何かをする度に感じる事ってありますよね。

例えば仕事をする際には何を目的として仕事を続けるのかを考えたことはありますか?

例えば仕事をする理由というのは様々あると思います。

お金を稼ぐためであったり、生活をしていく上で必要なことだからと常識の様に考える人もいるでしょう。

中には趣味と共通した仕事をしているという人はその仕事に誇りを持っているのではないかと思います。

他にも様々な理由で仕事をするという人は多くいると思いますが、中には興味が一切無いという人もいますよね。

ただ働いているだけというような人もいると思います。

様々な人がいる中、その何人かの人は必ず続けているという理由があります。

それは「やりがい」です。

仕事を続けている理由にも繋がりますよね。

辛いと思うのであれば辞めることもできるでしょうし、やりがいが得られるなんていう様な仕事というのは各個人が思うことであり、誰しもその様に思うという訳ではありません。

例えばよくあるのが、体力仕事にやりがいを感じるという人とそうでない人がいますよね。

体力仕事というのは工事であったり、土方といった仕事です。

力仕事が苦手だという人は決してやりがいというものを感じないのではないかと思います。

精神的に辛い、体力がなく直ぐにバテてしまうというような人はやりがいを感じません。

ですが力仕事が好きで体力もあるという人はこの仕事に「やりがい」を感じているのです。

確かに辛いこともあるかもしれませんが、その中でも喜ばれるという人がいるのです。

例えば依頼された物を運んだだけでも「ありがとう」と言ってくれる人がいる、感謝をされるという事にやりがいを感じてしている人もいるという事です。

今仕事をしているという人はその「やりがい」となるような部分を感じることはありますか?

またその仕事に誇りなどを持てていますか?

やりがいのある仕事というのは見つけるのにも苦労をしますし、全てが自分にとって良いというものでもありません。

ですが何よりも自分にとっては楽しい仕事であったり、充実していると感じることができるのであればそれは立派な「やりがい」になるのではないかと思います。

ではやりがいのある仕事というのはどの様なことを言うのか、やりがいが得られる仕事の10個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

やりがいのある仕事とは?

やりがいのある仕事とはどの様な仕事を言うのでしょうか?

今現に皆さんが働いている場所はその様なことを感じることがありますか?

あるという人もいればそんなものはないという人もいるかもしれません。

仕事には向き不向きなどもあり、仕事をしないという人も中にはいるでしょう。

やりがいのある仕事を見つけるというのはとても難しいことなのです。

仮にやりがいのある仕事を見つけたとなった場合は自分にとって天職であるという事に繋がります。

何より嫌と思うのではなく、その仕事に誇りを持っているからです。

例えば自分にとって楽しい仕事というのはずっとその仕事をしていたいと思いますよね。

嫌でやっているという人は早々にいないと思います。

仮にいたとすればそれは天職ではなく、ただしているだけという事になるのです。

やりがいのある仕事というのは大きく分けて3つあります。

ではどの様な仕事がやりがいのある仕事に繋がるのか詳しく見てみたいと思います。

やりがいのある仕事1:人の役に立つ仕事

人の役に立つ仕事というのは、とてもやりがいを感じさせることができますよね。

例えば先ほど言った土方などの仕事もそうですし、工事などもそうです。

駅の駅員さんも同じであり、お店の店員さんもそうでしょう。

人の役に立つというような仕事というのは、基本的に人が関わってくるものばかりです。

お店の店員さんでも買ってくれる人に対して「ありがとうございました!」と言うと思います。

またアパレルなどの店員さんになるとお客さんのコーディネートをしたり、相談に乗って一緒に服を選んだりとしますよね。

その時のお客さんの笑顔を見る度に「頑張ろう!」と思えてくるようにもなりやりがいという物を見つけるようになるのです。

人と接するという仕事が好きな人はこの様なことが多いのではないかと思います。

また駅員さんというのはとても人の役に立つ仕事をしていますよね。

駅の発着のお知らせであったり遅延のお知らせ、電車を動かす運転手など、様々なところで人を駅から駅へと運んでいます。

安全に今の私たちが使えるのもその駅員さんのおかげでもあります。

駅員さんからすると常に大変だと思うこともあるかもしれませんが、人々を安全に届けるという事にやりがいを感じている人も多いのです。

やりがいのある仕事2:自分にとって楽しい仕事


人と接する仕事以外ではどの様なものがあると思いますか?

