働いていて仕事を辞めたいと思った人は結構いらっしゃると思います。

そのほとんどの理由が人間関係の悩みから辞めたいと感じるケースが多いと思います。

仕事は難しくてもやって行くうちに克服できたりするので、そんなに苦ではないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、人間関係はどんなに努力しても克服するのが難しいのです。

人間関係は馬が合う合わないもありますし、どんなに相手によっても相手がどう考えるかに寄るので、改善するのが難しいのです。

なぜなら、相手がどう思うかの部分はこちらでコントロールできないので、どうすることもできません。

それでもここの会社で働きたいと思うのであれば、相手を気にしないようになるぐらいありません。

しかし、会社を辞めるのも大変な世の中になってきているので、そちらも大変です。

そこで、今回こちらの記事では、仕事を辞めたいと考えている人向けに、人間関係の悩みについていろいろと情報をまとめた記事を作成しました。

ぜひ、こちらの記事を参考にしていただきまして、人間関係の悩みを少しでも解消するようにしましょう。

職場での人間関係の悩みはつきものです。

しかし、考え方を少し、変えていくだけでもそんなに不快になりませんので、ぜひ、人間関係の悩みを解消するようにしましょう。

「仕事を辞めたい!」そう思った事ありませんか?

まずもってこれまでに仕事を辞めたいと思ったことは何回ありますでしょうか?

おそらく1回はあると言う方は絶対と言うほどいるのではないでしょうか。

そもそも仕事の内容があっていないや考えと違ったと言うような感じで辞めていく人もいますが、それは表向きの理由であって、深く探ると人間関係が主な原因になっています。

最近では保守的な上司が多く、スタッフをツールのように見ているので、仕事ができないとなると教えるのではなく、辞めさせようと誘導される方が多いです。

所謂、肩たたきです。

問題になっていますが、行政が何もしないとわかっているので、している会社は多いです。

罵声を喰らわせたり、雑務ばかりやらせていにくくさせたりするので、どうかと思います。

しかし、証拠がないと動かないのが行政なので、このような会社が減ることはありません。

最初は好きだったのにだんだん仕事が憂鬱に…

やっていくうちに仕事が嫌いになってしまうことは良くあります。

出来ないことで注意されたり、罵倒されたりして欝になってしまう方が多いからです。

また、おなじようなことの繰り返しでは、飽きてくるのでやりがいを感じなくなってしまうのもあります。

最近では、報酬が平等に配当されていないことに気づいて嫌になると言うこともあるそうです。

日本は、やりがい教育を押し付けてきた国でもあるので、仕事ができなくて辞めようと考える自分が悪い、職場になじめない自分が悪いと言った感じに捉えてしまうので、辞めるのにも勇気が要ります。

