皆さんはビジネス用語に関して困ったり悩んだという経験はないでしょうか?

自分が学生だった頃には仕事上の言葉などは意識しませんから、会社へ入ってから苦労したという方も大勢いるようです。

新社会人という初々しい姿というのも3か月もしてしまうと特別な存在ではなくなっていき、早く仕事を覚えて一人前になってほしいという会社の期待もプレッシャーとなっていきますよね?

また、仕事を始めるとビジネス用語というものが頻繁に使われるようになってきます。

取引先との会話を始め、メール文章でも色々な言葉を覚えていかなければいけません。

中にはこういった言葉に対して意識が低い方もいるようですが、それは本当に正しい行動なのでしょうか?

周りのみんなはドンドン言葉に対しての理解を深めているのに自分だけが何もしないという事は不安の原因にもなっていくはずなのです。

こうしたビジネス用語ですが全く使わないで仕事をすることは不可能なということをまずは理解することが大切になります。

昔からの言葉というものは中々抜けるものではありませんし、高度成長を支えてきた先輩たちというものはその頃の言葉などを大切にするものです。

したがって、自分では面倒と思うようなビジネス用語でも学ばなくてはいけませんし、意味を理解した上で使っていくことも大切になってきます。

自分の仕事だけを覚えるのに精一杯ということもわかりますが、ビジネス用語への理解というものは早くから始めていかないと自分にとっても良くないことになるのです。

そこで今回のテーマですが、よく使われるビジネス用語の使い方というものについてのお話しとなります。

皆さんの中にも「マンパワー」という言葉を使ったことがある人はかなりいると思いますが、実際の意味や使い方というものをきちんと理解しているでしょうか?

なんとなくはわかっているからというあやふやな知識しか持っていない場合にはきちんと見直すことが大切になってきます。

その理由ですが、一般的に使われるビジネス用語に対する理解が浅いひとは社会的信用が得られないということになってきます。

たかが言葉の一つや二つといった事を思う方もいるでしょうが、その考えは間違っていますし自分の首を絞めることになりますのでお止めください。

ビジネス用語というものは仕事などを円滑に進めるためのマナーのようなものであり、いかに相手に対しての気遣いをできるかが会社の信頼などへ繋がることになり、売り上げや利益というものへと変わっていくのです。

このように考えていくとビジネス用語を正しく理解することは最終的に自分の給与へと関わりを持つことがわかりますよね?

売り上げが落ち込むようでしたら月収が下がる可能性もあり、ボーナスもカットされるかもしれません。

そういった事になっても態度を改めないようであれば最終的には会社では必要のない人間となることも考えられます。

このようにたかが言葉ではありますが覚えるべきものはきちんと理解とすることが大事なことでもあり社会人となればビジネスに対する勉強の姿勢というものをサボってはいけないということになるのです。

それでは今回のテーマともなる「マンパワー」についてですが、どういった時にこの言葉を用いるかを自分でも正しく理解しているでしょうか?

また、この言葉の持つ意味などもわかった上で使っているのかも確認したいですよね?

まずは、ビジネス用語でも多用することの多い言葉、マンパワーの意味から見ていくことにしましょう。

マンパワーの意味、知ってる?

社会に出ると色々な言葉を使って会話や文章を考えなくてはいけませんが、マンパワーという言葉を使った方も多いのではないでしょうか?

先輩から聞いた・何かの資料に載ってたなど、色々なことが考えられますが自分でも正しく理解しないとある意味では大変な事にも成り得るのです。

こういった言葉って色々と出てきますのでいちいち覚えるのも面倒ですよね?

本来の仕事を覚えることでも大変なのに、訳のわからない言葉をさらに勉強しなければならないなんてと思う方もいるでしょうが、この事が大切にされるのにも理由というものがあるのです。

日本の企業同士の付き合いを考えていくと、アメリカのような対等という立場での取引はあまり多くないことがわかります。

それは仕事をする上では悪習ともなってくるのですが会社の先輩などが作り上げてきた社風でもありますので中々変えることも出来ないのです。

取引先には頭を下げる・絶対に失礼のないように心がけるという事が今でも多くの会社では行われていますし、その事は今後も変わることは難しいかもしれません。

そうであるならば、ビジネス用語に対して面倒なイメージなどを持っていても覚えることでしか自分を守れないということにも繋がっていくのです。

この事ですが「自分が起業して社長になればこんな言葉は使わなくてもいいじゃない」などの甘い考えを持つ人もいますが、自分で会社を興した場合にはますます必要になりますのでご注意下さい。

仕事を貰うためにはクライアントへの失礼な態度などは許されませんよね?

