時代とともに流行の移り変わりが激しい眉メイクですが、近年は自前の眉を活かしたメイクが多くなってきています。

とはいえ、何もしないのはちょっとマズイです。

眉は表情にも影響をもたらすので、可愛い眉メイクを覚えてアカ抜けた顔を目指してみましょう。

眉メイクを可愛くするための5個のパターン

眉の形にはいくつかのパターンがあります。

その中から代表的な5個をご紹介しますが、自前の眉と異なるものにするのは結構大変なので、今の眉毛がどの形に近いかで選ぶことをおすすめします。

眉毛の近さを考慮するポイントは、幅、長さ、毛の太さです。

1、ナチュラル眉毛

ナチュラル眉毛は濃すぎず薄すぎず、前頭骨のカーブに沿った生え方をしている眉のことです。

ナチュラル眉にも黄金比はありますが、骨格に合っていることが重要なため、その骨のラインからオーバーする分はカットし、足りない分を描き足せばOKです。

黄金比に特化していうと、眉の長さは、眉頭が小鼻から目頭の延長線上で眉尻が小鼻と目尻または口角と目尻を結んだ延長線上です。

太さは黒目の2/3程度で、眉山(眉の頂点が一番高い部分)が真っ直ぐ前を見た時の黒目の外側から眉尻の中間地点とされています。

ナチュラル眉とはいえ、本当にナチュラルに生え放題にしていいわけではありません。

近年のナチュラル眉はふんわりしていることが求められ、毛流れでまばらに肌が見えてしまうなら埋めることも必要です。

ナチュラル眉が与える印象は、穏やかさです。

表情で動きがわかりやすいのでコミュニケーションの多い人におすすめです。

2、ストレート眉毛

毛が太い人おすすめなのはストレート眉です。

ハンサム眉や並行眉とも呼ばれるストレート眉毛はナチュラルよりもさらにカーブを抑えた眉毛です。

眉山も目立たず、そこから眉尻に向かって細くなるラインだけがほんのりカーブしている程度となります。

太目眉で目と眉の間を狭くすると力強さ、若々しさを表現でき、アーチを描かない分眉毛と目の距離が目立たなくなるのでデカ目効果もあります。

一方、ストレートで通常幅~細めにするとスッキリして知的な印象を与えます。

とくに面長の人はアーチのある眉で縦ラインを強調するより、メイク全体として横のラインを意識すると小顔に見えるため、ストレート眉が似合います。

しかし、眉骨が並行な人は取り入れやすいものの、骨がカーブしている場合眉山のあたりをカットする必要があるので、お手入れは大変です。

3、細眉毛

一時は太眉ブームが来ていましたが、今は自然な細眉もメジャーです。

90年代から00年代に登場したアムラーのような鋭角の細眉だとヤンキーになってしまい、剃り残し跡も強烈ですが、自然に細い眉毛ならOKです。

細眉が似合う人は、眉毛と目の距離が短く、涙袋を含めて目の印象が強い人です。

もし眉毛と目の間が通常でも広く開いている人が細眉のために眉下の毛を抜いたりカットしてしまうと、目と眉が一体とならず目が小さく見えてしまったり、顔が大きく見えたりします。

また、目の印象が薄い人がすると眉毛だけ貼りつけたような印象になります。

4、困り眉毛

下がり眉、ハの字眉とも呼ぶ困り眉毛のブームは去り気味ですが、似合う人がいないわけではありません。

守ってあげたくなるような女の子像を狙うなら困り眉毛をおすすめします。

男性人気を獲得したいアイドルにも多い眉毛のタイプです。

眉毛の最も高い位置が眉山ではなく眉頭になり、常に困ったような表情を演出できるのでアンニュイな雰囲気があります。

ただ、本当に困った時はとんでもなくハの字になるので、悲壮感が出てしまう恐れも。

営業職などには向きません。

5、アーチ眉毛

太眉ブームの台頭で一時期下火でしたが、2018年は再びブームになるともいわれており、根強い人気を保持し続けているのがアーチ眉毛です。

眉頭から眉山までと眉山から眉尻までの角度を分けずに丸みを帯びたカーブを意図的につくるのが基本です。

とはいえ、2018年は並行眉と中間程度に、眉尻だけわずかに強くカーブさせるアーチ眉も流行しそうです。

印象は柔らかく女性らしくなり、垢抜けた雰囲気も出しやすいので職業を選ばず取り入れやすい眉毛です。

面長の人はアーチをはっきりさせてしまうと縦ライン強調で顔が大きく見えるので、ちょっとおすすめできませんが、骨格が鋭角な逆三角形型や、丸み同士で相性の良い丸顔の人にはぴったりです。

