なぜ、自分は生きているのだろうか?時々そんな問いに襲われることが多いと思います。

人は生きている限りいろいろなことを経験するので、その度にいろいろと考えさせられるのです。

しかし、中には生きる意味を見しなってしまって無気力になってしまう方も結構多くいらっしゃいます。

では、なぜそう思ってしまうのかと言いますと、他人からの言葉などを深く感じてしまうからです。

しかし、それはあくまでも他人を理由にしているだけであって、実はよくよく考えたらすべては自分次第なのです。

他人から何かを指摘されてそれを気にしてしまうのは、自分であって他人ではないのです。

指摘してくる人は何も考えていません。

つまり、生きる意味を見失ってしまうのも自分に問題があるからだと言われています。

しかし、それを認めたくないために他人を原因にしている節があると考えられています。

そこで今回こちらの記事では、生きる意味を見失ってしまう理由などの情報をまとめましたので、ぜひ、参考にしていただきまして、生きる意味を見失う時などがあった時の対処法などに使用していただけましたら幸いです。

一度きりの人生で生きる意味を見失うなんて非常にもったいないです。

命を使うことを使命と言います。

命を無駄に使ってはいけません。

ぜひ、あなたの人生で生きる意味がどうのこうのなんて言うものには惑わされずに行きましょう。

生きる理由って何?生きることが辛くなったら見て

生きる理由とは?そんな質問を受けた時にあなたならどう答えますか?実はこの質問に答えはありません。

なぜなら、人生も人それぞれで十人十色だからです。

相手がどう生きようと自分には影響しません。

影響するとすればあなたが相手に依存しているということです。

つまり、生き方に正解も不正解もないのです。

あなたがどう生きようがそれがあなたの生き方なのです。

つまり、あなたの生き方にケチをつけてくる人がいても、はっきり言えばどうでもいいことです。

ケチをつけてくるぐらいならご自身の生き方を見直してほしいと言ったところです。

故に生きる理由に答えがないので、生きる理由は何でも良いのです。

ただ、できるなら人に迷惑をかけない生き方が良いのではないかと思います。

しかし、人生80年時代と呼ばれた時もありましたが、今は人生100年時代と言われています。

100年生きる間に嫌なことを経験せずに生きられる人なんているでしょうか?おそらくいないと思います。

現在、世の中で成功者と呼ばれている人たちもそこまでたどり着くのに血のにじむような努力をしてたどり着いているので、実は一般人以上に嫌な思いをして、それでこそ生きる理由について考えさせられる場面が多かったと思われます。

このように生きる理由を考えたり、生きる意味を見失うことはどなたにでもあることなのです。

ただ、一度見失ったからと言って、それをずっとキープしていることが問題です。

要は先へ進めるか進めないかが大事になってくるのです。

いつまでも生きる理由を見いだせないでいても時間の無駄です。

よくメンタルの強い人になれればと言いますが、メンタルが強ければ落ち込まないと言うわけではありません。

メンタルが強い人は、自分の感情や気持ちなどのコントロールが上手い人のことを言います。

だから、強く見えるだけです。

人間は必ずしも生きることに悩みを持つ時がある

生きる理由に考えたり、生きる意味を見失ったりすることは人間誰でもあることなのです。

つまり、そのことで落ち込んで立ち止まっていてもそんな意味はありません。

落ち込むのはあなただけではないのです。

よく、何か不具合なことが起きると、自分だけと言った感じに思ってしまって、落ち込みますが、その瞬間にもあなた以外の多くの人が落ち込んでいるのです。

つまり、あなただけに起きている問題ではないのです。

誰でもいついかなる時に生きていることに悩みを抱くのかがわかりません。

また、それが起きたからといって人生が終わるわけでもないのです。

よく、大げさに考える人がいますが、そんなに大きなことがいつもあなたに起きてくるなんてことはありません。

要は生きる理由を考えたり、生きる意味を見失ってしまった時こそ、試されている時なのです。

そんな時に自分はどう立ち上がればいいのかを考えればいいのです。

そのようなことで悩むのも実は普通のことなのです。

しかし、なぜかこの世の終わりのような感じで悩んでしまうので、生きる理由を考えたりすることや生きる意味を見失ってしまうことに対してどこかネガティブな印象を持ってしまっているような感じがします。

生きる目的や目的を失う理由とは?

