大学生になると思っているほど時間があるので、いろいろとやりたいと思うものですが、いざ入学して見ると、時間がありすぎてどう利用すれば良いかわからず、路頭にまよってしまう大学生も最近は増えてきています。

所謂、学生ニートなどと呼ばれ、ただ大学に行っているだけの学生が増えてきています。

そもそもなぜ大学は自由だという印象があるかと言いますと、単位制なので、自分で時間を作れるのと、大学案内のパンフレットなどのイメージがイキイキした感じのものが多いので、自分もそのような生活ができるという感覚を持ってしまうのです。

残念ながら絵に描いたようなキャンパスライフは遠いのです。

しかし、自分の時間の使い方などをしっかりすれば絵に描いたようなキャンパスライフも手にすることができますよ。

要は時間の使い方や何をしたいのかをはっきりしていないとただの4年間になってしまう危険性があるのです。

そこで、今回こちらの記事では、大学生が今からやらないと後悔することなどについて、いろいろと情報をまとめましたので、ぜひ、さんこうにしていただけましたら幸いです。

これから大学生になる方も、既に大学生の方にもしっかり理解できるような記事になっていますので、ぜひ、参考にしていただきましたら幸いです。

大学生の時期がその後の人生を大きく左右する!

大学の4年間は意外と大切です。

ただ、ボーっと過ごしてしまうと意味がありません。

社会人になる前の唯一の楽しい時間とも言えます。

故に貴重な時間なので、大切に扱わないといけないのです。

例えば、大学時代にコンビニのバイトを経験していろいろな人がいることに気づくことができた。

サークル仲間と海外に行って、視野を広げることができたなど、その時々の体験が人生を左右する可能性が高いのです。

4年間は長いようで、実は意外と短いです。

気づいた時には卒業!なんてこともざらです。

そう考えると、時間の大切さも学べる大切な期間にもなりますよ。

人間は時間があるとなると意外と動かなくなってしまう人も結構います。

余裕があると言った認識になってしまうので、ボーっとしてしまう人も多いのです。

そうなってしまってはせっかくの大学生活が意味がありません。

まず、ここからは大学生の生活に関して説明していきたいと思います。

大学案内のパンフレットだけでは分からない部分もありますので、ぜひ、こちらの記事を参考にしていただきまして、有意義な大学生活を送っていただけましたら幸いです。

大学生活を良くするかどうかはあなた次第ですよ。

ぜひ、ご自身の力で、華のある大学生活にしましょう。

大学生の4年間はかけがえのない時間

大学生の4年間は一番思い出に残る可能性が高い時間です。

なぜなら研究したいと思った分野が一致している人たちが集まっているので、自然と考えが一致することがあるのです。

つまり、卒業後も交流することが多いのです。

故に4年間での生活の仕方が大切になってくるのです。

大学で知り合った仲間と一緒に会社を作ると言った方も多いので、もしかしたら人生におけるターニングポイントになる瞬間かもしれませんよ。

そんなかけがえないの時間を無駄にしては行けません。

ぜひ、有意義に使用してほしいです。

そのためにも自由な時間が多い分、自分の考えで動くことが大切になってきます。

自分で考えられないと、何をしていいのかわからずボーっとした時間が多くなってしまうのです。

では、まず大学生の時間について説明します。

勉強する時間がたっぷりある


単位制なので自分で時間を作ることができるので、勉強や研究をする時間がたっぷりあります。

その分、つまりは自分が学びたい分野や興味のある分野に関して思いっきり集中して学ぶことができるのです。

より専門的になれるチャンスでもあります。

時間があるので、学部に関係なく自分が興味をもった分野を自分で学ぶこともできますよ。

