女性の髪型は、その人の印象を決める絶対に大事なものですよね。

それだけで自分のアイデンティティを示すことにもなりますし、髪型が違うだけで随分と印象も変わるものです。

女性にとってはヘアスタイルはとても大切なもので、女の命は髪にあるとも言われているほどです。

きちんと髪をまとめていれば、それだけできっちりした人に見えますよね。

逆に、元気いっぱいの髪型にしていれば、溌溂とした女性であると診てもらうことができます。

いわば、ヘアスタイルにはその人のセンスだけではなく主張が表れていると言っても良いかもしれません。

もちろん、ヘアスタイルにはその人のセンスが表れているというのは間違いないでしょう。

周囲の人に向かってその人のセンスを主張しているわけですから、自分の身にまとっている洋服がダサければ「ダサい人」と思われてしまうのと同様に、ヘアスタイルもダサければ「ダサい人」と思われてしまうものだと思うと良いでしょう。

そう考えると、自分のヘアスタイルが本当に時代に合っているものなのか不安になってくるのではないでしょうか。

女性として生まれたからには、ダサいと思われることなく素敵なヘアスタイルでおしゃれをしていたいですよね。

ですが、自分に合っているヘアスタイルをきちんと探すためには、まずはどのようなヘアスタイルがあるのか、どのようなヘアスタイルが流行っているのかということについて知っておく必要があります。

ここでは、2018年に「おしゃれさん」だと思ってもらうことができるような、おしゃれな髪型について紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

2018年のおしゃれな髪型を厳選!

ヘアスタイルの流行はファッションの流行と同様にどんどん変わっていきますよね。

今年の流行の髪型はおととしの流行とは全く違っているということもあるでしょう。

昔はおしゃれだと言われたようなヘアスタイルも、既に流行おくれの「ダサい」ものに変わってしまう可能性があります。

それでは、2018年にはいったいどのようなヘアスタイルが流行しているのでしょうか。

どうせヘアスタイルを改造しようと思っているのなら、現代風の流行に乗ったオシャレな髪型にしたいですよね。

まずはどのような髪型があるのかということについて見てみることにしましょう。

【長差別】おしゃれな髪型14選


ここでは、長さ別にオシャレな髪型をご紹介していきます。

いきなり長さも変えようとするのは勇気がいるという人は、ぜひ同じ長さのカテゴリの中で探してみてくださいね。

思い切って長さを変えようと思っている方は、まずはなりたい長さの中で自分に似合うものがないかどうか探してみるところから始まるでしょう。

きちんとオシャレな髪型を見つけることができれば、新しい自分にすぐに馴染むことができます。

まずは自分のなりたいイメージに合う長さ、なりたい長さを考えて、そこから自分のなりたいイメージに近いヘアスタイルを考えてみましょう。

ヘアアレンジを自分でするのが好きな人は、選んだヘアスタイルでヘアアレンジがしやすいのかどうか、どんなヘアアレンジができるのかなども一緒に調べてみると良いかもしれませんね。

