出る杭は打たれる」と昔から言われてきていますが、「出る杭」とはいろんな意味があると思います。

もし、あなたが、同僚や先輩方に脅威になる様なレベルに達して、その同僚や先輩方が自分の地位が危うくなってしまった場合というのがほとんどの場合でこの「出る杭」という表現をすると思いますが、私からすれば、それはとても良いことなのではないかと思います。

あなたが「出る杭」になって、周りがその杭を打ちに来たのなら、跳ね返してしまえば良いのです。

また、あなたが「出る杭」のレベルになっても、そのレベルが周りの人達に害を及ぼす様な「出る杭」になっているのであれば、打たれて当然なのかもしれません。

そういう2面性もあると思うのですが、「出る杭は打たれる」というのは現実的な問題ですので、もしそうなった場合どうしたら良いのかというのはじっくり考える必要があります。

あなたの「出る杭」がプラスになるのなら、周りの人の人間的なレベルなどが低いということになると思いますし、あなたが害を及ぼす様なレベルであれば、あなたの何かが間違っているということになると思います。

その辺の線引きは、とても難しいところだともいますが、「出る杭」になるということは、兎にも角にもレベルが上がって来ているという証拠だと思います。

自分のレベルがどの様な状態であるのかをきちんと把握して、例え「出る杭」になったとしても「打たれない様に」または「打たれても大丈夫な様に」なるというのが大事なのではないでしょうか。

今回は、一緒に「出る杭は打たれる」ということについて考えてみましょう。

出る杭は打たれる6個の理由

先にも述べた様に「出る杭」になって周りから「打たれる」理由として2つ考えられるというのを挙げました。

今の状況で、あなたが「出る杭」だと周りから思われていて、実際に「打たれている」と感じるならば、「なぜそうなっているのか」というのを探る必要があります。

自分と周りのバランスの様なものを見極めると、「打たれる」という状況が改善されるかもしれません。

個人的には、「出る杭を打つ」というのは、人のダークな部分で好きではありません。

もちろん、良い方の「出る杭」意味です。

「害を及ぼす様な出る杭」なのであれば、打たれて当然だと思います。

「害になる」のですから。

ですが、「害にならない出る杭」なのであれば、それは、人間のいやしい部分だと思います。

「害にならない出る杭」が出て来たのであれば、それに負けない様に自分のレベルをもっと上げるように頑張るべきだと思いますし、そういう人を蹴落とす様なことは人としてするべきではないと個人的には思います。

そういう「出る杭は打つ」という人たちが多いのも日本の現実です。

日本で生きていく限り、付いて回るものかもしれませんので、それらをどう対処していくかというのが生存競争を生き延びる秘訣なのかもしれません。

1.意見の多い方の価値観を押し付けられる


「目上の方々」や「できる人達」というのは、意見も言える環境や地位にある人達です。

その人達は、そうなるまでにいろんなステップを踏んで、信頼と実績を得ているのだと思いますが、そういう人達に多いのが、「意見や価値観を押し付けてくる」ということです。

「押し付けてくる」のが正しい方向なのであれば、何も問題はないと思います。

ですが、「明らかに間違っている」という場合もありますので、そういう場合は気をつけなくてはなりません。

場合によっては、指示などを受けてやったことが、あなたがミスをしたという結果になりかねません。

もし、そうなったとしてもフォローをきちんとしてくれる人達であれば、何も問題はないのですが、全部が全部そうではない場合がありますので、注意しておかなくてはなりません。

