私たち人間にとって欠かせない存在であり、魅力的な時間とはどのような時間なのかと考えた時に、広く多くの人に該当するものとしては食事が存在していると言えます。

なぜならば、私たち人間が生きていく上で食事をするということは絶対に欠かせない行為であり、なおかつ生きる上で非常に楽しい行為でもあると言えるからです。

そんな私たちにとって魅力的な時間である食事の時間ですが、ご飯を食べるということは当然ながらご飯を作らなければいけませんよね。

つまり、料理をしなければいけないということなのですが、毎回自炊を行っているという方にはよく理解いただけると思うのですが、料理の作業の中には難しい工程が含まれたものであったり、面倒な作業などが含まれている場合が多くあります。

その中の一つに、時間配分が難しく、調理が面倒なものとしてゆで卵の湯で時間が存在しています。

普段日常的に料理を作っている方はおそらくゆで卵を作った経験があると思いますが、ゆで卵を作る際に難しいと感じたことはありませんか?

特にどれぐらいの時間帯茹でることによってどれくらいの硬さのゆで卵に仕上がるのかということが難しく感じる方が多いのです。

多く茹で過ぎてしまっても卵は固くなりますし、短すぎても卵が固まっていない可能性なども十分考えられるからです。

そこで、今回はゆで卵をテーマにして、ゆで卵の時間はどのくらい茹でればどうなるのか?ということについて詳しくご紹介していきたいと思います。

ゆで卵マスターになろう!


私たち日本人にとって卵料理は絶対に欠かせない存在であると考えることができます。

なぜならば、一般家庭の朝食などに関しては卵料理が出されることがかなり多いからです。

もちろん朝食以外昼食や晩御飯卵料理が出されることはありますし、また様々な料理を作ったりする上で卵の存在は非常に大きな存在であり、卵料理ではなかったとしても卵を調理過程の中で使用したりすることもとても多いからです。

そんな卵料理には様々な種類が存在していますが、その中でもゆで卵は卵料理の中でも非常に代表的な存在になっており、多くの方が好んでいる料理です。

だからこそ、普段日常的に料理をしたりするのであればゆで卵の茹で時間くらいはある程度理解をしておく必要性があります。

また、ゆで卵の茹で時間を正しく理解しておく事によって、料理を作ったりするときに上手にゆで卵を作れるようになりますので、料理を作る上で非常に便利な知識として役立てることができます。

特に主婦の方に関しては、料理をする機会も多いでしょうし、ゆで卵くらいはしっかりと作れないと恥ずかしい思いをしてしまう可能性もあります。

なので、これを機会にもしもゆで卵が上手に作れないと悩んでいる方は、今後失敗しないように、正しい知識を身に着けてゆで卵マスターになるきっかけとして受け止めてください。

ゆで卵が嫌いな人はなかなかいない!

そもそもゆで卵が嫌いだという方はそこまで多く存在していません。

中にはゆで卵が嫌いだと感じている方もいるかもしれませんが、一般的な割合としてはかなり低いと言えるでしょう。

だからこそ、料理として出される頻度が高い卵料理でもありますので、ゆで卵の調理時間は知識として身につけておいて必ず損になるようなことはありません。

そもそも卵は栄養的に考えてもかなり魅力的な食材として知られており、積極的に摂取したい食材としても知られています。

なので、食卓に並ぶ頻度の高い割合になりますし、応用も利く料理になりますので、しっかりとゆで卵をマスターできるようにしてください。

卵は一日何個まで食べて良いの?

卵料理について考えた時に、人によっては卵料理をたくさん食べたりすることに対して不安な気持ちを持っていたりする方も存在しています。

なぜ卵料理に対して不安な気持ちを持つのかと考えた時に、昔よく噂になっていたのか卵を食べたりすることによってコレステロールが上がってしまう為、一日にたくさんの卵を接種したりするのは危険だという話が存在していたからです。

なので、健康に良い食材だったとしても大量に摂取するのは危険なので卵料理を食べたりすることに対して不安な気持ちを持っているということが大きな理由になっています。

しかしながら、この説に関しては結論からお伝えすると全く関係がないと断定することができます。

なぜならば、そもそもコレステロールという存在自体が食事で摂取する上での影響を受けることがほぼ関係ない存在であるということが判明しされたからです。

コレステロールが上がる説は本当?