ショート編

ショートヘアにするというのは勇気がいることだと思います。

ショートヘアの良いところはヘアアレンジをする必要がなく、比較的朝にセットするのが楽なことでしょうか。

また紙を乾かしたり洗ったりという作業も楽ですよね。

すっきりした印象にもなりますし、女性の巣の美しさを出すことができる髪型で、ショートヘアの女性が好きだという男性もたくさんいます。

ですが、その一方で、元の美しさがなければショートヘアが映えないということもあるでしょう。

何となく全体の雰囲気で綺麗魅せるということがショートヘアではできないので、自分に自信がある女性がして良そうな上多田という印象があるでしょう。

実際にそれは間違っていません。

ショートヘアは自分の欠点もすべてさらけ出してしまうものだからです。

ですが、きちんと自分に合っているショートを見つけることができれば、素で綺麗な人だと思ってもらうことができるでしょう。

ショートにもバリエーションがありますので、オシャレで一番自分が綺麗に見えるようなヘアスタイルを選んでみてください。

ジェンダーレス・ベリーショート

どうせショートにするのなら、ジェンダーレスのベリーショートにするというのも良いかもしれません。

かなりマニッシュな印象にはなってしまいますが、すっきりしていてこれからの季節にはぴったりですよね。

男っぽくなりすぎることが心配な人はメイクで女性らしさを見せるというのも良いかもしれません。

服装などをがらっと変えなければいけませんが、同じ髪型をする人はなかなかいないので目立つこと間違いなしですね。

ベリーショートでも綺麗に見せることができれば、ふとした瞬間に女性らしさに惹かれる人もたくさんいるでしょう。

また、ベリーショートはとてもメイクが映える髪型です。

メイクによってフェミニンにすることもできれば、きりっとした女性に見せることができるというのも面白いところです。

前髪の長さによっても印象が変わりますので、ベリーショートにしつつもそこは検討の余地がありますね。

ミディアム編

ミディアムヘアはアレンジをするにもとても良い髪型ですよね。

長すぎず短すぎることはないので、ロングほどヘアケアに気を遣う必要はないものの、ショートほどマニッシュな印象にはならなくて良いところが人気の理由なのではないでしょうか。

まとめるにしても下ろすにしても楽なヘアスタイルという印象があります。

ですが、その分だけ、他の人と被ってしまう可能性がある難しいヘアスタイルでもありますね。

ただ下ろしているだけだと無個性になってしまいますし、選択肢がたくさんある分だけ、どのようなヘアスタイルにすることで自分らしさを出すことができるのか迷ってしまうところがあるのではないでしょうか。

ミディアムヘアに決めている人は、その中でも流行のもので自分に合うものを探していく必要があります。

比較的簡単に変えることもできますので、失敗したと思ったらまとめてしまって、伸びてきたらまたミディアムへの中でも違うヘアスタイルに挑戦してみるというのも良いかもしれません。

