思います。

想い人がいる人には、その人があなたにとってどれほど大切な存在なのかあらためて気づくでしょう。

お参りしている最中は、人ごみの中であっても不思議と自分だけの世界に入れるものです。

願いが強ければ強いほど、祈願の最中は集中できているはず。

目を閉じてあなたの願いが神様に届けられるように、一心でお願いごとをしているのです。

恋に対する熱心な気持ちに自分自身で気付き、あなたの本気度を自覚できると思います。

目新しいものを見ることができる

縁結びのパワースポットは、『恋愛』『縁結び』がテーマであることもあって、他の神社と比べるとかわいらしい物が見られることが多いです。

童話に出てくるような動物の石像であったり、ファンシーなお守りや、手水舎のひしゃくに可愛い絵や文字が書いてあるものなどもあります!

やはり若い方が訪れることを狙っているためか、厳かな雰囲気というよりも可愛らしくて「○○神社へ行ってきたよ!」とSNSやインスタに投稿したくなるようなアイテムが多いようです。

お参りのお作法も神社によってイロイロ。

目的地が決まったら、出発前に下調べをしておくと安心ですね。

縁結びへの効果が期待できる

縁結び神社の由来などの情報を調べていると、面白いものです。

御祭神がどういう神様なのか調べると、神々の時代の日本が見えてきます。

縁結びの神様とか商売繁盛の神様、知恵の神様など、神社によっていろいろありますが、結局はどの神が御祭神なのかで決まってくるようです。

まるでまんが日本むかしばなしのような世界に、興味が引かれるかもしれません。

実際に訪れると、同じような悩みや願い事を持った人々が多いことに驚くでしょう。

中には「ここは本当に神社なんだろうか」と思ってしまうような、若い女性がワイワイと楽しく集まってくる神社もあります。

これだけ多くの若い女性が願掛けに訪れるのな地主神社ら、きっと私の願いも叶うに違いない!きっとそう感じるはず。

縁結びの絵馬を書いたりおみくじを引いたりして、縁結びの効果を期待しましょう!

縁結びスポット:地主神社

京都にあります『地主神社』。

清水寺の敷地に建っています。

なので地主神社だけに行くことはできませんので、まずは清水寺の入り口で拝観料を支払ってください。

大国主を御祭神として、縁結びの神様として有名なスポット。

石段を上った先には、大国主命像と因幡の白兎がお迎えしてくれます。

若いカップルや女性同士の観光客、そして修学旅行生がとても多く、賑やかな雰囲気です。

もちろん外国人観光客も多いです。

地主神社の創建年代は日本建国以前だとされるほど歴史のある神社で、嵯峨天皇をはじめ多くの天皇家や皇族に親しまれてきました。

特に桜の美しさは有名で、嵯峨天皇の行幸の際、あまりにも美しい地主桜に、三度車を引き返しては桜を眺めたことから、「御車返しの桜」とも呼ばれています。

桜の季節には、『えんむすび祈願さくら祭り』が開催されます。

4月の第2日曜日の午前10時より開催で、満開の地主桜に良縁を祈願するお祭りとされています。

「じぬし」ではなく「じしゅ」です

『地主』はじしゅと読みます。

京都には数多くの縁結びの神社がありますが、最も知名度が高いのが地主神社。

本命がいる人はもちろん、恋人がほしい人、結婚したい人、また別れた人と復縁をしたい人など、多くの人の願いを叶えてくれるという神社です。

恋占いの石まで歩けるか?

地主神社の本殿に向かう途中に、道路の真ん中に置かれている『恋占いの石』が、この地主神社の顔でもある守護石です。

恋占いの石は入り口のそばと境内の奥の二つがあり、片側の石からもう片方のいしまで、目をつぶって辿り着くことができれば、恋が叶うという言い伝えがあります。

いわば、願掛け石ですね。

友達や仲間に助けられながら恋占いの石に辿り着けば、恋も他人の助言や助けが必要だということなのだとか。

また一度で辿り着けば恋もスムーズに叶うということを意味し、二度三度ともなると、多難を覚悟すべし、という意味になるようです。

実はこの恋占いの石は、最近の研究で縄文時代のものだということが分かったそうです。

実はこの地主神社の歴史はかなり古く、弥生時代からあるのではないかといわれているそうです。

縁結びというとなんとなく最近のブームのような気がしますが、実は清水寺よりずっと古いんですね。

ちょっとびっくりです。

縁結びスポット:市比賣神社御祭神

京都下京区にある市比賣神社(いちひめじんじゃ)は、女性を幸せにしてくれる、女性のためだけの神社だといわれています。

これはがすべて女性の神様をお祀りしているからなんですね。

良縁・子授け・安産などのご利益があるとされています。

また女性限定の「女人厄除け」も有名で、全国でも珍しい神社です。

女性神による女性のための神社

すべて女神様です。

・多紀理比賣命(たぎりひめのみこと)
・市寸嶋比賣命(いちきしまひめのみこと)
・多岐都比賣命(たぎつひめのみこと)
・神大市比賣命(かみおおいちひめのみこと)
・下光比賣命(したてるひめのみこと)