では、なぜ人は生きる目的などを見失ってしまうのでしょうか?これには様々な要因がありますが、一つにはことがうまく進まなくなってしまったことなどが伺えます。

今までは計画通りに来ていたのに突然計画通りに進まなくなってしまった。

そんな時に立ちあがることができずに止まってしまって、生きる目的などを見失ってしまう。

そんな場面が多々あります。

ただ、最近問題になっているのが生きる目的を失ってしまって、自殺をされる方が多いことです。

特に日本はそれが顕著で、自殺で志望する割合がなんと世界でもトップクラスと言うなんとも不名誉な記録を持ってしまっています。

他国よりもストレスを抱え込みやすいのが日本らしく、世界から見れば働き過ぎとの印象もあるそうです。

真面目な性格ゆえに、楽しく生きていないのではないかと海外の人には映るみたいです。

まずはここからは生きる目的を見失ってしまう理由を説明します。

生きる目的や目的を失う理由1:孤独だから


1人で生きるのが好きと言う人もいれば、1人で生きるのが辛いと言う人もいらっしゃいます。

それゆえに孤独な環境に置かれると自分はどうやって生きていけばいいのか悩んでしまうそうです。

そのため、生きる目的を見失ったり、生きる意味を考えてしまう状況になってしまうのです。

人間1人でいると、吐き出すものも吐き出せないので、おかしくなってしまうとよく言われています。

しかし、これも考え方によっては防ぐことができます。

自分が孤独な状態にいると思いこんでしまっているから孤独な環境に身を置いてしまっているのです。

孤独は嫌だと思えば、自然とそのような環境から逃げ出したくなるものです。

そうは言っても人の目などが気になると言う方はいらっしゃいますが、人の目は気にするだけ無駄です。

なぜなら、あなたはあなただからです。

人の目を気にするよりも自分の考えを気にしてしっかり行動しましょう。

寂しくてたまらない

孤独に耐えきれず、生きる目的を見失ってしまう人のほとんどが寂しさに耐えられないと言った感じの感情を持っています。

おそらく、なにかしらのコミュニティーに所属していないと気が済まない性格なので、そうなってしまうのです。

さびしい気持ちはわかりますが、そのさびしいから自分はこうなってしまったんだという理由は、実はエゴな感じがいっぱい含まれています。

まず、さびしいと思うのはあなたの感情です。

つまり、1人でいてもさびしいと思うか思わないかはあなた次第なのです。

故に、自分でさびしいと思う気持ちを抱かせなければ、生きる目的を見失うこともありません。

このような人たちはどこか他人に依存してしまっているような節があります。

しかし、これは仕方がありません。

現在の日本の社会でも、未だに上司の言うことは絶対。

上司の言うことだけしていればいいと言うような感じの雰囲気があり、知らず知らずに相手に依存しなければならない世の中で育っているからそうなってしまっているのです。

ただ、どう感じるかなどは自分でコントロールする部分ではありますので、うまく自分の感情をコントロールできるようにしましょう。

生きる目的や目的を失う理由2:何もすることがなくて暇


これは大学生などに多いのですが、今までと違って時間が余りすぎるので、時間をどう利用すればいいのかなどを悩んでしまう人が多く、結局何もすることなく、暇な時間をただ過ごしてしまってるような人がたまに生きる目標などを見失ったりします。

