私たち人間が安心して生きていける世の中であるためにはルールを設ける必要性があります。

なぜならば、もしもこの世の中にルールや決まりなどがなかったとする場合、おそらくみんながみんな好き勝手に物事を行うような世界になってしまうはずだからです。

法律で決められたり、罰則が存在するからしないような行動などは考えてみるとたくさん世の中には存在しています。

なので、当然法律がなくなってしまえば、そのような行動を抑止することはできなくなり、一般的に禁止されているようなことでも平気で行うような世の中になってしまいます。

そうなってしまうと、犯罪があふれてしまい、平和な世の中であるとは言えなくなってしまい、安心安全に暮らすことができなくなると考えられます。

だからこそ、たくさんの人間が安心して暮らすためには決まりやルール、つまり法律などが存在していると考えることができます。

そして、考えてみれば、そのような様々なルールや決まりなどは細かい区分ごとに存在していると言えます。

例えば、日本という国で決められた法律、さらにそれぞれの市町村で決められたルール、自分が勤めている会社の決まりなど、考えてみると細かく区分することができます。

それぞれの自分が該当する状況の中で、それぞれのルールや決まりを守りながら私たちは生活をしていく必要性があり、最低限のルールなどは知っておく必要性があります。

そこで、今回はビジネスに関連した区分に焦点を当てて、会社などで用いられる罰則に関連した言葉である「戒告」という言葉についてご紹介していきます。

戒告という言葉がどういう意味を持っているのか、そして戒告という言葉に似た罰、罪の重さなどについてもご紹介していきたいと思います。

「戒告」についての解説


戒告という言葉を聞いたことがあるという方はおそらくとても多いと思います。

特に社会人として仕事を行っている方であれば戒告という言葉が持っている意味などについては理解している方が多いはずです。

しかし、戒告という言葉に関してはそもそも難しい言葉の一つとして考えられており、なんとなく意味をわかっていても具体的な説明ができない方もいると思います。

ただ、社会人として仕事を行っている方に関しては全く関係がない言葉であるとは言えない為、どのような意味を持っている言葉なのかある程度理解しておく必要性があります。

なので、もしも戒告という言葉がどのような意味を持っている言葉なのか知らない方は、今回ご紹介する内容をきっかけにして正しい意味を把握できるようにしてください。

もちろんまだ社会人として活躍していないような学生の方などに関しても、いずれ社会に出た時に知っておかなければいけない言葉になるので注意する必要性があります。

社会人になると難しい言葉をたくさん扱わなければいけなくなるため、出来る限り早い段階で様々な言葉の意味を正しく理解しておくことは必ず求められます。

今のうちにある程度知っておかなければいけない言葉などはまとめて覚えておくようにしておきましょう。

少し難しい言葉です

そもそも戒告という言葉に関してはかなり難しい言葉として知られています。

戒告という漢字字体も普段なかなか目にしたりすることがないような漢字が用いられていますし、意味も想像しにくいということが難しいと感じる理由につながっています。

しかし、先ほどもお伝えしたように、社会人になれば誰しもが関係あるような存在になる言葉でもありますので、難しい言葉だったとしても知っておかなければいけません。

もしかすると自分が戒告に関する状況になる可能性もありますし、決して他人事であるとは言えないからです。

また、戒告とはどのような意味で、どのような場面で用いられる言葉なのか、知っておくことでそうならないように行動をすることもできるようになります。

社会人としてルールや決まりを守る大切さを理解することにもつながりますので、関係ないと思わずに、自分に関係ある存在という認識を持ち、言葉の意味を知ってみてください。

「戒告」の意味

戒告という言葉はかなり難しい言葉ですが、あなたはどのような意味を持っている言葉なのか知っていますか?