しかし、これは大きな間違いです。

仕事ができないのなら、教えるのが上司や先輩の務めなのに、できないから排除するというのは良くありません。

また、部下が仕事ができないのは上司がサボっているからだという考えを持つ人が昔は多かったのに、今では皆無に近いです。

なぜ、そうなってしまったかと言いますと、自分のことしか考えなくなってしまったからです。

所謂、保守層が多くしめているのです。

仕事を辞めたいと思う主な理由


では、実際に仕事を辞めたいと感じるようになる理由をここからは説明していきます。

ほとんどの理由が人間関係に直結することもあります。

おそらく、自分もそう思ったことがあるという理由が多くあると思いますので、じっくりご覧になっていただけましたら幸いです。

今回はなぜそう思ってしまうのか、また、そう思うことでどのような感情を抱くのかなど、深く探った内容で説明したいと思います。

仮に今後、このような悩みを持った時にどうしたらいいのかなどの参考になるようにわかりやすく説明します。

ぜひ、辞めたいと思った時にあなたにベストな感じになっていただけましたらと思います。

1つ言えることは辞めたいと思っても、あなたは間違っていません。

どう思うかは人の自由なので、そこは間違いではありません。

仕事を辞めたいと思う主な理由1:やりがいを感じない

仕事をしていてやりがいを感じなくなると口にする人は多くいらっしゃいます。

そもそもやりがいとは何かと言われたら、実は具体的に答えられる人はいません。

抽象的なものなので、やりがいを一番に考えても実は大変なのです。

日本はこのやりがいの部分を特に重要視してきました。

要は「はいはい」言って動いてくれる人材が欲しかったのでやりがいを押し付けてきたのです。

そのため、仕事を辞めようとするとあたかも辞める方が悪いと言った感じの環境になっています。

しかし、よくよく考えてください。

将来性のない会社で働いても、また、自分とあっていないのにずっとそこにいても意味がありませんよね。

最近では自分のキャリアやスキルを活かすために転職をすることに価値を見だしている人もいます。

要は他でやって行く自信がないから転職できないのです。

やりがいを感じれなくなるのは良くある話です。

あえて言えばあまりやりがいを重要視しない方が良いですよ。

あなたの人生に仕事があって、仕事のためにあなたの人生があるのではありません。

仕事を辞めたいと思う主な理由2:劣悪な労働環境

残業代が未払い。

平気で残業をさせてくる。

などとにかく労働環境が劣悪な職場は残念ながら存在します。

そこに耐えられず辞めてしまう人がいて、根性無しという感じに見られますが、よくよく考えると、そんなに劣悪な環境の職場になぜずっといないといけないのか?そちらの方が疑問に思えませんか?

おそらく、世間の目などを気にしてしまってなかなか退職に踏み出せないのでしょう。

しかし、世間や他人がどう思うかは人の自由です。

そこをコントロールしろと言われても無理です。

つまりはそこを気にしていては意味がありません。

劣悪な環境に身をおいて自殺などをしてしまったと言う方もまだいる世の中です。

本当にきついし、先が見えないのであれば、いつまでもそこにいる必要はありません。

辞めるのは逃げではありません。

いつまでもそこにいることの方が逃げです。

仕事を辞めたいと思う主な理由3:他にやりたい仕事がある


仕事をしながら他の職種に興味を持ちだすことは良くあります。

もしかしたらこっちの職種の方が自分の才能を発揮できるのではないかと思うこともよくあることです。

転職を考えるのは悪くありません。

なぜなら、あなたの人生なのですから、会社のためにあなたの人生があるのではありません。

やってみたいと思ったら始めて見るのが一番です。

この時に会社の上司や同僚の顔を気にしてしまう人はいますが、そこは気にするだけ損です。

また、本当にできている上司ならば、辞めていく際に、ぜひ、一緒に仕事をしようと言うのが普通です。

最近は保守系ばかりなので、辞めていかれるとどんだけうちに損害があるのかとかをネチネチ言ってくる人がいますが、それを聞いた時に辞めてよかったと思えるかどうかです。

そんな上司の下で働きたいとは思えませんよね。

仕事を辞めたいと思う主な理由4:人間関係の悩み

深く探るとほとんどがここにたどり着きます。

上司と上手く行かなかったとか、同僚から嫌われた。

果ては、村八分のような感じになったとかいろいろとあります。

おそらくほとんどの人はどうにかしようと頑張ったと思いますが、上手くい叶ったケースが多かったと思います。

それは仕方がありません。

あなたが悪いわけではありません。

相手の感情などはこちらでコントロールできないので、そこを頑張っても意味がないのです。

頑張るのは仕事の方です。

仕事で成果を出してしまえば、誰も文句は言いませんよ。

しかし、上司が仕事を振ってくれないと言うようなこともあるので、そのような時は退職を考えてもいいと思います。

そこを辞めたからと言って人生が終わるわけではありません。

人間関係は本当に大変な要素です。

人間関係の悩みで辞める人は多い

仕事を辞める人に多いのが人間関係の悩みです。

人間関係が上手く行かずにいるとそこにいるだけで不快に思ってしまうことがあります。

要は人を気にしてしまうからです。

でも仕方がありません。

暗黙のような感じで上司の顔を伺えと言うようなものを教えられてきたので、例え、不条理なことで上司から注意されても上司が悪いとは言えないのが今の日本です。

もしくは、上司や先に入った人の方が偉いとか正しいとか言うような考えが蔓延してしまっています。

所謂、トップダウンの考えが未だに根強いのが日本です。

しかし、これからボトムアップの時代と言われているので、下からの意見の方が大切になってきていますが、なかなかそこを重要視している方はいません。

人間関係の悩みはまだまだ続きそうなのが現状です。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における10個の悩み

