社会人になることで、これまでは使うことがなかった様々なビジネス用語を用いることが多くなると思います。

今の時代は非常にグローバルな時代になっており、以前は使うことがなかったような新しい言葉がどんどん生まれつつあります。

今回ご紹介するビジネス用語に関しても、だんだんと様々な企業で使われるようになっており、もはや社会人になる上での一般常識として認識されつつあります。

それを踏まえて考えてみると、社会人の一員として活躍するのであれば必ず知っておかなければいけない知識だと考えることができます。

人によってはビジネス用語を用いない会社に所属している方もいるかもしれませんが、これから先ビジネス用語を全く使わないという保証はありません。

取引先の企業や、自分自身がビジネスで関わる人間がビジネス用語を用いる可能性も非常に高いので、知っておいて損になるようなことがありません。

ビジネス用語の中には確かに難しい言葉もありますが、理解しておけば簡単に用いることができるようなビジネス用語もたくさん存在しています。

知っておいて当たり前なレベルのビジネス用語に関しては早い段階で知っておくことによって、様々なビジネスのシーンで役立てることができるようになります。

ビジネス用語を知らないで困った状況になることを防ぐことができるようにもなりますので、結果として自分自身を助けてくれるスキルになります。

そこで、今回はビジネス用語の中でも比較的用いられる頻度が高い「たたき台」という言葉をテーマにして、意味や語源などをご紹介していきます。

また、たたき台があることによることで得られるメリットなどについても詳しくご紹介していきたいと思います。

「たたき台」という言葉を使いこなそう

まだ学生の方、もしくは年齢的に幼い方であればたたき台という言葉を聞いたことがある方は少ないかもしれませんね。

しかしながら、社会人として活躍している方に関してはたたき台という言葉は一度は聞いたことがあると思います。

それぐらいビジネスのシーンにおいてはかなり多様される言葉として知られています。

すでにたたき台という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかご存知の方であれば問題もありません。

しかし、社会人として活躍している方、もしくはこれから社会人になろうとしている方でたたき台という言葉を聞いたことがない方は注意が必要です。

社会人として仕事を行う中で、必ず理解しておいた方が良い言葉でもありますので、まだ意味を知らない方は、まずはたたき台の意味についてご紹介します。

意味を知り、そこからたたき台がビジネスにおいてなぜ必要なのか、どのようなメリットがあるのかということを知るきっかけにしてください。

たたき台とは?

そもそもたたき台とはどのような意味を持ってる言葉なのかと考えると「検討のもととなるもの」という意味が存在している言葉です。

どういうことかと言いますと、ビジネスの場面では常に様々なことを考えたり様々なことを企画したりすることが求められますよね。

今の現状からさらによりよくなるための様々なアイデアを振り絞ったり、様々な企画などを考えたりしてより良い方向へ進化できるように行動しています。

もちろん、だからといって様々なことを考えたりする上であまり大きな時間をかけられないということも事実です。

今の時代は悠長にのんびり考えている時間はなく、常に早いスピードで仕事を行うことを求められています。

つまり、様々な優秀な企画などを考えたりアイデアを振り絞ったりすることを常に速いスピード、そして正確性も併せて求められるということになります。

しかし、早いスピード、そして正確性というものは簡単に作れるようなものではありませんよね。

そこで、必要なのがたたき台という存在になるのです。

誰しもが一度は経験したことがあると思いますが、あれこれ考えたりしているよりも実際に行動に移した方が結果的に成功が早まったという経験はあると思います。

それと全く同じように、まずはとにかく現段階でのアイディアや企画などを書面化したりして、作ることが大事であるということです。

そこから徐々に必要なことをつけ足したり、不要なものを取り除いたりすることで、結果的に満足のいく内容に変化するまでが早くなるということです。

それがたたき台の魅力であり、検討のもととなるものという基本的な意味合いにつながるようになります。

漢字で書くと?

たたき台という言葉の基本的な意味についてご紹介していきましたが、たたき台という言葉は漢字に直すことができます。

たたき台という言葉を漢字に直すと「敲き台」という漢字で表すことができます。

あまり日常的に用いることがないような漢字になると思いますが、そもそも敲き台という言葉は鍛冶場などで用いられるような言葉です。

鍛冶場を創造していただければわかるように、鍛冶場では様々な金属などの加工を行ったりしています。

その鍛冶場で金属などを加工したりする際には、金属などを叩いたりしてまずは形を形成していきますよね。

大まかな形を形成した後に、様々な細かい部分を修正していきながら最終的に理想の形に変化させていくように作業を行っていきます。

その様子がビジネスのシーンで用いられるたたき台ということはの意味にかなり似ているということからたたき台という言葉が用いられています。

つまり、元々敲き台という言葉は鍛冶場などで使われており、いつしかビジネス用語としての意味として用いられるようになったということになるのです。

たたき台を作るメリットとは?

