仕事を始める場合やこれから何かを見つけるような時にはネットなどを使って探すという方も多くなってきた世の中ですが業種などはどういった考えで選んでいるでしょうか?

ここでちょっと引っかかる言葉が出てきましたが皆さんは業種の意味をきちんと理解しているでしょうか?

日本語には様々な言葉を使って物事を表現することになってきますが、仕事関係でよく聞くことになる業種と職種などの違いを正しく理解している方は少ないのではないでしょうか?

どちらの言葉にしてもよく似ていますので同じような意味でとらえていた方も多いと思いますし、言葉の意味なんてどうでもいいと考える方もいるかもしれませんが正しいことを知らなければ将来的に恥をかくことにもなりますのでしっかりとした理解をしていくことが大切になります。

例えばですがどこかの会社の面接を受ける場合など今までの経歴やバイト経験などを聞かれることがありますが、そういった時にも業種などの言葉が出てくることになります。

その場合正しい理解をしていなければ相手の質問の答えとはならず採用は難しいと言えますよね?

面接する人間は業種のことを尋ねているのに自分のやってきた職種を返答していたとすればどうでしょう?

言葉を正しく理解していない人間であるという印象を持たれてしまうことは確実となり、不採用という結果になる可能性が非常に高くなってきます。

こういったまぎらわしい言葉はいくつも出てくることになるのですが、仕事などを見つける際には正しく理解をしておくことも大切なのです。

そこで今回は業種とはなんなのかについてのお話しを色々としていきたいと思います。

実際にこの言葉を多用するといった機会はそれほど多くは出てこないのですが、仕事などを見つける時には自分の知識としてはかなり重要な位置を占めることになります。

一見すれば面接などにも関係のない言葉のようにも思えますが、日本語の正しい理解というものはその人物の勤勉さというものを見ることにも繋がり、そういったことも合格への対象に含まれることがあるのです。

ましてや質問に対して理解が出来ていないようであれば、不安な気持ちにもなってしまいますし自分の会社でそういった人物を使いたいとは思いません。

会社というものは常に貢献を期待できる人物を欲しがっているわけで、知識の少ない人を育てる場所ではないのです。

業種という言葉に対して正しい理解をしてこなかった人などはこれを機会にきちんとした意味を理解するようにしてもらいたいですし、面接などを控えている方にとっても有益な情報となってきますので楽しみながら読み進めていって下さい。

「業種」について理解を深めよう


まずは業種ということについてのお話しとなりますが、よく勘違いしやすい言葉に職種というものが出てきます。

この二つの言葉ですが一見すれば同じような意味だと思ってしまう人が多くなり間違った知識のままで過ごしてしまうことにもなっているようです。

このような似た言葉ですが、会社の面接のように優秀な人物を見極める時にはその人の物事に対する理解などを確認するためにちょっと意地悪な質問をすることもあるのです。

面接などで突然に「今までやってきた業種を全て教えて下さい」などと言われたとしたらあなたの場合は正しく答えられるでしょうか?

こういった素朴とも言える質問が実は重要な採用ポイントなどになる場合が多く、日本語を正しく理解しているかを振り分ける材料にもなっているのです。

また、この業種と職種などについても正しい言い方というものがありますよね?

この点なども面接する人間は採点する時のポイントなどにすることが多く、こういった小さな事がきっかけで不採用となってしまうことがあるということを理解するようにして下さい。

自分でも誰かを面接する立場だとすれば日本語を正しく理解する人物の方が良い仕事をしてくれのではと考えますよね?

いい加減な知識を持っているという事はわからないことがあったとしてもそのままにする確率が高くなるために人の性格などを見る点では適切な質問にもなってくることがわかります。

バイトなどでも面接で不採用の経験がある人もいると思いますが、業種などの言葉に限らず意味を正しく理解していなかった為に落ちてしまったという可能性もあるのだということを考えていくようにしましょう。

その為には今回のテーマともなる業種という言葉についても正しい理解が必要となってきます。

このような事の積み重ねが結果的には自分の役立つ知識にもなり色々な場面で活かせるようになりますのでしっかりと理解していくようにしましょう。

業種とは?

誰かに突然「業種の意味を教えて」と問われた場合にあなたならきちんと説明することが出来ますか?

職種と混同してしまって正しく伝えることが出来ないという事も考えられますよね?

