現代にはたくさんの問題が転がっており、それを放ったらかしにしておいては取り返しのつかないことになるかもしれない、というものがたくさんあります。

これらをきちんと改めていくのは個人の働きもそうですが、何よりも国全体を見ることができる人達の手動があってこそでしょう。

例えば働き方改革というのもその一つに当たります。

少子高齢化というような現代問題に直面している現在では、きちんと働き方改革を行っていなければ、取り返しのつかないことになるということが分かっているため、政府が主導して働き方改革を提案しているのです。

ところが、実際に働いている自分たちの立場になってみると、この働き方改革がいまいち自分の身に起こることとしては認識されていないように感じます。

そう考えてみると、改革と銘打っていることに関しては自分の身にとっては大きすぎることが多く、何となく他人事のようになっているという人が多いのではないでしょうか。

ただし、この働き方改革に関しては、現在働いている人にも大いに関わってくる大切な改革です。

これを機に、改革とは何なのか、そして働き方改革というのはどのようなことなのかということについて見てみることにしましょう。

️最近よく聞く"働き方改革”

最近よく、働き方改革と言う言葉について聞くことがあるのではないでしょうか。

働き方改革という言葉からは、何となく上の人が現代の社会を変えるために行っている運動のように思えますし、実際に政府がそれを主導していることは間違いありません。

ところが、働き方改革と言う言葉を耳にする回数に対して、その内容について触れる機会というのはあまりにも少ないのではないでしょうか。

働き方改革とは何か?働き方をどう変えていきたいのか?ということについてを問われると、何をするものなのかあまり理解していないという人の方が多いのではないでしょうか。

実際にその働き方改革は、切羽詰まったこの現代の問題を解決するためのいくつかの案が含まれているものですが、現在、働いて自分の家族や自分の生計を立てようとしている人にとっては、あまり身に沁みては分からないものかもしれません。

まだ、働いている現場にはその効果が下りてきていない段階のようだからです。

ですが、これからの改革の中でどのようなことをするのか、どのようなメリットがあるのかということについては、きちんと知っておく必要がありますよね。

ここでは、最近よく聞く働き方改革と言う言葉についてきちんと調べてみましょう。

そもそも改革ってなんだろう?

そもそも、「改革」とは何か?というところから話を進めたいと思います。

改革と言う言葉自体は、例えばニュースの中ではよく聞く言葉ですし、それこそ、政府主導の何かの計画などでは改革と銘打っているものがたくさんあるものです。

皆さんも、こうした言葉で演説をしている政治家の方の言葉を聞いたことがあるかもしれません。

ところが、それとは対照的に、普段の生活、もしくは働いている中で改革と言う言葉を使うことはあるでしょうか。

実際に改革と言う言葉にはどのような印象があるでしょうか。

個人的な生活の中ではあまりにも大げさすぎる言葉のように思えて、使わないうちに何となく改革と言う言葉の意味が分からなくなってしまっているという人もいるかもしれません。

まずはここでは、改革と言う言葉の意味や、実際に何をするものなのかということについて見てみることにしましょう。

それを理解してからでなければ、働き方改革と言う言葉を本当に理解することはできません。

️「改革」についての詳しい解説

改革と言う言葉には皆さまはどのような印象を持っているでしょうか。

改革というと、翁流れを変えて、違う方向に推し進めるような印象がありますよね。

それはとても大きいので、一市民としては、その流れに翻弄されることもあり、従わなければいけないものでもあるはずです。

改革という言葉は、その字面通り、もちろん、何かを改めるというような意味合いが大きく、ただし、それは、私たちの身にも「大きすぎてよく分からないものである」ということになってしまうわけではないのです。

️改革の意味とは

ここでは、改革と言う言葉の詳しい意味について解説したいとも思います。

改革と言う言葉自体を耳にすることはありますが、何となくイメージがあるだけで、実際にはどういったことなのか分からなくなってしまっている人もいるでしょう。

改革と言う言葉の意味を聞いてみると、何となく大きなことだと言うイメージを持っている人が多いはずです。

政府主導の企画などの規模の大きさを見ても、改革と言う言葉は自分一人ではどうすることもできないような大きさの渦のようなものだと思っている人もいるでしょう。

ですが、実際には改革というのは、そこまでの大きな規模のことではありません。

そのため、改革というものが目の前にあるときに、ただの庶民である私たちにとっても、無関係なものではない可能性が大きいのです。

制度などを改め変えること


改革の対象となっているのは、ほとんどがその制度や仕組みです。

私たちの生きる社会には様々な制度や仕組みがありますが、こういったところを良くしていくのが改革なのです。

社会や制度というとかなり自分たちの個人の考えからは逸脱したところにあるように思えますので、政府や自治体が主導して行われることが多いので、大規模なイメージを抱いている人が多いのでしょう。

ですが、例えば自分たちの会社の悪いところを直していこうとする運動を行うときにも、それは改革になります。

それによって恩恵を被るのが自分たちだけだったとしても、悪いところを為してより良いものにするというだけで、改革と言う言葉を使うことができるのです。

例えば、自分の過程の中で改善していこうという動きが出てきたら、それも改革の一つに挙げられるでしょう。

言葉の規模としてはかなり大きいように思われるかもしれない“改革”ですが、元の意味としてはそれほど大規模な、社会の流れを全て変えてしまうような衝撃的な意味を含んでいるわけではありません。