それではここからは仕事を辞めたいと考える人が悩む人間関係について説明していきます。

実際に被害に合っている方もいれば、思いこみの可能性も捨てきれません。

故にしっかり理解することをおススメします。

大きくピックアップして10個ありますので、まずは、自分にとって身近と思える悩みから理解していくようにしましょう。

いきなりすべてを理解しようとしても無理があります。

悩みを理解することで、自分だけでなく、同僚も同じような悩みを抱えていましたら助けることができますよ。

人間関係は解決することができなくても、最終的には気にしなくなれば、何も問題がありません。

ただ、気にするなと言っても視界に入ってくるような環境では厳しいです。

ただ、なるべくそうなれるように説明します。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み1:陰で悪口を言われている

思いこみのような感じもしますが、地獄耳と言う言葉もあるように人の悪口は知らないところで相手に聞こえている可能性は高いです。

ちょっとしたことでも耳に入るとみんなが言っているのではないかと勘違いされる方もいらっしゃるので、非常に厄介です。

一番は悪口を言わないことなのですが、なかなかそこが難しいですね。

陰で悪口を言っているような人を気にしても時間の無駄です。

勝手に言ってればと割り切るのが大切です。

それでも気にしてしまうのではあれば、部署を異動するか、退職を考えてもいいと思います。

そのような人たちがいる会社にいても悪影響を受けてしまうだけです。

口にした言葉は返ってきます。

影響を受けて自分も悪口を言ってしまう人間になっても損をするのはあなたですよ。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み2:同僚なのに上から目線で話してくる

同僚から上から目線で話されるとちょっとイラッとすると言う方は結構いますが、これは気にしすぎです。

上から目線で話してこようが、どうであれ、会社では仕事ができた人が一番です。

そんな人にイラッとしている時間が無駄になってしまいますよ。

また、上から目線で話してくる人ほど、自信のない人です。

そのように話すことで、自分が優位に立っていると思いこんで良い気分に浸っているだけです。

それよりも仕事で成果を出すことの方が大事です。

はっきり言えば、社会に出てしまうと年齢とかも関係なくなってしまう環境なので、あんまり同僚だからとかを気にしても意味がありません。

上から目線で話してくる人はもともとそう言う人なので、治してほしいなどと言ったことを望んでも意味がありませんよ。

それでも気にしてしまうのはあなたのどこかに相手を支配したいという感情があるのかもしれませんよ。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み3:セクハラ・マタハラ発言をしてくる

最近はこの手の問題が多いですが、実際にセクハラ・マタハラのガイドラインがないために知らない間にセクハラ発言をしている人もいます。

特に男性から女性に言うのは仕事ができているからむかついて言っている可能性があります。

自分の立場を守りたいと思って保守的になっている男子ほど、セクハラ発言は多いです。

対して問題にならないだろうと考えているので、簡単に口にしてしまうのです。

また、マタハラに関しては言語同断ですね。

国にとって財産とも言える存在である子どもが生まれることに関して言うのはもはやモラルのない人間としか言いようがありません。

そのような人にはつまらない人間だなと言った感じに上から見下すのが良いですよ。

一番は気にしないことなので存在すらないと思っても良いのではないでしょうか。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み4:「今の若者は~」等と言われる