なぜたくさん卵を食べてもコレステロールは上がらないのかと考えた時に、まず考えていただきたいのはそもそもコレステロールという存在は実は私たちの体の肝臓で作られている存在であるということです。

そして、コレステロールという存在に関しては私たちの体の細胞膜であったり、ホルモン、そしてビタミンDなどを作る材料になっている成分であり、そもそも私たちが健康的な体を作るために必要な存在なのです。

なので、食事から摂取せずに自分自身の体で作ることができるような仕組みになっていますので、そもそも食事に頼る必要性はないのです。

そして、ここからが結論になるのですが、そもそも私たちが食事をすることで摂取したコレステロールに関して体内に吸収されるものに関しては、元々体内で作られているコレステロールの中の1/3~1/7程度に過ぎないのです。

もともと成人男性は750mg、成人女性は600mg未満が理想とされており、大体体内で作られるコレステロールの指標は体重50kgで600~650程度だといわれています。

そして、都合のよいことにコレステロールに関しては食事でたくさん摂取した場合は比較的少なめに吸収され、あまり食事でコレステロールを摂取したい場合は体内で多く作られるという性質も持っているのです。

つまり、これらのことを考えてみると食事をすることによって得ることができるコレステロールと、自分の体の中に存在している血中コレステロール値に関しては相関を示すような根拠が存在していないのです。

なので、たとえ卵をたくさん食べてしまったとしても自分の体の中のコレステロールが上がってしまうということに関してはさほど心配をする必要性はないということになるのです。

卵は身体にとってどんなメリットがある?

先ほどもお伝えしたように卵に関しては食材の中でも比較的栄養が豊富な食材として知られています。

なぜならば、卵に関しては私たち人間にとって絶対に必要な栄養素である三大栄養素の中のたんぱく質が豊富に含まれている食材として知られているからです。

また、タンパク質だけではなくメチオニンという抗酸化作用を持っている必須アミノ酸が含まれていることでも知られています。

抗酸化作用持っていることによって、積極的に摂取することによって自分の体の中に存在している老廃物の排出を促すことができるようになり、自然と自分の体の代謝を上げることができるようにもなっているのです。

つまり、考えてみると卵を食べるだけで簡単に綺麗になることができるということになるのです。

この抗酸化作用に関しては白身の部分や黄身の部分にも含まれていますので、非常に豊富に含まれています。

ちょっと考えていただいただけで卵にはこれほどの大きなメリットが存在しているのです。

しかしながら、今後紹介したメリットに関しては卵の全体的なメリットの中の一部分にしか過ぎません。

そこで、ここからは具体的に卵を摂取することによって私たちの体にどのようなメリットがあるのかということについてさらに詳しくご紹介していきたいと思います。

これは正しく把握していただくことによって、積極的に卵を摂取しようと意識を変化させることができるようにもなりますし、今よりも美しくなれる可能性が大いにありますので、ご存知ではない場合は知識として吸収しておいてください。

脳に働きかけ記憶を促す

卵を摂取することによってどのようなメリットを得ることができるのかと言いますと、「脳に働きかけ記憶を促す」ということが挙げられます。

なぜ卵を摂取することによってこのような効果を得ることができるのかと考えた時に、考えられる理由としては卵に含まれている成分がこのようなメリットをもたらすことができるからと考えることができます。

具体的には、卵の中に含まれているコリンという成分がこのような働きを与えてくれるようになります。

そもそも私たちの体を構成している細胞に関しては、リン脂質と呼ばれる成分があり、このリン脂質において重要な成分と言われているのがコリンという存在なのです。

コリンという成分は神経伝達物質として知られており、コインをたくさん摂取することによって最終的な結果として学習能力が向上するという効果を得ることができるようになっています。