また、職種に関しても業種と混同していることが多くなり、二つのものをごちゃまぜに理解している人も少なくないのです。

これは社会人などになっても同じようならいつかは大きな後悔を生むきっかけにもなってきますので今のうちに正しい使い方などを知ることも大切になってきます。

こうした言葉の理解というものは、早い段階で直すようにしないと大事な時に失敗をしてしまう可能性も否定はできませんよね?

業種と職種に限ったことではありませんが社会人になった場合には常識的な知識は確実に求められることとなります。

学生の時であればわからなかったなどの回答でも許されることとなりますがそれが社会へ出た後も続くようであれば自分の信頼にも影響が出てきます。

きちんとした会社へ入社することも困難となってきますし自分でも落ち込んでしまうことにもなりかねません。

精神的なストレスなどを抱えるようになれば仕事をする状態でもなくなってしまい、自分の人生にも大きく関係してくるのです。

このような人生を歩みたい人などはいないと思いますが、間違った知識を持ち続けることは良い結果とはならない場合も多くありますのでご注意下さい。

業種の種類

面接などにおいて業種の種類などを問われた場合にはきちんと理解をした上で返答しなくてはいけませんが、この場合の正しい答え方は農業・製造業・建設業などといった文末が業で終わる言葉を選ぶことになります。

例えばレストランなどでのバイトの経験がある場合には飲食業又はサービス業といった返答になるのが普通ですが「レストランでキッチンを担当してました」などの答え方になってしまえば正しい返答とは言えません。

この場合でしたら「飲食業の経験があり、レストランでキッチンを担当していました」などきちんと業種に対しての答えも言うことが大切になってきます。

本当に小さなことのように感じますし意味が通じればいいのでは?などと考えてもしまいますが、物事に対しての正しい理解というものは必要ですよね?

業種に対しての問いであればそれに対応した答えをしなければ相手は不快な気持ちになってしまうことを忘れないようにして下さい。

それではこういった業種に対しての種類ですがどういったものが参考になるのかということについて触れていきます。

日本標準産業分類の大分類に準ずることが多い

一般的に業種と呼ばれるものですが日本標準産業分類というものが総務省で分けられています。

ここでは例として製造業というものを見ていくことにしましょう。

まずは大分類として製造業があり、それを細かく分けていくことになります。

食料品製造業や・化学工業・木製品製造業など色々な種類のものが挙げられることになりますが、業種を問われた場合には大分類である製造業というものが正しい答えとして理解をして下さい。

こういった事を調べるという経験はあまりないようにも感じますが自分がどういった仕事に携わってきたのかということをきちんとした形で知ることも大切な勉強となってきます。

漠然とレストランでのバイトのように考えるのではなく深く掘り下げた形での理解というものが今後の自分の成長にも繋がっていくことになってくるのです。

こうした言葉を調べるというクセは社会人になってから大いに役立つものへと変わり、例えばビジネス用語などが出てきた場合には自分で理解をしていくことによって正しい使い方が出来るようになるのです。

このビジネス用語ですが、就職をすれば業界内で使われている言葉であったりメール文章によく使われる言葉であったりと今まで使ったことがないものを使用していかなくてはいけなくなります。

そういった時でもわからない言葉を調べるというクセがあれば大きな失敗にはなりませんし、社内を始めとする社外での評価というものも上がっていくのです。

このビジネス用語は面接などには出てくるということはありませんが、いざ入社となった場合には絶対に必要となるものですからきちんと意味を理解し正しい使い方をすることを心掛けるようにしましょう。

それではこの業種ですが、一体どういったことが違ってくるのかという事についてお話していきます。

業種によって様々なことが違ってくる

業種というものがどういったものなのかは理解出来たと思いますが、これを分けることの意味や違いというものにも興味が出てきますよね?

面接などではこういった事に対してもきちんとした返答が求められますので自分でもしっかりとした知識というものを得ておかなければいけません。

これは今までに携わってきた仕事を見返すといった意味でも大切になってきます。

「あの時はこういった事で失敗をしたけど、今後はこのように対応してみよう」などの気持ちが生まれることもありますし過去を見つめ返すという行為は自分を大きく成長させてくれるのです。

失敗をすることは誰にでもあることですがその後の対応なども上手に出来なかった時もあると思います。

そのような事をもう一度振り返ってみることで、自分への課題であったりやるべき事などが見つかる時も出てきますので履歴書などを書く時などには自分のバイトの事などについて詳しく調べ上げてみるという事も大切になってきます。

それでは話の内容を元に戻していきますが、まずはこの業種の違いで一番変わってくるものが次の事になります。

仕事内容

まず始めに業種で違ってくるのは誰でも納得できると思いますが仕事の内容です。

製造業と飲食業ではやることが全く違ってきますし覚える内容に関しても共通の部分はほとんどありませんよね?

