今の時代は昔の時代と違い、インターネットの存在により非常に利便性が高い時代になっています。

例えば昔は何か知りたいことがあった場合は自らが足を運んで情報を収集するために行動していました。

しかし、今は何かわからないことがあればインターネットを使って簡単に検索したり情報取得したりすることができるようになっています。

今は誰もがスマートフォンなどは一人一台持っており、簡単にこのような行動ができるようになっていますので、結果的に利便性が非常に高くなっていると断言できます。

また、ものに関してもインターネットが備わりようになっており、遠隔でものを操作したり、指示を行ったりできるようになっていますので、まさに革命が起こっています。

インターネットが生み出したものはこれらだけではなく、人と人とのつながりも今までとは違った形を生み出してくれています。

例えばSNSなどもそもひとつであると考えることができますが、SNSの発達によってさらに生み出されたものの中に流行語やネット用語の存在があります。

これらは今の時代ではかなり使用される割合などが増えており、かなり一般的な言葉に近づいていると言っても過言ではありません。

そこで、今回はインターネットから生み出された言葉であるネット用語に着目し、ネット用語の中でもコミカルな表現が話題になっているグンマーについてご紹介します。

グンマーと聞いてわかる人もいれば、わからない人もいると思いますが、知っていただくととても面白い言葉なので、この機会にどのような言葉なのか興味を持ち、知ってください。

️ネット用語は知ってて当たり前!

インターネットという存在が当たり前になり、インターネット上での交流が盛んに行われる今の時代だからこそネット用語は知っていて当たり前の存在になっています。

先ほどお伝えした通りSNSなどでコミュニケーションを取ったりすることが一般的になっている今は、スマホの画面上で言葉だけで相手と交流を行うことも多いです。

だからこそ、今はやりのネット用語であったり、誰もが知っているようお言葉くらいは知っておかないと恥ずかしい場面になったりする可能性もあります。

特に、よくネットを使用する方や、SNSなどを頻繁に利用される方に関しては知っておいて損はありません。

ネット用語に関しては簡単な表現のものがあれば難しい表現のものもあったりするので、人によってその解釈が難しかったりする場合がよくあります。

なので、この機会に少しでもわからない言葉に対して興味を持ったり、わからない言葉を知ろうとする行動がとれるようなきっかけにしていただければ幸いです。

このネット時代にネット用語を知らないとヤバい


先ほどもお伝えした通り今の時代はインターネットが存在して当たり前の時代になっているので、ある程度インターネット用語に関しては見識を深めておかなければいけません。

もちろん頻繁に利用したりするような言葉ばかりではありませんが、全く使わない言葉ばかりかと言われればそうではありません。

なぜならば、今では若い世代の間ではインターネット用語などは現実の世界で用いられたりする可能性があるからです。

もちろんそれなりの年代の人はインターネット用語などを日常的な会話の中で用いたりすることはあまりありません。

しかしながら、若い世代に該当しているのであれば、ある程度知っておかないと周りとのコミュニケーションを取ったりするときに言葉が通じなかったりすることもあります。

それを踏まえて考えてみるとある程度一般的なネット用語に関しては知っておいた方が絶対的に有利であるということは否めませんよね。

だからこそ、ある程度認知されているようなネット用語は早い段階で知っていたほうが損をすることはないのです。

数えてみればきりがないほど存在しているネット用語ですが、すべてを知るのではなく、あくまで使用率が高いものなどを中心的に知っていただくと効率よく会話ができるはずです。

️「グンマー」の解説

今回紹介するのは「グンマー」

ネット用語については数えてみればきりがないほどたくさんの言葉が存在しているとお伝えいたしました。

では、数え切れないほどたくさんのネット用語がある中で使用率が高く、若い世代の方が知っているような言葉はどのような言葉があるのでしょうか。

今回はグンマーという言葉について着目して、その意味や具体的な使い方などについてご紹介していきたいと思います。

グンマーと呼ばれる言葉に関しては、おそらくあまりインターネット用語に詳しくないか誰でも一度くらいは聞いたことがあるという方はいると思います。

それくらいネット用語の中でもかなり認知度が高い言葉であり、人気が高い言葉であると考えることができます。

なので、この機会にグンマーとはどういう意味があるのか正しく理解し、日常的に用いられるくらいまでこの言葉を理解してみましょう。

️「グンマー」の意味

そもそもグンマーとはどのような意味を持っている言葉なのか不思議に感じている方もいると思います。

しかしながら、グンマーという言葉に関してはあまり意味が難しい言葉ではありません。

日本人であれば誰もが知っているような意味を持っている言葉になりますが、不思議なのはなぜこの言葉がここまで人気なのかということだと思います。

その点も併せてグンマーという言葉が持っている意味、そしてなぜここまで若い世代にグンマーという言葉が人気なのか、その背景についてご紹介していきます。

知れば知るほど、グンマーという言葉のコミカルな意味や面白さなどがより理解いただけるようになると思いますので、細かい意味を把握してみましょう。

意味はそのまま”群馬県”

