不手際の対策を考える
「ああ、また不手際なことをしてしまった…」「お前はいつになったらその不手際が直るんだ!」なんて自分で思ったり、誰かに指摘されたりして悲しい気持ちになったことはありませんか?

社会人にとって、不手際なことをするのは仕事だけではなく自分の将来を決めてしまうくらいに重要なことですよね。

とはいっても、なかには”不手際”という言葉の意味をしっかりと理解せずに使っている人がいるんです。

この不手際という言葉は、実は「ビジネス用語」だということをご存知でしたか?

社会人として働いている人であれば、確実にこの言葉の意味を理解したうえでこの言葉を使っていかなければいけないのです。

それができないとなると、少し恥ずかしいことになってしまうかも!?とはいえ、この記事をご覧になってくれているということは、すでに恥ずかしい思いを経験なさったのかもしれませんね。

もう二度とそのような気持ちを感じないために、この記事で”不手際”について100%理解していきましょう。

分からないことを分かろうとするその気持ちがとても大切なんです。

ビジネス用語の基本!不手際ってなに?

社会人になってからビジネス用語を聴く機会だとか使い機会が増えたのではないでしょうか?

しかし、学生時代だとかプライベートではあまり使わない言葉のために、”なんとなく”の理解でその場をやり過ごしているという方はとても多いんですよね。

もしかしたら、あなたもそのような人の一人かもしれないですね。

しかし、そのままあいまいなニュアンスで使っていたら、今はなんとかやり過ごすことができたとしてもそのうちに必ずガタが来てしまうものです。

それに意味を理解せずに使っていて、取引先の方から指摘されたり、怖い上司から指摘されていやな思いをするのはあなたなんです。

それに社会人になってまでもビジネス用語を理解できていない、正しく使えていないということは信頼を失う原因にもなりかねません。

あなたの会社はそこまで厳しくないかもしれませんが、会社によっては少しのビジネス用語を理解したり、使いこなせないだけで無視をされたり、物凄く怒られて恥ずかしい思いをすることだってあるんです。

今の環境に感謝をして、数ある中のビジネス用語の中でも今回は”不手際”という言葉について詳しく勉強していきましょう。

社会人になってから勉強する機会というのは、自分で作らなければなかなかやってこないものです。

そのため、勉強しなくてもいい・・・なんて思っていませんか?そんなことありません。

人生は、勉強と学びの連続なんです。

そうやって日々、社会人になっても勉強することで精神的にも成長することができます。

勉強を放棄してしまっているのであれば、人間的に成長するのを放棄しているのと同じこと。

現状維持するためには、少しでも学んでいかなければならないんです。

もしも、学んでいないと実力はどんどん衰え、知らない間に”ひどい社会人””なりたくなかったような社会人”になってしまっているもの。

では、質問です。

「不手際」ってどんな意味があると思いますか?不手際とは、簡単に意味を説明しますと「手際が悪いということ」「物事の処理の仕方やその結果がまずいことになっていること」をさしています。

”手際”に対して”不”がついているので、手際を否定した形になっているんですね。

手際がいいというと、なんでもスムーズにこなすことのできる状況をイメージされるのではないでしょうか。

その反対の意味を示しているのが不手際になります。

これだけでも”なんとなく”理解できた気持ちになれますが、次の項目で”不手際”の辞書的な意味合いやどのように使っていけばいいのかを勉強していきましょう。

️基本的なビジネス用語なので覚えておこう!

不手際はビジネスでよく使う
基本的なビジネス用語だというのに、しっかりと理解できているわけではないという方もいたはずです。

基本的なことだからこそ、しっかりと理解をしておきたいですよね!
自分だけが理解するだけではなく、誰かにきちんと教えてあげられるようなレベルになるのが理想です。

さっそく”不手際”という基本的なビジネス用語について詳しくみていきましょう。

辞書的な意味

さきほどもお伝えしましたが、”不手際”は辞書的な意味合いですと「手際が悪い」「物事の処理がまずい」「出た結果がおかしい」ということになります。

物事の結果が出るまでの過程においてのやり方がおかしくなっていたり、そのせいで結果がまずいことになっていることをさしています。

「手際が悪いから早く終わらなかった」なんて使ったことはありませんか。

これは、「不手際で仕事が早く終わらなかった」と変換することができるんです。

簡単ですよね!
しかし、ビジネスシーンでは、仕事に対するお詫びなどで主に使われています。

謝罪するためのメ-ルやお手紙のなかだったり、面と向かって謝罪するときに使われるんです。

あなたは、ビジネス面においてこの言葉を使ったことがないかもしれませんが、プライベートではこの言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。

