生産性の向上、それは働いている人ならば常に求め続けなければいけないことになっています。

生産性を向上させることこそが、仕事の効率アップや売り上げなどの会社の繁栄につながるのです。

最近の会社はこの生産性向上を執拗にこだわっている会社が多いです。

しかし、いつまでも生産性の向上が図れずにスタッフに残業をさせている会社も同じくらい多いのです。

また、効率性と謳って楽をしようと考えて、面倒くさいことから逃げている人もいます。

このように良い意味でも悪い意味でも使用されているのが、この生産性の向上なのです。

実際、生産性の向上を目指し成功した会社は他と一線を画している会社が多いです。

要は、日本人特有のみんながと言った感じではなく、自分はと言った感じの目線を持っているからです。

このように生産性を向上させるには、独自の考えやアイデアを出していかないといけないのです。

そこで今回は誰もが求めている生産性の向上に関していろいろな情報をまとめましたので、ぜひ、こちらの記事を参考にしていただきまして、生産性の向上を目指しましょう。

どなたでも生産性を向上させることはできるのです。

ただ、やり方を知らなかったり、難しいと思って前に踏み出せないだけです。

まずは簡単に考えて拝見してくださいませ。

生産性向上を図るために大切にするポイント

それでは生産性向上を図るために大切なポイントはと聞かれると、実は人それぞれによって答えが違います。

それもそのはずです。

まず、職種が違えばやり方が違うので、人それぞれになってしまうのです。

つまり、あなたの職種にあったポイントを探さないといけないのです。

ただ、別の職種のやり方から新しいアイデアを出すこともできるので、数多くある生産性向上のポイントをどう活かすかはあなた次第になってしまうのです。

ポイントを知っても何も活かせずにいるのは、ただの宝の持ち腐れです。

実は、このように宝の持ち腐れになってしまっている人が結構多いと見受けられます。

生産性向上を目指したいのであれば、まずは固定概念や既成概念を外し、柔軟な姿勢になることです。

そうしないといろいろな生産性向上のポイントを拾うことができませんよ。

そもそも生産性って何?

生産性向上を目指す前に、生産性について詳しく説明したいと思います。

そもそも生産性とは、生産活動に対する付加価値の寄与度など、難しい感じの説明になっています。

つまり、生産性を求められている人のほとんどが生産性の意味を曖昧な感じで覚えてしまっているのです。

それゆえに、生産性の向上と言われてもピンとこないのです。

生産性を上げなきゃという意識を強く埋め込まれているために、時間を犠牲にして働くといった人もいらっしゃいます。

はっきり生産性は生産活動に置いて、生産されるものの数や価値に値するものであって、数ばかり求めているわけではありません。

良いもの1個作るのと、悪い物を100個作るのとでは、いくら数に開きがあっても価値の違いは歴然です。

しかし、なぜか日本では数を重要視しているので、何でもかんでも数多く作ればいいと言った感じの考えが蔓延しているのです。

生産性の事例でわかりやすく説明


それでは生産性に関する事例の説明に入ります。

あくまで成功事例であって、そのまま実践しても成功するかどうか保障出来ません。

なぜなら、あなたの会社や組織にフィットするかどうかまではわかりませんので、フィットするかどうかはあなた自身で確認していただければと思っています。

まずもって生産性向上のために必要なのは、無駄を減らすことです。

そのためにまずは無駄は何なのかを見つけることが大切なのです。

無駄を見つけずに生産性の向上を目指しても意味がありません。

かえって混乱を起こしてしまう危険性があります。

故に生産性の向上を目指すにあたって必要なのは、まずは無駄を探すことです。

無駄を見つけてそれを排除していくことが大切なのです。

会議の時間が無駄だとわかり、会議時間を減らし、メールやチャットで会議を済まそうとする会社もあれば、逆にメールやチャットを減らして無駄な会話を減らしたという会社もあります。