間違っている意見や価値観を押し付けられても、「違う」という意思表示をできるのであれば何も問題はないのですが、中々そうはいきません。

伝え方も気をつけなくてはなりませんが、最後の最後にきちんとフォローしてくれるかどうかというのも見極めて、指示などを受けるなら受けるようにしましょう。

そういう環境づくりというのが難しくはあると思いますが、可能ですので、まずは、そういう環境づくりをしてみてはどうでしょうか。

仲間を増やすと言いますか、フォローしてくれる同僚や先輩上司を味方につけておけば、何かあった時になんとかなります。

また、間違っている意見や価値観をその場では受けても、他の人に相談して間違いをただしてもらうということもできると思いますので、いろいろと工夫してみてください。

自分の意見を言うと出る杭だと思われる

性格で、「我が強い」という人もいらっしゃると思います。

そういう性格の人で多いのが「自分は正しい」という「思い込みが激しい」性格です。

私もその部類に入るので、気をつけています。

日本社会は、「本音を言わない国」なので、いつも「本音」でぶつかる私は、嫌われ、煙たがられることが多いです。

それでも私は、なるべく気をつけていて、「意見を言う時は特に」気をつけています。

中には、そう言うのをきちんと受け止めてくれる人もいらっしゃいますが、そうではない人がほとんどです。

ですので、こちら側がいろいろと注意したりして、どうにかそういう人達を上手く使う方法を模索していかなくてはなりません。

面倒だとは思いますが、そういうスタンスは大事だと思います。

意見を言う時も「伝え方」や「言い方」で伝わったり、伝わらなかったりします。

私の場合は、「どうやって上手く自分の意見を通し、人を動かすのか」というのを考えています。

考えていろいろやってみることで、大分、以前よりは意見も通るようになってきましたし、人も動いてくれるようになりました。

意見を言う時は、「周囲の空気のようなものや、周囲の人達の性格的なものや地位などを把握しておく必要があるんだな」とつくづく思ったので、そうやっています。

縦社会の多い日本では、必要なことだと思いますので、意見を述べる時は、注意して意見をする必要があると思います。

「意見を言わない」というのではなく、「違う伝え方で伝える」というスタンスです。

私でもできているんですから、皆さんもできることだと思います。

チャレンジしてみてください。

2.新しいことをしようとする

世の中で、「新しいことを歓迎する」という人はあまり多くないように感じています。

もちろん、「歓迎する人」もいるのは承知していますが、全体的に見ると「少ない」と感じています。

時代は常に移り変わっていて、新しいものが次から次へと世に出てくる中で、新しいものを受け入れようとしなかったり、抵抗したり、不快感をあらわにする人が多いのが不思議でなりません。

それは、仕事であっても何であってもそう思います。

特に感じるのは、「仕事」の場合が多かったりするのですが、本当に私からすると「?」が頭に3つくらい浮かびます。

その人の性格などもあるのでしょうし、私の意見が下手だったり、説明が思ったようにできないでいるからなのかもしれませんが、まあ不思議です。

その人からすると、新しい意見が間違いだと感じているからというのもあるかもしれませんが、返答が「ちょっと違う」とかはっきりした返答でない場合が多いので、間違っているのかどうなのかもわからず、いつの間にか意見などが有耶無耶になってしまうというのが多いです。

日本人の特徴なのでしょうか。

ですが、それを一々気にしていては何もできなくなりますので、私は気にしていません。

新しいことの積み重ねが「今」ですし、「新しい未来」になると思います。

それを人によっては、全ての勢いで拒否する人もいらっしゃいます。

そういう人には、「未来はない」と考えてもいいのではないかと思うくらいです。

ですので、新しいことをやりたいと思うなら、人の意見は気にせず、決定権のある人に伝えるのが一番だと思います。

そういう環境づくり人脈づくりが将来に活かされることになると私は信じています。

周りから見ると出る杭だと思われる

周りから見ると、「出る杭」だと思われても気にする必要はないと思います。

逆に、人のことを「出る杭」だと思っている人が不憫だと思った方がいいのではないでしょうか。

「出る杭」にもなれない人なのかどうなのかはわかりませんが、「出る杭」だと思われる人というのは、一生懸命やっている人で、レベルアップをしている人だと思います。

もちろん、良い意味での「出る杭」ということなで、悪い意味での「害になる」人という意味での「出る杭」であるならば、改める必要があります。

私は、「派閥」などというのが大嫌いな人間です。

本当にくだらないことだと思います。

幼稚と言いますか、何と表現したらいいのやら。

私だったら、人のことを「出る杭」だとなんだかんだ言っている人とは仲良くなりませんし、仲良くなろうとも思いません。

仕事などでどうしても一緒になる場合は、当たり障りなく、揉め事を起こさないようにします。

そして、内心では、「低レベルな性格の人だから、関わらないようにしよう」と警戒します。

「出る杭」になってもいいじゃないですか!

