大好きな彼から告白されたいと願う女性はたくさんいるものです。

そんな彼に告白されれば、どれほど心が弾み嬉しく感じることでしょう。

今回は、そんななかなか告白してくれない男性の心の中と、そんな男性の対処法、デートで告白されるためのポイントなどをお伝えしていきます。

何回もデートしているのに告白してこない彼…

何度もデートを繰り返しているのに、なかなか告白してくれない彼…。

最近では、そんな彼氏にあまり期待しなくもなってしまった。

なんて考えていませんか?

そんな彼に対してあなたはどのように感じているのかまずはあなたの心の中を覗き込んでいきましょう。

何を考えているのかわからない

何度もデートを繰り返しているにもかかわらず、告白してこない彼の姿は、一体何を考えてるのかわからないと思うことでしょう。

表面上には楽しそうにしているけど、実は私はキープだったの?なんて思い悩む日々もあるかと思います。

そんな男性が、自分(女性)のことをどのように考えているのか知りたい気持ちになりますよね。

早くデートで告白されたい!!

気持ちばかり焦り、早くデートで告白されたいと思うようになる毎日…。

告白を促してしまうことにより、関係が崩れてしまうことも嫌だと感じている。

早くデートで告白されたい気持ちがあっても、どのように誘導してあげていいのかがわからない。

同じような思いが頭ぐるぐる廻り、良からぬ想像ばかりをしてしまう。

そんな思いから1日でも早く卒業したいと感じるものですよね。

なかなか告白しない男性の心理とは?

では、いよいよそんな男性の心の中は、一体どのような心理になっているのでしょうか?

ここからは、そんななかなか告白してこない男性の心理について考えていきたいと思います。

こちらの記事をよく読むことで、男性の心の中がちょっぴりわかるようになるといいですね。

今の関係が変わるのが怖い

男性もあなたと同じ好きな気持ちに変わりはありませんが、今の関係が変わるのが怖いと感じていることがありそうです。

つまり、告白して断られてしまえば今のようにデートすることもできません。

このようなことから今の関係性が変わってしまうことを恐れていると考えられます。

自分に自信がない

自分に自信がないため、相手に告白をすることができないように感じています。

特に、シャイな男性であれば、自分に到底自信を持てないため告白することすら無理だと考えているようです。

そのため、自分に自信がないことからデートをしていてもなかなか告白できないことが考えられます。

言葉にするのが恥ずかしい

言葉にして、自分の気持ちを伝えることが恥ずかしいと感じているようです。

こちらの男性も人見知りやシャイな男性に多いことなのですが、言葉にすることで恥ずかしい思いが大きくなり、また断られることも怖いため、なかなかデートを重ねても告白することができない様子に見えてしまいます。

断られるのが嫌

多くの男性は、告白して断られることがショックのあまり、耐えきれない気持ちになることでしょう。

断られることを想像して、自分が失恋した姿を考えるだけで、立ち直れないと考えていることもあります。

多くの男性の場合、断られるのが辛いと考えているのかもしれません。

告白するタイミングが分からない

これまで、何度もデートを繰り返してきたため告白するタイミングがわからなくなってしまったことが考えられます。

マンネリ化とは違いますが、このままでも関係が続けられるのであれば、このまま人に告白して関係を絶ってしまうより、このままの関係を続けて行ってもいいと思ってるのかもしれません。

