みなさん自己PRをしてください!と突然言われた時に、的確にすぐ自分をアピール
することができますか?
自己PRというのは、入学試験や面接など様々な場面で活用されます。

自己PRってどんなもの?

自分自身のどこをPRしていいのかわからない、という方も少なくないのではないでしょうか?
学校でも企業でもそうですが、自分自身をしっかりと理解してアピールできる人というのは、高評価を得ることが出来ます。

今回は、そんな自己PRで失敗しない為に、「自己PRが完璧になるアドバイス」を
12個の項目に分けてご紹介していこうと思います。

この記事をきっかけに、自分自身を見直して、最高の自分がアピールできるようにしましょう。

面接の材料になるのでとても重要


まず、最も自己PRを使う場面として、面接があります。

面接では自己PRが判断基準の中核を担うといっても、過言ではないと思います。

では実際面接官は、自己PRでどんなことが知りたいのでしょうか?
それは主に、志望動機、熱意、そして応募者がその学校に対して適性があるのか、
また仕事であれば、仕事をする上でのスキルを持っているのかという点です。

履歴書にも記載するかもしれませんが、応募者はあなた一人ではないので、
面接官も隅々まで全て確認しているわけではありません。

せっかくあなたが資格を所持していたり、志望動機となる活動をしていても
それを知ってもらえなければ意味がありません。

また、面接官としては自分のアピールも出来ない人は論外という方もいるようです。

厳しいようですが、自分を的確にアピールするということは、学校でも企業でも
一番大切な項目となるので、しっかりとアピールをする準備をするようにしましょう。

自己PRを完璧にするための12個のアドバイス

先ほどもご紹介しましたが、自己PRには志望動機や資格の有無など様々な項目が
あります。

その自己PRを完璧にこなすというのは、かなり難しいことだと思います。

しかし、しっかりと事前準備をすることでより完璧に近い形で、自分をアピールする
ことができるでしょう。

次の項目では、学生が進学する上で、自己PRをする為に必要な下調べや事前準備に
ついて解説していこうと思います。

当たり前のことのようですが、意外と抜けている部分があると思いますので、
どれも大切な項目です。

しっかりと確認して、返答を求められた時に詰まらず、すぐに発言できるように
しておきましょう。

では、詳細の解説をしていきます。

進学する方へ自己PRのアドバイス


まずは、進学する方への自己PRの総合的なアドバイスをしようと思います。

進学というのは、恐らく人生で初めて経験する分岐点であり、今後の自分の人生に
大きく左右してくる、大変重要なイベントです。

その進学でも初体験の面接が待ち構えています。

初めての面接で上がってしまって喋れない、頭が真っ白で何を言ったのか覚えていない、
という話しをよく耳にしますが、それは事前準備が足らない証拠です。

人間しっかりと暗記しておけば、頭が真っ白になってもある程度きちんと喋ることが
出来ますからね。

そういった事態に陥らない為にも、これから紹介する項目をしっかりと理解し、
準備をして反復練習して、どのような精神状態でも的確な回答ができるように
準備していきましょう。

1.進学する学校をしっかり調べよう

まず始めに、一番重要な項目と言えますが、「進学する学校をしっかりと調べる」ことです。

そもそも、進学する学校をよくも知らずに受験して、面接で「なぜ本校を志望しましたか?」という必ず聞かれる問いに答えられなければ、面接官はどう感じるでしょうか。

もちろん、この学校に対して興味ないのに、とりあえず受験したんだな、ぐらいにしか取られないと思います。

私自身も面接官をした経験がありますが、極稀れにこの質問に答えられなかったり、
意図していた回答とは全く異なる回答をする人がいます。

もちろん、この回答に答えられなかった人で合格した人は、見たことがありません。

その他がどれだけ結果が良くても、根本の部分がはっきりしないようでは判断基準も
ありませんからね。

なので、まずはしっかりと自分が進学する学校の特徴であったり、どういった活動を
しているのか、どこが強みなのかと特色がある部分から抑えていくことが大切です。

その学校しか行っていないことなども、必ず一つはあるものでそういったところを
アピールすることが出来れば、ちゃんとわかった上で受験しているんだなと
好印象を与えることができます。

事前リサーチは面接の鍵ですので、パンフレットやHP、学校の先生や先輩に聞くなどして十分すぎるほどに準備をしておきましょう。

自分は学校が求める人物像だということを伝える

続いては、自分は学校が求める人物像だということを伝えることです。

例えばですが、工業科の高校に、商業科希望の学生です!と伝えて面接をしたら
どうでしょうか?
もちろん、即落とされてしまいますよね。

求める人物像というのは、抽象的な表現ですが、それをどれだけ明確に答えられるかで
学校側も必要かどうか判断することができます。

例えばですが、工業科の学校を志望したのであれば、工業を専行したい学生を、学校側は欲しいですよね。

工業科の高校を受験して、「私は工業科希望で、○○に興味があり、こちらの高校の○○という活動を知り、自分自身でも体験し知識を深めたいと感じました。

また将来○○の知識を活用し、○○という職種に就き、○○の分野でこういったことをしていきたいと考えており、この学校を志望しました。」といった返答が出来るとどうでしょう。

しっかりと将来設計まで出来ていて、学校が求める人物像の部分もしっかり盛り込まれており、好印象を与えられるのではないでしょうか?
出来るだけ具体的な例を出して、何がしたくてこの学校を選んだのか明確に伝えることが
大切です。

その為には、先ほどご紹介した学校の事前調査が必須ですので、しっかりと調べて、
学校が求める人物像に少しでも近づける回答をしましょう。

2.志望動機に疑問を持たれないか考えよう

続いては、志望動機に疑問を持たれないか考えることです。

志望動機というは、なぜこの学校を選んだかという受験を決めた理由そのものです。

そこで少しでも、言いよどんでしまってはどうでしょう。

もちろん、「本当にこの学校を志望しているのかな?」と疑問に思われてしまいますよね。

面接においてどの項目でも共通して言えることですが、少しでも面接官に疑問を抱かせては
いけません。

的確な表現をして、なぜ志望したのか具体的な例を出して回答することで、
発言の説得力もより高いものになるでしょう。

最後に、志望動機については言い切ることが大切です。

「だと思います。」など中途半端な表現方法は絶対にNGです。

一度、自分の面接の発言内容を見返してみて、中途半端な表現をしている部分が
ないかチェックしましょう。

どうしてもこの学校がいいということをちゃんと伝える

続いては、どうしてもこの学校ではないとダメ!という強い意志をアピールすることです。

どの学校でもそうですが、必ずこの部分を学校は推している!、この分野では他校より
間違いなく内の学校!という強みが存在します。

そういった部分をしっかりとリサーチし、面接でこの部分があるので、この学校じゃないと
ダメなんだ!という強い意思をアピールしましょう。

しっかりと調べて、その学校独自の強みの部分ではないとダメと強くアピールされると
面接官の心象も良くなることでしょう。