その事を考えていけば自然とビジネス用語に対する理解を深めていかなければいけない事に気づかされますし実行しなければいけません。

そうしたことから導かれる答えですが、日本で働く以上は面倒な言葉でも理解をしていかないと仕事がなくなってしまうという事になるのです。

カタカナばかりのビジネス用語

ビジネス用語ですが会社に入って初めて見る・聞くなどの言葉が多いと感じたことはありませんか?中でもカタカナの言葉ですが、色々と出てきますよね?

今回のテーマでもあるマンパワーもそうですし、アサインなどは企画会議などでもしょっちゅう出てくる言葉になります。

こうした用語を全て覚えることは難しくもありますが、よく使われる言葉に対しては意識を高く持つことば大切になります。

覚えておかないと置いていかれる!


こうした言葉に対しての意識が低い人は必ずと言ってよいほど出世から遠ざかっていくことになります。

取引先に対して失礼のないような人選というものも会社には利益に繋がることにもなりますし、言葉に対しての理解が低い人間は必要ではないという結果にもなってきます。

こういったことは同期入社などでも少しつづ差が開くことにもなり、同じような売り上げをあげていても優遇される人物が出てきます。

その違いというものはまさにビジネス用語の理解という事も要因の一つとなるのです。

会社にとって必要な人材ですが、利益を確実に上げることが出来る人物でありそれを継続させる力のある人間を常にチェックしています。

ビジネス用語というものもそれを見極める大きな項目となり自分たちは会社から言葉などに対する姿勢という事も見られているのだと思って下さい。

自分がなぜ同期入社である一人と差がついてしまったのだろうなどと思っているのであればビジネス用語ということに原因がある時も出てきますので、もう一度理解を深めるように努力をすることが大切なのです。

主要なビジネス用語だけでも頭に入れよう

このビジネス用語ですがどんなに頭の良い人間だとしても全てを覚えていくことは難しいと言えます。

業界によっては意味不明の言葉もありますし、何千種類ともなれば覚える気持ちもなくなってしまいますよね?

ただし、そのように感じたとしても自分の仕事へ直接影響がある言葉はきちんと頭に入れるようにして下さい。

これまでも面倒に感じてしまっては本当に会社での居場所というものもなくなる可能性がありますし、仕事に対する意欲というものもなくなってきます。

周りではドンドン出世する人物が出てくるのに自分は取り残されたままという状況にもなってきますので、主要な言葉だけでも正しく理解した上で使っていくようにすることが大切になってきます。

マンパワーの意味

ビジネス用語については本当に自分の将来を左右することになりますので気をつけていきたいところでもありますが、このマンパワーという言葉も頻繁に出てくるものとなり、覚えておきたい言葉ですよね?

なんとなくの意味はわかるということではなく、自分の仕事でも多く使われることの多い言葉に対しては少しづつでも理解を深めていくことが大事なのです。

それではこのマンパワーにはどういった意味があり、正しい使い方ということについてお話ししていきたいと思います。

これまで理解していた意味とは違ってくる可能性もありますのでこの機会にしっかりと覚えていくようにしましょう。

労働力

まず一つ目の意味が労働力ということになります。

マンパワーが足りない!などと言ったものはニュースなどでも聞くようにもなり会社だけではなく一般的な言葉にもなりつつある大事な言葉になってきます。

この労働力というものは会社を存続するために必要となる力ですよね?

自分が働いている会社も労働力が欲しいと思ったからあなた自身を採用したという事になってきます。

この意味はとても直接的でもありますので何となくイメージが出てくるのではないでしょうか?

会社などで考えていけば労働に対する必要な力ですし正しい意味を理解していくと色々な言葉の使い道というものも見えてきます。

また、労働力の他にはこのような意味も含まれてきます。

人的資源

人的資源というと何か難しく考えてしまいますが、これはある人物が会社へもたらす経済的な価値などのことを指しています。

優秀な人材を育てあげることは会社の利益へと結びついてきますので、多くの起業は常にこの事を考えているわけです。

毎年多くの新入社員をとる理由もこの人的資源となる優秀な社員を育てあげたいからにもなりますし、そのような人材になりうる人物を採用することになってきます。

あなた自身がマンパワーという言葉を理解していなかったとすれば、それは会社の人的資源となるには難しいかもしれませんよね?

