社会人になるとこれまで関わったり体験したことがないような様々な出来事を経験するようになります。

だからこそ、学生だった方は社会人になると様々な出来事を経験し、これまでの環境とは一変した状況の中で過ごしていかなくてはいけなくなります。

とても大変なことが多いですが、それが社会というものであり、いつか必ず経験しなければいけないようなことばかりなので、立ち向かわなければいけません。

ビジネスの場で経験したことや体験したことが自分自身の経験やスキルとなり、自分自身をいつか必ず成長させてくれる要因になりえるといっても過言ではありません。

だからこそ少しでも他の人よりも様々な経験を多く積み重ねた方が自分自身を早いスピードで成長させていけるということにつながります。

しかしながら、様々な出来事がありすぎて簡単に知識が追いつかないようなことなどもたくさんありますよね。

だからこそ、自分自身がわからないことを分かろうとする積極的な気持ちを持つこと自体が一番大切なことであると判断することができます。

そこで、今回は社会人になって初めて知るような難しい書類である念書をテーマにし、念書とはどういう意味なのか、そしてどのような使い方なのかということをご紹介します。

社会人になると様々な書類を記入したり、作成したりするようになります。

書類の意味もわからないようでは、作成することも無理ですし、記入するのも不安になるはずです。

だからこそ、社会人の常識のひとつとして、普段目にする機会が多い書類などの意味については早い段階で知っていただく必要性があります。

なので、もしも念書という書類の意味や使い方を知らないのであれば、この機会に念書とはどういうものなのか、正しく判断できるようにしてみてください。

念書とは何?意外と知らない基本なこと


そもそもあなたは念書という言葉を聞いたことがありますか?

おそらく人によっては聞いたことがあると答える方もいますし、人によっては全く聞いたこともなければ見たこともないという方もいると思います。

しかしながら先ほども伝えしたように社会人になれば必ず念書という言葉を耳にしたり目にしたりするようなことは多くなると思います。

なぜならば、念書という存在はビジネスの場面などにおいて用いられることがとても多くなるからです。

だからこそ、社会人としての経験がないような人はどうしても目にしたり耳にしたりするような機会が少なくなってしまうのです。

ただ、学生の方でもアルバイトなどを行っている方は目にしたことがあると答える方もいるかもしれませんね。

いずれにしても知らない人がこの機会に念書とはどういうものなのか、あらかじめ知っておいたほうが必ず後々困らないようになります。

なので、まずは念書という存在が何を意味しているものなのか、そして念書という存在はどのようなタイミングで必要となるのかということをご紹介していきます。

念書とは?