顔の印象を左右する眉メイク


眉メイクが注目されるようになったのは最近ですが、実はアイメイクよりも顔の印象を決定するのが眉毛です。

性格や表情がよく出る部分なので、眉毛を変えるだけで見せたい顔にすることができます。

与える印象は下記の通りです。

・可愛い:緩やかなアーチ眉
・クール:眉頭から眉山に向かって斜めに上がる鋭角眉
・ハーフ顔:目と眉の間が狭い太めのストレート眉
・か弱い:困り眉
・知的:ストレートまたは目尻だけややアーチ
・穏やか:ナチュラル眉

書き方を見ながらしても上手く書けない

眉の書き方はお手本がいくつもありますが、見ながら書いてもなかなか上手くできません。

左右非対称になったり、線がガタついたり、「書きました!」感が満載ののっぺりした仕上がりになってしまったりなど、上手くいかないパターンはたくさんあります。

一番の原因は道具です。

眉メイクの道具はたくさん販売されているものの、初心者向けから上級者向けまで並んでいるのでメイク好きの人の口コミを見て購入すると自分の腕が追いついていなため上手く書けなくなってしまいます。

次に、書く前に自前の眉をカットしたり抜いたりしていることが挙げられます。

理想の眉の形が定かではない段階からとりあえずカット、抜いたりしてしまうと左右非対称になるばかりか、除去しすぎて逆に書き足さなければならない部分が増えてしまっているのです。

整えるだけでも難しい

書かずとも整えるだけでも難しいと感じる人の多くは、自前の眉自体が左右非対称になっている傾向があります。

眉山同士を結んだラインが斜めになってしまう人が該当します。

あるいは、毛が薄い、まばら、短いなどの理由で整えるだけではどうにもならない場合もあります。

正しい眉毛の整え方

女優の富士真奈美さんは、テレビ番組で若い頃に眉毛を切らずに抜いてしまったことを後悔していると話していました。

1956年にデビューしてから、当時流行していた細い眉毛を維持するために抜いていたそうですが、繰り返すことで生えてこなくなってしまったそうです。

とくに眉の下側の毛は絶対に抜いてはいけない、とも話しています。

眉毛をに抜くことは少量なら良くても広範囲はおすすめしません。

眉は数年ごとにブームが変わるので、抜いてしまうと太くしたい時に生えてこなくなる恐れがあります。

ブームに寄せることは良いとしても、カットしてできる範囲にとどめておくのが理想的です。

可愛い眉メイクのやり方


それでは可愛い眉メイクのやり方を具体的に見ていきましょう。

初心者でもやりやすい方法を中心にご紹介します。

用意する道具は、顔全体が映る鏡、眉毛用ハサミ・フェイスシェーバー(電動がおすすめ)、毛抜き、アイブロウペンシル(先は尖らせる)、アイブロウパウダー、眉用コームです。