会社は期待をかけた上で採用への行動を起こしたことになりますのできちんと人的資源となれるように努力もしなくてはいけないという事になります。

人材

この人材という言葉も正しい意味を知っている人は少ないかもしれません。

この言葉自体の意味ですが、才能のある人物・役に立つ人物などの意味があることをご存じだったでしょうか?

単に作業などをこなすような人などを指すのではなく、会社や社会といったものへ貢献できる人たちのことを言うのです。

このようにビジネス用語の言葉の意味を理解していくと何となく何を指しているのかがわかってきますよね?

マンパワーにしてもどういった人たちのことを指しているのがわかれば色々な使い道なども出てきますし自分でも正しい言葉の使い方を出来るようになるのです。

それでは言葉自体の持つ意味という事に関しては理解しましたが、最終的にマンパワーはどんな事を言っているのでしょう?

マンパワーをまとめると

マンパワーの持つ意味を調べていくと有能であるとか経済的価値の高い人物などといった言葉が出てきますよね?

それらの事を考えていくとマンパワーというものは才能などに溢れる労働力・有効である労働力などといった事になるのだとわかります。

まずは有効な労働力にとはどういった事なのかを見ていきましょう。

有効な労働力のこと


有効な労働力といっても何だかよくわからない方も出てきますよね?

ここでの有効とは効果があるということを指します。

ですので、マンパワーという言葉は効果や効力がある労働力なのだということがわかってきます。

また、マンという言葉は通常であれば男性などを指す言葉として考えることが多いのですが、ここでは人間という意味となりますのでご注意下さい。

こうした事について簡単な言葉に直してみると次のような意味を持っていると言えます。

「マンパワーとは会社などにとっての価値の高い人間」このような人達のことを言っているのです。

価値の高い人を見つけるのはとても難しいことに感じますよね?

一体どのような人が会社に利益をもたらすか等は入社してみなければわかりません。

それで会社がとる行動というのが複数の期待できる新入社員を採用するということなのです。

マンパワーという言葉はこういった会社の人材など以外でも使われますがこのような意味を持っているのだということを理解していくようにしましょう。

また、価値などではなくこのような意味を持つ場合もあります。

能力や才能という意味の場合もある

労働力という意味の他にはその人が持つ才能や能力といった事を指す場合もあります。

例えば特殊な技術力が求められるプロジェクトなどにおいては、ある一定の能力などを持った人材が必要となってきますよね?

何か特別な資格を持った人など色々と考えることが出来ますが、その人たちじゃないと意味がないという時にもマンパワーという言葉は使われてきますので覚えておくようにして下さい。

これら2つのことを考えるとマンパワーの意味は優秀な人物であるということがわかってきます。

言葉だけを見てもある程度は理解できる言葉ではありますが、正しい意味を覚えることによって使い方という事も適正になってきます。

そして、使い方が正しくなっていくと最終的には自分への信頼に変わってきますのでビジネス用語の大事な言葉などは自分でも調べ上げるような習慣をつけて下さい。

マンパワーの語源

それではマンパワーという言葉の語源というものにも注目をしていきたいと思います。

ビジネス用語として用いられものですのできちんとしたことを知っておくことも大切な必要知識となり、そうした正しい理解が良い言葉選びをする事にも繋がっていきます。

英語「manpower」

元々の言葉は英語からのmanpowerとして日本でも使われるようになったのですが、ここでの意味というものも労働力や人的資源といったことであることがわかります。

また、manという言葉に対しても人間という事で使われており人の力や能力を求められる言葉の意味となります。

そのままの意味で使われている

ここからわかることですが、英語でもとくに変わった使われ方というものはありませんよね?日本の場合はカタカナとして用いられるだけであり意味的にも同じとなっています。

このマンパワーについてですが、例文などで理解を深めていくことも大切になってきます。

どういった使い方があるのかというのも自分の勉強にもなっていきますのでご紹介していきたいと思います。

マンパワーの例文

それでは実際にマンパワーという言葉を使った例文で使い方を覚えていくことにします。

ここではその言葉の意味なども考えながら読み進めるようにして下さい。

このプロジェクトには技術的な知識を持つマンパワーが足りない

会社では色々なプロジェクトなどを進めることが多く、その時にはチームを組んで仕事にあたることになりますが必要な人材というものは出てきますよね?

