お金を貯めるためにやるべき、9個の節約術やお金が貯まる心がけ

お金を貯める方法9選

お金は大切です。

お金を貯めたい!でもどうしたらお金が貯まるのでしょうか?1番いいのは一杯稼ぐことですが、収入が決まっている中で貯めていくためには心得や有効な方法がありました。

お金を貯めるのが苦手な私が、目標にたどりつけた方法をご紹介します。

いますぐにお金が貯まる方法


思い立ったら吉日とばかり、いつかお金を貯めようではなく、今からお金を貯めることにチャレンジしていきましょう。

難しいことはひとつもありません。

1定期的にATMを利用しよう

ネットバンキング登録をしています。

パソコン上で自分の口座が一目で確認できるのでとても便利です。

振込もネットバンキングからおこなうことがほとんどです。

お金を貯めるということで必要なことのひとつにお金の動きをきちんと把握できているかということがあげられます。

ネットバンキングではお金の引き出しはできませんが、カードの引き落とし日を覚えておいて、その日の夜か数日以内にはネットバンキングで確認するようにしています。

お給料日前後は引き落とし手数料がかからない時間が延長されているので、銀行のATMコーナーで決まった額のお金を引き出しお財布に入れるということを習慣にしています。

最初はいつも使っている現金の金額よりほんの少なめを引き出すことにしました。

たとえ手数料がかかたっとしても決まった日に決まった金額を引き落とします。

銀行口座の確認やカード会社の利用明細の確認を怠っていたときの失敗談があります。

動画視聴1ヶ月無料登録をしたのをすっかり忘れ2か月目から有料になり、なんと1年半もの間、視聴料が引き落とされ続けていたのに気づかなかったという失敗をやらかしましたのです。

視聴料はカード引き落としにしていたので銀行口座には記載されないのですが、カード会社のWEB明細には毎月2,000円の引き落としがされていました。

ただ、その明細には「動画視聴会社」、ましてや「無料動画が2カ月目から有料になったため」などと記載されているはずはなく、どこか聞いたこともない会社名が書かれていました(会社自体はけっこう名の知れた会社のようですが私は知りませんでした)。

普通ならせめて2ヶ月か3ヶ月目くらいに、おやっ?と気づきそうなものですが、WEB明細の確認自体を3ヶ月か4ヶ月に1度くらいしかしていなかった私は、そのたびに、どこかで洋服か何かを購入した明細だったかなくらいにしか思わなかったようです。

銀行口座にしろカード会社のWEB明細にしろ、大切なお金の動きを目で追うということが必要だと痛感させられました。

2整理整頓を始める


整理整頓と貯金や節約というのは一見関係なさそうに思っていたのですが、まずはじめに手がけたことでした。

お財布の中が乱雑になっているときというのは、気持ちにも余裕がなく、何かにつけて無駄も多かったのです。

お財布の中だけでなく、デスク周り、クローゼット、引き出し他、
家の中すべてにわたって整理整頓すると、物を探す時間が減ります。

整理整頓の基本の中に、物の居場所を決めてあげるということがありますが、物ひとつひとつに居場所(住所)をつけてあげると、出したら片づける場所がパッと頭に浮かび、体も覚えているのでそこに仕舞ってあげないと気持ち悪いのです。

書類や薬、小物、とにかくありとあらゆるものを探すということがなくなりました。

お金の無駄遣いを減らすためにも、お金と同様にとても大切な時間の節約が必要だと実感しています。

極端な例ですが、いつも何かが無い、と探し物をしている時代はよくタクシーを利用していたのです。

どこに行っても何をしても時間ぎりぎりになることが多かったのでしょう。

また、「パソコン」「電話・携帯電話関係」「健康」「保険」などとラベルを貼ったファイルを作って分類しています。

契約時の書類を始めとして、重要なものをファイルで管理しています。

ファイル管理しているおかげで、物がなくなるということがなくなり、探したいものがすぐ取り出せる身軽さも手に入れました。

以前は自分が加入していた通信会社の契約内容を忘れてしまい、契約書がどこにあるかも忘れてしまし、お得なプランに切り替える術もしらず、節約できる状況にあったのにも関わらず何年も1,000円以上も高く支払い続けていたということを知ったことがありました。