飲食業でも店によっては仕事内容も違ってきますしやり方なども変わっていきます。

ここで大切になることは自分にあてはまる業種というものをきちんと理解することになります。

例えば家具屋でバイトをしていた場合などは一般的は小売業として分類されることになりますが、接客もするのでサービス業などと勘違いをしてします場合もあります。

こういった間違った知識なども調べていくと見つかるしれませんし正しいことを知っておくと自分の為にも良いと言えますので面接前などには自分のバイトなどを知っておくようにして下さい。

このように業種というものが変われば色々と違ったものとなり、その事を正しく理解することが社会では求められてきます。

また、雇用のことでも違ったものが出てきますので次はそちらに関してのお話しとなります。

雇用形態

どういった仕事でも雇用される環境や条件というものが変わってくると思いますが、業種の違いで考えてみると色々と見えてくるものがあります。

まずは正社員というものがありますが全ての業種にあるものではないという事を理解して下さい。

農業のようなものは家族経営のようなものが多くなりますので正社員などといった分類がない場合も出てきます。

会社に属する仕事に関しては正社員という雇用方法も出てきますが、全てのことが同じではないということも知ることが大切となってきます。

さらに、業種によっては収入面においても違いが出てきます。

平均賃金

仕事をするという事は何かしらの賃金が発生することになりますが、金融業とサービス業などでは平均賃金などにも違いは出てきますよね?

仕事の内容も全く変わってきますし、知識的なものなどにも違いというものが出てくるために一様に同じ賃金ということはあり得ないのです。

業種については以上のような事となりますが、次のお話しでは職種にも触れていきたいと思います。

この二つの区別がきちんとつくことで面接などにも大きな違いが出てくることもありますのでしっかりとした知識を得るようにしていきましょう。

「職種」にも理解を深めることが大切


先ほどまでは主に業種という言葉の意味や内容をお話ししてきましたが、これと勘違いしやすい言葉が職種となってきます。

自分のバイトの職種などを問われた場合でもおもわず「サービス業です」などと答えてしまっては良い印象ではなくなってしまいますので注意が必要となります。

このあたりが一番勘違いしやすい部分だと思いますがいかがでしょう?

社会人になってもごちゃまぜの知識を持った方が実際にいますが、職種と業種の違いはしっかりとわけて覚えておきたいですよね?

こういった事に対してあやふな知識しかないと将来的には苦労することにもなってきますので注意が必要です。

また、この職種などの理解は自分の就職などにも大きく関係してきますのでその事についてもお話ししていくことにします。

自分の就職先は知識を活かせるものを選ぶ

就職先を決める場合においては今まで自分が培ってきた知識などがあるはずです。

そういった事を活かすことが今後の生活などにおいても楽となる場合が多く、また面接なども良い結果となりやすいと言えます。

自分が何をしたいのかを考えていった場合、今まで経験してきた仕事などの職種というものは自分の大きな財産でもあるわけですよね?

全く別の仕事を選ぶというものも選択肢の一つではありますが、その場合には全てのことをゼロから始めなければいけません。

そうしたものは自分のとってはかなりのリスクにもなってきますし同期にも大きく遅れをとってしまうことにもなります。

自分が何かしらの仕事を経験してきたとすれば、同じような職種にすることも大切になってくるのです。

こういった行動は面接などにおいても返答がとても楽になってきますよね?仕事などの内容は違うことがあっても自分の知識だけで受け答えが出来るという事は大きなメリットにもなってきます。

かなりの方が違う業種や職種にチャレンジするといった事をしますが、バイトなどを選ぶ時には自分に合ったものを探しているはずです。

その時は自分の性格や行動力などを考慮した上で決めているわけですので就職する時にも同じような職種の方が色々と自分の知識的なものを活かせることになり出世などにも大きく影響してくることになります。