ここからはグンマーという言葉の意味はどのような言葉の意味を持っているのか?ということについてご紹介していきます。

グンマーとは意外と簡単な意味であり、「群馬県」という言葉の意味を持っています。

などでネット用語の中でも比較的簡単な意味を持っている言葉であると考えることができます。

おそらく初めてグンマーという言葉を聞いた方でもある程度この意味は想像することができたと思います。

しかしながら不思議なのはなぜここまでグンマーという言葉が若い世代に人気なのかということがよくわからないと感じる方がいると思います。

なぜここまで人気なのかということに関して、詳しくご紹介していきたいと思いますが、一言でお伝えすると意味自体というよりもその使い方が着目されている場合がほとんどです。

意味はそのまま群馬県であり、これが特別な意味なのではなく、グンマーという言葉の使い方が面白く、コミカルで若い世代に人気があるのです。

では、なぜグンマーという言葉がコミカルで面白いのか、その意味について詳しく確認していきましょう。

️「グンマー」の由来

ここまではグンマーという言葉の具体的な意味についてご紹介していきました。

ある程度グンマーという言葉の意味について理解いただけたところでここからはグンマーという言葉の由来についてご紹介していきます。

先ほどもお伝えした通り、グンマーという言葉に関してはその意味よりも由来や使い方などのほうが着目されており、意味を持っていると考えることができます。

どういうことかと言いますと、グンマーという言葉を使っている場合、群馬県という意味を略して使うという目的から使われていることは少ないからです。

略す目的で使用されるのではなく、グンマーという言葉を使うことによって楽しい雰囲気になったり、グンマーという言葉を一つの面白い表現として使いことが目的にされています。

では、なぜグンマーという言葉を使うとここまで面白い雰囲気になったり、面白い表現方法として認知されているようになっているのかということについて触れていきます。

群馬県への皮肉的表現

そもそものグンマーという言葉の由来を考えてみると、グンマーという言葉は群馬県の皮肉的表現から生まれた言葉であると考えることができます。

これを理解していないと、グンマーという言葉の表現がなぜ面白いのかということ自体がわからないと思いますので、まずはこの由来について正しく知っておきましょう。

そもそも私たちが住んでいる日本に関しては様々な都道府県が存在しています。

たくさんの都道府県が存在していますので、当然それぞれの都道府県によって特徴なども違いますし、私たちが持っている印象なども大きく違うものになっています。

例えば東京に関して言えば日本の首都であり、大都市でもありますので、多くの方が都会を彷彿とするようなイメージを持っているはずです。

また、大阪などに関しても西の都であり、繁華街なども多く、人が多く明るいイメージを持っていると思います。

しかし、群馬県と聞くとどのように感じるでしょうか?

おそらく、実際に群馬県に足を運んだことがない方からしてみると、少し田舎っぽいようなイメージを持ったりすることが多いと思います。

もちろん田舎っぽいイメージの都道府県は数多く存在していますが、その中でも群馬県はよくその代表例として挙げられており、実際にいくつかのギャップなどが存在する県です。

