皆さんも仕事をするようになるとビジネスマナーというものが必要となってきますがメールなどの文章で困ったという方はいませんか?

普段使っているような言葉ではなくビジネスメールなどは色々とルールがあって大変ですよね。

取引先などに失礼のないような言葉選びをしなければいけませんし意味などがわからないまま使っている人も見受けられます。

こういった事は早期に確認をすることが大切になってくるのですが、覚える仕事も多くて中々手が回らないという方もいるのではないでしょうか?

ただし、こういったビジネスメールなどのルールを後回しにしてしまうと会社にも損害が出る場合もあり、取引先からの受注などにも大きく影響してくる時が出てきます。

その原因の一つとなるのが言葉選びが間違っているということです。

相手が取引先であれば自分たちのよりも地位的には高い存在になってきますよね?

その相手に失礼にあたる言葉でメールをしてしまえば相手先も不快に思いますし売り上げなどにも影響してくるのです。

新社会人の方はとにかく色々なことを覚えるということで頭がいっぱいになってきますが、徐々に実務というものもしなければいけません。

その際に相手に失礼のないような言葉をきちんと選んでメールや文章を作るということが出来ていない方も多いのです。

学生の頃は友人や知人といった方が送り先の対象となっていたので多少の乱暴な言葉だとしても許される面がありますが、仕事の相手先ではどう思うでしょう?

まずは失礼な社員だと感じますし不快に思いますよね?

送った後に訂正なり謝罪があればそのような事態も穏便に済ませられる可能性が出てきますが自分の送ったメールの言葉は正しいと思っていると大変なことになる可能性もあるのです。

日本のビジネスマナーというものは本当に面倒な言葉を使っていて、なんだか意味のわからないような言葉がたくさん出てきます。

そうした言葉を使うということは相手に対して失礼のないようにする為の配慮になってくるのですが、覚えていくまでが大変になってきます。

学生時代のバイトなどで多少なりとも教えてもらった人であれば色々な言葉選びを知っている可能性も出てきますが、全くそういったビジネスマナーを知らないままに社会人になってしまうと一から勉強しなくてはいけません。

これはある意味では自分の覚えなければいけない仕事よりも大切なことになります。

その理由は取引先からの信用を失うということです。

失礼な言葉選びでメールなどを送り続けた場合を考えてみますが、1回程度であれば相手先も多めに見てくれる場合もありますが何度も続けばどういった気持ちになるでしょう?

今後の取引にも大きく影響してきてしまい受注がなくなってしまうかもしれませんよね。

礼節を大切にする人が担当であれば、最悪の場合はこのような事態になる可能性も出てくるのです。

そこで今回のテーマですが、ビジネスマナーとしての言葉で「取り急ぎ」というものが使われる時があります。

果たしてこの言葉ですがどういった人に対して使ったらいいのかという事についてお話ししていきたいと思います。

仕事を少しづつ覚えてくると上司などの会話でも「取り急ぎ」などといった言葉が出てきたりする場面もあると思いますが、言葉の意味や使い方などを知らないままでいれば自分でも予想もしなかったことにもなりかねません。

そうなってしまってからでは色々と面倒ですし自分の評価というものも落としてしまいます。

ビジネスマナーやビジネスメールは言葉選びにもルールがあり、これから会社で仕事を頑張ろうという方はきちんと理解していなくてはいけない事になります。

今まで誰も教えてくれなかったからという理由は社会では通用しませんし、上司や取引先の相手の信用を失わないようにする為にも勉強することは大切なのです。

それではこの「取り急ぎ」についてですが意味を知らなければ使い勝手もわかりませんしどういった時に使用するのかのタイミングもわかりませんよね?

最初はこの言葉の意味などについて見ていくことにしましょう?

仕事等でよく聞く取り急ぎと言う言葉


ビジネスという世界では色々な言葉をつかわなくてはいけませんが、その言葉というものは今まで使っていたものよりも複雑になってくることがあります。

今回のテーマでもある「取り急ぎ」という言葉も普段の生活ではほとんと口にすることはありませんよね?