念書という言葉は、言葉の意味を考えてみてもなかなか意味が想像つかないような言葉かもしれませんね。

だからこそどのような意味を持っているのかなかなか推測しにくいので、意味がわからないと感じている方がとても多い書類なのです。

社会人になると念書という書類以外にも様々な種類を見たりすることになりますし、作成したり記入したりするようになります。

また、どの種類もとても難しい名前の種類が多くなってしまったりしてそれぞれの区別がつかなくなってしまうことが予想されます。

しかし、社会人たるもの、意味のわからない書類にサインをしたり、記入したりするということはとても愚かな行動になってしまいます。

責任が伴い社会人という立場になるからこそ、書類の意味くらいは早い段階で知っておくようにしましょう。

まずは具体的な念書の意味、そして記入するタイミングなどについて考えていきましょう。

意味

念書とはどのような意味なのかと考えた時に「約束事を証明する書類」のことを意味しています。

相手と約束をしたりするということは日常生活の中でもとても多いと思います。

しかしながら日常生活の中で相手と約束をしたりすることと、ビジネスの世界で相手と約束をすることについては全く重要度が異なりますよね。

例えば、日常生活の中での約束に関しては口約束で相手と約束をしたりすることがとても多いと思います。

なぜならば、あえて書類を交わしたりする必要性がないくらいの約束のレベルである場合がほとんどだからです。

具体的には、友達のゲームを5.000円で売ってもらうという約束をわざわざ書類を記入して約束したりしませんよね。

しかしながら、ビジネスにおいての約束はそれとは全く違いますよね。

場合によっては金銭的なやりとりが発生する可能性もありますし、それ相応のリスクが伴う約束をする場合なども当然ながらあります。

なので、プライベートの約束と違ってビジネスの上での約束に関してはしっかりと書類を交わしたり、非常に慎重に行うことがほとんどです。

もしも書類などがなく、ただの口約束となってしまった場合、それを証明するようなものがなければそれは約束ではなくなってしまう可能性もあります。

つまり、裏切られてしまう可能性もあるので、だからこそ書類を記入したり、用意したり、きちんと相手と約束を交わす必要性がビジネス上にはあるのです。

その必要性がビジネス上にはあるということを考えていただければ、念書という存在の重要性などがよくお分かりいただけるはずです。

つまり、念書は相手と協議した内容などを記入し、相手に約束を守ってもらうために必要な書類であると考えることができます。

記入した人は念書に記入されている内容を守り、責任を負いながらそれを行う必要性があるということになるのです。

書くタイミング

念書とはどのような意味を持っている存在なのかということについて簡単にご紹介していきました。

では、念書を記入するタイミングはどのようなタイミングや場面があるのかということが疑問に感じたりする人もいると思います。

念書を記入するタイミングは実は想像以上に様々な場合が存在しています。

例えば、会社と雇用契約を結んで仕事を始めようとした時に関しては様々な書類を記入したりすると思います。

そのような労働契約を結んだ時に念書を記入したりする場合もありますし、逆に会社を退職した場合に記入したりするような時もあります。

また、会社の費用をかけた状態で海外研修に参加したりするときであったり、事故や事件を起こしてしまった場合などに記入したりする場合もあります。

なので、想像以上に様々なタイミングで記入をする必要性がある書類であると考えることができます。

では、そのようなタイミングでなぜ念書を記入しなければいけないのか次に疑問を抱くようになると思いますので簡単に解説していきます。

例えば、会社を退職した時を例に挙げて考えてみましょう。

会社を退職する場合は大抵の場合会社で勤務していた時に知りえた情報などを口外してはいけないということを約束したるする場合がほとんどです。

業務を行っていれば当然ながら個人情報を知ってる機密情報を知ったりすることが当たり前にありますよね。

しかしながら、会社を退職した後その個人情報や機密情報を好き勝手にばらまいていいのかと言われれば当然そうではありません。

そのようなことをしてしまうと大事件に発展してしまったりして会社の信頼が地に落ちてしまうことがすぐに分かります。

だからこそ会社を退職した時には会社で知り得た個人情報や機密情報などは口外しないということを約束しそれを念書という形で記入しなければいけないということになります。

この具体的な例を想像してみれば先ほどご紹介した念書を記入するタイミングがなんとなく考えられるようになるはずです。

念書に書き込む内容


ここまでは念書がどのような意味を持ち、どのような場面で記入するのかということについて触れていきました。

ある程度念書の概要がわかったところで、ここからは念書に書き込んでいく内容などについてご紹介していきたいと思います。

実際に念書を記入したことがあるという方はよく分かっていると思いますが、まだその存在を目にしたこともない人からしてみると何を記入すればいいのか分からないと思います。

しかし、長い人生を生きていれば必ず念書を記入したりするような場面に立ちあったりすることは必ずあります。

なので、あらかじめどのような内容記入しなければいけないのかということなどについてある程度把握をしておく事がとても大切なことです。

もしも念書に何を書き込めばいいのかよくわかっていないという方に関しては、これからご紹介する記入する内容についてよく確認をしておいてください。

タイトル

まずはじめにご紹介する念書に書き込む内容の一つとして「タイトル」ということが挙げられます。

なぜタイトルを記入しなければいけないのかと言いますと、そもそもこの書類は何の種類なのかということをきちんと明らかにしておかなければいけませんよね。

ただ文章が書かれているだけでタイトルが何も記入されていなかった場合結局何の書類なのかということを示せないということになります。

なので、必ず念書にはタイトルを書きこむようにしておいてください。

タイトルをまずはしっかりと記入しておく事によってどういう種類なのかということが一目でわかるようになります。

これはどのような書類に関しても全く同様のことになりますので必ず注意をして記入するようにしてください。

相手の氏名

次にご紹介する念書に書き込む内容の一つとして「相手の氏名」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと個人間での記載なのであれば相手の氏名が必要ですし、会社相手に記入するのであれば相手の会社名も記入する必要性があります。