自分が今まで経験したことの職種を選ぶ大切さはわかりましたが、本当にやりたい事が見つかった場合には職種なども変わってくることが多くなります。

次はそういった場合未経験の職種だとすればどういったことに気をつけていくのかについて見ていくことにしましょう。

自分が未経験の職種にチャレンジする場合に気をつけること

就職を考える時ですが自分が今までに経験したことがない職種を選ぶ場合もありますよね?何かしらその職に魅力を感じたり、どうしたもやってみたいと思えばチャレンジしたくなる気持ちも出てくることになります。

但し、そういった事は一からの経験が必要になり、多くの時間を仕事を覚えることになってくるのですが、そのような場合ですと面接時などでも自分の体験などを話すことは出来ません。

面接などでは体験してきた知識をしっかりと伝えることも大事となってきますがそういった場合にはどうすればよいのでしょう?

かなり難しい問題にもなってきますが、自分がどうしてもやりたいと思っているのであればこの職種を希望したしっかりとした動機というものを考えていくことが大切になってきます。

どのような職業でも自分がやりたいと思うことは出てくるはずですので動機は存在してきます。

その事を面接のときにはしっかりと伝えるようにすることが大切ですし面接官にしてもその事は訪ねてくるはずです。

また、初めての就職ではなく転職をする方も出てきますのでその際での気をつけていきたいポイントをご紹介します。

転職時に対する気をつけたいポイント

いざ就職をしてみても自分の想像していた世界とは違っていたという現実とのギャップを感じる人は少なくありません。

そういった場合には次の職場を探すことを決意する方も出てくると思いますが、転職をする場合でも業種と職種というものは意識をしておかないといけませんよね?

就職が初めてではない場合は面接官は前職のことについてはほとんどの場合聞いてくるはずです。

そういった時には業種や職種を話していくことになりますが、きちんと返答出来ないとすると印象も悪くなっていきます。

転職で同じような職を選ぶ時も全く違う仕事を希望する時も自分が今までやってきた職業についてをきちんと理解していなければ、せっかくの決断も無駄になってしまうこともあるのです。

そういった事にならないようにする為には次のような作業をして面接に臨むようにして下さい。

自分の仕事をノートに書き出してみる

転職する際に面接時にに聞かれることの多い質問に「今までの業種と職種は何ですか?」ということが出てきます。

その人物が今までどういったことをしてきたのかという事を知るためにも面接官は聞いてくるのですが、ここでも自分がやってきた仕事の内容について正しく理解をしていないと不採用となってしまうことも出てくるのです。

業種と職種の区別は正しく説明できないといけないことになりますので、自信がないような場合にはノートに書きだしてみることも必要となってきます。

実際に書き出してみると今まではこういった仕事をしていたのかと改めて実感することもできますし、質問をされた場合でもきちんと説明できることにもなってきます。

この程度のことを調べ上げることはそれほど面倒な作業ではありませんよね?

時間にしても10分程度あれば十分にわかることですし、自分の為にもなる行動でもあります。

転職するということはそれまでの社会経験を活かせる事でもありますが、しっかりとした物事に対する理解というものを示すことも大事なことになります。

また、転職時の時の理由ですがこのことについても一度はノートなどに書いてみることもおすすめとなります。

なぜこの職を選ぼうと思ったのか?などの質問は必ずといっていいほどに予想することが出来ますしそれに対応できる答えというものを考えなくてはいけません。

単に仕事が合わなかったからという正直な気持ちでは採用されることは難しいと言えますのでしっかりした答えを用意しなければいけません。

こうした行動は自分のことを知る上でも大事ですよね?

転職というものは大きな気持ちのエネルギーを使うことにもなり、不安などのストレスも多く抱えることになってきます。

そのような時には何かしら自分を見つめ直してみることで今まで気がつかなかった事が見つかるかもしれませんので実行するようにして下さい。

それでは最後に今回のテーマともなっている業種について主なものを見ていくことにしましょう。

どういった業種があるかを知ることも就職を考える上ではとても大切なことになります。

自分が進みたい道が他にも出てくるかもしれませんのでしっかりとチェックをしていくようにしましょう。

業種にはどんなものがあるか見てみよう!

初めての就職でも転職を考えているような場合でも業種というものをきちんと理解していくことはとても重要となってきます。

この事について間違った解釈をしている人はきちんと区別が出来るようにしていきたいですし面接などの時にも正しい答えが出来ることにもなります。

どのような仕事をしてきたとしても自分が何をしていたのかがわかっていなければ相手に説明することも難しいですよね?

