お金というのは様々な使い方があると思います。

例えば貯金をするというのも1つの方法になるでしょう。

お金というのは貯めなければ好きな物などを買うことができなくなりますよね。

月にどれだけ稼ぐことができるのかで、年収などが決まってきますが、その内のいくらを貯めることができるのでしょうか。

お金というのは貯金するだけではなく、他の物に使用をしなくてはいけません。

では他にはどの様なものがあると思いますか?

貯める前に直ぐに使ってしまうという人もいますよね。

欲しい物があればそのお金を貯めることができたら買うという人もいます。

買う物にも様々なものがありますが、服などのファッションであれば安く済む場合もありますが、高価な物や家電などを直ぐに買い換えるという人はお金が直ぐに無くなるのではないでしょうか?

買いたい物が高くてお金が無くなってしまうなんていう事もあると思います。

欲しい物や高い物というのはそれだけお金を使ってしまいがちですよね。

今回はそんなお金の使い方が下手な人の特徴や行動と、それに対する対策や上手にするにはどのようにすれば良いのかについてお話をしたいと思います。

人それぞれですが、個人の予算というのもありますよね。

その中でお金をやりくりするというのはとても難しいことです。

同じ予算という人はあまりいないでしょう。

何に使うかというのは本人次第ですが、欲しいものをどんどん買っていざという時のお金が無くなったり、逆にお金を貯めるだけ貯めて何も使わないなんていう人もいると思います。

その様な人もお金の使い方が下手ということになりませんか?

お金というのはとても貴重なものですが、その分かかってしまうことも多いですよね。

ではどの様な物があるのか、詳しく見てみたいと思います。

友達や周りからお金の使い方が下手と言われた人は必見です!

お金の使い方が下手な人の10個の特徴

お金の使い方が下手な人の特徴をまずは見てみましょう。

例えば無駄な出費に気付いていないというのも1つの特徴になりますよね。

お金が多ければ多いほど人というのは多く使ってしまいがちです。

ですが無駄な出費というのはどの様な時に言うのでしょう?

例えば必要でないものを買うというのも1つの無駄な出費に繋がりますよね。

その例がお金持ちの人ならば置いているという置物であったり、観賞用のものであったりとするのが良い例です。

ですがそれには満足感というのもあるので、無駄なのかどうかというのはその人個人次第になるのです。

他にもケチであるというのもあると思います。

ケチな人は逆にお金を貯めていて、使う機会というものがなくなってしまうのです。

お金の使い方を上手くなるには様々な工夫で治るものなのです。

その工夫をいかにしているかでも変わってくるでしょうが、家計簿などをつけている人というのはよく几帳面と思われがちです。

しかしそれは同時に家計簿をつけていることでお金の使い方もちゃんとしているという事になります。

お金の使い方が上手い人と下手な人の差が出てくるのは、いかにどれだけ出費などをしているのか、どれだけお金があるのかという事を理解して使っているかどうかなのです。

ではお金の使い方が下手な人というのはどの様な人なのでしょうか。

10個の特徴をまずは見てみたいと思います。

1.無駄な出費に気づかない


無駄な出費に気付かないというのが1つの特徴になるでしょう。

無駄な出費というのは、例えば必要でないものを買ったりするというのがあると思います。

何故これを買ったのかというのは誰でもあると思います。

それが無駄な出費になってしまっているという人もいるのです。

ですがそれに気付かない人というのもいるのです。

どれだけのお金を使ったのかという事や、何を買ってどれくらいしたかなども覚えていないという人もいると思います。

無駄な出費というのは本人達にもよりますが、これは買わなくても良かったのでは?と周りから思われていることなどはありませんか?

無駄な出費に気付くことがお金の使い方を上手くするコツでもあります。

気をつけるようにしましょう。

2.ケチである

ケチであるというのもあるでしょう。

これはお金を貯めようとして逆に貯めすぎてしまっているという状態の時にある事ですが、実はケチというのは節約とは違った考え方もあります。

ケチというのは皆がお金を出そうと思っている際にも出し惜しみをしているという状態の時のことを言います。

必要なお金を出さないということです。

ケチというのはこの様な使い方もありますが、ここではあまり使わないという意味で使わせていただきます。

ケチな人というのはお金を多く持っていると思いますが、貯めている最中ということでもあります。

基本的にお金というのは使ってはまた貯まるというようなサイクルをしますが、その使う量が極端に多いと収入分は低くなりますよね。

そのために貯金というものをすると思うのです。

ケチであるという人は特に生活の部分を削ってまでお金を貯めようとする傾向があります。

よく聞くのがもやし生活と言ったような言葉です。

もやし生活とはお金をあまり消費しないように食費をもやしだけで済ますといったことを言います。

ケチな人はこの様なこともあるのではないでしょうか?

