お金が貯まらない!予算をうまく立てることができない。

そんな悩みを抱えている人が多いのではないでしょうか?

稼ぎが悪いから?お買い物が下手だから?

いろいろな理由があるかと思いますが、一番はお金の管理がしっかりできていないことが原因でしょう。

ではどうすればお金の管理が上手くできるのでしょうか。

今回は、お金の管理が上手い人がやっていることについてお伝えしていきます。

ぜひこの記事を参考にあなたもお金の管理が上手い人になりましょう。

この記事の目次

お金管理が上手な人がしていること10選

では、早速お金の管理が上手い人がしていることをご紹介します。

お金の管理が上手いことには何か秘訣があるのです。

1.家計簿をつけている


お金の管理がうまく行かない人のほとんどは、この家計簿をつけることが苦手な人が多いのではないでしょうか?

家計簿をつけることは面倒なイメージがあるので、ここで挫折してしまう人が多いのです。

つまりは、自分とお金の関係を把握できていないのです。

家計簿をつけることはそんなに重要だと思えない人も多いでしょうが、とても重要なのです。

自分がお金をどのように扱っているのか把握すると、毎月いくらの支出があるのか、何が無駄遣いなのか、外食の回数などを把握できます。

そうすることで、お金の管理がスムーズに行くのです。

お金はいくら稼いだかも大事ですが、それ以上にいくら使ったか、何に使ったか、なども把握する必要があるのです。

何でも手の内にあると動かしやすいですよね。

実はお金もそんな感じなのです。

やりくりを見直している

月に分けて家計簿をつけている人は多いですが、これは今月の使い道を見直して来月に生かすためです。

家計簿をつけていることで減らす部分が見えてきて、また、貯金につなげることができるのです。

やりくりを把握することが実は最適な節約方法でもあるのです。

とはいえ、やる前から面倒なイメージがあるのですが、まずはやってみることをおすすめします。

きっちりまとめないといけないと思っているかもしれませんが、大雑把にまとめても問題はありません。

なぜなら家計簿を見るのはあなただけです。

他人が見ることはまずありません。

また最近では、エクセルソフトでは自動で計算してくれるので、入力さえ間違わなければ簡単に計算できてしまいます。

レシートを貯めるのがめんどいというのなら、携帯で写真に納めておけばいいかもしれませんね。

少しの工夫で毎月続けられるようになるはずです。

2.買い物する前に予算を決める


お金の管理が上手い人は、買い物上手でもあります。

買い物する前に予算を決めて予算内に納めて買い物をするようにします。

無駄遣いが多い人は、予算を決めていないのか、もしくは、予算内を超えてもなんとも思わないのだと思います。

お金の管理をするためには、まずは買い物前に予算を決めることが大切です。

予算を決めたらそれを超えないように買い物をするようにすると、必要なものしか買いません。

また余分にお金を持っていかないようにしましょう。

3.ポイントを駆使する

お金の管理の上手い人はポイントカードなどを上手に使いこなしています。

ポイントの還元率などをしっかり把握して、日用品はあそこのお店、食料品はあそこのお店など、ポイントを効率よく貯めることが得意です。

貯まったポイントで還元し、さらに良い物を買うなど、ポイントの使い方が上手いです。

または、系列店などをよく調べて、お買い物をしながら、ポイントを外食に変えたりなど、実は腕の見せ所でもあります。

最近ではスマホでポイントカードが管理できるので、お財布の中がポイントカードでぱんぱんなんてことにもなりません。

またSNSで情報をチェックし、ポイント還元率が高い時期を狙って買い物をするようにしています。

お金の管理が上手い人ほど、このポイントカードを上手に活用しているのです。

4.お弁当や水筒を持参する

お金の管理が上手い人は、会社に行くときなどにお弁当や水筒を持参しています。

これは無駄な外食を減らすためです。

ランチで1食1,000円以上になってしまうこともあります。

そうなると、仮に土日休みで勤務している人でも、20日以上は働くので、月に20,000円の出費をしていることになります。

ランチだけで2万円の出費は結構大きいですよね。

これを毎日自分でお弁当を作ることによって、2万円の節約に繋がるのです。

このように削れる部分は削ってしまうと、無駄な消費を防げます。

また、職場に自販機やコンビニなどで飲み物を買うことも滅多にしません。

1本150円だとしても、それが毎日となれば結構な額になってしまうのです。

そのため、お金の管理が上手い人は水筒を持参して無駄な出費を防ぐようにしているのです。

5.メリハリをつけている

お金の管理が上手い人はお金の使い道がはっきりしています。

自分で使うと決めた時は躊躇なく使い、使わない時は断固として使いません。

これは一見するとケチに見えたり自分勝手なように見えますが、お金の使い方にメリハリがあるだけです。

無駄遣いが多い人は、使い道をはっきり決めていないために急な出費が発生するのです。

買う気はなかったけど、みんなが買っているから買った!なんて経験があるのではないでしょうか?

