生きて居れば色々な事があります。

それは楽しい事ばかりでは無いでしょう。

悲しい事だってあるかもしれません。

その悲しみに押しつぶされてしまい、心が疲れてしまう事だってあるでしょう。

そんな時、つい情緒不安定になてしまう事があります。

情緒不安定になる事は、勿論自分にとって辛い事でしょう。

必要に疲れてしまい、イライラする事もあるかもしれません。

ですが、それ以上に一緒に居る人はもっと疲れてしまう事でしょう。

もしかしたら、そのせいであなたの傍から離れてしまう事もあるかもしれません。

一度失った友人はなかな取り戻す事が出来ません。

だからこそ、そうなる前にまずはしっかりと自分の事を見直す必要があるのかもしれません。

では、情緒不安定の原因を紹介していきます。

情緒不安定の原因6個

人は何故情緒不安定になってしまうのか。

それには必ず理由があるはずです。

もしかしたら、心の中に何か問題を抱えているのかもしれません。

ですが、必ずそれだけでは無いはずです。

大きな問題があるからこそ、心の病気を抱えて居るのでしょう。

どんな事も原因を知る事によって、それを解決する事が出来るようになるかもしれません。

だからこそ、事実を知る事はとても大切な事です。

それを知る事によって今後どうしていったら良いのかと言う事に気が付く事も出来るようになる事でしょう。

仕事や人間関係のストレス


情緒不安定になってしまう原因として、最も大きい物の一つにストレスがあります。

多くのストレスがかかる事によって、人はイライラしたり悲しい気持ちになってしまうのです。

だからこそ、ストレスがかからないように生活する事がとても大切な事なのです。

ストレスがかかる原因は人それぞれです。

その中でも特に多いのが、仕事に対するストレスや人間関係によって起こるストレスです。

仕事は、楽しい事ばかりでは無いでしょう。

お金を貰うのですから、時に辛い事が会ったとしても当たり前だといえる部分も多々ある事でしょう。

しかし、それでもなお辛いと感じる日々が多いのであればそれは無理をする必要は無いのかもしれません。

また、人間関係も同じ事です。

人は一人で生きていく事は出来ません。

だからこそ、どうしても多くの人と関りをもって生活しなければならない時があります。

その際、自分の考えと相手の考えが合わない時もあるでしょう。

そのせいで、イザコザが増えたり嫌な気持ちになってしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまえば、より一層疲れる日々が来るかもしれません。