最近は大学では基礎的なことを学ぶことにして、専門学校に通って、専門的なことを学ぼうとする学生も多いです。

所謂、ダブルスクールと言うものです。

専門的な大学も増えてきていますが、より幅広い分野を学ぶにはダブルスクールはもってこいです。

勉強や研究に対しての時間の使い方は個人の自由なので、卒業するころには、その人その人ごとに専門的な領域の幅に違いが現れます。

つまりは個性が明確に表すことができる期間でもあるのです。

ぜひ、時間を持てあますことなく使って、個性をつけましょう。

たくさんの人と交流する時間がある

時間がある分、いろいろな所へ行くことができるので、これまでになかった人と出会う可能性があります。

たくさんの人と交流ができるので、考えを広げることができますし、それが人脈になったりするので、社会に出た時に役に立ったりします。

知り合いの数だけ知識を多く得られると言った言葉もあるように知り合いを増やすことは財産のようなものです。

ぜひ、あり余る時間を利用していろいろな人と交流しましょう。

最近ではSNSも発達しているので、イベント情報などもいっぱい世に出回っているので、知人を増やせる機会は昔よりも多くなっています。

ひょんなことから有名な人と知り合いになったり、どこで誰と出会うかわかりません。

たまたま、イベント知り合った女子学生が卒業後に女子アナウンサーになっていたということもあり得る話です。

ぜひ、世界を広げるためにもいろいろな人と交流をしましょう。

旅行する時間がたくさんある

時間がいっぱいあるので大学生のうちにいろいろな所に旅行すると言う方もいらっしゃいます。

大学生になって初めて海外に行ったと言う方もざらです。

また、学生向けの団体旅行などもあり、学生の時だけお得に旅行ができると言ったプランもあるのです。

行ってみたかった国に行くチャンスでもありますよ。

社会人になって働いてから行けば良いと思っている方もいらっしゃいますが、社会人になるとなかなか時間が作れないのです。

時間がいっぱいある大学生のうちにいろいろな場所に旅行することをおススメ致します。

いろいろな所に行くことで考えや視野が広がるので、物事を幅広く見ることができますよ。

社会人になってから学生の頃にこの国を旅行したことがありますと口にしたらそこの国との仕事のやり取りを任せられるということもあるかもしれません。

ぜひ、旅行をいっぱいしましょう。

バイトをして仕事を経験できる


大学生の醍醐味としてはなんと言ってもバイトでしょう。

バイトをして稼ぐことでお金をいただくありがたみがわかるのです。

バイトにも種類があり、自分が働きたいと思う職種でバイトをするか、近くにあるコンビニでバイトをするかなど、人によっていろいろありますが、することでお金だけでなく、仲間や知識、経験などいろいろなことを手にすることができますよ。

ぜひ、バイトを経験することをおススメします。

中にはブラックバイトを経験してしまったと言う方もいらっしゃいますが、ブラック企業がどのような雰囲気かが分かったと思えば良いのではないでしょうか。

就職試験の時などにブラックかどうかを見極める事ができるかもしれませんよ。

中にはバイトで学費を払ったりしている学生もいますので、自立への第1歩になる活動かもしれませんよ。

大学生が今からやらないと後悔する6個のこと

ここまででいかに大学生は時間がいっぱいあるかがわかったと思います。

では、そんな時間をどのように扱えばいいのか説明したいと思います。

大学生ならやっておかないと後悔することと題して、紹介したいと思いますので、ぜひ、じっくり読んで理解していただけましたら幸いです。

大きくピックアップ6個ありますので、いきなりすべてを理解してしようとはせずに、まずは多くても3個理解して、実践しましょう!卒業までに6個すればいいだけなので慌てなくても大丈夫ですよ。

