よく子供の頃から遊んだりしていた際に声を真似るというような事がありましたよね。

代表的な声真似と言えばどの様な人がいますか?

例えばミッキーマウスというのはよく声真似をしてしまいますよね。

「ハハッ」というような高い声というのはとても特徴的であり、誰でも聞いたことがあるのではないかと思います。

他にも特徴的な声というのはどのような人がいますか?特にアニメなどでは真似をしやすいですが、アナゴさんも声真似が流行っていたりしたのではないでしょうか?

「フグ田く~ん」というような低い声で言ったりするというような事があったと思います。

その当時は面白くてお互いが声真似をしたという事もあったのではないかと思いますが、声真似をされてしまう人というのは似たような特徴がありますよね。

例えば声を出しやすい人というのは基本的に真似をしやすいですよね。

どの様なことかというと、人によっては声をまねる際に必ず特徴的なものがあるという事になるのです。

例えば「おはよう」と一言いう分にも高い声であったり低い声であったりするのは個性があるからです。

似たような声もあるかもしれませんが、声真似をする際は、その人の声が独特だからであったり、特徴的だからですよね。

だからミッキーマウスであったりアナゴさんというのは声真似をされやすいのです。

話し方や喋り方などが独特で特徴が誰でも解るようなものですよね。

では何故人というのは声真似をしてしまうのでしょうか?それにも必ず理由となるものがありますよね。

そしてなぜか声真似をされてしまうという人もいますよね。

先ほど言ったミッキーマウスやアナゴさんというのはキャラクターがとても濃い印象があると思います。

また主人公となっているキャラクターの真似などをしたりもすると思います。

子供の頃は主人公となる人がカッコイイ、可愛いということもあり、その様になりたいと思うような気持ちが強かったのではないかと思います。

代表的なもので言えばルパン三世というのはとても代表的な主人公というものですよね。

ルパンがいなければそのアニメはできないでしょうし、独特な喋り方で他の人を巻き込んでいくという事もあるのではないかと思います。

いわゆるダンディー声というようなものでしょうか?

この様にいくつもの特徴がある中で声真似されがちな特徴を3選ほど、それと声真似をしたい人にとってのちょっとしたコツを4個ほどお教えしたいと思います。

声真似というのはついしてしまいますが、何故してしまうのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

なぜか声真似されちゃう人っていますよね

今では有名になっているという声優さんも多いですよね。

先ほどあげたアナゴさんもそうですし、ルパン三世、他にもクレヨンしんちゃんというような有名な声優さんたちが喋っていると思いますが、何故か声真似されてしまうという事が多いですよね。

例えば有名なセリフとしてはルパンではやはり「ふじこちゃーん」と呼ぶ時のセリフでしょうか?ルパン三世の登場人物の中に峰不二子という女性キャラクターがいるのですが、ルパンはその不二子のことをその様に呼びます。

直ぐに頭の中で再生をすることができるという人が多いのではないでしょうか?何故ならそれほど声や喋り方が特徴的だからという事なのです。

例えばどんな事でもそれは同じような事が言えるのではないかと思います。

その人が他のキャラクターをしていてもこの声優さんはあのキャラクターと同じ人だ!と感じることがありますよね。

それはその声優さんにそれほどの魅力を感じているというのと同時に、特徴的でもあるからというのがあるからです。

誰でも耳にしたことがあるという声優さんはたくさんいますよね。

今では活動を休止していますが、昔のドラえもんの声である大山のぶ代さんであったり、あの喋り方も独特なもので特徴がありましたよね。

子供の頃は皆が真似をしたかもしれません。

それほど有名な声優さんでもあります。

また他には人気アニメのドラゴンボールでは悟空役の野沢雅子さんがいると思います。

「オッス!オラ悟空!」というようなセリフはとても印象的でしたよね。

頭の中で再生をされるという人も多いはずです。

子供たちはこの様に人気のアニメキャラクターの声真似をしてしまいがちです。

それはそのキャラクターに憧れを持っているからでもあるという事を覚えておきましょう。

ですが声優によってはよく声真似をされてしまうという人は多いですよね。

何故なのでしょうか?