髪が眉と違う色の人は眉マスカラもあるとなお良いでしょう。

それぞれの特性については後半でまたご紹介します。

抜いたり剃ったりして眉毛を整える

まずは本格的に書いていく前に自前の眉を整えていきます。

手馴れていない内は、左右非対称にならないようにペンシルで理想の眉の形を縁取りして、そこからオーバーする眉をカットしましょう。

大きな鏡を使用するのも左右非対称にしないためです。

一旦縁取りをしてから引きで見て、問題ないかをチェックしてからカットするのがコツです。

抜く部分は未来永劫ブームが来ないであろう眉間の毛、とくに鼻筋の延長にあって、そこに毛があると眉が確実につながってしまう範囲だけにしておきます。

あるいは、完全にまぶたに1、2本生えているならそれは抜いても構いません。

もしカットだけでは黒ゴマみたいに目立ってしまうならフェイスシェーバーでなめらかにしてからコンシーラーでカバーしましょう。

オレンジやピンク系のカラーベースを塗っておくと青みが目立たなくなります。

ペンシルとパウダー両方使いする

眉のカットが終わったら、一度縁取りしていたラインを落としてから改めて書いていきます。

メイクはお絵かきとは違うので、眉頭から書きだしてはいけません。

眉頭から書きだすとそこが濃くなっていかにも書いた感じになってしまうので、眉山より手前、眉の中間地点から書き始めましょう。

まずは眉尻の長さを決定するために、眉の下側のラインをペンシルで引きます。

あまり強くは書かずにこれからごまかしが効く程度の筆圧にしておくのがポイントです。

片方が終わったらもう片方と交互に行うことで左右非対称になるリスクを軽減できます。

次に眉尻全体の形を作るために眉の上側のライン、つまり眉山から眉尻までの角度を決めるラインを引きます。

続いて、眉がまばらな場合はそこを埋めるようにペンシルをスタンプするようになじませていきます。

これでペンシルの出番は終了です。

続いてパウダーを使います。

パウダーは大体3色のグラデーションになっているので、濃い色と中間色を混ぜて使うとやりやすいです。

これも眉の中間にブラシを置いてから、眉がふんわりした印象になるように中間から徐々に眉全体に伸ばすようにラインを描いていき、残ったパウダーで眉頭をぼかすようにしましょう。

もしペンシルだけでは眉尻の書き込みが足りていなかったら、細い方のブラシに切り替え、ラインに沿ってササッと塗ります。

こうすると、眉頭から眉尻までが薄い~濃いというグラデーションになるのでふんわり可愛く仕上がります。

コームで毛の流れを作る

ペンシルやパウダーを使うとたまに毛が逆立ったり曲がったりしてラインからオーバーしてしまうことがあるので、書き終わったらコームで毛の流れを整えましょう。

ゴシゴシやるとせっかく書いたラインが滲んでしまうので優しく、毛の上をさらうように行うのがコツです。

上→下の順でラインを書く

初心者は下から書く方がうまくいきますが、自前の眉が薄くラインを決定するのが難しい人や手馴れている人は上から下の順でラインを引いても構いません。

下から書くことの利点は自前の眉を活かして埋めていく作業に向いているところで、上から書く利点は眉山頂点のラインを決定しやすいところです。

そのため、眉がまばらや薄い、あるいは短いなどの理由で眉の形を作るために最初にペンシルで書き込む範囲が大きい人は上から書いてみましょう。

その他の手順は上記と変わりません。

髪色より少し明るい目の色を選ぶ

明るい茶髪なのに眉毛は黒いという状態はヤンキー感があるので眉の色も髪に合わせて揃えましょう。

可愛い眉メイクにするためには、あまり眉に主張をさせない方がいいので髪色より少し明るめの色にして存在感を軽減するのがおすすめです。

パウダーを使えばいくらか明るくはなりますが、地毛が真っ黒だとどうしても暗い色になるので眉マスカラで色を変えます。

ダマをつくらないように、余分なマスカラ液をティッシュオフしてから塗ります。

眉マスカラはマツゲのマスカラとは違い、毛を逆立てるように眉尻から眉頭方向にブラシを動かしていくのがポイントです。

最初から毛流れに沿って塗っても色が全然つきません。

全体のカラーリングが完了してから毛流れにそって動かし眉を整えればOKです。

絶対持っていて欲しい眉メイク道具

メイクの方法でもご紹介した眉メイクの道具をさらに細かくご紹介します。

同ジャンルの中でもリキッドやパウダータイプなどで利便性が異なるので、自分がどんな眉にしたいかを考えながらチェックしてみましょう。

どのメイク道具もドラッグストアで安価に購入できるものからデパコス(デパートで売られるようなブランドコスメ)まで幅が広いですが、高価だから眉を上手く書けるというわけではないので、眉メイクに慣れるまでは安価なものでどんどん挑戦していくことをおすすめします。