例えばパソコンで何かを作るということをしたり、音楽を作ったり、ゲームを作ったりとあると思います。

それは後々で人に渡るものであり、仕事自体は自分達だけでどうにかしていますよね。

この様に趣味などを持っていて自分にとって楽しい仕事を持っているという人もやりがいを感じることが多いのです。

特に趣味からそのまま仕事をしているという人はとても楽しくできているのではないでしょうか?

よくゲームが好きだからゲーム会社に行くというような事もあると思います。

ですがそれはゲームが好きだからという趣味があったからこそ、その道に行けたのではないでしょうか?

自分にとって楽しい仕事というのは自分の趣味にあっているという事でもあるのです。

なので仕事以外でもその事について勉強をしたり、資格などがあればその資格を取ったりすることができるという事もできるのではないかと思います。

今現にその様な仕事についているという人は自分を更に磨くことで精一杯になったりしているのではないでしょうか?

好きな物のためなら、とりあえずその知識を一杯蓄えて、仕事にも活かしたいですよね。

そして自分自身がそれをして楽しいと感じるかどうかです。

この様な仕事も「やりがい」の1つに繋がるのではないかと思います。

やりがいのある仕事3:充実した仕事

充実した仕事なんていうのもあるでしょう。

自分自身にとって充実した仕事というのは様々あるのではないでしょうか?

職種はどの様なものでも構いません。

時には忙しく、時には暇だったり、時には同じ仕事場の人と喋ったりする事で充実していると感じるというように思う人も多いと思います。

そうした中でこの仕事に「やりがい」というものを感じるという風に考えることができるのです。

これは仕事が充実しているのと同時に、その場にもっといたいと感じさせることができるような仕事かどうかであるかという事が重要になります。

例えば、仕方なくというような考えは充実はしているとは言えません。

忙しいから充実しているというような表現をする人もいますが、それは間違いです。

忙しくても必ずその仕事を「まだ続けていたい」と思うのかが重要になるのです。

それを思うのであればそれは充実した仕事と言えるでしょう。

ですがその様なことが無いという状態であればそれは充実した仕事とは言えないですよね。

やりがいというのはこの様な充実した仕事にも感じることが多いはずです。

今の皆さんはどうでしょうか?

やりがいが得られる仕事の10個の特徴

ではやりがいが得られる仕事の10個の特徴というのはどの様なことがあるのでしょうか?
まず考えれることとして、やりがいというのは仕事に対して熱意がある事もありますが、「辞める」という気持ちが無いという事でもあると思います。

仕事というのは自分に合う合わないがあると思います。

合う仕事を見つけてどんな困難でも立ち向かって乗り越えてその先を見たいと感じるのであればそれは「やりがい」になるでしょうが、それを乗り越えて何も感じないとなれば「やりがい」にならないですよね。

今の仕事にしょうがなくしていたという様な考えは「やりがい」というものを失くします。

ではどの様なものが言えるのでしょうか?他には自分が成長をしたと思えることはやりがいに感じますよね。

他にも目標がハッキリとしていたり、努力や経験を活かすなんていう方法も「やりがい」を多く感じるのではないでしょうか?

特に経験や努力というのは必ず後々で成果として残ることが多いです。

やりがいが得られる仕事の特徴としてこの経験や努力というのは最も多いのではないかと思います。

他にも様々なやりがいが得られる仕事があると思いますが、その10個の特徴について詳しく見てみたいと思います。

今現にやりがいを感じる仕事があるという人はどの様なことにやりがいを感じますか?

やりがいが得られる仕事の特徴1:困難や苦難が多い


困難や苦難が多いと思いやりがいを感じる人もいます。

これには個人差があるでしょう。

困難や苦難が嫌いだという人もいるかもしれません。

大半の人がそうでしょう。

ですがその事に立ち向かって乗り越えていくことにやりがいを感じるというような人もいるのです。

基本的に自分を磨きたいと思うような事からこの様に感じるという人が多いのではないかと思います。

例えばトラブルなどがあったりミスなどがあってもそれを乗り越えて完成をさせるからこそやりがいを感じるという人もいるのではないでしょうか?

この様な人はよく何か作成をしていたりするという人が多く、競争心もあるのではないかと思います。

乗り越えた先にやりがいがある

乗り越えた先にやりがいがあると思う人もいるのです。

ですがそれは決して間違いではありません。

困難や苦難を乗り越えた先というのはとてもやりがいを感じ、達成感が何よりもあります。

その達成感をやりがいにしているという人もいるのです。

よく困難に立ち向かってそれを乗り越えて始めて克服をするというような事もありますが、それを克服した先というのはとても達成感があり気持ちの良いものですよね。

その様な経験というのはありませんか?

