長い人生を歩んでいく上で、私達に必要なものといえば、様々なものが挙げられると思いますが、その中の一つに娯楽が存在しています。

例えば、自分自身にとって何かしらの楽しみを見つけるということは、人生を楽しいものに変化させたりする上でとても大切なことになりえるということです。

具体的には、自分にとって楽しいと思えるような趣味を見つけたり、行っていて楽しいと思えるようなことを自分なりに考えてみるということが求められます。

自分にとって楽しいと思えるようなことを見つけることができれば、楽しい時間を過ごせるだけでもなく魅力的な人間関係を形成することもできます。

例えば趣味を通じて理解し合えるような仲間を見つけたりすることも出来ますし、楽しい時間を過ごすことで生きていてよかったと思えるようになるということです。

何か楽しいと思えるようなことがないと、つまらない人生だと感じてしまいがちになり、結果的に楽しくない日々を送ってしまうようになります。

なので、人生において娯楽という存在は必ず必要であると考えることができます。

もちろん娯楽という存在は人によって千差万別であり、何に対して楽しみを見出すことができるかということは全く違います。

体を動かすスポーツが自分にとっての楽しみだと感じるような人もいれば、何かを知ることに対して楽しみを感じたりするような人もいるはずです。

このように、様々な娯楽が存在する中で、今回は娯楽の中の一つである携帯小説をテーマにして携帯小説が流行った理由、流行らなくなった理由についてご紹介していきます。

携帯小説って知ってる?