ここではミディアムへのうち、いくつか2018年に流行しているヘアスタイルをご紹介します。

外ハネふんわり

ミディアムヘアの中でおすすめなのは、外ハネでふんわりとさせる髪型です。

ミディアムヘアの場合には肩につくかつかないかというところの髪ですから、毛先を整えるのが大変だと感じている人もいるでしょう。

ストレートにしようとしても夕方には癖がついてしまうということもあるかもしれません。

そんな人は、それ逆手に沿って外側にふんわりとカールを作ってあげるのです。

ナチュラルなおしゃれさんに見えますし、どんな髪の色でも似合うでしょう。

特に黒髪の人に似あっているかもしれませんね。

全部同じ方向に完璧なカールをすると逆におかしいので、ナチュラル感を出してランダムにカールを作ってあげると良いでしょう。

前髪の整え方にっ寄っても変わってきますが、おすすめは少し長めに切りそろえて前髪はしっかりすぎないくらいにきちんとセットしてあげるヘアスタイルです。

あまり空気を含ませすぎると、ただの寝ぐせになってしまいがちなので、自分の骨格に会うカールの大きさを考えてみましょう。

レイヤードミディアム

ミディアムヘアにレイヤーを入れたヘア酢アイルです。

こうすることで軽さを出すこともできますから、髪の色が暗めの人でも安心して下ろしていることができるヘアスタイルだといえるでしょう。

ただし気を付けなければいけないのは、レイヤードミディアムの場合には髪の癖が出やすいところでしょう。

段を入れているので、軽くなった部分が跳ねてしまう可能性もあります。

強い癖っ毛の人の場合にはレイヤードミディアムにすることでセットが面倒くさくなってしまう可能性もあるので、そこは美容師さんに相談してみてください。

ナチュラルな美しさを出すことができるヘアスタイルなので、暖かい季節でも下ろしていたいという方にはお勧めですよ。

ボブ編


ボブヘアはミステリアスな印象を出すこともできる素敵なヘアスタイルの一つです。

こちらも比較的セットが楽で女性らしいフェミニンさを出すこともできるという点で、とても人気があるのではないでしょうか。

若手の女優さんがしているのを見ると、おしゃれな魅力にあふれているヘアスタイルのように思えてきますよね。

ところが、このボブの難しいところは「おしゃれボブ」にしなければ、完全におかっぱのように見えてしまうことです。

オシャレで素敵な女性を演出したかったのに、一昔前の小学生のようなおかっぱ頭になってしまっては泣くに泣けないですよね。

長さの関係もありますし、ボブにするのならしばらくは変えられないでしょう。

そのため、ボブの中でも自分の骨格にあっていて、かつ、おしゃれに見えるようなヘアカットを探っていく必要があります。

また、気に入らなかったときのために、ボブヘアのアレンジの仕方も覚えておいた方が良いでしょう。

ワンカールボブ

毛先だけをワンカールさせるボブのことをワンカールボブと言います。

ワンカールだけなので、人工的な感じのしない美しさを持っています。

内巻きにするとどこかミステリアスな印象になるのではないでしょうか。

最近ではこのワンカールボブが流行っていますし、軽めにカールを作って全体のイメージを軽くしてあげると、女子らしさが増しますよ。

逆に重めのボブでワンカールにすると、かなりきっちりした女性のように見えますから、TPOに合わせて巻きのきつさを変えてみると良いのではないでしょうか。

重くなってしまうことが心配なら、ワンカールの方向を内と外でランダムにすると、かなりカジュアルな印象にすることができますよ。

外国人風カールボブ

全体的にカールを入れてあげることで外人の女の子のような印象を作ることができるのが、外国人風カールボブです。

全体的に波ウェーブやパーマをかけてあげることで作ることができます。

コテでも作り出すことができますから、普段のストレートボブに飽きてきたという人は、ぜひ外国人風にカールを作ってあげてください。

モダンでおしゃれなボブスタイルになりますから、スタイリッシュかつシンプルな洋服と合わせるのが良いかもしれません。

黒髪シンプルボブ

色々な髪型が流行しているからこそ、意外と黒髪のシンプルなボブヘアスタイルに戻ってみても良いかもしれませんね。

最近ではふんわりさせたりカールさせたりが流行っているので、逆にそれらを排して元のボブに戻ってみるのです。

黒髪で顔のラインに沿うようなラインを作ってあげるのです。

ただし、とても重い印象にはなってしまいますから、黒髪と言いつつもダークブラウンくらいにしてあげるのも良いかもしれません。

ここでぱっつんの前髪にしてあげるとおかっぱの危険性がありますから、少し前髪に分け目を作ってあげるなどすると良いでしょう。

カットの梳きによってかなり重さに対する印象が変わりますから、重くなってきたと思ったらすぐに美容室に行くというのもおすすめです。