保険の見直しをしたいのだけれど、証書はどこにあったかななんて考えているだけで面倒臭くなって後回しなんてこともありました。

身の回りの整理整頓で、心と時間の余裕、そしてお金の無駄遣いなど余計な出費が減っていきました。

3口座をうまく使い分ける

お金が貯まらない時はお給料が振り込まれる口座ですべてを管理していました。

理想は
①毎月の固定費を管理する口座
②毎月の生活費を管理する口座
③貯金の口座
④急な出費があったときのための口座

の4つを持つのがいいとされているそうです。

そしてお給料が振り込まれる口座は、③と④にはしないというのが鉄則のようですが、私の場合は貯金計画が残高がマイナスの状態で始めたので、お給料振り込み口座はいままでどうり①の固定費を管理する口座にして、①と②は併用、最初は①と③だけで始めました。

マイナスがゼロになった状態で④を増やしました。

今でも①と②は同じです。

なぜなら独身の私は両親へ生活費として一定の金額を入れているということと、当初は収入が少なく、口座を4つも持つことで口座を持つこと、それにともなうカードや通帳の管理への手間やリスクの方が大きいと考えたからです。

固定費の内訳は家に入れるお金と自分で払っている通信費、保険代になります。

カンタンだけどかなり効果のあるお金のため方

簡単だけれど必ずやっておかなくてはいけない、効果のあるお金の貯め方があります。

4固定費を減らす

まず固定費を減らしました。

私にとっての固定費は通信費とプロバイダ契約代、保険代のみでしたが、家計を自らやりくりしている主婦の方や一人暮らしの方は、光熱費、家賃や住宅ローン、車の維持費など、固定費の占める割合はとても大きいものだと思います。

もちろん実家暮らしの私も、家族が払ってくれるからといって、光熱費のことを何も考えなかったかというとそうではありません。

直接自分が支払う固定費同様、その他の固定費を下げるための計画実行は私が担いました。

私は携帯電話とスマホの2台持ちをしています。

仕事で携帯電話のほうのメールアドレスを捨てることができなかったからですが、2台目のスマホは格安スマホにして、携帯電話のほうは最低料金契約を維持し、2台で4,000円台です。

なんと毎月5,000円を切っています。

スマホ1台にしようかと思うときもありましたが、スマホ購入代金なども含めるとどうしても8,000円くらいになってしまい断念せざるを得なかったのですが、今では2台の使い分けのほうがかえって都合よいことも多いという発見をしてしまい、2台持ちをやめる気はとうぶんありません。

ずっと以前は1台で9,000円くらい支払っていたので4,000円くらいの節約です。

保険の見直しもおこないました。

結果的には毎月7,000円もの節約になりました。

ただ節約できたからといって、いざというときに役に立たなくてはなんにもなりませんが、
私の場合は私にもしも何かあったときに残しておくお金より病気やケガのときの入院保険に重点を置いた方がよいと判断した結果、節約できました。

