グローバルな時代になった今だからこそ、英語に関する知識は非常に重要性が高い存在になっているといえます。

外国の方と触れ合ったり、関わったりすることなども圧倒的に増えていますし、自分自身が携わっている仕事によっては英語の知識が必要だという仕事なども増えています。

また、仕事で関わりがなかったとしても、プライベートにおいても英語に触れ合ったりすることなどはとても多くなっています。

なので、英語に関する基本的な知識などは以前と比べて圧倒的に必要になっていると判断をすることができるのです。

そんな英語に関する知識というと、真っ先に思い浮かべることとしては英語の意味を理解するスキルが必要であると考えるのが一般的ですよね。

英語を喋れないにしても、簡単な英単語であったり、基本的な例文などに関しては知っているのが一般常識のラインに位置づけられています。

しかし、それ以外にもたくさんの方に該当する知っておいて損はないような知識が存在しています。

それは外国の方の名前に関係している、ファーストネームとラストネームです。

私たち日本人は一般的に考えてそこまで名前は長くはありませんし、理解に困ることはありませんが、外国人の名前となると話は別です。

どうしても理解がややこしくなってしまったり、意味がちぐはぐになってしまいがちで、正しい理解を得られないと感じている方が多いです。

しかし、外国人の方と関わる機会も増えていますし、本の著書などで外国人の方が執筆していたりするような状況も多くあります。

なので、知っておいて損にはならないですし、知っていてほしい英語に関する基礎知識にも該当します。

そこで、今回はファーストネームとラストネームはどのような意味なのか、その順番や覚え方などに関して詳しくご紹介していきたいと思います。

ファーストネームとラストネームについて、理解していない方はこの機会にファーストネームとラストネームがどういうものなのか、理解するきっかけとして活用してみてください。

️ファーストネーム、ラストネームって何?