例えば、通販で”水色のタオル”を注文したというのに、届いたのは赤色のタオルだったとしましょう。

それを販売元に問い合わせると「不手際により申し訳ございません」なんていう謝罪メールや手紙が送られてきたはずです。

不手際という言葉をビジネス面で使ったことがない方にとっては、少しおかしく感じたことでしょう。

不手際の使い方

不手際の使い方
手際が悪いことを全体的に意味している”不手際”という言葉は、もうそれだけで使うことができるような気がしてしまいますよね。

しかし、人によっては、意味はしっかりと理解しているのに間違って使ってしまっているなんていうこともあるのです。

せっかくきちんと意味を知っているというのに、そのように間違った意味で使っていると周囲に思われるようなことがあったら少し悔やみませんか。

そのようにならないために、ここでは”不手際”というビジネス用語の使い方を簡単に見ていきましょう。

どのようなシーンでこの言葉を使うのかについては後ほど詳しくご紹介しております。

ビジネスシーンで

基本的なビジネス用語ですから、主にビジネスシーンで使われることが多いです。

ビジネスで”不手際”という言葉を多用している方は、その言葉が体にしみついてしまっているところもあり、日常生活で使ってしまう方もいらっしゃいます。

ビジネス用語とはいえ、日常生活でも十分に使える言葉ですのでそこに関しては問題はありません。

しかし、多少は”堅い人だな”と思われる原因になるので、そう見られたくない人は注意したい言葉になります。

お詫び文を作成する時

ビジネスシーンで実際にどのような場面で使用するのか…といいますと主に”お詫び”をするときなんですよね。

これについては、さきほど簡単にご説明しました。

何かを謝罪するとき、手際の悪いこと・それまでの過程がおかしかったことによって悪い結果を生んでしまったことをお詫びするときに使われるんです。

仕事を100%完璧にすることができたらいいのですが、ロボットではないのでどんなに優秀な人であってもたまに失敗をすることってありますよね。

それが”不手際”になり、そのために誰かに迷惑をかけることになるんです。

そのときにお詫びもなにもしなければ、その人自身だけではなく会社全体の信用に関わる問題に発展することがあります。

不祥事を隠し続け、謝罪のなかった会社というのは、早いうちに没落していくのは目に見えているので分かっているはずです。

テレビニュースなどで報道されてしまえばもう終わりといっても過言ではありません。

不手際は、お詫びの文章などを作成するときに使うということを忘れないでくださいね。

「不手際=謝罪すること、わびるとき」なんていう方程式を頭の中に作っておくとこんがらがらないでしょう。

不手際の類義語とその違い

不手際という言葉は、しっかりと理解できましたか?理解できていたと思っても、不十分であることが多いんですよね。

特定の言葉をしっかりと理解するためにまずは、類義語までもチェックしておくといいんです。

類義語とは、同じ意味合いを持っている言葉になります。

また、なかには同じ意味合いを持っているけれどもビジネスシーンにおいて使われる”不手際”の意味とは違っているものもあります。

それを理解することによって、深いレベルで”不手際”という言葉を理解できるようになります。

さっそく、”不手際”という言葉の類義語とその違いについて確認してきましょう。

不始末

不始末とは、「後始末の仕方が悪いさま」「人に迷惑をかけるようなことをしてしまうこと」を意味しています。

不手際も最終的には、結果が悪いことになってしまうという意味合いだったのでなんとなく完全なる同意義語のような気がしてしまいますよね。

しかし、”不手際”は意図せずにその結果が起きてしまったという状況に対して、”不始末”というのはわざとそのような悪い結果に導いたという意味合いをもっているんです。

”わざと”なのか、”自然と”なってしまったのかの違いがあります。

処置がだらしないということに関しては、どちらも共通しています。

不行き届き

不行き届きとは、「注意がいき届いていないさま」「気が利かないこと」という意味を持っています。

前者の意味は、”不手際”と同じ意味合いを持っていますよね。

不手際の場合も、まずい結果に導く過程での注意力がたりなかったためにそのようなまずい結果になってしまったのです。

だって、注意力を持って仕事をしていればそのような悪い結果にいきつくようなことはないはずだからです。

また、後者の意味合いは不手際の意味と少し異なってきますね。

たしかに不手際でも悪い結果になってしまうのは、気が利いていないように思われがちです。

しかし、不手際は気が利くとか利かないとかのレベルではなく、”一生懸命取り組んでいた(はずなのに)悪い結果になってしまった”ということをあらわしています。