では、具体的になぜここまで群馬県がネタにされてしまっているのかという理由についてご紹介していきたいと思います。

首都圏である群馬県

群馬県がグンマーとよばれるような皮肉的表現がされてしまう理由の一つとしては「群馬県が首都圏である」ということがひとつの理由になっています。

そもそも首都圏とは首都及びその周辺地域を一体した広域の事を指し示している言葉です。

つまり一般的には各国の国家中枢機能を要する首都及びその周辺の地域のことを意味しており、日本の首都である東京の周辺に群馬県が存在しているという意味になります。

では、なぜこれがグンマーと呼ばれる皮肉的表現に関わっているのかということに触れていきます。

一般的なイメージとして首都圏の中に存在しているということを考えてみると、かなり都会であるということをイメージする方がとても多いと思います。

その国の一番の主要都市の付近であるということを考えてみると、だれもがこのイメージを持つのは当たり前であり、当然の考え方になりますよね。

実際に群馬県は首都圏であり、東京の上に埼玉県があり、その上に群馬県が存在しています。

なので、埼玉県をはさんで、東京という位置づけになっているので、かなり東京に近い場所に存在しているということになります。

しかしながら東京から近いということが結果的に群馬県グンマーと呼ばれる皮肉的表現につながっている大きな理由になっています。

なぜなのかといいますと、先ほどもお伝えしたように、首都圏と聞くとだれもがかなりの都会を想像したりする場合がほとんどです。

しかし、実際はそこまで都会ではなく、大きなイメージギャップが存在するのが現実なので、それが皮肉的表現につながっており、グンマーと呼ばれる所以になっているのです。

しかしいまいちパッとしない


群馬県がグンマーと呼ばれるような皮肉的表現がされてしまうほかの理由として、「いまいちぱっとしない」ということも大きな理由につながっています。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えしたように群馬県は首都圏の中に入っている都道府県になります。

なので一般的には都会をイメージされやすいのですが、実際は目立った特徴がなく、さらに田舎ということもあり、これが大きなギャップになり皮肉的表現につながっています。

ここでポイントになっているのがあくまで首都圏の中に入っているということが大きな理由の一つになっています。

一般的に考えて日本に存在している都道府県の中で田舎のイメージを持っている都道府県は数多く存在しています。

なので群馬県だけが田舎というわけではないですが、ここまで群馬県だけがピックアップされているのかというと、首都圏の中に入っているということが大きなポイントなのです。

首都圏の中に入っていながら、田舎であり、さらにいまいちパッとしないような都道府県であるということが組み合わさって初めてグンマーと呼ばれる名称がイメージできるのです。