携帯小説という言葉を聞いて、懐かしいと感じたりするような方もとても多いと思います。

そしてその反面で携帯小説という言葉自体がいまいちどのような意味を持っている言葉なのかよくわからない方も多いと思います。

最近では携帯小説という言葉をなかなか聞かなくなったかもしれませんが、一時期は携帯小説という言葉は非常にホットなキーワードとして認知されていました。

特に若い世代の人が携帯小説に対して強い関心を持っていたりすることなどが多く、今の20代や30代の方などは懐かしいと感じるかもしれませんね。

携帯小説とはその名前の通り携帯電話で読む小説のことを意味しています。

小説といえば、どちらかといえば紙媒体で販売されている本などを想像したりすることがとても多いと思います。

しかしながら、携帯小説は紙媒体のものではなくあくまで携帯電話を使って読むようなものになっています。

今ではなかなか聞いたりすることがないかもしれませんが昔はとても流行ったものであり、一時代のブームを築いたコンテンツであるということを覚えておいてください。

携帯小説の発端


携帯小説という言葉は昔は一時代のブームを築いた存在であるということをご紹介していきました。

今の若い世代の方はその存在を知らないかもしれませんが、今の20~30代の方は必ず一度くらいは携帯小説を見たことがあると思います。

それほどまでにたくさんの方に認知されている存在である携帯小説ですが、もともと携帯小説がなぜここまで有名になったのか不思議に感じる方もいると思います。

そこで、簡単に携帯小説の発端についてご紹介していきたいと思います。

携帯小説がたくさんの方に認知されるような存在になるまでには、実はある程度の経緯が存在しています。

元々の経緯としては1980年代にパソコン通信が普及してから、アマチュアの作家が自分自身が執筆した作品をインターネット上に公開することから始まりました。

簡単に言えば自分自身で情報を発信することができるようになったことによって、自分の作品を知ってもらいたいということから始まったと考えられます。

今ではSNSで自分から情報を発信することができる時代になっていますが、昔はそれが当たり前ではなかったので、大きな変化であると考えることもできます。

そして、次第に小説投稿サイトなどができるようになり、そこにたくさんの小説が投稿されるようになりました。

それが時代の変化とともに携帯電話でも確認ができるようになり、携帯電話で小説を読むということが様々な世代で行われるようになりました。

そこから、携帯電話を使用している若年層の方がたくさんアクセスするようになり、次第に大きなブームを生み出していったと考えることができます。

また、様々な作品が存在する中で、非常に多くの注目度を集めた携帯小説なども生まれて、最終的に爆発的なヒットを生み出す作品へと変化していったということになります。

浜崎あゆみのテディベア

携帯小説がなぜここまで爆発的なブームを生み出すことになったのかという過程を簡単にご紹介していきました。

ある程度ブームを築き上げる過程を理解いただけたところで、ここからは携帯小説の中でも非常に注目度が高い作品を簡単にご紹介していきたいと思います。

携帯小説が有名な存在になった理由としては、やはり魅力的な作品が多数投稿されていたということも一つの理由になり得ると考えられます。

数ある作品の中でも、非常に認知度が高く有名な作品としては「浜崎あゆみのテディベア」が挙げられます。

これは浜崎あゆみさん自身が携帯小説を執筆したというわけではありませんのでその点は勘違いしないようにしてください。

浜崎あゆみさんがリリースしているテディベアという楽曲のオマージュとして作られたものであると考えていただくとわかりやすいと思います。

非常に簡単に内容を伝えると女子高生の主人公とある男性の恋愛を描いた小説になるのですが、内容が非常に感動する内容になっています。

そのストーリーが浜崎あゆみさんのテディベアという楽曲の歌詞と被る内容でもあるため、後程オマージュではないかという考え方が持たれるようになっています。

この携帯小説は非常にたくさんの方からの関心を持たれ、最終的には書籍化されており、爆発的なヒットを生み出しています。

なので、間違いなく携帯小説の中でも大きなブームを生み出した作品の一つであると考えることができます。

恋空

数ある携帯小説の中でも爆発的なヒットを生み出した作品の一つとして「恋空」が挙げられます。

恋空は2005年から執筆が開始され、なんと2006年には書籍化されるなど非常に爆発的なブームを生み出した携帯小説作品です。

携帯小説をあまり読んだことがないという方においてもこの作品を知っているという方はとても多いと思います。

それぐらい認知度がある携帯小説の作品であると考えることができますが、その後には漫画化や映画化もされ、最終的にテレビドラマなどでも放送されています。

もともとは携帯小説として若い女性に読まれていましたが、そこから作品の内容や完成度の高さからたくさんの方に読まれるようになっています。

簡単なあらすじとしては主人公である女子高生と同じ高校に通う男子高校生の恋愛を描いた作品ですが、様々な事件なども絡み、非常に複雑で感動的なストーリーになっています。

切ないストーリーということもありますが、生きるということの意味を考えさせられるような話で非常に魅力的な作品でもあります。

たくさんの方から共感を呼んだり、感動を呼び、まさに携帯小説の中でもダントツで有名で大きな影響を与えた作品であると考えられます。

なので、恋空はまさに世の中の様々な人に携帯小説の存在を知らしめた作品であると断言することができます。

携帯小説を知らない世代がいる?!

ここまでは携帯小説の発端や携帯小説がたくさんの方に知られる存在になった作品をご紹介していきました。

しかしながら残念なことに携帯小説という言葉自体を聞いたことがないと感じてるような世代も存在しています。

そもそも携帯小説が有名になった年代としては2006~2008年なので、当時の世代よりもあとに生まれた方などは知らないのが当たり前かもしれませんね。

それ以降の年代でも携帯小説は存在していますが、残念なことにブームが過ぎ去った以降はあまり高い関心が寄せられていないのも現実です。

なので、ここからは改めて携帯小説を知らない世代に対して携帯小説とはどういうものなのかということを簡単にご紹介していきたいと思います。

携帯小説がどのようなものなのかよくわからないと感じている方はこれからご紹介する内容確認していただき、改めて携帯小説の魅力を感じてみてください。

携帯小説って何?

そもそも携帯小説を知らない世代からしてみると携帯小説がどのような意味を表している言葉なのかよくわからないかもしれませんね。

携帯小説とは簡単に言えば携帯を使って読むことができる小説のことを表している言葉です。

一般的に小説といえば紙媒体で呼んだりすることが一般的ですが、時代の変化とともに携帯電話を使って小説を読むことができるような技術が生まれました。

今はさらに技術が進化しており、電子書籍と呼ばれるように、漫画などをダウンロードして端末で読んだりすることなども可能になっていますよね。

なので、難しく考える必要性はなく、あくまで携帯電話で読むことができる小説ということを理解していれば、解釈はそこまで難しくないものになるはずです。

現代の学生は知らない人がほとんど

先ほどもお伝えした通り携帯小説がブームになった年代でしては2006~2008年が一般的に知られています。

なので、今の20~30代などは知っている人が多いかもしれませんが、それよりも若い世代などに関しては知らない方も多く、特に学生の方などは知らない方が多いはずです。

そもそもその世代はブームの時期に認識している可能性が低かったり、場合によっては携帯電話などをもっていなかったことなども考えられます。

なので、残念ながら携帯小説の存在自体を知らない方がおおくいたとしても不思議ではありません。

しかしながら、ブームが去ってしまったとしても携帯小説の魅力がなくなってしまったということにはなりません。

今でも携帯小説などは確認をしようと思えばインターネット上で確認をすることは可能であり、魅力的な作品などを読んだりすることは十分可能です。

なので改めて携帯小説の魅力を認識し、興味があれば携帯小説を読み進めていただき自分にとって魅力的だと感じる作品を見つけていただきたいと思います。

携帯小説は消えた?

