私たち日本人は一般的に考えて相手と意思疎通を交わしたりする際の言葉としては日本語を用いています。

人によっては様々な言語を扱うことができる方もいるかもしれませんが、割合としてはやはり日本語のみを話している人が多いと思います。

そんな私たちが当たり前に使っている日本語に関しては、実は想像以上に難しいことをあなたは知っていますか?

アメリカの国務省に外国語習得難易度ランキングというデータが存在しており、これは簡単に言ってみれば様々な国の言語の難しさを表しているランキングになります。

このランキングに関してはカテゴリ1~5に分かれており、さらに4+、4-といったように細かくランキングが区分されています。

そんな中でこのランキングの一番難しいレベルである5+に該当している言語は一つしかなく、それは実は日本語のみとなっています。

つまり、私たちが当たり前に使っている日本語に関しては世界的に見て一番難易度が高い言葉として認識されています。

それを踏まえて考えてみると、日本語を用いている私たち日本人にとってしてみても、時には日本語が難しく感じるということは致し方ないのかもしれません。

しかしながら、難しいからといって一般常識レベルの言葉遣い、礼儀やマナーに関する言葉遣いなどに関してはしっかりと習得をしておかなければいけません。

なぜならば、間違った言葉遣いをするということは時には信頼関係において大きな傷が入ってしまう可能性があるからです。

そこで、今回は難しい言葉の一つである「お大事に」という言葉をテーマにして、意味や使い方、目上の人に対して使う際の用例などに関してご紹介していきます。

「お大事に」を正しく使えてますか?

お大事にという言葉はおそらくどんな方でも人生で一度くらいは使ったことがある言葉だと思います。

日常生活の中で頻繁に用いるかと言われれば、そこまで頻繁には用いないかもしれませんが、長い人生の中で用いる機会は必ず存在しているはずです。

お大事にという言葉に関しては、知らない人はおそらくいないと思いますが、どのような場面で使うことが一番適切な状況なのかという細かいことなどを知らない場合があります。

言葉というのはとても難しいもので、きちんと意味を理解し、適切な使い方を知っていなければ間違った使い方をしてしまいやすいものです。

そして、言葉遣いを間違ってしまうということは場合によっては相手に対して嫌な気持ちにさせてしまったり、意図していない結果を招いてしまったりする可能性があります。

なので、私たちが使っている言葉でもしも意味や使い方などが曖昧になっているのであれば、早い段階でそれらを正しい認識を持てるようにしておかなければいけません。

そうでないと必ず長い人生のどこかで、言葉のかけ違いによってトラブルが生じてしまったりする可能性が残されたままになってしまいます。

そこで、今回はお大事にという言葉を中心に正しい使い方や具体的な意味などについても改めてご紹介していきたいと思います。

もしもお大事にという言葉を完璧にマスターしていないのであれば、この機会に正しい使い方や正しい意味を知ることができるようにしてみてください。

体調が悪い人に向けてよく使う


お大事にという言葉を用いるシーンを自分なりに考えてみてください。

おそらく大多数の割合で体調が悪い人に対して用いているシーンを想像されると思います。

例えば、勤怠の管理をしている人間などに関しては体調不良の人間から連絡があったりすると思います。

そのような立場に身を置いている方に関しては基本的に毎日の業務の中でお大事にという言葉を使っていたりする割合が多いと思います。

ビジネスのシーン以外でも、自分の身近な存在の人が体調が優れていなかったりした場合、相手との会話の中で最終的にお大事にという言葉を使ったりすることもあると思います。

これに関してはわざわざあえて説明しなくても大多数の方が理解している事実だと思います。

大人ならもちろん、子供でも知っているくらいの知識になりますので、これくらいのレベルの知識などは習得しているので問題ないはずです。

ただ、具体的な意味を問われた時に分からなかったりするようなこともあると思いますので、表面上だけの知識ではなくしっかりの根本的な知識を身につけるようにしましょう。

気軽に使えて便利な言葉

お大事にという言葉に関しては様々な状況で用いることができる言葉としても知られています。

体調が悪い人に対して使ったりする言葉ですが、その状況を詳しく考えてみるとビジネスのシーンにおいてもプライベートのシーンにおいても様々な場面に用いることができます。

なので、早い段階で知識として身につけておくことによって様々な場面で用いることができる便利な言葉でもあるのです。

しかし、利便性が高いからということはメリットにもつながりますし、デメリットにもつながります。

どういうことかと言いますと、利便性が高いということは様々な場面においてこの言葉を用いることができるということになりますよね。

つまり、様々な状況の中で用いるということは、正しい使い方をできていなければ誤解を招いてしまったりする可能性を高めてしまうということにもつながります。

正しい使い方をすることができるのであれば問題はありませんが、正しい知識を習得せずに間違った使い方をしていると大きなデメリットに繋がってしまうということになります。

なので、利便性が高い便利な言葉であるということと、その反対に正しい知識を習得しておかないといけない言葉ということも念頭に置いておいてください。

うっかり失礼にあたることも?