要するに、担当者はそこに気を利かせていたのが前提になるんですね。

不行き届きというのは、その店では気の利かない”性格”が重視されているため、不手際とは意味合いが少し異なります。

過失

過失とは、「不注意や怠慢などのせいで導いてしまった悪い結果」「失敗」「欠点」などを表しています。

この言葉は、不手際の意味合いとばっちり重なっていますよね。

不注意や怠慢さえなければ、悪い結果になるとは思えないじゃないですか。

また、不手際は顧客にはそのように表現しませんがいわば会社側の失敗であり、そのような事態を引き起こしてしまったというのは社内になにかしらの欠点があるということができます。

あなたの会社には、”過失”な面はあるでしょうか。

どんな会社にでも必ず過失はありますが、かといってそれをそのままにしておくとそのうちに”不手際”という言葉を使って謝罪する事態が発生してしまうのでそれが起こる前に解決しておくことをおすすめします。

不手際の英語表現

ビジネス…といえば、日本国内だけで終えるビジネスもあれば、海外進出している会社なために海外でもビジネスを行っている人もいますよね。

もしも、海外の取引先との間に”不手際”なことを起こしてしまったのであれば、どのように謝罪したらいいのでしょうか。

海外進出しているということは、それなりに英語の知識などを持っていると思います。

では、”不手際”を英語で表現するとどうなるかあなたは知っていますか?
ずばり、不手際を英語で表現すると「unskillful」「clumsy」「awkward」などになります。

ここで重要視していただきたいのが”不手際”というのは、それだけで名詞になることもあれば、形容詞として何か特定の仕事を指摘するということもあるということです。

「unskillful」「clumsy」「awkward」この3つは、形容詞となり、特に「unskillful」は、格式ばった言い方になるのでビジネスシーンで使うのにとても向いています。

それ以外になると少しラフな印象を与えてしまうために、「本当に謝罪する気持ちはあるのか」と疑われてしまうこともあるでしょう。

そのため、何かしらで謝罪をしなければならないときには「unskillful」という言葉を使うようにしてください。

また、どうして「unskillful」が不手際という意味合いになるのか簡単に英語の成り立ちを見ておきましょう!不手際というのは、その悪い結果に導いてしまった”能力のないもの”が存在したからそのようになってしまったんですよね。

「un」は否定し、何を否定しているかというと「skillful」です。

能力がないということをさしているんです。

もともとは能力もあるしいつもは評価されている人が不手際をしてしまったとしても、この言葉を使うことになります。

もしも、「能力がないわけじゃないのに」なんて思いたくないのであれば、日ごろから不手際なことを起こさないようにしっかりと仕事に取り組んでいきましょう。

️「不手際」という言葉を使うシーン

あなたは、これまでにビジネスシーンにおいて「不手際」という言葉を使ったことがありますか?

これまでに使ったことがある方であれば、どんなときに使うものなのか、どういうときには使わないものなのかということまで”なんとなく”理解できているのではないでしょうか。

しかし、これまでに使ったことがない人にとって、いったいどんなときに「不手際」という言葉を使うのか具体的なことが分からないと思っている方もいるはずです。

そのような方たちのために、どんなときに使うのかの一例をご紹介していきます。

商品の発送や納期の遅れ

取引先や顧客宛に特定の商品を発想しなければならないときに、他の仕事が立て込んでしまい遅れてしまうことってありますよね。

また、仕事も納期が遅れてしまい申し訳ない事態になってしまうこともあるかと思います。

そのような商品の発想や納期というのは、必ず間に合わせなければいけないものです。

それが社会人のルールであり、それを守れない人は社会人として排除されてしまいます。

そんなときにただ「遅れてしまい申し訳ございません」と伝えるだけではなく、どうして遅れてしまったのかの”理由”までも相手に伝える必要がありますよね。

そのように何かにつけて理由を提示するのもビジネスにおいては当然のことであり、当たり前にやらなくてはいけないことです。

そこで「仕事が立て込んでいて…」「風邪をひいていて…」「忘れていて…」なんて正直に伝えるのもいいですが、その理由によっては確実に相手からの信用を失ってしまうこともあります。

そうならないように、”不手際だった”ということを理由にしてしまうのです。

もしも、これから商品の発想や納期の遅れが生じてしまったときには、あなたの不手際が原因でそのようになってしまったのですから「不手際」という言葉を使って謝罪するようにしましょう。