部分的に改善をすること

改革というのは、基本的には部分的な改善という意味になります。

何となく大きな規模の言葉なので、どこか全面改革というような印象を抱いている人もいるでしょう。

確かに改革というのは修正とは異なり、悪い部分があれば大幅に変化させることも厭いません。

ただ悪い部分を直すと言うわけではなく、その悪い部分ができてしまった原因があるのなら、そこの部分を変化させることもいとわないのです。

そういった意味で、改革というのは表面上の修正と言うわけではなくて、何か大きなものだというイメージを抱いてしまっている人も多いでしょう。

ですが、改革の良い点は、良いところは残していこうとするところです。

悪いと言われているところを部分的に改善するだけなので、全体的な構造であったり、それまで積み上げてきた歴史を否定するものではありません。

そのため、一般人にとっても受け止めやすいものであることには違いないのです。

部分的な改善ではなく、全てを新しく変えてしまっては、そこで悪くなった部分も出てきてしまうでしょう。

改悪を含むような全面的な改革というのは、それはもう違う言葉で表されるべきものであり、改革というのは部分的に悪いところを見つけてより良いものに変えていくというものなのです。

全面的な改革は”革命”になる

全面的に大きな改革を行うと、それは「革命」というレベルになってしまいますね。

革命というのはフランス革命にもあるように、それまでの世の中の流れを全て変えてしまうようなことを言います。

それまで根本にあった社会制度や、築き上げてきた歴史の流れというものを全て変えてしまい、違う時代にするというのが革命なのです。

ここまでくると大きすぎて、ただの一般人としては翻弄されるしかないところであり、その革命のデメリットも大きく感じることが多いのではないでしょうか。

革命というのは全面的に改革をするということなので、余すことなく新しいものに塗り替えていく作業になります。

もちろん、新しいものをするときには悪い部分、うまくいかない部分もたくさん出てくるものなので、革命という言葉自体には「改悪される部分」も含むことになってしまいます。

それが生みの苦しみであり、時代の流れの変化というものになります。

その点では、改革はそれほど大きな変化を望んでいるわけではありませんし、革命のように「改悪される部分」を含んでまで変えようという大きなエネルギーがあるわけではありません。

悪い点を改めてより良いものにするのか改革


ここまでのポイントをまとめてみましょう。

改革というのは、人々が抱いているような大きな流れのものではありません。

制度や仕組みの悪いところを見つけたら、それをきちんと良いものに変えて行こうとするのが改革なのです。

ただの修正とは異なり、表面的ではない治し方をするので、改革と言う言葉でくくられることになります。

ただ、悪いところが簡単に直すことができるのなら、改革と言う言葉が持っている大きなイメージと異なり、小規模な“修正”だけで治すことができるでしょう。

ただし、多くは制度上の問題を含んでいますので、悪い部分をどこか大きく変えてしまうという“大規模な改革”のイメージがついてしまうのです。

ただし、これは部分的なものが多く、決して私たちの社会を混乱させる目的で行われるものではありませんし、全てを変えなければいけないようなものではありません。

部分的に、きちんと自分たちの生活をより良いものに、そして生きやすいものに変えていく運動のようなものを改悪と呼んでいるのです。

️改革の使い方

改革と言う言葉の意味を学んだところで、ここでは改革と言う言葉の使い方について見てみることにしましょう。

実際に使っているところを見てみると、大体改革の意味についてより実践的につかむことができるのではないでしょうか。

改革の使い方を例文と共にチェック

改革という言葉の使い方は例文と一緒に学んでみるのが一番です。

身近でもきちんと使うことができる言葉ですから、これを機に、会社や学校、自分の生活の中で使ってみると面白いかもしれませんね。

改革の例文1「Aさんは就任して以来、様々な改革を実行している」

例文の一つ目としては「Aさんは就任して以来、様々な改革を実行している」というものが挙げられます。

Aさんという人がどの立場にいるのかということは、会社の中での地位に置き換えても良いですし、政府や自治体の中で置き換えても良いでしょう。

とにかく、自らが先導して行う比較的大きな規模の改革を行っている人物だということを読み取ることができます。

改革というのは「◯◯の部門で滞って問題になっていた出来事を制度の面から改善して問題をなくした」という面倒な言い方をせずとも、改革の一言でその人が行っていることが大体想像できるというのが便利ですね。

改革の例文2「生活習慣の改革を行って、健康な体を作る」

改革の例文の二つ目としては「生活習慣の改革を行って、健康な体を作る」というものです。

これは、自己目標のような形であって、全ての人の適用されるルール作りを目指すというものではありません。

ただ、自分の生活習慣の悪いところを直していこうという気持ちを「改革」と言う言葉で表しているだけなのです。

このように、改革と言う言葉は、組織などの大きなところではなくても、自分の中での改善という意味でも使うことができるものなのです。

自己目標を立てて自己啓発などを行う人の場合には、こうした「改革」の言葉を使うことで、よりきっぱりとした目標を立てることができるでしょう。

改革の例文3「会社の制度の改革が必要だ」

改革の例文の三つ目としては「会社の制度の改革が必要だ」というものがあります。

これは、改革と言う言葉のスタンダードな使い方としてあげられているのではないでしょうか。

ちなみに、こうした使い方をする場合に「具体的に◯◯を直す必要がある」というような具体的な目標がある必要はありません。

取り敢えず、今の状態が悪い、直さなくてはいけないという意志表示のために「改革が必要」という言葉を使うことができるのです。

改革の例文4「未改革のルールに手を付けよう」

「未改革のルールに手を付けよう」という例文も考えられますね。

改革されていない状態、つまりは悪い状態になっているもの、問題があるもの、直さなければいけないものを、「未改革」と言う言葉で表しているのです。

これには「ただ問題があるというだけではなく、改善点を含んでいるのに今は何もしていないので、将来的には改革される必要がある」という意味を込めることができます。

改革と言う言葉をただ「改革」という単語だけで表現するのではなく「未改革」という言葉も同時に使うことができるようにしておくと便利なのではないでしょうか。