社会人となり働くようになるとこのようなビジネス用語がたくさん出てきて、その言葉をきちんと選びながら使っていくことがとても重要になるのです。

ある程度の仕事が出来るようになるとメールなどの連絡も任されるようになり色々な相手とのメール報告などをしなくてはいけなくなってきますが、ここでも使って良い言葉と悪い言葉というものが出てきます。

その中で「取り急ぎ」という言葉どちらの分類へ入るのでしょう?

また、この言葉を使う場合はどういった人であれば許されるのかなど、普通に仕事をしていては調べる余裕もなく知らないままになっている方も大勢います。

何も問題が起きなければそれはラッキーとしか言いようがなく、何かあってからでは遅いですし「取り急ぎ」の意味や使い方というものをしっかりと覚えるようにして下さい。

意味を知って使っていますか?

皆さんも仕事をするようになると誰かがいった言葉などで「取り急ぎ」などと聞いたことがあるかと思います。

これまではそういった言葉を聞く機会はありませんでしたが、ビジネスのシーンではこのような言葉が多くなり色々な場所で使っていくことになるのです。

自分が仕事で成功を収めたい・出世をしたいと思っているのならばこういったビジネス用語というものにも興味を持っていかなければいけません。

それは会社の上司などへ使う言葉・取引先の相手へ使う言葉などは分ける必要がでてくるからであり誰に対しても失礼のないようにすべきだからです。

現在の日本は生活なども欧米化が進みひと昔前とは比べ物にならない暮らしに変化してきました。

それは食事の面でも言えますし服装にも見られます。

ただし、今の日本を築き上げたものは企業ですよね?

日本の場合は取引先との関係で言えば、外国のようなフレンドリーな対応というものを好みません。

あくまでも縦社会としての対応をしなければ存続していくことが難しいのです。

若い世代の人にとってはかなり古臭く感じてしまうでしょうが、今現在ではこの社会が簡単に変わるという兆しなどは見えません。

それだけにこれまで通りのビジネスマナーというものは必要となってきますしビジネス用語というものについても知っておかなければいけないのです。

そうした中で単に誰かが使っていたから同じようにビジネス用語を使ってみるという人がいますがこれは大きな誤りだという事に気づいて下さい。

意味や使い方などを知らずに使い続けていれば、いつか自分の不利になる事態が起る可能性が高くなります。

最悪の場合は会社を辞めるということにもなりかねませんので注意が必要となります。

取り急ぎの意味

まずは言葉の意味というものを考えてみましょう。

「取り急ぎ」という言葉を見ると何かしら急いでいるような感じはしますよね?

ただし「取り」という言葉が何を意味するのかが不明でもあります。

ビジネス用語はとにかく言葉を分解していくことが大切になります。

その上で意味を確実に理解して使うということが基本になりますので今回も分解しながら考えていくことにします。

まずは「取り」についてですがこれは「とりあえず」という意味合いを持っています。

自分たちでも普段の生活では「とりあえず」という事は話しますし意味も理解出来ますよね?この言葉は準備が十分ではないといったことや完全には整っていないといった事でも理解できます。

次に「急ぎ」についてですが、これは言うまでもなく急いでいることを表します。

何かをしなくてはいけない状況で精一杯やっている状態でもあり、これもまた完全ではないということになります。

この二つの意味を組み合わせてみると「準備などは完璧ではないが急いでいる」といった意味になってきますよね?