特徴的じゃなくても真似されがち


これは特徴的じゃなくても真似をされがちになってしまうというような事があります。

基本的に特徴的であっても真似をするとしないというのに大きな差があると思いますが、真似されがちという事は皆からも愛されているキャラクターという事になりますよね。

独特な声であったり、口調などもこの人だからというような事もあるかもしれません。

ですが、子供の頃などにこの様な声真似をしている際には、そのキャラクターになりきるというような事があったからなのではないかとも思うのです。

それほどその事で頭がいっぱいだったという時期が誰にもあったのではないでしょうか?いわゆる夢中になれるものという事です。

それが声真似として出てしまうという事もあるので覚えておくようにしましょう。

声真似されがちな人3選

ではそんな声真似されがちな人を3選ほどお教えしたいと思います。

声真似というのは何か特徴的なことがあるからこそだと思います。

またそのキャラクターがとてもカッコイイ、可愛いというのも理由があるかもしれませんが、それ以外にもありますよね。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

今見ている人も一度は声真似をしたことがあるという人が多いのではないでしょうか?その時はどの様な声真似をしていましたか?思い出してみてください。

その人の声真似をするという事はそれほど特徴的な部分というものがあったからです。

声真似をされがちな人というのはどの様な人達なのでしょうか?詳しく見てみたいと思います。

1、声が特徴的


声が特徴的だという事があるでしょう。

例えば先ほど例にあげたルパンであったり悟空というのはとても声が特徴的ですよね。

誰が聞いても直ぐに解るというような声をしていると思います。

基本的に声が特徴的だという事は、そのキャラクターの濃さというものが影響してくるものだと思います。

例えばルパンや悟空というのは違うアニメでも共通している部分がありますよね。

それは何か解りますか?それは「主人公」という風格です。

そのアニメでの中心となる人物という事になりますよね。

なので声などが特徴的であればそのアニメで再生されるというような事があるのです。

声が特徴的だからこそ真似をすることができるというような事もあるので、直ぐに頭の中でそのアニメのキャラクターが出てきているのではないでしょうか?

声が特徴的な人は多くいますが、声優に限らず、友人同士、家族でも声が特徴的だとつい真似をしてしまいますよね。

この様に喋るというような感覚で喋るという人もいるはずです。

声が特徴的な事というのはとても良いことですが、その分真似をされてしまうというのはその人の気持ち次第という事になるのです。

2、しゃべり方が独特

しゃべり方が独特な人も声真似をされがちな人です。

例えばアニメで言うところのアナゴさんはしゃべり方がとても独特ですよね。

低い声でゆっくりとしたことを言うので真似などをしてしまうという事もあるのです。

しゃべり方にもよりますが、基本的にしゃべるのが独特というのはそれほど印象が深いという事にも繋がります。

しゃべる際にその人がどの様なしゃべり方をしているのかで、真似をしてしまうという人も多くいるはずです。

それは普通に喋るとどの様に喋るのかと不思議に思ったりするからだとも思うのです。

ですがアニメキャラクターの場合というのはそのしゃべり方だからこそ、そのキャラクターの味が出ているという事になりますよね。

仮にアナゴさんのキャラを他の声優さんがするとなれば、それはアナゴさんではないように感じるのではないでしょうか?

しゃべり方が独特だからこそ、皆にも慕われるというのはあるのではないかとも思います。

3、この人だと分かる口癖がある

何よりもこの人だと直ぐに分かる口癖があるというのがあるでしょう。

例えば声のトーンであったり、高い声であったり低い声であったりと、声優さんというのはそのアニメ1つのキャラクターをしている訳ではなく様々なキャラクターを演じていますよね。

その際にこの人だと分かる口癖というようなものがあるというのもあるでしょう。

なので他のキャラクターを演じていてもその有名なキャラクターの声真似をしてしまうというような事も多いのではないでしょうか?

なぜ声真似したくなるのか

ではそんな声真似ですが何故したくなるのでしょうか?

例えば場を盛り上げたいがために声真似をするというような事がありますよね。

例えばパーティーであったり、ちょっとした飲み会でもその様なことをするという事もあるでしょうし、よく一発芸などでしたりするというような人もいると思います。

ですが中には声真似をして相手のことを小バカにするというような事もあります。

これはいけないことなので、控えるようにして欲しいことでもありますが、声真似をして聞いている人を小バカにするような事は絶対にしないようにしてください。

そして他には注目をされたいというのがあるでしょう。

声真似というのはそれほど注目を浴びるためのものでもあります。

注目をされれば人気者にもなったりするかもしれないですよね。

その様な意図があって声真似をするというような人もいるという事です。

では声真似をしてしまうというこの3つのことについて詳しく見てみたいと思います。

場を盛り上げたい

場を盛り上げたいというのもあるでしょう。

例えば宴会の席であったり、飲み会、パーティーというようなときに声真似をして盛り上げるというような事があると思います。

どんな事でも場を盛り上げる際に声真似というのはとても良い方法だとも思うのです。

何故ならアニメのキャラクターの声真似でああるのであればそれを知らないという人が少ないからです。

ドラえもんであったりドラゴンボールも同じような事が言えるでしょう。

場を盛り上げたいと思う際にはこの声真似を使って更に盛り上げるというような方法を取ることができるのでオススメです。

また場を盛り上げる際には他の人達も他の声真似をしてくれるとなお大盛り上がりになることは間違いないです!

