皆さんはメールや企画書などの文章を書いている中で似たような漢字に戸惑ったことはありませんか?

日本語の漢字についてですが同じような文字を使っているものも多い為に間違って覚えてしまうという事もあり得ますよね?

そうなってしまうと大人になってもそのまま使い続けてしまい、何かの際に恥をかくことになったりもしてきます。

また、文字を間違ったままにしておくという行為ですが決して褒められたことではなく、社会人などになれば一つ一つでも良いので直していくという行動も必要となります。

これは自分の為だけのことではなく会社の信頼などにも大きく影響してくるのです。

もしもの場合ですが、間違った文字のままプレゼンを行ってしまったり取引先に書類を提出すればどういった事になるでしょう?

色々なことが考えられますが一番失ってしまうものは会社の信用ですよね?

個人のミスというのは会社の責任にもなってきます。

それを正さなかったとして会社全体の問題になってくるのです。

文字という小さなことから会社の問題にまで発展するということはあまり考えないと思いますが、そのことはあり得ないことではないという事も認識しておいて下さい。

書類などは取引先だけが見るものではありませんし、さらに別の企業の相手も見る場合が出てきます。

このようにビジネスには色々なパターンも存在することになり、間違った知識がいつ問題を引き起こすかなどは誰も知らず、事が起ってから大きな騒ぎとなってくるのですね。

社会人となって色々と覚えなければいけないことは多くなり学生の頃よりも頑張っているという方がほとんどだと思いますが、ビジネスに関する用語であったり間違いやすい漢字などの勉強というものはあまりされていません。

今現在覚えなければいけないことで頭がいっぱいになり、他の事を考える余裕がなくなってしまうからです。

これはある意味では正しい行動でもあり優先順位をきちんと決めた上での勉強だと思いますが入社から半年ほどが過ぎれば時間的にも余裕というものが出来てくるはずですよね?

仕事にも慣れてきて会社での人間関係も落ち着いてきた時期になり、自分の心にも余裕というものが見えるようになります。

そして、このように会社にも慣れてきた時期になれば任される仕事の量というものも少しづつ増えてきて自分の行動には責任感というものがついて回るようになりますが、ビジネス用語なり間違いやすい漢字などの勉強などもしておかなければいけなくなってきます。

そこで今回のテーマですが、当該と該当という二つの漢字についてのお話しになります。

この二つですが文字が入れ替わっただけで非常によく似ていますし勘違いしやすいと思いませんか?

意味もあやふやでどちらがどういった事を示しているのかをハッキリと説明して下さいと問われればちょっと考え込んでしまいますよね?

日本語にはこういった似たような漢字でも意味の違ってくるものや使い方が決まってくるものが沢山でてきます。

確かに自分の仕事を覚えることは最優先課題でもあり、その勉強を日々頑張っていくことは正しい行動になりますが仕事とはそれだけではありません。

取引先との関係も良好な状態を保っていかなければいけませんし、書類上では誤字脱字がないようにしなくてはいけません。

こういった事は簡単に出来ると思いがちになりますが、当該・該当などのようにややこしい漢字や間違いやすいものなどは文章を作っていく上でも注意が必要となるのです。

これらのことも含めて当該の使い方や意味・該当とはどういった時に使っていくのかなどをお話ししていきますのでご自身の仕事などでも参考にしていただければと思います。

当該と該当、似ているけど違う言葉


仕事を任されるようになると社外メールは報告書・企画書なども作成する機会というものが増えてきてますます会社での作業が忙しくなってきます。

それだけに文字の誤字脱字などにも一層と注意していかなければいけなくなりますが、本音を言ってしまえばそういった余裕がないという方もいるのではないでしょうか?