要は無駄にどんどん時間が過ぎて行ってしまっているので、何をすれば良いのかわからなくなってしまっているような感じです。

そのため、自分で動くこともできないので、暇な時間が多くなってしまっていると言うことです。

大学時代などにこのような生活をしてしまった人などは、社会人になると休みなんていらないと言った感じになってしまうので、死ぬほど働く人が以外と多いです。

逆に大学の時にしっかり自己管理出来ていた人ほど社会人になると働き方に疑問を覚えてしまうのです。

何もすることがないというのは裏を返せば何でもできる時間と言うことです。

ただ、ご自身が動かないだけで、実は少し見方を変えたり、発想を変えたりするだけで、有意義な時間にすることができるのです。

ぜひ、暇だと思いましたら、チャンスと思って切り替えましょう。

生きる目的や目的を失う理由3:働きすぎている

日本人に多いのがこの働きすぎです。

法律では1日の労働は8時間までというような決まりになっていますが、残業は日常茶飯事で、さらに悪い部分ではサービス残業が当然のようになっていることです。

残業などはよくないと言った感じに言われているのになぜ当然のようになってしまっているのかと言いますと、日本の場合、報酬よりもやりがいに着目を置いているからです。

つまり、やりがいさえあれば、報酬なんて関係ないと言った感じに捉えているので、平気で残業もしてしまうのです。

また、辛いと思って仕事を辞めようとしても、辞める方が悪いと言った感じの風潮があるのもこのやりがいを押し付けたことが原因です。

やりがいを押し付けたことで終身雇用や年功序列が成り立ったとも言われていますが、現在はその二つもほぼ崩壊したようなものです。

また、ストレスが溜まって自殺する原因の一番が働き過ぎとも言われています。

つまり、働きすぎると周囲が見えなくなってしまって、自分がロボットのようなものに思えてしまって無気力になってしまうのです。

そうなると、生きる目的を見失ってしまうのです。

働き方改革とは言われていますが、日本ではこの働き過ぎが凄く問題になっていると言わざるを得ません。

生きる目的や目的を失う理由4:好きなことをしていないから

人間は好きなことをしていると120%の力を出しているので自然と物事がうまく進みます。

よく仕事は100%の力でするようにと言われますが、これは好きでもないことをしないと行けない状況もあるから100%出さないと継続しないためにそう言われています。

つまり、100%で動いているとストレスを溜めてしまう危険性が非常に高いのです。

そのために仕事でなくても何でも構いませんので、120%の力が発揮できる環境を作らないと無気力になってしまいます。

故に好きなことを見つけて取り組むのがストレスの軽減になります。

好きなことをしていると人間は自然と力が出るので無理することなく動くことができるのです。

よって、何でも構いませんので、好きなことを見つけて取り組むようにしましょう。

そう言われると大きなことをしないといけないと思う方もいらっしゃいますが、そんなことはありません。

短時間で出来るものでも何でもOKです。

とにかく好きなことに取り組む時間を設けましょう。

そうすることで心にゆとりが生まれるので、生きる目的などで悩むことはなくなりますよ。

生きる目的や目的を失う理由5:無気力になっている

何に対しても無気力になっていると、生きた心地がしません。

なぜ、無気力になってしまうのかと言いますと、まずは自分で考えて行動することが少ないからです。

特に社会人になって雇われて人の言うことを聞いて作業ばかりしていると自分で考える習慣がなくなるので、無気力になってしまうことがあります。

また、仮に自分の考えを相手に伝えて反論されると、自分はおかしいのだろうかと思ってしまって、それで無気力になってしまうこともあるのです。

無気力になると何をやっても楽しくありません。

何に対しても喜びなどの感情を抱かないので、自然と外との交流を避けてしまうのです。

そうなってしまうと、生きる目的なども考えられなくなってしまい、どうしたらいいのかなどと悩んで苦しむだけになってしまうのです。