努力が実ったというような経験です。

この様な経験でやりがいを感じるという人も少なくないのです。

やりがいが得られる仕事の特徴2:自分が成長していると思える

自分が成長していると思えるからやりがいを感じるというのもあるでしょう。

これはよくスポーツをしている人にあると思います。

自分が成長をしているというのは、今までできなかったりした物をできるようになったり、苦手としているものを克服したりというような事です。

自分が成長をできると実感して「やりがい」を感じるという人は多く、例えば今までタイムが縮まらなかったのが縮まるようになってベストスコアを出した!というような事であれば自分が成長していると思えますよね。

できない事ができるようになった、というのはその人にとってはとても大きなことなのです。

そしてそこから成長を感じるというような事に繋がるのです。

自己成長を感じられる

自己成長を感じられるというのはとても素晴らしいものです。

それにやりがいを感じる人は多く、常に自分を成長させたいという心からこの様なことを感じられるようになるのです。

どんな事でも良いでしょう。

仕事で業績をあげる、他の人よりも早く仕事を終わらせるというような事でも良いです。

そこに自分の成長というものを感じられるのであれば、それは成長をしたという事であり、やりがいに変わっていきます。

更に自分を高めようと努力などをしたり勉強をしたりとするかもしれません。

その評価というのは必ず誰かが認めてくれるようなものでもあります。

誰も見ていないからというような事はありません。

ですが決して間違った方向にだけは進まないようにしましょう。

例えば自分を成長をさせたいからと言って危険なことをしたりするというような事だけはしないようにしましょう。

やりがいが得られる仕事の特徴3:条件は二の次

条件は二の次に考えるという特徴もあります。

やりがいというのは基本的にはその事に対して楽しいと感じたり熱意を出したり、やる気を出したりするという事です。

その仕事の条件というものはどの様なものがあると思いますか?例えば「この様にしなければいけない」というようなルールです。

また「これが普通だ」というような常識というのもありますよね。

ですがそれを後に置くという事です。

内容がどうであれ、まずは楽しくできるのかどうか、それに対してやりがいを感じられるのかという事を考えて行動をする人が多いのです。

条件とやる気の関係

条件とやる気というのは似ているようで違います。

例えば相手から出されたものは条件ですが、やる気というのはその条件がなくとも継続はしますよね。

基本的にやる気が出ないという状況であれば条件を出されたとしても、決してそのことをしないと思います。

または適当にするというような事になってしまうでしょう。

条件があるのであれば、それはやる気には関わってきません。

やる気があるものであればどんな条件でも了承をするはずです。

ですがそれがとても無理な物の場合は諦めたりするかもしれませんが、条件とやる気というのは似ているようで違うという事を覚えておきましょう。

やりがいが得られる仕事の特徴4:目標がはっきりしている

目標がはっきりしているというのも特徴の1つです。

目標があるからこそ今の仕事に「やりがい」というものを感じるという人が多いはずです。

例えば業績などは周りからも見て解るようなものですよね。

ですがそこには影での努力というものもあってからこそだと思います。

目標となるものがあるからこそ業績を残すことができる、またその先のことを考えることができるという事になります。

目標がハッキリとしているのであればどんな困難にも立ち向かうことができるというような考えがあるので、やりがいのある仕事の特徴とも言えるのではないかと思います。

キャリアプランが立てられる

キャリアプランが立てられるというのもあるでしょう。

基本的に目標がはっきりとしていると仕事の内容や順序など、その目標に向かうための道のりというものを組み立てることができます。

なので今の自分に何が足らないのか、それに対してどの様に勉強をすれば良いのかという事を組み立てることができるのです。

キャリアプランが立てれるようになると将来どの様なことをするのかというような具体的な夢がはっきりと現れるようになります。

その道のりというのは個人差があり、直ぐに飲みこめる人と飲み込めない人とで別れてしまうでしょう。

時には挫折などをしかけるかもしれません。

ですがそこにも「やりがい」を感じてしまうので、諦めるというような事があまりないのです。

やりがいが得られる仕事の特徴5:熱心に取り組める

熱心に取り組めるというのもやりがいが得られる仕事の特徴と言えるでしょう。

これはよくある事ですが、熱心に取り組むことでその仕事全ての事に全力になれますよね。

例えば何かを作るとなっても、何か仕事を与えられても熱心に取り組むことができれば、完成などをした時はとても嬉しく充実したように感じられるでしょう。

それが「やりがい」へと繋がるのです。

この様な仕事というのは多くあると思います。

何故ならどんな仕事にでもあるからです。

熱心に取り組むというような事は簡単に言えば時間を忘れるくらい夢中になっているという事も言えるのです。

その様なことはありませんか?熱心に取り組めるような仕事に就いているという人はとても楽しくしているのではないでしょうか?