アイブロウパウダー

アイブロウパウダーは2色は入っているものにしましょう。

眉に近しい濃いめの色と、少し明るい色の最低2色は必要です。

3色入りのものもあり、かなり明るい色が入っているものは眉から鼻にかけてのノーズシャドウとして使えたり、色を混ぜてトーンを変えるのに便利です。

ブラシはやわらかいラウンドブラシと、コシのあるシャープブラシの両方が付いているものがおすすめです。

眉全体と眉頭は丸みのある方、眉尻でラインをぼかしたくない部分はコシのある方と使い分けができます。

眉メイクに慣れてきたら秋冬は赤系のパウダーを足すのもありです。

黒や茶よりも垢抜けた印象になる上、血色も良く見えるので色気のあるピンク系やローズ系のメイクとマッチします。

アイブロウペンシル

ペンシルにはたくさんのタイプがあります。

まずは鉛筆のような通常のペンシルタイプです。

これは鋭角に削ればラインを綺麗に書けて、綿棒などでぼかすのも楽なので使い勝手が良いです。

初心者はまず鉛筆タイプにしましょう。

繰り出しタイプの少しクリーミーなペンシルもあります。

クリームタイプは定着が良いことが利点ですが、筆圧を間違えるろダマになりやすいというデメリットもあります。

また、削って細さを調整できないので、自分に合ったものかどうかを吟味しましょう。

繰り出しタイプにはパウダーもあります。

ペンとして使えるのですがブラシでぼかすとパウダー状になってくれるのでふんわり眉をつくるには便利です。

ラインを決定するというよりも眉の隙間を埋めるのに使いやすい商品です。

続いて、リキッドタイプです。

これは初心者が使うのはNG。

使い慣れていないとのっぺり眉になってしまうからです。

これ一本で眉を作るというよりは、まばらな眉の隙間に自然に見える毛を一本一本書き足していく時などに使用します。

ペンシルと同じく細いラインを書きやすいものに眉ティントもあります。

数日は眉の形に染め上げてくれるので毎日眉を書きたくない人には便利です。

ただし、眉頭まで染めてしまうと力強い印象になってしまうので、眉頭だけは染めずにパウダーでぼかすことをおすすめします。

アイブロウブラシ

アイブロウブラシは用途によっていくつか種類があります。

まず先述したラウンドブラシとシャープブラシがあり、これはパウダーを使うときに使用します。

他にも、眉の輪郭をぼかしたり毛流れを整えるときに使うスクリューブラシや、眉のカットに役立つコーム付のブラシがあります。

とくにパウダーを載せる時に使うラウンドブラシとシャープブラシはよく吟味しましょう。

高ければ良いというわけではありませんが、あまりに安価だと化繊でパウダーの馴染みが悪かったり、コシがなさすぎてラインを書けなかったりする商品もあるので注意が必要です。