無気力にならないためにも数分でもいいので自分で何かを考える時間を作りましょう。

人間は意志を持って生まれた動物です。

自分で考えないで生きているのはもったいないです。

生きる目的や目的を失う理由6:大切なものを失ってしまったから

大切なものを失うと人間は何も見えなくなってしまうか、もしくは時間が止まってしまったかのようになってしまいます。

それはなぜかと言いますと、それまで自分の支えになっていたものであるからで、それがないと言うのは自分の人生にあり得ないと言った感じになってしまっているからです。

しかし、これはただ単に大切なものへの執着心が強く、また、それを言い訳にしているだけです。

なぜ、言い訳にできるかと言いますと、周囲にもそのような人間が多いからです。

何かを言い訳の材料に使って自分は今このような状態だと言うことを表現するのはよくあることです。

特に日本人の場合は物に執着する気持ちが強いので、このようなことはよくあります。

しかし、それが長く続いてしまうのは良くありません。

大切なものを失っても前に進むことが今を生きる上では大切なのです。

失って物にこだわっているのは過去にこだわっているのと同じです。

ぜひ、前を向くようにしましょう。

家族や恋人、友達を失った

家族や恋人、友達などあなたにとってかけがいのないものを失うのは非常にいたたまれないことだと思います。

そのため、そのような出来事があると人間は数日間回復することが難しくなるのです。

なぜかと言いますと、まず、その出来事を受け止められないからです。

要は現実を見ることが出来ていないのです。

そのため、どこかおかしいと感じて立ち止まってしまっているような状況になってしまっているのです。

また、それまで普通だった状態から普通でない状態になってしまうので、その変化について行けなくて、喪失感に合い、生きているって何なんだろうと思ってしまうのです。

しかし、これもあくまで自分が落ち込んだり、無気力になってしまう原因を外に作っているだけです。

確かにかけがえのないものを失ってしまうことは悲しいのですが、いつまでも執着していても相手に迷惑です。

よく、成仏できないというのは、相手が自分へ執着心を持っているからだと言われています。

つまり、幽霊などを呼び寄せているのはあなたなのです。

 

生きる目的や目的を失う理由7:マイナス思考に陥っているから

よくネガティブな人ほど、生きていることに価値を見出せなくて、無気力になったり、暗いオーラを出して周囲に嫌な雰囲気を持ってきたりします。

そんな人ほど、先を見ていなかったりして、生きる目標などを持たないでただ坦々と生きているような人が多いです。

気持ちや考えがあなたを作っているとも言われていますので、マイナス思考な人は、マイナス思考になるような生活を自然としてしまうのです。

それは、潜在意識がそうさせてしまっているのです。

思えば思うほどそのような場面を導くように潜在意識は働きます。

つまり、マイナス思考でいればいるほど何も考えられなくなってしまい、生きる目的などを見失ってしまうのです。

また、それが自分だけでなく、他人にも影響を与えてしまう危険性もあるので、マイナス的な思考を持つのはよしましょう。

生きる意味を失った時の改善方法

ここまでで生きる目的などを失う主な理由をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

おそらく思い当たる節がある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

また、生きる意味などを見失ってしまうのは良くあることです。

つまり、良くあると言うことは改善することができると言うことでもあります。

そこで、ここからは生きる意味を見失ったときの改善方法などを説明していきます。

ぜひ、参考にしていただきまして実践していただけましたらと思います。

大きくピックアップして6個の改善方法があります。

いきなりすべてを理解しろとは言いません。

まずは、あなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビット来たものなどから理解していくようにしましょう。