環境や仕事内容

熱心に取り組むには環境やその仕事の内容に大きく関わってきます。

例えば環境が静かな環境で仕事内容も集中してできるような物、例えば事務処理などであったら良いですが、これが騒がしいところで事務処理をするというような事になれば話は別になってきますよね。

熱心に取り組むことができるというのはそれと同時に環境も良いという事です。

その適した環境で仕事をするというのが一番ベストな状態であり、その時のやりがいは大きく違うのではないかと思います。

苦痛に感じるような事は「やりがい」には繋がりません。

よく覚えておくようにしましょう。

やりがいが得られる仕事の特徴6:記憶に残る

やりがいが得られるというのはよく記憶に残ります。

例えばこんな事があった、嫌な事でも楽しいことでもたくさんあると思います。

その時の記憶というのは残りやすいですよね。

それは仕事でも同じような事が言えますしプライベートでも同じような事が言えます。

嬉しいこと、感動したこと、辛いこと、泣いたことなど様々なことは記憶に残るのです。

そしてその記憶、仕事の内容であったり出来事を巡った時に、始めて「やりがい」というものを感じたりすることができるようにもなるのです。

良いことだけではなく、自分にとっては忘れられない嫌なことであったり出来事、嬉しいことと様々あると思います。

それが残るほどの事を感じて仕事にやりがいを覚えるようになるというような事もあるのです。

仕事が楽しくなる

その様な記憶というのは後々に笑い話にもなったり、また思い出して考え込んでしまったりするような事も多いと思います。

記憶というのは時間が忘れさせてもくれますが、中には仕事が楽しいと感じることも多いはずです。

様々な経験から今の仕事ができるようになったとなれば仕事が楽しくなるのではないでしょうか?

どんな事でもマイナスな方向に捉えずプラスな方向に捉えることができれば更に楽しく仕事をすることができるのではないかと思います。

仕事が楽しいというのは様々な事があるからこそです。

そこにやりがいを感じられる仕事もあるという事を覚えておくようにしましょう。

やりがいが得られる仕事の特徴7:スケールが大きい

仕事の規模というものがあります。

その規模が大きければ大きいほど、更にやりがいを感じることができるのではないでしょうか?やりがいを感じるという特徴の中に、充実したものであったり、自分が困難を乗り越えて達成するというような事があったと思います。

例えば仕事のスケールが大きいと困難なども大きくなることでしょう。

そして様々なトラブルなどがあると思います。

ですがそのスケールが大きい仕事に携っていたという事、そして様々な事があったという経験からやりがいを感じるような事もあるのです。

自分も携わることできる

スケールが大きい仕事に自分も携ることができるというのはやりがいを感じるのではないでしょうか?