そして、後になって買ったことを後悔するのです。

これは自分でお金の使い方をコントロールが出来ていない証拠でもあります。

メリハリが必要なのは私生活だけでなく、お金の使い道もです。

メリハリあるお金の使い方ができればお金の管理も上手くなります。

使うときには使う

では、どうすればお金の使い方にメリハリを持てるのかと言いますと、まずは自分にとって必要なものかどうかの判断能力を身につけるようにしましょう。

つまりは使う時はきっちり使って、使わないと決めたらいくら周りが使っていても使わないというように決断することです。

決断力を強くすると、お金に関してメリハリをつけることができます。

要は自分のことをコントロールできるかどうかです。

コントロールできるようにするには、自分の考えにブレを生じさせないように努めるようにしましょう。

周囲の目や考えなどに惑わされるのではなく、自分の考えをしっかり持つことが大切です。

お金をどう使うかはあなたが決めることです。

相手の意見で左右されてはいけないのです。

6.食事は自炊が基本

金の管理が上手い人は、食事のほとんどが自炊です。

最近では子供の弁当もコンビニで済ませている家庭は多いですが、健康的な面や費用の面などから考えても、自炊の方が圧倒的に効率的です。

お金の管理が上手い人は、働いていて時間がない平日のためにも、休日に作り置きをしている人が多いです。

もちろんたまには外食をすることもありますが、自分で作ることに慣れてくると外食をするのがもったいないと思うようになります。

これに千円払うなら、家でもっと美味しい料理を作ってゆっくり食べようと思えるのです。

7.常に費用対効果を考えている

お金の管理の上手い人は、ものを買うことで得られる部分に着目している人が多いです。

また、量などを考えて、分けてみるといくらかお得だったりすることもあるので、そのように深く見るようにしています。

このことがお買い物上手の所以でもあります。

つまりは費用対効果をしっかり把握するようにしているのです。

ただものを買えばいいと言うわけではありません。

それを買うことでの効果を把握した上で購入するので、無駄なものにお金をかけなくて済むのです。

どうせ買うならお得なもの、自分たちにとって役に立つもの!そう言う目で購入する必要があります。

なぜそのようにできるかと言うと、長期的に考えて動いているからです。

つまり、今日生き残るのではなく、1ヶ月生き残ることを考えて買い物をしているようなものです。

高価なものだけど、これを買ってしまえば1ヶ月は困らないなど、先を見据えて買い物をしているのです。

短期的に考えてしまう人は、その日にお得なものといった感じに安いものに手を出しますが、購入回数を通算するととんでもない額だったりします。

このように短期的に考えてしまう人ほど、実は無計画で損をしていることに気づけないのです。

効率よくお金を使うためにも費用対効果の側面に目を行かせるようにするのが重要です。

8.見栄を張るだけの出費はしない

お金の管理が上手い人は、見栄を張るだけの出費は絶対にしません。

イメージ戦略に負けてしまう人のほとんどが、このような感じに出費をしてしまっている人たちが多いです。

流行っていると本当は必要なくても、持っていないと時代遅れといった感じに世間から見られることへの恐怖心から見栄で買ってしまうのです。

そして大抵の場合、結局使うことなく押し入れにしまったままになってしまいます。

お金の管理が上手い人は、見栄を張って買い物をしても、ゴミを増やすだけということをわかっているのです。

小さな出費も本当に必要か見極める

安いからという理由で手を出してしまったり、購入したりする人は多いですよね。

塵も積もれば山となるという言葉があるようにその時はお得でも、通算すればとんでもない額になっている危険性があります。

値段には秘密があると言われているように、安いものは壊れやすく、何回も買い換えないといけないといったことがあります。

逆に高価なものはとても丈夫で、買い換える必要がないと言われています。

このように単にその場で判断しても良いとは限らないのです。

先を見据えて買い物しないと痛い目に合うこともあるのです。

9.自己投資には惜しみなくお金を使う

自己投資とは自分を高めるために行うことです。

つまりは、食費はもちろんのこと、いろいろと知識を得たい人は本を買うことを自己投資と言いますし、健康に気を使っている人は、サプリなどを手にすることを自己投資と言います。