歳を重ねるごとに告白しにくくなった

相手があなたよりかなり年上の男性の場合、年齢を重ねていくごとに告白しにくくなっている可能性があります。

相手の女性が若いだけにどのような告白シーンが受け入れられやすいのか、また自分みたいな男性が告白しても断られるに決まっている…。

など年齢を重ねていくごとに自分に対してもブレーキをかけている可能性があるといえます。

告白するのが面倒くさい

告白してその後の関係にひびが入るのであれば、いっそのこと告白するのがめんどくさくなってしまうこともあります。

これまでの関係が続けられるのであれば、告白するのがめんどくさくなってしまってるのかもしれません。

将来のことを考えれば、顧客する方が良いのですが、なかなかそのような気になれないのもポイントです。

まだ1人に絞りたくない

あなた以外にも、外に遊んでいる女性がいるため、まだ1人に絞りたくない気持ちがあるようです。

様々な人と遊ぶことでその人の良いところを見つけたいと思っているのかもしれません。

しかし、何度かデートを重ねるうちに1人に絞れなくなってしまったかの迫ります。

このように、まだ1人に絞りたくない場合、なかなか告白してこないのかもしれませんね。

今の関係が楽

付き合って、男女の関係になることが重荷と感じていることもあります。

また、今の関係が非常に楽で楽しい場合、先に進みたい気持ちになる必要もありません。

今の関係に満足をしている場合も含め、このままでいいと思っていることも考えられます。

素直になれない

付き合いたい気持ちがあっても、プライドや年齢が邪魔をしてなかなか素直になれないところがある人も多いようです。

特に男性の場合主導権を握りたいくせに告白は相手からして欲しいなと考えている男性も多いようです。

このように、素直になれない気持ちやちょっぴりわがままな面がなかなか告白えと至らない原因なのかもしれません。

デートで告白してもらうための10個の対処法

それではここからは、デートで顧客してもらうための対処法についていくつかご紹介していきます。

彼の性格をあなたなりによく解釈し、彼が行いやすい方法でデートでの告白を促してみましょう。

恋人が参加するようなイベントデートに誘ってみる

恋人が参加するようなイベントデートに誘ってみることで、お互いに意識する関係になることが考えられます。

しかし、誘い方を間違えてしまうことでお互い良い恋人が見つかるようにイベントデートに誘われたのかな?

なんて思われることもありますので、伝え方には充分注意が必要です。

彼もその気になってくれるかも

うまく説明することができれば、彼もその気になりイベントデートに参加することができるかもしれません。

しかし、彼も他の女性と仲良くする姿を見て、あなたがやきもちや嫉妬をしてしまうことが考えられます。

あくまでも、使い方を間違ってしまわないよう注意をしてください。

自分も好意がありますアピールをする

あなた自身も、彼に対して好意があることをアピールしていきましょう。

彼は、あなたが自分のことを好きだと思っていないなどと考えているかもしれません。

しかし、あなたが彼のことを好きだと言うことを少しでも知ることで、彼にもやる気が湧いてくることが考えられます。

彼の自信に繋げる

あなたが彼に対して好意があることをさりげなくアピールすることで、彼の自信につなげてあげましょう。

はっきりと「好き」と言う言葉を伝えなくても、彼自身があなたの気持ちがわかるだけでも、彼の自信につなげることができそうです。

さりげなくスキンシップを取る

ベタベタするスキンシップはあまりオススメすることができませんが、さりげなくスキンシップをすることで、彼のハートをくすぐることができそうです。

これまで、あまりスキンシップをしてこなかった女性であれば、これを機にさりげなくスキンシップをしてみましょう。

キュンとさせる

スキンシップをすることで、彼をキュンとさせてみましょう。

彼があなたに対してキュンキュンする気持ちになれば、きっとあなたに告白したいと思うようになるかもしれません。

彼自身も、あなたに対して自信がないところがあります。

これを機に、彼の心をキュンとさせてみてはいかがでしょうか?

一緒にいて楽しいことを言葉で伝える


一緒にいてどのように感じているのかな?と彼があなたに対して感じてるのかもしれません。

「俺といて楽しいのかな?」など、彼自身の自信がないことがありそうです。

あなた自身が彼といて一緒に楽しいと言うことをきちんと言葉にして伝えることで、彼も「俺といることが楽しいんだ。」と思うようになり嬉しく感じることでしょう。

鈍感な彼にも言葉なら伝わるはず

鈍感な彼であっても、きちんとあなたが言葉にしていくことで「一緒にいて、楽しいと思っていてくれるんだ。」と、思うようになりそうです。

このようなことに気づけるだけで、ぐんと告白したい気持ちに近づくことができそうです。

少しプレッシャーを与える

なかなか告白できない彼氏に、少しプレッシャーを与えてみてはいかがでしょうか?