なぜならば、神経伝達物質ということの役割を果たしてくれますので、勉強したり様々なこと記憶したりするときにその働きを円滑に行ってくれるようになるからです。

なので、卵を積極的に摂取しコリンをたくさん接種するようになれば、勉強などにおける学習機能がより高く働いてくれるということになるのです。

受験生の方であったり、何かを勉強したいと思っている方は積極的に卵料理を摂取することによって脳の働きをよりよく動かしてくれるようになりますので必ず摂取するようにしてみてください。

肌や髪を綺麗にする

次にご紹介する卵を摂取することによって得られるメリットとしては「肌や髪を綺麗にする」ということが挙げられます。

なぜ卵を摂取することによって肌や髪の毛を綺麗にすることができるのかと考えた時に、まず髪の毛に関して考えていただく場合、知っていただきたいこととして髪の毛はタンパク質でできています。

髪の毛の95%はタンパク質でできており、綺麗な髪の毛を作る上でタンパク質は絶対に必要不可欠な存在になっているのです。

そして、先ほどもご紹介した通り卵に関しては豊富なタンパク質を有している食材としても知られています。

つまり、卵を積極的に摂取することによってしっかりと1日に必要なたんぱく質を摂取することで、自分の髪の毛を美しくすることができる効果を得ることができるのです。

また、肌に関しては先ほどご紹介した通りなのですが、必須アミノ酸が卵には含まれていますので体の中で作ることができないアミノ酸をバランスよく吸収することによって、ホルモンや酵素などを生み出すことができるようになりますので肌の調子を整えることができるようになります。

そして、コリンという物質に関しても肌のキメを整えてくれたり、美しい肌を作ることを促進してくれるような効果を得ることができますので、結果的に考えて卵を多く摂取することは髪の毛や肌を美しく整えてくれるようになるということになるのです。

ダイエットに良い

次にご紹介する卵を摂取することによって得られるメリットとしては「ダイエットに良い」ということが挙げられます。

なぜ卵を摂取することがダイエットにつながるのかと考えた時に、そもそもゆで卵ダイエットという言葉が存在しているこの卵はダイエットに効果的な食材として知られているのです。

その大きな理由としてはゆで卵の消化が大きな理由として関与しています。

どういうことかと言いますと、ゆで卵をしっかりと固めに茹でて食べることによって、ゆで卵を動かしたりする際に多くのエネルギーを消費するようになるのです。

すると、結果的に考えて消費するカロリーが多くなるということになりますので、食べても消費されるエネルギーが多めになるということは結果的に低カロリーになるということなのです。

そもそも卵自体が低糖質で低カロリーということもありますので、太りにくい食材としても知られています。

また、ゆで卵に関してはしっかりと食べ応えがありますので、1つ食べるだけでもそれなりに食べた感覚を得ることができるようになります。

なので、おやつなどに食べたりすることで間食を防ぐ効果もありますので、上手に活用すれば健康や美を意識したダイエットを行うことができるのです。

なので、結果的に考えて卵はダイエットに向いており、ダイエットにおすすめの食材であると考えることができるのです。

ゆで卵の豆知識


ゆで卵が私たちの体に対して様々なメリットを与えてくれるということを理解いただけたところで、ここからはさらにゆで卵に関する豆知識をご紹介していきたいと思います。

これからご紹介する内容はゆで卵を作る上で非常に大切な豆知識になりますので、ゆで卵マスターを目指す上で必ず知っていただきたい内容ばかりです。

この豆知識を知っていただくことによって、上手にゆで卵を作ることができるだけではなく、そもそもゆで卵を作る上で失敗してしまう可能性を減らすことができるようになりますので、必ずこの機会に覚えておいてください。

