社会人になるとこれまでは使わなかったような難しい言葉などを用いなければいけない場面がいくどとなくあると思います。

それは相手と会話をしたりする時もそうですし、相手とメールなどを交わしたり、文書などを作成するときも全く同じであると言えます。

例えば、ビジネス文書などを想像してみると、これまで聞いたことがないような難しい表現の言葉などを目にしたり、使用したりするような機会が多くなると思います。

なんとなくこういう使い方をするんだろうな、という予測はできても、正しい理解や使い方などを理解できていないような言葉などは想像以上にたくさんあります。

そこで、今回はビジネス文書の中でも、比較的多用されがちな難しい言葉の一つとして「平素」という言葉をテーマにして、意味や使い方などをご紹介していきたいと思います。

社会人としての経験がある方ならば必ず一度くらいは目にしたことがあるような言葉だと思います。

具体的に意味を説明しろと言われると難しい言葉の一種でもありますので、この機会に正しい意味をマスターしてみましょう。

️「平素」についての解説

そもそもビジネス文書などに関してはある程度決められたような書き出しが存在している場合がとても多いです。

その証拠に、個人的な表現を用いたオリジナリティあふれるようなビジネス文書などは見かけたことがないはずです。

つまり、言い換えてみるとある程度のビジネス文書の形式などに関してはきちんと覚えておかなければ、必ず後々に困った事態に発展してしまう可能性があるということです。

もちろん自分が携わっている職種などによってはビジネス文書などをあまり作成しないような業種などもあるかもしれません。

しかし、今は使用しなかったとしても、いずれ転職などをする可能性があるならば必ず覚えておいて損にはならない知識です。

また、社会人としてはビジネス文書などの作成は当たり前のスキルとして求められるようになりますので、作成できないといったような事態はなるべく避けるようにしましょう。

早い段階で知識として身に着けておけば、社会人として恥ずかしい経験をしなくて済むようになりますし、困ることもなくなりますので、この機会に身に着けておきましょう。

️「平素」とは


ビジネス文書の中で平素という言葉が用いられる割合はとても高いといっても過言ではありません。

学生の方であればなかなか頻繁に見かけたりする機会は少ないかもしれませんが、社会人としての経験がある方ならばお分かりになるはずです。

ではビジネス文章の中で平素という言葉はどのように用いられるのでしょうか?