携帯小説の部分が過ぎ去ったと同時に携帯小説行きたいがなくなってしまったと感じている方も多いと思います。

しかしながら先ほどお伝えした通り携帯小説自体はブームが去ってしまったとしてもまだ存在しており、まだまだ公開されているような小説はたくさんあります。

また、携帯小説を原作としたような映像作品などは次々に制作されており、業界の中にはまた携帯小説のブームの再燃を期待するような声も沢山上がっています。

なので、携帯小説自体はまだまだ今後も生まれ続ける可能性があり、また注目される可能性なども十分考えられます。

だからこそ、携帯小説を知らないような世代の方に携帯小説の魅力を感じていただきたいと思います。

インターネット上で携帯小説と検索をすれば様々なインターネットサイトなどが該当するようになりますので、自分なりに気になるサイトがあれば確認してみてください。

携帯小説が消えた理由はこれ?考える6個のこと


携帯小説は非常に大きなブームを生み出したと考えることができますが、残念ながらムーブが過ぎ去っていくのもとても早かったのは事実です。

今でも一部の人からは携帯小説は大きな需要が存在しており、継続して楽しまれているコンテンツとして存在し続けています。

しかしながら大きなブームを生み出した携帯小説がなぜなくなってしまったのか、ということがとても不思議に感じたりするかもしれませんね。

そこでここからは携帯小説がなぜ消えてしまったのか、なぜブームが過ぎ去ってしまったのかということなのについて簡単にご紹介していきたいと思います。

ブームが過ぎ去ってしまった理由を改めて知ることによってその当時の時代の流れなどを確認することもできます。

時代の変化とともにブームなども過ぎ去っていき、新しいブームが生まれるようになりますので、それを念頭に置いた上で時代の流れを確認してみてください。

ガラケーの消滅

まずはじめにご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「ガラケーの消滅」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、そもそも携帯小説がブームになっていたころの携帯電話といえば、ガラケーが主流になっていました。

ガラケーとはガラパゴス携帯の略称言葉であり、いわゆるパカパカして二つ折りの携帯電話の名称として知られています。

このガラケーが時代の変化とともに消滅してしまったことによってそれと同時に携帯小説も廃れてしまったということが理由になるということです。

もちろんガラケーがなくなってしまったからといって携帯小説がなくなるというわけではありませんので、あくまで理由の中の一つに過ぎないということは覚えておいてください。