このように会社や組織にフィットした対策を取らないといけないのです。

生産向上が必要な理由

生産性の向上が必要な理由としては、大きな部分は会社を大きくするなどの繁栄の目的があると思います。

生産性を向上させることができれば、売上などを伸ばすことができるので、他の部分に直結する部分なのでもあります。

ただ、売り上げや上げようとしても生産性がのびてないと絶対に無理です。

つまり、生産性は心臓の部分にあたる可能性が大きいのです。

そのために生産性をあげるためには向上が必要なのです。

ただ、そのために数を伸ばすことだけに固執している方が多くいらっしゃいますが、数だけの問題ではありません。

同時に質も求められるのです。

量と質、両方を求めるのは難しいのですが、それでも生産性を向上させた会社は数と質の両方を上げています。

両方を一気にあげるパターンもあれば、まずは量から、と言った感じにどちらかに重点を置いて進めている会社もあります。

世界で戦える企業へと強化


生産性を向上させることで、世界と戦える企業にすることを目標にしている会社も最近では増えてきました。

これは、もはや日本国内だけを相手にしていることに限界がきているからです。

円安が進む一方の日本では、国内だけでは厳しくなってきているので、海外に目を向けている人も結構多くいらっしゃいます。

近年日本に海外からの観光客が来ていますが、これは円安だからというのもありますが、日本が観光立国として、観光で儲けないといけないと考えているからです。

つまり、円安は当分続くので、国内だけで限界が来てしまうのは、よくよく考えればわかることなのです。

そのため、世界と戦うために生産性を向上させないといけないのです。

価値あるモノを生み出して海外に発信する。

もしくは、1時間に生産できる数を増やして、海外から発注をいただけるようにする。

などして、海外に発信するだけでなく、海外からも注目を浴びるようにしないといけないのです。

労働人口の減少

現在、日本で深刻な問題になっているのが、少子化です。

人口が逆ピラミッドになってきているのです。

若い人の数が減っている。

つまりは労働人口は減っているのです。

労働人口が減っているのに生産する数や質は上がっている。

故に、1人1人に掛る負担が増えているのです。

最近、過労死などが騒がれ始めたのは、おそらくこの辺りが強く影響しているのではないでしょうか?このままでは働く意欲までも失ってしまうのではないかとも心配されているので、生産性の向上を目指しているので、数や質を求めることを変えずにするには生産性が大事なのです。

つまりは、効率よく作業ができるようにすることで労働者への負担を減らすことが大切になっているのです。

未だにトップダウンの会社が多い日本ですが、これからは労働者への負担をいかに減らすかが大切になってきます。

そのために効率良く働ける環境を作ることが必要で、生産性の向上を考えないといけないのです。

優秀な人材の採用と定着のため

労働人口が減っていることから、優秀な人材の確保が大変になってきているのです。

優秀な人材は会社名だけで会社を判断をしません。

どのように働いているのか、優遇はしっかりできているのかなどをしっかり見極めます。

つまり、これからは企業が嘘をつけない世の中になってくるのです。

そのため、生産性をしっかり向上させている会社かどうかを見る人は多いのです。

口だけで良いことを言う会社はこれからは生き残れなくなってしまいます。

そのため、会社や組織の良さをアピールするためにも生産性の向上が必要になってくるのです。

生産性を向上させていない会社はスタッフをコマのように扱っている危険性が非常に高い会社とも言われているので、もしかしたら先が長くないのかもしれません。

なぜなら、生産性の向上を取り入れないのは会社に変化を取り入れないのと一緒です。

生産性向上のための10個のポイントと具体例

それではお待ちかねの生産性向上のために必要なポイントの説明を致します。

大きくピックアップして10個ありますので、しっかり理解しましょう。

いきなり、すべてを理解しろとは言いません。

すべてを理解することの方が難しいです。

まずはあなたにとって身近なもの、もしくは読んでいてビビットきたポイントをなどから理解していきましょう。

すべてのポイントを理解するのはゆっくりで構いませんよ。

ポイントをしっかり理解することで、生産性の向上を目指すことができますし、また、理解したポイントをあなたのアイデアを活かして、さらにグレードアップさせていくことができれば最高ですよね。