前下がり切りっぱなしボブ

最近流行しているボブのヘアスタイルは前下がりにすることです。

前下がりにすることで、全体のおかっぱ感をなくして、横から見たときの美しさを引き立てます。

さらに、この前下がりボブはヘアセットがとても楽ですから、朝にあまり時間がないという方にもおすすめですよ。

前下がりでもパーマをかけたり巻いて見たりと色々なヘアアレンジがありますよね。

ここでは前下がりかつ切りっぱなしのボブをお勧めしたいと思います。

切りっぱなしにした髪型からは作られた感じのしないナチュラルな美しさを演出することができるのが魅力です。

ボブヘアというと、どこか「作られた感」が出てしまうのが悩みだという方は、ぜひ、切りっぱなしにしてみてください。

エアリーボブ

ボブヘアの人が悩みにしているのは、やはりその重さでしょう。

最近では前下がりが流行っていることもあり、顔の横の髪が何となく重い雰囲気を作ってしまうといえます。

そんな悩みがあるという方におすすめなのはエアリーボブです。

名前の通り、重さばかりを強調するのではなく「エアリー」な状態にしてあげるボブスタイルです。

例えばトップにある髪を少しふんわりと引き出してあげることによって、少し軽さを演出してあげるのです。

また、顔周りに少しボリュームをつけてあげることで、ボブの重さをかなり軽減させることもできますよ。

カールをつけてみるのも良いですし、少しでも空気を含んでいる感を出してふんわりさせてあげると、ボブヘアから感じる重さは軽減することができるでしょう。

ワックスなどを使うと簡単に作ることができるヘアスタイルなので、自分に合ったふんわり感を研究してみてください。

セミロング編

セミロングは肩が隠れるくらいで、かつ胸よりは少し上くらいの長さのヘアスタイルのことを言います。

ミディアムヘアと同様に、こちらもヘアアレンジがしやすく女性らしい人気の髪型ですね。

ロングほどの重さもないので、長い髪が好きだけれど軽い印象にしたいと思っている人にはお勧めできるヘアスタイルですよ。

ですが、こちらもやはりミディアムヘアと同様に、他にもセミロングの人はたくさんいますので、どこで自分らしさを出すかというのはとても大切なポイントとなります。

オシャレな人だと思われたいのなら、ただの下ろしっぱなしのセミロングにするのではなく、きちんと骨格に合わせて自分に合うヘアスタイルを見つけておいた方が追いですよ。

大人アンニュイミディアムスタイル

女性らしい色気のあるミディアムヘアにしたいと思っている方は、大人アンニュイミディアムスタイルがおすすめです。

全体的には重めの印象がありますが、レイヤーをきちんと入れているので、全体的には重すぎはしないといったところでしょうか。

また、毛先だけを緩く遊ばせるようなセットにすることで、アンニュイな腑に気を出すことができます。

軽さを出すというよりはニュアンスを出してアンニュイな色気を出すというところが目的なので、それに合わせたメイクを考えると良いでしょう。

また、かっちりした場には合わない髪型なので、作る場面は限られるかもしれません。

ですが、とてもフェミニンで素敵な雰囲気を出すことができますよ。

ストレートミディアム

ミディアムヘアをストレートにした形です。

もちろんピンとストレートにすることも良いですが、毛先だけナチュラルに遊ばせてあげると重さもないでしょう。

全体としては自然な美しさを出すことができるという点でおすすめです。

前髪の流し方や有無によって全体の印象は変わりますね。

最近おすすめなのは重めの前髪を分ける、もしくは少しだけ流すという方法hなのではないでしょうか。

全体として清楚な印象も出すことができるので、どこにでも作って行けますよ。

ナチュラルストレート

セミロングほどに長くしているのなら、ナチュラルストレートというのも自然な美しさが出て良いかもしれません。

ただし、ナチュラルなストレートというのは髪の美しさを主張するようなヘアスタイルです。

髪がぱさぱさの状態でしてしまっても美しいと思ってもらうことはできないでしょう。

きちんとつやつやの神であるかどうかというとこをチェックしてからこの髪型をしてみてください。

また、ストレートであるからと言って髪先までピンとまっすぐなわけではありません。

ナチュラル感を出すために、毛先だけ少しカールで遊ばせてあげると良いでしょう。

こうすることでストレートヘアの重さを軽減することができるようになりますよ。

ロング編

女性らしさの象徴であるかのようなロングは、女性であれば一度はしてみたいと思うのではないでしょうか。

ロングの長さは胸よりも下に来るくらいの長さになります。

とても優雅に見えますし、まさに髪に気を遣っている女性という印象になるでしょう。