戒告という言葉は処罰に関する言葉の一つとして一般的に知られています。

つまり、あまり良い意味合いでは用いられることが無いような言葉の一つになっており、これは会社で勤務している方全員に関係している存在になります。

なので、社会人として仕事に携わっている方には関係があり、知っておかなければいけない言葉という存在になっています。

では、具体的に戒告という言葉にはどのような意味が隠れているのでしょうか。

わかりにくい意味を持っている言葉でもありますので、具体的な正しい意味を理解し、適切に言葉を使ったり、理解できるようにしておきましょう。

言葉に出して戒めること

まずはじめにご紹介する戒告という言葉が持っている意味としては「言葉に出して戒めること」という意味が存在している言葉です。

少し難しい意味に感じるかもしれませんが、具体的な例などを想像してみればそこまで難しくない意味だと考えることができます。

例えば、あなたが友達から筆記用具を借りたとします。

当然ながら何かを人から借りるということは借りたものをいつか返さなければいけませんよね。

期限を決めてその期限内で借りたものを返さないといけないですし、もしもそれをそのまま借りたままにしておくのは当然許されることではありません。

もしもこれが学校などのシーンを想像してみれば、当然貸したものを返却してくれなければ子供は先生に言いつけたりすると思います。

そうすると、学校の先生は借りたままにしてしまっている生徒に対して、返却を求めるように促したり、場合によっては相手に対して注意をしたりすることになるはずです。

そうなったときに、もしも言葉で生徒に対して注意をする場合、これがまさに戒告という行いに該当するといえます。

もちろん、子供の世界では難しい表現である戒告という言葉で表現したりすることがなかなかないと思います。

しかし、これがビジネスの世界、つまりは社会人としての世界になれば戒告という言葉で表現されるようになります。

これが戒告という言葉の持っている意味のひとつであり、該当するシーンであると言えます。

意味としては難しく感じるかもしれませんが、かみ砕いて考えてみると、誰しもが該当するような状況やシーンであるということがわかるはずです。

公務員に対する懲戒処分のひとつ


次にご紹介する戒告という言葉が持っている意味としては「公務員に対する懲戒処分のひとつ」という意味が存在している言葉です。

これはどういうことかといいますと、公務員として仕事に携わっている人が関係している意味合いであると考えることができます。

一般的に考えて会社などには守らなければいけないいくつかのルールや規則などが存在しているのが当たり前です。

それらを守らない場合、それぞれの会社の規則やルールに則って罰則が設けられている可能性があります。

例えば一般的な会社であれば減給、停職、場合によっては免職などが該当するようになるはずです。

これらは公務員に関しても同様であり、公務員でも同じように様々な罰則が設けられています。

それらの罰則は懲戒処分と呼ばれたりするようになるのですが、その懲戒処分の中の一つに戒告という処分が存在しているということになります。

しかし、先ほどもお伝えしたように戒告という処分は根本的に言葉で相手を戒める行為に該当しています。

つまり、ルールを守らない人に対して口頭で注意をしたりするという罰則の場合に戒告という処分が該当すると考えることができます。

しかし、今では徐々に公務員だけではなく、一般的な会社などでもこの言葉が用いられるようになっています。

なので、公務員だけにかかわるような言葉の存在ではなくなってきていますので、その点についても併せて覚えておくようにしてください。

行政法上、義務不履行の場合に、一定期間に義務の履行を督促する通知

次にご紹介する戒告という言葉が持っている意味としては「行政法上、義務不履行の場合に、一定期間に義務の履行を督促する通知」という意味が存在している言葉です。

この言葉の意味も分かりにくく、難しい意味に囚われてしまいがちな言葉なので、かみ砕いて理解しておく必要性があります。