言うのであれば主人公の声真似とその敵キャラの声真似をするというような事です。

そうする事で本当にアニメを見ているかのようなイメージを持つことができ、場を更に盛り上げることができるようになるでしょう。

小バカにしている

時には声真似をする際に小バカにして使う人がいます。

人によっては気分を損ねてしまうことが多いのも理由の1つであり、例えば相手に嫌なことをされた際に声真似をして小バカにするというような事がよくあるのです。

これは子供同士の喧嘩でよくあることです。

声真似をするのはその相手の声真似をするというような事ですが、小バカにして喧嘩になるという事が多いので、仮に子供達がその様なことをしていた場合には止めるようにしましょう。

またアニメキャラの真似をして相手のことを小バカにしているというような人もいるのではないでしょうか?

基本的に声真似をするのには良いすが、それをする事でよくないと思っている人もいるのです。

小バカにするようなことは嫌がる人の方がもしかすると多いかもしれないというのもあるでしょう。

この様に感じることもあるので、あまり声真似で小バカにするという事は絶対にしないようにしましょう。

声真似はしても良いですが、小バカにするために声真似を使うというのは決してしてはいけないです。

覚えておくようにしましょう。

注目されたい

注目をされたいというのもあるでしょう。

例えば声真似ができる人が羨ましいと感じる人もいますし、凄いと感じる人もいます。

今ではSNSがあるのでそこに投稿をすることで気に入るという人がいるのであれば注目をされてしまいますよね。

ですが本人からするともっと注目をして欲しいから声真似をするというような事にもなるのです。

よく小学生の子供達が面白かって声真似をしたりすると思いますが、それも実は周りからの注目をされたいからというような事があるのです。

よく問題などをおこしたりする子供というのは注目をされたいという思いからその様なことをするという事がありましたが、それと似ているという事になります。

注目をされたいからこそ、声真似をして周りを惹きこんで行くというような事ができるので、注目をされたいという気持ちからその様なことができるのではないかとも思うのです。