綺麗なロングヘアを下ろしているところを見ると、大変だろうなと思うと同時に、やはり綺麗だという感想が出てくる人が多いのではないでしょうか。

ただし、ロングヘアはうまく扱わなければ重いだけの印象になってしまう可能性があります。

オシャレでロングにしているのではなく、ただの面倒くさがりで切りにいかないだけという印象になってしまうのです。

ロングにするのなら、それなりにきちんと綺麗に見えるように自分に合うロングヘアを見つけて、軽めに見せる工夫をしなければいけません。

ロングの中ではどのようなはヘアスタイルがあるのかについて詳しく見てみることにしましょう。

グラマラスウェーブ

せっかくのロングヘアなのですから、全体的にゴージャスな巻き方をしてみるというのも良いですね。

それがグラマラスウェーブです。

ロングの重さと長さがあるからこそ、全体的に巻いて豪華な印象を出すので、外国人の方が良くしている印象がありますね。

全体を同じ方向に巻くのではなく、ランダムにはしつつも、耳の上あたりから巻くことで全体的にとても豪華になります。

仕事に行くには合わないかもしれませんが、遊びに行くときにはゴージャスな印象になってシンプルな服にも映えますよ。

内巻きナチュラル

ゴージャスというよりも清楚な印象にしたい時にはナチュラルな内巻きにするというのがおすすめです。

もちろん毛先だけを巻いても良いのですが、長崎になるという人は、顎の下あたりのラインから内牧にしてあげましょう。

全体をきつく巻きすぎるのではなく、きちんとほぐしてあげることで軽さを作ることができるでしょう。

あまり上から巻きすぎるとナチュラルな印象はなくなってしまいます。

自然さを心がけてできる限り軽さを出すように舞のきつさなどを変えてみるのも良いかも言しれません。

だらしなく見えないようにちょうど良い巻き方を練習してみてくださいね。

レイヤーロング

ロングヘアと言っても、全体を均一に伸ばしている必要はありません。

表面や中にレイヤーを入れることで全体の重さがかなり軽くなります。

ロングヘアが好きだけど重さが気になって仕方ないという方はカラーで軽さを出すのも良いですし、段差を入れることで重いという印象から逃れることができるでしょう。

ロングほどの長さがあればレイヤーを入れていても癖に悩まされることも少ないはずです。

ヘアスタイルを綺麗に見せるためには?

ヘアスタイルを折角オシャレにしていても、おしゃれに見える人とおしゃれに見えない人がいますよね。

この差はいったいどこから出てくるのでしょうか。

色々なポイントがありますが、以下のポイントを押さえていればダサいと言われることはなくなるはずです。

ヘアスタイルだけでは変えられない全体の印象も考えて、きちんとオシャレに見えるように頑張ってみましょう。

ヘアケアにきちんと気を遣う

どんなにオシャレな髪型であったとしても、ヘアケアをきちんとしていなければぼさぼさ頭に見えてしまいます。

ゆるふわに巻いていても寝ぐせにしか見えませんし、外ハネの場合には頭が爆発したようにしか見えないでしょう。

ストレートにしていてもストレートが映えない髪になってしまいます。

ヘアスタイルにこだわるのなら、きちんとヘアケアにもこだわるというのが大切なのです。

ヘアケアはたくさんの商品が出ていますから、自分の髪質にあったものを探すというのが大切ですね。

自分の髪質が分からないという方は、美容室で自分の髪の癖について聞いてみてください。

もしお金に余裕があるのなら、美容室でおすすめされたシャンプーやトリートメントを使ってみるのも良いかもしれませんね。

また、洗い方やブローの仕方によって髪の質は変わってきますから、きちんと色々調べて自分に合うヘアケアで、より素敵なヘアスタイルにしてみてください。

メイクをヘアスタイルに合わせて

おしゃれは全体のコーディネートによって良いものにもなれば、ダサいものにもなってしまう難しいものです。

ヘアスタイルを変えたのなら、いつもとは違うメイクにしてみるのも良いかもしれませんね。

髪型によってその人の印象は変わりますので、元気はつらつとして髪型にするのなら、メイクも落ち着いたものから少し冒険して物に変えてみるなどの工夫が必要です。

おしゃれ上級者の方は、さらに、メイクは少し女性っぽいものにして、ヘアスタイルではショートのマニッシュなものにするなど、うまく全体で足し引き出来るようになると良いかもしれません。

ヘアスタイルとメイクがちぐはぐの状態だと「髪型を変えたばかりなのかな」「何となくどういう人か分かりにくいけどおしゃれが下手なのは分かる」という印象になってしまいます。

うまく顔と一致させられるようにしましょう。

また、ヘアスタイルにちょっと失敗してしまったな……と思うときでも、メイクを変えることで、うまく自分の雰囲気をマッチさせることができるかもしれませんので、ぜひ考えてみてください。

オシャレは全体のコーディネート!