これはいつの時代も使われる言葉ですね。

実は古代エジプトのピラミッドの文章からもこのような言葉が見つかったとも言われているので、はるか昔から使われていた言葉のようです。

つまり、ただ言いたいだけです。

意味はないのです。

特に詰め込み世代の人たちは自分が受けてきた注意を下にも押し付ける傾向があります。

つまり、「今の若者は~」と口にするのは、新人の時に口酸っぱく言われてきた証拠です。

言われてきたので、下に言うのも当然だと思っているのです。

つまりは「今の若者は~」と言う言葉などに惑わされてはいけません。

ただ、言いたいだけです。

頭の中に詰まるぐらい詰め込まれてきた言葉なのです。

また、言ってるよ!この人、新人の頃本当に使えなかったんだねというような感じで見ましょう。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み5:残業を迫ってくる

仕事が終わってもまだみんなが働いているや今すぐ片づけなくてもいい仕事があるのに、ざんぎょうしてやっていけというような感じで迫ってくる人はいますが、これはあまり良い例ではありません。

例え、仕事が終わっていない人の仕事を取って終わらせてもその人のためにはなりません。

残業をすることを当たり前だと思ったり、カッコいいと思ったりする人は多いですが、大きな間違いです。

残業をすることは仕事ができていない証拠です。

それでも残業しないと終わらない仕事量であれば、それは管理不足が疑われます。

無理に仕事量を増やす上司はいますが、それは管理ができていない証拠であります。

残業が当たり前になっているようなら、退職を考えてもいいと思います。

 なぜなら、残業をしないように努めようとしていないからです。

そこにいても成長は期待できませんよ。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み6:毎日理不尽な理由で怒られる

スタッフをツールと思いこんでいる上司や先輩はこのような感じでいつも怒っています。

要は、ツールとして見ているので、しっかり動いてくれれば自分が楽になるのにと思いこんでいるからです。

最終的には自分の思い通りにならないと退職を促してきて、退職するまでがーがー言ってきます。

ある意味いずらい環境にしたいだけですが、言っている側も暇な人のように見えますね。

このようにどうでもいい事でも注意してくるので、いるだけでストレスになります。

このような人の下では働いても意味がありません。

退職を考えてもいいと思います。

そのような人しかいないので、先が長くないのもわかります。

最近は怒ることでストレス解消をしている人もいますので、注意して見てみましょう。

他人がやられているからと言って安心していても意味がありません。

そのようなことをする人なのですから!

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み7:飲み会等にしつこく誘ってくる

飲み会にしつこく誘ってくる上司や先輩はいっぱいいますが、断るのも参加するのもあなたの自由です。

もし、断って何か言ってきたり、してくる上司や先輩であるならその程度と言うことです。

もしくは、行きたくないのであれば、一度参加して、これでもかと言うぐらい飲んで食べたりすれば良いのです。

たいてい、飲みに誘ってくる人は愚痴をこぼしたいだけです。

もしくは話し相手がいないので、そうやってしまっている可能性もあります。

誘われるだけまだマシと思えばいいのかもしれませんが、最近は飲みに行かない人もいると言われているほどなので、断るのもそんなに変ではありません。

飲みばかり言っておべっかばかりして昇進する人よりはきっちり仕事をして昇進する方がカッコいいですよ。

【上司に飲みに誘われた時の対処法は、こちらの記事もチェック!】

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み8:責任を擦り付けてくる

保守的な人が多いために自分のポジションを守ろうと考えすぎているので、責任を擦りつけてくる人は多いです。

部下のせいにするのは簡単です。

しかし、それで解決していては意味がありません。

上司と言うものは責任を持っているから上司なのです。

責任を負うことができないのであれば、上司を務めるに値しません。

最近では平気で部下や立場の弱い人に責任を押し付けてくる人は多いです。

ポジションを守っても意味がありません。

さらに上を目指すことを考えていないということにもなります。

責任は擦りつけるものではありません。

取るものです。

取れないのなら、一刻も早く上司という役職から降りることです。

責任を押し付けてくるようなら退職を考えても良いと思いますよ。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み9:異性の前だと態度が変わる

