私たち人間は当然ながら誕生日というものがそれぞれ存在しています。

この世に生まれた日を誕生日と設定し、そこから一年経過するごとに一つずつ年を重ねていくようになります。

なので私たち人間にはそれぞれ年齢というものが存在しており、その年齢が私たちがこの世に降りたってどれくらい経っているのかということを証明しています。

そのような年齢というキーワードに関して考えていただくと、時々年女、年男というキーワードを聞いたりすることがあると思います。

一般的にはお正月などので気になるとよく聞いたりする言葉として考えることができます。

それなりに社会経験がある方や、年齢を重ねている人に関しては年女や年男というものがどういう意味を持っている言葉なのかということを理解していると思います。

しかしながら人によってはこの言葉がどのような意味を表している言葉なのか、ということがよくわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

なかなか日常的に用いるような言葉ではありませんが、一般的な常識の部類に入ることにもなりますので、知っておいて損になるようなことはありません。

場合によっては年賀状などに記載したりすることもありますので、知らないと少し恥ずかしい状況になってしまう可能性もあります。

そこで、今回は年女をテーマにして、年女とはどのような意味なのか、そしてどのような人が年女に当てはまるのかということについてご紹介していきたいと思います。

また、年齢にかかわる要素として知られている厄払いに関しても併せてご紹介していきたいと思います。

年女や厄払いに関する知識がない方は、この機会にこれらの言葉がどのような意味の言葉なのかということを正しく認識できるようにしておきましょう。

年女とは

先ほども簡単にお伝えいたしましたが、年賀状などを見てみると「今年は年女です」というような文章を目にしたりすることがあると思います。

一般的には年女も年男もそこまで大きく変わることがない意味合いで用いられたりすることがほとんどです。

単に性別が違うので呼び名が違うだけであり、根本的な意味合いとしては同じような意味合いで使用されています。

では、年女、年男とはどのような意味を持っている言葉になるのでしょうか。

まずはこの言葉を知っていただくために意味を知り、具体的にどのような使われるのかということなどについて順序立てて説明していきます。

生まれた十二支の年を迎えた女


そもそも年女や年男という言葉についてはどのような意味を持っているのかと言いますと、「生まれた十二支の年を迎えた女、男」という意味として使用されています。

また、簡単にお伝えするとすればその年の干支にあたる女性、もしくは男性であるということになります。

例えば今現在の2018年は戌年として知られていますので、今年が年女や年男になっている人は2006年に生まれた戌年の男性か女性であるということになります。

難しく考える必要性はなく、単純に12年ちょうどたっているかどうかということを判断してもらえるとわかりやすいと思います。

ちなみに、人によっては十二支がどういう存在なのかということ自体がよくわからない方もいると思いますので、簡単にご紹介していきたいと思います。

十二支とは子、丑、寅、卯、辰、巳、午、未、申、酉、戌、亥のそれぞれの言葉があらわしている動物が該当しています。

そもそも十二支とは遥か昔から古い起源をもっている存在になり、遡ること戦国時代よりも以前の話であるとされています。

元々は占いの道具として使用されていたという設定の存在しており、現在では一般的な知識としてたくさんの方が認知しているような存在になっています。

この十二支という存在こそが年女、年男に関係する大事な要因になると考えることができます。

年女は満年齢で数える

年女とはどのような意味を持っているのかということについて簡単にご紹介していきました。

ちなみに人によってはどのような年齢になると年女になるのかということがよくわからないと感じる方もいるかもしれませんね。

年女であるかどうかということを判断するための要員としては、満年齢で自分自身の年齢を数えていただけると、該当するかどうかということが判断できるようになります。

つまり、満年齢で自分自身が12歳、もしくはその倍数である24歳、36歳…などに該当するのであれば、年女であると判断をすることができるということです。

満年齢とは

そもそも人によっては満年齢という言葉も難しく感じるかたもいるかもしれませんね。

満年齢という言葉に関しては書類などを記載するときに見かけたりするような言葉として知られています。

社会に出ると必ず関わるようなキーワードになりますので、知らないという方はこの機会に正しく把握できるようにしておきましょう。

満年齢とは簡単に言えば生まれた時を0歳としてそこから誕生日が来ることに年齢を重ねていくという数え方になります。

つまり難しく考える必要はなく、単純に自分自身の誕生日が来ることに年齢を一つ追加していき、その年齢が12歳を迎える年に年女になるという考え方をもってください。

そうすることによって自分自身がどの年に年女になるのかということなどがよくわかるようになるはずです。