お大事にという言葉は様々な場面で用いることができる言葉ですが、人によってはどのような人間に対しても同じように使っている場合があります。

しかし、絶対に注意をしておかなければいけないこととして、相手の立場によっては言葉を使い分けないとうっかり失礼にあたってしまうことがあります。

どういうことかと言いますと、例えば自分よりも目下の人間や目上の立場の人間に大きく関係性を分けることができますが、それを理解しておかないといけないということです。

目下の立場の人間にも目上の立場の人間にも同じようにお大事にという言葉を使っていた場合、もしかすると相手に不快感を与えてしまっていたかもしれないということです。

おそらく振り返ってみると該当していると感じる方もいるかもしれませんので、細い言葉の使い方に関しては後ほど後述していきたいと思います。

「お大事に」の意味

お大事にという言葉は老若男女様々な人が扱っている言葉だと思いますが、人によって具体的な意味を理解していないまま扱っている人もいます。

使うべき状況を理解していたとしても、具体的な意味を理解していないと間違った言葉遣いに繋がってしまいやすくなります。

そこで、ここからは改めてお大事にという言葉の意味などについて触れていきたいと思います。

状況は理解していても、意味を理解していないという方はお大事にという言葉と改めて向き合い、正しい意味を理解してみましょう。

病人・患者への労りの挨拶

お大事にという言葉の意味としては「病人・患者への労りの挨拶」という意味が存在しています。

つまり、簡単に言えば体調が優れていない方、体調崩してる方に対して用いるべき言葉であるということです。

相手の健康状態などを気遣ったうえで、相手の体調などが早く治ることなどを祈っていることを伝えている言葉として認識されています。

なので、病気で体調不良だということを知った時に、相手の大して会話の終わりにお大事にという言葉を使ったりするのが一般的な使い方だと思います。

実際に大多数の方がこのような意味でお大事にという言葉を実際に使用した経験などはあると思います。

それほど珍しい言葉でもありませんし、今では子供でも知っているような言葉でもあります。

なので、これに関してはある程度の人がご存知だと思いますが、具体的な意味を問われた時にわかっていない方が圧倒的に多い言葉でもあります。

そこで、お大事にという言葉の特徴などについても詳しくご紹介していきます。

「お大事に」は省略言葉

お大事にという言葉の特徴を考えた時に、知っておきたいことの一つとしてはお大事にという言葉は省略されている言葉だということです。

これを知っているか知っていないかというところが、お大事にという言葉をきちんと理解しているか、していないかというところの別れ際になると思います。

では、お大事にという言葉はどのような言葉が省略されている言葉なのかと言うと「お大事にしてください」という言葉が略称された言葉であるということです。

よく考えてみればそこまで難しくはないと思いますが、体調不良の方に対して最後にお大事にしてくださいというのは「お体を大事にしてください」という意味になります。

つまり、体調不良とは自分の体が不調になっているということになりますので、お大事にという言葉を使うことで、相手に対しての労りの挨拶になるということです。

これを知らないで使っていた方に関しては、この機会に改めて省略される前の言葉を覚えるようにしてください。

これはしっかりと覚えておくことによって、これからご紹介する言葉の由来、使い方なども理解しやすくなるはずです。

「お大事に」の由来

ここまではお大事にという言葉の意味についてご紹介していきましたが、ここからはお大事にという言葉の由来についてご紹介していきたいと思います。

そもそもなぜ体調が優れていない人などに対してお大事にという言葉を使っているのかと考えるとその由来を理解している方は少ないと思います。

意味や使い方だけは知っていればそれなりに言葉の使い方はマスターできるようになりますが、由来についても理解しておくことでさらに言葉の知識を深めることができます。

お大事にということ言葉をマスターしたいのであれば、お大事にという言葉の由来などについてもこの機会に理解を深めておいてください。

「大事」の意味

お大事にという言葉の由来を考える際には、実際に言葉で使われている大事という言葉に着目をしていただく必要性があります。

どういうことかと言いますとまず大事という言葉の意味をご紹介すると「重大な事柄、大切なものとして扱う」という意味が存在しています。

つまり、かけがえのないものとして大切に扱う様子が存在していることを意味している言葉だと解釈をすることができます。

そこで、かけがえのない大切なもの=相手、相手の体という風に解釈ができるようになり、相手の健康がすぐれない場合に用いられるようになったということになります。

「お大事に」の使い方

ここまではお大事にという言葉の由来についてご紹介していきましたが、ここからはお大事にという言葉の使い方についてご紹介していきたいと思います。

お大事にという言葉のみに限らず、言葉の具体的な使い方などを理解していないと、結果的に間違った言葉遣いに発展する可能性があります。