サイズ違いや商品のミス

商品の発想におけるミスとして、多いのは「サイズ違い」「注文されたものとまったく違うものを用意した」ということです。

あなたもどこかしらの通販サイトを使ったときに、注文したものとまったく別のものが届いてしまってガッカリしたことがあるのではないでしょうか。

筆者も、とある通販サイトでヒートテックを購入したはずなのに到着したのはまったく別のニットということがありました。

サイズ違いなんて、さっそく手に入れたと思ったのにサイズが違うだけで仕事が進まなかったり、プライベートを充実させることができなかったりで相手にはとても大きな迷惑をかけることになります。

とはいっても、そのような失敗をしてしまったのは、担当者が注意していなかった、チェックしていなかったということが原因になりますよね。

だからこそ、その謝罪にも「不手際」という言葉を使うことができるんです。

従業員がお客様に取った恥ずかしい行動を詫びる場合

あなたは、お店などに行ったときに店員さんにおかしな行動をとられて不快な気持ちになったことはありませんか?

そのように従業員がお客様に対して、恥ずかしい行動だったり、気持ちを不快にさせるような行動をしてしまった場合にはわびますよね。

だってその謝罪の一言がなかっただけで口コミやSNSで悪い評判を記載され、拡散され、イメージダウンにつながってしまう可能性があるのですから。

そのため、そんなときにもで不手際を使うことによって謝罪することができます。

しかし、おかしな態度をとっただけでそれが”手際が悪い”ということになるのか・・・と少し納得行かない方もいらっしゃることでしょう。

この場合は、このように考えましょう。

従業員がとった行動によって、お客様がいやな思いをすることになったという結果を導いたんです。

その行動さえなければ、お客様はいつも通りに快適に買い物や食事を楽しむことができたかもしれません。

そのような態度をとってしまった従業員だけではなく、指導が行き届いていなかったという謝罪なのです。

そのため、上司が部下をかばって謝罪するときにも使われる言葉になります。

あなたも部下のために「不手際」という言葉を使って謝罪してくださいね。

️不手際があった時のリカバリー方法

不手際があったり、それが発覚してしまうとそれによって取引先やお客様からの信頼を失ってしまいかねません。

そのようにならないために謝罪するのでありますが、それでも謝罪するだけで終わらせてしまってはいけないんですよね。

ビジネスにおいて「不手際」というのは、会社の命を決めてしまうような重要な問題なのです。

とはいっても、その「不手際」があったときに実際にどのように行動していけばいいのか分からないですよね。

とりあえず謝罪しときゃあいいんでしょう~なんて軽い気持ちでいるのであれば、あなたはその会社にいる資格はありません。

あなたは会社のほんの一部の人かもしれませんが、外部から見ればその会社の代表でもあり、その会社を象徴する人でもあるからなんです。

不手際があったときには、それをリカバリーし、もう二度と「不手際」を起こさないことがとても重要になってきます。

ここでは、もう二度と「不手際」を起こさないためにやっておきたいこと、すべきことをお伝えしています。

これまでに「不手際」を起こしたことがあるというのであれば、このリカバリー方法をくまなくチェックしておきましょう!

とにかく原因を突き止める

どうしてその「不手際」がおきてしまったのかの原因は必ず明らかにしてください。

原因がはっきりしないままにしておくと、また同じような「不手際」を起こす事態がやってくるはずです。

だって、反省もできていないし、何も問題に関して改善していないのですからそのようになってもおかしくはないんですよね。

商品の発送が遅れてしまったのであれば、どうして遅れてしまったのかをしっかりと分析してください。

そもそもその仕事を忘れてしまっていたのかもしれないですし、商品の取り寄せするのが遅かったかもしれません。

手元にあるのにまったく別の住所に送付してしまって、返送してきている間に遅くなってしまった…なんていうこともありますよね。

解決法を探す

原因を突き止めることができたら、その解決方法を考えてください。

どんなことでもシンプルに考えれば、なんでも簡単に解決方法が見つかるはずです。

さきほどの例であれば、「仕事を忘れないように目に見えるところにメモをかくようにする」「商品の取り寄せは注文があったらすぐに行うようにする」「住所を間違えないように発送する」なんてすぐに何をすればいいのか、何を直していけばいいのかがわかりますよね。