自分が何に使うのかと考える際に他のものには使わず、ずっとお金を貯めるという意味で使うことが多いです。

そして何故ケチな人がお金の使い方が下手なのかというと、必要なものを買ったりするには良いのですが、必要であるものも買わないことがあるからです。

その時に必要な物、今後あって困らないものというものまで買わずに、本当に欲しいものだけを買うという生活をしているので、お金があっても物が少ないという状況になりやすいのです。

3.先を見越したお金の計算ができない

先を見越したお金の計算ができないという人もいるでしょう。

例えば将来のことを考えて買うというものでは冷蔵庫などの電化製品がありますよね。

良いものを買って長く持たせるというような方法をすると思います。

しかし先を見越したお金の計算ができないという人は、その値段などをとりあえず安いものだけを買ってしまうという事にもなるのです。

どれだけ消費をしたのかというのも重要になりますが、今後のお金として本当に良いのかという事も考える必要があります。

仮に安い物を買ってしまい直ぐにダメにしてしまった例というのはいくつもあると思います。

安い分脆いと考える人や、安くても使い方によるという人もいると思います。

しかし先の事を考えてお金を使わなければ無駄な出費に繋がってしまうのです。

特に先を見越したお金の計算というのは将来的に何が必要になり、何を消費するのかを考える必要があると思うのですが、その計算ができない場合は常にお金が減り続けてしまうような生活になってしまうかもしれません。

4.気前がいい

気前がいい人も実はお金の使い方が下手な人になります。

気前がいいというのは、物などを買う際に出し惜しみをしない人のことを言います。

よくご飯や物を買ってくれる人に「気前がいい人だな」と思う時がありますよね。

ですが基本的にこの様な人というのは実は使い方が下手な人ということになるのです。

例えば食事に行くにしても、物を買うにしても自分だけの物を買えば良いと思いますよね。

普段はその様に思います。

ですがその人の本心はどの様に思っているのでしょうか。

例えばお金を出して見返りを求めている人なのか、ただたんに奢りたいだけであるのかどうかというのもあると思います。

ですが自分に対して使わずに相手に使うというのはとても勿体無いと感じますよね。

気前がいい人というのは本人がどの様に思っているのかで変わるとは思いますが、勿体無いような使い方をしている人が多いようにも思えます。

5.人を喜ばせるのが好き

人を喜ばせるのが好きという人もお金の使い方が下手な特徴があります。

人を喜ばせるのが好きという人はどの様なことをしてでも相手に喜んでもらおうとします。

それはお金を使うことに関しても同じことです。

例えば誕生日の時に金額の高い物を用意するという人がいますよね。

財布やバッグなども様々なものがありますが、値段はピンからキリまでというような値段ばかりです。

人を喜ばせるのが好きだという人はその値段をなるべく高いものを買うようにして相手にプレゼントをするというような事もあるのです。

相手を喜ばせるという事が少しお金の考え方になっているという事にもなります。

お金を出せば喜んでもらえるというような考え方をしている人や、金額に拘り相手を喜ばせるという人はお金の使い方が下手な可能性があるのです。

6.ギャンブルが好き

お金の使い方がへたという事はお金の管理ができていないという事になりますよね。

例えば貯金などをしていたとしてもそれを更に引き出して使うなんていう様なこともあります。

ギャンブルが好きだという人はこの様なことはありませんか?