卵が固まる仕組み

そもそも根本的な疑問の一つとして、なぜ卵を茹でると硬くなりゆで卵に変化するのかということが不思議に感じている方がいるかもしれませんね。

なぜ卵が固まるのかと考えた時に、理由としては卵の中のタンパク質が固まるからということが大きな理由になっています。

ご存知の方もいるかもしれませんが、タンパク質は熱を加えることによって変化をする性質を持っています。

なので、熱を加えることによってタンパク質は固まる傾向にありますので、卵に熱を加えることによってタンパク質が変化して固まり、ゆで卵に変化するのです。

先ほどもお伝えしたように卵は豊富なたんぱく質が入っている食材でもあります。

その豊富なたんぱく質が入っている故に、最終的にゆで卵のような形に変化をするということを覚えておいてください。

約70度くらいから固まり始める

卵に熱を加えることによってタンパク質が固まりゆで卵に変化するということをお伝えしましたが、この仕組みをしっかりと正しく理解することによって上手なゆで卵を作ることができるようになります。

なぜかと言いますと、ゆで卵を作る上で難しいと感じるのはタンパク質が変化をしていくその過程において、自分の望んだ凝固具合でゆで卵を作ることが難しいと思われているからです。

つまり、どれくらいの熱はどれくらいの時間加え続けることによって、どのような状態になるのかということを把握しておけば、ゆで卵を作るのはそこまで難しくなくなるからです。

では、どれぐらいの温度の熱を当てればタンパク質は変化するのかと考えた時に、答えとしてはだいたい70度前後の熱を加えれば固まりだすということになります。

つまり、70度以上の熱をしっかりと加えれば、熱が卵をゆで卵に変化してくれるということになるのです。

黄身のほうが固まるのが早い

ちなみに、知っていただきたい豆知識の一つとして卵の中に存在している部位別によって固まりだす温度は違うということを覚えておいてください。

どういうことかと言いますと、卵に関しては黄身の部分と白身の部分が存在しており、黄身と白身では固まる温度が違うのです。

先ほど70度の熱を加えることによって、タンパク質が変化しゆで卵に変化するとお伝えしましたが、これは卵の中の白身の部分が変化する温度になっています。

黄身の部分はどちらかといえば固まり出すのが白身に比べて速い性質を持っていますので、実際は65度くらいから変化するようになります。

また、覚えていただきたいこととしてこのように部位によって変化する温度が違うからこそ温泉卵などの調理法などが存在するということを理解しておいてください。

どうして塩を入れるの?

ゆで卵を作る際に知っていただきたい豆知識の一つとして塩を入れたり、酢を入れたりするということです。

料理に詳しい方であれば既に知っている方も多いかもしれませんが、人によってはその行為自体は知っていたとしても、具体的な意味を理解していない方もいるかもしれませんので、簡単に触れていきます。

ゆで卵を作る際に塩や酢を入れたりするのは卵の殻から中身が飛び出してくるのを防いでくれる効果を期待できるからです。

ゆで卵を作った場合に、殻にひびが入ってしまって卵の中身が飛び出してしまって、形の悪いゆで卵になってしまったという経験を持っている方はとても多いと思います。

しかしながら、塩を入れることによって、これらの失敗を極力なくしてくれるような効果が期待できます。

どういうことかと言いますと、ゆで卵を作っても殻にひびが割れてしまって中身が飛び出してしまった場合、本来であればそのまま固まりますが、塩を入れることによってたんぱく質を凝固させてくれるような効果を期待することができます。

つまり、たとえ中身が飛び出したとしてもその場ですぐにタンパク質を固めてくれるような効果を与えることができますので、必要以上に中身が飛び出したりする心配を防いでくれるのです。

つまり、ひびが割れてもそこまで変な形にならないようにしてくれるということです。

また、酢を入れる別の理由としては最終的な工程としてゆで卵を作った後に殻を剥きますよね。

その時の殻を柔らかくしてくれ、剥きやすくしてくれるという効果を与えてくれるのです。

何もしないでゆで卵を作ったりしてみると、殻をむいたりする時に必要以上に時間がかかったり、固くなってしまって剥きにくくなったり、中身まで一緒に剥いてしまうということがよくあります。

これらを防いでくれるようになりますので、結果的に塩や酢を入れると様々なメリットが得られるようになるのです。

水からゆでる?お湯からゆでる?

