皆様は人と話すときにはいったいどのような特徴が気になるでしょうか。

その人の表情が気になるという人も言えば、その人の口調が気になるという人もいますよね。

人間は言葉と言葉でコミュニケーションを躱す生き物ですから、相手の印象を答えなければいけないときに、印象に残っているのが顔や声だけではなく口調であるということもあります。

例えば顔などはすぐに忘れてしまう人もいますが、口調は何となく完全に覚えているという人もいるのではないでしょうか。

口調を作り出す要因には様々なものがありますが、口調を決める一つの要因となっているのがその人の滑舌の良さです。

良い場合にはあまり気にならないかもしれませんが、悪いというときには何となくその滑舌の悪さが印象に凝ってしまうということもあるでしょう。

「この人、滑舌が悪いな」というのはある意味でとても強烈な印象であり、その人を作る要素の一つとなるのです。

最も、人を覚える、人の特徴の一つとしてインプットするときには良いかもしれませんが、その特徴を持っている人にとっては良いことばかりではありません。

ここでは、滑舌の悪い人に注目して、滑舌の悪い人緒の「あるある」などをご紹介します。

また、滑舌の悪さが必ずしも自分にとっての完全なデメリットになるわけではないという点についてもご説明したいと思います。

自分の滑舌の悪さについて悩んでいる人は、ぜひ一度見てみてください。

滑舌の悪さが気になる

人によって滑舌は異なります。

滑舌が良い人はあまり滑舌の良さ悪さについて考えたことがないかもしれませんが、滑舌が悪い人にとってはそれは悩みの一つです。

自分で気づいていたとしてもそれを直すのは難しいですし、直そうと思っていても普段の会話のスピードの中では気を付けきれないところがあるでしょう。

例えば口調が気になっている人の場合だと意識一つで変えられるところもありますが、滑舌の場合はそうもいきません。

簡単にトレーニングする方法などもありますが、速攻で聞くわけではありませんし、喋るのが何となく恥ずかしいという気持ちになることはあるでしょう。

特に、初対面斗の人の場合でははっきり喋ろうと思っていても、滑舌の悪さの所為で印象を悪くしてしまっているのではないかと思う人もいるのではないでしょうか。

滑舌の悪さが気になっているのは自分だけのような気がしているかもしれませんが、意外と自分の滑舌の悪さに悩んでいる人はいるものです。

自分だけが目立っているわけではないとまずは知ることで、少し気が楽になるのではないでしょうか。

そして、気が楽になるということはリラックスして話すことができるようになるということなので、そのおかげで少し滑舌の悪さが改善されるということもあるかもしれませんね。

滑舌悪い人の困ってることあるある10選

滑舌の悪い人は普段の生活の中で困っていることがいくつもあるのではないでしょうか。

普段の生活の中で困っていなければ何の問題もありませんが、生活の中でも何となく困ってしまうことがあり、それがなければともかく、それがあるからこそ滑舌の悪さが身に沁みて分かってしまうということもあるのです。

ここでは、滑舌が悪い人が普段経験しがちな「あるある」についてまとめてみました。

滑舌が悪い人にとっては「ああ!それはある!」と頷くことができるものばかりでしょう。

一方で、滑舌が良い人にとっては、滑舌が悪い人の気持ちを理解することができないと思っているかもしれません。

ですがここを読んでみると、大体、どんなことで滑舌の悪い人が悩んでいるのかということを想像できるのではないでしょうか。

いつも「え?」と聞き返される

滑舌の悪い人のデメリットの一つとしては、話しの最中に聞き返されることが多いということがあるでしょう。

滑舌の悪さというのは、悪いというだけで害がないわけではなく、聞き取りにくいという欠点があります。

もちろん、どの行に滑舌の悪さが出ているのかということによっても異なるかもしれませんが、耳があまり良くない人と滑舌が悪い人の組み合わせは最悪だと言えるでしょう。

お互いに何も悪くないのに、聞き返す回数が多くて険悪で気まずい雰囲気になってしまうということもあるはずです。

いつも聞き返されているうちに「こんな喋り方がいけないんだ」と突き付けられているようで辛いという人もいるのではないでしょうか。

もちろん、話が分からないままになっているよりは聞き返される方がましですが、特に偉い人と話しているときなどに「え?もう一回言ってくれる?」などと言われると、かなりショックだということも多いでしょう。