そういった多くのストレスが情緒不安定な原因となっている場合が多々あります。

原因を知った所で解決する事が難しい事もあるでしょう。

自分だけの問題では無いからこそ、ジッと我慢をしていると言う事もあるかもしれません。

ですが、それでも原因を知る事が出来ればそれを改善する為にどうして行ったらいいのかと言う事を考える事が出来るかもしれません。

だからこそ、私たちはそれを知る為に行動していくべきなのでしょう。

睡眠不足

人間が日々健康で明るく元気に過ごしていく為には、睡眠はとても需要です。

だからこそ、その睡眠をしっかりと取る事が出来ないと、人は必要以上にイライラします。

その結果、ストレスを感じたり情緒不安定になってしまう事があるのです。

必要な睡眠時間は人によって違います。

2時間でいい人も居れば10時間寝ても足りないと言う人も居るでしょう。

10時間以上睡眠を取る事は、なかなか難しい事もあるでしょう。

その為、結果的に寝不足と感じるようになってしまっている方も多々居ます。

睡眠不足は、体の免疫力も下げてしまいます。

そのせいで病気になりやすくなったり疲れがなかなか取れないと言う事もあります。

そうならない為にもきちんと睡眠を取る事が大切です。

例え、自分が利理想とする時間を取る事が出来なかったとしても、極力長めに取る事が出来ればそれだけでも体の疲れは取れるはずです。

うつや人格障害


心が不安定になれば、情緒不安定になる事は容易に想像する事が出来るでしょう。

様々な不安な出来事があるからこそ、先の事が不安になってしまい情緒不安定になってしまうのです。

また、精神疾患の患者さんに対しては極力無理をさせない事が大切です。

家族がそうなった場合、つい『頑張って欲しい』と思ってしまう事でしょう。

ですが、そういった気持ちは逆効果になる場合がたたあります流行る気持ちを抑えそっとしておく事が大切七日のしれません。

女性はホルモンの関係で左右される

これは、女性は大いに納得出来るポントでは無いでしょうか。

というのも、女性は生理前になるとホルモンの関係で、どしてもイライラしやすくなってしまうのです。

だかこそ、普段は何とも思わないような出来事でイライラしてしまうことがあるのです。

そのせいで情緒不安定になる事も大いに考えられます。

更に言えばら生理によって体調不良になる事もあるでしょう。

体調が悪いとどうしても人は余裕が無くなります。

結果的に情緒不安定になり、怒ったり泣いたりしてしまうでしょう。

この場合、自分でも情緒不安定な原因が分かりやすいというメリットがあります。

なんだかいつもと違っている。

気持ちが不安定だ。

そう自分自身が感じる時は、生理前である可能性がおおいにあります。

だからこそ、自分でも『生理が近いんだな』と納得することが出来るでしょう。

原因を知る事が出来れば、自分の気持ちも少し軽くなるはずです。

訳も分からず情緒不安定で居るよりは、時間が解決してくれると知れる方がこころが楽になる事でしょう。

脳機能に障害が起きてる

周りから見ても、あきらかに様子がおかしい。

けれども、精神的な疾患は見つからなかった。

そんな場合は脳の中で何か問題が起きてしまっている場合があります。

脳機能障害が起こってしまうと、感情をコントロールする部分がうまく機能しなくなってしまいます。

そのせいで情緒不安定になってしまって居る事があります。

この場合、自分では理解できて来ない場合も多々あり、誰もがその変化に戸惑い腫れ物に触るようになってしまう事もあります。

もし、貴方の周りにそういった方が居るのであれば手遅れになってしまう前に一度病院で診てもらうことをおすすめします。

周りの環境の変化

子供は勿論、大人になっても、環境の変化に慣れるのは大変な部分も多々あります。

そこにストレスを感じたとしても不思議ではありません。

それは、学校でも仕事でも同じことです。

今までやっていた事が通用しない。

自分を全て否定されたような気持ちになる事もあるでしょう。

変化に慣れるのが早い人も居れば遅い人も居ます。

それによって、ストレスの感じ方も違い場合によっては情緒不安定になる事もあります。

これを解決するためには、その環境に慣れる以外に方法がありません。

多くの場合、時間が経つことによってその環境に慣れる事が出来情緒不安定も改善する事が出来るでしょう。

ですが、人によってはどうしても我慢できない事もあるでしょう。

その環境に慣れる前に心が折れてしまう事だってあるのです。

それは、人によってそれぞれであり誰かに決められるものではありません。

だからこそ自分が無理だと思えばもう無理なのです。

我慢できるかどうか、それは誰にも分からない事なのです。

どうして情緒不安定になってしまうの?