ゆで卵を作る際にになることとして水から茹でるのが正解なのか、それともお湯から茹でるのが正解なのか疑問に感じている方がいると思います。

これについては、そこまで神経質に考えていただく必要性はありませんが、どちらかといえば水から茹でることのほうがおすすめです。

なぜならば、水から茹でることによって水と卵の温度を両方とも上昇させていくことによって、卵にヒビが入ったりすることを防ぐことができるようになります。

これまでにゆで卵を作った際にお湯に直接卵を入れたばかりに、殻にひび入ってしまって見た目が悪いゆで卵になってしまったという経験がある方がいると思います。

そのような結果を防ぐことができるようになりますので、失敗したくない場合は水からゆでることをお勧めします。

また、別のメリットとしては水から茹でる方が実際はいないかもしれませんが茹でる時間が少し短くなることも知られています。

なので、失敗したくない場合や、なるべく早い時間でゆで卵を作りたいと思っている方は水から茹でることを意識していただく方が好ましいと考えることができます。

卵を冷蔵庫からだして常温にしてからゆでるのがBEST

卵を茹でる際に必ず気をつけていただきたいこととして、卵が必ず冷蔵庫から出して常温に戻しておくという方法が存在しています。

これはどういうことかと言いますと、もしも卵を冷蔵庫に入れた状態のまますぐに取り出して茹でる工程に入ってしまうと、必要以上に時間がかかってしまうというデメリットな発生してしまうからです。

また、それ以外にも卵にひびが入ってしまう可能性が生まれてしまいます。

なぜならば、卵が常温のほうが当然卵の中身と水の温度差がありませんので、すぐに熱が浸透するようになります。

しかし、卵が冷たい状態だと中が熱くなるまでに時間がかかってしまいますので必要以上に茹でる時間がとられてしまいます。

また、卵が冷たいと中が冷たいのに回りはお湯で熱いということになりますので、殻にひびが入りやすくなってしまいます。

そうなると出来上がりゆで卵の形が悪くなってしまうので、必ず常温に戻した上で卵を茹でなければいけません。

しかしながら、逆にこの方法をメリットに活用することも可能であり、しっかりと茹でた後の熱いゆで卵を氷水の中に入れてあげることによってからにひびを与えることができます。

そうすることで、簡単にゆで卵の殻を向きやすくなりますので、結果的に大きなメリットに変化するということになるのです。

ゆでる前に小さな穴をあけておくと、後で剥きやすい

ゆで卵を作る際の豆知識として知っていただきたいことの中には、茹でる前に小さな穴をあけておくというテクニックが存在しています。

なぜ茹でる前に穴をあけなければいけないのかと考えた時に、この工程をしっかりで行っていただくことによって、最終的にゆで卵の殻を剥きやすくするというメリットを得ることができるようになります。

やり方としてはとても簡単で、卵の表面が緩やかにカーブしている側の先を確認し、その先端に穴をあけるようにしてください。

アイテムとしては100均一にて販売してあるようなものもありますし、なければ画びょうなどでも可能です。

これらを使用し、ぐりぐり動かしてあげると簡単に穴があきますので、その後にしっかりと茹でて、最後は冷水につけるだけという工程なので簡単です。

これを行っていただくことによって、簡単に綺麗に殻を剥くことができるようになります。

きちんと薄皮などもきれいに剥けますので、卵の剥く作業が苦手という方は試してみてください。

ゆで時間を微調整して自分のお気に入りゆで卵を作ろう!