滑舌の悪さをイジられる

滑舌の悪い人が苦労している点としては、その滑舌の悪さをいじられることが多いということです。

特に子供のころは喋り方を真似されてかなり悔しい思いをしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。

大人になってからも子どものまま精神年齢が成長していない人がたくさんいますから、そういった人たちと接している限りは、口調をまねられて滑舌の悪さをいじられるという状況から離れることはできません。

また、自虐ネタとして話しているような人であったとしても、他人から滑舌の悪さを揶揄われていじられるということに対して、平常心でいられる人はいません。

やはりどこかで恥ずかしいという想いもありますし、悔しいという気持ちもあるでしょう。

馬鹿にされている気分でたまらなくなってしまうこともあるはずです。

人は、外見や容姿で相手を揶揄うような子とはしてはいけないということは身についても、滑舌の悪さで人を揶揄ってはいけない、ということはあまりに身につかないのではないかと考えてしまうこともあるはずです。

話をちゃんと聞いてもらえない


話をきちんと聞いてもらえないということもあるようですね。

これは相手の態度ももちろん悪いのですが、あまりに滑舌が悪いので、途中で聞くのを諦めてしまうというパターンなのです。

途中で聞くのを諦めるというのは、相手も悪気なくしてしまうということがあります。

むしろ、善意から途中で聞くのを諦めるのです。

話を聞いていても全く聞き取れないような場合には、聞き返すと「あなたの話は聞き取りにくくて全く分からなかった、もっとはっきり話してほしい」と言っているような気分になります。

これは、滑舌の悪い人に対しては言いにくいものです。

大きな声でということは言えたとしても、なかなか滑舌の悪い人に対して何度も何度も聞き返すのは失礼にあたるかもしれないと思ってしまうのです。

そのために、途中で話を聞くのを諦める、最初からあまり聞こうとしないという態度に出てしまうのではないでしょうか。

また、滑舌の悪い人はどこか舌足らずな印象を与えてしまうので、真剣なように聞こえないというところも問題の一つなのかもしれません。

人前に出るとき恥ずかしい

滑舌が悪い人は、人前に出るのを避ける傾向にありますね。

人前に出たときに自分の滑舌の悪さを披露するのが蓮かしいと思ってしまうのです。

特に、スピーチなどをしなければいけないというのはかなりつらい気持ちになるものでしょう。

これは、大勢の前なくても、偉い人の前であったり、初対面の人の前であったりと様々です。

人前に出るときにははきはきと分かりやすく話した方が印象が良いとあからさまに言われることもありますし、滑舌の悪さからしてその要件を満たすことができないと思い始めると、とにかく人の前に出るのがおっくうになります。