そもそも英語に関するファーストネームであったり、ラストネームがどのような意味を持っている言葉なのかということよくわかっていない方が多いと思います。

英語に詳しい方であったり、外国人の方とよく関わったりする方であればお分かりになるかもしれませんが、英語に関する知識がない方からしてみると無縁の存在だからです。

しかし、先ほどもお伝えした通り、今はグローバルな時代に変化していますので、絶対に知っておいてほしい知識として位置づけられています。

場合によっては、知らないということで恥ずかしい状況を招いてしまったり、相手に対して失礼な言動を行ってしまったりする可能性なども十分考えられます。

一見すると難しい存在に感じられるかもしれませんが、知っておくとそこまで難しい内容でもありません。

なので、この機会にそれぞれの意味がどういうものなのか、どういう存在なのかということを正しく理解してみてください。

知っておくと、必ず活用できる機会があると思いますので、英語に関する基礎知識として身に着けておきましょう。

忘れやすくて、混同してしまう

ファーストネーム、ラストネームに関しては同じような名称なので、どうしても覚えても忘れがちになってしまったりすることが多いです。

また、同じような意味なのでそもそもの認識が間違ってしまっていたり、正しい認識がしづらいこともあります。

なので、どうしてもわかりにくいということで理解を放置してしまいがちな場合が多いです。

しかし、知らないということをそのままにしているといずれ困ってしまう状況がやってくる可能性があります。

知らないことは悪いことではありませんが、知らないことを放置してしまうのは良いことではありません。

なので、わからないのであれば理解できるように努めておくことが大切なので、この機会にファーストネーム、ラストネームをしっかりと区別できるようにしましょう。

忘れやすく、混同してしまいがちな名前だからこそはっきりと区別して覚えられるようにチャレンジしてください。

️ファーストネームとラストネームの違い


ファーストネーム、ラストネームについて正しい認識をするためには、まずはファーストネーム、ラストネームの正しい意味を理解する必要があります。

なので、まずはファーストネーム、ラストネームそれぞれの持っている意味についてご紹介していきたいと思います。

まずファーストネームはどのような意味を持っているかといいますと、ファーストネームは「名前(名)」という意味が存在しています。

より理解していただくために、具体例を挙げると鈴木一郎さんという日本名の場合は鈴木が姓であり、名が一郎になります。

なので、ファーストネームは日本名で考えてみると一郎を意味している言葉になるということです。

そして、ラストネームはどのような意味を持っているかといいますと「苗字(姓)」を意味している言葉になります。

つまり、先ほどご紹介した日本名の場合だと鈴木を意味している言葉になるということです。

なんとなくファーストという言葉を聞くと最初を想像してしまいますので、鈴木という言葉を連想してしまいがちになります。

しかし、英語に関してはファーストが名前、ラストが姓なのでまったくの逆になってしまうということになります。

なので、意味が混同しやすくなってしまいますし、理解がしにくい言葉になってしまうということになるのです。

最初は難しく感じるかもしれませんが、正しく認識しておけばそこまで難しい意味にはなりません。

まずはこの認識を正しく身に着けて、ファーストネームとラストネームの違いを把握しておきましょう。

️ファーストネームの他の表現

ファーストネームとラストネームの違いについて簡単にご紹介していきましたが、ここからはファーストネームという言葉についてさらに詳しくご紹介していきます。

先ほどファーストネームは「名前」を意味している言葉であるとご紹介しましたが、実はファーストネームという言葉以外にもそれを表す言葉が存在しています。

日本においてはあまり使用することはないかもしれませんが、外国ではファーストネームという言葉以外にも同じような言葉を意味する別の言葉を使用することがあります。

なので、若干ややこしく感じてしまいがちになってしまうのですが、正しく意味を理解していれば意味が混同したり、間違った認識をすることはありません。

では、ファーストネームという言葉以外に名前を意味する言葉にはどのような言葉が存在しているのか、簡単にご紹介していきたいと思います。

クリスチャンネーム

ファーストネームという言葉以外に同じような意味を持っている表現方法の一つとして「クリスチャンネーム」という呼び名が存在しています。

クリスチャンネームはファーストネームと全く同様の意味を持っている言葉であり、名前を意味している言葉として知られています。

人によってはなぜファーストネームの言葉と同じような意味を持っている言葉が複数存在しているのか?ということに対して不思議に感じている人もいると思います。

なぜかというと、そもそもクリスチャンネームとはキリスト教の信徒が先例を受けるときにつけられる名前として知られているからです。

意味合いとしては同じ名前を意味していますが、キリスト教の洗礼名として考えるとより分かりやすい意味につながると思います。

洗礼名と聞くと難しく感じるかもしれませんが、理解しておけばそこまで難しい意味合いにはなりません。

