自己管理とはよく聞く言葉ですが実際のところ良く分からずに使っていませんか?
なんとなく自分を管理することなのは分かりますよね。

自己管理とは?

例えば病気などをした時に自己管理ができていないからだ!なんて言われたりしませんか?
確かに自己管理ではありますが、病気は自己管理ができていても病気になる時には病気になりますので自己管理と言ってしまうのは少々違う気もします。

自己管理というより健康管理になるんですよね。

健康管理も自己管理からうまれる管理方法の1つではありますが厳密にいうと違うんですよね。

では、自己管理とはなんなんでしょうか?
自分自身を理解することなんです。

自分はどういった人間なのかを知っていないと管理することはできません。

まずは自分はいったいどういう人間でどういった特徴があるのか理解することが必要ですよ。

これから少しずつ自己管理ができるようになるための方法を紐解いていきましょう!

自己管理をできるようになるための8個の方法


自己管理するとは一体どんなことなのか?どうしたら自己管理ができるのかを今回分かりやすく8個の方法と共にご紹介していきますね。

具体的で分かりやすく紹介していきますので、あなたもこの方法で自己管理できるようになりますよ。

間違っていた認識も改善できてなぜ今までできていなかったのか原因も分かると思いますよ。

1.一日を振り返る習慣をつける

自己管理をするにはまずは自分を知らなくてはいけません。

自分では分かっているつもりでも案外自分のことは何も知らないんですよ。

例えば自分の声を録音してみた時に「私の声はこんな声してたの?」って思ったことありませんか。

知っているようで知らないことだらけなので今日一日だけで良いので何があったのか振り返ってみて下さい。

振り返るというとほとんどの人は反省などをして、あの時ああすれば良かったなどばかり考えますよね。

多少は良いのですが、あまり悲観的な感情ばかりでは楽しくないですよね。

振り返る時に意識する事は今日あった良いことや楽しかったことを思い出すことです。

良いことがあった時にはどんな状況だったのか、何をしたのかなど具体的なシチュエーションなどを思い出します。

同様に楽しかったことや成功した時などのことを具体的に思い出して下さい。

思い出すだけでは無くてノートに書くともっと良いです。

たったそれだけで、自分はどういった状況やどういった場面で成功してどういった場合に楽しいのか、嬉しかったのかが分かるようになります。

そうするとどうでしょう、その状況さえ作り出せれば成功しやすく楽しくなっていくのが分かりますよね。

今迄あなたが成功しなかった、楽しくなかった、嫌だった、ムカついた、腹が立ったなどの理由は案外反省してきたからだったかもしれませんよ。

ダメだったところを考えて反省して次につなげろ!なんていう人もいますよね。

この方法はあながち間違いではありませんが反省の仕方で大きく結果が変わる方法なんです。

今回は正しい反省の仕方については割愛させて頂きますが、自己管理をして理想の自分やまわりに認められた自分になりたければ良かったことだけを具体的に思い出して下さい。

次から同じシチュエーションになるように管理するだけでOKなんですよ。

これが自己管理のやり方なんです!
反省してもほとんどの場合は正しい反省の仕方を知らないので反省した状況と同じ状況をつくってまた同じ失敗を繰り返してしまうんですね。

この一日を振り返る自己管理方法を一年続けて下さいと言うと一年間も毎日振り返るなんてできないよって思いますよね。

今回は一日だけで良いんです。

ただ、この一日だけ、今日だけ振り返ることをできたら明日もしてほしいってだけです。

人間今日だけって思うと案外できますので、今日だけを何回も続けたらあっという間に1年続けてたなんてことになりますよ。

この自分を今日だけって言って明日も今日だけってだます方法も自己管理の一つですね。

自分の行動にしっかり反省し明日の行動に活かす?


そうですね。

反省も重要ですね。

しかしこと自己管理となると反省をする方法は今回はおすすめできません。

というか反省する方法は自己管理には向かない方法です。

反省する方法は正しく行わないといくら反省をしても悪いイメージが残ってしまって同じ状況を作りやすくなってしまいます。

反省をしても反省点を活かすことができないんです。

正しい反省方法は理解するのは時間も掛かり大変なので今回は反省をしない方法をおすすめします。

明日の行動に活かすためには良いことや成功したことを思い出してイメージして下さい。

本当の自己管理を身につけたければ昔ながらの反省をする方法は絶対にやめて下さい。

自分を追い込んでいじめたおして私だってできるはずと負けん気根性を発揮できれば良いのですが…はっきり言ってこの方法は古い考えとなってしまっています。

正しく反省することが難しく中途半端な知識では逆効果になってしまうことも多いため古い考えとなってしまっているんです。

反省してできていたらあなたはすでに成功しているはずですよね。

間違えないで正しい自己管理法を理解して身に付けることが重要ですよ。

2.目標をしっかり持とう

一日を振り返る事が出来たら目標を持つことも自己管理をする方法として非常に有効な方法です。

目標っていっても何を目標にすれば良いのか分かりませんよね。

一日を振り返って良いことや成功した時の具体的なシチュエーションを書いていきましたよね。

その書いたシチュエーションになるように毎日過ごすことをまずは目標にしてみませんか?
目標は達成できなければ意味の無いことですし、途中であきらめてしまいます。

たまに、目標は高く持てなんて言うこともありますが…う~ん高すぎる目標は達成できなくて嫌になるのでやめて下さい。

目標を高く持ての真意としては最終目標は高く持てと言うことなんですよ。

どういうことかと具体的に言うと、最終目標を高く設定してその目標を達成するためには今何をするべきか考えろ!っていうことなんです。

ということは、今やるべきことが本当の目標なんですね。

目標とは今実際にやればできる事だったんですよ。

やればできることでなければ目標では無いです。

達成できるからこその目標ですよ。

目標を達成した時の達成感って気持ち良くないですか?
この達成感こそが自己管理をしていく上で重要なカギとなります。

達成感で充実すると次の目標を立てて達成したいと意欲が湧きますよね!
では、達成できないような目標のことはなんて言うんでしょう?
達成できない様な高い目標は目標ではなく夢といいます。

夢は理想であり現実味の無い到底無理かもしれないことでもOKなんです。

夢を持つことも自己管理や自分自身の成長には非常に良いことですよ。

夢なのでもしかしたらいつかは夢から覚めて目標に変わるかもしれませんよ!
目標に変わってしまったら達成することができますよね。

これが夢が叶った瞬間です!
目標と夢両方持つことが望ましいですが、まずは達成できる目標を立てましょう。

目標を紙に書きだすことで脳が目標を認識する

目標が決まったらノートなどに書き出すことは非常に有効な方法です。

思い浮かべるだけでも良いかもしれませんが書き出すことによって考えを動作でも覚えることができるんですよ。

考えを動作で覚えるってどういうこと?って思いました?
勉強方法などと一緒の考えなのですが、頭で考えてるだけですと目標を思い出すときにすぐに思い出すことが難しいんです。