自分の仕事をこなすだけで精一杯になってしまい、文章の文字にまで気をつかっていられないと考えてしまう人も少なくないように感じますがそれは大きな過ちでもあり文字に対する勉強というものは怠ってしまわないようにしていきたいところでもあります。

この理由の一つですが、誤字脱字が多ければ最終的に損をしてしまうのは自分になります。

大事なプレゼン用の資料があまりにも誤字が多ければ採用はされませんし出世の機会を自分で逃してしまうことにもなってきますよね?また、社外メールでの誤字というものもあまり褒められたことではありません。

その回数が多くなれば結果的に会社に対して恥をかかせることにもなり取引にも影響を及ぼす可能性が出てきます。

社外メールでも誤字が許されないといった内容のものもあるはずですしそういった場合に自分の勉強不足で誤った文字を使えばどのような問題が起るのかはわかりませんよね?

相手が不快に思うだけですめばよいですが色々な事に対しての注文が多くなったり、取引の縮小といった事にもなりかねません。

誤字などに対しての認識が甘ければそういった痛い経験となってしまう場合もあるのです。

それでは本題に移っていきますが、当該という言葉がありますよね?また非常に似た言葉で該当という言葉もあります。

この二つですがそれぞれの意味を問われた場合にすぐに答えることが出来るでしょうか?

また、どういった場合に使っていくのかなども考える必要がありますよね?

簡単なように思えますが突然こういったことを聞かれると漢字が似ている為にわからなくなってしまうことが起きます。

これは仕事中でも同じようになってしまい間違ったまま文章を作ってしまうことになるのです。

そのようなことを避ける為にはやはり意味を知るという必要性が出てきますよね?

きちんと言葉の意味を理解していれば似た漢字などが出てきても間違いは少なくなり誤字のない文章となっていくのです。

それでは当該という言葉から意味的なものを見ていくことにしましょう。

当該の意味

この当該という言葉ですが普段から使っているという方は少ないのではないかと思います。

この言葉の意味ですが「現在話題となっている物事」「それに関連する物事を指す場合」などにこの言葉がつかわれることになります。

この言葉の便利な点ですが、話題となったものなどを指すということから同じことの説明を何度もすることなく出来ることが挙げられます。

また、この当該が指すものは話題などの一つに限定しているという事で区別をつけるようにします。

後ほど該当についても説明をしていきますが、当該に関しては指すものは一つという風に覚えていって下さい。

それだけに限定している

繰り返しとなりますが当該に関してはそれだけに限定するという事で使用することになってきます。

このあたりで該当と重なってしまう人も出てきますが、このあたりに関しては例文などで詳しくお話しをしていきたいと思います。

まずは覚えて頂きたいことは「当該」に関しては話題となっている物事に限定をするという使い方になってきます。

次に該当という言葉ですが、こちらは聞き覚えのある人がかなりいるのではないでしょうか?

該当の意味

私たちの身近な話題でいうと受験資格に該当するなどといった言葉を聞くことがありますよね?

こういった意味から考えていくと「該当」とは一つの物事などではなく、当てはまるものが複数あるという事になってきます。

ここが一つの物事を指す「当該」との違いとなってきますので混同しないようにして下さい。

条件が当てはまるものいくつかのもの

条件が当てはまることをわかりやすく言うと該当か所などに直すと聞き覚えもありますよね?

この場合は自分の当てはまるか所を複数選ぶことが出来ますので一つに限ったことにはなりません。

また、該当者などの言葉もよく聞かれる言葉となり、この場合も条件に当てはまった人が複数人いるという意味となってきます。

該当という言葉はビジネスなどにおいても頻繁に使われる言葉でもあり、これを「当該」と混同してしまうと全く意味の通じない文章になってしまうので注意するようにして下さい。

このように同じような漢字でありながら意味が全く違ってくる言葉というものは知っておかないと大変な事にもなりかねませんよね?

話題になっている事を指す時に「該当」という言葉を使ってしまえばその文章は何を指しているのかが全く不明になってしまいますし、言葉の使い方を覚えていくということはこういった事でもわかるように必要不可欠なことにもなるのです。

これが取引先などへ提出する書類だとしたらかなり困った文章でもあり相手の反応も恐ろしいものがありますよね?

