コンサルタントという言葉は聞いた事がある人も多いかと思いますが具体的にコンサルタントって何?と聞かれると…あまり良く分かっていない人も多いですよね。

今回はこのコンサルタントのお仕事について詳しくご紹介していきます。

さらに今回はどんな人がコンサルタントに向いているのかも一緒にご紹介していきますね。

仕事の幅が広いコンサルタント


コンサルタントといってもその仕事の種類は非常に多くあります。

何をコンサルタントするのかによってその業種も変わってしまうと言っても良いぐらいなのです。

中でもよく聞くコンサルタントは経営コンサルタントではないでしょうか?

個人または法人のコンサルタントをする事ですね。

一般的にはコンサルタントに必須の資格はありません。

しかしその幅の広さから関連する資格が必要な場合や労働安全コンサルタントのように名称独占資格も存在しています。

業種が幅広い為関連する資格や持っていた方がコンサルタントをしやすくなる資格は存在します。

コンサルタントとして信用されやすい関連資格は多数ありますので目的のコンサルタントに合った資格を習得することが必要とされます。

これからコンサルタントをする場合にはどのコンサルタントをするのかまず決めなければいけませんね。

コンサルタントの分野が決まったら次に関連する資格などコンサルタントとして必要な(信用される)資格を身につける必要があります。

特に日本でコンサルタントをする場合にはその肩書が重視されてしまいます。

信用されるコンサルタントになれるかどうかの分かれ道にもなります。

幅広い業種だからこそより多くの知識や資格を習得して自分独自の強みを身につける必要があります。

幅冷えおい知識があることで通常では提案することが出来ない分野からの提案などクライアントに有益な情報を提供することができますよ。

コンサルタントとは?

そもそも、コンサルタントとは何なのか分かりますか?

簡単に言ってしまえば個人や法人に対して抱えている何らかの課題や問題を解決するための方法や方策などを提案、提供する事です。

この問題解決のための方法や手段を見つけ出して提案する力が最も重要なスキルとなります。

その為にはコンサルタントを依頼してきたクライアントの知識だけではなく幅広い知識が有益となります。

個人や法人などの問題解決をする為の提案を考えることや解決策の方法を提供することがコンサルタントなのです。

仕事内容


コンサルタントの基本的な仕事内容とは、個人や法人より依頼(問題解決や課題解決の方法)を受けてその依頼内容に合った提案や解決策の方法を提供するお仕事です。

この為には現在の問題解決と共にどういった方法をしたらどうなるのかの今後を推論する能力が必要となります。

推論する能力とはコンサルタントが問題や課題解決のために思いついた方法で今後の経営にどれだけ影響を及ぼしてどれだけ利益を生むのかを推論する能力の事なのです。

この推論する能力のことをインファレンス能力とも言いコンサルタントにとって最も重要な能力なのです。

ただ、最近ではこのインファレンス能力が高いだけでは優秀なコンサルタントとは言えないのも事実です。

この推論する能力が重要なのは確かなのですが最近の経営学などではその経済の移り変わりの速さから現在の推論では考えもしない状況になってしまう場合も多々あるのです。

この為机上の推論で終わってしまうコンサルタントも多くなってきているのも事実となります。

以前までは優秀なコンサルタントとしての能力でしたが現在ではこのインファレンス能力はあって当たり前の能力として位置づけられています。

このインファレンス能力とは別でその分野に合った最適な能力が最低限求められています。

現在では依頼された個人や法人の依頼内容(課題や問題解決)を最優先として問題解決をしながら現状打破と共に更なる飛躍のための提案や方策を提供できるコンサルタントが求められているのです。

