昔と比べて今の時代は、様々な技術が進んでとても利便性の高い商品などが開発されているといえます。

そんな利便性の高い商品は世の中に様々存在していますが、比較的たくさんの方が注目を集めている商品として、ドローンの存在があります。

昔はあまり知名度がありませんでしたが、今はどのはかなり一般的な存在になっておりたくさんの方が興味を持っている存在です。

単純に遊びとして使用するだけではなく、今ではビジネスにおいて様々な場面で役に立つような役割も持っています。

そんな魅力的なドローンを今回はテーマにして、ドローンにまつわる様々な知識をご紹介していきたいと思います。

ドローンに資格はいるのか?また、ドローンを操作する際に使っても良い場所はどこなのか?ということなどを具体的にご紹介していきたいと思います。

ドローンを持っている人が増えてきた!

ドローンがメディアなどでも紹介されたり、様々な場面において使用されたりすることが放送されたりしたことによって、たくさんの方が今ではドローンを保有するようになりました。

たくさんの方がドローンに関して関心を持つようになり、たくさんの方がドローンを保有するようになったことで、ドローンがたくさん販売されるようになり、私たちの手に入りやすいようになったことも、たくさんの方がドローン購入するきっかけにつながっていると言えます。

しかしながら、人によってはドローンがどのような存在なのか、そしてドローンか具体的にどのような場面で使われるのかということなどを詳しく理解していない方も存在してるかもしれませんね。

そこで、ドローンの具体的な使い方などをご紹介して行く前に、まずはドローンに関する基礎的な知識などをご紹介していきたいと思います。

ドローンとはどのようなものなのか、そしてドローンはいつ頃作られ、どれくらいの価格で販売されているのか、また、ドローンはどのような場面で具体的に使われているとかということなどをご紹介していきます。

ドローンとは?


そもそもドローンとはどのようなものなのかと考えた時に、ドローンの意味としては「操縦士が乗らない無人飛行機のこと」を意味しています。

一般的に考えて飛行機は当然操作する人間が搭乗し、その飛行機を操ったりするのが当たり前ですが、ドローンに関しては操縦士が乗って操作をするわけではなく、あくまで小型の無人飛行機をリモコンで操作して動いたりするような作りになっています。

つまり、もっとわかりやすく簡単にお伝えするとすればラジコンのような存在であると考えていただければわかりやすいと思います。

男性の方であれば子供の頃にラジコンを操作して遊んだことがある方も多いと思うのですが、そのラジコンが自分自身で飛行して、操作をして好きなように動かせるということを想像していただければ、ドローンがどのようなものなのか具体的に理解することができるはずです。

気になるドローンの大きさですが、ドローンの大きさに関しては全長10cm程度の小型のものなども存在しており、比較的大きいものに関してはなんと30mを超えるような大型のものなども存在しています。

私たちが一般的にメディアなどで見たりするようなドローンは小型のものがとても多いと思うのですが、かなり大きめのドローンなども存在していますので、知識として覚えておくようにしてください。

一般的にドローンはヘリコプターや飛行船の形をしており、ドローンの機械の中にはカメラや加速度センサー、そして傾きや角度などを検出したりするジャイロセンサーなどが搭載されています。

こういった様々な機能が搭載されているということで、様々な場面において利用したりすることができる、マルチな活躍が期待される商品なのです。

なぜこういう名前になった?

一般的に考えてヘリコプターや飛行船の形をしているラジコンのようなものであれば、もっと機械的な名前が付けられたりするのに対して、ドローンというネーミングに違和感を持った方もいるかもしれませんね。

しかし、ドローンという名前は関連性があり、なぜドローンという名前なのかと考えると、ドローンは英語でオスのミツバチを意味しています。

先ほどもお伝えした通り、ドローンはかなり小型のものも存在していますので、例えるならばミツバチのような小さな体で動かすことができるということになります。

なので、ドローンという言葉が用いられていると考えることができるのです。

ちなみに、ドローンという名称以外にも他の名称で呼ばれたりするようなこともあり、その前はマルチコプターという名前で呼ばれたりすることもあります。

マルチコプターはプロペラが複数付いた飛行隊のことを意味しても意味しており、それら全ての総称がドローンという名前で呼ばれたりすることもありますので、併せて名称を覚えておいてください。

どこの会社が最初に作ったの?

ドローンについて考えた時に、気になるのはドローンはまず初めにどこの会社が作った商品なのかということが疑問として思い浮かぶと思います。

ちなみに、ドローンという言葉をよく聞いたりするようになったのはごくごく最近のことであると考えられがちですが、実際はドローンという言葉はかなり昔から存在しており、元々の原型もかなり昔から存在していました。

遡って考えてみると第二次世界大戦中に既にドローンの原型となるものは完成しており、当時の状況を考えてみると飛行機で相手の国を偵察したりするときに使用されるような目的であったといわれています

人が飛行機に搭乗して操作する場合、捕まってしまうと相手の国に捕虜にされてしまう可能性がありますので、無人飛行機の方がその危険性を解除することができるということで開発が進んでいたようです。

ただ、当時の時代に関してはまだまだ実用できるレベルになかったそうで、用いられるのはもっと後になるのですが、もともとは1944年にBQ-7というドローンが作られたということが有名になっています。

そこから最終的に技術が進んでいき、実用化されるレベルになった際にはアメリカ軍がプレデターという無人航空機を作成し、実際にアフガニスタン戦争やイラク戦争で使用された過去も存在しています。