携帯小説が好きな人はガラケーでなくなったとしても見る人もいますし、そもそもゲーム自体が1.2年経てば冷めてくるのは当然だという見解はあります。

しかしながら、ガラケーがなくなってしまったという事象だけではなく、ガラケーがなくなったことによって発生することが大きな理由につながっているということになります。

その発生していることについても詳しくご紹介していきたいと思います。

スマホの普及

携帯小説がブームの真っ只中にあった時には、たくさんの方がガラケーを利用していたということをご紹介しました。

そして、ガラケーが消滅してしまったことによって携帯小説のブームが同時に廃れていったということをお伝えいたしました。

では、ガラケーが消滅したことと携帯小説のブームが去ったことにどのような因果関係があるのかと考えてみると、それはスマホの出現であると考えられます。

スマホとはスマートフォンの略称であり、簡単に言えば高機能携帯電話と考えることができます。

今の若い世代に関してはスマートフォンがあって当たり前だと感じているかもしれませんので分かりづらいかもしれませんが、ガラケーを利用していた方などはわかるはずです。

様々な部分においても昔の携帯電話とは比べ物にならないほど高い機能を持っており、今ではスマホがないと生活できないと感じている人もとても多いはずです。

ガラケーとは違い、非常に高い画質で映像を確認することもできますし、画面も大きく、操作性能にも優れていますので、非常に魅力的なアイテムです。

そのようなスマホで携帯小説を確認しようとするとどのようなことが起きるでしょうか。

携帯小説の場合は小さい画面の中で確認するために、文字だけが書かれているような簡素な文体になっています。

なので、スマホで携帯小説を確認するとどうしても物足りなさを感じてしまうような印象になってしまいがちになるのです。

そのような側面もあり、スマートフォンに切り替えた人が携帯小説を読んだりすること自体が少なくなっていたという結果につながっているのです。

またスマートフォンに切り替えたことによってスマートフォンでしか感じることができないような作品や、コンテンツなどがたくさん存在するようになっています。

それらの存在と比べ合わせて考えてみると、やはり携帯小説が利用される頻度というものは圧倒的に少なくなっていったと考えることができます。

なので結果的にスマートフォンが普及したことによって携帯小説が読まれなくなりブームが過ぎ去ってしまったということに繋がると断言することができます。

無料で読める漫画がでてきた

次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「無料で読める漫画がでてきた」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、漫画などが好きな方などは知っていると思いますが、最近は無料で読める漫画などが数多くインターネット上に存在しています。

なので携帯小説を読んでいた世代の人たちが結果的に無料で読める漫画作品のコンテンツに移行するような結果になり、ブームが過ぎ去ってしまったと考えることができます。

では、人によってはなぜそもそも漫画が無料で読めるのかということ自体を疑問に持つ方もいるかもしれませんね。

これは何故かと言いますと、そもそも漫画作品を無料にすることによって、大きな宣伝になったり、アプリをダウンロードしてくれるような人が増えていきます。

そうすることによって広告収入を得ることがしやすくなり、結果的にインターネットサイト自体が儲かるような結果につながっているのです。

また一部を無料にすることによってそれ以降の漫画の内容を有料化して漫画を購入してもらうようなシステムにすることによってさらに漫画の売り上げなども上がります。

また、インターネットサイト上でアップロードすることにより実際に会社に原稿を渡すよりも原稿料などがかからないようにすることができます。

なので、漫画化にとっても有利な条件で執筆することができ、結果的にどんどん新しい漫画作品が生まれ、面白いコンテンツをより多く楽しめるような結果になっているのです。

なので、結果的に無料にしてもお金を儲けることができ、なおかつ視聴者も楽しめるようなコンテンツ内容に変化しているといえます。

スマホアプリへ移行

次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「スマホアプリへ移行」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、ガラケーからスマートフォンに移行することによって様々なアプリケーションを利用することができるような状況になったといえます。

そして、様々なアプリケーションがある中で、アプリの中でも非常に爆発的なヒットを生み出すアプリがリリースされたということが携帯小説離れの理由になっています。

非常に簡単に言えば新しいブームの代用が生まれてしまったと考えることもできます。

ではスマホアプリの中で非常に爆発的なヒットを生み出しているものはどういったアプリがあるのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