メイクにも気を遣う必要はありますが、もちろん服装と合わせることも必要です。

ヘアスタイルを思い切り変えてしまうと、今まで似合っていた服が似合わなくなってしまうということもあるでしょう。

新しいヘアスタイルに合う素敵なファッションを選ばなければいけません。

全体のコーディネートができていれば、素敵な髪型がより素敵に見えてくれるでしょう。

全体のコーディネートを考えるのが苦手な人は、まずは雑誌やインターネットで勉強をしてみなければいけませんね。

ヘアスタイルを変えるということは、今まで慣れ親しんできた自分とはお別れするということです。

きちんと新しい自分に順応できるように、たくさんのことを勉強する必要があります。

新しい自分に出会うためにも、全体のコーディネートがちぐはぐにならないように、全体で生まれ変わるということを忘れずにファッションを選んでみてください。

【おしゃれになりたい人に試してほしいファッションにヘアスタイルは、こちらの記事もチェック!】

2018年、ぜひ試してみて!(まとめ)

いかがでしたか?
2018年、自分似合いそうな髪型を見つけることはできましたでしょうか。

世の中にはたくさんのヘアスタイルが溢れていますから、一度調べ始めると自分に合うものはどれなのか、自分が可愛いと思う髪型どれなのかで迷ってしまいますよね。

もちろん、雑誌に載っているような素敵な髪型にしたところでまったく同じようになるわけではありませんから、そういう意味でも「どのような仕上がりになるのだろう」「本当に自分に似合うのだろうか」という点で不安に思ってしまうでしょう。

そんなときに選択に大切なポイントは三つあります。

まず一つ目は、自分のなりたいイメージを持っておくことです。

自分がどのような女性に見られたいのかということは事前に考えておかなければいけません。

明るい女性に見られたいのに重めのロングヘアでは、「爽やかな明るい女性」という印象を与えるのは難しいでしょう。

逆に、優雅な女性に見られたいのに外ハネショートでは、確実に第一印象は「溌溂としたさばさば系女子」に見えてしまいます。

なりたい自分とヘアスタイルの間に溝がないかどうかというのは、雑誌をなどを見てきちんと考えるべきところでしょう。

二つ目の大切なポイントは、雑誌などで見たときにそのヘアスタイルを本当に可愛いと思うのかというところですね。

自分が素敵だと心から思っていない髪型になってしまっても、不安しかないでしょうそのヘアスタイルが自分に合っているかどうかはともかくとして、本当に自分が素敵だと思うことのできるヘアスタイルをきちんと見つけておくことにしましょう。

ヘアスタイルは、特にばっさりと切ってしまった場合には、そう簡単に変えることができません。

後悔することがないように、事前にきちんと自分で調べておいた方が良いですね。

三つ目の大事なポイントは、自分とセンスの似ている美容師さんを見つけるということですね。

雑誌で見た素敵な髪型も、自分の顔立ちや顔の形には合わないものかもしれません。

そんなときに、「似ているけれど、より自分に合うヘアスタイル」を作ってもらうためには、美容師さんをきちんと選ばなければいけないのです。

思い切ってヘアスタイルを変える場合には、自分が行きなれていて、素敵なヘアスタイルを作ってくれるセンスの合う人を見つけることにしましょう。

そうすることで、ちょっと大胆なヘアスタイルにするときでも、雪を持って変えることができるようになりますよ。

ぜひ自分に合う素敵な髪型を見つけて2018年をオシャレに過ごしてくださいね。