おそらく見かけたことがあるという方は平素という言葉は挨拶の言葉として、よく出だしに用いられたりすることが多いとわかると思います。

その証拠に、出だしに平素という言葉が用いられているので、難しい挨拶という印象を持っている方がとても多いはずです。

意味が分からなければ難しい言葉だという印象で終わってしまうかもしれませんが、もちろん平素という言葉にはきちんとした意味が存在しています。

これを理解していないと、ビジネス文書を作成するのは難しいと思いますので、まずは意味から詳しくご紹介していきたいと思います。

平素の意味

平素という言葉は先ほどもお伝えした通りビジネス文書の書き出しとして用いられることが多いです。

むしろそれ以外の使い方などに関してはあまり見かけたことがないと感じている方が多いはずです。

一見するととても難しいと感じるような言葉になるかもしれませんが、意味さえ知ってみるとそこまで難しく感じるような言葉でもありません。

では、具体的に平素とはどのような意味なのでしょうか。

具体的な意味を日常的に使用しているような言葉に変換して、その意味を学んでいきましょう。

ふだん

平素という言葉が持っている意味の一つとして「ふだん」という意味が挙げられます。

先ほどご紹介したように平素という言葉はビジネス文書の中でも一番最初に用いられたりすることが多い言葉です。

具体的には「平素は格別のご配慮を~」というような形式の文章を見かけたことがある方が多いはずです。

意味を知らなければ難しく感じる言葉ですが、この文章の中に普段という言葉を当てはめるだけで簡単に意味が成り立つようになります。

普段は格別のご配慮を~というような意味に変換していただければ、簡単に文章の意味がわかるようになりますよね。

このように、平素という言葉はふだんという言葉の意味を持っている言葉として覚えておくようにしてください。

しかし、一般的に考えて相手と会話をしたりする際には、わざわざ平素という言葉を使ったりするような場面などは少ないです。

あくまでビジネス文書として使用される場合が多いというように覚えておいてください。

常日頃

次にご紹介する平素という言葉が持っている意味の一つとして「常日頃」という意味が挙げられます。

平素という言葉は複数の意味が存在している言葉であり、先ほどご紹介したふだんという意味のほかに「常日頃」という意味も存在しています。

しかし、この意味に関しても難しく考える必要性はありません。

なぜならば、ふだんという言葉と常日頃という意味はかなり意味合いが近い言葉でもありますので、そこまで細かく考えて使い分ける必要性がないからです。

常日頃という言葉の意味としては「ふだん、平素、日常」という意味が存在している言葉です。

これを見てわかる通り、意味の中にふだんという言葉がすでに存在してありますので、同じ意味として解釈をすることができます。

なので、平素という言葉を使えばどちらの意味でも使用することができるということになります。

平生

次にご紹介する平素という言葉が持っている意味の一つとして「平生」という意味が挙げられます。

平生(へいぜい)という言葉はあまり日常的に用いたりするような言葉ではありませんので、意味がわからないと感じている方も多いと思います。

そこで改めて、平生という言葉の意味をご紹介すると、意味としては「ふだん、いつも、常日頃」という意味がある言葉です。

つまり、先ほどご紹介したほかの意味を網羅しているような言葉の意味を持っています。

なので、すべて同じような意味であるということの証明になります。

なかなか普段耳にしたりするような言葉ではありませんので、一つだけ例文も含めてご紹介していきたいと思います。

平生とは態度が異なるという例文がありますが、これはそのまま意味を当てはめていただければすぐに意味を考えることができるはずです。