一般的には相手の会社名や、具体的な相手の会社の個人名などを記入したりすることが多いと思います。

なぜ相手の氏名などを記入しなければいけないのかと言いますと必ず書類などを記入する場合はこの書類を誰宛てに書いているのかということを明確にする必要性があります。

なぜならば、誰に対してこの書類を記入したのかっていうことが分からなければその書類自体が全く意味がなくなってしまうようになりますよね。

例えばあなたが手紙を書いたとして宛先を書いていないと、当然届きませんし、だれに対して記入しているのかわからなくなります。

なので、念書においてもそれは変わらず、必ず誰に対して記入しているのかということを相手の氏名を記入してわかるようにしておいてください。

年月日

次にご紹介する念書に書き込む内容の一つとして「年月日」ということが挙げられます。

なぜ年月日を書かなければいけないのかと言いますと、どのような書類に関しても同じですが必ず年月日を書いておかないといつ書いてるのかわからなくなるからです。

大抵どのような書類に関しても右上に小さく年月日などは記入するスペースが存在しています。

例えば平成何年、何月、何日といいように記入することが必ずあるはずです。

もしもこれを記入していなかった場合、そもそもこの書類自体がいつ書かれたものなのか全くわからなくなり意味がなくなってしまうことになります。

例えば、年月日が記入されていないようなものを約束の証明として提出したところで、それが過去のものであればあまり効果をなさない可能性がありますよね。

きちんと年月日を書いておかないとそれが今も有効の約束なのかということがはっきりできないので必ず年月日は記入するようにしてください。

ついうっかり忘れてしまいやすい場所に存在していますので、必ず書類を記入する際には反復して確認しておくようにしておきましょう。

内容

次にご紹介する念書に書き込む内容の一つとして「内容」ということが挙げられます。

これに関してもわざわざ説明するまでもないと思いますが、そもそも書類を記入する際に内容がなければ何の意味もありませんよね。

例えば、タイトルが記載され念書と書かれた書類があったとしても、その内容が白紙であれば結局意味がない書類になってしまいます。

これはどのような書類も全く同じであり内容がなければそもそもただの白紙の用紙であるのと全く変わりがありません。

内容を記入し、必要な事項すべて記入して初めて書類として意味があるようなものになり、必要なものになります。

なので、内容が記載されていないと何も始まりませんので、念書に書き込む内容として必ず忘れてはいけない存在であると言えます。

作成日付

次にご紹介する念書に書き込む内容の一つとして「作成日付」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますとそもそも書類を作成する際にはその書類を作成した日にちを記載しておく必要性があります。