これはどういう意味かと言いますと、行政法上において義務を怠っている場合に一定期間の間に義務を行うように相手に対して通知することができるという意味になります。

つまり、やるべきことをしていない場合に、やってくださいと相手に言えるということだと考えていただければ、難しい意味にはならないと思います。

先ほどまでご紹介してきた戒告という意味が持っている、相手に対する注意のような性質をもった意味合いであると覚えておいてください。

就業規則によって定められた会社の懲戒処分

次にご紹介する戒告という言葉が持っている意味としては「就業規則によって定められた会社の懲戒処分」という意味が存在している言葉です。

これはどういう意味かと言いますと、会社で定められた就業規則の懲戒処分の一つであるという意味です。

先ほどお伝えしたように、公務員だけではなく、最近では一般的な会社にも戒告という処分は適用されつつあります。

なので、公務員だけではなく、一般的な会社などでも懲戒処分の一つとして用いられている意味である、ということを覚えていただけたらわかりやすいはずです。

懲戒処分とは

そもそも懲戒処分という言葉に関してよくわからないと感じている方もいるかもしれませんね。

先ほども簡単に意味合いについて触れていきましたが、ここからはもう少しわかりやすく紹介処分という言葉について解説していきます。

そもそも懲戒処分とは企業の秩序や規律を維持する目的で課されているような存在です。

例えば、自分が勤めている会社の中である人がいつも決められた時間に出社せずに自分の好きな時間に出社したり、仕事を一切しなかったとするとどうなるでしょうか。

その人だけが好き勝手にしていると当然周りの人は真面目に働いているのが馬鹿らしくなりますし、会社の指揮が大幅に下がってしまいますよね。

そうなると、真面目に仕事を行う人間はいなくなり、会社の業績は悪化してしまい最終的に会社が倒産してしまったりする可能性があります。

なので、そうならないために一定のルールや規律などを設けることによって会社の秩序を守ろうとしているのです。

しかし、人によってはいけないとされているのにそれを守ろうとしないような人が一定数いるのも確かです。

なので、規則やルールを破ってしまった場合、何らかの罰を設けることでそれをしないようにさせることができるようになるのです。

その罰という存在こそが懲戒処分と言われている存在であると考えることができます。

懲戒処分に関しては先ほどもお伝えしましたが、戒告、減給、出勤停止つまり停職、そして懲戒解雇つまりはクビというような罰則が存在しています。

破った規則やルールの大きさなどによってその罰なども比例して大きくなるようになっており、それらの判断をその都度行っていると考えることができます。

これが懲戒処分と呼ばれるものであり、会社の秩序を維持するためには絶対に必要な存在であるということがわかるはずです。

職員として果たすべき義務や規律に違反した者に対する制裁処分

戒告という言葉や懲戒処分という言葉を聞いたりするととても難しい言葉ばかりなので意味がわかりにくいと思うのが当たり前です。

しかし、意味を正しく理解してみればそこまで難しいような言葉ではありません。

規則やルールを守るということは子供の頃から私たちが行ってきていることですし、規則やルールを守らなければ罰が与えられるということもまた同様です。

難しい言葉で表現していますが、根本的な意味としては私たちが子供の頃から経験してきたことと全く同じようなことばかりなのです。

なので、難しく捉えずに今まで私たちが経験してきたことが社会でも同じように行われており、それらが難しい言葉で表現されたものであると考えてください。

そうすると、戒告や懲戒処分という言葉の意味がよくわかるようになると思います。

「戒告」の使われ方

ここまでは簡単に戒告という言葉の意味についてご紹介していきました。

ある程度戒告という言葉の意味が理解いただけたところで、ここからは戒告という言葉の使われ方などについてご紹介していきたいと思います。

戒告という言葉はなかなか日常的に用いられない言葉でもありますので、具体的な使い方などについても理解されにくい言葉です。