また、人の前で話しているときに、自分の滑舌が気になって、内容に集中できないということも怒ってしまうかもしれません。

滑舌が心の枷になってしまうということですね。

意識しすぎてうまく喋れない

滑舌が心の枷になっているということであれば、意識しすぎて余計にしゃべれなくなるというのも滑舌が悪い人のあるあるに数えることができるでしょう。

滑舌が悪い人は、自分でもそれを自覚している場合、できる限りはっきり喋ろうとして緊張してしまうことがあります。

緊張しているときというのは、滑舌が良い人であっても、何となく舌足らずな喋り方になってしまいますし、咬みやすくなります。

これは、下が緊張してしまっているので当たり前の話だと言えるでしょう。

ところが、これを滑舌が悪い人で考えてみると、元々滑舌が良くなくて悩んでいるのに、意識しすぎていつも以上に酷くなってしまうというようなことが起こります。

いつも以上に酷い状態になっている自分を自覚すると、さらに恥ずかしくなって身体が緊張します。

それでさらにひどくなっていってしまうというように、何も良いことがありません。

急ぎの連絡なのに時間を取る

滑舌が悪い人は、急ぎの要件を伝える役としてはあまり役に立たないと言われてしまうことが多いでしょう。

はっきりと相手に分かりやすく伝えようとすると、どうしても意識して話す分だけ口調が遅くなってしまいます。

これでは急ぎの要件なのに時間がかかってしまうのです。

ですが、逆に早口で言おうとすると何をしゃべっているのか全く分からないということも起きてしまいます。

つまり、どちらにしても良いことがないということになるでしょう。

急ぎの要件を伝えなければいけない時には、いつも以上に緊張してしまって滑舌の悪さを呪いたくなるというのは、滑舌の悪い人には頷いてもらうことができるところなのではないでしょうか。

印象が悪くなる

滑舌が悪い人の悩みとしては印象が悪くなってしまうということがあります。

人間は第一印象で明るくて爽やかであれば、その人に対する印象が良くなります。

ところが、相手が何を話しているのか分からなかったり、わざとやっているのか分からないくらいの舌足らずな話し方を聞いていると、何となく印象が悪くなってしまうのです。

パッと見て、少し接しただけで印象が良いというのは、やはり、はきはきして分かりやすい人です。

初対面で「この人とはコミュニケーションを取るのがあまりに難しそうだ」と思ってしまうと、そこで印象悪くなります。

面倒くさそうなのであまり関わりたくないと心が勝手に判断を下してしまうのです。

この評価を恐れて、滑舌の悪い人が思い悩んでしまうということも珍しくはありません。

自分の声に自信が持てない


滑舌の悪い人は口調もそうですし、声にも自信が持てないということがあるでしょう。

声も特徴的であることが多いために、自分の話している声がとにかく嫌いだということになってしまうのです。

最も、録音した自分の声を聞いて普通に正気でいられる人は少ないかもしれませんが、特に滑舌の悪い人はその傾向があります。

滑舌が悪い人の場合には、録音した自分の声はもちろんですが、普通に自分の耳を通して聴いている肉声であったとしても自信が持てない、嫌いだと言ってしまう人が多いのではないでしょうか。

