社会人になることで、これまでは使うことがなかった様々なビジネス用語を用いることが多くなると思います。

今の時代は非常にグローバルな時代になっており、以前は使うことがなかったような新しい言葉がどんどん生まれつつあります。

今回ご紹介するビジネス用語に関しても、だんだんと様々な企業で使われるようになっており、もはや社会人になる上での一般常識として認識されつつあります。

それを踏まえて考えてみると、社会人の一員として活躍するのであれば必ず知っておかなければいけない知識だと考えることができます。

人によってはビジネス用語を用いない会社に所属している方もいるかもしれませんが、これから先ビジネス用語を全く使わないという保証はありません。

取引先の企業や、自分自身がビジネスで関わる人間がビジネス用語を用いる可能性も非常に高いので、知っておいて損になるようなことがありません。

ビジネス用語の中には確かに難しい言葉もありますが、理解しておけば簡単に用いることができるようなビジネス用語もたくさん存在しています。

知っておいて当たり前なレベルのビジネス用語に関しては早い段階で知っておくことによって、様々なビジネスのシーンで役立てることができるようになります。

ビジネス用語を知らないで困った状況になることを防ぐことができるようにもなりますので、結果として自分自身を助けてくれるスキルになります。

そこで、今回はビジネス用語の中でも比較的用いられる頻度が高い「たたき台」という言葉をテーマにして、意味や語源などをご紹介していきます。

また、たたき台があることによることで得られるメリットなどについても詳しくご紹介していきたいと思います。

「たたき台」という言葉を使いこなそう

まだ学生の方、もしくは年齢的に幼い方であればたたき台という言葉を聞いたことがある方は少ないかもしれませんね。

しかしながら、社会人として活躍している方に関してはたたき台という言葉は一度は聞いたことがあると思います。

それぐらいビジネスのシーンにおいてはかなり多様される言葉として知られています。

すでにたたき台という言葉がどのような意味を持っている言葉なのかご存知の方であれば問題もありません。

しかし、社会人として活躍している方、もしくはこれから社会人になろうとしている方でたたき台という言葉を聞いたことがない方は注意が必要です。

社会人として仕事を行う中で、必ず理解しておいた方が良い言葉でもありますので、まだ意味を知らない方は、まずはたたき台の意味についてご紹介します。

意味を知り、そこからたたき台がビジネスにおいてなぜ必要なのか、どのようなメリットがあるのかということを知るきっかけにしてください。

たたき台とは?

そもそもたたき台とはどのような意味を持ってる言葉なのかと考えると「検討のもととなるもの」という意味が存在している言葉です。

どういうことかと言いますと、ビジネスの場面では常に様々なことを考えたり様々なことを企画したりすることが求められますよね。

今の現状からさらによりよくなるための様々なアイデアを振り絞ったり、様々な企画などを考えたりしてより良い方向へ進化できるように行動しています。

もちろん、だからといって様々なことを考えたりする上であまり大きな時間をかけられないということも事実です。

今の時代は悠長にのんびり考えている時間はなく、常に早いスピードで仕事を行うことを求められています。

つまり、様々な優秀な企画などを考えたりアイデアを振り絞ったりすることを常に速いスピード、そして正確性も併せて求められるということになります。

しかし、早いスピード、そして正確性というものは簡単に作れるようなものではありませんよね。

そこで、必要なのがたたき台という存在になるのです。

誰しもが一度は経験したことがあると思いますが、あれこれ考えたりしているよりも実際に行動に移した方が結果的に成功が早まったという経験はあると思います。

それと全く同じように、まずはとにかく現段階でのアイディアや企画などを書面化したりして、作ることが大事であるということです。

そこから徐々に必要なことをつけ足したり、不要なものを取り除いたりすることで、結果的に満足のいく内容に変化するまでが早くなるということです。

それがたたき台の魅力であり、検討のもととなるものという基本的な意味合いにつながるようになります。

漢字で書くと?

