最近テレビや雑誌などのメディア媒体で活躍するようになった人たちをブレイクした人と言い、同様に流行り出した物にもブレイクと言うワードを使用します。

このようにどなたにでも認識されたりすることなどを通称としてブレイクしたと言います。

しかし、なぜこのような状態をブレイクしたと言われるのかに対してはほとんどの人が具体的な内容を分かっていません。

テレビで使われているから、みんながそう言っているからなどと言って使用している人たちが多いのです。

また、人によってはブレイクしているものの捉え方に差があります。

もともとは、英単語であり、意味もそれなりにあるのです。

日本で最近使われるようになったのが流行ると言う意味で使用されていますが、意味はいっぱいあるので、たまにそこで使うといった場面に出くわすことがあると思います。

また、意味もわからずに使用している人もいるので、実は結構間違った場面で使用されていることもあるのです。

そこで今回こちらの記事ではこのブレイクに関する情報をいろいろとまとめてみました。

また、流行ると言う意味で今後ブレイクしそうなことにも着目して記事を作成しましたので、未来を見る感じで読むことができますよ。

ぜひ、改めてブレイクというワードを覚えてこの先生きていく中で活かして行きましょう!もしかしたら、数年後にあなたがブレイクしている可能性だってあるのですから!

ブレイクについての解説

もともと英語で習う時は「壊れる」と言う意味で習った方が多いと思います。

しかし、世の中ではなぜか流行るという意味で使用されているケースが多く、そのため、各種メディアでも今年のブレイクはと言うような感じで取り上げることが多いです。

実際にブレイクしなくてもそのように取り上げることも多いので、当たる当たらないはどうでもよい感じになっています。

最近では芸人などで今年ブレイクしそうなコンビを当てるといったことを世間でしているとも言われています。

一昔前は、ブレイクしそうな歌手、バンド、音楽グループを当てるというのが流行っていたのですが、現在はお笑いブームの影響がまだ残っているので、そちらの方に着目が行っているようです。