なので、群馬県がいまいちパッとしないということがグンマーと呼ばれる大きな理由になっているということも意識しておいてください。

しかしながら、実際は群馬県にも様々な魅力などが存在していますので、その点に関してはのちほどご紹介していきます。

未開の地「グンマー」

群馬県がグンマーと呼ばれるようなギャップを持っている場所であるということについて詳しくご紹介していきました。

ある程度理由が把握できたところで、そもそもなぜグンマーという名称になっているのかという由来についてご紹介していきます。

インターネットで検索していただければすぐにわかるのですが、群馬県はグンマーというような未開の地の設定で記載されている場合がほとんどです。

これはなぜなのかといいますと、先ほどもお伝えした通り、群馬県はそれなりに田舎の県になりますので、首都圏という言葉と大きなギャップを持っています。

なので、それが誇張されて表現されてしまった結果になっているということになります。

本来はネットで言われているような設定とは関係なく、一般的な田舎の県ですが、面白くするためにおかしな設定などが付け加えられるようになっています。

その結果、日本の中にある県なのに、まるで外国にあるような未開の地のような設定で呼ばれるようになり、名称などもグンマーという外国風の設定になっているのです。

なんとなくミャンマーを彷彿とさせるような名称になっており、未開の地や発展途上国のような烙印を押されてしまっているということが現実になっています。

しかし、あくまでこれらは架空の設定であり、実際の群馬県とは何ら関係性がありませんので、あくまで面白おかしく設定されたものという認識を持つようにしてください。

外国風の呼び名が誕生

そもそも、なぜ群馬県がグンマーと呼ばれるような外国風の呼び名になってしまったのかという理由についてさらに詳しくご紹介していきます。

そもそもの理由としては、先ほどもお伝えした通り、首都圏にあるのにかなりの田舎ということが大きなギャップを呼んでいることが理由になっています。

そして、先進国である日本の首都圏であるとは考えられないということから、過剰なまでに発展途上国のような設定を付け加えられているということになっています。

例えば、具体的には半裸の人間が住んでいるという設定であったり、野生の動物などが生息しているという設定のようになっています。

簡単にイメージするとすれば、首都圏の中にぽつんとアフリカが存在しているようなイメージの設定という風になっているのです。

なので、結果的にグンマーとよばれるような外国風の名称がつけられているというひとつの理由になっているのです。

発祥は2ちゃんねる

群馬県がグンマーと呼ばれるような由来や背景などについて簡単にご紹介していきました。

グンマーと呼ばれるような由来や背景などについて理解いただけたところで、ここからはグンマーとよばれるようになった、そもそもの発祥についてご紹介していきます。

群馬県がグンマーと呼ばれるようになったそもそもの発祥としては、インターネット掲示板である2ちゃんねるが元になっているといえます。

2ちゃんねるからどのようにしてグンマーと呼ばれるようになったのかというと、元ネタとしては「腹筋が痛くなるほどじゃないけどクスッと笑った時58」のスレが原因です。

これはその名前の通り少し面白いなと思ったようなエピソードを書き込んでいくようなスレであり、この中の書き込みが発祥になっているということになります。

検索いただければ全て確認いただけますが、簡単にお伝えすると群馬県出身の見た目が外国人の日本人男性が職質を受けたというエピソードになっています。

そして、最終的に免許証を見せて事なきを得ますが、皮肉的に自分のあだ名をネパールからグンマーになったという一文を付け足しているのが発祥元になっています。

まるで外国のような表現にすることで、だんだんその面白さが認知されていき、たくさんの人に認識されるようになりグンマーという言葉が生まれるようになりました。

面白おかしくネタ扱いされている

群馬県がグンマーとよばれるようになった発祥ネタを理解いただけると、グンマーがそもそもウケ狙いで作られたものだということがお分かりいただけるはずです。

なので、結果的にグンマーという言葉自体が面白い表現の一つであるということで多くの方に認識されているようになっています。

そこから様々な設定が付け加えられるようになったりして、今現在あるようなさまざまな面白おかしい設定になっているということになります。

魔境だと呼ばれたり、戦争が行われているというような途上国のような設定などもすべてそれが原因であると考えることができます。

しかしながら、これらはあくまで架空の設定であり、本来は全く関係ないものばかりです。

もしも群馬県出身の方が近くにいらっしゃるのであれば、ある程度配慮しないと険悪なムードになってしまう可能性もありますので、その点には十分注意をするようにしてください。

️グンマーの5つの魅力

ここまでのグンマーという言葉の由来などについてご紹介していきましたが、あくまでこれらは架空の設定であり、本来の群馬県とは異なった認識のものになります。

なので、ここからは実際の群馬県の魅力などについてご紹介していきたいと思います。

ここまでの内容を踏まえて考えてみるとあまり群馬県は魅力的なものがなく、特徴的なものがないというイメージになってしまうと思います。

しかしながら実際の群馬県は様々な魅力や特徴などが存在している県であると考えることができます。

間違った認識を持たないためにも、群馬県にはどのような魅力的なものが存在しており、どのような特徴が存在しているのか把握しておきましょう。

温泉

まず初めにご紹介する群馬県の魅力の一つとしては「温泉」が存在しています。

群馬県には様々な温泉施設が存在しており、子供からお年寄りまで楽しむことができるような観光スポットである温泉が様々な存在しています。

様々な温泉が存在する中でかなり有名な存在としては草津温泉が人気度も高く有名な場所であると考えることができます。

日本には様々な温泉施設が存在しており、各地の有名な温泉がありますが草津温泉は日本を代表する名泉の一つとしても考えられています。

実際に、草津温泉は日本の中でも三大名泉と呼ばれているような存在であり、多くの方が足を運んでいるような温泉施設でもあります。

一般的な温泉も存在していますし、ちょっと疲れた時に足を休ませることができる足湯なども存在していますので、疲れを癒すにはもってこいの場所です。

草津温泉は草津白根山の付近にある温泉でもあり、最近では噴火の影響などもありましたが、現在は問題なく営業を行っています。

気になる方がいれば、是非一度足を運んでいただければ癒しの時間を得ることができると思いますので、興味がある方は利用してみてください。

ぐんまちゃん

次にご紹介する群馬県の魅力の一つとしては「ぐんまちゃん」が存在しています。

ぐんまちゃんとはどのような存在なのかといいますと、ぐんまちゃんとは群馬県のマスコットキャラクターであると考えることができます。

日本に存在している各都道府県ではマスコットキャラクターを起用することで、それぞれの県の印象などを高めたり、知名度をアップさせようとしています。

その結果、ぐんまちゃんとよばれるような馬のマスコットキャラクターが生まれており、かなりかわいいデザインなので女性に大人気となっています。

このかわいいマスコットキャラクターの存在も群馬県を盛り上げているひとつの要因になりえると考えることができます。

また、群馬県の公式ホームページにおいては許可を取れば群馬県のマスコットキャラクターのぐんまちゃんをデザインに使用することができます。

なので、何かしらのイラストを制作するときに利用したりすることもできますので、利用したい場合は許可を取り利用してみてください。

現在はマスコットキャラクターとして様々なグッズなども販売されていますので、足を運んだ際にはお買い求めてみてください、かわいいグッズなのでお土産にも良いと思いますよ。