ゆで卵に関する豆知識をご紹介したところで、ここからは一番大切なゆで卵の茹で時間についてご紹介していきたいと思います。

ゆで卵を作る上で一番大切なのはどれぐらいの時間熱を加えるのかということです。

これをしっかりとマスターしていただくことによって、自分の理想のゆで卵を作り上げることができるようになります。

逆に、先ほどご紹介した豆知識を使用したところで、このゆで時間が間違っていると上手にゆで卵を作ることができませんので必ずこの部分をしっかりとマスターできるようにしておいてください。

具体的にゆで卵の状態別に茹で時間をご紹介していきますので、自分の理想とするゆで卵時間は必ず覚えておくようにしてください。

半熟にしたいなら「3分」!

ゆで卵を茹でる際に半熟の状態に仕上げたいと思うのであれば茹でる時間は3分にしていただく必要性があります。

意外と短いと感じるかもしれませんが、半熟の状態に仕上げたいのであれば3分程度の時間ゆでるだけで問題ありません。

逆に、それ以上の時間を茹でてしまうとしっかりと熱が入ってしまう可能性がありますので、3分を目安にして熱を加えるようにしてください。

ゆで卵の半熟の状態が好きという方はかなり多いと思いますので、ゆで卵を作る際にはこの時間をしっかり守って美味しい半熟のゆで卵を作ってみてください。

普通のゆで卵なら「7分」!

ゆで卵を茹でる際に普通のゆで卵を作りたいと思うのであれば、茹でる時間は7分程度にしていただく必要性があります。

あまり半熟が好きではないという方に関しては7分間しっかりと熱を入れていただくことによって、一般的な普通のゆで卵を作ることができるようになります。

それ以上の時間を言ってしまうと比較的固めのゆで卵になってしまう可能性がありますので、ゆで卵を作るのであればしっかりとこの時間守って作るようにしてみてください。

ゆで卵に関してはそのまま食べてもおいしいですが、おでんの具材として使ったり、煮込み料理などに投入したりしてもおいしく味わえるようになります。

なので、通常のゆで卵を作ったりする機会も多いと思いますので、7分という時間も必ず覚えておくようにして、ゆで卵を作るようにしましょう。

固めなら「10分」!

ゆで卵を茹でる際に固めの状態に仕上げたいと思うのであれば茹でる時間は10分にしていただく必要性があります。

半熟ゆで卵がかなり人気にはなりますが、人によっては半熟の状態があまり好みではないと感じてる方がいるかもしれません。

また、チキン南蛮などに使用したり、ポテトサラダなどに使用したりする場合などもあると思いますので、意図的に固めに仕上げたいということもあると思いますのでその場合はしっかりと10分間熱を加えるようにしてください。

ただ、固めに仕上げたいのであればそこまで神経質に考えなくても、しっかりと熱を加えるということを考えていただければ失敗する可能性は少ないと思います。

不安な方は最初は長めに茹で時間を設定していただくと、間違いなく作ることができると思いますので、固めに仕上げるのはそこまで難しくはないはずです。

ゆで卵の作り方、マスターできましたか?

今回はゆで卵をテーマにして、卵を摂取するメリット、ゆで卵についての豆知識、そしてゆで卵の時間の目安についてご紹介していきました。

あまり料理に慣れていない方はゆで卵を作ったりするだけでも難しく感じたりする方も多いと思いますし、毎日必ず作るというものではありませんので茹で時間が曖昧になってしまったりするからもとても多いと思います。

しかしながら、今回ご紹介した内容をしっかりと理解していただくことによって、自分の好みの硬さのゆで卵を作ることが絶対にできるようになります。

これをマスターしていただければ卵料理などで失敗したりする可能性を大きく削減することができますので、この機会にゆで卵の作り方をマスターしていただき、さらに料理を楽しんでいただければ幸いです。

そもそも卵が万能な食材なと言われている所以は豊富な栄養素だけではなく、様々な料理に用いることができる応用性の高さにあります。

幅広い食材の使い方ができる卵の調理方法は料理をする上で絶対に覚えていただきたい項目でもありますので、最低でも茹で時間の目安くらいは覚えておきましょう。