情緒不安定になるには、なんらかの理由があるはずです。

その理由に気がつく事が出来なければ状態はドンドン悪化していく事でしょう。

だからこそ、その状況を酷くしない為には、原因をしりその状況を改善する事が大切です。

原因によっては、改善する事が出来ない物もあるかもしれません。

ですが、何も分からず闇雲に過ごすよりは、原因を意識することによって今現在の状況を冷静に判断する事ができるはずです。

不安定な状態は、自分も辛いはずです。

その辛い状況を少しでも改善できるように日々過ごしてみてはいかがでしょうか。

情緒不安定な時の症状

『情緒不安定になる』と言われてもなかなかイメージがつかない場合もあるかもしれません。

人によっては、情緒不安定など無縁なパワーあふれる日々をおくっている人だっているはずです。

そんな人からみれば、例え身近な人が情緒不安定になって居ると言われたとしても、何が何だかんだ分からないと言う事もあります。

そこで、ここからは情緒不安定になるとどんな状態になってしまうのかについて、ご紹介させて頂きます。

貴方の周りでよく分からず泣いたり怒ったりしている人は既に上智のになって居るのかもしれません。

状況を知ることによって、今後改善を見込む事も可能でしょう。

感情の起伏が激しい

情緒不安定の方で、もっとも分かりやすい現象が感情の起伏が激しくなる事です。

怒ったり泣いたり喜んだり。

周りからすれば原因が全く予測つかない中で感情がコロコロ変わってしまうのです。

一緒に居る人は、そんな時人に合わせるのは大変でしょう。

つい疲れてしまったりする事もあるはずです。

しかし、それ以上に本人も大変な事が多々あります。

周りの人が振り回されて居るとかんじるように、自分自身もまた自分の感情に振り回されてしまっているのです。

自分ではどうする事も出来ない喜びや悲しみを対して、どう対処していったら良いのか分からなくなってしまうのです。

情緒不安定は自分自身も辛いものです。

どうやって付き合って行くべきなのか。

自分自身が悩んでしまうポイントです。

起こっている理由が理解できない

情緒不安定になると、自分自身でも感情をコントロールする事が出来なくなってしまいます。

そのせいで、だんだんと状況の処理能力がおい付かなくなってしまう事もあるでしょう。

起こっている現状を把握する事が出来なくなってしまう事もあります。

そうなれば、パニックが連鎖していく可能性もあります。

今起きている事を冷静に判断する為には、状況を見極める力が必要です。

だからこそ、頭がクリアな状態でなければなりません。

すぐに泣いてしまう

涙は悲しいから出るとは限りません。

楽しくても怒っていても出るのです。

だからこそ、自分の感情が高ぶっている時に涙は出てしまうのです。

つまり、情緒不安定な人の場合には人よりも涙が出る可能性が高く、もっと言えば常に涙が出ているようなイメージを持たれてしまうのです。

自分の感情を、出すことは大切なことです。

そうすることによって、ストレスを解消したり周りとの関係をより良いものにして行く事が出来る場合もあるでしょう。

ですが、何事も限度が重要です。

あまりにも、涙ばかり流していていては、周りの人を困惑させる事もあるかもしれません。

いきなりパニックになってしまう

自分の感情を抑えることが出来ないからこそ、情緒不安定と言われてしまいます。

そんな人は、時々自分でも何が何だかんだ分からなくなってしまい、パニック状態になってしまう事もあるかもしれません。

いきなりのパニックは、二次被害を起こす可能性があります。

そのせいで貴方の周りから人が減ってしまう事もあるかもしれません。

そうなってしまうと、自分と周りとの関係がおかしなものになってしまう可能性もあるでしょう。

だからこそ、私たちはそうならない為に自分の感情を抑えておく必要があるのです。

それが出来ないからこそ、問題は大きくなるのでしょう。

自分では情緒不安定だと思っていないのにも関わらず、パニックになってしまうと言う人はもしかしたらもう既に情緒不安定なのかもしれません。

今一度、自分の行動を見直してみてはいかがでしょうか。

他人と会いたくなくなる時がある

他人と会うにはパワーが必要です。

そのパワーがない状態の場合、人に会う事が嫌になる事もあるでしょう。