慌てなくても大丈夫ですので、安心して拝見してくださいませ。

これを乗り切れるとこれ先を生きていく上で強くなれますよ。

ぜひ、実践して先へ進むようにしましょう。

立ち止まったままでいても意味がありません。

生きる意味を失った時の改善方法1:新しく生きがいを見つける

生きる目的を見失ってしまうのはこれまでのご自身の生きがいを否定されたり、間違っているのではないかと疑ってしまうことから起きるのです。

そこで、自分の生きがいは間違っていないと思って進むことも大切ですが、もう少し柔軟に考えて、生きがいを新しくしてみるのもいいかと思います。

つまり、生き方を変えるのです。

よく、他人を変えようと頑張る人はいますが、他人を変えることは私たちにはできません。

というか不可能に近いです。

それよりかは、自分を変える方が凄く簡単ですよ。

考え方が変わればこれまで見ていた景色とは違う景色を見ることができますよ。

つまり、新しい生きがいを見いだすことができるので、それまで悩んでいたことを気にしなくなりますよ。

【生きがいについては、こちらの記事もチェック!】

生きる意味を失った時の改善方法2:とりあえず今を楽しむ

生きる意味を見失った場合、時間の大切さも見失ってしまうことが多いです。

お金は時間をかければ手にすることができますが、時間はいくらお金をかけても手にすることはできません。

故に時間の大切さを忘れてしまうのは良くありません。

そこで、生きる意味を見失ってしまった時などは、一旦落ち着いて何でもいいから今を楽しむようにしましょう。

今を楽しむことで新しい考えなどが生まれて、少しばかりでもあなたに変化が訪れるかもしれませんよ。

要は、変化することができないから立ち止まってしまうのです。

今を楽しむことで時間の大切さを感じることもできるので、落ち込んでいる暇がないと感じることができますよ。

過去を見すぎてもNGですが、先を見すぎてなかなか動けない場合は一旦今を見るようにしましょう。

明日死ぬかもしれないと思う

今を楽しめと言われても急にそんなことを考えるのは難しいと思う方はいらっしゃるかもしれません。

そんな時は、大げさですが、明日死ぬかもしれないと思うと今を大切に思えてくるので、今を楽しむようになります。

そんな大げさなと思う方もいらっしゃいますが、生きる目標を見失って人生が終わったと考えている時点で大げさな考えなのです。

つまり、そんなかわらないと言うことです。

この際、大げさに考えて楽しんでしまった方が後に後悔は残りませんよ。

大げさに考えて落ち込むのと、大げさに考えて楽しむのとではどちらがよろしいでしょうか?おそらくほとんどの人は、楽しむ方がいいと言うと思いますよ。

ぜひ、今を楽しむためにたまには大げさに考えてみてもいいのではないでしょうか。

生きる意味を失った時の改善方法3:頑張って生きていこうとする人に会う

人は相手から受ける影響が凄く大きいと言われています。

そのため、自分がなりたいと思う人を見つけたらその人と交流を増やすことが大切になってきます。

交流を増やしていい影響を受けて自分を変えていけばいいのです。

特に生きる目標を見失っているような人は、頑張って生きて行こうとしている人などからいい影響をいただくのが最適な方法だと思います。

交流を増やすことで頑張って生きて行こうとする人の行動などが刷り込まれて習慣化されるので、知らないうちにあなたも頑張って生きていこうとする人間になっている可能性が非常に高いのです。