そう私は思います。

出る杭にもなれないよりは、マシですから。

3.周りが嫉妬してしまう

「出る杭」という表現に含まれているのが、「嫉妬」もあると思います。

自分がやりたくてもできなかったことをやってしまって、実績などが上がっているなどがあれば、「嫉妬」も出てくることでしょう。

それを「出る杭」などと言ってる人達は大したことはできない人達ですし、あなたには「害」以外の何者でもないと思うので、放っておけばいいと思います。

「嫉妬」したなら、自分でもそうなれるように努力をするべきで、人を「出る杭」などという低レベルなことで悪口のように言う人の気が知れません。

そういう人達は、ろくな人生を歩まないと思いますので、気にすることはありません。

気にするだけ無駄です。

もし、自分が人を「出る杭だ」と言ってしまうなら、改めましょう。

あなたが「出る杭」になった人と同じことができないのではなく、しなかっただけです。

過去の思考と行動の結果が今なので、「出る杭」にすらなれない思考と行動をした結果なのですから。

また、人を「出る杭」と言ってしまうのは、「嫉妬心の現れ」だと思うようにすれば、もしかしたら、人を「出る杭」と言わなくなるのかも知れません。

その辺をじっくり考えてみましょう。

周りが負けた気持ちになってしまう

「出る杭」などと言っている人達は、その対象の人に対して、「負けた気持ちになっている」のではないでしょうか。

「嫉妬」のような気持ちがあるのではないかと思います。

だからといって、「出る杭は打つ」という選択をするというのはいただけない気がします。

負けたような気持ちになるなら「負けないように努力をする」というプラスに気持ちが向いてほしいようなものですが、人はどうしてもそういう人を排除したがるものなのでしょうか。

4.周りにあわせる人が多い


「周りに合わせる」という協調性はとても大事だと思います。

ですが、合わせるからといって、「出る杭」になった人を攻撃するようなことをするのであれば、そういう周りには合わせる必要はないと思います。

人として。

ですが、「出る杭は打つ」という攻撃をしてしまうというのも事実。

バランス的なものが大事なのかも知れませんが、それを気にしてばかりいると、何もできなくなる可能性もあるかと思いますので、周囲とのバランスを気にしながら上手に事を運ぶようにする感覚が必要なのかも知れません。

5.出る杭が打たれることを知っているから

「出る杭が打たれてしまう」環境にいれば、いずれは、「出る杭になってしまうと打たれてしまう」というのがわかるかも知れませんよね。

本来であれば、そういうことがない環境が理想なのですが、なかなか難しいのかも知れません。

自分の周囲との関係性が一番大きな要因になると思いますので、たとえ、気に入らない人がいようと、良い人間関係を築いておくことが、「出る杭」になったとしても「打たれなくなる秘訣」なのかも知れません。

それか、「出る杭」になってしまって、「周囲が打ってくる」ような行動を取り出したら、見切りをつけてしまうという2通りしかないのではないでしょうか。

そういう「出る杭を打つ」というような行動をする周囲なのであれば、一緒に仕事をしていたりしても将来的に良いことはないと思います。

ですので、そういう人達に嫌われようとも距離を置いたりする方がいいのではないでしょうか。

後になって、いろいろと話す機会が出てくると思いますので、その時こそガッツリ言ってやればいいのではないかと思います。

「出る杭を打つような低レベルな事をし出したように感じたので、距離を起きました。」と。

「社会人として、人として、そういう事をするような人とは距離を置くことにしました。」と。

そういう事をストレートに言うかどうかはお任せしますが、伝え方次第では相手にも気づかせられるかも知れません。

6.少し出る杭

「出る杭は打たれてしまう」のであれば、「出すぎてしまえば、打たれることはない」のではないでしょうか。

もちろん、「出る杭」のレベルによるとは思います。

例えば、会社のシステムなどに関して、自分では良いと思う事を主張してみても、会社的には良くない提案だったと言う場合は、打たれても仕方がないのかも知れません。

その理由は、会社のシステムなどは、何十年も紆余曲折を繰り返して今の状況に落ち着いていることではないかと思います。

確立されたことに異を唱えるとやはり、打たれてしまう方が多いのではないでしょうか。

そういう出る杭ではなく、周囲よりも実績などを上げていることで「出る杭」になってしまっているのであれば、「出すぎて」しまえば周りは認めざるを得ない状況になるかも知れませんので、打たれなくなるかも知れません。

そもそも、「出る杭を打つ」という行為自体が低レベルなことだと思うので、それでも「出すぎた杭」になれば、誰も何もできなくなるということになるのかも知れません。

「出すぎる」というのは、当然、良い意味でのことなのですが、「出るならとことん出てしまった方がいいのではないか」と思います。

周りのくだらない「嫉妬心」や「妬み」などのようなものがあるとしても、抜きん出てしまえば賞賛に変わり、「尊敬」などに変化することがあるかも知れません。

「出る杭は打たれる」とは?