まず知っておいてほしい重要なポイントとしてはクリスチャンネームはミドルネームとしては扱わないということ、そし洗礼名・世俗の氏名の順番に記入するということです。

例えば、マルコというクリスチャンネームが鈴木一郎さんに存在していたとします。

その場合、マルコ鈴木一郎という順番に名前を記入する必要性があり、洗礼名はマルコということになるのです。

これを覚えておけば、意味があやふやになってしまったりするようなことはないと思いますので、安心してください。

大体の場合が聖人や天使の名前をとったりすることが多く、聖書からもらったりする例などもあるので、かぶることなどもしばしば存在しています。

また、正教会やカトリック教会、聖公会などによって呼び名が違っており、それぞれ聖名、洗礼名、教名というように呼び名が違っていますので、注意して覚えておきましょう。

ギブンネーム

次にご紹介するファーストネームという言葉以外に同じような意味を持っている表現方法の一つとして「ギブンネーム」という呼び名が存在しています。

ギブンネームは特に宗教などに関係している名前ではなく、単純にファーストネームという言葉と同じ意味を持った別の言葉であると考えることができます。

ではなぜファーストネームということ方ギブンネームという言葉をわざわざ分けて考えたりしているのかということが疑問に感じると思います。

それについて考える前にまずはファーストネームという言葉がなぜそのような名称になっているのかということを考える必要性があります。

先ほどもご紹介したように、ファーストネームに関しては自分自身の名前を意味している言葉です。

つまり、自分自身が生まれてから一番初めにつけてもらえる名前だということになります。

そして、言い換えてみれば、それは贈り物や、与えられるプレゼントのようなものであると考えることができますよね。

なので、ギブンネームという名前に変化して使用されているとも考えることができるのです。

同じような意味を持っている言葉でありながら、呼び名がいくつか存在していることが複雑に感じるかもしれませんが、一つ一つの意味合いはそれほど難しくはありません。

なので、ギブンネームとはどういうものなのか、改めて深く認識しておくようにしてください。

ファーストネームの覚え方


ファーストネームにはクリスチャンネームやギブンネームなど、様々な呼び名があるとうことをご紹介していきました。

では、ファーストネーム本来の意味合いにはどのような意味があるのかということについて簡単に触れていきたいと思います。

ファーストネームに関しては先ほどもご紹介したように自分自身が生まれてから一番初めにつけてもらえるのは前という意味になります。

なので自分の両親からもらった名前を意味しているものがファーストネームであるということになるのです。

私たちの両親からもらった名前というものは自分自身にとってもそうですし、両親にとってもとても特別な存在であると考えることができます。

それが結果的にファーストネームという言葉に結びつき、広くたくさんの方に認知されている言葉として存在しているということを覚えておいてください。

そうすることによって意味合いなども結びつき、あいまいな記憶にはならないようになりますので、意味や語源なども組み合わせて覚えておくようにしましょう。

ラストネームの他の表現

ここまではファーストネームに関連したことについてご紹介していきましたが、ここからはラストネームについての他の表現方法についてご紹介していきます。

ラストネームに関しても、ファーストネームと同様にほかの呼び名などが存在している言葉になります。

そして、先ほどご紹介したとおりラストネームに関しては自分自身の姓を表している言葉であるとご紹介しました。

では、ラストネームという言葉以外の呼び名にはどのような名前が存在し、なぜそのような表現方法が存在しているのかということを詳しく確認していきましょう。

ファミリーネーム

ラストネームという言葉以外に同じような意味を持っている言葉として「ファミリーネーム」という言葉が存在しています。

なぜラストネームはファミリーネームという言葉で表現されているのかと考えたときに、この意味合いに関してはそれほど複雑な意味合いではありません。

例えば、自分自身の苗字を考えてみると、家族全員がその苗字を共有していると考えることができますよね。

つまり、自分の家族を表している言葉であると考えることができるはずです。

なので、姓を意味しているラストネームに関しては、言い換えてみるとファミリーネームであると考えることができるのです。

ちなみに、意外と知られていないかもしれませんが、私たち日本人が苗字を全国民が名乗るようになったのは明治以降の時代になってからだと言われています。

なので、それ以前に関しては私たち日本人には苗字というものが存在しない人も存在していたということになるのです。

これに関しては日本だけではなくヨーロッパに関しても同じような現象が存在しており、昔は貴族のみが苗字を名乗っていたりした過去が存在しています。

そして意外かもしれませんが昔は自分自身を表現したりするときには自分のお父さんの息子の誰々です、もしくは職業から名前を借りて名乗っていたとされています。

例えば、よく聞く英語の名前としてアンダーソンという言葉などを耳にしたりする子tがあると思います。

これはアンダーという言葉が持っている意味である、アンドリューやアンドレという意味であり、ソンは息子を意味していますので、組み合わせて意味を伝えていたということです。