完全には終わってはいない状態だが、急いでいることを相手に伝えたい時にこの「取り急ぎ」という言葉を使うことになります。

十分な準備が出来ていないが急ぐ事

仕事をしていくとこのような場面はたくさん出てきます。

例えば上司に仕事の報告を求められた時もそうですし取引先から何かしらの資料を求められるという場面もあります。

こういった時に提出する書類など出来上がった部分まで相手に送るなどする場合が出てきますが何かしらの言葉を添えなければいけませんよね。

まだ準備としては十分ではないにせよ相手が待っている場合には状況を説明するような言葉をつけなくてはいけないのです。

これは相手にも状況を知ってもらう上でも大切なことですし自分もこれまでの仕事などの進捗状況を掴むためにも有効になってきます。

メールで相手に知らせるということはここまでの作業内容をしっかりと理解した上でなければ報告は出来ませんし簡潔でも説明をしておく必要性があります。

ここからの作業予定などもメッセージの中に添えてあげれば相手にもより十分に伝わってきますし自分も作業終了の目標としてのやる気が出てきます。

ビジネスメールで大事なことは何かの時には必ず相手に対して連絡を入れることであり、自分の状況を逐一報告することにあります。

相手もその報告を受ければ理解も出来ますし予定を立てる面でも便利ですから、しっかりと行っていくようにして下さい。

それでは「取り急ぎ」の意味はわかりましたがどのような人に対して使ったらいいのかをお話ししていきます。

この言葉は相手によっては失礼にあたるものでもあるので、しっかりと使う人選ばなくてはいけないという事を理解するようにしましょう。

取り急ぎなどの省略した言葉を使う時に注意すること


ここで注意したいことはメッセージを送る相手と自分の関係になってきます。

まずは自分の上司が相手だとすると「取り急ぎ〇〇まで」のような文章を送ったとすれば相手がどのように感じるかを考えてみて下さい。

自分よりも下の人間から「とりあえず急いでここまでできましたよ~」といった文章が送られてきたとすれば不快に思ってしまうのではないでしょうか?

また、相手が取引先の相手のような立場の人へ送る場合も同じになります。

ここで問題になってくるのが「とりあえず」という意味を持つ言葉ですよね?目上の人へ使う言葉としては少し乱暴な言い回しでもあり相手も良い気分にはなれません。

そうしたことで考えていった場合には「取り急ぎ」という言葉は上司や目上の人に使うことはNGとなります。

ですがここで問題が出てきます。

「取り急ぎ」という言葉が目上の人に使えないとなるとどういった言葉を選べばいいのかがわかりません。

本当に緊急の用事で「取り急ぎ」と同じような意味を持つ言葉で相手に伝えなければいけない時も出てくるはずですよね?

それでは「取り急ぎ」という言葉がつかえない場合はどういった言葉に直すのかを見ていきましょう。

目上に対する言葉は「まずは」に言いかえる

ビジネス用語は一度頭に入ってしまうとそれ以外の言葉が思いつかないという人が出てきますので本当に注意が必要となります。

これまで「取り急ぎ」という言葉の意味などをお伝えしてきましたが、この言葉は目上の人や上司へは適切な言葉ではないという事がわかりました。

そこで、違う言葉に言い換えて自分の状況を説明しなければいけませんが、皆さんでしたらどういった言葉を選ぶでしょう?

相手に失礼にならない言葉選びというものは本当に大変ですし不安のあるものですよね?

この場合に使う言葉として適切になってくるのは「まずは」という言葉になります。

簡単な文で表してみるとこのような感じになってきます。

NG「取り急ぎご報告まで。」

OK「まずはご報告のみにて失礼いたします。」

どちらも同じことを意味しているのですが全く受け取り方が違ってくるのがわかるはずです。

NGの方は相手が見た瞬間に怒りの気持ちも沸いてくるでしょうし、取引先などの場合にはかなりの問題にも発展する可能性があります。

また、自分の上司などが相手に場合も危険ですよね?自分の評価を下げる要因にもなりますし良い印象は全く持てないということになります。

例文などで比較をしてみると本当によくわかりますし、「取り急ぎ」に関しては目上の人・自分の上司・親しくないような先輩などへは使わないようにして下さい。

これを使ってしまうと自分の立場的なものが危うくなる可能性が高いので忘れないようにしましょう。

一方「まずは」に置き換えた場合の文ですが、こちらは誰に対しても使えるものになっていますよね?