先ほどご紹介した年月日に関してもそうですが、書類の年月日や書類の日付というものはとても重要な項目になります。

これが曖昧になってしまうことによって結果的に書類の意味がなくなってしまうということは当然ながら起こりえます。

なので必ず作成の日付に関しても忘れないようにきちんとした日付を記入するようにしてください。

いちいち作成する際に記入するのは面倒くさいかもしれませんが、ちょっとしたことで意味がなくなってしまうので、神経質すぎるくらいに確認はしておくようにしてください。

署名

次にご紹介する念書に書き込む内容の一つとして「署名」ということが挙げられます。

これに関してもどのような書類と全く同じですが必ず書類を記入した際にはその書類を記入したということで署名を書いておく必要性があります。

何かの種類を記入した際には自分の名前を記載したり、自分の名前の横に印鑑などを押したりすることがほとんどですよね。

これがなければ意味がないものになってしまいますので必ず確認をしておく必要性があります。

名前だけやっても印鑑がなければ意味はないというものなども多く存在していますので、この手についても必ず細く確認しておくようにしなければいけません。

法的に意味はない

念書とは相手との約束事を証明する書類という意味がある、とご紹介していきましたが、人によっては勘違いしてしまっている場合があります。

それはどういうことかと言いますと念書自体に対して法的な効力を持っていると考えている方がいるかもしれませんが残念ながらそれは間違いです。

おそらくここでたくさんのかと疑問を持つと思うのですが、法的な効力がない書類を記入させたところで意味がないのではないかと感じる方もいると思います。

当然ながら電車には法的な強制力や拘束力がありませんので場合によってはその書類自体があまり意味がないものに成り下がってしまう場合もあります。

しかしながら、念書は全く意味がないものなのかと問われると当然ながらそうでもありません。

きちんと意味があるからこそ念書は記入されていますし、約束をする場合には書かなくてはいけないものになっています。

では、どのような意味があるのかということについて詳しくここからご紹介していきたいと思います。

裁判になると意味がある

先ほどもお伝えしたように念書に関しては法的な効力や強制力、拘束力などは持っていません。

しかしながら全く意味がないものではなく念書は裁判になると意味があるものになるという特徴を持っています。

これはどういうことかと言いますと、裁判が行われる際は当然ながら様々なことを相手と言い争ったりするようになりますよね。

当然ながらお互いの意見が食い違っているからこそ争いになるのであって、どちらの意見が正しいものなのか正当なものなのかということを裁判の場で確認をしていきます。

そのような時に先ほどご紹介した念書があるないということを考えてみれば、念書がいかに重要な存在の書類なのかということがわかるはずです。

つまり、念書は裁判の場で提示したりすることで意味を持つような書類であり、まったく意味がないものではないということになります。

裁判官が過去の事実の存在を推理するために使われる

相手と裁判をして言い争ったりする場合、念書があるないということで大きく展開が別れる、重要な書類であるということをお伝えいたしました。

ではなぜ念書があると裁判の場では大きな意味を持つようになるのかということについて具体的にご紹介していきます。

先ほどもお伝えした通り相手と言い争ったりお互いの意見が食い違ったりしている場合、自分自身の正当性を示す必要性があります。

そのような時に念書が手元にある場合、過去の事実の存在を推理するためにその念書が利用されたりする可能性がとても高いということになります。

具体的に、念書があるということは相手と約束を交わしたということの証明になりますので、自分の正当性を示す証拠になりえるということになります。

つまり、先ほどもお伝えしたように念書に関しては法的な拘束力や強制力、そして効力を持っていないですが、約束の証拠にはなります。

なので、自分を守ってくれる存在になってくれるということになります。

だからこそ、法的な力をもっていなかったとしても、念書はとても必要なものであるということになります。

なので、意味がないというわけではないということをきちんと正しく意味を理解しておいてください。

場合によっては相手へのけん制として使用できたりする場合がありますので、必ず相手と約束を交わす際には用意しておくようにしてください。

念書を書くときの注意点

ここまでは念書が法的にどのような位置づけになっているのか、そして正式な場でどのような助けになってくれるのかということに触れていきました。

ある程度念書について理解いただけたところで、ここからは改めて念書をもしも記入する際、どのようなことに注意しなければいけないのか?ということをご紹介していきます。

当然ながら書類を記入するときには細い記入する際の注意点が存在しています。

特に相手と約束を交わしたりする際に記入する書類については十分な注意をしておかなければいけません。

もしも注意せずに書類を記入してしまった場合、場合によってはその書類自体が全く意味がないものになってしまったりする可能性もあります。

また、なぜその書類を記入しなければいけないのかという根本的な意味自体が分からなくなってしまう可能性もありますので、注意事項を守り記入するようにしてください。

書く目的を考える

まずはじめにご紹介する念書を書くときの注意点としては「書く目的を考える」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、予め書く目的を考えたうえで記入しないと書類自体がなぜ記入しているのか意味がわからなくなってしまうようになります。

もしも目的を考えずにただ書類を提示されて記入してしまっているということがあるのであればそれはとても危険な行為であると考える必要性があります。

なぜならば先ほどもお伝えしたように法的な拘束力などはありませんが、その存在が理由で自分が不利な立場に立ってしまったりする可能性もあります。

だからこそ、なぜ今この書類を書かなければいけないのか、どういう目的のもとこの書類を記入しなければいけないのかという根本的な疑問を必ず抱くようにしてください。

そしてその疑問を明確に解決した状態で書類を記入するということを必ず確認しておいてください。

ただ提示されて何んとなく記入したということは絶対に無くすようにしてください。

記入漏れがないように確認する

次にご紹介する念書を書くときの注意点としては「記入漏れがないように確認する」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、自分自身が記入するときもそうですが相手が記入してくれたりするような時には十分に注意をしておかなければいけません。