男性と女性に対して接し方が違う上司は結構多くいます。

まあ、仕方がないのですが、差別するのは良くありません。

最近では女性の社会進出も騒がれてきています。

細かい作業や真面目さで言ったら男性よりも女性の方があるのは否めませんが、最後までやり抜く、いざという時には男性の方が強いのです。

近年は安定志向であるため、企業も勝負しようとしないので、女性の方が優遇されているように見えますが、それでもまだまだ男女の差別はあります。

職場で女性と同僚になると最初のうちは男性は苦労しますが、年数が経過していくうちに女性が苦労してくるような感じになっています。

なぜなら女性に管理職をつけたがる会社が少ないからです。

異性で差別を受けるようならそんな上司だと言う感じに見てしまっても良いと思います。

仕事を辞めたい人によくある人間関係における悩み10:プライベートな事に首を突っ込んでくる

休みの日に何をしたとか、どこへ行ったとか、いろいろと聞いてきて、しまいには休みの日に付き添われなくて行けないような状況になる時もあります。

プライベートはあくまで個人の物です。

そこに会社が割り込むのは良くないです。

法律にも、就業時間以外も時間に割り込むのは禁止と明記されています。

プライベートを侵害されるようならあなたの時間を確保できなくてストレスが溜まってしまいます。

そんな状況なら退職しても問題はないです。

仕事のための人生ではないので、仕事はあなたの人生のためにあるのです。

ある大手の社長さんが行っていた言葉に自分の時間を大切にできないと仕事は上手く行かないというのがありました。

スタッフの時間を奪うような人は時間の大切さを知らないのです。

人間関係に悩まないようにする対処法

人間関係における悩みはいかがでしたでしょうか?

おそらく似たような悩みを抱えたことがあると言う方もいくらいらっしゃったのではないでしょうか。

しかし、人間関係は付き物です。

馬が合わなかったり、対立したりするのは仕方がないのです。

十人十色という言葉があるようにみんながみんな同じであるということはありません。

そのようなことがあるから人間なのです。

それでも悩んでいては意味がありませんのでここからは悩まないようにするにはどうしたら良いかを説明していきます。

ぜひ、参考にしてくださいませ!