どういった事を言ってくるのかわかりませんし訂正をしようにも送ってしまった後ではそれすらも出来ません。

言葉を使うことは簡単ではありますがその意味や使い方を正しく理解しなければ色々な事態を招くきっかけにも成り得るのです。

それでは次の事に移りますが、当該と該当の使い方ということも見ておきましょう。

自分が作成する文章でこの言葉を使いたい場合など、どのように使っていくのかを知らないといけません。

どういった事に注意をして言葉を使用していくのかを今後の参考にしていくようにして下さい。

当該と該当の使い方


該当に関しては皆さんもそれほど悩む事はないと思いますが「当該」は見慣れない言葉でもあり最初の頃は戸惑いというものも出てくると思います。

人は慣れない言葉を使う場合には悩んでしまい、自分の言いたい事が上手に伝えられなくなってしまうといった事になりがちです。

このような場合に必要になるのは苦手な言葉の使い方を考えていくことになります。

意味のわかるものに対しては苦手意識というものは出てきませんが、自分でも使い方に関して不安が残るものという事に対してはどうしても避けるような行動も多くなってきます。

このような事は将来的なことを考えていくと何かしらの努力をして解決していくのが望ましいとも言えて、問題を後回しにしてしまうクセとなってしまうのでなるべくであれば自分で納得できるまで勉強していくことをおすすめします。

この事は言葉の使い方だけにとどまらず、仕事そのものにまで影響してくる場合があります。

苦手と思っている事には消極的になってしまい、いつまでも出来ないという事にもなりかねませんよね?

苦手な事は誰にでも発生することですが、その事に対しての努力を怠ってしまうと自分の成長にもなってきませんし将来的に問題が発生する場合も出てきてしまうのです。

言葉のようにすぐに修正出来るものであれば簡単に直すことが出来ますが仕事になってくれば、必ずしも修正出来るとは限りません。

そのような場合には最初から正していくような事も考えられますしちょっとの時間をわかるまでやり遂げる努力に費やした方が結果も良いものになるということを理解して下さい。

では始めに、見慣れない方の言葉でもある「当該」の使い方について見ていきましょう。

当該は名詞の前に付ける

私たちは国語の中で名詞というものを習っていますよね?

主語や述語・動詞なども出てきて、文章というものはこれらの組み合わせによって成り立っていることを学んできました。

そして当該についてですが名詞の前に付けるというルールがあることを覚えるようにして下さい。

文章の初めなどでは絶対に出てくる言葉ではありませんので注意が必要になります。

当該を使う場合には、先にそのものを示す内容というものがあり、そのものを指した言葉に当該をつけることになります。

このあたりの事については例文などでご紹介していきますのでここでは名詞の前につくというルールを覚えるようにして下さい。

言葉を使用するときは意味を知った上で使っていくことが大切になり、そのことを無視してしまうと全く通じない文章となってしまいます。

当該という言葉を使う場合も、内容を示す文がなければ使うことは出来ませんし該当と勘違いをして使ってしまえば意味不明の文になってしまうのです。

ビジネスにおける正確な文章というものは個人の力量を知る上でも大切になってきますし、会社のレベルを見極めることにも繋がってきます。

簡単そうでわからない言葉というものは数多く存在しますが、これらの事に対してもきちんとした指導がなされている企業というのは多くの信頼を勝ち得ることにもなるのです。

自分が知らない用語や言葉が出てきた場合には必ず意味を理解するという単純な作業ですが、時間などに追われてしまうと疎かになってしまう場合もありますよね?

そういった時には文章のミスなども発生しやすくなり何かしらのチェックをしなければいけません。

自分の文章に自信が持てなかったり不安が残るという時には必ず上司や先輩などに確認をしてもらうことも大事なことになりますので実行するようにして下さい。

それでは次の説明になりますが、該当にも注意すべき点が出てきますので見てみましょう。