この例文の意味は普段と態度が違うという意味を表している例文です。

少し古臭い言い回しに感じるかもしれませんが、同じ意味を持っている言葉として覚えておくようにしてください。

平素の意味をまとめると


平素という言葉の意味をまとめて考えてみると、簡単に言えば「ふだん、日常的」という意味として一般的には使用されるということが言えます。

むしろそれ以外の意味としてはあまり用いられたりすることがない言葉でもありますので、意味さえ分かっておけば難しく感じるような言葉ではありません。

ビジネス文書という形で使われたりするのが一般的になりますので、どうしても難しく捉えられがちですが、先入観を持たないで受け止めるようにしてください。

意味を理解しておけば、想像以上に様々な場面で利用することができるような利便性の高い言葉でもあります。

話し言葉としてはあまり用いられたりすることがありませんが、文書作成の際には必ず便利な表現方法の一つとして使うことができますので覚えておきましょう。

️「平素」を使うシチュエーション

平素という言葉を使う際のシチュエーションをあなたは明確に想像することができますか?

おそらく、大多数の方の認識としてはこれまでご紹介してきたようにビジネス文章の中で用いられる言葉という印象しかないと思います。

なので、ビジネス上での使用以外に用いられたりする機会などを想像することができない方がとても多いはずです。

社会人としての経験がある方ならば問題ない部分だと思いますが、社会人経験がない方にとってはそもそも使用するべきシチュエーションなどは想像できないと思います。

そこで、ここからは平素という言葉が用いられるシチュエーションについて改めて具体的にご紹介していきたいと思います。

どのような場面で用いられるのかということを事前に理解しておく事によって、その場に適したシチュエーションで言葉を用いることができるようになります。

なので、もしも知らないという方はこれからご紹介するシチュエーションについてもある程度覚えておくようにしてください。

口語ではあまり使わない

平素という言葉ですが、先ほどから何度もお伝えしている通り元々相手との会話の中で用いられるべき言葉ではありません。

平素という言葉の持っている意味は先ほどご紹介した通りですが、先ほどご紹介した意味を相手との会話の中で平素を使って表現したりすることはないはずだからです。

自分自身の日常的な会話を想像していただければ分かると思いますが、普段という言葉をわざわざ平素と直して使用したりすることはないと思います。

なので、日常的な相手との会話の中では使用しない言葉であるという認識を持っておいてください。

しかし、それはあくまで相手との会話の中での話であり、ビジネス文書としての内容になると話は大きく変わります。

ビジネス文書などにおいては形式が決められており、普段日常的に使用しているような言葉などは用いられない場合が多くなります。

なので、平素という言葉を使うシチュエーションはあくまでビジネス上での文書的な文章に使用されるという認識を持っておいてください。

ビジネスシーンで多く使用

平素という言葉が用いられるシチュエーションとしてはビジネスシーンにおいて用いられる場合がとても多いです。

むしろ、プライベートや一般的なシーンにおいては使用されることはほぼありませんので、ビジネス上での言葉という認識を持っておいても間違いありません。

しかしながら、注意していただきたいのが、あくまでビジネス上で使われる言葉だと言っても、ビジネスシーンのすべてで用いられるかといえば、そうではありません。

例えば、話し言葉として用いないのはビジネスシーンにおいても同様なので、ビジネスシーンの中でもあくまであるシチュエーションの時に限定されるような言葉ということです。

