社会人になると学生の時と比べて、大きく環境が変化するようになるといえます。

社会人として働くという事はプロとして仕事を行うということになりますので、当然ながら仕事に対する責任などが大きくのしかかってきます。

また、理不尽なことを言われたり、理不尽な出来事が起きたりすることもあるでしょう。

様々な面で我慢をしなければいけなくもなりますし、当然ながら仕事を行うにあたっての知識なども習得しなければいけなくなりますので、ストイックに何事も行わなけばいけません。

さらに、誰かから言われたり指摘されたりして動くのではなく、自発的に物事を考えて判断をしたり、精神的にも成熟した考えを持たなければいけなくなるので、圧倒的に学生よりも社会人のほうが厳しい世界で生きていかなくてはいけなくなるため、大きく環境が変化するようになるといえます。

だからこそ、私たちは事前に自分自身にできることを何かということを常に先読みして行動しておかなければいけません。

自分がどのような業種につき、どのようなことを仕事にするのかということを踏まえた上で、それを実行するためにはどのような知識やスキルを磨いておかなければいけないのかということを自分自身で考えなければいけないのです。

そんな社会人としての身につけるべき知識の中には、ビジネス用語が存在しています。

これは会社によって異なるかもしれませんが、今の時代はビジネス用語を用いて会話をしたりするのが一般的になりつつあります。

言葉は意思疎通の道具でもありますので、基本的な意味を理解していないと自分自身が不利な立場に立たされてしまいかねません。

そこで、今回はビジネス用語の中でも比較的利用頻度が多いスキームという言葉をテーマにして、スキームという言葉がどのような意味を持っている言葉なのか、そしてスキームという言葉の使い方などについて簡単にご紹介していきたいと思います。

️スキームの意味、知ってる?

あなたはスキームという言葉を普段聞いたりしたことがありますか?
これは人によって大きく返答が変わると思いますが、そもそも会社の中にはビジネス用語を普段から用いたりする会社もあれば、あまり用いない会社も存在しています。

しかしながら、先ほどもお伝えした通り今の時代はビジネス用語が積極的に取り入れられつつある時代に変化しています。

なので、基本的なビジネス用語などに関してはある程度知っておいたほうが絶対的に有利なのです。

それでも、自分が所属している会社はビジネス用語なんて使わないから必要ないと感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、もしもあなたが将来的に転職をしたりする可能性はゼロではないでしょうし、もしも取引先の人間とビジネスに関する会話をしたときに、ビジネス用語などが飛び出したりするということを想定してみてください。

おそらく、意味を知らなければ、意思疎通もできないでしょうし、会話も盛り上がらないばかりか、相手からはこんな言葉の意味も知らないのかと思われてしまいかねません。

なので、自分自身の知識、そしてスキルを身に着けるという意味でも、基本的なビジネス用語くらいはある程度理解しておくことをおすすめします。

それを踏まえた上で、もしもあなたがスキームという言葉の意味を知らないのであれば、この機会にスキームとはどういう意味なのか正しく知識として身に着けるきっかけとして活用してみてください。

️そもそものスキームの意味


そもそも、スキームという言葉はどのような意味として使われているのかということについてご紹介していきます。

スキームという言葉の意味としては「枠組みを伴った計画、計画を伴う枠組み」という言葉として用いられています。

これはつまりどういうことかと言いますと、枠組みとは「物事のあらましであり、大筋」という意味として使われています。

そして、計画はご存知の通り「何らかの物事を行うために方法や手順を考え、企てること」という意味として解釈することができます。

なので、スキームという言葉のわかりやすい意味としては「事業計画」という言葉とほぼ同じような意味として解釈することができると言えます。

会社が何かを行うにあたって、大切なのは計画です。

何らかの行動や方針を打ち立てたりする際には、必ずそれにあたって入念な確認を行ったり、様々なことを考えた上で計画を練る必要性があります。

行き当たりばったりで行動をしたところで失敗をしてしまう可能性は高まってしまうだけであり、会社が失敗をするということはすなわち倒産のリスクを抱えてしまうということになりかねません。