何度もお伝えしますが、間違った言葉遣いをしていると意図していない状況に発展する可能性もありますので、場合によっては相手との信頼関係に傷がつく可能性もあります。

プライベートの場面ならまだしも、これがもしもビジネスの場面においてでの話となると、想像以上にデメリットが生じてしまう可能性もあります。

なので、お大事にという言葉の使い方に関して少しでも不安があるという方に関しては、この機会にお大事にという言葉の正しい使い方をマスターできるようにしてください。

想像以上にビジネスのシーンでお大事にという言葉を使ったりする機会は多いので、十分注意をするようにしてください。

親しい人には「お大事に」でOK


まずはじめにご紹介するお大事にの言葉の使い方としては「親しい人にはお大事にでOK」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、お大事にという言葉を使う相手を考えてみると2種類に分けることができますよね。

自分よりも下の人間や同じ立場の人間、そして自分よりも目上の人間に対して用いることができるということです。

それを踏まえて考えてみると、目下の人間や親しい人間などに対して用いる場合は「お大事に」という言葉でも問題ないということです。

先ほどもお伝えした通りお大事にという言葉に関しては「お体を大事にしてください」という意味が込められています。

なので、親しい人間なのに対してはそのままの言葉で扱うことができますので特に問題はありません。

この点に関してはそこまで難しい話ではないと思いますが、これからご紹介する自分より目上の立場の人間に対して用いる場合が難しいので注意をしてください。

目上の人に使うとき

次にご紹介するお大事にという言葉の使い方として、「目上の人に対して使うときは注意をしなければいけない」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、お大事にという言葉を用いる場合、目上の立場の人間に対してはそのままの形で使うことはいけないということです。

お大事にという言葉は「お体を大事にしてください」という意味になりますので一見するとそこまでおかしい言葉の使い方にはならないと思いますよね。

しかしながら、一般的に考えて自分よりも立場が上の人間に対してお大事にという言葉を使ったりすると人によっては不快感を感じる可能性があります。

なぜかと言いますと、お大事にという言葉だけを相手に伝えてしまった場合人によっては物足りなさを感じたり丁寧さに欠ける表現だと考える可能性があるからです。

なので、言葉遣いに厳しい方であったり、それなりに社会的な立場に身を置いている方に対して言葉を用いる場合は十分に注意をしなければいけません。

では、目上の立場の人間に対してお大事にという言葉を伝える際にはどうすればいいのかわからなくなってしまう方もいると思います。

そこで、ここからは目上の立場の人間に対してお大事にという言葉を使う場合、どのように良い直せばいいのかということについて触れていきたいと思います。

「お大事にしてください」

まずはじめにご紹介する目上の人に対してお大事にという言葉を使う際は「お大事にしてください」という言葉で表現する必要性があります。

お大事にという言葉は先ほどのお伝えした通り「お大事にしてください」という言葉が省略されている言葉だとお伝えしました。

なので、人によってはお大事にという言葉を使えば結局同じ意味なので、言い換える必要性がないのでは?と感じる方もいると思います。

確かに意味としてはそこまで大きく変化するものではありませんし、同じような言葉だということは誰もが分かると思いますが、ここが言葉の難しいところです。

例えば、もしもあなたが自分よりも下の立場の人間から「お大事に」と言われるとどう思うでしょうか?

おそらく、人によってはもう少し丁寧な言い方をしてくれてもいいのでは?と感じる方も少なからず存在すると思います。

それを踏まえて考えてみると、お大事にという言葉だけでは少しぶっきらぼうな言い方になってしまう可能性があるということです。

信頼関係がそれなりにあるのであれば、問題ないかもしれませんがそこまで距離感が詰めれていない状態なのであれば、お大事にという言葉だけではいけません。

なので、難しく考えずに自分よりも上の立場の人間に対して言葉を扱う際には「お大事にしてください」という言葉をそのまま使うようにしてください。

このように伝えることによって言葉の行き違いなどは必ずなくなるようになりますので、面倒なトラブルを発生させたくないのであれば十分注意をするようにしてください。

「お大事になさってください」

目上の人に対してお大事にという言葉を使う際はほかの言い方として「お大事になさってください」という言葉で表現する必要性があります。

先ほどご紹介した「お大事にしてください」という言葉だけでも、そこまで違和感はない言い方なのでも特に問題はありません。

しかしながら、相手に対する配慮がしっかりとしている人からすると、お大事にしてくださいという言葉だけでは少し簡素な言い方にならないか不安に感じる人もいると思います。