単純なことだからこそ、忙しい毎日を送っているとどんなに優秀な人でも忘れてしまうことだってあるんです。

あなた自身の信用を落とさないためにも、解決方法をみつけてもう二度とそのような「不手際」を起こさないようにしましょう。

すぐに謝罪して対応する

「不手際」が発覚したらなるべく早く、すぐにでも謝罪をしましょう。

そのように対応することによって、「反省しているんだな」と大目に見てくれることがあります。

しかし、謝罪が遅くなってしまったり、まったく謝罪がなかったりすると「ここはこういう会社なのか」「まったく謝罪する気持ちもないんだな」と信用を失うことになってしまいます。

一人の顧客や取引先を失うということは、その倍以上の顧客や取引先を失うと考えたほうがいいです。

メールや電話などにより、早いうちに「不手際」だったことを謝罪しましょう。

お詫びの文章を送る

対応するだけではなく、お詫びの文章もしっかりと相手方に送るのが礼儀です。

ビジネスにおいてそのようなたった一通のメールや手紙によって、その後の契約の良き悪きが分かってしまうものなんです。

それにあなただって、相手が悪いのに何も謝罪してこないなんてイラッとしてしまうのではありませんか?

特に重大なことは電話で謝る

また、なかにはとても重要なことに対して不手際を起こしてしまった方もいるのではないでしょうか。

そのような場合は、(どんな場合もですが)一刻も早く対応をおこない(商品を発送するなど)、そして電話で直接にお詫びの言葉を伝えるようにしましょう。

お詫びの言葉を直接伝えるとなると、少し緊張してしまうものですが、電話というのが一番あなたの誠意を相手に伝えることができるツールなんです。

現代ではLINEやメールなどで気軽に連絡をとれる社会になってしまったため、なんでも電子メールで解決しようとする人が増えていますね。

もしかしたら、あなたもそのような人たちの一人かもしえません。

しかし、不手際を起こしてしまった責任をとって、相手の担当者の方に直接あなたの声で、あなたの言葉で伝えましょう。

もしもあなたの時間が許すのであれば、相手の会社やお客様のおうちに訪問してまでもお詫びをするべきです。

相手の顔を見て謝罪をするのはとても苦しいものです。

でも、そうすることによってあなたの心のなかに生まれてしまったモヤモヤを改善することもできますし、相手にも本当のあなたの気持ちを伝えることができます。

なんでも”すぐに行動””直接伝える”ということをモットーにしていきましょう。

同じ失敗を繰り返さないように共有する

さきほどもお伝えしましたが、「不手際」を起こしてしまったらかならずその原因を突き止め、そしてその解決方法まで考えてください。

その解決方法を考えるだけではなく、絶対に実践してください。

何事も実践しなければ分からないことがあるからです。

その方法に関して何か問題を見つけたのであれば、すぐにでも修正をして新しいやり方でトライしていってくださいね。

そうすることによって、同じ失敗を二度と繰り返さないようになります。

また、あなた自身はその失敗を繰り返さなくなったとしても、同じような失敗をあなたの周りの社員がやってしまうということもあります。

そうしたらあなたの失敗が水の泡になってしまいますよね。

そのようにならないように、必ずなにか失敗をしてしまったときは「こういうことがあった」ということを伝え、共有してください。

そうすることによって会社全体で失敗をするリスクがかなり減っていきます。

報連相を意識する

報告・連絡・相談…あなたはできていますか?これはビジネスの基本といわれていますが、何か問題を起こしてしまったときに報告したり相談するのって怖いために、なかなかできない人が多いんですよね。

そのため、問題が大きくなってから周囲の人にバレて、あなたの信用がガタ落ちになってしまうなんていうことも。

そうならないように、どんなに恥ずかしくて怖いことでも必ず報告や連絡、そして相談をするようにしましょう。

️「不手際」の意味を知って正しく使おう(まとめ)

今回は、ビジネス用語として使われている「不手際(ふてぎわ)」という言葉について特集してきました!いかがでしたか?

これまでに使ったことがあった方も使ったことがなかった方も、「不手際」の深い意味、そして使い方を納得して理解できたのではないでしょうか。

私たち人間は、ロボットではないため失敗をするものです。

しかし、失敗をしたからといって開き直るのではなく早いうちにその「不手際」に対する謝罪をすることによって、信頼を失うことがなくそのまま仕事を続けることができるのです。

信用・信頼で結びついているビジネス社会だからこそ、「不手際」が発覚したらその原因をつきとめ、もう二度と起こさないようにしましょうね。