アイブロウコート

アイブロウコートは書いた眉を長時間持たせるために便利な道具です。

眉はおでこに近いので皮脂も多く、メイクが崩れやすい部分でもあるためコートの力を借りましょう。

汗をかく時期はウォータープルーフタイプがおすすめです。

マニュキアのように平筆になっているものが使いやすいでしょう。

ほとんどの商品は自然な仕上がりになるように配慮されていますが、たまに、塗るとテカテカしてしまうものがあるのでクチコミを見ることが大切です。

また、速乾性があるかどうかも判断基準に含めた方がいいかもしれません。

乾くまでに時間がかかるとその間にヨレたりする恐れもあるからです。

可愛い眉毛をしている芸能人

どんな眉が理想的か悩んだら芸能人の方々を参考にしてみましょう。

よく観察すると皆さん眉のタイプが違うので、どんな印象を与えるメイクにするかを決定しやすくなります。

また、自分の骨格に近い人の眉を参考にすると似合う可能性が高いです。

基本的な眉メイクのテクニックは上記まででお伝えした通りですが、芸能人の眉毛を目指すにあたってのポイントもご紹介します。

新垣結衣

顔の横幅よりも縦幅が短く、目はネコ目とは違って角度がない並行型かつぱっちり二重で鼻筋はシャープ、輪郭は丸みがあるので並行眉が似合います。

実際、新垣さんは太目のストレート眉メイクが多く、自前の眉を活かした仕上がりになっています。

ハンサム眉ですが可愛いイメージなのは、輪郭と目、おでこに丸みがあるからです。

太目ストレート眉の芸能人は他にも、ローラさん、武井咲さん、中村アンさんが代表的です。

新垣結衣さんの眉メイクを真似するときは、ストレート眉といえどもナチュラルさを失わないことが大切です。

自前の眉が細かったり短かったりする人は書き足す部分が多くなりすぎるので、あまりおすすめできません。

自前の眉をストレートになるようにカットし、まばらな部分を埋める程度にしましょう。

毛が太い場合は眉マスカラやパウダーで調整してふんわり感を出せばOKです。

メイク全体はナチュラルに仕上げるのが◎。

石原さとみ

かつては石原さとみさんも自前の眉を活かした太目のナチュラル~ストレート眉でしたが、最近は細めの緩やかアーチ型にしています。

これによって垢抜けたとの評判も高く、細眉ブーム再燃の火付け役ともされています。

2015年にはなりたい顔No.1を獲得するほど憧れの芸能人です。

太眉時代も若々しさと純朴な雰囲気で十分可愛かったのですが、目が大きく印象的なので、アーチにしたたことで女性らしく洗練された印象になっています。

役によってはストレート眉の時もありますが、現在は細眉が主流のようです。

石原さとみさんの眉メイクは、優しい印象になるよう眉山に角度を設けないことがポイントです。

緩やかアーチは眉の下側のラインのバランスが難しいので、下からラインが決まるまでやってみるのがおすすめです。

決定したら足りない部分をペンシルで埋めてパウダーでぼかしましょう。

石原さとみさんメイクの時は眉の色はワントーン上げなくても問題ありません。

北川景子

なりたい顔ランキングで常に上位に君臨する北川景子さんは細眉美人の代表格です。

モデル時代から眉はさまざまな変遷を経て今に至るものの、基本的にはずっと細眉で、ドラマHEROの時に役柄もあってか知的なストレート眉でちょっと太目でした。

以前は髪色よりやや明るめの茶色・イエロー系の眉色が多かったですが、ご結婚されてからは落ち着いた印象の、髪より少し明るい程度の眉色となっています。

現在は石原さとみさんよりもさらに細く、基本的にはストレートか緩やかアーチですが、ちょっぴりネコ目なので目のラインに合わせて眉にも少し角度があります。

眉山は目立たず眉尻にかけてほんの少しラインを下げる程度です。

目は縦幅のあるぱっちり二重ですが、意外と横幅はそんなにないので、その分眉尻を短めに引いて目の横幅を大きく見せています。

北川景子さんの眉メイクは似合うか似合わないかがハッキリわかれるので、顔型や顔のパーツのバランス、形が近い人ならやってみましょう。

佐々木希

モデルがメインの頃はギャル系の細めかつ短め眉でしたが、近年はナチュラル眉になっています。

もともと目と眉の間に開きがないので、どんな眉でも似合いますが、少し眉幅を太くしたことで、より一層目力がアップしました。

色白で丸みのある輪郭、目も丸くぱっちりしているので、やわらかな印象のナチュラル眉がバッチリ似合います。

パウダーでぼかした可愛い眉メイクのお手本です。

ふわふわ感を出すために毛足は短めにカットし、ペンシルは長さが黄金比に足りないようなら書くくらいで、パウダーを中心に仕上げましょう。

沢尻エリカ

沢尻エリカさんの眉は可愛い眉5選とは違って眉山から眉尻までの角度がついたシャープな形をしています。

幅は細めですが、毛がしっかりしているので凛々しい印象です。

濃さも眉頭から眉尻までそれほど変化が無く、長さも目尻とほぼ同じあたりなので黄金比からも外れています。

ヘルタースケルター時は役柄もあってほとんど眉の主張がない細めかつ短めの眉でした。

それでも可愛いのは沢尻エリカさんの顔全体のポテンシャルで、小顔、なめらかな輪郭、小さな鼻とぷっくりした唇、丸く大きな目という、各パーツのメリハリがしっかりしている顔であるため、眉が黄金比でなくてもしっくりきます。