しかし、ブレイクには当然ながら流行るという以外でも意味は持っています。

「壊れる」もそうですが、他にもあって、以外と日常的なことになっている場合があります。

そこでまずはブレイクのワードの意味から解説していきたいと思います。

おそらく知っていると言う意味もあるかと思いますが、改めて知ることで今後は丁寧できちんとした使い方ができるようになりますよ。

日本は他国と比べても言葉多い国なのです。

そのため、英単語1つとっても複数の言葉や意味が混在します。

故に正しく覚えていないと間違ったまま使用している危険性も非常に高いのです。

ブレイクの意味

もともとは英単語であり、それが和製英語的な感じに使用され始めたことから世の中に浸透したワードでもあります。

主に流行ると言う意味で大きく浸透していますが、もともとの意味としては壊れると言う意味があります。

しかし、最初に壊れると習っても、徐々に流行ると言う意味で理解している人が多くなっています。

しかし、何度も言いますように意味はたくさん持っています。

単に「壊れる」や「流行る」などの意味だけではないのです。

まずはブレイクの意味から覚えていきましょう。

ブレイクの意味を分かれば間違った使い方をしなくなるだけでなく、使い方にバリエーションが増えるので以前よりも自信を持って使用することができますよ。

言葉が多い国日本なので、他国の言葉に多くの意味がついてしまうのは仕方ありません。

故にしっかり覚えないと後世にまで間違った意味として伝染してしまう恐れがあるのです。

英語「break」の意味

英単語として記述すると「break」と書きます。

一般的な意味としては「壊れる」と言う意味がメジャーです。

何かを壊すとブレイクと言っていました。

この壊れるからいろいろと派生していろいろな意味が生まれたと言われています。

中には日本で独特に使用されている意味もあるので、外国人に使用すると首をかしげる人もいるほどです。

ここでは一旦、日本的な考え方を離れて本来の意味を素直に見つめてみましょう。

日本の場合、既成概念などが強すぎて、なかなか本来の意味を理解しようとしないのです。

しかし、本来の意味を知って使ってこそ、言葉として意味を表すので、ここはしっかり理解しましょう。

今の日本の状況を考えると、今後もブレイクだけでいろいろな意味が出来てきそうなので、本来の意味をしっかり理解しておくことが大切です。

壊す・壊れる

ほとんどの人は、このブレイクの意味を最初に教わるのが、この「壊す・壊れる」だと思います。

主に物を壊すことを表しているので、物が壊れた時などに使用しているケースが多かったです。

しかし、この壊すと言う意味がいろいろな意味に派生したと考えられています。

要は流行ると言う意味も社会の流れを壊すものと言うから派生した感じで捉えているのです。

つまり、流行ると言う言葉の中にも壊れるという意味が入っているのです。

その人の考えを壊してこちらに向けさせると言う意味なのです。

つまり、考え方なども壊すことを表すために流行ると言う言葉が混ざっているのです。

壊すというとマイナス的な感じに捉えてしまう人が多いのですが、マイナス的な要素ばかりではないのです。

実は相手にいい影響を与える意味でも壊すと言う意味があるのです。

中断する

一旦、休憩をはさむ感じのような意味の中断するという感じでブレイクと言う言葉を使用することもあります。

壊すと言う意味や概念がないように見えますが、実はそんなことはなく、今の流れを壊すと言う意味で中断という意味があります。

つまり、時を止めること、流れを止めること、大きく考えて壊すと言う意味に直結するらしいです。

そのため、中断することをブレイクすると日本でも言います。

仕事中に、そろそろブレイクするかといった言葉が一昔前は当然のように使用されていたこともあります。

最近は使う人が減ってきているような感じもありますが、未だに使用している人もいるので、まだまだ健在しています。

と言うよりも本来の意味でもあるので、休憩の際に使用してもなんの問題もないのです。

えっ!と思う人は、意味をしっかり理解していない人と言えます。

急に現れる

人や物が急に現れると言う意味で使用されることもあります。

これはその人や物が現れることでそこにいい影響を与える。

そこに新しい流れを生むと言った感じのことになっているから使用されているのです。

ここでも実は壊れるという意味が隠されているのです。

いい影響を与える。

裏を返せばその状態を壊して良くすると言う意味もあります。

また、新しい流れを生む、今までの状態を壊して新しい流れを生んで作り変えると言う意味なので、壊れるという意味があるのです。

ある意味この急に現れるが流行ると言う意味にも直結するのだと思います。

日本でブレイクするようなものは急に現れてすぐに浸透されるような感じのするものばかりです。

そのことからも予想する人もいますが、ある意味予想がしずらいのがブレイクするものなのです。

この意味から派生したものがよく使用される

以上のようにこの3つの意味からいろいろと派生した意味が日本では多く生まれています。

主には壊すと言う意味を中心にいろいろな意味が生まれているのです。

何度も言いますように、日本は言葉が多い国なので、いろいろな意味が当てはまってしまうのです。

流行ると言う言葉がこのワードに当てはまってしまったと言います。

流行ると言うのは、それまでの時代に変化を与えることでもあるので、ある意味それまでの雰囲気を壊すことでもあるので、何かがブレイクしたことによって、既成概念が壊れたと言うこともあるのです。