たたき台という言葉の基本的な意味についてご紹介していきましたが、たたき台という言葉は漢字に直すことができます。

たたき台という言葉を漢字に直すと「敲き台」という漢字で表すことができます。

あまり日常的に用いることがないような漢字になると思いますが、そもそも敲き台という言葉は鍛冶場などで用いられるような言葉です。

鍛冶場を創造していただければわかるように、鍛冶場では様々な金属などの加工を行ったりしています。

その鍛冶場で金属などを加工したりする際には、金属などを叩いたりしてまずは形を形成していきますよね。

大まかな形を形成した後に、様々な細かい部分を修正していきながら最終的に理想の形に変化させていくように作業を行っていきます。

その様子がビジネスのシーンで用いられるたたき台ということはの意味にかなり似ているということからたたき台という言葉が用いられています。

つまり、元々敲き台という言葉は鍛冶場などで使われており、いつしかビジネス用語としての意味として用いられるようになったということになるのです。

たたき台を作るメリットとは?

ここまでは簡単にたたき台という言葉の意味や語源などをご紹介していきました。

ある程度たたき台という言葉に関する知識を身につけていただいたところで、ここからはたたき台を作るメリットについて詳しくご紹介していきたいと思います。

これまでの人生の経験の中でたたき台を作ったことによって、結果的に成功を収めた経験がある方はたたき台のメリットを十分理解していると思います。

しかしながら、これまでにたたき台を利用してきた経験がない方は、たたき台のメリットをまだ十分に理解していない可能性があると思います。

しかしながら、ビジネスのシーンにおいて、たたき台を利用することで想像以上にさまざまなメリットを得ることができるようになります。

社会人として様々なビジネスに携わっていく中で、早い段階でたたき台を利用するメリットを理解することは自分自身の成長に繋がるようになります。

仕事の効率などの面において想像以上にさまざまなメリットを得ることができるようになりますので、たたき台のメリットを知るきっかけとして活用してください。

今の状況が整理できる


まずはじめにご紹介するたたき台を作るメリットとしては「今の状況が整理できる」ということが挙げられます。

なぜたたき台を作ると現状を整理することができるのかと言うと、たたき台を作ることによって具体的に今の状況を可視化することができるからです。

もしもたたき台を作らなかったということを想定して考えてみてください。

もしもたたき台が存在していなかった場合、今の現状が可視化することができない状況になると思います。

そうなってしまいますと、具体的に今現在の状況がどのようになっているのか、どうしていけばいいのかということがわかりづらくなりませんか?

完璧ではなかったとしても何かしらの形で可視化することができるようなたたき台を始めに作っておく方が圧倒的に今の状況分かりやすくすることができます。

なので、たたき台を作っておくことによって今の状況を具体的に整理することができるようになります。

今の状況を具体的に整理することができるようになればこれからどうしていけばいいのかということも具体的に見えてくるようになりますよね。

なので、結果的にたたき台を作るということは今の状況が整理することができるという大きなメリットを得ることができるということにつながります。

これまで何かを計画したり、企画したりする際に、何も考えていなかったのであれば、まずはたたき台を作ってから物事を実行するようにしてみてください。

おそらく、たたき台があることによって様々な場面で仕事を行うことがしやすくなるようになるはずです。

今後の方向性が見えやすくなる

次にご紹介するたたき台を作るメリットとしては「今後の方向性が見えやすくなる」ということが挙げられます。

なぜたたき台を作ると今後の方向性が見えやすくなるのかと言うと、そもそもたたき台を作る意味を考えていただければすぐにお分かりいただけるのです。

たたき台が存在する意味としてはまずたたき台を作り上げることによってそこからアイデアを具体的なものにしていくという存在理由があります。

たたき台が存在することによって、これからそのアイデアをどのようにすれば具体的な存在になるのかということを考えやすくすることができます。

もしもたたき台がなかった場合、そもそものベースとなる存在がなくなってしまいますので今後の方向性が考えづらくなってしまいますよね。

物事を考える上でベースが存在するということは非常に大きな助けになります。

ベースが存在するからこそ今後の方向性を具体的に考えやすくすることができますので、たたき台を作るということは今後の方向性を考える上で大切なのです。

つまり、たたき台を作ることによって今後の方向性を見えやすくすることができるというメリットを得ることができるようになると断言できます。

アイディアを形にする最初の段階になる


次にご紹介するたたき台を作るメリットとしては「アイディアを形にする最初の段階になる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、頭の中で考えてみるよりも実際に行動に移した方が結果的に形にしやすいということだといえます。