しかし、言葉をマスターするためには意味や使い方などを正しく認識しておく必要性があります。

なので、戒告という言葉の意味や正しい使い方などを例文から学び、問題なく使用することができるように改めて使い方を確認しておきましょう。

ルールを破ったので戒告処分になった。

まずはじめにご紹介する戒告という言葉を使った例文は「ルールを破ったので戒告処分になった。」という例文です。

この例文に関してはそのままの意味であり、主に懲戒処分などを受けた場合に用いられる例文です。

戒告という言葉は主に処罰を受けた際に頻繁に用いられますので、このような例文で用いられることが多いので注意をしてください。

どうやらあの人は戒告処分を受けてしまったようだ。

次にご紹介する戒告という言葉を使った例文は「どうやらあの人は戒告処分を受けてしまったようだ」という例文です。

この例文に関しても難しい言い回しではなく、そのままの意味で通じるはずです。

戒告という言葉に関してはあまり一般的な日常で用いられるようなものではありません。

処罰を受けたり、ビジネスの場においてのみ使用されるような言葉になりますので、戒告の意味を知っておけばそこまで難しい使い方などをされることは少ないはずです。

「戒告」の罪の重さ

ここまでは戒告という言葉の具体的な使い方をご紹介していきました。

ある程度使い方を理解いただけたところで、さらに戒告という言葉を知っていただくために戒告という言葉の罪の重さについてご紹介していきたいと思います。

一般的に考えて会社のルールや規則などを守らなかった場合は懲戒処分が課されるようになっています。

その中の一つが戒告処分として知られているのですが、処分の種類を知らない方にとってみれば、戒告処分がどのような位置づけなのか正しく理解できていないはずです。

しかし、先ほどもお伝えした通り、戒告や懲戒処分は社会人として活躍している人全員に関係している言葉でもあります。

なので、どれくらいの罪の重さなのかということくらいは社会人ならば最低限知っておかないと恥ずかしいレベルでもあります。

なので、改めて懲戒処分の種類や、その罪の重さなどを戒告処分を含めて位置づけられるように覚えておきましょう。

懲戒処分の罰の種類

懲戒処分と一言に言っても懲戒処分に関しては様々な種類が存在しています。

なぜ様々な種類が存在しているのかと考えると、それは規則やルールを破った度合いに応じて、適した処罰を下すためだと言えます。

どういうことかと言いますと、一般的に考えて法律においても大きな悪事を働けば大きな処罰が下されるようになりますよね。

例えば、万引きも殺人も同じ法律に違反した行為ですが、圧倒的に後者のほうが大きな悪事を働いているということは一目瞭然です。

なので、当然大きな悪事を働いた場合はそれに応じた処罰を下す必要性があるということです。

それは一般的な法律においても、一般的な会社の規則やルールなどに関しても全く同様であると考えることができます。

なので、懲戒処分の一言に言っても様々な種類が存在しており、違反行為のレベルの度合いによって懲戒処分のレベルも変わってくるということになります。

それを踏まえた上で、具体的にどのような懲戒処分があるのか、そしてそれぞれの懲戒処分ではどのような罰則が設けられているのかをご紹介していきたいと思います。

戒告

まずはじめにご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「戒告」が挙げられます。

戒告に関してはこれまでご紹介してきた通りなので、ある程度どのような意味を持っているのかということはもうお分かりだと思います。

改めて戒告という懲戒処分の罰則内容についてお伝えすると、戒告は相手に対して口頭のみで注意をしたりする場合に用いられたりする懲戒処分です。

後ほどご紹介する様々な懲戒処分と比べていただければすぐにわかると思うのですが、戒告に関しては懲戒処分の中でもかなり軽いものとして扱われています。

なぜかと言いますと、これからご紹介する様々な懲戒処分に関しては自分自身にとって大きなリスクが伴う処分に該当します。