もう少しだけすれば当たるかもしれない、その1回に賭けたいというような事からお金を使っているなんていう人もいるかもしれませんね。

ギャンブル好きな人はお金の管理をしようとしていても貯金がいつの間にかなくなっているというような事が多いです。

よくあるのが一気に貯金を全部使ってしまったという例です。

パチンコなどでは多いのではないでしょうか?お金というのは貯金をして計画的に使うことでお金の使い方が上手くなるものです。

貯金もない状態なのにギャンブルにかけてしまったりしないように気をつけることでお金の使い方を注意してみることができるでしょう。

7.小さな出費が多い

例えば大きな買い物であったりするのであれば良いですが、小さな買い物が多いという人も実はお金の使い方が下手であるという特徴があるのです。

何か欲しい物のためにお金を貯めるという事をするとは思いますが、それは目的の物があるから買うという事になりますよね。

例えば電化製品が欲しいという事であればお金をある程度貯めてテレビなどを買ったりしなければいけません。

ですが小さな出費というのはどの様なものが当てはまると思いますか?小さな出費というのは積み重なることで効果が出てしまうようなものです。

例えば食費などは小さな出費が多いです。

外食を多くするとどんどん出費というものは大きくなってきますが、頻繁にコンビニ弁当や外食で済ませているという人は出費がどうしても重なってしまいがちです。

他にも食費以外では交通費や電気代、日頃の生活の部分からも小さな出費というものはたくさん出てくるのです。

その時のお金は数千円と安いものの、積み重なってしまったら数万円と超えてしまいますよね。

本当に必要な出費なのか、小さな出費でも考えることが大切になるでしょう。

お金の使い方というのは人それぞれですが、小さな出費を気にしないという人も多いです。

気をつけるようにしましょう。

8.我慢できない

どうしても欲しいものがあるという時はありますよね。

お金を貯めてでも欲しいと思う物もあるでしょう。

その為にはお金を貯めるという事をすると思います。

ですが直ぐに欲しいものを買うことができるという人はどうでしょうか?我慢ができないという人もいるかもしれません。

我慢ができずに直ぐに買ってしまい満足をするというのはとても良いことです。

ですがその頻度が多ければ多いほどお金の使い方が時には荒くなってしまうこともあるのです。

我慢ができないという事は、欲しいと思ったものを直ぐに買うということにも繋がります。

我慢をする事で安くなるかもしれない、他にも良い物が新しく出るかもしれないという考えはせず、どんどん新しい物を買ってしまうので、お金の出費が多くなってしまうのです。

9.買い物が下手である


買い物が下手であるという人もいるかもしれません。

買い物が下手というのはどういう事を言うのでしょうか?

よく欲しいものがある時にどこのお店で買おうかと考える人がいますよね。

それは値段を見ているという人もいるかもしれませんし、特典を見て考えるという人もいるかもしれません。

買い物が下手であるというのはその物さえ買うことができればどこでも良いというような考え方の人のことを言います。

他にも様々なことで買い物が下手という表現を使うことが多いですが、この様な人もお金の使い方が下手であるという特徴があるのです。

値段を気にしたり、どこで買った方が自分の得になるのかと考える人も多くいるでしょう。

その様な人になることでお金の使い方も改善されるかもしれません。

10.安ければいいと思っている

お金の使い方が下手というのは、高い物を買うことではありません。

安ければいいと思っている人も実はお金の使い方が下手な人なのです。

よく安売りや値段の安さで買ってしまう人というのは多くいると思いますが、後悔をしたという人はいるのではないでしょうか?

もっと高いちゃんとした物を買えば良かったと思う人もいるかもしれません。

安ければ一時は使えるものの、直ぐにダメになってしまうなんていう物もありますよね。

本当に一時の間でしか使っていないのに壊れてしまったなんていうものもありませんか?服でも同じような事が言えると思います。

安くなっていたので買って着ていたら直ぐに服が伸びてしまったりシワなどが増えてしまったりなんていう事があるのではないでしょうか?

安ければいいというのは節約という部分に考えると良いかもしれませんが、お金の使い方としては下手になってしまうのです。

これはその物をどれだけ使うかという事にポイントがあります。

例えば長年使うもの、電化製品などは高いと長持ちしそうと考えますよね。

必要な物は高いもの、そうでない物は安い物というような考え方をすることで、お金の使い方というのは上手くなるのではないかと思います。

お金の使い方が下手な人の10個の行動

ここまでお金の使い方が下手な人の特徴10個についてお話をしましたが、まだまだ続きます!皆さんも心当たりある物が多くあるのではないでしょうか?

誰しもこの様な経験というものはありますが、まだ間に合います!

改善をする事もできるのです。

お金の使い方が上手い人というのはどの様な人かを考えたことはありますか?

お金の管理などをしているという人はお金の使い方が上手いと感じますよね。

お金を管理するという事はどれだけ出費があり収入があったのかと計算をすることができると思います。

他にもたくさんあると思いますが、お金の使い方が下手な人の行動を次は見てみたいと思います。

また共感できるものもあるかもしれません!

1.欲しいと思ったら買わずにはいられない

欲しいと思ったら買わずにいられないという人はいませんか?

これは先ほど言った「我慢ができない」というような状況と似ていますよね。

欲しいと思った際に「今直ぐに欲しい」と考えてしまう人も多くいると思います。

例えばファッション関係のものや雑貨などが良い例でしょう。

ふと目についた物がとても可愛い、カッコイイと思っていてそれを直ぐにでも欲しいと感じた人は多くいるかもしれません。

その際に「今は大丈夫だ」と諦めるのか「直ぐにでも欲しい!」と思い買ってしまうのかがポイントになります。

欲しいと思ったら買わずにはいられず買ってしまうという人はお金の使い方が下手な人の行動の1つになってしまうのです。

これは解りやすい行動ですよね。

心当たりがあるという人はもう1度見直しをして注意をするようにしましょう!