「出る杭は打たれる」という意味は何かと調べてみると、「才能、手腕があって抜きん出ている人は、とかく人から非難され、制裁を受ける」とあります。

つまり、「妬み」や「嫉妬」のような感情が先行してしまうということだと思います。

ですが、それは、「周りに合わせなきゃいけないお国柄」とでも言いましょうか。

例え、日本が経済大国と言われていても、このような文化のようなことがあるのであれば、先は暗いと思います。

新しいことに抵抗感を示したり、才能や手腕などを潰してしまうような国柄なのであれば、当然、未来は明るくなりませんよね。

私の勝手な解釈なのですが、新しい商品など、時代を変えるくらいの凄い商品などは、ほとんど海外が先手を打ってきて、日本は後手後手に回っているのではないかと感じています。

技術力があり、「MadeinJapan」は世界に通用するブランドであるはずなのに、最先端と言いますか、本当に「新しい」ことというのは、海外が先ですよね。

その理由には、「出る杭は打つ」などというくだらない風習のようなものがあるからではないかと個人的には勝手に思っています。

日本というのは、安全や安心を重視しすぎて、チャレンジ精神というのがかなり少ないのではないのでしょうか。

こういうように書いていると、なんとも悲しい気持ちと言いますか、寂しい気分になるのですが、もっと良い方向に向かって欲しいと勝手に思っています。

「出る杭が打たれることのない」社会になってくれればいいと思います。

皆さんは、どう思いますか?

才能があってぬきんでている人はとかく人から恨まれる

才能があったりすると、当然、周りの人達よりは目立つようになってきますよね。

子供であれば、イジメに発展しそうなところだと思います。

大人の社会でもやはり、そういうのもあるのではないでしょうか。

才能などを伸ばしてあげる度量と言いますか、懐の大きさ、深さのようなものは、ある人にはあると思いますが、無い人は本当にありませんよね。

日本だけではなく、どこの国でも同じだと思いますが、出る杭になった人に対しての「嫉妬心」や「恨み」、「妬み」などの感情が、それを打つことで満足してしまうという低レベルな感情や行動は、いい加減良いくないということに気がつくべきです。

大人ならば、特にそうだと思います。

もし、あなたが周りよりも才能があって、抜きん出てしまうなら、周りよりもいろんな面でレベルが上ということですから、もっと自分を成長させられるような思考や行動をするように心がけると良いのではないでしょうか。

謙虚さを忘れず、天狗になることなく、周囲と接し、優しさや思いやりを常に心がけていれば、周囲にも攻撃される対象にはならないのではないでしょうか。

もちろん、周りに合わせるということは大事ですが、低レベルさを合わせる必要はないと思います。

もし、どうしても周りに合わせるのが厳しいと感じたりするならば、世界の偉人を調べてみて、伝記などのようなその偉人のストーリーを知ると良いのではないでしょうか。

例えば、「スティーヴ・ジョブス」は、かなり嫌われていたという話もありますよね。

ですが、世界を変えた人でもあります。

他にもいろんな偉人が世界にはいますし、日本の偉人も調べることで、同じ国で生きている同士、納得できたりすることが多いかもしれません。

出る杭を打たれた場合は?

頑張ってやってきて、気がついたら「出る杭」になっていて、周りから打たれてしまったらどうしたら良いのか。

答えは、「ない」と思います。

人生に教科書や取扱説明書がないように、それに対する答えはないと思います。

「打たれても良いと考える」か、「周りに合わせる」か、「自分のレベルを更に上げるように努力する」とかいろいろあると思います。

気をつけて欲しいと思うのは、「出る杭」になって周りに打たれてしまったとしても、「周りの低レベルに合わせて、自分の成長していこうとする芽を摘んでしまわないようにする」ということです。

そんなことをする周りと同調しても良いシンクロはできませんし、低レベルなシンクロはする必要はないと私は思います。

「出る杭」になった自分が、単なる勘違いや間違いなどで「出る杭」になっているのであれば、打たれて当然ですので、間違いや勘違いは改めるべきです。

そうではなく、周りとは違うレベルに達して「出る杭」になっているのであれば、周りに合わせる必要はありません。

謙虚さなどを持っていれば何も問題ないと思いますし、更に上を目指していくべきだと思います。

良い意味での「出る杭」になっているのであれば、そういう時は孤独を伴うものでもありますので、覚悟が必要です。

ですが、見てくれている人というのは必ずいますし、公正な評価をしてくれる人が必ずいます。

そういう人達は、「見ている」や「評価している」ということを気づかせないようにしているので、厄介ではあるのですが、いざとなった時にあなたの味方になってくれますので、「必ず、味方になってくれる人はいるんだ」ということを忘れないでくださいね。