ポイントそのまま活かすのか、アイデアを入れて活かすのかはあなた次第です。

ただ、知ってそのままにしておくのは宝の持ち腐れですので、ぜひ、知ったのであれば、形はどうあれ活かすようにしましょう。

これからの会社や組織に必要な要素がいっぱい詰まっているポイントになるかもしれませんので、ぜひ、じっくりお読みくださいませ。

1、目標の設定

生産性の向上を目指すにあたり最も重要なのが目標なのです。

よく、何かを達成するには目標と期限が大切だと言われていますが、まさにその通りなのです。

目標を持たずに働いていても達成感もなく、ただしているだけと言った感じになってしまうので、力が入りません。

よく日本で働いている人にも、好きでもないけど生活のため仕方なく仕事をしていると言う方も多くいらっしゃいますが、このような方のほとんどが目標もなくただ仕事をしている人が多いです。

つまり、仕事に身が入らないので、生産性が向上されていないケースがあるのです。

目標を持つと言われると、簡単なことのように思えますが、実は結構これが大変なのです。

目標を達成するよりも、目標を設定する方が難しいとまで言われています。

何よりも今している仕事が好きでないと目標を持つのは難しいのです。

具体例

では、目標設定においてどのような感じで生産性の向上ができているかと言いますと、実はこの目標設定が効果を出している職種としては営業職が多いのです。

営業の場合、ノルマがある場合とない場合がありますが、ノルマがある場合だとひたすらそのノルマを目指して頑張っている方が多く、営業のやり方も少しおかしな感じでしている人もいます。

逆にノルマがない場合は自分でノルマを決めるので、自分で考えて動いている人がいます。

そのため、ただ決められたノルマを目指して動いている人よりも営業の方法にバリエーションがあるのです。

営業で成績の良い人はマニュアル通りに動いていない人が多いです。

このように自分で目標を設定することに大切に思い、違う分野でも活かして成功を収めたのが、青山学院大学の陸上競技部です。

選手1人1人に目標設定をさせることで、戦える集団にしていったのです。

2、優先順位をつける

やることがいっぱいある人はどれから手を出した方がいいのか迷ってなかなか進まないパターンがあったり、もしくはいざ始めて見たが、なかなか進まずに別のに手を出して、進行度が遅くなってしまっている人などがいます。

これを防ぐには、まずはやることをリスト化して、それに順位をつけて進めていくのです。

よく、やることの優先順位をつけろと言われますが、なかなか順位をつけられないまましている人が多くいらっしゃいます。

それはやることのリスト化が出来ていないからです。

リスト化が出来ていないのに、優先順位をつけろと言われても無理です。

また、リスト化が出来ていないということはやることを把握していないのと一緒です。

つまりは、優先順位をつけることができないことは、やることを把握していないと言うことなのです。

具体例

では、優先順位のつけ方ですが、よく難しいことから取り組んでいけばいいと思っている方が多いですが、はっきり言えば、正解でも不正解でもありません。

なぜなら、人によってはそれが向いている人もいれば、向いていない人もいるのです。

難しい方から片づけてしまえば、残るのは簡単な物だから、楽に終わりそうと思いますが、難しいことがいつまでたっても片付かないでいると、先へ進みません。

最近では、簡単なことから取り組んでいくことで、勢いがついてその勢いのまま難しいことを出来てしまうと言う方もいらっしゃいます。

故に、どれから手をつけていいのかは、その人次第になるのです。

難しいことから始めてスムーズに行く人もいれば、簡単なことから始めてスムーズに行く人もいるのです。

あなたにとって、ベストな順位つけをしましょう。