最後もきちんと丁寧に終わっていますし、言葉は違えど急いで作成した様子がわかる文にもなっています。

ビジネス用語は便利なところも多いのですがちょっとしたことで相手を怒らせてしまうといった事にも繋がりやすい言葉となっています。

自分が仕事をしていく中で覚えた言葉であっても、誰にでも使っていい言葉かどうかはきちんと調べてみないとわかりませんし意味も理解していなければいけないという事です。

社会人になり仕事で頑張っていると色々な言葉を覚えてきますが「取り急ぎ」はあくまでも同等の立場の人間へ伝える言葉だということをしっかりと理解するようにして下さい。

また、この言葉ですがこういった注意点もありますので忘れないようにしましょう。

緊急事態以外は使わない

このビジネス用語ですがあまり多用すると自分の信用を失ってしまうことにもなりますので注意するようにして下さい。

取り急ぎとは読んで字の如く本当に急いで相手に知らせる必要がある場合のみになります。

そういった事態というものはそれほど頻繁に出てくるものではありませんので自分と同じような立場の人間であっても頻繁につかうことは避けるようにして下さい。

相手にとっても有益な情報であったり確認している中でどうしても相手に知らせておきたい時などはこの表現を使ったビジネスメールでも良いと言えますが、普段から多用することは良い事とは言えません。

相手が同等の立場であったとしても言葉の使い方というものは丁寧である方が良いと言えますので緊急時以外では避けるようにすることが大事です。

また、この言葉を使う時にはこういったことにも気をつけていかないといけません。

全ての情報を伝えようとしない

この言葉を使う時ですが急いで伝えなければいけないという情報があるはずですよね?

よくメールなどで細かく内容を書く方がいますが「取り急ぎ」の言葉を用いた場合は伝えたい要件だけに留めるようにして下さい。

この言葉は先ほどもお伝えしたようにあくまでも緊急時に使用する言葉になってきます。

普通のメールのような感覚で使うものではなくある意味では非常事態ということで使うものですので、相手に伝える内容だけでよい事になります。

その上で違う内容についても相手に知らせておきたい場合などは以下のような文を付け加えていくことで解決できますので参考にして下さい。

「また、〇〇についての内容ですが後日改めてご連絡させていただきたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。」

このような文で締めくくれば相手も違う内容もあるのだとわかりますので簡潔にした文で送るようにして下さい。

全ての内容を伝えようとするとどうしても文章は長くなってしまいます。

相手に伝えたいことが一体何なのかということを明確にするにも「取り急ぎ」の言葉を用いた場合はこの内容が一番伝えたいことになるはずですので全ての情報・内容を伝えないようにすることがビジネスマナーでもあり大切なことになってきます。

それでは「取り急ぎ」という言葉は多用できないということがわかりました。

あくまでも緊急用の言葉として使っていかなければならず一般的には使っていけませんよね?そこで困ってくるのが似たような言い回しを考えることです。

メールで失礼にあたらない文を考えるのってかなり面倒でもあり疲れる作業ですよね?

相手には確実に伝えなければいけませんしきちんとした言葉を選ぶのに困ってしまう状況となる時も出てきそうです。

そこで「取り急ぎ」という言葉と同じような意味を持つ言葉も覚えておくと色々なビジネスシーンで使えて便利だとは思いませんか?

「取り急ぎ」という言葉以外にも色々と使える言葉というものはたくさんありますので、普段はこういった言葉を使うようにすると便利になってきます。

また「取り急ぎ」についてはこのようなシーンでも使う場合がありますがこれにも注意が必要となりますので、そちらについても見ていくことにしましょう。

お礼のメールにも気をつけることが大切

取り急ぎという言葉でお礼の文章に使う方ががいますよね?

「取り急ぎお礼まで」こういった文を見たことがある人は多いのではないでしょうか?