年神様のご加護を多く受けることができる

そもそも年女になったからといって具体的にどうなるのか?と疑問を抱く方も多いと思います。

実際に、年女になったからと言って何かが変わるというわけでもないですし、あまりしっくりこないと感じている方のほうが圧倒的に多いと思います。

しかし、年女になるということは実は様々なことに関係していることになります。

例えば、年女になるということは「年神様のご加護を多く受けることができる」とされています。

これはどういうことかといいますと、簡単に言えばとても縁起が良いことであるという認識をもっていただければわかりやすいはずです。

私たちが住んでいる日本には様々な昔からのしきたりであったり、縁起などが存在しています。

例えば、茶柱が立っているとよいことがあるという話などは誰もが知っている縁起が良い話だと思います。

それと同じように年女であるということはとても縁起が良く、良いことであるとされているので、喜ばしい話であるということになるのです。

もちろん縁起だけではなく、実際に様々なことに関わりが生まれることもありますので、縁起が良いというそもそもの意味を理解した上で後述する内容を確認してください。

年神様とは

そもそも年神様と言う存在自体がピンとこないという方もいると思います。

なかなか年神様という言葉も日常的に聞いたりすることなどは少ないので、ピンと来ない方がいても不思議ではありません。

年神様とはどのような存在なのかと言いますと、実は毎年お正月に各家にやってくる豊作や幸せをもたらす神様のことを意味してます。

その年神様の加護を受けることができるということは、先ほどお伝えした通りとても縁起が良い話であるということになるのです。

日本には様々な神様が存在しており、神様から恩恵を授かるということはとても喜ばしいことであるということになります。

なので、年女という存在も昔から認知されている、喜ばしいことであるということにつながっているのです。

地域によっては年女が豆まきをすることも


年女になると、とても縁起が良いということについてご紹介していきました。

また、有名な話としては、年女になると縁起が良いだけではなく、その縁起の良さからあることを行う場合もあります。

それは豆まきであり、鬼は外福は内という言葉で知られている日本で昔から親しまれている行事です。

元々豆まきは節分に行われる行事として知られており、節分とは季節を分けるという意味が存在しています。

なので節分は簡単に言えば季節の変わり目の時に行う行事として考えることができます。

日本には四季が存在していますので、一年の中で季節の変わり目は4回あると考えることができます。

しかしながらその中でも一番厳しい季節でもある冬の季節を乗り越えた後の立春に関しては1年の始まりの中でも特に尊ばれているようになっています。

なので、現在においては節分といえば立春の前日の日にちを指し示すようになっており、毎年2月3日が節分の日ということになっているのです。

そして、この節分の日に豆をまく人が年女、年男であるということになっているのです。

なぜ年女や年男が豆をまかなければいけないのか不思議に感じる方もいるかもしれません。

その大きな理由としては先ほどもお伝えした通りその年の干支に生まれた人は縁起がよいということになりますので、邪気を払う効果も高いということになっています。

なので、鬼を退治する目的を持った節分では、邪気を払う効果を高くもっている年女や年男が行う必要性があるということになるのです。

日本の文化や風習に深く関わっているもの

年女はとても縁起が良く、日本で行われている昔からの行事や文化などにもかかわる大切な存在であるということがよくお分かりいただけたと思います。

なんとなく耳にしていたことに関しても、掘り下げて考えてみるととても大きな意味を持っている言葉であるということが分かるはずです。

特に日本に関しては他の国と違って陸続きになっておらず、島国として独特な文化をもってきた国でもあります。

なので、昔から行われていることであったり様々な文化なのに関してはとても大切に考えられていたり、それが守られてきた傾向にあります。

その中の一つに今回ご紹介した十二支や年女、年神様、豆まきなどの風習やしきたりなどが存在しているということになります。

なので、昔から行われてきた、大事なしきたりであるということを覚えておいてください。

2018年の年女に当てはまる年齢

ここまでは年女がどのようなものなのかということについてご紹介していきました。

ある程度年女がどのようなものなのかということがお分かりいただけたところで、ここからは年女に当てはまる年齢についてご紹介していきたいと思います。

先ほども伝えた通り年女に関しては自分自身の年齢を満年齢で数えていき、自分の年齢が12歳の倍数になると年女であるということについてご紹介していきました。

今の自分の年齢を数えてみると自分が年女かどうかということはすぐにわかると思いますが、西暦などで考えてみると少しわかりにくく感じるかもしれませんね。

そこで、ここからは具体的な年齢と西暦などについても併せてセットでご紹介していきますので、年女に該当している年数を確認してみてください。

12歳(平成18年・2006年生まれ)