むしろどんな眉毛でも似合うと言えるでしょう。

角度をつける眉の場合、メイク全体もエレガントに仕上げるのがおすすめです。

眉以外をナチュラルにしてしまうと、眉だけ気合いの入った感じになって浮いてしまうので、アイホールやアイライン、チーク、リップも綺麗なピンク系で整え、ラメ入りのものを使って煌めきを足しましょう。

大島優子

元AKBで現在は女優として活躍している大島優子さんは若干困り眉です。

眉尻はアーチ状なので、眉頭から眉尻までのラインは横にしたSのようになっています。

眉幅は太くも細くもなく、自然な眉を活かしていること、元々の眉が困り眉気味なので違和感がありません。

おでこが丸く、トータルで見るとやや面長ですが、顎がシャープで目が大きく、大きな口の口角は上がり、各パーツが顔の面積の下側にあるので若々しいイメージがあります。

ストレート眉にするとさらに元気な印象になりますが、困り眉なので愛らしさが強調されているといえます。

困り眉の芸能人は同グループから渡辺麻友さん、島崎遥香さん、そして女優の剛力彩芽さんなどが挙げられます。

困り眉のハシリは工藤静香さんで、大ブレイク中のお笑い芸人ブルゾンちえみさんも困り眉メイクをしています。

ブルゾンちえみ

海外ドラマのようなセクシーなキャリアウーマンキャラ、思わずノッてしまう選曲で大人気のブルゾンちえみさん。

ネタをする上でのメイクということもあって濃いめですが、可愛い顔を作るのに活かせる技術が盛り込まれているのでチェックしましょう。

困り眉に切れ長の目が印象的ですが、素顔は細めのアーチ眉に丸みのあるぱっちりとした一重で全然イメージが違います。

メイク一つでいくらでもなりたいイメージになれるというお手本です。

眉は色気を出すのに効果的な赤系のブラウンのペンシルでつくられています。

外国人のような彫深の顔に見せるために眉と目の間の幅を近づけていった結果眉が下がり気味になったということですが、このテクニックはハーフ顔を狙いたいのに目と眉の幅が広いという人に効果的です。

困り眉な分アイラインはハネ上げているので、デキる女性像と守ってあげたくなる女性らしさが共存しており、恋愛を語るキャリアウーマンにぴったりのメイクなわけです。

二重に見せる、まぶたのキワだけあえてシャドウを抜くテクニックも彫深に仕上げてくれます。

宮崎あおい

薄眉美人の代表は宮崎あおいさんです。

形はナチュラルからややアーチの黄金比ですが毛が細いので眉の主張はほとんどありません。

宮崎あおいさんのように、丸~逆三角形の輪郭で小顔、目が顔の中で占める面積が大きい童顔の人は眉の主張は少ない方が可愛く仕上がります。

ペンシルは使わずパウダーだけで眉を書くと柔らかく主張の少ない眉を作ることができます。

眉の毛が太くしっかりしている人は毛足を短くするか、眉マスカラで明るい色にしましょう。

眉が薄い分顔全体も色を控えめにし、色白で整った肌、ピンク系の薄付リップクリーム、アイラインも黒目の上にちょっと乗せる程度がおすすめです。

ただし、眉の薄いメイクというのは似合わない人が多いです。

宮崎あおいさんのように、少女的な愛らしさのある顔立ちなら眉が薄くても儚げな印象になるのですが、凹凸がしっかりしてマツゲや眉毛の濃い派手顔の人や、大人っぽい顔立ちの面長の人が眉毛を薄くすると貧相に見えてしまいます。

日本人は面長の人が多いので、似合わなければやめておいた方がいいでしょう。

眉メイクをマスターして眉美人を目指そう

眉は形のブームがコロコロ変わるのであまり追いかけすぎても印象が安定しません。

90年代あたりまでと比べると自然な眉を活かす方向にシフトしているので、自分の骨格や自前の眉を活かせる眉の中で綺麗なものを追求することをおすすめします。

また、眉は眼輪筋などの衰えによって形が変わったり、年齢とともに薄くなっていくこともあるので、今メイクが不要な眉を持っているとしても眉メイクの技術は覚えておいた方がいざというときに役立ちます。

初心者向けの鉛筆やパウダーでの眉メイクに慣れてきたら、毛を一本一本書き足すリキッドタイプのペンシルやティントにも挑戦してみましょう。