では、そのシチュエーションはどのような場面が該当するのか、ということについてさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

挨拶をするとき

平素という言葉が用いられるシチュエーションとしては「挨拶をするとき」などが該当するといえます。

これはどういうことかと言いますと、相手と直接的に会話をしたりする場合ではなく、ビジネス文書の挨拶として用いられたりする場合が多いという意味になります。

例えば、ビジネス文章の始まりの形式の一つとして「平素は格別の~」というような始まりの文章を目にしたことがある方は多いと思います。

平素という言葉の意味をご紹介する項目でもお伝えした通り、これは挨拶の言葉としての意味を持っており、ビジネス文章では一般的に表現される文章です。

このように、平素という言葉が用いられたりするシチュエーションは圧倒的にビジネス文書の挨拶での表現がほとんどであると言えます。

相手と直接会ったときにこのような難しい表現などは使用したりするような場面はほとんどなく、使用すると少し堅苦しい表現方法になってしまいがちです。

なので、ビジネスシーンの中でも、ビジネス文書によるシチュエーションが大きな割合を占めているということを改めて認識しておいてください。

メールにて

次にご紹介する平素という言葉が用いられるシチュエーションとしては「メール」などが該当するといえます。

一般的に考えて平素という言葉が用いられるシチュエーションはビジネス文書がほとんどですが、ビジネス文書は書面だけに限られるものではありません。

例えば、今ではビジネス上の関係性にある人間と連絡を取ったりする際には文章以外にもメールなどで連絡を取ったりするようなことが多く存在しています。

連絡方法に違いはあるかもしれませんが、連絡方法に違いがあったとしてもその内容が変化したりするようなことはあまりありません。

つまり、文章であってもメールであっても、どちらにしても文面に関してはそこまで大きく変化が生じるような言葉ではないということを覚えておいてください。

なので、ビジネスの関係性にある相手と連絡を取ったりする際のメールの文章の中で平素という言葉が用いられることも当然多いということになります。

しかし、難しく考える必要性はなく、先ほどもお伝えした通り、文面が変化するようなことはあまりありませんので、そのまま代用が効くということになります。

なので、媒体が書面なのか、メールなのかという違いだけなので文章を変化させる必要性はなく、そのまま使用できるので、覚えておくと利便性が高いということになります。

平素という言葉は想像以上にビジネスメールにおいても活躍の機会が多い言葉になりますので、覚えておくようにしましょう。

お礼をするとき

次にご紹介する平素という言葉が用いられるシチュエーションとしては「お礼をするとき」などが該当すると言えます。

どういうことかと言いますと、相手に対してお礼を伝えたりする際に平素という言葉を交えた文章を用いて表現することが多いということになるからです。

具体的にお伝えすると、相手に対してお礼を伝えたりする際には「平素よりご厚情をいただき、誠にありがたく存じます」というような表現方法をしたりするからです。

もちろん平素という言葉を使用した例文は様々な文章表現があります。

あくまでこれは一例であり、同じような意味を持っている言葉などは様々な存在しています。

しかしながら、大体の場合は相手に対してお礼を伝えたりする際に用いられたりするような言葉である場合がほとんどなのです。

なので、平素という言葉を使用したりするシチュエーションとしては相手に対してお礼を伝えたりする場面であると言えるのです。

礼儀を尽くすということは相手と信頼関係を築いたり、相手と良い関係性を保つ上で非常に大切な行いになります。

相手と信頼関係が築けなければ、ビジネスの関係性がうまくいかなくなってしまうことなども十分考えられます。

なので、平素という言葉や、それに関連した文章などにおいてはある程度頭に入れておく必要性があり、必ず自分自身にとって助けになる存在です。

それも踏まえた上で、相手に対してお礼をするときに平素という言葉が用いられることが多いということを心得ておきましょう。

️「平素」の使い方

ここまでは平素という言葉が用いられるシチュエーションなどについていくつかご紹介していきました。

ある程度平素という言葉が用いられるシチュエーションを理解いただけたところで、ここからは平素という言葉の具体的な使い方についてご紹介していきたいと思います。

言葉の意味を理解していても、正しい使い方ができていなければ結果的に間違った使用方法になり、すれ違いなどを生んでしまう可能性があります。

ビジネス上で用いられる言葉に関しては、間違った使い方をしてしまうと相手との信頼関係に傷がついてしまったりする可能性も考えられます。

なので、平素という言葉の正しい使い方について確認してみましょう。

例文から確認してみよう

正しい使い方を確認していただくためには、正しい使い方をしている文章を確認していただく必要性があります。

なので、ここからはいくつか平素という言葉を用いた例文などをまとめてご紹介していきたいと思います。

平素という言葉が正しく使われた例文を確認していただくことで、正しい認識と正しい使い方を確認していただけるはずです。

難しい表現の文章が多くなると思いますが、どれもビジネス文書の中では多用されるような例文ばかりですし、覚えておいて損になるようなことはありません。

覚えておけば、ビジネス文書、ビジネスメール、様々なシーンで利用することができますので、例文や例文の意味などもまとめて確認してみてください。

平素より格別のご高配を賜りお礼申し上げます

まずはじめにご紹介する平素という言葉を使った例文は「平素より格別のご高配を賜りお礼申し上げます。

」という例文です。

一見するとかなり難しい意味だと感じるような例文だと思いますが、意味としてはそこまで難しいような例文ではありません。

では、この例文はどのような意味かと言いますと「普段から心配りをしていただいてありがとうございます」という例文の意味として用いられます。

この文章に関してもビジネス文書の挨拶の一つとしてよく用いられたりするような例文として認識されています。

似たような例文は数多く存在しており、必ずこの例文を用いなければいけないという決まりなども特にはありません。

しかしながら、丁寧な言い方の挨拶の例文としては代表的な存在になりますので、平素という言葉を使った例文の一つとして覚えておいてください。

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます

次にご紹介する平素という言葉を使った例文は「平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。」という例文です。

この例文の意味としては先ほどご紹介した例文とそこまで大きく意味が変わるものにはなりません。

なので、「普段から心配りをしていただいてありがとうございます」という意味として解釈をすることができる例文だと覚えておいてください。

ビジネス文書の挨拶として用いたりする場合は、先ほどご紹介した例文と今回ご紹介した例文、どちらでも兼用することができます。

普段からお世話になっている場合には、このような例文を使っていただければ、その場に適した挨拶の文章として使用することができますので、機会があれば使用してみましょう。