また、大工などの職業についていた方に関しては、昔はスミスという言葉を使って表現しており、日本においても祖先の苗字が職業からとられていることなどもあります。

なので、必ずしもファミリーネームは昔から存在していたものではないということも併せて覚えておくようにしてください。

️姓名の並びについて

ここまではファーストネーム、ラストネームとはどのようなものなのかということについてご紹介していきました。

ある程度ファーストネーム、ラストネームについて理解いただけたところで、ここからは姓名の並びの関係性についてご紹介していきたいと思います。

私たち日本人にとっては姓名の並びなどに関しては一般的には姓+名前で統一されています。

姓名が逆になっている人などはいままで見かけたことなどはないと思いますが、それはあくまで私たち日本においての話になります。

世界的に考えてみると、これが一般的であるとは言えずに、それぞれの国の文化などによってこれらは変化するものであると考えられます。

まずが姓+名で考えられている国にはどのような国があるのかといいますと、日本をはじめ、中国や台湾、韓国、北朝鮮などのアジアの国々がそれにあたります。

なので、アジアや漢字を使う国などに関してはそれらの風習があると考えていただければわかりやすいと思います。

では、その逆に姓+名以外の並びになっている国はどういった国が存在しているのでしょうか。

具体的な例を挙げるとヨーロッパ圏に住んでいる人達の場合はこれが逆になっていると考えることができます。

つまり、名+姓になっていると考えることができるということです。

しかしながらヨーロッパ圏だったとしても、例外が存在しておりハンガリーなどに関しては日本と同様に姓+名で自分の名前を名乗っているような国などもあります。

これは遊牧民だった祖先の影響ではないかといわれているのが有力ではありますが、確定的な証拠にはなっていません。

なので、自分たちの国々によって全く文化が異なり、どれが正解であるかということ自体が存在しないということを覚えてください。

️ファーストネーム、ラストネームを使用するシーン

ファーストネームやラストネームに関してはどのような場所で使用するのか?ということがいまいちピンと来ていない方もいると思います。

そもそも外国出身の方と知り合ったり、関わったりする機会が多い方は必要かもしれませんが、それ以外の方には必要ない知識だと判断されやすいかもしれませんね。

しかし、よくよく考えてみると、意外な場所でファーストネームやラストネームなどは必要な知識として利用する場合があります。

ではどのような場面においてそれらを活用することができるのかということに関して具体的にご紹介していきたいと思います。

これを知っておけば、ファーストネームやラストネームに関する知識を身につける必要性があるないの判断をすることができるようになります。

また、どのような方においても必要になるケースがあるということをより理解し、知識の必要性を明確に感じることもできますので、確認してください。

英語学習者

ファーストネーム、ラストネームを使用するシーンにとしては「英語学習者」が該当するといえます。

なぜかといいますと、英語学習者に関しては英語にまつわる様々な知識を身につけておかなければいけないからだと言います。

英語学習者は必ずしも英語を話すことができる能力だけを身につけておけば良いというわけではありません。

当然ながら英語に関する知識が必要ですし英語を喋れるようになるということは非常に重要なスキルになると考えられます。

しかしながら英語学習して実際に外国出身の方と意思疎通などを行ったりするのであれば、言語だけではなく様々な文化や習慣なども理解しておく必要性がありますよね。

例えば、逆に考えて、もしも日本語を問題なく話すことができたとしても日本の文化に対して全くの無知であると考えるとどうでしょうか。

おそらく大きなギャップを感じてしまう結果になってしまったり、場合によっては相手の文化を知らないことにより関係性が悪化してしまうことも考えられます。

少し大げさに話しをしましたが、いずれにしても英語を学習して外国の方とコミュニケーションをとるのであれば相手の国の文化を知るということは大切なことです。

なので英語学習者に関してはファーストネームやラストネームなどに関する基礎知識などは身に着けておく必要性があり、使用するシーンは多いと考えることができます。

もしも今現在英語を勉強しているのであれば、英語だけではなく相手の国の文化なのに関しても着目して考えてみると広い視野で物事を判断することができるはずです。

海外留学

次にご紹介するファーストネーム、ラストネームを使用するシーンとしては「海外留学」が該当するといえます。

なぜ海外留学をする方はファーストネーム、ラストネームを使用するのかと考えると、海外に行くということは当然、現地の人と関わりを持ち、関係性を築く必要性があるからです。