他人と会いたくない時は、単に疲れている時もあれば、もしかしたら心が不安定になってしまっているのかもしれません。

だからこそ、そんな時は休む事が一番で
す。

無理をして、エネルギーを起こしてしまっては意味がありません。

無理して頑張るのであれば、出来る範囲で長くて続けて行くことの方が必要でしょう。

何もないのに不安に陥ってしまう

不安は何処にあるか分かりません。

人によって、どんな事が不安に繋がるかも違う事でしょう。

だからこそ、何がどうなったから不安になるとは一概に言えません。

例えば、情緒不安定な人は理由が無かったとしても不安になってしまう事があります。

正確には、何らかの理由はあるのです。

ですが、その不安は自分自身が作り出してしまったものかもしれません。

だからこそ、周りの人からは理解する事が出来ないのにも関わらず一人で不安となっており多くの人を困らせてしまう事もあるかもしれません。

はっきりとした原因がある訳ではなく、なんとなく不安。

多分こうなってしまうだろう。

そんな悪い思いばかりが自分の中に増えていくことによって、どんどんと不安な気持ちが大きくなってしまいます。

それはとても疲れる事であり、自分自身が一番ですうんざりしてしまうはずです。

情緒不安定ではない?「全般性不安障害」の可能性も

自分の事は誰よりも分かっている。

そう思っていない人は沢山いる事でしょう。

ですが、実際本当に自分の事を知っている人はどれだけ居るのでしょうか。

分かっていると思って居るだけで、実際には何も分かっていない事もあるかもしれません。

例えば、情緒不安定な場合もそうです。

それが単なるストレスによるものなのか、病気によるものなのかはそう簡単に判断できるのではありません。

自分では疲れだと思っていても病気による可能性も否定出来ません。

もし、情緒不安定な状態が長引くようであれば病気の可能性も考えてみてください。

情緒不安定になる病気で、一番オーソドックスなのが、全般性不安障害です。

この病気になることにより、多くの事が不安になってしまい、結果的に情緒不安定になってしまうのです。

全般性不安障害の症状

それでは、実際全般性不安障害になるとどんな症状があるのでしょうか。

自分は大丈夫だと思って居る場合でももしかしたらその病気になってしまって居る場合もあります。

だからこそ、その事を知る事によって、自分の状況を冷静に判断する事が出来るようになる事でしょう。

過剰な不安と心配がある状態が6カ月

不安な気持ちがあるからといって、その全てが病気に繋がるかと聞かれればそんな事はありません。

多くの場合、一過性のものでしょう。

問題なのは、それが継続的に起こる場合です。

その為、それがどの程度継続して起きて居るかを考えてみましょう。

例えば、激しい不安や心配な気持ちが半年以上続く場合、それは単なる情緒不安定では無い可能性があります。

多くの出来事の場合、時間が経てば不安な気持ちも改善していくはずです。

たか、こそ、そう真剣に悩む必要

情緒不安定の時にやってはいけないこと

情緒不安定な時は日頃当たり前のように出来ている事も出来なくなってしまいます。

だからこそ、自分の行動に気をつけなければならない可能性も大いにあるでしょう。

また、自分自身が情緒不安定だと気がついていない場合は更に大変です。

自覚が無いからこそ、問題が大きくなってしまう事もあります。

だからこそ、周りの人の意見などもしっかりと聞き入れる心を持つ事が必要です。

飲酒、喫煙

飲酒や喫煙は、血流の流れを悪くします。

そのせいで思考回路があやふやになってしまったりする事があります。

ただでさえ情緒不安定なのにも関わらず、そんなことをしてしまっては状況はもっと悪くなってしまうでしょう。

だからこそ、情緒不安定な時にはそれらの事はおススメ出来ません。

どうしてもしたいと言うのであれば、周りの人に協力をしてもらう事も考えて下さい。

もし何か問題があった場合、助けてくれる人が側に居るかどうかによっても、飲酒や喫煙をしていいかわ変わってきます。

特に飲酒の場合は、アルコールの力が強く影響も大きく出ます。

だからこそ、きちんと理性を持てる時でなければ使用する事は出来ません。

つい流れに任せて使用してしまえば困った事になってしまう可能性もあり、注意が必要です。