先ほどまでは相手への連絡についてお話しをしてきましたが、お礼という事についても注意が必要となりますのでお伝えしていきたいと思います。

「取り急ぎ」お礼に使うのは正しい?

まずはもう一度「取り急ぎ」に対しての意味を復習してみたいと思います。

「取り」の意味することはとりあえずということでしたよね?そして「急ぎ」ということは急いでいることを指していますので、お礼の場合はこのような意味を持つことになってきます。

「お礼の準備などは完璧ではないが急いでいるから挨拶をした」

多少の乱暴さはあるものの意味だけを考えていくとこういった文章を省略しただけの挨拶文になることがわかるはずです。

これはお礼ということを考えていくと大変に失礼に感じないでしょうか?

人にお礼を言う場合に準備も整っていない状態で、急いでお礼をするということはあり得ない話ですよね?

もし、こういった文を上司や取引先の相手に送ったらかなりの問題に発展してしまいます。

これは可能性ではなく確実に信用を失うことになってきますので絶対に使ってはいけません。

本来であればお礼というものは心を込めた言葉を相手に送ることによって初めて伝わるものであり、急いでお礼を言われても嬉しいとも思いません。

もしも、自分がこのようなメールなどを送った経験のある人であれば今後は絶対に使わないようにすることが重要になってきます。

日本の社会というものは未だに縦社会の状態であり、このような礼節に対しては特に厳しい環境でもありますので目上の人がこういった文を読めば不快ではなく怒りが込み上げてきます。

それでは「取り急ぎお礼まで」という言葉は誰に向けての文章が適切かということになりますよね?

ビジネス用語としての言葉であればこういった文も頭に浮かんでくる・あるいは覚えたので使ってみたいという気持ちにもなると思いますが「取り急ぎ」という言葉はどういった内容であれ目上の人には使わないという事が原則となります。

そして使ってもよい人物は親しい同僚であったり自分の後輩などへの言葉として使用することになります。

仲の良い者同士であればこういったお礼の文章でも間違った使い方ではありませんが、やはりお礼という内容を考えていくと丁寧な言葉を使った方が自分の気持ちというものもわかってもらえることになり良い結果となるのは間違いありません。

そうなってくると「取り急ぎお礼まで」という言葉は最初から使わない方がいいのではないでしょうか?

目上の人にはもちろんですが親しい人に対してもあまり良い言葉とはなってきませんよね?

どういった経緯でこのような言葉が生まれてきたのか定かではありませんが、お礼に関して考えていけば最初から使わないほうが無難であることがわかります。

人に対するお礼の言葉は相手が上であれ下であれきちんと自分の気持ちを伝えなければいけません。

急いでお礼を言うことにも疑問を感じますし、とりあえずと意味をもつ言葉を使うのも変ですよね?

結論から言えば「取り急ぎお礼まで」という言葉は誰に対しても使わないようにすることが社会人としての信用を失わない為にも重要となることなのです。

それでは最後に取り急ぎという言葉を使わない場合、どういった言葉を選んでいけばよいのかをお話しします。

取り急ぎと似た言い回し

とにかく急いで相手に伝えたいような場面は仕事をしていると沢山出てきますが、メールの相手が取引先などの場合は「取り急ぎ」の言葉は使うことが出来ません。

また、それ以外にもメールで伝えたいないようがある場合などは言葉選びに非常に悩む時が出てきます。

そういった場合でもメールは送らなくてはいけませんので「取り急ぎ」のような意味を含む言葉を探さないといけませんよね?

また、取り急ぎという言葉自体はあまり良い印象は持たれないということから出来れば違う言い方に変えた上で相手方に自分の状況などを伝えていくことが必要になってきます。

その場合ですが、こういった言葉を文中にいれることによって相手にも意味の通じるものが出来上がってきますので参考にして下さい。

まずはとにかく急いでいる様子を表す言葉になります。

大至急

大至急と聞くとかなり急いでいる様子がわかりますよね?