軽く会話ができない

滑舌が悪い人にとっては、話をするということ自体がとても大変な労働となってしまいます。

相手が自分の言葉を聞き取ることができるように話さなければいけないと思うと、心にプレッシャーがかかってしまうからです。

自分の心の負担が多くなってしまうので、会話というものは常に疲れるものであるという認識になります。

喋るだけで疲れてしまうのなら、できる限り話したくないと思うものですよね。

そのために、滑舌の悪い人は軽く会話をするということがとても苦手です。

それほどはっきりと考えて喋るわけでもなく、ただ想いのままに軽くする会話の中では「え?」と聞き返されて、何度も繰り返すと恥ずかしいという発言内容も多いでしょう。

対して考えながら話しているわけでもないので「そんなに何度も言うほどのことでもないんだけど」という気持ちになるのです。

一方で、相手が「そんなに何度も聞くほどのことでもなかったな」と思っていることも想像されて、いたたまれない気分にもなるのです。

だからこそ、滑舌が悪い人にとっては「軽く会話をする」ということはかなり難しい課題になるのではないでしょうか。

たまに自己嫌悪して落ち込む

滑舌が悪い人にとっては、自分の声はコンプレックスです。

人間はできる限り自分のコンプレックスを人に知られないように動こうとするものでしょう。

ところが、滑舌が悪い人の場合には、そう簡単にコンプレックスを隠すことはできません。

コミュニケーションは社会生活の中で必要になるので、常にコンプレックスを晒していることにもなるでしょう。

毎日の会話にいちいち落ち込んでいることはできませんが、時々自分の滑舌の悪さに自己嫌悪で落ち込むということはよくありそうですね。

特に、「この人はこんな話し方をする」という何らかの表象がない、初対面の人と話した後などには激しい自己嫌悪に陥ってしまうということもあるのではないでしょうか。

滑舌が悪いこのメリットもある

滑舌が悪いというのはあまりメリットがないことのように思われるかもしれません。

もちろん、これまで「あるある」でご紹介したように、確かに滑舌が悪いことで色々なデメリット感じている人はたくさんいるはずなのです。

ですが、一方で、滑舌が悪いことがむしろメリットになってくれるということもあるのです。

このメリットは、あまり人から面と向かって言及されるようなことがないので気が付かないかもしれませんが、実は、普段の生活の中でちょっとした徳のようなものになっているかもしれません。

ここでは、滑舌の悪い人のメリットについて見てみることにしましょう。

喋り方で覚えてもらえる

まず、滑舌が悪い人のメリットは、喋り方で覚えてもらうことができるという点なのではないでしょうか。

顔だけでインパクトを与えられる人はなかなかいません。

また、声も人間はとても忘れやすい生き物ですから、声だけでインパクトを与えても、相当に特徴のある声でなければ記憶には残らないでしょう。

次に出会う時までに「こんな人」と特徴を覚えておいてもらうというのは意外にも難しいもので、たとえ美人であったとしても「美人だったはず」というあいまいな印象しか残らないということもあるでしょう。

ですが、喋り方だけでインパクトを与えることができるのが滑舌の悪い人なのです。

現代は生涯を通して数々の人と出会っていくこととなり、コミュニケーションがとても重要だと言われる時代になっています。

そんな中で初対面の人に喋り方で覚えてもらうことができるというのは、ひそかに自分の支えとなってきているに違いありません。

喋り方できちんとインパクトを与えることができて、かつ、次に会う時までにきちんと覚えておいてもらえるというのは、人が溢れた世界の中では大きなメリットとなるはずです。

喋り方に特徴が合って自分の声も口調も嫌いだという人が多いですが、その一方で、誰も指摘してはくれないけれど、身を助けている部分もあるのかもしれません。

甘えてるみたいでかわいい

滑舌が悪い人は、どこか舌足らずな印象を与えることができます。

この舌足らずな印象というのは、赤ん坊を思い出させるものですよね。

小さな子どもというのは、なかなか覚えたての言葉を使いこなすことができずに、あまりうまくしゃべることができないのです。

どこかそんなイメージも思い浮かぶような滑舌の悪さは、可愛らしく甘えられているような気分になれるというのがメリットでしょう。

これは特に女性に言えることですが、可愛く甘えるというのは意外と難しいもので、声だけでそれを実行することができるのなら、それは女性としては大きなメリットとなるのではないでしょうか。

声だけで相手を魅了することができるということにもなるのです。

わざと男性の前でそういった声を作っているのなら同性から嫌われるかもしれませんが、女性の前でも変わらない自然な喋り方がそれなら、同性からもそれほど嫌われることがありません。

わざと作っているのではなく自然な喋り方で可愛らしく甘えているようにできているのなら、ある程度の年齢まではかなり大きな武器となるかもしれませんね。

滑舌悪くても活躍している人はいる

どんなにメリットがあると言われたとしても、それはやはりプライベートなどで若干得をするだけであって、人の前に立つ職業などはなかなか向いていないと感じてしまう人もいるかもしれません。

確かにアナウンサーなどの場合にはある程度滑舌の良さは必要ですし、スピーチなどが多い人も、きちんと言葉を相手に届けることができるという状況を作り出すことができることが望まれます。