なぜならば、せっかく念書を記入してもらった際にもしも記入漏れだってしまった場合その書類自体が意味がなくなってしまう可能性があります。

一般的に考えて必要な事項を記入していないような書類を正当な書類であるとは使えるかどうか考えてみるとそれは無理があると思います。

明らかに自分自身の確認不足であり、記入漏れがあった場合はその書類自体が意味がないと判断されてしまうのが当たり前ですよね。

なのでもしも記入漏れがあってしまった場合は取り返しがつかない場合もありますので必ず記入漏れがないように確認をする必要性があります。

これは念書に限らずどのような書類に関しても同じようなことです。

ついうっかりというミスなどは必ず泣くしておかなければいけませんので、必ず注意をするようにしましょう。

念書が必要なシーン

ここまでは念書を記入する際の注意点についてご紹介していきました。

ある程度念書を記入する際の注意点について理解いただけたところで、ここからは念書が必要になるシーンについてご紹介していきたいと思います。

先ほど念書を記入したりする場面についていくつかご紹介していきました。

被るシーンもありますが、それ以外にも念書が必要な場面はいくつか存在しています。

知っておくと必ず便利ですし、もしも自分がその立場に立った時にしっかりと確認をしておくことができるようになりますので必ず知識として身につけておいてください。

意外と様々な細い場面で必要になったりすることがありますので、早い段階で念書が必要になるシーンを必ず覚えておきましょう。

事件現場

まず初めにご紹介する念書が必要になるシーンとして「事件現場」という場面が挙げられます。

なぜ事件現場で念書が必要になるのか不思議に感じる方もいるかもしれませんね。

しかしながら、なぜ事件現場で必要になるのかと言いますと当然ながら事件になるということは相手が存在している場合が高いですよね。

つまり、相手に対して何かしらの迷惑をかけてしまったということになる場合が多いです。

そのような時に自分自身に問題があったということを認めさせる意味でも記入させたりする場合があるということになります。

これに関しては後ほどご紹介する事故が起きた場合に関しても全く同様のケースになりますので、合わせて確認しておくようにしてください。

事故が起きた場合

次にご紹介する念書が必要になるシーンとして「事故が起きた場合」という場面が挙げられます。

なぜ事故が起きた場合に念書を記入しなければいけないのかといいますと、事故が起きた場合には相手が存在する場合があります。

つまり、相手に対して危険な状況にさせてしまったり、損害を発生させてしまったりする場合などが考えられます。

そのような時には、自分自身が不注意をしてしまったせいでこのようなことになってしまったということを明らかにしたりする場合があります。

後から自分はやっていない、自分は関係ないということを主張されてもこまってしまいますよね。

なので、必ず過失を起こさないためにも念書を記入させておき、後から変なことを言えないようにしておいたりする必要性があります。

これも念書を記入しなければいけない代表的なシーンであり、必要になるシーンであると考えることができます。

裁判を起こす場合

次にご紹介する念書が必要になるシーンとして「裁判を起こす場合」という場面が挙げられます。

これに関しても先ほどご紹介してきた通りですが裁判を起こしたりする場合には念書が必要になります。

なぜかと言いますと、裁判をするということは相手と意見が違ったり、言い争ったりする場合がほとんどです。

つまり、相手と自分の正当性を判断してもらう必要性があるということになります。

しかし、何の証拠もなければ自分が正しいと思っていることを証明する手立てがありませんよね。

なのでそのような時に自分の主張を正当性があると周りに判断してもらうために念書が必要になるということになります。

なのでその他の証拠があるのであれば必要がない場合はあるかもしれませんが、念書があるならば必ず証拠として提出するようにしてください。

場合によってはそれが有力な証拠になる場合もありますので、結果的に裁判の時には必要であるということになるのです。

ビジネスシーン

次にご紹介する念書が必要になるシーンとして「ビジネスシーン」という場面が挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、先ほどもお伝えしたように仕事を開始したりする場合や仕事を退職したりする場合などに記入したりする必要があります。

当然ながら仕事に携わるということは様々な注意事項を守ったり気をつけたりした上で携わらなければいけません。

それが守れないようでは仕事を行う資格は当然ながらありませんので必ずビジネスシーンにおいては念書を記入したりすることが必要になります。

なので、ビジネスシーンは念書と関わりが深い、必要なシーンになりえると考えることができます。

念書の基本的な書き方を押さえておこう!(まとめ)

今回は念書という言葉をテーマにして、念書という書類の意味や記入項目、必要なシーン、などについてご紹介していきました。

社会人になり仕事に携わるようになると様々な場面において関わってくるような書類になります。

今は知らなかったとしてもいつか必ず知っておかなければいけない書類になりますので、もしも知らなかったという方についてはこの機会に正しい認識を持っておいてください。

そして、これをきっかけに社会人としての心得や必要な知識などを積極的に身につけるようにしてみてくださいね。