まずはじめにご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「12歳(平成18年・2006年生まれ)」が当てはまります。

12歳といえば、まだ小学生を卒業したばかりくらいの年齢だと思います。

初めての年女ということもあり、年女になったことを祝ってあげるときっと喜んでいただけるはずですよ。

24歳(平成6年・1994年生まれ)

次にご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「24歳(平成6年・1994年生まれ)」が当てはまります。

24歳は人生で2回目の年女であると考えることができます。

成人を過ぎて、それなりに社会人としての経験も積みだした頃の年齢にもなると思いますので、様々な知識なども持ち合わせているころになると思います。

改めて、年女に関してより詳しい認識を持っていただきたい年齢でもあります。

36歳(昭和57年・1982年生まれ)

次にご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「36歳(昭和57年・1982年生まれ)」が当てはまります。

人生で3回目の年女に該当すると言えますが、この年齢になると比較的落ち着いた生活を送っている可能性がとても高いと言えます。

人によっては結婚などをしたり、もしくはちょうど結婚を控えていたり、子供の出産を控えていたりすることもあると思います。

しかし、この年女の年齢に関しては注意が必要であり、後程詳しくご紹介しますが、厄年と関係がある可能性がある場合があります。

なので、この年齢の年女の場合は様々なことに注意するようにしてください。

48歳(昭和45年・1970年生まれ)

次にご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「48歳(昭和45年・1970年生まれ)」が当てはまります。

人生で4回目の年女に該当すると言えますが、この年齢になるとかなり落ち着いた生活になっていることが考えられます。

具体的には結婚をして家庭を設けて、子育てに関してもひと段落したような場合なども考えられると思います。

これからの第二の人生を歩んだりするような時期にもなると思いますので、これからの楽しいことに向けて意欲的に活動してほしい年齢でもあります。

60歳(昭和33年・1958年生まれ)

次にご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「60歳(昭和33年・1958年生まれ)」が当てはまります。

この年齢になると、男性も女性もかなり落ち着き、それぞれの余生を楽しむような時期にも入ると思います。

人によっては病気なども増えたり、様々な分岐点になりえる時期であると考えることができます。

楽しい余生を過ごすために、自分なりにどう生きていくのか、自分自身で考えて行動することが求められる時期でもあります。

72歳(昭和21年・1946年生まれ

次にご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「72歳(昭和21年・1946年生まれ」が当てはまります。

この年齢は人生で6回目の年女に該当する年齢になります。

この年齢になると人生の終わりが近づいているような時期にもなります。

日本の平均寿命と比較しても、だんだんと寿命が近くなっているような時期であると考えることができます。

寿命が近くなるからこそ、これからどのようにして楽しいことをしていくのか、楽しい時間を過ごしていくのかということが求められる時期になります。

84歳(昭和9年・1934年生まれ)

次にご紹介する2018年に年女に該当している年齢として「84歳(昭和9年・1934年生まれ)」が当てはまります。

この年齢になると人生で7回目の年女に該当するようになります。

先ほどお伝えした平均寿命がかなり近くなってしまっているような年齢になりますので、人によっては終活などが行われるような時期にもなると思います。

しかし、日本においてはまだまだ長く生きている人もたくさん存在していますので、人によって大きく異なる場合も十分に考えられます。

厄年とは違うの?

ここまでは2018年に年女を迎える方に当てはまる年齢についてご紹介していきました。

ご紹介した内容を参考にして考えてみると、自分自身が今現在、年女であるかどうかということがすぐにわかるようになるはずです。

では、ここからは年齢に関係した部分として、厄年というキーワードについてご紹介していきたいと思います。

厄年というキーワードに関しても、自分自身の年齢によって関わることであり、誰しもが該当することであると考えることができます。

厄年というキーワード自体も年女と同様に、一般的に考えるとどのような方でも耳にしたことがある言葉だと思います。

しかしながらそもそも厄年という言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、よくわかっていないような方もとても多いと思います。