コンサルタントを名乗るのならば問題解決は出来て当たり前でその先のことまで考えて対応できる能力が求められます。

同じ業種の仕事でも個人の依頼なのか法人の依頼なのかでその方法が当然違ってきますよね。

規模や方法はもとより同じ個人や同じ法人同士でもたとえ同じ問題の依頼だとしてもその方法は毎回違う方法を行うことが求められています。

いわばクライアント毎の完全オーダーメイド、オートクチュールのお仕事と言っても過言ではありません。

現状よりも良くしたいためにコンサルタントを雇って頂いている為流れ作業の様に毎回同じ方法では無くそれぞれに合った方法で解決するのは当たり前と言えば当たり前ですね。

優秀なコンサルタント能力の一つインファレンス能力で推論して提案をする事から更に上を目指すための提案を完全オーダーメイドで提供することが優秀で信用されるコンサルタントなのです。

給料

コンサルタントの給料はその扱う業種によっても大きく変わってきます。

実力次第ではどの業種でも同じ年代の年収よりも多くの収入を得ることができます。

例えば2014年のITコンサルタントの30代平均年収は635万円となり、40代の平均年収は820万円でした。

2014年時点での生涯収入は2億円を超える収入を得ることができます。

2014年よりも現在ではIT化がさらに進みIT業界に多くコンサルタントは進出しています。

この為さらに多くの収入を得る可能性があります。

ただ、基本的には完全実力主義の業務形態となります。

コンサルタントを業としていてもクライアントに依頼をされなければ収入はゼロとなります。

如何にコンサルタント業をこなしていくのかが高収入を得るために必要な事となります。

多くの収入を得るためにはコンサルタントに必要なスキルや資格などを習得して自分を売り出す必要がありますね。

役割

コンサルタントの役割としてはクライアントがなぜコンサルタントを雇うのかを考えることで理解ができてきます。

コンサルタントに依頼をするという事は自分達だけでは解決ができない状況に陥っているもしくは現状よりも上を目指したい場合にコンサルタントに依頼をします。

という事は個人や法人だけでは解決できない依頼内容という事ですね。

例えば経営に関しての依頼であれば漠然と今よりも売り上げを伸ばしたいという依頼が来たとします。

みなさんはこのような依頼が来た場合にはどのように考えますか?

多くの人は個人または法人の無駄を見つけてその無駄をなくすことで相対的に売り上げを上げる方法をしませんか?

他には売り上げの悪い商品やコンテンツを如何にして売り上げを上げるのかを考えませんか?

一般的に多くの人はこのように考えますよね。

という事はこの方法はコンサルタントがする方法では無いという事なのです!