まさに会社全体の生き死にがかかっていると考えることもできますので、事業計画を事前に練るということはとてつもなく大事なことであるといえます。

その事業計画という言葉はスキームという言葉で表現され、今ではたくさんのビジネスパーソンがビジネス用語として用いている言葉になっているのです。

英語「scheme」

スキームという言葉はそもそもどのような言葉から成り立っているのかと考えたときに、元々の語源としてはスキームという英語から来ていると考えることができます。

スキームという英語は「scheme」という単語であり、もともとの意味としては「陰謀、たくらみ、秘密のたくらみ、計画、企画」という言葉の意味が持たれています。

元々の英語の意味を考えてみると、陰謀という言葉が一般的な意味として用いられているのですが、様々な意味を持っている言葉でもあるため、いかようにでも解釈することが可能な便利な言葉としても知られています。

とはいえ、日本においてビジネス用語として用いられるスキームという言葉の意味としては、先ほどのお伝えした通り事業計画という言葉で用いられたりするのが一般的になっています。

なので、本来の英語として使う場合とビジネス用語として使う場合では若干の解釈の違いが存在するということを理解しておいた方が、正しいスキームという言葉の解釈がしやすいはずです。

ただ、意味としては通用しないこともないですし、外国人相手に使うこともそうそうないと思いますので、外国人に対して使う場合のみ注意をしておけば問題はありません。

なので、日本でビジネス用語を使う場合は事業計画という意味で使用してください。

️ビジネス的スキームの意味

ここまでは簡単にスキームという言葉の持っている意味をご紹介していきました。

ある程度スキームという言葉の基本的な意味を理解いただけた所で、ここからはビジネス的スキームの意味について詳しくご紹介していきたいと思います。

先ほどもお伝えした通り、スキームという言葉は事業計画という言葉の意味として用いられています。

しかしながら、若干の意味の変化などが存在する可能性もあります。

そこで、一般的なビジネス用語としてスキームという言葉を使う場合、事業計画という言葉以外に、具体的にどのような意味合いの解釈で理解をすればいいのかということに触れていきたいと思います。

この形を覚えておくと、いざという時にビジネスの場面でスキームという言葉を使われても正しく理解をすることができるようになるはずです。

基本的な意味とある程度の使い方など覚えておくことで、スキームという言葉をよりマスターすることができるようになりますので、正しい知識を身に着けるという意味でも、スキームのビジネス的使い方を暗記しておきましょう。

枠組みを伴った計画

ビジネスにおいてスキームという言葉が使われる際の意味としては「枠組みを伴った計画」という意味で解釈することができます。

スキームという言葉を用いる際の意味としては、この意味合いが一番多く認識されている意味であると考えることができます。

スキームという言葉は一般的に事業計画という意味で捉えられていますが、事業計画という言葉は枠組みを伴った計画という意味で解釈されることが多く、ビジネス用語を使う際にはまずこの意味として理解しておけば大体の場合は正しく解釈できるはずです。

なので、スキームという言葉をビジネス用語として使う場合は、スキームという言葉単体で使われる以外に、事業スキームという言葉のように組み合わせた状態で使われたりする場合がかなり多いです。

これを正しく理解しておけば、事業スキームという言葉を聞いた時には枠組みを伴った計画のことを意味しているということがすぐにピンと来るはずです。

また、人によってはスキームという言葉とプランという言葉がかなり似ている言葉であると感じる方がいるかもしれませんが、厳密にはスキームという言葉とプランという言葉は若干の違いが存在しています。

具体的に説明するとすれば、プランという言葉は単純に計画という言葉の意味をあらわしている言葉です。

しかしながら、スキーム、もしくは事業スキームという言葉は枠組みを伴った計画という意味を持っていますので、企業が行うということを踏まえて考えてみると組織だって行なったり、継続的に行うことを前提として使われている言葉になりますので、この継続するという意味が含まれているか含まれていないかという点において大きな違いを持っていると解釈することができます。

細かい意味まで理解するとなると少し大変に感じるかもしれませんが、言葉の意味の若干の違いなども正しく理解をしておく事によって正しい言葉をその場の状況を読み取って使い分けることができるようになりますので、必ずビジネスとしても意味、そして似ている言葉の違いなども併せて理解しておくようにしてください。