中には厄年と年女というキーワードが混同してしまったり、同じような意味を持っている言葉であると勘違いしているような方もいる場合があります。

しかし、厄年と年女という言葉は同じ意味を持っている言葉ではありません。

簡単に言えば厄年というものに関してはあまり縁起が良くないこととして認知されており、避けるべき存在としても考えられています。

実際に厄年に該当している人に関してはいくつかの厄年に対しての対処方法が存在しており、それらを行う必要性があるといわれています。

なので、全ての方に該当する要因であるということも考えると、知らないままにしていることはあまり良いことではありません。

必ず自分自身にかかわることになりますので、この機会に厄年とはどのような存在なのか、年女とどのように違うのか、ということについて考えていきましょう。

【厄年については、こちらの記事もチェック!】

年女と厄年とは全く別物

厄年と年女は一見するととても似ているような存在に感じるかもしれませんが、実は全く異なる存在であると考えることができます。

これらを同じものだと考えていると大きな勘違いになってしまいますので必ず注意して考える必要性があります。

では、厄年と年女は具体的にどのような違いがあるのかということについてご紹介していきたいと思います。

まず年女に関しては先ほどもご紹介した通り、その年の十二支が生まれた年のものと同じになった女性のことを指し示している言葉になります。

つまり、生まれてから満年齢が12の倍数になっているかどうかということで判断を行うことができるということになります。

では、厄年とはどのような存在なのかといいますと、厄年は「厄難にあうおそれが多いと信じられて一年間慎むべき年齢」であるといわれています。

つまり、様々な災難が訪れる可能性がある縁起が悪い年だと考えていただければわかりやすいと思います。

なので、厄年と年女に関してはそもそも根本的な意味合いが全く異なっている言葉であると考えることができます。

根本的な意味を比べてみると二つの言葉自体が全く正反対の意味を持っている言葉出るということは明白なので、結果的に全く異なっている言葉であると判断することができます。

なのでこれらの二つの言葉が全く同じような意味を持っている言葉であると勘違いしている方は、違う意味を持っている言葉であると考えるようにしてください。

重なる年もあるが異なるもの

厄年と年女という存在に関しては全く異なるものであるということをご紹介していきました。

そもそも根本的に全く意味合いが異なり正反対に位置づけられている言葉であるので、そもそもなぜ勘違いをするのか不思議に感じる方も多いと思います。

厄年と年女という言葉がなぜ混同されたり、似ている言葉であると考えられるのかといいますと、いくつかの理由が存在しています。

それは、どちらの言葉も自分自身の年齢に関係して当てはまるか当てはまらないかということが考えられる存在になっているからです。

そして、二つの言葉に関しては実は重なってしまう年齢などが生じる可能性もあるので、結果的に二つの言葉が混同されてしまうという結果を招いているのです。

具体的にご説明すると厄年に関してはあらかじめどの年齢で厄年が訪れるのかということが決まっています。

その点に関しては年女と全く同じであると考えることができますが、実は厄年の年齢と年女の年齢に関しては非常に近い年齢が2つ存在しています。

なので、その年齢になった時に、余計にわかりづらくなってしまったりするので意味が混同されてしまうようになるのです。

では、その年齢がいくつの時なのかということが疑問に感じると思いますが、その点に関しては後程厄年の説明にて詳しくご紹介していきたいと思います。

男性の厄年の年齢

厄年に関しては先ほどご紹介した通り年女や年男と同様に、該当する年齢が決められているとご紹介していきました。

まず年女や年男に関しては12の倍数の満年齢に該当していれば、当てはまるということを思い出してみてください。

では、その上で具体的に厄年に関してはどのような年齢が該当するのかということについて改めてご紹介していきたいと思います。

まずそもそもの考え方として男性と女性とでは厄年に該当する年齢が全く異なっています。

しかしながら男性も女性も厄年の年齢と年男、年女の年齢が近い年齢がいくつか存在しています。

まず男性に関しては、25歳と42歳、そして61歳が厄年に該当する年齢であるといわれています。

なのでこれらの数字と先ほどご紹介した12の倍数の満年齢を比べて考えてみてください。

そうすると25歳と61歳が非常に近い数字であるということがお分かりいただけるはずです。

しかしながら、それでも1歳異なっていますので、同じだと感じる方はすくないかもしれませんが、厄年は満年齢ではなく数え年で計算がされています。

なので満年齢で考えると全く異なる数字になるかもしれませんが数え年で考えると被ってしまう可能性が十分存在しているということになるのです。

これが厄年と年女や年男などが同じであると混同されたり、かぶってしまう原因になっているのです。

女性の厄年の年齢

先ほどもお伝えしたように男性と女性の厄年の年齢に関しては全く異なる年齢となっています。

では女性の厄年はどの年齢が該当するのかと言いますと、女性の場合は19歳と33歳そして37歳と61歳は厄年であると考えられています。

なので単純に男性と比べてみると女性の方が厄年が一つ多いということがすぐにお分かりいただけると思います。

それを踏まえた上で厄年の該当年齢と年女の該当年齢を比べて考えてみてください。

そうすると、37歳と61歳の場合が年女の年齢と非常に近い数字であるということだお分かりいただけるはずです。

そして先ほどもお伝えした通り年女に関しては満年齢で考えますが、厄年に関しては数え年で考えるので、この年齢を迎える際は注意が必要ということになります。

非常に計算がややこしくなってしまったり分かりづらかったりすることが多くなると思いますので、早い段階でそれぞれの数え方の違いなどについて把握しておくことが大切です。