例えば有名なブランドのプロジェクトであったり、ゲーム開発であったりとした場合はとても嬉しく思うのではないかと思います。

それが完成した際には自分も携ることができるという事で、そこにやりがいを感じるというような人もいるのです。

やりがいが得られる仕事の特徴8:自分の活躍する場がある

やりがいが得られる仕事の特徴として必ず自分自身が関わらないと意味がないですよね。

様々な仕事でもそうです。

例えば他の人が活躍をしていたとしても自分自身は何もしていないという事にやりがいは感じませんよね。

必ず自分が関わっているという事、活躍できたというような事がなければやりがいというものを感じないです。

自分の活躍する場があるという仕事はとてもやりがいを感じることができる特徴の1つであり、とても重要な特徴なのです。

自分が求められていると実感できる

まず自分が求められているという事を実感できるのではないかと思います。

例えば受付などの仕事していると「道がわからないので教えてください」というような事がくると思います。

その時に始めて「自分が求められている」という実感ができるのではないでしょうか?他の仕事も同じような事が言えます。

例えば自分が求められていると実感できるような仕事は様々ありますが、特に人と関わるような仕事ではこの気持ちを実感できるはずです。

そこにやりがいを感じ、様々な人が活躍をしているのです。

やりがいが得られる仕事の特徴9:自分のスキルや技術を活かせる

自分のスキルや技術を活かせるというのもやりがいを感じる特徴の1つです。

仕事でその様なことを使うというようなのは、例えばプログラミングなどの仕事がそうでしょう。

発想などをきかせてプロジェクトなどに入ったり、様々なアプリなどを作ったりするとなった時に自分のスキルや技術を活かすことができたらとても嬉しいですよね。

そこにやりがいを感じるという人は多いはずです。

これまでの努力の実りを実感できる

特にこの様な人達は基本的に今まで努力をしてきています。

例えばどんなものでも勉強というものは必ずしなくてはいけません。

また繰り返して間違えて覚えるというような事も多いはずです。

これまでの努力の実りを実感できるというのはとても素晴らしいことであり、そこにやりがいを感じることも多いでしょう。

それほど周りからも信頼をされたりするので、常に人が集まってくるような事もあると思います。

やりがいが得られる仕事の特徴10:努力や経験で成長していける

努力や経験で成長していけると実感ができるからこそ「やりがい」というものを感じる人が多いです。

特に仕事をしている時にはその努力や経験が生きます。

例えば過去にあった経験を今その場で修正をする事で新しい事にもチャレンジすることができたり、努力して勉強などをした結果を今ここで出すというような事もできると思います。

特に実力社会では、その力をいかにつけて成長をして、そして出すことができるのかが重要になります。

勉強や経験をしていてもそこで止まっていては意味がありません。

更に勉強などをして立派になるためには成長をし続けなければいけないのです。

同じような事の繰り返しだけではないという事です。

向上心が芽生える

やりがいを感じて向上心が更に芽生えるようになります。

向上心があるからこそ人というのは熱意などを出すこともでき、勉強や努力をするようになります。

また困難に立ち向かうといったこともあるでしょう。

向上心というのはどの様な仕事についても重要なものになります。

何故ならその向上心が無ければ今その場から上へと行くことができなくなるからです。

よく自分には無理だというようなマイナス的な考えを持つ人がいますが、その様な考えでは遅いです。

向上心があるからこそやりがいを感じることができるので覚えておくようにしましょう。

仕事にやりがいを持つには?

では仕事にやりがいを持つにはどうすれば良いのでしょうか?例えばやりたい事を明確にするというのは良い考えです。

それともう1つはやりがいというのは人それぞれという考えも持つべきです。

この2つの考えは特に重要であり、今後も左右することでしょう。

例えば人に集まるような人というのは似たりよったりするような事が多いです。

例えば頼れる人は頼れる人で集まったり信頼も厚いですよね。

ですが頼れない人であるところに人が集まるとなればそれは頼れない人だらけになるという事です。

よくある学生でのグループの様な関係ですよね。

問題児だけで集まって悪さをするようなグループとそれを止めるような正統派グループと分かれるのではないでしょうか?

人それぞれというような区分はとても大事なのでその事を頭に入れつつ、仕事にやりがいを持つにはどの様にすれば良いのか詳しく見てみたいと思います。

自分のやりたいことは何か

自分のやりやい事を探さなければやりがいを感じることができなくなります。

まず今の仕事に興味が無いという事になれば別のものを探してみてはいかがでしょうか?
そうする事で自分のやりたい事などが見つかるのではないかと思います。

また自分のやりたい事というのは自分が続けていて楽しいことです。

いわゆる趣味にも繋がりますよね。

その様なことを見つけられることができるのであれば一番ベストです。

興味のあることを見つけよう

まずは興味のあることを見つけてみることが大事です。

そしてそこからどの様にするのかを見つけることで、やりがいを感じることができるようになるでしょう。

例えば仕事をする際にこれについてしてみたいというような欲が出ればそれは興味のある事に繋がるのです。

是非見つけてみてはいかがでしょうか?

自分にとってのやりがいは人それぞれ

自分にとってやりがいは人それぞれです。

先ほど言ったグループなど分かれるというような話をしましたが、人というのは皆が違います。

なのでそれは仕事も同じことであり、生活も同じですよね。

自分にとってのやりがいに感じる事は、他の人にとっては違うという事を先ずは覚えておいてください。

そしてもし、自分が仕事をしていてやりがいのある物はどの様な仕事なのかと考えることが大事になるでしょう。

やりがいのある仕事を考えてみよう

やりがいのある仕事というのは、どの仕事でもあると思いますが、自分にとってのやりがいのある仕事というのはどの様なものがあるのでしょうか?

その仕事を見つけることで新しく興味のあることが見つかったりするかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?やりがいのある仕事の特徴をいくつかお話をしました。

やりがいというのは人それぞれであり、皆が共感できるものではないという事をまずは覚えておきましょう。

そしてやりがいのある仕事が見つからないという人は、先ずは興味を見つけることから始めると、自分なりのやりたい事を見つけることができるのではないでしょうか?

どの様な人でもやりがいに感じるというのは、その仕事に対して誇りを持っているという事も忘れないようにしましょう。

他の人ではなく、自分でなければというような考えも良いと思います。