何かしらの役割というものは必ず発生することになりここでの例文で言えば特別な知識を持った人間がチームにいないということになります。

特別な知識というものも自分のものにするには多くの時間をかけることになってきますし、そういった技術を持った人間がプロジェクトなどでは絶対に必要になります。

この場合は、ある能力や才能を持った人物についての使い方となってきますので同じ様な境遇などになった場合には実際に使ってみることも大切になります。

うちの社長はマンパワー不足の事態になることを考えていないから心配だ

同僚同士での話で出てきそうな例文ですが、社員でも優秀な人物をそうではない人にわかれてきます。

そして、そういった人たちが定年などによっていなくなった場合には会社の人間は優秀な人材を多く失うということにもなってきます。

若い人材を育てあげることを考えない会社などではこのような問題が起こりやすくなり、2代目となった社長が会社の経営を悪化させるなんて話はよく聞きますよね?

初代の社長は人を育てあげることが上手だったとしても2代目は売り上げ優先の考え方になり、人材育成などには見向きもしないといったことはよくあります。

結果として有能な人材がいなくなる時期がきてしまい会社の存続も危くなっていくという事になります。

今年はマンパワーへの投資をアップする

優秀な人材を揃える為には人への投資というものも考えていく事が大切ですよね?

多くの企業ではこういったことを新人社員の獲得などによって行うわけですが、経営状況が思わしくない時には投資なども控えることになります。

ただし、こういった会社の考えというものは最終的に正される場合も出てきてしまい、新入社員を増やすことでより良い人材を見つけるという事に方向転換するようなこともあるのです。

マンパワーというものはこうした投資などへの対象ともなり、いかにして優秀な人物をつくっていくかという意味でも使うことがあります。

これは会社などに限らず多くの人出を必要とする行為でも使うことがあります。

ボランティアのように人の手を多く借りるようなものでも使えそうな言葉ですよね?

マンパワーはビジネス用語の一つですが、使い道というものが幅広いものでもありますので参考にして下さい。

このマンパワーで進めていくことはかなり難しい状況だと言える

会社などの売り上げが落ちてきた場合に会議などで出てきそうな例文ですが、会社にいる社員にもそれぞれ質というものがあります。

どの社員も仕事を一生懸命にこなしていてもそれが直接に売り上げへと繋がるかどうかは別の問題でもあるのです。

そういった状況の時には新たに有能な人材を補充することも考えられますよね?

例えば中途採用などを行う会社が当てはまりますが、会社の新たな企画などをする場合にも特別な人材などが必要になってくる時があります。

その場合でも今の社員で期待が持てない場合には何かしらの優秀な人物を補充しなければいけません。

こういったマンパワーの使い方もかなり頻繁に出てきますので、使い方を覚えておくようにして下さい。

来年のマンパワーに頼るしかないのだろうか

新入社員が思ったほど良い人材ではなかった場合などこのような言葉も出てくるかもしれませんよね。

自分たちが考えていたよりも低い水準などの場合には悪い意味でもマンパワーという言葉を使うことがあります。

これもまた会社などではよく使われる内容となっていて覚えておきたい使い方となります。

マンパワーを使った例文をいつくかご紹介しましたがそれほど難しいものはなかったように感じたのではないでしょうか?

言葉の意味さえきちんと理解をしておけば自分でも十分に使いこなせる言葉でもあり、便利なものとさえ感じますよね?

マンパワーという響きも良いですしこういった言葉を使いこなしていくことで自分の評価というものも上がっていきますのでドンドン使うようにして下さい。

それではどうしてこういったビジネス用語を覚える必要が出てくるのかを考えていきたいと思います。

マンパワーに限らず多くの用語が必要となるのはなぜなのでしょうか?

ビジネス用語を覚える理由

学生などではこういったビジネス用語の必要性というものはほとんどありませんが、社会人となると必要になるのはどうしてなのでしょう?

普段と同じような言葉を使っていけば誰しもが楽であることは確実だということはわかりますが、ビジネスマンになるとどうしてもビジネス用語というものを覚えなければいけません。

この大きな理由の一つが昔から使われているということになります。

中でもカタカナのビジネス用語が多くなるのは今まで会社を支えてくれてきた人たちがかなり使っていることで引き継がれていくことになってきます。

日本人の意識というものですが高度成長期などに入ると多くの言葉を生み出すようになりました。

ビジネス用語というものもその一つとなり日本全体の復興などには大きま意味を持つのです。

戦後は本当に何もないような状態からのスタートですのでこういったカタカナを使った和製英語のようなものが増えてくるのもなんとなくは理解できるのではないでしょうか?