ちなみに、日本においては1987年にヤマハが無人飛行機を作成しており、そこからだんだんと民間利用などが進むようになったといわれています。

従来のラジコンとの違い

ドローンについて知識を深めていくと、だんだんとラジコンとの違いがよくわからなく感じてくるようになるかと思います。

確かに一見するとドローンとラジコンはかなり似ているような存在であり、人によってもほぼ同じようなものであると考えている方がいるかもしれませんが、厳密にはドローンとラジコンは異なるものとして扱われています。

具体的にどのような点に違いが存在するのかと考えると、ドローンとラジコンの違いに関しては「自律性」が大きな違いとして存在すると考えることができます。

なぜドローンとラジコンでは自律性が違うのかと考えると、そもそもラジコンはコントローラーを使って手動で操作をすることによって自分の意のままに機械を操ったりすることが一般的になっています。

それに対して、ドローンと呼ばれるものには先ほどもお伝えした通り加速度センサー、そして電子コンパス、GPSなどの機能が搭載されています。

つまり、これらの搭載された機能を生かすことによって、ドローンを手動で操作せずに自律的に行動させることが可能になるのです。

例えば、事前にどのような飛行経路をたどってどのような目的地に着陸するようにするというプログラミングを組み込んでおくことによって、ドローンを操作しなくてもドローン自体が自分自身で考えて行動をしてくれるようになるのです。

この違いを踏まえて考えてみると、ドローンとラジコンでは大きな差が存在しており、その差としては自律性があるかないかという点になると判断をすることができます。

価格はいくらくらいするの?

ドローンについて理解を深めていくと、中にはドローンを購入して自分自身で操作してみたいと考える方もいると思います。

そうなると気になってくるのはドローンの価格だと思うのですが、ドローンの価格に関してはピンキリであると考えることができます。

なぜならば、ドローンによって当然ながらスペックが全く違いますので、どのような機能が搭載されているのかということによって価格が大きく変動するようになります。

例えば、比較的安い金額で購入することができるドローンに関しては10.000円以下で購入することは十分に可能です。

しかし、先ほどお伝えしたようにドローンの機能にこだわろうと思えば、いくらでもこだわることができます。

機能面が秀でているドローンに関しては、価格は10万円を超えるようなドローンなども珍しくありません。

つまり、自分がどのようなことをしたいのかということを踏まえた上でドローンを選ぶようにしなければ、理想のものは購入できませんし、具体的な金額などはスペックによって大きく変動するものになると考えることができます。

ドローンはどのような場面で使われている?


今ドローンは様々な場面で利用されている非常に利便性が高いアイテムであると考えることができます。

具体的にどのような場面で活躍しているのかと考えてみると、数え切れないほど様々な場面が存在しており、例えばビジネスにおいて使用されたりするようなことがあれば、完全にプライベートで楽しむことを目的として使用されたりすることもあれば、場合によっては戦争といった国レベルでの重要なミッションなどで使用されたりするようなことなどもあります。

なので、非常に様々なシーンで利用することができるアイテムであると言えるのですが、ここからは具体的にどのような場面でどのような用いられ方をしているのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。

軍事偵察

まず初めにご紹介するドローンが使われている場面としては「軍事偵察」の場面で使用されるということが挙げられます。

先ほどもお伝えした通り、もともとドローンの原型となる無人飛行機などが開発された理由に関しては軍事偵察が目的で作成されていました。

なので、ドローンの具体的な役割の一つとしては今でも軍事偵察として使用されたりする目的が広く存在しています。

相手の国と戦争したりするときには当然ながら相手の国の状況などを確認したりする必要性がありますし、相手の国の情報を入手し、その情報をどのように活かすのかということなどを考えて作戦を練ったりしなければいけません。

それを踏まえて考えてみるとドローンを使った軍事偵察はまさに戦争において勝利をするための貴重な情報入手手段であると考えることができます。

なので、今でも戦争が行われている国では軍事目的でドローンが使用されたりすることが一般的であり大きな役割として認知されていると考えることができます。

空爆

次にご紹介するドローンが使われている場面としては「空爆」の場面で使用されるということが挙げられます。

これに関しても軍事目的での利用になりますが、戦争が行われている国では、ありとあらゆる方法で相手の国を攻撃しなければいけません。

一般的に考えて攻撃の手段というものは様々な方法が存在していますが、様々な攻撃手段の中でも比較的に用いられやすい方法としては爆撃による攻撃方法だと言えます。

実際に私たちが住んでる日本においても、過去にアメリカからの原爆による攻撃で多大な被害が生まれたことは周知の事実だと思います。

爆撃は大きなダメージを与えられる方法であり、広い範囲を攻撃することができる手段でもありますので、戦争においては非常に効率的に相手にダメージを与える方法として認知されています。

だからこそ、空爆などが行われたりすることがよくあるのですが、その空爆を行ったりする際にもドローンが使用されたりすることがよくあります。

先ほどもお伝えした通りドローンの中にはかなり大規模な大きさのものなどもあります。

これらを使用することで、大きな爆弾なども持ち出して使用することなどは可能になっていますので、空爆機として利用されているのです。

ドローンはプログラミングを行うことによって正確な飛行を行うことができ、忠実に行動する機械でもありますので、軍事目的での利用はまさにたくさんの国から需要がある存在になっているのです。

戦争とは無縁な今の日本に住んでいる私たちからしてみるとあまり実感することはないかもしれませんが、むしろ世界的に見てみると軍事的な目的でドローンが利用されていることが圧倒的に多いということを理解しておかなければいけません。