声真似というのは確かにできると凄いですよね。

注目をしても仕方ないのかもしれないです。

声真似したい時の4個のコツ

では声真似したい時の4個のコツについてお教えしたいと思います。

先ほどまでは声真似をしてしまう原因であったり、その声真似される人の特徴でしたが、声真似をするというような人も多くいると思います。

声真似をする際には大事なことがいくつかあります。

特にそのコツというのは少し特徴的なものも多く、直ぐにできるという人もいればできないという人もいるのではないかと思うのです。

声真似をするという事はそれほどその声優さんに魅力を感じているという事であり、とても良いことですよね。

ですが他の友達などの真似をするという事だけは極力避けるようにしてください。

なぜなら声真似をするのを嫌うという人もいるからです。

ではどの様なコツがあるのか、その4個のコツについて詳しく見てみたいと思います。

1、口の開け方を変える

口の開け方を変えるという方法があります。

例えば口を大きく横に開くと口が「いー」という状態になりますよね。

また口を縦にあけることで口が「おー」という状態になると思います。

口の開け方というのは基本的に「あいうえお」の音で開くのでその開き方以外にはありません。

例えば「い」と言うときに口の形を「お」にしてみて言ってみるととても難しいですよね。

ちゃんとした口の開け方というのもありますが、そこを時には違うような開け方をすることで音が少し違うようになります。

なので特徴的な声がそこで出るのではないかと思います。

その口の開け方をマスターするようになると自然とどの様な言葉でも声真似をしてできるのではないかとも思います。

口の開け方というのは人により大きく開けたり小さく開けたりしますが、それは人の個人差というものがあるからです。

口の開き方というのは基本的に先ほどの「あいうえお」、いわゆる母音ですよね。

それで成り立っていますが、その時に違う発音をするというのはとても難しいことなのです。

覚えておくようにしましょう。

2、鼻を上手く使う

鼻を上手く使うというような事もあるでしょう。

例えば普段喋る時に鼻をつまむと違う声色になってしまいますよね。

いわゆる鼻声の状態になるのではないかとも思います。

基本的に鼻声というのは鼻が詰まっているときに出す声ですが、手で摘んで出すこともできますよね。

鼻声を上手く使うことでも実は声真似をする際にはとても役立つのです。

声というのはその人の特徴が必ずあります。

簡単に分けるのであれば低いのか高いのかになりますし、時にはハスキーな声をするという人もいますよね。

そんな時に鼻声を使うとどうでしょうか?鼻声というのは少し普段の声とは違い少し苦ったような声をしますよね。

声優さんの中でも時には鼻を摘んで喋るというような事があるのではないかとも思います。

それほど鼻を上手く使うことで声色を変えることができるので、鼻を上手く使っていくというような方法もあるという事なのです。

3、喉の開き方を調整する

喉の開き方を調整すると聞くと少し難しいですよね。

例えば喉というのは飲み込んだりする際に思いっきり開くと思います。

その様な喉の開き方を調整することで声色を変えることができ、声真似をしやすくなるのです。

よく歌手などの人も声を出す際に喉の開き方を意識するという人がいますが、喉の開き方というのは様々な声を出すためには必要なことなのではないかと思います。

例えば思いっきり開いて喋ろうとしたり、喉をなるべく開かないように喋るというのは最初はとても難しいものだと思います。

何故ならその練習というものをしていないからです。

ですがこれは練習をすることでマスターをすることができます。

そうなると自由自在に自分の声を喉で調整をすることができるのです。

どちらかというと歌が上手いという人はこの様な喉の開き方などにも意識をしている人が多いので、近くに歌が上手いという人であったり専門学校に通っているという人がいるのであれば、その人に聞くというような事ができるのではないかと思います。

4、強弱の付け方を変える

強弱の付け方を変えるという方法もあります。

これは誰でもできると思いますが、例えば「怒ったぞ!」と言う時に優しく言ったりすると雰囲気などが変わったりしますよね。

言うのであればアニメのキャラクターのセリフを言う際に、どの様な状況なのか、どの様なシチュエーションなのかを頭の中で考えて強弱をつけるというものです。

そのキャラクターになりきる事で意識してできるのではないかと思いますが、この様なことをすることでも声色を変えることができますが、強弱などをつける際によく恥ずかしいという思いが出てしまうことがあります。

ですがキャラクターなどの声真似をするとなった際には、そのキャラクターになりきるというのが一番の近道なのです。

物事全てに言えることですが、真似をするためにはその人本人になりきらなければいけません。

その様な意識を常に持つことでどんどんそのキャラクターの声真似などもできてくるので、声真似ができるという人は様々なキャラクターの声真似をすることができますよね?

是非まずは子供と同じように、真似をする、なりきるという事をしてみるのも良いかもしれません。

声真似の練習方法

声真似の練習方法というのはどの様なものがあるのでしょうか?一番簡単なものは、何度もそのセリフや声を聞くという事です。

他にも声の差はどれだけあるのか分析をするというのも良いでしょう。

これは特に重要なことです。

やりたい声真似より、似ている声から練習をするという方法もあるので、1つの選択肢として覚えておくと良いでしょう。

また他にも様々な方法があります。

ここに記載するもの以外にも実は多くの練習方法があるので、自分で探してみるというような方法もあるので探してみるのも良いかもしれませんね。

ではどの様なものがあるのか詳しく見てみたいと思います。

真似したい人の声を何度も聞く

真似をするという事は、その人の特徴などを捉えなくてはいけません。

そこでその人の声を何度も聞くというような事をすることで練習をすることができます。

例えばアニメのキャラクターであればその声を何度も練習して、同じシーンを何度も見るようにするという事です。

その流れをセリフで覚えるとよりそのキャラクターに演じることができるようになりますが、それをする事で更に声真似をする近道にもなるのです。

キャラクターになりきるというのは先ほども言ったように真似をするという事であるという近道になります。

そして声色も同じです。

同じように喋ったり、声の高さなども変えるとその様になるのです。

真似したい人の声を何度も聞いて練習をするというのはとても良い練習方法なので覚えておくようにしましょう。

声の差を分析する

声の差を分析するというような方法もあります。

自分の声と相手の声というのは必ず違いますよね。

そんな時に声の差を分析することでどれくらい高ければ声真似することができるのか、自分には出せる声量なのかという事も見れると思います。

また声の差を分析することで、他の人の声真似をすることができるのではないかという可能性が見つかります。

例えば自分にはきついと思っていても声優の人というのは多くいます。

声真似をする際にも様々な人が挑戦をしますが、まずは自分ができる声を探していくのが声真似の第一歩です。

どんなキャラクターでも良いので1つ見つけてみると良いかもしれません。

そうすることで声真似をすることがじょじょにできるのではないかと思います。

色々な出し方を試す

色々な出し方を試すことが重要です。

自分の声色を理解したうえで、どの様な声を出すことができるのか、自分の声はどの様にして出すことができるのか、分析をして様々な方法を試すというのも良いです。

例えば鼻をつまむというのも1つの方法でしたよね。

他にも様々な方法があると思います。

例えば上を向いて喋るという事をしたり、その逆をしたりするという事もあるでしょう。

何かしながらでもその声を出すようにしたりと様々な方法というものがあります。

それを試すことで色々な出し方をすることができるようになり、声真似をすることができるようになるのではないでしょうか?