文の中でこの言葉を見つけた場合には相手も何かしら急いでいるという様子がわかります。

例えばの例文ですが「大至急お伝えしなければいけない事がありご連絡致しました。」こういった文を入れてやることによって内容的には「取り急ぎ」を同じような意味合いになってきます。

これもまた緊急用のメール文章となり他の内容は極力避けるようにすることが大切です。

ですが「取り急ぎ」を使うよりはかなり丁寧な言い方に変わっていることがわかりますよね?

相手も本当に急いで伝えたい事だったのだと納得もしてくれる文章になっていますし、これであれば目上の人に送っても失礼にはあたりませんし、同僚などへ送る場合でも適切な言葉選びとなってきます。

大事なことはどういった人に対しても省略した言葉を使っていくのは極力避けていくということです。

同僚などへ使う場合でも数年後に目上の存在になってしまうかもしれませんよね?そうなった場合には「取り急ぎ」という言葉は二度と使ってはいけません。

不十分

「こちらはまだ内容的には不十分ではございますが、ご確認くださいますようお願い申し上げます。」などの文も代わりの言葉としては適切になってきます。

急いで作ったという事もわかりますし相手に対しての礼節も正しいと言えます。

不十分などの言葉はビジネスメールでも多用していく場面が多くなりますので自分でもどういった使い道ができるのかを調べてみることも大切なことになってきます。

大まか

取り急ぎに変わる最後の言葉としてご紹介するのが「大まか」という言葉になります。

これはどういったシーンでも使うことの出来る非常に便利な言葉ですのでメールなどではよく使用していきます。

先ほどの不十分の例文で見てみると「こちらの内容ですが、大まかな作業工程を作成しましたのでご確認くださいますようお願い申し上げます。」大まかというのも急いで作ったという感じになりますし緊急的なもので作成したということが相手に伝わると思います。

取り急ぎという言葉を使えない以上はこういった言い回しを覚えることも大切になってきますので今後の参考にしていただけたらと思います。

失礼な態度を足らない為に正しい使い方をマスターしよう

今回はビジネス用語などでよく目にする「取り急ぎ」という言葉についてお話しをしてきましたが、最終的にわかったことは使用するべき言葉ではないということです。

目上の人にも使えませんし親しい間柄への文章としてもイマイチな部分が出てきてしまいますよね?

お礼に関して言えば誰にも使ってはいけないという事がわかりますしビジネスにおいての「取り急ぎ」という言葉自体が必要になってきません。

この言葉と同じようなものは考えていけば沢山思いつくはずですし最後にご紹介した「大至急」「不十分」「大まか」の言葉だけでも意味の通じる丁寧な言い回しとなってきますのでこちらを使っていっても大丈夫と言えます。

ビジネス用語というものは常に相手のことを敬うという事が大切であり、少しでもおかしな点がある場合には使うことを控えなければいけません。

自分が意味を知らない場合などはきちんと調べるということも大切ですし、相手が怒ってしまうような状況になってから後悔をしてもすでに遅いのです。

言葉一つで自分の信用をなくしてしまうことほど馬鹿らしいことはありませんよね?自分としては最大の努力をしているつもりであっても相手に伝わらなくては意味のないことになるのです。

そういった事態にならないためにもビジネス用語の勉強というものは欠かすことのできない事であると理解して下さい。

今回の取り急ぎのように間違った使い方をしてしまうと自分だけではなく会社の信用も失ってしまう場合が出てきます。

そのような事になれば自分の将来的なことにも大きく影響してしまい、最悪の場合には会社を辞めざるを得ません。

言葉というものは相手に伝わってこと意義のあるものへと変わってきます。

伝えたいことを的確にする言葉選びは簡単なものではなく、それによって大きな影響が起るということも考えていくようにして下さい。

これまで取り急ぎという言葉に疑問を抱かなかった人であれば、今後のビジネス用語に対する姿勢を考え直してみませんか?

その行動を起こすことにより将来の自分を決めることにもなり安定した生活をおくる事が出来るのですから。