このように自己投資に絶対的なことはないのです。

つまり、人それぞれなのです。

よって、相手の意見に流されて購入しているのは、自己投資になりません。

本当にあなたにとって必要なものにお金をかけることが自己投資なのです。

お金の管理が上手い人は、この自己投資には惜しみなくお金をかけます。

自分のスキルアップのため、様々な経験をするためにお金を使います。

また自分にとって必要ないものは、購入しないのが自己投資でもあります。

10.口座を使い分けている

お金の管理が上手い人は、複数の銀行口座を持っている人が多いです。

引き落としの種類で口座分けをしています。

例えば、貯金用と光熱費用、家賃用、投資用など口座を分けているのです。

銀行によっては特典などもあるので、それによって得している人もいます。

またこのような人は貯金とは思ってなく、投資と考えている可能性が高いです。

お金は循環するものなので、貯金していてはお金の価値を下げてしまいます。

このように口座引き落としをうまく活用すると、貯めることが上手くなるでしょう。

なぜなら余分に引き落とされないからです。

まずはお支払い方法などを確認して口座分けをしてみてはいかがでしょうか。

お金管理が上手くなる7個の方法

お金の管理が上手い人がしていることはいかがでしたでしょうか?

あなたが知らない間に実践していたことがあったのではないでしょうか。

それではお次はお金の管理が上手くなる方法をご紹介します。

あなたにとってしやすいことから実践していきましょう。

1.家計簿をつける

お金の管理が上手い人がしている最適な方法です。

レシートを把握するのが面倒、記帳するのが面倒など、とにかく面倒なイメージがつきまとっていますが、してみるとそうでもありません。

今ではパソコンや家計簿専用のアプリが存在するなど、昔よりも効率よくできる手段が増えています。

ここは面倒といった考えを一旦捨てて、まずはチャレンジしてみましょう!

2.レシートは必ずもらう

自分が何にいくら使ったかなどを把握するには一番はレシートです。

レシートをもらわない人はいますが、レシートほど役に立つものはないし、大切なものはありません。

レシートの価値に気付けないので、お金の管理ができないのです。

お金を払った時に必ず発生するのがレシートです。

つまり、お金とは縁が切れない存在になっているのです。

保管が面倒なら、写真にとっておくことだけでもいいのでないでしょうか。

3.クレジットカードは極力使わない

お金を持たなくて便利なのがクレジットカードです。

しかし、実は落とし穴がいっぱいで、安心して使っていると使いすぎなどの痛い目に合う人もいます。

また、お金のありがたみが徐々に薄れていくのもカードです。

便利には穴があると言いますので、カードもいいですが、現金のありがたみを忘れないようにしましょう。

4.食費を見直す

まずはここ1週間で何を食べたのかなどを把握してみると良いでしょう。

食費は気にしていないとどんどん膨れ上がっていきます。

外食ばかりの人は、食費だけで1日2、3千円使っているかもしれません。

これを月に換算すると6万円以上になります。

自炊をすれば一人暮らしなら、月2万円前後で十分でしょう。

まずは食費を見直すことから始めてみると、お金の管理が上手くなるはずです。

5.まとめ買いをする

「週の初めに1週間分の材料はまとめて買い物をする」と決めてしまうのも良いでしょう。

スーパーやコンビニに行く回数が減るだけで、無駄遣いが減りかなりの節約になります。

まとめ買いをする際は、買うものをリスト化して買い物に出かけましょう。

6.スマホ代を見直す

スマホ代を1万円以上払っている人がいますが、かなり損しています。

今では格安プランなどが多く出回っていて、月2千円程度でプランが組めるのです。

月1万円払っていたスマホ代を2千円に抑えることができれば、8千円もお得になるのです。

その8千円を貯金に回せば、年に96,000円貯まります。

面倒だと思わずに、見直せるところから見直していきましょう。

7.収支を把握する

収入は把握していても、支出を把握できていない人は多いです。

毎月の収支を把握することで、お金がどのように動いているのかをきちんと知ることが大切です。

まとめ

お金の管理する方法や上手い人の行動などはいかがでしたでしょうか?

今までは難しいと考えていたかもしれませんが、そんなことはありません。

ただ、知らなかっただけです。

まずはあなたにとって始めやすいものから実践してみましょう!