平素より大変お世話になっております

次にご紹介する平素という言葉を使った例文は「平素より大変お世話になっております。」という例文です。

この例文に関しては、これまでご紹介してきた例文と違い若干簡略化されたような形で使用されることが多い例文です。

また、これまでご紹介してきた例文は少し固い感じの印象を受けるような例文でしたが、こちらに関しては、比べてみると若干柔らかい印象の例文だと感じるはずです。

では、この例文はどのような場面で用いられることが多いのかと考えてみると、ビジネスメールなどにおいて用いられる場合が多いと言えます。

例えば、ビジネスメールを相手に対して送信する際には、たいていの場合頭にビジネス文書と同様に挨拶の言葉が用いられるようになります。

その際には、平素より大変お世話になっております、という例文が用いられることが多いはずです。

しかしながら、絶対にビジネスメールではこの形でなくてはいけないというような気まりなどは特にありません。

ほかの例文でももちろん代用することが可能ですし、同じような意味などを持っているような例文はたくさんありますので、一つの形式として使用してみてください。

平素より当店をご利用のお客様に感謝の気持ちを込めて~

次にご紹介する平素という言葉を使った例文は「平素より当店をご利用のお客様に感謝の気持ちを込めて~」という例文です。

この例文に関しては、主にビジネス文書というよりかは、店舗から一般消費者に対して投げかけられるような例文として用いることができる言葉です。

どういうことかといいますと、例えば飲食店やスーパーなどが消費者やお客様に対して用いたりすることが多いということです。

では、具体的にどのような場面で用いられたりするのかというと、来店してくれたお客様に張り紙などでお礼を述べたりする際の挨拶として使用されます。

意味としては「普段から当店を利用いただいているお客様~」という意味として解釈することができます。

スーパーがお客様に対してバーゲンやセールなどを行ったりする際に、チラシや張り紙などで告知したりすることで使用される場合が多い例文です。

なので、これまでご紹介してきた例文とは少し雰囲気が違う例文であるということを理解した上で、この例文についても平素を使った一つの例文だと覚えておきましょう。

平素は何かとお引き立てを賜りありがとうございます

次にご紹介する平素という言葉を使った例文は「平素は何かとお引き立てを賜りありがとうございます。」という例文です。

この例文はどのような意味を持っているのかと言いますと、意味としては先ほどご紹介した例文と全く同じでお客様に対応する際の例文であるということです。

なので、いつもお客様にはご利用いただきありがとうございます、という挨拶の意味として用いられ、お客様に対して何かを伝える際に用いられるようになります。

つまり、バーゲン告知などもそうですし、セール告知、お客様に対して店側から何らかの伝えたいことなどがある際に枕詞として用いられる文章であるということです。

なので、先ほどの例文の別の表現方法の一つであるということを覚えておいてください。

どちらを使っても、問題なく使用することができますので、平素という言葉の表現方法の一つという認識を持っておいてください。

平素の使い方まとめ

平素の使い方に関しては、平素という言葉の意味を正しく認識しておけばそこまで難しいものではありません。

しかし、ある程度文章の形式などを覚えておかないと、頭からすっと出てくるようなものでもありませんので、いくつかの形式などは覚えておくようにしましょう。

そうしておけば、ビジネス文書作成などのシチュエーションにおいても、頭を悩まさたりするようなことはあまり多くなくなると思います。

なので、ある程度早い段階で平素という言葉を使った例文の形式を覚えておけば、必ずビジネスの場面において役立つようになるはずです。

意味と例文の形式、これらをセットで覚えておくようにしましょう。

️「平素」の類語

ここまでは平素という言葉の使い方についていくつか例文を交えてご紹介していきました。

ある程度平素という言葉の使い方を理解いただけたところで、ここからは平素という言葉に似た表現の言葉をご紹介していきたいと思います。

平素という言葉の意味を考えてみると、私たちが日常的に使用しているような意味が含まれているということは多くの方が気付いていると思います。

しかし、先ほどからご紹介しているように、平素という言葉に関してはなかなか日常的に用いたりするような言葉ではありません。

なので、日常生活の中で使用している近い言葉などを覚えておくことによって、より的確に言葉を使い分けることができるようにもなりますので、似た言葉を覚えてみてください。

日頃

まずはじめにご紹介する平素という言葉に似た意味を持っている言葉は「日頃」という言葉です。

日頃という言葉が持っている意味としては「ふだん 平生」という意味が存在している言葉です。

そして平素という言葉は「ふだん、常日頃、平生」という意味が存在している言葉になりますので、平素という言葉と日頃という言葉は似た意味であるということがわかるはずです。

しかしながら、話し言葉では日頃という言葉で表現することが多いため、現実的な会話の中では平素ではなく、日頃という意味が用いられるということになります。

しかし、意味としてはほぼ同じ意味であるということを覚えておいてください。

いつも

次にご紹介する平素という言葉に似た意味を持っている言葉は「いつも」という言葉です。

いつもという言葉の意味はわざわざ説明するまでもないと思いますが、「ふだん、平生」という意味を持っている言葉です。

そして、先ほどご紹介したように平素という言葉には「ふだん、常日頃、平生」という意味が存在しており、この二つの言葉はかなり近い言葉であるということがわかるはずです。

なぜならば、どちらの言葉にもふだんや平生という意味が含まれています。

なので、結果的に二つの言葉は同じような意味であるということがお分かりいただけるはずです。

️平素を使うときは意味を正しく使おう

今回は平素という言葉をテーマにして、正しい意味や使い方などをご紹介していきました。

一見するととても難しい言葉に感じますが、正しく意味を理解すればそこまで難しい言葉ではないということがおわかりいただけたと思います。

ビジネスのシーンにおいては、平素という言葉はかなり多く用いられるような言葉になりますので、知らない方はこの機会に正しい解釈ができるようにしておいてください。

ビジネスシーンにおいてはかなり便利な言い回しになりますので、正しく扱えるように類似した言葉などもセットで覚えておくようにしてみてくださいね。