滑舌の悪い人は、それができないために、人の前立ったり話したりする職業は全く向いていないと諦めてしまっているかもしれません。

また、それだけではなく、できる限り人と話さないようにしているという人までもいるかもしれませんね。

ですが、ここでひとつ考えてみてほしいことがあります。

皆様が普段からよく見ている、例えばテレビの中で見ている人というのは、本当に滑舌が良くて聞き取りやすい人ばかりなのでしょうか。

人前に立つ芸能人も滑舌が悪い

人前に立つ芸能人の中にも滑舌の悪い人はたくさんいます。

誰もが明快な口跡を誇っていると言うわけではなく、一般人よりも滑舌が悪くて聞きにくいという人も少なくはありません。

それでもテレビを見ているときに気にならないのは、最近のテレビにはテロップが出ている殻であり、そのテロップなどを手掛かりとして勝手に脳が修正したり、穴埋めをして理解しているからなのです。

実は普通に面と向かって話しかけられたら、何と言っているのか分からないという人もいるのではないでしょうか。

テレビの前に立って、もしくは大瀬の人たちの前に立って話をしている芸能人でも滑舌に難がある人がいるのです。

まして一般人がそれほど滑舌を悩む必要はありません。

最も、芸能界に出ている人であまりにも声が小さくて聞き取れない、自信のなさから声が出ないということはないでしょうから、そういった発声の方で滑舌の悪さを助けているということはあるでしょう。

そうした面での違いはあるかもしれませんが、滑舌の悪い一般人が全く喋らない職業などにつかなければいけないのかというとそういうわけでもない、というのが芸能人の方たちを見ていると分かるのではないでしょうか。

滑舌悪い芸能人といえば

もちろん、芸能人の方たちの中には、できる限り分かりやすい話し方するということを心がけている人もいるでしょう。

きちんと喋りでエンターテインメントを作り出すというプロですから、そういった面ではきちんと工夫をしているはずですし、ある程度の経験値というものもありますから、それが身を助けているということもあるはずです。

ですが、それだけではないという例も、これから下記でいくつかご紹介します。

滑舌の悪さをネタにしている芸人

逞しいもので、滑舌の悪さというのはとても印象に残りますから、滑舌の悪さをネタにしている芸人さんというのもいるのです。

こういった人たちを見ていると、自分の滑舌の悪さが笑われているようでいたたまれない気持ちになるかもしれませんが、それでも滑舌の悪さを武器にしているところを見ると、その強さが欲しいと思ってしまうような人たちでもありますよね。

諸見里大介

諸見里大介さんは滑舌の悪さを売りにしている芸人さんですね。

かなりインパクトに残る話し方をしているようで、これには病気が原因しているとも言われています。

もちろん、自然な滑舌の悪さだけではなく、お笑いの中で生きていくためにある程度は作っている部分もあるのかもしれませんが、やはり滑舌の悪さでかなり有名になった芸人さんらしいインパクトだと言えるでしょう。