そこで、もしももう少し丁寧な言い方をすることができないか?と疑問に思うのであれば「お大事になさってください」という言葉で表現するようにしてください。

「お大事にしてください」と「お大事になさってください」という言葉を比較して考えてみるとやはり後者のほうが丁寧な言い方に感じますよね。

なので、相手に対して最小限に注意を払って言葉を持ちたいのであればお大事になさって下さいという言葉を積極的に用いるようにしましょう。

こうして考えてみるとお大事にという言葉だけではいかに相手に大して簡単な言い方だったのかということがよくわかると思います。

もしもどんな相手に対してもお大事にという言葉だけしか使っていなかったのであれば、今後その使い方は絶対に止めるようにしてください。

相手の立場によってお大事にという言葉を変化させるようにするということを覚えておけば、言葉のかけ違いによるトラブルが発生する可能性は極力抑えることができるはずです。

「お大事に」では失礼

お大事にという言葉だけでは相手に対して失礼に該当してしまうということがおわかりいただけたと思います。

しかしながら、あくまで相手に対して失礼に該当してしまうというのは自分よりも上の立場の人間に対して使った時のみということです。

自分よりも下の人間であったり、自分と同じくらいの立場の人間なのに対してはここまで丁寧に言葉を発する必要性はありません。

上の立場の人間や社会の人間なのに対して用いる場合には丁寧な言い方をすることを心得ておけば絶対にトラブルになることはありません。

この部分をよく理解しておけば相手に対して失礼な言動を用いたりするようなことはなくなると思いますので、人間関係が壊れないように気をつけるようにしてください。

その他の相手を労わる言葉

ここまではお大事にという言葉の具体的な使い方についてご紹介していきました。

正しい使い方や意味をマスターすることによって、適切な言葉遣いができるようになりますので必ず覚えておくようにしてください。

ある程度お大事にという言葉の特徴などについて理解いただけたところで、ここからはお大事にという言葉以外に存在するその他の相手を労わる言葉についてご紹介していきます。

私たちが使っている日本語に関しては様々な単語が存在しており、お大事にという言葉と同じような意味を持っている言葉は数多く存在しています。

ある程度同じような意味合いの言葉を知っておくことで、より適切な言葉選びや言葉遣いを行うことができるようになります。

それは自分自身の言葉の引き出しを多くするということにもつながりますので、自分自身の言語力などを飛躍的に高めてくれるものになります。

しっかりとした言葉遣いができれば、ビジネスのシーンにおいても信頼をしてもらえるようになりますので、まさに社会人にとっては必須のスキルといっても過言ではありません。