それに比べて口頭のみで注意をされるだけということを踏まえて考えてみれば、その他の懲戒処分と比べてみると最も軽いものであるということが分かるはずです。

なので、どちらかといえば一般企業などで用いられたりする場合戒告処分はそこまで大きな意味を持っていないような処分になっています。

どちらかといえば処分をするために戒告処分を行うというよりかは、世間一般などの外部に対して納得させるため処分をしたと言えるための用いられ方が多いです。

譴責

次にご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「譴責」が挙げられます。

譴責(けんせき)とはどのような処分なのかと言いますと譴責はどちらかといえば戒告とかなり似ているような処分の一つとして知られています。

譴責処分に関しては先ほどご紹介した戒告とは異なり、書面においての罰則が該当してます。

つまり、簡単に会は従業員に対して始末書の提出を求めたりすることなどな譴責処分として知られています。

会社の規則やルールなどを破った場合、比較的破ったルールなどが軽いものであれば従業員に対して始末書提出するだけで特にお咎めは無しと定めている会社もあります。

そのような場合に対して譴責処分は用いられており、先ほどご紹介した戒告処分と同様にそこまで大きな懲戒処分としては認識されていません。

譴責処分に関してもどちらかといえば外部に対して処罰をしっかりとを行ったということをアピールするために用いられたりする場合などが多いということを知ってください。

減給処分

次にご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「減給処分」が挙げられます。

減給処分とはどのような処分なのかと言いますとその名前の通り毎月私たちがもらっている給料が減らされてしまうという処分内容になります。

一般的に考えて私たちが仕事を行う大きな目的としては生きるためのお金を得るために仕事を行っていると考えることができます。

私たちの時間を消費して会社の業務を行い、それに見合った報酬としてお金を得て私阿知波生活を営んでいます。

なので、その給料を減らされてしまうということは、私たちにとってとても痛手になり
、比較的処分の中でも厳しい処分であると考えることができます。

ちなみに余談として減給処分に関しては企業の好きなように減給額を設定することができるわけではなく、ある程度法律で定められています。

どういうことかと言いますと、減給処分を課す場合は1日の賃金の半額までであると定められています。

また、もしも給料が月給制なのであれば1ヶ月の減給額に関しては最大10%までというように労働基準法などで定められています。

なので、犯した罪の大きさなどに伴って減給額なども比例して上がるということになっています。

いずれにしても、懲戒処分の中では自分自身にとって大きな痛手になってしまう処分であるということを覚えておいてください。

出勤停止

次にご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「出勤停止」が挙げられます。

出勤停止に関しても言葉の意味のとおりであり会社に出勤することを停止させられてしまうという懲戒処分の一種として認識されています。

出勤が停止されてしまうということはどういうことなのかということをよく考えてみると、想像以上に自分にとって大きな処罰であるということが分かるはずです。

なぜならば、そもそも出勤することができないということは会社で業務を行うことができないということになります。

そうなってしまいますと労働契約において考えてみると就労がなされていない場合は賃金が支払われることは当然ながらありません。

つまり、出勤停止が長くなれば長くなるほど収入源がなくなってしまい金銭的な負担がとても大きくなってしまうということがすぐにわかるはずです。

また、先ほどご紹介した減給処分に関してはどれくらいまで減らしてもいいのかということが労働基準法などで定められていますが、出勤停止に関してはこの限りではありません。