例えばあなたの年齢を例に挙げ、「私もそろそろ25だから、結婚を意識したお付き合いをしたい。」など、彼に対してプレッシャーを与えることで、いいように出てくれるといいですね。

逆にすねてしまうと「俺じゃなくても他にやつはたくさんいる。」などと言うひねくれた返事で返してくる場合もありますので、このような場合は相手の性格などをよく見極めてから発言しなければなりません。

焦りを感じるかも

こちらのプレッシャーがうまくいくことで、相手もせりを感じ始め、あなたに告白してくることがあるかもしれません。

また、焦りを感じていなかった彼も、あなたがプレッシャーをかけることにより、「これはやばい!」と思うようになり、あなたに焦って告白してくることも考えられます。

自分たちの関係を聞いてみる

自分たちの関係がどのようなものなのかを彼に問いただしてみてもいいですね。

彼自身があなたとの関係をどのように感じているのか、きちんと言葉にして聞いてみることで、あなたとの関係が真剣なのか、そうでないのかが分かります。

また、自分たちの関係を聞いた上で、あなたがどうかしたい気持ちがあるのか?などと質問してみることで、一気にお付き合いに発展することも考えられます。

思い切って聞く!

ここは、思い切って聞いてみることをお勧めします。

自分たちの関係を聞いてみることで、相手があなたに対する想いとあなたが相手に対する思いが若干違う面が出てくるかもしれません。

相手の心の中の様子を伺えるだけで、あなた自身の気持ちも整理することができそうです。

告白をしやすい環境を作る


彼が、告白しやすい環境作ってあげることも大切です。

静かで落ち着いた雰囲気の場所で、ロマンチックな雰囲気になった瞬間、告白しやすい環境ができあがるかもしれません。

静かで雰囲気の良いところへGo

静かで雰囲気の良い所へ出かけてみましょう。

特に、夜景の綺麗な所や展望台などムードがあふれた風景や、その場所を楽しみながら雰囲気の良いロマンチックな場所を選ぶようにしてみてくださいね。

彼のいいところを引き出す

彼の良いところを引き出してみましょう。

デートプランの中に彼の良いところを引き出すようなプランを練り込んでみましょう。

彼の良いところを引き出してくれたことにより、彼も自信を持って告白することができるかもしれません。

一緒にいるとお互いいいことがあると思ってもらう

一緒にいることで、お互いに良いことがあると思いやすくなりそうです。

お互いに良いところがあると思えることで、さらにお互いに近づいた関係になりたいと思うようになるようです。

このようなことから、一緒にいるとお互い良いことがあると思うようになり、また一緒にたいと感じるようになるのかもしれません。

帰り際に「もっと一緒にいたい」と伝える

デートなどの帰り際に、彼に「もっと一緒にいたい」と甘えてみてはいかがでしょうか?

さりげなく可愛らしい顔作り、甘えてみることで、彼があなたのことをどのように感じているのかがわかります。

あっさりと「明日仕事だから。」とバイバイされてしまっていては、あなたに興味がないのかもしれません。

あなたの気持ちに気付いてもらえる

また、帰り際に一緒にいたいと誘うことで、さりげなくあなたの気持ちに気づいてもらえることを期待しましょう。

まだまだ一緒にいたいと言う事は、つまりあなたのことが好きだと言うことを理解してもらわなければなりません。

鈍感な男性に対しては気づくことができない行動になりますので、鈍感な男性にはもっと違う方法を試してみるといいですね。

焦らずじっと待ってみる

焦らずにじっと待ってみてはいかがでしょうか?

ここは彼のタイミングや彼の性格を尊重して、これまで通りじっくり待ってみるのもいいですね。

しかし、じっくり待つだけでは嫌と言う人にはこれまでたくさんの方法がありましたが、そのいくつかの方法を試しながら、彼のタイミングをジッと待ってみるのもいいですね。

彼なりにタイミングを考えているのかも

あなたにはっきりとは伝えてられなくても、彼なりのタイミングを考えているのかもしれません。

彼なりに考えているタイミングをじっと待つことで、2人が幸せになる時間も近いのかもしれません。

デートで告白してもらえる日は近い

いかがでしたか?デートで告白してもらえる日が近くなるかもしれません。

また、デートを重ねるたびに様々な方法を試してこともお勧めです。

2人の気持ちが重なり、素敵なお付き合いをスタートさせることができればいいですね。