固定費は見直すときは少々手間ですが、いちど見直してしまえば毎月確実に節約できるぶぶんでもあり、節約金額も大きいので絶対にやらないといけないことです。

5安いものをまとめて買う

購入してから長く置いていても品質が劣化しにくいもの、トイレットペーパーやキッチンペーパーなどは安いものをまとめて買っています。

トイレットペーパーはご近所の方と共同購入で大量に買えるので助かっています。

ただしかさばるので収納場所がある人向きではありますが。

そして大成功だったのが下着です。

あるブランドの取り扱いを辞めるときスーパーでワゴンでの大安売りをしていたのです。

7,000円のブラジャーが2,000円。

5,600円のブラジャーが1,000円。

2,500円のショーツが500円でした。

それは私がそれまで愛用していたブランドだったので決してバーゲンのために作ったものではないということはわかりました。

こういった掘り出し物のときには迷わずまとめ買いをします。

ただし、そのあと、同じように買い物をしていてはまとめ買いした意味がありません。

まとめ買いしたものは絶対買わないと決めました。

トイレットペーパーやキッチンペーパーは見て衝動買いしたいと思うような商品ではないので安心でした。

6小銭は常に貯金するようにする

小銭は貯金箱貯金をしています。

なかったものと考えて貯金箱に入れます。

ときどき500円玉も入れていますので、けっこう貯まります。

1年に1度大きなお金に換えています。

それは日頃買いたかった趣向品にしてもいいかもしれませんが、貯蓄に回しました。

コツコツとお金貯蓄する方法

収入が少ないとき、お金はやはりコツコツ貯めるのが一番です。

コツコツ派にとって有効な方法はというと

7毎月の残金は貯蓄に回す

まず、毎月の収入から支出を引いた金額、つまり残金を貯蓄に回すということです。

黒字のぶんを次の月の生活費に使うと、結局翌月使ってしまうことになるので、迷わず貯金口座へGOです。

もちろん、その前にはお給料が入ったときに一定額を貯金口座へ回すということが大切ですが、それを行ったうえで残金を貯蓄へと回しました。

8無駄遣いはしない

2つ目はありきたりですが無駄遣いしないということです。

なにをもって無駄遣いというかというと買わなくて済むものを買わないこと、使わなくて済むお金は使わずに済ませることです。

私の場合はたくさんありました。

たとえばお化粧品。

口紅がまだ残っていて紅筆を使えばまだまだ使える時点で、飽きてしまって次の色が欲しくなるのです。

私にとっておしゃれをするということはストレス解消と毎日の楽しみの中でもかなりのウエイトを占めるものなのはその頃も今も変わりはありません。

でも、紅筆を使えばまだ1ヶ月使える口紅があるのにもかかわらず、他の口紅を買っておしゃれしたところで、自分は美しくなるだろうかと
冷静に考えてみると、その時点での口紅購入は無駄の何物でもないとわかったのです。

そして100均での買い物もうんと減りました。

安いからといってついついカゴに入れてしまうんですよね。

必要だからというのではなくストレス発散のための100均でのお買い物だったのかもしれません。

結局使わないものがいっぱいでした。

物の購入以外で使わなくて済むお金というと、たとえばタクシー代でした。

職場のお付き合いでの食事会のとき、帰りたいけれど言い出せず、ついつい長居をしてしまい、バスの最終時間に間に合わずタクシー利用ということになっていたのですが、「バスの最終時間に間に合わなくなるので申し訳ありませんが失礼します」と言うようにしました。

早く帰るといっても2次回に参加できない程度のことでした。

少し早く帰ったからといって私の心証が悪くなることなどなかったと信じています。

しょっちゅうあることではないので、楽しくて、もっといたい!と思えるときには楽しんでいます。

9細かく家計簿つけるようにする

お金を貯めるためには、お金の管理をしなければいけません。

お金の出入りを見える化するためには家計簿をつけるしかないのです。

最初は細かくつけるようにしていきました。

後に、お金の管理に慣れ習慣化されてきたときに、もう少し大雑把な方法をとるようになったのですが、まずは細かく家計簿をつけることをおすすめします。

お金が貯まらないという原因を特定させることが必要です。

どういったことに使い過ぎているのか細かくつけてこそ自分のそれまでの欠点が見えてきます。

もしなぜお金がたまらないか分からない人がいたら

お金が貯まらない理由を明確にしよう

ただ漠然と、お金を貯めたいのに貯まらない、と思っていても何の解決にもならないです。

なぜ貯まらないのかを明確にしていこうと思いました。

毎月の出費が多い

入ってくるお金が出るお金より多ければ、お金は貯まるのですから、お金が貯まらないということは出費が多いということだと分かります。

入るお金と出るお金の額は今は、脇に置いておいて、とりあえず出費と収入の差額のみを意識してみました。

あきらかに出費が多かったのです。

お金が貯まらないどころかマイナスになるわけです。

そのことを知ることが怖かったという面もあると思います。

とにかく出費が多すぎました。