ここまでは簡単にたたき台という言葉の意味や語源などをご紹介していきました。

ある程度たたき台という言葉に関する知識を身につけていただいたところで、ここからはたたき台を作るメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

これまでの人生の経験の中でたたき台を作ったことによって、結果的に成功を収めた経験がある方はたたき台のメリットを十分理解していると思います。

しかしながら、これまでにたたき台を利用してきた経験がない方は、たたき台のメリットをまだ十分に理解していない可能性があると思います。

しかしながら、ビジネスのシーンにおいて、たたき台を利用することで想像以上にさまざまなメリットを得ることができるようになります。

社会人として様々なビジネスに携わっていく中で、早い段階でたたき台を利用するメリットを理解することは自分自身の成長に繋がるようになります。

仕事の効率などの面において想像以上にさまざまなメリットを得ることができるようになりますので、たたき台のメリットを知るきっかけとして活用してください。

今の状況が整理できる


まずはじめにご紹介するたたき台を作るメリットとしては「今の状況が整理できる」ということが挙げられます。

なぜたたき台を作ると現状を整理することができるのかと言うと、たたき台を作ることによって具体的に今の状況を可視化することができるからです。

もしもたたき台を作らなかったということを想定して考えてみてください。

もしもたたき台が存在していなかった場合、今の現状が可視化することができない状況になると思います。

そうなってしまいますと、具体的に今現在の状況がどのようになっているのか、どうしていけばいいのかということがわかりづらくなりませんか?

完璧ではなかったとしても何かしらの形で可視化することができるようなたたき台を始めに作っておく方が圧倒的に今の状況分かりやすくすることができます。

なので、たたき台を作っておくことによって今の状況を具体的に整理することができるようになります。

今の状況を具体的に整理することができるようになればこれからどうしていけばいいのかということも具体的に見えてくるようになりますよね。

なので、結果的にたたき台を作るということは今の状況が整理することができるという大きなメリットを得ることができるということにつながります。

これまで何かを計画したり、企画したりする際に、何も考えていなかったのであれば、まずはたたき台を作ってから物事を実行するようにしてみてください。

おそらく、たたき台があることによって様々な場面で仕事を行うことがしやすくなるようになるはずです。

今後の方向性が見えやすくなる

次にご紹介するたたき台を作るメリットとしては「今後の方向性が見えやすくなる」ということが挙げられます。

なぜたたき台を作ると今後の方向性が見えやすくなるのかと言うと、そもそもたたき台を作る意味を考えていただければすぐにお分かりいただけるのです。

たたき台が存在する意味としてはまずたたき台を作り上げることによってそこからアイデアを具体的なものにしていくという存在理由があります。

たたき台が存在することによって、これからそのアイデアをどのようにすれば具体的な存在になるのかということを考えやすくすることができます。

もしもたたき台がなかった場合、そもそものベースとなる存在がなくなってしまいますので今後の方向性が考えづらくなってしまいますよね。

物事を考える上でベースが存在するということは非常に大きな助けになります。

ベースが存在するからこそ今後の方向性を具体的に考えやすくすることができますので、たたき台を作るということは今後の方向性を考える上で大切なのです。

つまり、たたき台を作ることによって今後の方向性を見えやすくすることができるというメリットを得ることができるようになると断言できます。

アイディアを形にする最初の段階になる


次にご紹介するたたき台を作るメリットとしては「アイディアを形にする最初の段階になる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、頭の中で考えてみるよりも実際に行動に移した方が結果的に形にしやすいということだといえます。

もちろん行動に移す前にじっくりと物事を考えるということもとても大切なことではあります。

しかしながら、いつまでも頭の中だけで考えるのではなく、実際に行動に移すことによって得ることができるようなものはたくさん存在しています。

頭の中ではうまくいったとしても、実際に行動してみると想像以上にうまくいかなかったり問題点を見つけたりすることができる場合はよくあります。

それらを踏まえて考えてみると、まずは頭の中で描いたアイディアを実際に形にすることによってベースを作り上げることができるということになりますよね。

また、先ほどもお伝えした通り、ベースを作り上げることによって今後の方向性をより具体的に見えやすくすることができるメリットが得られるようになります。

それは結果的に自分自身の頭の中で描いたアイディアをより具体的に現実性のあるものに変化をすることができるようになるはずです。

つまり、たたき台を作ることによってアイディアの一番初めのベースとなる部分を早い段階で生み出すことができるメリットにつながるということになります。

そして、そのベースが最終的により良いものを生み出すことにつながるので、大きなメリットを得られるという結果につながるようになるのです。

同僚に分かりやすく伝えるツールになる

次にご紹介するたたき台を作るメリットとしては「同僚に分かりやすく伝えるツールになる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどお伝えしたたたき台を作る目的の中には、可視化することができるという目的が存在しています。

可視化することによって今の状況を整理したり、今後の方向性が見えやすくなるというメリットを得ることができるようになるのです。

つまり、可視化をすることができるようになることで、自分自身だけではなく自分の周りの人に対しても同じ内容を共有することができるということになります。

自分の頭の中で思い描いていることを言葉で伝えても、場合によってはうまく伝わらなかったり、細かい部分まで共有したりすることができない場合があります。

相手と細かい部分まで共有することができなかった場合、若干のずれが生じてしまい、場合によってはそれが大きな問題につながってしまう可能性があります。

しかしながら、具体的に可視化することができるようになることで、言葉にしなくてもそれを見ただけで意思疎通ができるようになります。

意思疎通ができるだけではなく、様々な問題を引き起こす可能性を極力なくすことができるようにもなりますよね。

なので、結果的にたたき台を作るメリットとしては同僚に分かりやすく伝えるツールとして役立ってくれるというメリットが生まれるようになります。

自分自身の立場で考えてみても、長々とした説明を受けるよりも見ただけでわかるような可視化された媒体のほうが理解は得やすいはずです。

相手と同じ考え方を共有することは仕事においてとても大事な存在であり、成功に導く要因になりえますので、このメリットを十分に把握してください。