もう結婚されていますが、その結婚の挨拶の際にも滑舌を気にした言い方をするように言葉を考えるなどの工夫をされたようです。

ロッチコカドケンタロウ

ロッチのコカドケンタロウさんも滑舌の悪さに悩んでいたようですね。

滑舌の悪さはもちろん、芸人さんとして自分のネタの中で生かしてきたようではありますが、やはり気になって専門の手術も受けているようです。

もし手術なども考えている人がいれば、ロッチのコカドケンタロウさんの体験談なども調べてみると良いかもしれませんね。

三四郎小宮浩信

三四郎の小宮浩信さんも滑舌が悪い芸人さんとして知られています。

自分でも滑舌の悪さは自覚をしているようで、その滑舌の悪さのために、西友の仕事が来たときにはかなり驚かれたそうですね。

苦戦されたようではありますが、前向きに滑舌の悪さを仕事で使っているような印象を受ける人だと言えるのではないでしょうか。

スリムクラブ真栄田賢

スリムクラブの真栄田賢さんも滑舌が悪いようですね。

どこか声質に問題があるように思われますが、やはり聞き返されたりと声にコンプレックスがある人にとっては、何となく親近感の湧く人だと言えるのではないでしょうか。

何が原因でそういったことになっているのかということについては諸説あるようですが、どちらにせよ、最近声質が変わったというようなわけではないようです。

ウーマンラッシュアワー村本大輔

ウーマンラッシュアワーの村本大輔さんも滑舌が悪く、咬んでしまうことが多い芸人さんであるようです。

最もネタの中ではかなり頑張っているようで、それほど滑舌の悪さを全面には出していないようですが、普段の生活の中では滑舌の悪さが出てしまうことは多いようです。

特に早口には苦労されているような話もあり、良く噛んでしまう人などは参考にしたいと思っているところもあるのではないでしょうか。

こんな大御所芸能人も滑舌が悪い

芸人さんだけではありません。

大御所と呼ばれる芸能人であっても、それほど滑舌が良くないという人は多くいるでしょう。

大御所という格があるからこそ普通に受け入れているけれど、喋っている口調だけを抜き出すと何をしゃべっているのか分からない状態の人もいるかもしれませんね。

そういった人たちを見ていると、自分もあまり気負う必要はないと思えるはずです。

ビートたけし

ビートたけしさんの話口を知らない人はいないでしょう。

特徴のある話し方だと感じる人もいますが、話口だけを取り出してみると、かなりくぐこもった喋り方をしているはずです。

面と向かって話していると、たぶん、何度か聞き返してしまうだろうということが想像できますね。

最近では滑舌が悪すぎて何を言っているのか分からないという声も大きくなっていましたし、割とよく知られた話のようですね。

黒柳徹子

黒柳徹子さんもあまり滑舌が良いようには聞こえませんよね。

独特の口調に慣れてしまえばだいぶ聞き取ることができますが、初めて聞いた人にとってはインパクトのある滑舌の悪さなのではないでしょうか。

慣れてしまってあまり気にならなくなっているという方は、改めて、自分の場合でも慣れてしまえばそれほど周囲の人は気にしていないと考えることにすると良いでしょう。

滑舌の悪さもひとつの味!

いかがでしたか?
滑舌の悪さはそう簡単に直すことができるものではありません。

もちろん本気でトレーニングを積めばある程度は直すことができるかもしれませんが、それでもすぐに直すことはできません。

そうなってくると、だんだんと話すのが恥ずかしくて嫌になるという人も出てくるでしょう。

それはもちろん、口調が人に与える印象を左右するということが分かっているからです。

自分の口調や滑舌が人に強烈な印象を与えてしまうということを恐れてのことです。

ですが、その滑舌の悪さはある意味で、一つの味となると考えることもできるでしょう。

世の中には色々な人がいて、誰かにインパクトを与えることができる人間というのは限られています。

滑舌が一つの味であるということを考えると、それを前向きにとらえて、自分の特色の一つであると受け入れてあげることが一番です。

もちろん、自分の滑舌が聞き取りにくいということを理解しているのなら、きちんと大きな声で話すように心がけるなどの努力は必要です。

ですが、自分の話し方に自信がなくて俯いているよりは、きちんと顔を見て印象を残すように話してくれた方が、相手も気持ちが良いでしょう。

滑舌の悪さを気にしている人にとっては最初はそう考えるのも難しいかもしれませんが、世の中にはたくさんの人がいて、必ずしも全員が滑舌の良さを持っているわけではありません。

中には自分とは違う場所に滑舌の悪さが出ている人もいるでしょう。

あまり気にしすぎることなく、一方で、きちんとできる場所では少し大きめの声で話すなどの努力はしつつ、うまく自分の特徴を受け入れて生きてあげることが大切ですよ。

【滑舌が悪い原因と、改善する方法は、こちらの記事もチェック!】