2.後輩に奢りたがる

後輩に奢りたがるという行動をする人もお金の使い方が下手な傾向があります。

後輩に「何か奢ろうか?」と聞いたりする人は多くいますよね。

後輩思いの先輩はよくその様なことを言ったりするという心当たりがある人はいると思います。

ですがこの行動も実はお金の使い方が下手な人がしてしまう行動なのです。

後輩に奢りたがるという事は、自分はお金などがあるというようなアピールにもなりますよね。

ですがどれだけ使ったのかという事を本人はその時に自覚をしていないのです。

後々になって後悔をしてしまうというようなパターンも多いでしょう。

3.やたら高価なプレゼントを選ぶ

やたら高価なプレゼントを選ぶという人も実はお金の使い方が下手な人の行動になります。

どんなプレゼントでもお金を多くというような考え方の人は少なからずいると思います。

高いものほど価値があるというのも間違いはありませんが、プレゼントというのはお金さえ多くあればとは違いますよね。

やたら高価なプレゼントを選ぶというのは、どんなプレゼントでも多くのお金を出してしまうような人のことです。

この様な人も実はお金がたくさんある様に思えて出費が多くなっている人の特徴なのです。

4.毎日自動販売機を利用する

毎日自動販売機を利用するという人がいますよね。

一見数百円のものを買うという事では普通と思いますが、これが1ヶ月にどれくらい使ったかと考えるとお金を多く消費していると思いませんか?

毎日自動販売機を利用するという人は毎日数百円を使っているという事になります。

これが積み重なってしまうと大きな金額を消費しているという事になりますよね。

1年にどれだけ使ったかと考えると数万はいくのではないかと思います。

自動販売機を利用するという人は多いですが、その頻度が多く出費が重なるという事になれば、水筒などを持って行くという事をすると良いでしょう。

5.安いものをたくさん買う

安いものをたくさん買うという人も実はお金の使い方が下手な人の行動なのです。

安いものというのは最近では様々あると思います。

中古の物もあれば100均なんていうのもありますよね。

ですが、本当に必要な物かを考える必要があります。

例えば安いから買ってしまったけど着ていない服や使っていない物というのはありませんか?

安いのを使うという事で買うのは良いですが、たくさん買ってしまって使わない物という事が無いようにすることが大切になります。

6.よく衝動買いをする

買い物をする時に衝動買いをしてしまうなんていう事はありませんか?

誰でも経験があるかもしれませんが、実はこの行動もお金の使い方が下手な人の行動の1つになるのです。

衝動買いというのは、欲求などにかられてつい多く買ってしまうというような事です。

普段からお金の使い方に注意している人というのは基本的にこの様なことはしません。

よく衝動買いをしてしまうという人は、今一度お金の使い方に気をつけてみてはどうでしょうか?

7.消費財にお金を使う

消費財にお金を使うというのもあります。

消費財というのはどの様なことを言うと思いますか?

例えば食費などは消費財の1つになりますよね。

生きていく上で必ず必要になるものの1つです。

消費財に多くのお金を使ってしまうというのは食費であれば外食やコンビニ弁当というものが原因になってくるでしょう。

よく外に出たりしてご飯を食べるというような人はいませんか?

面倒だからと言って外で食べるというのはお金を多く消費してしまう原因になってしまいます。

気をつけるようにしましょう。

8.計画を立てない

計画を立てないというのも1つあるでしょう。

物を買う時に本当に必要な物なのかを考える必要があります。

また、今後何にお金を使うのかなど計画的にお金を貯めていかなければずっとお金が無いという状態になりますよね。

計画を立てないとお金の使い方も下手になってきます。

計画を立てないという事がないようにしましょう。

9.モノの価値を考えずに買ってしまう

モノの価値を考えずに買ってしまうという事がないようにしましょう。

例えばそのモノの価値がいくらかと考えたことはありますか?