今の時代で爆発的なヒット持っているアプリはどのようなアプリなのかと言いますと、SNSなどが圧倒的な存在を誇っています。

SNSとはソーシャルネットワーキングサービスと呼ばれており、簡単に言えばインターネット上で社会的ネットワークを構築可能にするサービスです。

もっとわかりやすくお伝えすると、アプリを利用することによって相手とコミュニケーションを築き上げることができるものと考えていただくと分かりやすいと思います。

昔は相手と関わりを持ったりするためには直接会ったりすることが一般的でしたが、今の時代は直接会わなくてもコミュニケーションをとることが可能になっています。

インターネット上で自分の情報発信して相手の情報を受け取ることによってそれを繰り返してコミュニケーションや信頼関係を築き上げることができるということです。

そのようなアプリケーションが生まれることによって結果的に携帯小説よりもスマホアプリの方が需要が高まり、結果的にたくさんの方の関心を寄せる結果になっています。

では、具体的にどのようなアプリが存在するのか、まとめてご紹介していきます。

SNSなど

SNSにはどのようなアプリが存在しているのかと言いますと、例えばFacebook、LINE、Twitter、Instagramなどが挙げられます。

これらのアプリケーションは、私たちが住んでいる日本だけではなく全世界で利用されているようなアプリケーションであると考えることができます。

全世界に住んでいる人が利用しており、たくさんの人が関心を持っている芸能人なども使用しているので、圧倒的な認知度と魅力が存在しているアプリです。

また、これらのアプリを利用することによって、簡単に相手とつながることができるようになっています。

友達は当然ながら、場合によっては芸能人とのつながりを持ったりすることもできますので、非常に若い世代にとっては魅力的なアプリでもあります。

また、利用すればインターネット上だったとしても現実の世界とそれほど変わらないようなコミュニケーションをとることが可能になっています。

今までなかなかそのようなアプリなどが存在していなかったので、人とのつながりを持てる、非常に魅力的なアプリとしてたくさんの方に認知されています。

利用してみれば、簡単に自分の情報を周りの友人に対して発信することができますし、友達の情報などを取得することが可能になっています。

若い世代の方にとっては、もはやなくてはならない存在であり、逆にこれらのアプリを利用していない人の方が少ない状況になっているはずです。

なので魅力的なアプリケーションがリリースされたことによって結果的に携帯小説がされてしまったと考えることができるのです。

そもそも現代の学生が小説を読むことがなくなった

次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「そもそも現代の学生が小説を読むことがなくなった」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、スマートフォンが出現したことによってたくさんの若いからの関心がスマートフォンに写ってしまっているということになります。

スマートフォンという基準に利便性の高い魅力的なアイテムがあることによって、今まで目が向けられていたものに目が向けられなくなっているのです。

その中の一つには小説が存在しており、昔と比べて娯楽として本を読んだり小説を読んだりするようなことなどが少なくなってしまっています。

小説や本を読んだりするような時間があれば、スマホなどをいじって様々なコンテンツを楽しんだりするほうが楽しいと感じているような人が増えているということです。

なので、移り変わっていく時代とともに現代の学生は小説を読むことが少なくなってしまったので結果的に携帯小説も興味を持たなくなってしまったということになるのです。

アイドルやアーティストの誕生

次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「アイドルやアーティストの誕生」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと携帯小説がブームになった少し後に、魅力的なアイドルやアーティストがたて続けに誕生したということです。

具体的な名称としてはAKB48、三代目JSoulBrothers、AAAなどが挙げられます。

これらのアイドルやアーティストが誕生したことによって、世の中全体のブームが切り替わってしまったということになります。

先ほどもお伝えした通りブームに関しては必ず過ぎ去っていく新しいブームがやってくるようになります。

なので、携帯小説のブームから今度は新しいアイドルやアーティストのブームがやってきてそれが切り替えられてしまったということになるのです。

また、携帯小説においては先ほどお伝えした通り浜崎あゆみさんに関係した携帯小説などがリリースされています。

当時、浜崎あゆみさんは非常に大きなカリスマ性を持っており若者に対して絶大な支持を持たれていました。

その浜崎あゆみさんに代わって新しいカリスマ性を持ったアイドルアーティストなどが誕生したことによってそれ自体が切り替わってしまったことも理由になります。

なので新しいアイドルやアーティストの誕生が携帯小説が廃れてしまった原因の一つであると考えることができます。

携帯小説が時代についていけなくなった

次にご紹介する携帯小説が消えてしまった理由の一つとしては「携帯小説が時代についていけなくなった」ということが挙げられます。

これはどういうことかと言いますと、スマートフォンを持つことが当たり前の時代に変化したことによって、携帯小説の文体が合わなくなったということです。

具体的には、携帯小説はガラケーで見ることを前提として書かれていたので、スマートフォンで見ると非常に分かりづらくなってしまいがちになるのです。

例えば画面が小さいことによって改行がとても多かったり、一文一文がとても短くなってしまっています。

また、当時の流行った文体である小さい「わ」などが使われており、今の時代では使わなくなってしまったような言葉などが多くなっています。

なので、これらの文体がスマートフォン経由で見た時に、非常に時代遅れのように感じてしまう結果になっているのです。

なので、時代の変化とともに携帯小説はついていけなくなり、昔のコンテンツという印象になってしまったことが否めなくなっています。

携帯小説は再ブーム到来するか?(まとめ)

今回は携帯小説をテーマにして、携帯小説がなぜ廃れてしまったのか、そしてなぜ携帯小説が流行ったのかということについてご紹介していきました。

携帯小説は今では廃れてしまったと考えられがちですが、実際には携帯小説などはまだまだアップロードされています。

今では携帯小説ではなくスマホ小説と呼ばれているような新しい形の小説などもたくさん出てきています。

小説以外にも様々な面白いことがある今の時代だからこそ、改めて小説の楽しさを理解していただきたいと思いますのでぜひスマホ小説を確認してみてください。

意外と自分自身が魅力的に感じるような小説に出会うことができるかもしれませんよ。