数え年とは

年女や年男などを考える際は満年齢、そして厄年を考える際には数え年で考える必要性があるとお伝えいたしました。

では、具体的に満年齢の数え方と数え年の考え方はどういう点が違うのかということについてご紹介していきたいと思います。

満年齢に関しては先ほどからお伝えしている通り、今の現時点での年齢を考えていただければ問題もありません。

さらに詳しくお伝えするとすれば自分自身が生まれた年を0歳として考えて、自分の誕生日が来るたびに一歳の年齢を足していけば問題はありません。

しかし、数え年の年齢の数え方に関しては全く異なった考え方になります。

数え年の年齢の数え方に関してはまず自分自身が生まれた時点で自分自身の年齢を一歳と考える必要性があります。

この点が大きく違うので必ずこの点を踏まえた上で数え年の年齢の数え方を考えるようにしてください。

そして数え年の数え方に関しては元日に年齢を重ねるという考え方が必要になります。

つまり、自分自身が生まれた時点で一歳であり、そこから1月1日を迎えるたびに年齢を加えていく必要性があるということになります。

例えば平成29年2月2日に生まれた人は1歳であり、平成30年の1月1日を経過すると自分の年齢が2歳になるという考え方になるということです。

この数え方を考えてみると、先ほどご紹介したように年女や年男の年齢と厄年の該当年齢が被ってしまうという事態が起こるということになります。

なので数え年の年齢の数え方を必ず間違いないように正しく認識しておく必要性があるので注意するようにしてください。

厄年に結婚や出産は控えるべき!?

厄年に関してはあまり縁起がよくない年齢になるとお伝えいたしました。

では、縁起が悪い年である厄年に結婚や出産などを控えてしまうのは悪いことではないだろうか?と疑問を抱く方もとても多いと思います。

特に縁起を気にされる方に関してはとても不安な気持ちになると思いますので、自分自身の中でとても大きな問題に発展してしまいやすくなるはずです。

実際に女性の厄年の該当年齢などに関しては結婚を考える30代の年齢が重なることも多いので、悩む方も多いはずです。

しかしながら結論として厄年に結婚や妊娠、もしくは出産などを迎えるということ自体は悪いことではありません。

また、それはあまりに気にしすぎて避けようと行動をすることも特に求められていることではありませんので安心してください。

確かに厄年に関してはあまり縁起が良くない年であると言われていますが、あくまで厄年は災難が起こりやすいという意味合いになります。

なので、厄年には必ず災難が起こると確約されているというわけではありません。

また厄年に対する考え方の違いになるかもしれませんが、妊娠をしたり出産をすることに対しては厄が落ちると言われており、縁起が良いことでもあります。

なので、逆に厄年に出産や結婚をするということはよいことでもあると考えることができます。

気にしすぎる必要性はなく、それでも不安な方に関してはきちんと厄払いなどを行っておけば厄が降りかかってくることを防ぐこともできます。

もしも厄払いをする場合は神社、お寺どちらでも結構なので、相談に行けば対応を行ってもらえるようになります。

なので、厄年に結婚や出産が被ってしまうということはそれほど恐れることではないという認識を持つようにしてください。

まとめ

今回は年女をテーマにして、年女とはどのような意味なのか、年女に該当する年齢はいくつなのかということについてご紹介していきました。

今回ご紹介した内容を踏まえて考えてみると年女というキーワードに関してより詳しい認識を持てるようになったはずです。

年女と混同されてしまいやすい厄年に関しての違いも明確にご紹介いたしましたので、間違った認識があれば、これからは正しい認識を持つようにしてみてください。

年賀状に記載したり、周りとの話の中でも年女や厄年というキーワードなどは出てくる可能性がとても高い言葉です。

これらの言葉を知らないと、恥ずかしい状況になってしまったりする可能性もありますので、必ず今回をきっかけに知識として身に着けておいてくださいね。