これを実践することで、後悔なく大学生活を終わることができれば、気分良く社会人生活へ旅立つことができますよ。

やるかやらないかあなた次第ですが、どちらかというとやる方がいいとは思いませんか?せっかくの4年間なのでじっくりこの6個に打ち込んでみても良いと思います。

アルバイトの経験

大学生の醍醐味でもあるアルバイトですが、おそらく大学生の時にアルバイトを経験しないという学生さんはいらっしゃらないのではないでしょうか。

それだけ大学生=アルバイトと言った感じになっています。

大学周辺のお店も大学生のアルバイトの採用には積極的なので、すぐに勤め先が見つかることも可能です。

大学内だけでなく、バイト先の人とも仲良くなれるので、より交流が広がりますよ。

また、種類によってもですが、接客以外にも家庭教師や、イベント設営などいろいろな職種がありますので、いろいろと経験することをおススメします。

そうすることで、いろいろな仕事があって働き方も違うのだと言うことが分かるので、社会に出る前に仕事に関するいろいろな知識が身に付きますよ。

自分のお小遣いは自分で稼ぐ

アルバイトをすることで自分のお小遣いは自分で稼ぐことができるので、親の仕送りの負担を減らすことができますよ。

また、最近では仕送りをゼロにして、家賃や光熱費、学費などすべてを自分でまかなっている学生さんもいるほどです。

それだけアルバイトでも稼げる時代になってきたのです。

アルバイトをすることは自分を高めることにも繋がりますし、また、親への負担を減らすことにもなりますよ。

ただのお小遣い稼ぎだけではないのです。

また、学生のうちにチーフになったりすることがあり、成果を肌で実感することもできるので、仕事に対する考え方などを身につけるチャンスでもあります。

お小遣いも大事ですが、それ以上にいろいろなことを手にすることができるのがアルバイトです。

ぜひ、自分が働きたいと思ったお店がありましたら、アルバイトの面接試験を受けてみましょう。

社会人になる前の良い体験になる

働くと言うことを肌で体験するので、社会人になる前の良い体験になります。

実際学生のうちから店長を任される人もいるほどなので、いかに求人を出す側も大学生を重宝しているかがわかります。

実際にただ働くだけでなく、発注や商品管理、レジ締めなどいろいろな仕事を任されるので、働くと言うことと、仕事の内容が具体的に理解できるので、そのまま同じ職種に就職した時には即戦力な感じなので、就職先でもいいスタートが切れますよ。

また、仕事通じて知り合った仲なので、今後もしかしたらお仕事の際には、お世話になる可能性もあるので、社会人になった時にいろいろと役立つことが手に入る可能性があるのがアルバイトです。

社会人になる前にはアルバイトを経験しておくと何かと良いです。

経済感覚が身につく

時給●●●円、売上いくら、など嫌でもお金に触れるケースが増えてくるので、自然と経済感覚が身に付きますよ。

特に販売などのアルバイトの場合は、粗利などもわかるので、どの製品を売れば稼ぎになるのかなどもわかります。

もちろん、原価もわかるので、お客として利用する時に原価の良い物を購入しようという発想が生まれます。

レジ締めなどをしていると時間帯での売上などを見ることができるので、どの時間帯に頑張れば良いのかなどを把握できて、分析することもできます。

コンビニなどのアルバイトを通じて経済の感覚を身につけて後に自営した時に役に立ったと言う方もいらっしゃるほどなので、いかに学生の時のアルバイトが重要かがわかります。

経済感覚は書物よりも現場で身につける事の方がはるかに身につけられますよ。

長期旅行に行く

時間がたっぷりあるので、長期旅行に行くのも大賛成です。

特に夏休みや冬休みは長いので、長期旅行が十分にできます。

行ってみたいと思っていた国や地域に行って思う存分楽しむのも良いと思います。

また、仲間と一緒に旅行を楽しむのも良いと思います。

かけがえないの時間にできたかけがえない仲間です。

ぜひ、お互いに行ってみたい国に行くようにしましょう。

大学生向けの旅行プランなどもあるので、意外とお得に旅行を楽しむことができますよ。

ただの旅行と思うよりも貴重な貴重な場所で過ごすと言った感じに思って旅行をすると旅行の醍醐味がわかりますよ。

社会人になった時に旅行の話もできるので、良いネタ作りにもなりますね。

実際に見た人の話は、ガイドブックを見て旅行した気分になっている人の話よりも具体性があって良いですよ。

海外に出かけて見聞を広めよう

海外に行くことで視野や世界を広げることができますよ。

要は行かないとわからないことがいっぱいあるのです。

ガイドブックなどを見て旅行した気分になっても意味がありません。

最近のガイドブックは行ったような気分にさせるものが多いですが、これはあくまでガイドブックを作った人の観点なのです。

つまり、本当の情報に作者の想いが乗っているので、100%本物とは限りません。

故に実際に行って見たりする体験が大切なのです。

また、旅行会社などで働きたいと言う人は現地のルートや治安状況などを知っていると役に立つこともありますよ。

つまり、旅行はお仕事に繋がるのです。

どこにチャンスが落ちているかわかりません。

行く先々での出会いで人生が変わると言うこともありますよ。

ぜひ、旅行に行きましょう。

長期旅行に自由に行けるのは今だけ!

日本で社会人生活を送れられる人が多いと思いますので、社会人になると長期旅行に行けなくなりますよ。

日本で長期休暇がほとんどないのです。

逆にヨーロッパなどでは、長期休暇が当たり前でみんなそれを目当てに働いています。

日本ではなかなか長期休暇が取れないのです。

そのために、長期で休むことができる大学生のうちに長期旅行に行くことをおススメします。

大学生のうちにいろいろな国に行って、いろいろと体験しておくことが今後の社会人生活に繋がりますよ。

ある意味大学時代だけの特権のようなものです。

ぜひ、いっぱい旅行に行きましょう。

旅行に行った数だけ知識を増やすことができますので、あり余る時間を旅行に費やすべきです。

後になって後悔しないためでもあります。