具体的な方法は今回は控えさせて頂きます。

一般的に考えが付くようなことは個人や法人内ですでにおこなっている事ですよね。

それを私は分かっていますよってこれ見よがしに言われても依頼してきた人からしたらそれは分かっているんだよね…。

それでは変わらなかったから依頼しているんだけど…。

なんてコンサルタントに依頼したことを後悔しかねません。

クライアントにそういう思いをさせないためにはコンサルタントの役割とは一体何なのかをしっかりと分かっていなければいけません。

クライアントに依頼されてから一度でも「依頼しなければ良かったな」なんて思わせてはコンサルタント失格と私は思いますね。

すでに分かっていることはあらためて確認や言う必要はありませんもうクライアント自信が分かっていることですからね。

その先の答えが欲しいので依頼しているのです。

コンサルタントの種類

コンサルタントといってもとても多くの種類がります。

その沢山あるコンサルタントの中からいくつか抜粋して詳しくご説明していきますね。

経営コンサルタント

経営コンサルタントはよく聞くコンサルタントの業種ですね。

経営コンサルタントはそのまま経営に関するコンサルタントを行うコンサルタント業です。

簡単に説明をすると、会社の経営に対して如何に良くしていくのかを考えるコンサルタント業です。

会社単体でどういう方法をしたら今よりも売り上げを上げることが出来るのか。

どうしたら無駄を省けるのか。

もうけを出すためにはどの様な方法が最適なのかなど会社内で出来ることの提案をするコンサルタントが経営コンサルタントになります。

会社内で完結するコンサルタントですね。

戦略コンサルタント

戦略コンサルタントもよく聞きますよね。

経営コンサルタントとよく似ていますがそのコンサルタントをする目的と対象が違います。

経営コンサルタントは会社内で経営状態を良くするためのコンサルタントでしたよね。

この戦略コンサルタントは会社と他の会社など会社の外の事と自分の会社との間で起こることのコンサルタント業なのです。

会社対他の会社などの外の業務に対するコンサルタントになります。

他の企業に勝つための方法や他の企業間での問題解決のための方法などを提案するコンサルタントです。

経営コンサルタントと違い他の様々な企業相手のコンサルタントになるため経営コンサルタントよりもより多くの知識や資格などが必要とされます。

知識も幅広く持つことはもちろんですがより深い知識も求められます。

中途半端な知識では他の会社と立ち向かうことは出来ません。

クライアントに有益な提案をするためには相手となる企業などの知識も広く深く知ることが戦略コンサルタントには必要です。

さらには幅広い人脈なども重要です。

どこでつながりがあるのか分かりませんクライアントに有利な状況をいかにして作ることが出来るのかが戦略コンサルタントとしての手腕の見せ所なのです。

ITコンサルタント

ITコンサルタントはIT関連の様々なコンサルタント業を幅広くおこないます。

IT系のことは全ておこなうこととなりますのでIT関連の知識は当然誰よりも幅広く深く知っていなければいけません。

さらに依頼してくるクライアントの業種に合わせた知識も必要となってきます。

IT関係以外にも必要となる資格や知識は他の業種よりも多いかもしれません。

今まではアナログの業界でもIT導入により新事業拡大のためにITコンサルタントに依頼するという事も多くなってきています。

今前はコンサルタントに依頼したことの無い個人や法人も多く依頼してくるコンサルタント業でもあります。

現状でもIT系は知っていて当たり前の知識としてさらに多くの知識の求められるコンサルタント業ですが今最も重要視されているコンサルタント業でもあります。

これから更なる需要の拡大が見込められるITコンサルタントはこれからコンサルタント業を始められる人にとっては最適な業種となります。

ITコンサルタントになる為にはまずIT関係の知識は必ず必要になります。

例えばITコンサルタントで多い依頼内容としてホームページなどの作成依頼やネット販売に関する内容などインタネット関係が多くなります。

この際に必ず必要な知識はHTMLやSEO対策などとても多くの知識が必要なのです。

これからは経営コンサルタントや戦略コンサルタントにもこのITコンサルタントに必要な知識が必然的に求められてきます。

いま見ている子の記事もコンサルタントを依頼する場合にはITコンサルタントになるのです。

個人のブログやSNSなどでもITコンサルタントに依頼する人も増えています。

現代社会に今最も合っていて最も多くの人が利用する機会のあるコンサルタント業ですね。

人事・労務・財務コンサルタント

人事・労務・財務コンサルタントは最初の経営コンサルタントと戦略コンサルタントによく似た内容のコンサルタントになります。

経営コンサルタントは会社内の経営に対してのコンサルタントでしたね。

戦略コンサルタントは企業間でのコンサルタントですね。

この人事・労務・財務コンサルタントとは会社の内部に対してのコンサルタントなのです。

経営コンサルタントは自分の会社を対象に如何にしてもうけを出すのかのコンサルタント。

戦略コンサルタントは企業間でいかにしてもうけを出すのかを考えるコンサルタント。

人事・労務・財務コンサルタントは会社の内部すなわち会社で働いている人達に対してのコンサルタントなのです。

コンサルタントはその業種によってコンサルタントを行う対照が何なのかを見極める事が重要なのです。

企業そのものなのか企業対企業なのか企業対ネットなのか。

ネットの場合には不特定多数の人が対象なのか合う一定の購買層なのか個別に対してなのかなどその対象もコンサルタントには重要な事になります。

企業内の人に対するこのコンサルタントもありますよね。

コンサルタントといっても本当に多くのコンサルタントが存在しています。

どれもそれぞれに需要がある為依頼があるのです。

自分の固定概念だけの小さな常識だけで考えずにロジカルシンキングを持って論理的に考えてコンサルタントをして下さい。