なので、社会人として恥ずかしくないように、様々な似た言葉などについてもこの機会に覚えておくようにしてください。

お気をつけてください

お大事にという言葉以外に相手を労わる言葉には「お気をつけてください」という言葉が挙げられます。

お大事にという言葉をもしも自分よりも目上の人間に対して用いる場合、先ほどご紹介した言葉以外にはお気をつけてくださいという言葉を使うこともおすすめです。

お大事にという言葉だけとは違い、お気をつけてくださいという言葉を用いることによって相手に対する配慮などを十分に感じさせることができるようになります。

そこまで難しい言葉ではありませんので、同じ意味を持っている言葉であるということを事前に理解しておけばすぐに対応することが可能になると思います。

しかしながら、人によってはやはりもう少し丁寧な言い方をするべきではないかと感じる方もいると思います。

なので、より丁寧にお気をつけてくださいという言葉を相手に対して用いる場合は言葉の前にどうぞ、くれぐれも、という言葉などを付け加えるようにしてください。

そうすると、どうぞお大事にしてください、くれぐれもお大事にしてください、という風に変化しますので、より丁寧な言い方に変化させることができるはずです。

そこまで難しい表現方法ではありませんので、覚えておいてくださいね。

お体を大切になさってください

次にご紹介するお大事にという言葉以外に相手を労わる言葉には「お体を大切になさってください」という言葉が挙げられます。

相手に対してより丁寧な言い方を心がけたいのであれば「お体を大切になさってください」という言葉遣いをしても問題はありません。

単純にお大事にという言葉だけを相手に伝えるよりもより丁寧な印象を相手に与えることができる言葉でもあります。

意味自体はかけ離れているものではなく、ほぼ同じような意味合いで相手に対して意思疎通を図ることができるようにもなります。

丁寧で利便性の高い言葉なので、合わせて覚えておくようにしておきましょう。

ご自愛ください

次にご紹介するお大事にという言葉以外に相手を労わる言葉には「ご自愛ください」という言葉が挙げられます。

ご自愛くださいという言葉もお大事にという言葉とほぼ同じような意味を持っている言葉です。

おそらく誰しもが一度くらいは聞いたことがあるような言葉だと思いますが、ご自愛くださいという言葉に関しても略称された言葉だということを覚えておいてください。

ご自愛くださいという言葉は「自分自身の体のことを大切にしてくださいね、愛してくださいね」という意味として考えることができます。

一般的に考えて愛してくださいという言葉では解釈はしませんが、それぐらい自分の体のことを大切にしてほしいという意味が込められている言葉です。

相手の体の健康を願っている言葉として頻繁に用いられたりする言葉でもありますので、年配の方などが用いる表現方法としても知られています。

もしもご自愛くださいという言葉は意味を知らなかったのであれば、この機会にお大事にという言葉の意味と合わせてセットで覚えておいてください。

1日も早いご回復をお祈り申し上げます

次にご紹介するお大事にという言葉以外に相手を労わる言葉には「1日も早いご回復をお祈り申し上げます」という言葉が挙げられます。

この言葉に関してもお大事にという言葉と似た意味を持っており、別の言い方の一つとして認識されています。

しかしながら、この言葉を日常会話の中で用いたりすると少し堅苦しい言葉だと感じるようになると思います。

なので、どちらかといえば日常会話の中で用いるというよりかは何かしらの文章の中に用いたりすることが圧倒的に多い言葉と覚えておいてください。

例えば、お見舞いなどで手紙やメールなどを送信する場合に用いられる場合が多いということです。

電報などで相手に対して文章を送信する際の締めの言葉として用いられる文章になりますので、この表現方法も覚えておくと便利です。

相手に対してより丁寧な言い方をしたいのであれば、この表現方法を身に着けておけば、困ることはありませんので、文章の際には利用するようにしてください。

復帰した後の声掛けも重要

お大事にという言葉以外に相手を労わる言葉についていくつかご紹介していきました。

ある程度似た言葉を理解いただいたところで、ここからは相手が体調不良から復帰した後の声がけについてご紹介していきたいと思います。

場合によっては相手の体調が回復して、事なきを得る結果になったということがよくあると思います。

そのような場面においては相手に対してさらに声掛けをすることによって、相手に対する配慮を示したりすることができるようになります。

逆の立場で自分が健康になった時に周りから声掛けをしてもらえると嬉しい気持ちになりますよね。

なので、もしも周りに復帰した人がいるのであれば、積極的に声掛けをするようにしてあげてください。

ここからは、その際の具体的な声掛け方法などについてもご紹介していきます。

心よりお祝い申し上げます

相手がもしも体調不良から復帰した場合に声掛けをするのであれば「心よりお祝い申し上げます」と伝えるようにしてください。

どちらかといえば日常会話の中での言葉ではなく、相手に対して手紙やメールなど、電報を送ったりする際に用いられるような表現方法です。

この言葉を使うことによって相手が体調不良から回復したことに対する嬉しさ、安心を伝えることができるようになります。

それと同時に、相手からしてみれば、気遣ってくれたといううれしい感情を持ってもらえるようにもなります。

そうすることによって相手と良い人間関係、信頼関係を築き上げることができるようになるはずです。

なので、体調崩してしまった時、そして体調不良から回復した時など、細い場面でそれぞれの言葉を使い分けて相手に伝えるように意識しておきましょう。

体調不良の人には優しく気遣ってあげましょう

今回はお大事にという言葉をテーマにして、意味や使い方、由来や類義語などについてもご紹介していきました。

お大事にという言葉はビジネスのシーンにおいてもプライベートのシーンにおいても、様々な場面でも用いる可能性がある言葉です。

だからこそ、間違った使い方や間違った意味を覚えないように十分注意し、体調不良の人に優しく気遣いの言葉を述べられるようにしておきましょう。

相手に対する気遣いをすることができる人間は相手からも気遣いを受けることが出来ますし、相手から信頼されるようになります。

その結果良い人間関係を形成することができ、自分自身の人生を充実させたものに変化させることができるようになります。

全て自分自身の行いが返ってくるものだと考え、相手に対する労わりの言葉の重要性をよく認識するようにしてください。