海外に留学するということは、言い換えてみれば相手の国の文化の中で生活をするということになります。

例えば極端な話ですが今まで自分が住んでいた国では違法ではなかったとしても、海外では
同じ行動が違法であったりすることなどもありますよね。

それらと同じように、相手の国に行くということは相手の国の文化やルールの中で生きていくということになりますし、当然それを尊重したり理解しておかないといけません。

それは法律などのルールもそうですし、それぞれの場所での細かい決まり事、礼儀、基礎知識などもすべて該当します。

つまり、ファーストネーム、ラストネームといったようなその地域での一般常識を理解しておかないといけないということになります。

海外に留学するのであれば当然その国の人たちとの関わりというものは絶対的に避けることができない存在であり、むしろそれが目的で海外に留学している場合もあります。

なので、たくさんの人間と円滑に信頼関係を築くためには相手の国一般常識をしっかりと頭に入れておく必要性があります。

だからこそ結果的に海外留学をする人はファーストネームやラストネームを使用するシーンに該当し、必要な知識であると判断をすることができます。

海外旅行

次にご紹介するファーストネーム、ラストネームを使用するシーンとしては「海外旅行」が該当するといえます。

これに関してはあえて説明するまでもないと思いますが、海外旅行に行くということは当然現地の方と触れ合ったりする機会などが発生してきます。

例えば、海外旅行に行けば当然様々なお店などに立ち寄ったりして、様々なサービスを受けたりすると思いますし、人との出会いなども当然あります。

なので、現地の人と関わったりするということを考えてみると先ほどご紹介した海外留学と同様に必要な知識になるということが予想できます。

アジア圏であれば特に問題ないかもしれませんが、ヨーロッパ圏になるとどうしてもファーストネーム、ラストネームに関する知識は身に着けておく必要があります。

また、自分の名前を名乗るときもまた同様に必要な知識になります。

なぜならば、自分の名前を名乗るときに何の知識もなくそのまま名前を名乗ってしまった場合、日本名の姓と名前が逆になって相手に伝わる可能性もあります。

つまり、自分にとっても相手にとっても勘違いを生みやすくなりますので、注意しておく必要性があります。

なので、結果的に海外旅行に行くときにはファーストネーム、ラストネームの意味を把握し、使用するシーンとしては該当すると考えることができます。

️知っておくと便利!苗字と名前が逆になる国

ここまではファーストネーム、ラストネームを使用する具体的なシーンについてご紹介していきました。

ある程度ファーストネーム、ラストネームを使用するシーンを理解いただけたところで、ここからは日本とは苗字と名前が逆になっている国についていくつかご紹介していきます。

先ほどお伝えしたように、苗字と名前が逆になっているのがヨーロッパ圏が該当するとお伝えしました。

では、具体的にどのような国々がそれらにあたるのかということをご紹介していきますので、これからご紹介する国に足を運ぶ機会があれば注意してみてください。

フランス語圏

まずはじめにご紹介する苗字と名前が逆になってしまう国として挙げられるのが「フランス語圏」です。

フランス語圏はその名前の通り、フランス語が公用語として設定されている国々をあらわさいている言葉です。

では、フランス語圏には具体的にどのような国々が存在しているのか気になると思います。

具体的にはフランス、ベルギー、モナコ、スイス、ルクセンブルク、ジャージーなどが該当している国々に当たります。

そして、アフリカも該当している国が存在しており、ガボン、カメルーン、ギニア、コートジボワール、コンゴ共和国など様々な国が該当しています。

こうして考えてみると想像以上に様々な国が存在していることがお分かりいただけるはずです。

日本とはかなり距離が離れていますので、なかなか関わったり、足を運ぶ機会などは少ないと思いますが、注意しておきましょう。

スペイン語圏

次にご紹介する苗字と名前が逆になってしまう国として挙げられるのが「スペイン語圏」です。

スペイン語圏にはアルゼンチン、ウルグアイ、エクアドル、コロンビア、パラグアイ、ボリビア、ペルー、チリなどが存在しています。

また、メキシコ、キューバ、グアテマラ、コスタリカ、ドミニカ、ニカラグア、パナマ、プエルトリコなども該当しています。

かなり広い地域でスペイン語は使用されていますので、当然これらの地域は日本とは違い苗字と名前が逆になっているということになります。

今まで私たちが当たり前に思っていたことも世界を基準にして考えてみると、あまり一般的ではないということが想像できるようになると思います。

ドイツ語圏

次にご紹介する苗字と名前が逆になってしまう国として挙げられるのが「ドイツ語圏」です。

ドイツ語圏はどのような地域が該当しているのかといいますと、もちろん名前の通りドイツが該当しています。

そして、ドイツをはじめオーストリア、リヒテンシュタイン、ルクセンブルグなどが存在しています。

ほかに言語と比較してみるとそこまでたくさんの国ではない印象を受けますが、面積にして考えてみるとそれなりに広い地域で使用されています。

ヨーロッパにおいてそれなりに広い地域になりますので、これらの地域も苗字と名前が逆になっているということをよく注意しておいてください。

イタリア語圏

次にご紹介する苗字と名前が逆になってしまう国として挙げられるのが「イタリア語圏
」です。

イタリア語圏はどのような国が存在しているのかといいますと、イタリア、サンマリノ、スイスなどが該当しています。

数としてはそこまで多くありませんが、これまでご紹介してきた国々も併せて考えてみると世界的には広い範囲で苗字と名前は逆になっています。

なので、出会い人に出身によっては名前を伺ったり、相手の名前を読んだりするときにはしっかりと注意しておくようにしましょう。

️ファーストネームとラストネーム、しっかり覚えよう!(まとめ)

今回はファーストネームとラストネームをテーマにして、意味であったり、使い方、どのようなシーンで利用するのかということについてご紹介していきました。

また、ファーストネームとラストネームが日本とは逆になっている地域などについても詳しくご紹介していきました。

ある程度ファーストネームとラストネームについて理解いただけるようになったと思いますので、これからは注意して相手の名前を聞いてみてください。

これらの注意点をしっかりと知っておくことにより、様々な面で役に立つ知識として活用できるようになるはずです。

また、海外に足を運ぶ機会が多い方にとっては非常に大事な知識になりますので、必ず知らなかった場合は知識としてインプットしておくようにしてください。