つまり、上限がないということになりますので長い期間の出勤停止になってしまうとそれだけ多くの金銭的な負担が生じてしまうということになります。

会社に出勤できないという状況だけでもはるかに大きな精神的な負担がかかってしまいますし、そこに金銭的な負担がのしかかれば想像以上に重い処罰になります。

人によってはこの結果が出たことによって会社を退職するという選択をする方もいますので、非常に重い処罰になるということは説明するまでもありません。

降格

次にご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「降格」が挙げられます。

降格とはどのような処分なのかと言いますと、会社における職位を下げられてしまう懲戒処分であると言えます。

どういうことかと言いますと、一般的な会社に関しては様々な役職が存在しています。

例えば部長という役職であったり課長という役職などが存在しており、大抵の場合は役職が上になればなるほど給料なども比例して上がっていくようになります。

つまり、降格処分は場合によっては毎月の給料も減らされますし、社会的な立場なども低くなり、大きな負担がのしかかる懲戒処分になります。

また、人によっては精神的に大きな負担もかかりますし、場合によっては出世コースから外れてしまうといったことも想像されます。

なので、私たちが想像している以上に大きな痛手になってしまう懲戒処分の一つとして考えることができます。

諭旨退職

次にご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「諭旨退職」が挙げられます。

諭旨退職という言葉はなかなか聞いたりすることがない言葉になるかもしれませんね。

諭旨退職に関しては懲戒処分の中でも比較的大きな懲戒処分になっています。

具体的な諭旨退職の意味としては「従業員が自主的に退職すること」を意味しています。

つまり、企業が従業員に対して退職を勧告して、結果的には従業員本人の願いでという形をとることとして知られています。

人によってはひどい処分だと感じるかもしれませんが、諭旨退職を受け入れるということは結果的に自分から辞めた形をとるということになります。

つまり、結果的に考えると退職金の支払いであったり、自分自身の経歴などに対しての影響力を考慮すればまだありがたみがある処分になります。

もしもこの諭旨退職を受け入れなかった場合、最悪次にご紹介する最も重い処罰が下される可能性もありますので、十分注意をする必要性があります。

懲戒解雇

次にご紹介する懲戒処分の種類の一つとしては「懲戒解雇」が挙げられます。

懲戒解雇という言葉についてはおそらくニュースなどで見たり聞いたりしたことがあるという方がとても多いと思います。

懲戒解雇の意味としては「クビ」という意味があります。

つまり、会社の規則やルールなどを破らなかったとして会社に解雇されてしまうということになります。

しかしながら注意していただきたいのが退職するということと懲戒解雇では大きく意味が異なるということです。

どういうことかと言いますと、事前に予告されなかったり、退職金が支払われなかったり、給料支払われたとしても減額された金額が支払われる場合があります。

つまり、単純に仕事を辞めるというだけではなく様々な部分において大きな負担がのしかかってくる退職の種類になってしまうということです。

当然ながら自分自身の経歴の中で懲戒解雇されてしまったという経歴がつくようになりますので、新しく仕事を探す上で大きな負担になってしまったりする可能性もあります。

これらを踏まえて考えてみると懲戒解雇という処分に関しては懲戒処分の中でも最も厳しい処罰の一つとして考えることができます。

ちなみに余談ですが、一般的な会社においては懲戒解雇と呼ばれており、これが公務員なのになると懲戒免職という言葉に変化するようになります。

しかし、実際に行われている内容などは大きく変化していませんので、公務員と一般企業では呼び名が違うということを覚えておいてください。

「戒告」に似ている罰

ここまでは懲戒処分の種類をご紹介していきましたが、ここからは戒告処分と似ている罰則についてご紹介していきます。

懲戒処分に関してはこれまでご紹介してきた通り様々な種類が存在しています。

しかしその懲戒処分の中庭戒告処分とかなり似ている処罰なども存在しているため、具体的な差別化ができていない人もいます。

なので、似ている処罰にはどのようなものがあるのか、そして細かい違いなどは何があるのかということについてもご紹介していきます。

訓告

戒告処分に出ている処罰として訓告処分が存在しています。

訓告とはどのような処罰なのかと考えると、訓告とは「口頭でいましめ告げること」という意味の処罰になります。

意味だけを考えると戒告と訓告に関してはそれほど大きな差がないほぼ同じような意味の言葉であるということがわかりになるはずです。

しかしながら実はこの二つの言葉に関しては若干の違いが存在している言葉でもあります。

何が違うのかと言いますと戒告は地方公務員法上の懲戒処分として知られており、訓告は内規で定めた処分ではないという違いがあります。

また、戒告の場合は公務員は減給や昇給額が減額される可能性、そして昇任に影響がありますが、訓告の場合はそれらがありません。

つまり、同じような意味でも結果的には全く違う存在であるということがわかるはずです。

戒告にならないようまじめに仕事に取り組みましょう

今回は戒告という言葉をテーマにして、戒告という言葉が持っている意味や具体的な使い方などについてご紹介していきました。

難しい言葉ではありますが、意味さえ知っていればそこまで難しい言葉ではありません。

社会人になると誰しもが関わる可能性がある存在にもなりますので、言葉の意味が曖昧になっていた人はこれをきっかけに正しい意味を理解するようにしましょう。

また、戒告になるということが自分にとって大きなデメリットになるということを把握した上で戒告処分を受けないように注意して仕事に携わるようにしましょう。