ゲレンデ

次にご紹介する群馬県の魅力の一つとしては「ゲレンデ」が存在しています。

群馬県といえば大きな魅力の一つの中にスキーを楽しむことができるという魅力があり、冬の時期には大きな楽しみにつながっています。

群馬県ではスノーリゾートなどがいくつも存在しており、なおかつ交通の便もかなり良いことで知られており、たくさんの方に利用されています。

大人の方が楽しめるような上級コースもあれば、子供が楽しめるような初級コースなども設定されていますので、初心者の方でも経験者でも関係なく楽しめるようになっています。

また、家族みんなで楽しんだりすることができるようになっていますので、気になる方は足を運んでいただくとより魅力的な時間を過ごせるようになるはずです。

大人の方でも、5.000円程度でおつりが返ってくるような料金設定になっている場合がほとんどなので、そこまで高額な料金でもありません。

なので、スノースポーツが好きな方は群馬県で楽しい思い出を作っていただけると、楽しい思い出を作れるようになるはずです。

上毛三山

次にご紹介する群馬県の魅力の一つとしては「上毛三山」が存在しています。

上毛三山とは、日本の群馬県の中にある赤城山、榛名山、妙義山の3つの山を合わせた名称とした知られています。

ちなみに、上毛三山という名称である上毛という言葉は、上毛野という言葉の略であり、この言葉は群馬県の昔の呼び名でもある上野国という言葉を意味しています。

このように歴史があるような山々が存在しており、これらの群馬県の大きな魅力であり、観光スポットとして考えられています。

これらの山々はかなり存在感が大きく、群馬県の市街地からでも確認したりすることができるほど大きな山々になっています。

群馬県の駅伝大会などでもそのコースなどが利用されていたりと地元の間では非常に愛されているような存在でもあるということがわかります。

山登りが好きな方は山に登るだけでもその魅力を感じたりすることができると思いますし、山登り以外にもこの山の周辺に魅力的な観光スポットがたくさん存在しています。

道の駅なども存在していたり温泉なども存在していますので、山の観光をしながら、様々なほかの観光なども併せて行うことができます。

緑があふれ、きれいな湖なども存在していますので、自然の優しい景色に癒されたいという方にはもってこいの場所なはずです。

都会の喧騒から離れて、少し落ち着きたいときには群馬県の自然に触れてみるのも一つの方法だと思いますので、利用してみてください。

焼きまんじゅう

次にご紹介する群馬県の魅力の一つとしては「焼きまんじゅう」が存在しています。

意外と知られていないことが多かったりするのですが、群馬県では焼きまんじゅうがとても有名であると考えることができます。

焼きまんじゅうは群馬県民が愛しているような名物料理として考えられており、老若男女様々な人から愛されている料理です。

そもそも群馬県は小麦がよく取れる気候であることから、粉物文化が発展している場所として知られています。

その延長線上に焼きまんじゅうも存在しており、焼きまんじゅうとは中身が入っていないの素のまんじゅうに専用のたれを塗り付けた料理です。

群馬県以外の場所ではなかなか目にかかることもありませんし、食べたりすることもなかなかできないので観光の目玉として人気になっています。

その人気の魅力としてはやはりたれであり、専用のみそだれなどをつけて食べたりするのが一般的になっています。

何度も何度もたれをつけてしっかりと焼き目をつける工程を行っているので、しっかりと味が染みて非常に魅力的な味わいになっていることで有名です。

場所によっては歴史がある場所も多く存在しており、いろりなどがある店内で食事をすることができる場所も多く存在しています。

なので、群馬県に足を運んだ際には必ず忘れてはいけないような魅力的な郷土料理であるということを覚えておいてください。

️グンマーの魅力は伝わりましたか?

今回は群馬県の別の名称であるグンマーという言葉をテーマにして、グンマーの意味や由来、群馬県の魅力などについてご紹介していきました。

グンマーという言葉はどこか面白おかしく表現されているような言葉になりますので、使用する際には注意が必要ですが、場合によっては雰囲気を盛り上げることもできます。

使い方次第ですが、使う際にはまず群馬県の魅力をきちんと把握した上で使用することが大切です。

それを踏まえて、群馬県に対する尊敬を持ったうえで使用するようにすれば悪い雰囲気になったりすることもないと思います。

グンマーという言葉、そして群馬県の魅力を知り、機械があれば群馬県に足を運んで楽しい思い出を作ってみてくださいね。