人間関係に悩まないようにする対処法1:誰に対しても同じ態度で接する

相手によって接し方を変えていると疲れます。

要はペースが違うので、その都度その都度で変わるので、知らないうちに疲れが溜まってしまうので、ストレスになってしまいます。

誰に対しても同じ態度で接することこそが大切です。

そうすれば相手からこの人は裏表がないんだなというように思われるので、人間関係がぎくしゃくすることはありません。

態度を変えていると裏表があると言った感じになってしまいますので、相手に疑いの目を持たせてしまいますので、辞めましょう。

人間関係に悩まないようにする対処法2:相手の良い所を探して褒める

どうしても嫌な相手でも良い所は必ずあります。

そこを見つけてそこだけ指摘するようにしましょう。

要は相手の良いところではなく、嫌な所ばかり見ているから嫌な思いをしてストレスを感じてしまうのです。

人間は悪い部分ばかりに目を行ってしまう動物なので、仕方がありませんが、悪いものばかり見ていても目だけでなく頭も腐ってしまいます。

ここは心を広げる感じに相手の良い所を探すようにしましょう。

もしかしたら相手の新たな一面を見ることができるかもしれませんよ。

人間関係に悩まないようにする対処法3:他人を変えようとしない

他人をどうにしかしようと思っても無理です。

なぜなら他人だからです。

相手がどう考えるかなどはこちらでコントロールできる部分ではありません。

また、相手から良く思われたいと考えること事体、実は利己的な考え方なのです。

相手があなたをどう思うかは相手の勝手です。

つまり、良く思われたい言うのは相手の考え方を支配したいと言っているようなものです。

他人を変えるよりも自分を変える方が実は意外と簡単ですよ。

なぜなら自分は自分自身でコントロールできるからです。

人間関係に悩まないようにする対処法4:「こういう人なんだ」と開き直る

他人を変えることはほぼ無理なのでこのような人なんだと思うことが手っとり早いです。

もしくはそのように見て見下すのもいいかと思います。

相手をどう思うかはこちらの自由なのです。

上司だから敬えとか、高く見ろとか言う人もいますが、なんだかんだで人間性を見ます。

故に上司とかいう役職や、高学歴とか言う経歴とかはなんの役にも立ちません。

もう、良い意味で諦めた方が変にストレスはたまりませんよ。

どうにかしよう!と考えるからストレスが溜まってしまうのです。

開き直るにはどうしたらいいかと言いますと、気にしない、もしくは、相手の主権を認めることです。

こう言う人なんだと…。

人間関係に悩まないようにする対処法5:見方を変えてストレスを回避する

いつも同じ方向から見ているから同じようにしか見えないので、たまには違った方向から見て見るのもありかと思います。

そうすることで嫌な相手ももしかしたら違った感じに見えて苦にならないかもしれませんよ。

要は視野を広げると言うことです。

決めつけて見ているとその人はそのようにしか見えません。

それよりかは角度を変えて見ることで、新たな発見にも繋がり、見方が変わったことで新たな考えが身につくこともあるのでご自身のチャンスになる可能性もありますよ。

人間関係に悩まないようにする対処法6:他人からの評価を気にしない

他人からの評価を凄く気にしてしまう人はいますが、そんなの気にしているだけ損です。

他人があなたをどう思うかは他人の勝手なので、あの人からマイナスに見られたからと言って人生が終わると言うことはありません。

考えすぎです。

他人は所詮他人です。

気にするだけ損です。

最も気にしないことが良いのですが、難しいですね。

一番は気にならないです。

人間関係に悩まないようにする対処法7:笑顔で居る

なるべく笑顔でいることをおススメします。

なぜなら笑顔になるだけで幸せホルモンが発生しているのでストレスを溜めることがありません。

また、血流を活性化するので、頭の回転が速くなりますよ。

よく仕事をしたり、夢をかなえたりする人の共通点は笑顔が素敵と言うことです。

むすっとした表情で成功した人は聞いたことがありません。

ぜひ、笑顔でいるようにしましょう。

そのためにもあなたにとって楽しく感じることを見つけましょう。

人間関係に悩まないようにする対処法8:自分の価値観をしっかり持つ

自分は必要とされていない人間だ!などとネガティブに思うのは辞めましょう!

この世に生きている限り必要とされない人間はいません。

他人からそう思われても他人が糧にそう思っているだけです。

自分に価値観を持つためにも常にポジティブに考えるようにしましょう。

例えば神社でこけても、神聖な場所でこけたのだから運が良いと言った感じに無理矢理でもポジティブに考えるのが良いですよ。

人間関係に悩まないようにする対処法9:聞き上手になる

相手の話を聞けるようになると自然と相手が何を考えているのかわかりますよ。

要は今までは外見などで相手を決めつけていたので内面まで探ろうとしなかったので避けていたのです。

相手の話を聞くことは難しくありませんよね。

出来る限り聞くようになると意外と聞いているこちらもスッキリしますよ。

ぜひ、聞き上手になりましょう。

人間関係に悩まないようにする対処法10:陰口・悪口を言わない

言った言葉自分に返ってくると言われているので、陰口や悪口を言うのは辞めましょう。

例え相手が言っていたとしてもです。

そこで同じように言ってしまうと相手と同レベルということになってしまいますよ。

そんなつまらない人間になるよりもしっかりした人間になりましょう。

陰口・悪口を言っても損をするのはあなたです。

それよりは夢を語れるようになった方が周囲からもウケが良いですよ。

客観的に捉えると人間関係が楽になる

人間関係に対する悩みのほとんどは外的要因のご自身の受け止め方が原因になっていることが分かったと思います。

要は、相手に対して感情を抱かないなど、気にしないことが最適な方法と言えます。

とはいえ気にしてしまうと言う方もいらっしゃると思います。

仕方がありません。

どうしても気にしてしまうのであれば思いきって環境を変えることが得策かもしれませんよ。