もちろん行動に移す前にじっくりと物事を考えるということもとても大切なことではあります。

しかしながら、いつまでも頭の中だけで考えるのではなく、実際に行動に移すことによって得ることができるようなものはたくさん存在しています。

頭の中ではうまくいったとしても、実際に行動してみると想像以上にうまくいかなかったり問題点を見つけたりすることができる場合はよくあります。

それらを踏まえて考えてみると、まずは頭の中で描いたアイディアを実際に形にすることによってベースを作り上げることができるということになりますよね。

また、先ほどもお伝えした通り、ベースを作り上げることによって今後の方向性をより具体的に見えやすくすることができるメリットが得られるようになります。

それは結果的に自分自身の頭の中で描いたアイディアをより具体的に現実性のあるものに変化をすることができるようになるはずです。

つまり、たたき台を作ることによってアイディアの一番初めのベースとなる部分を早い段階で生み出すことができるメリットにつながるということになります。

そして、そのベースが最終的により良いものを生み出すことにつながるので、大きなメリットを得られるという結果につながるようになるのです。

同僚に分かりやすく伝えるツールになる

次にご紹介するたたき台を作るメリットとしては「同僚に分かりやすく伝えるツールになる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどお伝えしたたたき台を作る目的の中には、可視化することができるという目的が存在しています。

可視化することによって今の状況を整理したり、今後の方向性が見えやすくなるというメリットを得ることができるようになるのです。

つまり、可視化をすることができるようになることで、自分自身だけではなく自分の周りの人に対しても同じ内容を共有することができるということになります。

自分の頭の中で思い描いていることを言葉で伝えても、場合によってはうまく伝わらなかったり、細かい部分まで共有したりすることができない場合があります。

相手と細かい部分まで共有することができなかった場合、若干のずれが生じてしまい、場合によってはそれが大きな問題につながってしまう可能性があります。

しかしながら、具体的に可視化することができるようになることで、言葉にしなくてもそれを見ただけで意思疎通ができるようになります。

意思疎通ができるだけではなく、様々な問題を引き起こす可能性を極力なくすことができるようにもなりますよね。

なので、結果的にたたき台を作るメリットとしては同僚に分かりやすく伝えるツールとして役立ってくれるというメリットが生まれるようになります。

自分自身の立場で考えてみても、長々とした説明を受けるよりも見ただけでわかるような可視化された媒体のほうが理解は得やすいはずです。

相手と同じ考え方を共有することは仕事においてとても大事な存在であり、成功に導く要因になりえますので、このメリットを十分に把握してください。

良いたたき台の条件とは?