気持ち的にもカタカナを使った言葉というものはやる気が出るようで日本が経済大国となるのもかなりの短期間で成し遂げられたと言えます。

このような昭和の歴史が今でも残っている事でビジネス用語というものが根付いているわけです。

自分たちには直接は関係がないかもしれませんが、この日本という国を支えてきた人たちが作り上げてきたものでもあり、簡単に排除することは難しいと言えます。

更にこういった言葉というものは会話をする上ではクセのようにもなってきてしまうので、この事から考えていってもビジネス用語をなくすという事は簡単ではないという事がわかります。

社会へ出るようになればビジネス用語に悩みを抱える方も多くなると思いますが、色々なことから考えていっても覚えておくことは大切になりますし必要性というものも持っています。

また、このビジネス用語を覚えることではこのような作用も出てきますので忘れないようにして下さい。

人からの信頼が得やすい

私たちは仕事というものを通じて人からの信頼を得ることとなりますが、この仕事の中にはビジネス用語はたくさん含まれてくることがわかりました。

今回例文を挙げた中でもこういった言葉というものは会社の中でも使いますし取引先との連絡事項などでも頻繁に使うことになります。

また、このビジネス用語を正しく使えることについてですが自分への信用となり人から信頼される人物へと成長していくことになります。

未だにビジネス用語というものは色々な人が使い続けているわけですからその言葉を使いこなしていくと仕事の出来る人物に見られるという事になるのです。

このような信頼の得方というものは日本独特のものでもあり外国などでは聞くことはありませんよね?

あちらでのビジネスの関係は対等であるという事が多くなりますしこのような特別な言葉を交わさなくてもお互いに良い関係を築けることにもなっています。

ですが、そういた関係というものは日本においては不可能に近くなってきます。

取引先に対しては絶対に失礼のないように努めることが大事となりますので注意も必要となってきます。

この事ですが最終的には自分の為に覚えると言っても大袈裟ではありませんよね?

ビジネス用語を使っていかなければ社会的にな信頼というのも得ることが出来ませんし会社内でも難しくなってきます。

大きな仕事を得るためには信頼というものがなくてはいけませんしそのために必要となるものがビジネス用語も含まれていると考えるようにして下さい。

出世へ繋がる

ビジネスでの出世というものを考えていくと、会社にとって有能な人ほど出世も早いということがわかります。

その理由の一つにビジネス用語があるのですが、こうした言葉の使い方を知っていれば色々なシーンで使用することが出来ますよね?

業界独自の言葉などもあれば仕事の出来る人間として見られることにもなりますので、会社のイメージ的にも良くなることがわかります。

そのような人物になれば任される仕事や取引先から受注するものが大きな金額へと変わっていき、会社へ利益をもたらす結果となるのです。

もちろんビジネス用語だけが原因とはなりませんがこういった言葉を理解しようと努力する人間であれば、他の事に対しても一生懸命になることも理解できますよね?

ちょっとした事が将来への出世というものに繋がるきっかけにもなりますので、ビジネス用語だからといって甘く考えていてはいけないという事も忘れないようにして下さい。

マンパワーの使い方をマスターしよう

今回はビジネス用語の一つである「マンパワー」についてのお話しをしてきましたが、皆さんの場合は正しい意味を理解した上で使っていたでしょうか?

また、言葉自体を知らなかったといういう方であればこれからの仕事でも困ることにはならないと思います。

こうした言葉についてですが普段の生活では出てこないために使いづらいという事を思う方も多くなってきますが社会へ出た以上は慣れるということも大切になります。

今までの生活と違ってくることは自分を常に成長させることであり、それは将来的な幸福へと変わってくることになります。

いくら仕事だけが出来たとしてもビジネス用語を使いこなせないようであれば人とのコミュニケーションがどうしても劣ってしまうことになり会社での出世というものも望めません。

使う必要があるものは自分でも意味や使い方というものに対して興味を持つことも必要ですしやらなければいけない事でもあるのです。

日本では多くのビジネス用語が頻繁に使われていますが、ご自分での使い方というものに自信をもてるでしょうか?

もし、不安なままで使っていたとすればそれは将来的に自分を苦しめてしまうことにもなりかねません。

正しい知識を得る為にビジネス用語で迷った場合は自分でも学び取っていくことが明るい未来をつくることにも繋がってきますので、これからは分からない言葉を調べてみる習慣を持つことが大切であり幸せになるきっかけでもあるのです。