ある意味、ブレイクは時代や国を変えてしまうほどの勢いがあるのです。

軽々しく使用している人が多いですが、実はとても重要なワードでもあるのです。

故にはっきり本来の意味を理解していることが大切になってくるのです。

よく使われる派生して使われるブレイクの意味

ここまでの説明でブレイクの本来の意味を理解できたと思います。

そこでここからはよく使用される意味を説明します。

主に日本では様々なことで使用されています。

しかし、その使い方が正しいのかどうかを真剣に考えたことはないと思います。

つまり、もしかしたら間違った使い方をしている人がいるかもしれないのです。

言葉が多い国日本なので、最もな使い方を説明することで、間違った使い方をしないようにできますので、ぜひ、しっかり理解しましょう。

そうすれば、なぜ、芸能人や物などがブレイクするかの意味もわかりますよ。

また、マイナス的な要素だけでなく、プラスの要素としてもブレイクを捉えることができるので、改めてブレイクの凄さをわかることが出来ますよ。

ぜひ、しっかり理解してブレイクを正しく使えるようにしましょう。

そうすることで、仮に数年後にブレイクに新しい意味がついても対応出来ますよ。

休憩する

中断するなどの意味に派生してよく使用されるのが休憩すると言う意味です。

よくブレイクタイムなどと言って、会社などでは休憩時間を設定しています。

いろいろな意味から派生してはいますが、主なのは、中断すると言うことです。

しかし、ここにも壊すと言う意味が含まれています。

要はここまでの仕事でたまったストレスを壊すと言う意味での休憩もあるのです。

仕事をしているとストレスもたまるし、モヤモヤも溜まってしまうのです。

そんな状態で仕事を続けても意味がありません。

そこで中断も兼ねてストレスやモヤモヤを壊すための休憩としてブレイクが使用されています。

ブレイクタイムはただの休憩ではないのです。

ストレスやモヤモヤを壊して、気分をリフレッシュさせるための休憩としてブレイクがあります。

コーヒーブレイク


近年、スターバックスやドトールなど、コーヒーを専門にしているショップが増えていますが、ある意味コーヒーブレイクを求めている人たちが増えた証拠です。

昔は敷居の高い人が使う感じの匂いがぷんぷんしたコーヒーですが、最近ではどなたでも利用するような感じになっています。

要はUP層の人たちのものがどんどん落ちてきていて一般的に浸透したのです。

そこで、コーヒーブレイクですが、その名の通り、コーヒーでブレイクする。

コーヒーで休憩すると言う意味です。

コーヒーに含まれているカフェインがリフレッシュ効果があるので、それで気分転換ができると言う意味です。

コーヒーを持ってこれまでのモヤモヤした状態を壊すと言った感じになっているのです。

ティーブレイク

コーヒーブレイクもそうですが、最近ではティーブレイクも流行っています。

所謂、紅茶でブレイクすることです。

もともと、紅茶はヨーロッパでは貴族が嗜む者として、上流層の飲み物でしたが、これもコーヒーと同様に一般層にまで浸透してきたのです。

そのせいか最近では紅茶でも種類が増えてきています。

それまで紅茶にすると言った感じの素材までもが紅茶にしているのです。

紅茶にもいろいろと気分をリフレッシュしてくれる効果のある成分が入っているので、休憩にはもってこいだし、モヤモヤした気分やストレスを壊すことができるのです。

また、上流の気質を少しでも味わうことができるのも、気分のリフレッシュになっているようです。

このように休憩や壊すといった意味を両方兼ねそろえて使用されているケースもあります。

人気になる

所謂、人気になって流行り出してブレイクすると言われていますが、これは壊すと言う意味を違った見方をした場合から生まれたと考えられています。

要は今までにないものが誕生したような感じでそれを世の中に浸透させたということで、色を変えてしまった。

これまでの色を壊してしまったという意味があるので、何かが人気になったり流行ったりすることをブレイクしたと言うのです。

要は世間や相手に影響を与えることは世間や相手を変えることであり、それが壊すと言う意味でも捉えることができるのです。

つまり、流行るからという側面ではなく、流行ったことで世間や人を変えたからブレイクしたということになったのです。

ただ、そのためにも人気になるのが必須であり、人気になるにも人がその方向に向かないと無理なので、ある意味ココでも向きを変えたと言うことでブレイクに繋がったと言えます。

話題になったりブームになること


では、人気になるとどうなるかと言いますと、一気に世間に認知されるので、ブームになったりして、知らないことが恥のような感じもします。

一昔前は、テレビや雑誌などのメディアがブームを作っていましたが、現在は、ネットがその役割をしているような感じもします。

しかし、よくよく考えると世に浸透するものを作り出している根源が女子高生にあるのではないかとも言われていて、現在では女子高生から情報を拾ってブームを作りだそうとしている会社もあり、また、何としても女子高生に浸透させてブームにつなげようとしている輩もいらっしゃるほどです。

ブームになると、世間を変えることになり、これまでの流れを壊すと言うことになっているので、ある意味ブレイクすると言えるのではないでしょうか。