業種を聞かれて返答に困るようでは面接する相手にも悪い印象を残すことになりますし合格できる確率も低くなってしまいます。

そのような事態を避けるためにも正しい理解というものは必要ですのでしっかりと覚えるようにして下さい。

ここでは主な業種として5個挙げていきますので面接などの参考として下さい。

【サービス業については、こちらの記事もチェック!】

建設業

最初に挙げるものは建設業となりこういった職を選ぶ方も多いですよね。

今では人手不足の企業も多いことから色々な年代の方への需要が増えている業種でもあります。

これまでは違うことをしていた方も建設業への転職をする人などがいることから、人気のものでもありますので一応のチェックは必要なものとも言えます。

製造業

製造業に関しても毎年多くの求人が出されますよね。

働き方としてはシフト制になる場合が多く、雇用形態も正社員・派遣社員・アルバイトなど様々になります。

皆さんの中にもこういった仕事のアルバイトなどをした方もいるかもしれませんし、自分のやったものを業種と職種に分類してみることも役立つものとなってきます。

小売業

アルバイトの中で一番多いと思われるのが小売業になるかもしれません。

コンビニなども業種で言うと小売業となり高校時代などでもアルバイトでかなりの人数が経験をしているものでもあります。

接客なども覚えられますし面接時にはそういった事に対してもアピールをしていくことが大切になってきます。

保険業

保険を扱う会社も今は沢山あり、外資系の企業も参加している状況となっています。

職種も色々な面が出てきますし営業職などの求人も増えていますよね。

人との会話などに自信がある場合には自分の力を試すことも必要かもしれません。

飲食業

飲食業でのアルバイトも経験者はかなりの数になってきます。

ここでは主に接客や厨房などのことを覚えることにもなり、将来的にも飲食業を目指す方もいますよね?

自分が行ってきた経験談などをまとめておくことも面接では大切になりますので事前に準備などはしておくようにしましょう。

業種や職種を正しく理解するようにしよう!

業種や職種というものですが、自分の場合はきちんとした区別がついていたでしょうか?

この二つについてはかなりごちゃ混ぜな状態で覚えているような方もいますので注意が必要となります。

自分がどこかの会社へ就職や転職をする場合、今まで働いてきた経験などは面接をする人にとっては有益な情報になってきます。

どういったことを学んできたのか・仕事に対しての熱意はあるのかなどを見極めるポイントなどにもなってきますし、当然に業種などの区別がつく常識的な知識を持っているのかもわかることになります。

これまでの生活では業種などといった言葉はそれほど必要になることはありませんが、仕事を始めることを考えた場合には意識の切り替えというものも大切になってきます。

また、それに付随する職種などに対しても区別がつくようにしておかないと自分の知識不足というものを面接などで問われることにもなりかねません。

社会へ出て働くということはこれまでのように与えられていたものをこなすだけではなく、自分から率先してわからない物事について調べ上げるということが大事になってくるのです。

そういった行動をしている方は就職を終えた後も色々なことに対して積極性があり、出世なども早くなるという方が多くなってきます。

仕事をするようになれば次に待ち構えているものがビジネス用語となり、これは多くの新社会人などが苦しむことになる言葉でもあるのです。

業種や職種といった面接などでは基本的な知識に対しても間違った解釈をしているようではビジネス用語を使いこなしていくことはかなり難しい事にもなってきます。

間違った使い方をしていけば次に起るのは仕事上のトラブルや問題となり、それは自分の評価を下げることにもなりますし信頼・信用といったものも失っていくのです。

言葉というものに対しての意識が低い方は自らの手で悪い方向へと向かっていってしまうようになりますので、十分に注意するようにして下さい。

これから就職先の面接を受ける方や転職して自分の人生をやり直す決断をした方は今回のテーマともなっている業種の区別は出来るようにして下さい。

また、職種に関してもきちんと理解をすると共に今までのやってきた経験などを書き出してみるということも大切となります。

こういった小さなことの積み重ねというものは、いつか自分の大きなチャンスを生み出すものへと変わり将来的な成功へ近づくことにもなってきます。

他の人がやらないから自分もしないのではなく、やらない人がいるのであれば自分はその分チャンスがきたと思って取り組んで下さい。

その努力は今後の自分の幸せを決めることにも大きく関わってくることになりますので、決して手を抜かずに頑張りきるようにしていきましょう!