計画を伴う枠組み


次にご紹介するビジネスにおいてスキームという言葉が使われる際の意味としては「計画を伴う枠組み」という意味で解釈することができます。

計画を伴う枠組みという言葉に関しては、先ほどご紹介した枠組みを伴った計画という言葉の意味とかなり似ている意味として解釈することができます。

単純に言葉の並びが前後逆になっているだけであり、そこまで意味としては変化しているようなものにはなりません。

なので、計画を伴う枠組みという言葉に関してはそこまで難しく考える必要性がなく、単純に先ほどご紹介した枠組みを伴った計画と同じ意味として解釈してください。

先ほどもお伝えしましたが企業にとって計画を練ったりするということは企業を存続させる上で当たり前の行為であり、絶対的に必要な行為であると考えることができます。

何事においてもしっかりと計画を練った上で、その計画が成功する確率を少しでもしてあげることが会社を存続させていくとても大事な要因になると考えることができるからです。

だからこそ、しっかりとした事業スキームが大切であり、絶対的に必要不可欠な存在になるのです。

しっかりと計画を伴う枠組みを考えておくことによって、大きな成果を出すことができるようになりますので、社会人として働いている方はスキームという言葉の意味を正しく知り、魅力的な事業スキームを考えられるようにしなければいけません。

計画と枠組みの間のような意味

次にご紹介するビジネスにおいてスキームという言葉が使われる際の意味としては「計画と枠組みの間」のような意味で解釈することができます。

計画と枠組みの間のような意味とはどういうことなのかと考えたときに、まず考えていただきたいのが計画という言葉の意味と枠組みという言葉の意味です。

先ほどお伝えしましたが、枠組みとは「物事のあらましであり、大筋」という意味として使われ、計画は「何らかの物事を行うために方法や手順を考え、企てること」という意味で解釈することができます。

この間の意味となると、例えば仕組みというような言葉の意味として解釈をすることができます。

物事には必ず仕組みが存在しています。

特に会社などが行っている事業などに関してはしっかりと仕組みを見据えて物事を考えたりすることによって、その成功率は高まると考えることができます。

なので、計画と枠組みの間のような意味合いである、仕組みという言葉のような解釈でスキームという言葉を使ったりすることもよく存在しています。

例えば、課金スキームという言葉が存在してますが、この言葉に関しても計画と枠組みの間のような意味として解釈されるような意味合いになります。

なので、スキームという言葉は若干広い範囲の意味合いも含んでいる言葉であるということを理解しておかないと、正しい意味として解釈したりすることができない可能性もありますので、その点は十分注意をした上でスキームという言葉を理解するようにしなければいけません。

ちょっと解釈が難しく感じるかもしれませんが、基本的な意味さえ理解しておけば若干の応用が利くようになると思いますので、まずは正しい基礎的な意味をしっかりマスターするところから始めてみてください。

悪巧みな意味で使われることも

次にご紹介するビジネスにおいてスキームという言葉が使われる際の意味としては「悪巧み」という意味で解釈することができます。

先ほどお伝えいたしましたが、スキームという言葉に関しては海外で考えられている一般的な意味と日本で考えられている一般的な意味は大きく異なっています。

日本で使われているスキームという言葉の意味としては事業計画という言葉で使われたりすることが一般的なのですが、海外で使われるイモという言葉に関しては悪巧みという言葉の意味が含まれている単語でもあります。

スキームという言葉の基本的な意味の中には計画という言葉なども存在していますので、一概に絶対に間違っているかと言われればそうではないのですが、それでも外国の方からしてみると一般的には悪巧みという言葉の意味合いとして解釈されていますので、場合によってはスキームという言葉は悪巧みという言葉の意味で用いられたりする可能性も考えられます。

なかなかこのような言葉の意味で使ったりするような人はそこまで多くはないと思うのですが、それでもきちんとこのような意味が含まれているということを理解しておかなければ間違った解釈をしてしまう可能性にもつながります。

正しい意味を理解していないということが露呈してしまうと、恥ずかしい気持ちになってしまう可能性も考えられますので、スキームという言葉には悪巧みという言葉の意味も存在しているということを併せて理解しておきましょう。

逆に、このような言葉の意味もしっかりと理解しておく事によって、難しい言葉でもきちんと理解をしている人間だという良い印象を与えたりすることができるようになりますので、自分のスキルや知識を見せつけるチャンスでもありますので、前向きにとらえるようにしてください。

️覚えてしまえば便利な言葉

スキームという言葉は知らなかった場合は、なかなか正しい意味を理解することができない難しい言葉だと感じるのですが、しっかりと意味を理解しておく事によって、様々な場面で使うことができるとても利便性が高い言葉であると感じることができるようになります。