それを買うより、こちらを買った方が得なのではないかと、取捨選択をする時もあると思います。

モノの価値を考えずに買ってしまうという事は、何でも高いお金で買ってしまったりするという事になるのです。

モノの価値を考えずに買わないように気をつけましょう。

10.頻繁にコンビニに行く

頻繁にコンビニに行くという行動もお金の使い方が下手な人の行動になります。

先ほども言った消費財と似ている部分がありますが、頻繁にコンビニに行くという事は自炊などを一切していないという事になりますよね。

コンビニというのはとても便利で、温めて食べれる物ばかりだと思います。

ですがその頻度が多ければ多いほど、自炊の方がお金が貯まるので、コンビニに常に通っているとお金はどんどん減る一方になりますよね。

頻繁にコンビニに行くという人もいるかもしれませんが、だんだんきつくなってくるなんていう事はありませんか?

時にはご飯を抜きにするという人もいるかもしれません。

この様な行動もお金の使い方に大きく関わってくるので注意をするようにしましょう。

お金の使い方を上手にするためには?

お金の使い方を上手にするにはどの様にすればいいと思いますか?

例えば計画を立てないで買ってしまうのであればまずは計画をする事が大事になります。

他にも家計簿というものをつけることで、先のことも考えてお金を使うことができるようになるでしょう。

お金の使い方というのは癖をつけるのもあります。

ずっとコンビニに行っていたという人は最初はきついかもしれませんが、それをする事を辞めることでお金の使い方が上手くなると思います。

ではどの様なものがあるのか見てみましょう!

費用対効果が高いものを買う

費用対効果が高いものを買うという事をするとお金の使い方が上手になります。

いわゆるコストパフォーマンスに近いものです。

これはその物を買うとしてどれだけの得などが得られるのか、という事を考えると解りやすいかもしれません。

先のことを見越して買い物をする

先のことを見越して買い物をするというのも1つあるでしょう。

この物が今後どれほど使うのかというところが重要になります。

先のことを考えて買う物とそうでない物というのは、どれほどその物を長く使うのか、使いやすくて使い続けるのかになります。

先のことを見越して買い物をすることはお金の使い方を上手にしてくれるのです。

自己投資をする

自己投資をするという方法もあるでしょう。

お金の使い方を知らないのであればその事について勉強をする必要があります。

必要な時にお金を使い、必要でないものには使わないというようなハッキリとした区別をする必要があるのです。

そこで自己投資をする事により、お金の使い方を上手にするというような考えもあるでしょう。

スキルや経験にお金をかける

これをする事によりスキルや経験にお金をかけていくことができるようにもなります。

例えば今の自分にはどの様なものが必要なのか、それを身に着けるにはどれほどのお金をかけるのかなどを考え出すようになります。

家計簿をつける

家計簿というのは誰でもできるものです。

しかし面倒だからと言ってしないという人も多いです。

ですが家計簿というのはとても大事なことなのです。

家計簿があれば必要な物やその月に何を多く出費したのかを考えることができるのです。

今の使い方を見直して改善する

今の使い方を見直す事もできます。

何に多くのお金を使っているのか、次からは注意してみようというような事もできますし、今後のためにどの様な生活をしようかというような改善も見られるでしょう。

家計簿というのは誰でもできるお金の使い方が上手くなる方法の1つです。

とても重要なことなので、お金の使い方に困っているという人は、まずは家計簿をつけてみてはどうでしょうか?

財布の中を整理する

財布の中を整理するというような事も1つの方法です。

例えば財布の中というのはカードやポイントのカードでいっぱいになったり領収書でいっぱいになるでしょう。

ですが財布の中を整理することで、どれだけお金を使ったのかの確認もする事ができます。

ずっと貯めているとどんどん領収書というものが多くなりますよね。

物を買う時には必ず出てくるものです。

その領収書などを整理することにより、どれだけの買い物をしたのかという実感が湧いてくるのではないかと思います。

必要な物だけを買う

必要な物だけを買うという事ができるようになります。

今までは衝動買いなどをしてしまっていたという人でも、財布の中を整理することで、何にどれだけ使ったのかという実感を感じさせることができます。

見栄のためにお金を使わない

お金の使い方としてよくやってしまうというのが見栄のためにお金を使うという事です。

その見栄というものを無くすことでお金の使い方も変わってくるでしょう。

お金というのはその見栄があればあるほどどんどん消費をしてしまうものです。

見栄というようなプライドを捨ててお金の使い方というのは個人それぞれなので、よく考えて使うようにしてみてはどうでしょうか?

まとめ

いかがでしたか?

お金の使い方が下手な人の行動や特徴についてお話をしました。

共通して言えることは計画的に使わない、後々で後悔をするというようなパターンが多いです。

お金の使い方というのは人により違いますが、自分の手持ちにあった使い方をするのが一番のベストです。

よく気をつけてお金を使うようにしましょう。

【お金管理が上手い人がやっていることは、こちらの記事もチェック!】