録音して分析する

録音して分析をするという方法もあります。

例えば声真似をする人の声と自分の声を録音してどれほどの違いがあるのかを細かく見るというものです。

家に機材などが揃っているという人は是非この方法も試して欲しいと思います。

高く言っていたりしているところが実は低かったりするというような事もあるのです。

その人の声と自分の声というのは高さなどもそうですが、出しやすい音というものがあると思います。

それをよく分析することもできるので、その違いを見つけだして練習をしてみてはいかがでしょうか?

練習代わりに!声真似し易いキャラクター

そんな練習代わりに声真似し易いキャラクターを何人かお教えしたいと思います!様々な人が経験したことがあるというような声真似をしているのではないでしょうか?例えば代表的なものはミッキーマウスですよね。

他にも様々なキャラクターがいますが、どれも魅力的な声をしているので、つい真似をしたくなってしまいます。

ドナルドダックも実は声真似をしやすいという事に気付きましたか?その理由も知りたいと思いますよね。

ではどの様なキャラクターがいるのか見てみたいと思います。

バズ・ライトイヤー

「宇宙の彼方へさぁ行くぞ!」という名セリフがあるのがこのバズ・ライトイヤーです。

少し低めの声をしていますが、その名ゼリフは誰もが聞いたことがありますよね。

少し声色を低くして、今にも飛ぶぞという意識を持ちながら言うと出しやすいのではないかと思います。

ルパン3世

誰もがカッコイイと思ったルパン三世も実は声真似をしやすいのです。

少し低いようで実は少し軽い口調が特徴なキャラクターですよね。

よく銭形警部のことを「とっつぁん!」と言うようにいいますが、とても声真似をしやすいのではないかと思います。

アナゴさん

「フグ田く~ん」で有名なアナゴさんです。

独特なしゃべり方で、口調も遅いのが特徴ですよね。

少しゆったりとしたイメージなのではないかと思います。

そして何より声が低いです。

男性の方でしたら誰でも声真似をしたキャラクターなのではないかとも思います。

比較的に出しやすく、特徴も解りやすいのでお勧めのキャラクターです!

ミッキーマウス

声は高めですが「ハハッ」というような高い声が特徴のミッキーマウスです。

誰でも一度は聞いたことがあると思います。

とても印象的な高い声ですよね。

コツとしては喉のコツを掴み、少し裏声を出すような感覚で言うとミッキーマウスの声に似るのではないかと思います。

さくらももこ(まる子ちゃん)

ちびまる子ちゃんで有名なまる子ちゃんも声真似しやすいキャラクターです。

女性キャラクターでありながら、声が少し低めなので男性でも比較的に出しやすいのが特徴でしょう。

芸能人の人でも真似をするという人がいましたよね。

とても上手です!まる子ちゃんも特徴が独特なので声真似をしやすいです。

野原しんのすけ

クレヨンしんちゃんでお馴染みの野原しんのすけですが、声も独特ですよね。

少し遅めの声ですが、実は声優さんは女性だという事はご存知でしょうか?

女性であのような低い声を出すというのは凄いですよね!それほどコツというものが必要になりますが、実はしんちゃんも声真似をしやすいのです。

ドナルドダック

ドナルドダックの声真似をする人も多いですが、特徴的なのは「喋る」というような事ではなく「音」として捉えることができるという事です。

「グワッ」というようなアヒル口調の声というのはとても真似をしやすいので是非実践をしてみてください!

目玉おやじ

目玉おやじも声真似をしやすいです。

ゲゲゲの鬼太郎でお馴染みですが、少し高めの声で「おい鬼太郎!」というような事を言うと思います。

独特なしゃべり方もしているので、頭から離れないという人も多いのではないでしょうか?

嫌がる人もいるので声真似は程々に

いかがでしたか?声真似をされやすい人の特徴と声真似をしやすい人の特徴についていくつかお話をしました。

基本的に声真似というのはすれば盛り上がることもありますが、中には嫌がる人もいます。

アニメのキャラクターなどは良いですが、実際に友達の声真似などをしたりするのを聞くと、少し嫌な気分にもなってしまいますよね。

声真似は程ほどにしておくようにして、キャラクターなどの声真似はどんどんしてみてはいかがでしょうか?