なので、きちんと覚えておくことによって様々な場面で言葉の引き出しを作り上げることができるとても便利な言葉でもあるのです。

それを踏まえて考えてみると、なるべく早い段階でスキームという言葉は正しく理解しておくべきですし、スキームという言葉に限らずにそれ以外の様々なビジネス用語などに関しても理解をしておく事は自分を成長させたり、自分の魅力を高めたりする上でとても大切な存在であるとも言えます。

そこで、ここからはさらにスキームという言葉を理解していただくために、スキームという言葉が実際にビジネス用語として用いられる場合の予想される単語などをいくつかご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する単語をしっかりと理解しておく事によって、スキームという言葉を相手から用いられた際に、瞬時に正しく理解をすることができるようになります。

なので、覚えるまでは少し解釈が難しいかもしれませんが、是非ともこれからご紹介する単語は全てマスターできるようにしてみてください。

スキームという言葉の基本的な意味を理解しておけばそこまで理解するのは難しくありませんので、この機会にすべての言葉の意味をインプットしましょう。

事業スキーム

スキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「事業スキーム」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、先ほどご紹介した基本的な意味のままなのですが「事業計画」という言葉の意味として解釈されて使用される場合がほとんどです。

なので、スキームという言葉が本来持っている意味のまま理解していただければそこまで難しい言葉にはなりません。

事業スキームは事業に関する「枠組みを伴った計画」、もしくは「計画を伴った枠組み」になりますので、そのまま解釈すれば簡単に理解していただけるはずです。

スキームという言葉を用いて表現される場合は、ほとんどがこの事業スキームという言葉で表現される場合が多いので、この単語を覚えておけば困ることはぐんと少なくなるはずです。

運用スキーム

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「運用スキーム」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、例えば自社が提供しているサービスをどのように運用していくのかということを考える意味として使われたりすることもありますし、自社で保有している資金をどのようにして運用したりするのか、というような意味として解釈することもできます。

意味合いとしては単純に「枠組みを伴った計画、計画を伴った枠組み」をどのように運用していくのかということになりますので、あとは何を運用するのかという主になるべき部分を考えていただければわかりやすいはずです。

それが資金などのお金になるのか、それともサービスになるのかということで意味が若干ながら変化するようになりますので、その部分は確認しておく必要性があります。

決済スキーム

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「決済スキーム」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、決済スキームという言葉が決済という単語にスキームという言葉がくっついている状態になっていますので、直訳すれば決済に関する計画や仕組みであると考えていただければわかりやすいはずです。

会社にとって決済はとても重要な事柄になります。

なぜならば、サービスを利用している人間からお金を支払ってもらうことがそのまま会社の収益になりますので、会社が存続していくためには絶対的に必要なお金になります。

このお金が徴収することができなかった場合は、企業にとって大きなダメージとなってしまいますので決済スキームはとても大事な要因であると考えることができます。

また、こちらのお金を支払うことに関してもとても大切であり、それはそのまま会社の信頼に変化する部分になりますので、決済スキームはとても重要なのです。

一般的にはこちら側ではなく、相手側から自社に対しての決済に関する仕組みを考える場合がほとんどだと思いますので、スキームという言葉の前にどのような単語が来るのか?ということに着目して解釈すれば、ある程度言葉の意味の理解ができるようになるはずです。

まちづくりスキーム

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「まちづくりスキーム」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、単純にまちづくりをする上での「枠組みを伴った計画、計画を伴った枠組み」と解釈していただければわかりやすいはずです。

まちづくりとは「街の建物を発展させること」ですが、簡単に解釈するとすればまちが潤うためや、まちが発展するためにどのようなことをするのかということを想像していただければわかりやすいはずです。

まちづくりをするにしても、もちろんそれなりに計画を練る必要性があるといえますので、その計画や仕組みなどを表している言葉として考えていただければ正しい解釈ができるはずです。