たたき台を作るメリットについて詳しくご紹介していきましたが、たたき台を作ったことがない方はたたき台の作り方がわからない方もいると思います。

メリットを理解したところで、魅力的なたたき台の作り方が分からなければ、たたき台をビジネスの場面で十分に活躍させることはできません。

そこで、ここからはよいたたき台を作るためにはどのようにすればいいのかという条件について具体的に触れていたいと思います。

何度も何度もたたき台を作る経験をすることによって、次第に魅力的なたたき台作ることができるコツなどを身につけることができるようになります。

しかしながら、何の考えもなしにたたき台を作ったところで魅力的なたたき台を作り上げることはできません。

これからご紹介する良いたたき台を作る条件を改めて理解し、どのようなポイントを抑えれば良いのかということを注意しながらたたき台を作ってみてください。

必要なポイントをしっかりと伝えることによって、魅力的なたたき台を必ず作れるようになりますので、自分自身のスキルとして身につけてみてください。

早く提出すること

良いたたき台の条件としては「早く提出すること」ということが挙げられます。

じっくりと物事を考えて行動したいと考えている方からしてみると、早く提出することが苦手だと感じている方もいるかもしれませんね。

また、早く提出することによって自分自身の見落としなどが存在していないか不安に感じるような方もいるかもしれません。

では、なぜたたき台は早く提出することが良いたたき台の条件になるのかと言うと、そもそもたたき台の意味を改めて考える必要性があります。

先ほどもお伝えしたようにたたき台が用いられるそもそもの目的としてはたたき台を作ることによって物事のベースを作り上げることにあります。

何らかの計画を立てたり、何らかの企画を考えたりする上で大切なのはベースとなる存在です。

そのベースとなる存在がない場合、具体的な物事などを考えたりしてもうまくいかない場合が多くなってしまいます。

なので、まずはたたき台を作るということが優先されるべきであり、そのベースから最終的により良い結果を生み出していくことができるようになります。

なので、早い段階でたたき台を提出する必要性があるということになります。

あくまでもたたき台なので

早く提出することにこだわりすぎて、ベースの内容がおろそかになってしまうと感じている方もいるかもしれません。

しかしながら、あくまでたたき台はたたき台です。

たたき台は「検討のもととなるもの」であり、もともと草案の段階にあるものなのです。

つまり、裏を返して考えてみるとそこまで精密な内容を組み立てる必要性はそこまで重要視されていないのです。

元々たたき台を作る目的としてはベースを作り上げることでその後のことを考えやすくするということが大きな目的になります。

なので、たたき台は完成品を求められているわけではありませんのでそこまで大きな時間をかけて作成するべき存在ではありません。

なので、難しく考える必要性はなくまずはベースとなる存在を早い段階で作り上げてその後の行動を迅速に行えるようにするものになります。

あくまでもたたき台なので、その本質をよく考えていただければ、早く提出するということが良いたたき台につながる理由がお分かりになるはずです。

1本筋が通っていること

次にご紹介する良いたたき台の条件としては「1本筋が通っていること」ということが挙げられます。

人によってはこの部分がうまく理解できないがために、良いたたき台が作れなくて困ってしまう方がいるかもしれません。

なぜならば、深く考えずに早く提出しなければいけないということもあり、結局内容を充実させないといけないのか?と迷ってしまうようになるからです。

しかし、ここで勘違いしてはいけないのは完成系を目指すということではなく1本筋が通っていることを意識するということです。

この意味をはき違えてしまうと、うまく理解できないので、この点についてはよく注意して細かい違いを把握してください。

コンセプトをぶれさせない

たたき台はあくまで完成系を目指す必要性はありません。

しかしながら、1本筋が通っていることを絶対に無視はしないように作成しなければいけないのです。

つまり、分かりやすく言えばたたき台を作る上でコンセプトを必ずブレさせないように作らなければいけないということです。

元々たたき台を作るということに関しては大前提としてその叩き台から何度も何度も手直しを行ったり、様々な細い微調整などを行うことが前提になります。

なので、たたき台を作る際は完璧な存在を作り上げる必要性はありません。

ただ、その叩き台の元々のコンセプトに関してはしっかりと考えた上で作成をしなければいけません。

なぜならば、そのコンセプトに関しては今後の作業の中でわざわざ変更を行ったりて直しをしたり細い微調整を行ったりするということは必要ないからです。

もしもそのコンセプトが変化するということを考えると、そもそも考えたたたき台が全く別のものに変化してしまうということにつながるからです。

つまり、それはそもそものコンセプトが間違ったたたき台を作ってしまったということにほかなりません。

なので、コンセプト自体はしっかりと守り、その上で完成系を目指さないようなたたき台を作るということを意識することが良いたたき台作りにつながるのです。

まだこれまでたたき台を作った経験がない方は、必ずたたき台を作る際にはそのコンセプトに関してはしっかりと守った上で作成するようにしてください。

それさえ守っていれば、自分が作成したたたき台が間違うことは少なくなるはずです。

細部はある程度曖昧でOK

次にご紹介する良いたたき台の条件としては「細部はある程度曖昧でOK」ということが挙げられます。

なぜ良いたたき台の条件として細かい部分は曖昧で良いのかと考えると、そもそもたたき台の時点で細かく決める必要性はないからです。

先ほどもお伝えした通りたたき台に関してはそもそも完成系として存在する必要性はありません。

たたき台が存在する大前提として、そもそも様々な修正などを行ったり、微調整などを行ったりすることは当たり前だからです。