価値観は人それぞれ違う

価値観が同じ人というのは、「皆無」だと私は思います。

なぜなら、育った環境や性格などは一人一人違うからです。

親の教育なども当然違いますし、家族であっても性格が似ているということはあっても全く同じというのはないのではないでしょうか。

そういうのが「個性」であると思うので、「価値観が似ているということはあっても同じということはない」と思っておいた方が良いと思います。

周りが同じ意見でも一人だけ違う意見ということもありますよね。

同じ映画を観ても笑うところが違ったり、作品の印象や感想が違ったりとあるのですから、当然にあることなのです。

価値観の違いというものは。

ですので、周りと価値観が違うからといって、悩む必要はありません。

「私はこう思う。」、「あなたの意見はこうだ。」、「ではどうやったら良いのかな。」と考えて、お互いが良しとする場所までたどり着くことが大事なのであって、否定したりするのは子供と同じだと思います。

人とは価値観が違うものだと考えを変えて、ではその価値観が違う人同士で、どうやって良い結果に辿り着いたら良いのかという柔軟な思考、相手を受け入れることのできる度量などを発展させていくようにすれば良いと思います。

非難する人はいる

価値観が違えば、当然、非難する人もいます。

大人の皮を被った子供のような人も沢山います。

そういう人達とどうしても接しなくてはならない場合は、自分がその人達よりももっと上の大人になった気持ちで接したりして、人間的なレベルの違いを見せるとよほどのバカでない限り、気が付いたり、非難したりすることはなくなります。

残念ながら、がっかりするようなことが多いかもしれませんが、そういう人達と接する時は、大人な対応をすることが一番だと思います。

人を非難する人と同じ土俵に立つ必要はありません。

低レベルに合わせて良いことは何一つありませんから。

非難したりする人の非難する理由も、聞くだけ無駄なようなくだらない理由なのです。

ですので、そういう人達をどうやって上手く利用すると言いますか、使うかという上司ではなくても上司目線で考えると良いと思います。

非難する人達というのは、プライドが高かったりしますので、ちょっと褒めてあげたりすると意外とコテっと手のひらを返したように従順になったりする場合もあります。

この人はこういうようにすると良いというような人を見て、理解する目も必要だと思うので、よく観察しておくと良いと思います。

非難されたからと言って、縮こまったり、萎縮してしまったりする必要はありません。

自分が間違っていないのであれば、尚更です。

もっと、自信を持ってくださいね。

間違っているのは非難したりする人の方なのですから。

自分を信じること

「自分を信じること」というのは、時に忘れがちになってしまいます。

「出る杭」などになってしまうと尚更です。

自分で自分のことを信じられなくなるのであれば、誰があなたを信じてくれるのでしょうか?

当然、家族や友人など信じてくれる人はいると思います。

ですが、行動するのはあなたです。

自分を信じて思考し、行動しなくては、誰も何もできなくなります。

また、非難されることを怖がったり、失敗を怖がったりすると本当に何もできなくなりますので、自分を信じることです。

自分で自分を本当に信じられる人というのは、強いです。

失敗は誰でもするもので、失敗しない人なんてこの世に存在しませんから。

チャレンジ精神を忘れることなく、自分を信じて、例え「出る杭」になったとしても怖気付く必要は全くありません。

出る杭になって打たれたとしても、成長した証だと捉えて、更に先に進みましょう!

まとめ

「出る杭は打たれる」という文化と言いますか、風習のようなものは、なくても良いものではないかとおもいます。

成長を妨げる以外の何物でもないような気がします。

だから、世界の国の年齢を見ると、日本は14歳となってしまうのかもしれませんね。

もっと、社会やその社会で暮らす我々が、精神的に成長して、大人になる必要があるのではないかと思います。

「出る杭」になるということは、「いろんな意味でレベルアップした」というように、良い方に捉えて、その「出る杭」を打ってくるような人達には、「憐れみの気持ち」で接すると良いのではないかと思います。

「出る杭にすらなれないかわいそうな人達なんだ」という気持ちになれるのであれば、もう、精神的などでその人達よりも上ということになるのかもしれませんよね。

間違っても「出る杭を打つ」方の人間にはならないようにしてくださいね。

そうなっていたら、もうダークサイドに足を踏み入れているということですので、抜け出すのが難しくなるかもしれませんから。

もう一度、じっくり考えてみましょう。