そんなこと言っても相手が自分を受け入れてくれるか心配と言う方も、そこは意識の改革が必要です。

相手がそう思っているというのはあなたの思いこみです。

ぜひ、目標となる人を見つけたら交流を増やしましょう。

生きる意味を失った時の改善方法4:好きなことを始めてみる

前文で好きなことをしている時は120%の力が出せて、苦を感じることなく取り組めると説明しました。

しかし、そのことが体験できずにいるので、人間は100%の力で頑張ろうとしてしまうのです。

なら、話しは簡単で体験すればいいだけです。

要は好きなことを見つけてそれをやってみればいいだけなのです。

そのことで、好きになって取り組むことを体験できるので、生きがいを持つことができますよ。

好きこそもののなかれ、とは良く言いますが、好きになることで取り組み姿勢や考え方も変わるので、効果は絶大です。

うまくいかないと思ったら、好きなことを見つけるか、もしくは今取り組んでいることを好きになるかすれば少しは気分が和らぎますよ。

ぜひ、実践して見てくださいませ。

生きる意味を失った時の改善方法5:人生は終わるものと考えて楽に生きる

人生はいずれ早かれ遅かれ終わるものと思ってしまえば、実は生きるのが楽になりますよ。

ある意味、決まったようなものだからといった感じのあきらめですが、あきらめることも大切です。

必死になって頑張りすぎるからストレスが溜まって自分を見失いがちになってしまうのです。

起こることすべてが決まっていたと思えばあきらめがつくので、どうして?とか思ったりすることはありません。

楽観主義的な考えではありますが、どうにかしたいと思っても、不可能なことはいっぱいあります。

それよりかは日々の出来事に感謝をして生きる方がずっと楽です。

思い通りにいかなくてもそれがあなたにとっては必要なことなのかもしれません。

変に悲観的にならず、これも自分の人生のシナリオの一つだと思いましょう。

生きる意味を失った時の改善方法6:信頼できる人に相談してみる

生きる目標が見つからない、生きる意味がわからないと言った感じに悩んでしまったら信頼できる人に相談するのも良いかと思います。

ただ、この時に相手から言いアドバイスをもらえるなどと言った見返りを期待してはいけません。

要はあなたが悩んでいるのは活路が見いだせないからと思っているかもしれませんが、実は違います。

あなたの中に溜まった悩みを吐き出せないでいるから悩んでいるのです。

つまり、吐き出してしまえば気分もスッキリしてリフレッシュすることができるのです。

この時、大切なのは信頼できるかどうかです。

信頼できない人に悩みを打ち明けても、返って利用されてしまう危険性が高いです。

上司からなぜと聞かれて悩みを打ち明けたら、次の日からその部分について攻撃されるようになったというのは良くある話です。

生きる意味がないと悩む人の特徴

誰でも生きる意味を見いだせずに悩むことはありますが、ではどのような特徴がある時に人はそのように悩むのでしょうか?おそらくほとんどの人は具体的にその特徴がわかるということはないと思います。

そこでここからは生きる意味がないと悩む人の特徴をご紹介します。

生きる意味がないと悩む人の特徴1:考えすぎる傾向がある

何事においても考えすぎてしまう人は、実はそれに比例する感じで悩むことが多いです。

特に考えすぎて何も見いだせない場合には、生きている意味ってあるのかと悩んでしまうのです。

考えることは良いのですが、たまには周囲と一緒に考えるようにして1人で抱え込まないようにすることが大切です。

生きる意味がないと悩む人の特徴2:好きなことをしていない

好きなことをしていないので、何をする時でも嫌々しないといけないと言った感じの考えに支配されています。

それでは取り組むことに精が出ません。

自分にとって好きなことを見つけることができれば、それを仕事としてしまうと幸せなことはないですよね。

日本では嫌々しながら仕事をしている人がいっぱいいるので、ストレスを溜めこみやすいみたいです。

生きる意味がないと悩む人の特徴3:マイナス思考

ネガティブな人は何をやってもマイナス思考になってしまいます。

つまり、自分で喜びを見つけることができないのです。

また、そのように思っているので、そのようになるように潜在意識が働くので、良いことが起きにくくなります。

ネガティブは良くありません。

ゆっくりで構いませんので、ポジティブに向くようにしましょう。

生きる意味がないと悩む人の特徴4:過去に辛いことがあった

過去の出来事などを引きずったままで行くと、生きることに意味を見いだせなくなってしまいます。

何かある度に過去が過去がといって過去を言い訳材料にしているのです。

過去を見ても意味はありません。

未来を見るようにしましょう。

生きる意味がないと悩む人の特徴5:視野の狭い世界で生きている

視野が狭いと見ている景色もせまいので、新しいことの発見に繋がりません。

このような人は保守的になってしまう傾向が高いので、例え凄いと思っても感動などをせず、生きていて楽しいのと思われてしまっています。

世界は日本だけではありません。

あなたの想像以上に大きいのです。

視野を広く持つようにしましょう。

楽しい毎日を生きよう!生きる意味は絶対にある(まとめ)

生きる意味を見失ってしまうことについていかがでしたでしょうか?

レアなことではないのです。

おそらくあなたの周りでも同じようなことを感じている人は多いですよ。

また、人生100年時代と言われている時代です。

30代の時に失敗しても人生に響くなんてことはありません。

それよりかは失敗を恐れずにチャレンジすることが大切です。

失敗を多く経験した人ほど年齢を重ねるごとに大きくなっていますよ。