なので、たたき台を作ったりする際には細かい部分などはある程度曖昧に作っておき、それよりもスピードを意識したほうが圧倒的に役割を果たしてくれます。

物事を行う際には必ずその物事の根本的な役割をしっかりと理解した上で行動しなければいけません。

たたき台はビジネスにおいてどのような役割でありどのような存在なのかということを理解していれば、細かい部分は曖昧でよいということが分かるはずです。

曖昧なほうが良くなる可能性が広がる

そもそも逆に考えてたたき台に関しては完成形を提出するよりも、それなりに曖昧な内容の方が結果的に物事がうまく捗る可能性があります。

なぜ曖昧な方が良くなる可能性があるのかと言うと、曖昧であるということはその部分をしっかりと考えるということにつながりますよね。

たたき台というある程度のベースを目に見える形で提出しておく事によって、それを取り巻く周りの人が内容をブラッシュアップしてくれます。

たたき台という形で可視化することで、具体的にどのようにすれば良いのかという方向性がわかるので、想像以上に魅力的な意見が生まれる可能性があります。

また、たたき台を作っている時点でその物事に対して詳しく分かっていないような状態である可能性がとても高いです。

つまり、その時点でそもそも完成系を目指すには多少無理が生じる可能性なども否めないのです。

無理にわからない状態で完成を目指してむやみに頑張るよりも、行っていきながら情報収集していき完成を目指すほうが良い結果を生み出せる可能性は高いです。

なので、必要な情報などがない時点で無理に完成を目指すよりも、ある程度曖昧な内容でベースを作り上げるほうが優先度は高くなります。

なので、良いたたき台を作るには、無理に完成系を目指さずに曖昧な内容でもまずは作成することが重要だということです。

長々と文章にしない

次にご紹介する良いたたき台の条件としては「長々と文章にしない」ということが挙げられます。

先ほどから何度もお伝えしている通りたたき台に関しては最初から完成系を目指す必要性はありません。

人によってはしっかりとした内容をかきあげたいと感じる方もいるかもしれませんが、まずはたたき台が存在する目的をよく考えてください。

良いたたき台を作るためにはまずはスピードを意識して早い段階でベースとなる存在を作り上げることが大切です。

それを踏まえて考えてみると、たたき台を作る上で長々と長い文章を書き連ねたりするということは現実としてあまり意味があるようなものにはなりません。

必要な情報などがそれなりに揃ってる状態なのであれば、完成を目指してそれなりに精錬された文書を記載することは悪いことではありません。

しかしながら、必要な情報などが不足しているような段階でなかなかと文章を書いたところでそこから修正される可能性を踏まえると意味があまりありません。

なので、たたき台を作り上げる際には長々と長い文章を書くのではなく、まずはさらっとした内容を心がけて簡潔にかきあげるようにしてみてください。

そこから最終的にブラッシュアップされていき、自然とより精錬された内容などがプラスされていき、完成系に近づいていくようになるはずです。

図などであっさり、ざっくりで良い

たたき台を作る際には必ずしも文章で何かを示したりするわけではありませんよね。

場合によっては何かしらの図面などを書いたりするような場合はあると思います。

そのような場合に先ほどお伝えした内容と同様に、細かく図面などを書く必要性はありません。

まずは簡単にベースを作成するということを目的とするのであれば、図面などを書いたりする際にもそれなりにさっくりとした内容をかきあげるだけで良いです。

後から最終的に様々な修正などが入るようになりますので、まずはベースとなる存在を作り、今後の作業がしやすいような状況を作り上げるようにしてください。

それが良いたたき台を作っていく手始めになるはずです。

今後検討すべき項目も挙げる

次にご紹介する良いたたき台の条件としては「今後検討すべき項目も挙げる」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、たたき台を作る際にそれなりに情報などが揃っている場合に関する場合になります。

そもそもたたき台を作る際にはそれなりに情報が不足している可能性が高いので、そのような場合は無理に考える必要性もありません。

ただ、たたき台を作る際にそれなりに情報などが集まっており、今後必ず必要となる項目があるのであれば、それも記載しておくことがおすすめです。

たたき台を自分なりに考えている際には、だんだんと必要な可能性が高いものなどが見えてくる場合があります。

そのようなものがある程度事前に分かっているのであれば、確定ではなく、あくまで今後検討すべき項目という形で記載するようにしてください。

たたき台の時点でそれを記載しておくことによって、結果的に今後の作業スピードなどが早まったり、時間が節約できる可能性が生まれます。

なので、良いたたき台を作るにはたたき台を作成する段階で検討すべき項目があれば必ず記載するようにしてください。

それだけで大きく完成までの道のりが変化するようになるはずです。

まとめ

今回はビジネスの場面で多く用いられる言葉であるたたき台をテーマにして、たたき台という言葉の意味、たたき台のメリットをご紹介しました。

今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみると、たたき台という言葉を知らなかった方もよく意味を理解することができるようになったと思います。

まだビジネスの場面でたたき台を作った経験がないという方は、早い段階でたたき台の作り方を知っておくことで円滑に仕事を行うことができるようになります。

物事の考え方の基本となる部分にもなりますし、仕事のスピードに大きく関わる要因になりうる存在になります。

最初は上手に作ることができないかもしれませんが、良いたたき台を作るポイントをしっかりと押さえておけば魅力的な叩き台が作れるようになるはずです。

今回ご紹介したポイントをしっかりと理解し、今後の自分自身のビジネスを成功させるスキルとして今後活用してみてください。