課金スキーム

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「課金スキーム」という単語が挙げられます。

会社を存続していくためには何が大事なのかということを考えると、当然ながら会社がどのようにしてお金を稼いで行かなければいけないのかということになります。

お金を稼ぐことができなければ、会社が回らなくなってしまいますので当然ながら雇用している人間に対して賃金を払うことができなくなってしまいます。

そうなってしまいますと、会社が成り立たなくなってしまいますので、必ず防がなければいけない事態になるのです。

そこで、大事なのが課金スキームです。

課金スキームとは、あるサービスの利用者からどのようにして課金を徴収するのかということを考える仕組みの部分にあたると言えます。

この仕組みの部分がしっかりと考えられて、なされているかどうかということが大事なことであり、これがしっかりとしていれば、会社にしっかりとお金が入ってくるということになります。

なので、課金スキームの意味としては「サービス利用者から課金を徴収する仕組み」と考えていただければわかりやすいはずです。

改革スキーム

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「改革スキーム」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、改革にスキームという単語がついていますので、主に改革するための計画や仕組みなどを意味しています。

世の中の物事などを見ていただければ分かると思うのですが、昔から今に至って全く変化していないものなどはごくごく少数に限られています。

常に時代は変化しており、その変化に対応することができなければ残念ながら淘汰されていってしまいます。

なので、それは会社も全く同じであり会社の時代の変化を受け入れつつ変化していくことができなければ、必ずそのサービスは魅力を失ってしまいます。

そうなってしまいますと会社全体の売上などは下がってしまうようになりますので、会社が存続していくことがこんなになってしまいます。

なのでそのような時に改革スキームを考えて、今までよりもどのようにすればもっとより良い仕組みを作り上げることができるのか、どのような計画を立てることによって挽回することができるのか、つまり今の会社にどのようにして改革を取り入れていくのかということを考えることが改革スキームと呼ばれている単語の意味として解釈することができます。

改革スキームは会社が存続していく上で非常に大切な要因であると考えることができますので、この機会に改革スキームという単語を覚えておくようにしてください。

スキームをまとめる

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「スキームをまとめる」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、単純にスキームをまとめるというそのままの意味で解釈が可能です。

スキームは「枠組みを伴った計画、計画を伴う枠組み」という意味になりますので、これらをまとめたものを指しています。

スキームは必ずしも一つだけではありません。

当然ながら、現状を打破していくために様々な計画などを考えたりする上で、一つにまとめる必要はなく様々な意見を出した上で、それらの意見のより良い部分を結集させたものが最終的なスキームになり得ると考えることができます。

例えば、何かに対する話し合いを行ったりする中でも、様々な意見が飛び出していく中でより優秀な意見の優秀な部分を取り入れて、最終的な結論を出したりしますよね。

それと全く同じであり、様々なスキームを生み出し、そのスキームをまとめることはとても大事なことになります。

なので、スキームをまとめるということは、様々な「枠組みを伴った計画、計画を伴う枠組み」に関する意見をまとめるということとほぼ同義であると考えることができるのです。

スキームの構築

次にご紹介するスキームという言葉がビジネス用語として用いられる場合に予想される単語としては「スキームの構築」という単語が挙げられます。

これはどういう意味かといいますと、「枠組みを伴った計画、計画を伴う枠組み」を構築するという意味になります。

つまり、スキームを構築しなければいけないという意味として解釈することができます。

例文として考えてみると、もっと収益を上げることができるように、より良いスキームの構築を検討し続けてまいりますというような言葉の使い方ができるはずです。

ビジネス用語として使ったりすると意味が少し複雑になって分かりにくいと感じる方がいるかもしれませんが、単純に枠組みを伴った計画を構築することと解釈していただければそこまで難しくない単語として理解することができるはずです。

️スキームの意味をマスターしよう

今回はスキームという言葉をテーマにして、スキームという言葉の意味、そしてスキームという言葉がビジネスにおいてどのように用いられるのか、もしくはその単語などをご紹介していきました。

会社によって違うかもしれませんが、ビジネス用語を頻繁に用いたりするような会社は今の時代を多く存在しています。

なので、基本的なビジネス用語を知っておくことによって様々な面で困ることを防ぐことができるようになります。

難しい単語などは理解するまでに時間がかかったりするかもしれませんが、一度正しく理解をすることによって様々な便利な言い回しができるようになります。

自分の言葉の引き出しを増やすという意味においても、自分自身のスキルや知識を高めることに直結しますので、この機会にまずはスキームという言葉を理解し、ビジネス用語をさらに知りたいと思うきっかけとして活用していただければ幸いです。